電車での嬉しかった出来事

レス22
(トピ主0
お気に入り46

生活・身近な話題

ひじき

24歳女性のひじきと申します。少し前置きが長くなります。

3年前の冬、愛猫バナナが病気で亡くなりました。それが私にとって初めての身近な死でした。
ある晩そばで見守っていたところ、突然様子がおかしくなったので慌てて身体に触れようとしました。するといつも温厚なバナとは思えないくらいの形相で噛み付いてきました。親指の爪の端が割れ、牙が食い込み、貫通寸前。痛くて眠れない程の大怪我でした。

バナはその怪我が治る前に亡くなりました。悲しくて辛くて…。次の日会社帰りの電車で涙が溢れてしまいそうで「こんなとこで泣くな」と必死に堪えていました。
すると次の駅に着く直前、怪我を見てなのか、泣きそうな顔を見てなのか、斜め前に座っていた若いサラリーマンの方が私に「どうぞ」と声をかけて席を立ったんです。
思いも寄らない出来事に戸惑いながら断ると「いえ、どうぞ」と言い残し、私が何か言う間もなくサッと降りてしまいました。
え、座っていいのかな…と考えていたら周りの方も「どうぞ」という空気と視線だったので、お言葉に甘えて座らせていただきました。その方にきちんとお礼を言えなかったのがずっと心残りです…。

殺伐とした電車の中でもこんなことがあるなんて、すごく感激しました。
みなさんも何か嬉しかった事ありますか?荒れる電車トピが多いので、嬉しくなる電車トピを立ててみました。
よろしくお願いします。

ユーザーID:5217527294

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • つわりのとき

    私はつわりのときに電車で席を譲ってもらいました。
    そのころは今みたいに妊娠してますマークとかなかったのですが、
    おそらく顔色がものすごく悪かったんでしょうね。
    自分では気がつきませんでしたが。
    目の前に座っていた女性が「どうぞ・・・」と譲ってくれました。
    正直私に言ってるのかどうかわからなくてびっくりしましたが。

    電車の中って嫌な出来事の方が圧倒的に多いのですが、
    時々神様のような人がいるんですよね。
    あの時の女性には本当に感謝しています。

    みんな電車の中であんまりイライラしなければいいのにね。
    と思います。

    ユーザーID:5851690119

  • 妊娠中に・・・

    あります〜!

    妊娠7か月頃、もうお腹パンパンになりつつある頃だったんですが
    地下鉄に乗り込むと、遠足の小学生で席がいっぱいでした。
    いっぱいというより、遊んで乗っているので、横向きの長いシートに
    8人定員のところ3〜5人程度しか座っていなくて、
    シートの周りでも遊んでいました。

    小学生(4年生くらい)って、集団だとやたら強いし、先生は
    先生同士でしゃべってて気づかないし…もういいや、運動になるしなと
    諦めて立っていたら、ちょっと離れたところに座っていたおっちゃんが
    先生の所につかつかっと行き、

    「あそこに妊婦さんがおるの見えへんのんか?
     新しい命がおなかの中におる、大切にせなあかん、
     それを子供に教えるのが先生ちゃうんか!」

    と一言。

    先生は慌てて、子供たちに言って席を詰めさせて「どうぞ」と
    言いました。

    おっちゃんが次の駅で降りるようだったのでお礼を伝えると

    「ええねんええねん、でもな。
     一生でいちばん大切な時期や。
     ちゃんと甘えなあかんで。」

    と、去っていきました。
    泣きそうになりました。

    ユーザーID:8350114879

  • 私もいつかそんな風に人を助けたいと思いました

    突然の骨折で、慣れない松葉つえでヒョコヒョコ歩いていました。
    もう一人泣きそうでした。
    自分ってバカ!って。
    何で骨折しちゃうんだろ、って。

    で、電車乗っていました。

    いや、でも全然座りたいとか、思いませんでした。
    満員電車だし。
    混んでるし。

    でね、パンツスーツ姿の女性が

    「あら、あなた座りたいでしょ?
    どなたか、この方足怪我されているから、座席譲ってくださる?」

    と大きな声で、声かけてくださいました。

    で、「じゃ気をつけてね!」と颯爽と次の駅で降りられました。

    いやー嬉しかったです。
    カッコ良かった。その女性。
    私もいつかそんな風に人を助けたい!と思いました。
    松葉つえをに握りしめながら・・・

    ユーザーID:3387663611

  • 私もあります。

    都内の比較的空いてる地下鉄に立っていた時の事。
    電車が駅で止まっていると、走って降りようとした人が
    私にぶつかり、よろけてしまいました。その人はそのまま
    走っておりましたが、前に居た女性の方が
    私が具合が悪くなってよろけたのと勘違いしたのか
    「大丈夫ですか?」と席を替わろうとされたので
    「いえいえ、大丈夫です。」と言ってお断りしました。
    降りる時に、どうも有難う御座いました。と言って私は降りました。
    私は席を譲る事はあっても、譲られるという立場は経験した事が
    無いのですが、やっぱり他人の気遣いが嬉しかったです。

    ユーザーID:3784007418

  • じーん

    うちも愛犬が亡くなった時
    場所問わず涙が出そうになって…
    涙腺緩むというかなくなるというか…。

    そんな時に人の温かさに触れてよかったですね。


    私は…
    ほんと、些細な事なんですけど

    あと一人座れるという座席に座ってる人達が、一斉に綺麗に詰めて一人分のスペースを作ってくれることですね。

    いや、当たり前なんですよ!

    何が嬉しいって、見ず知らずの人が見ず知らずの人同士
    「ほら、詰めましょう」「もうちょっと詰めてください」
    と、またこれも見ず知らずの人のために詰め合わせる姿がなんか微笑ましいな〜って。

    だって今って7人掛け座席を5人掛けのように座る風景多いじゃないですか〜

    ユーザーID:7453408964

  • 世の中捨てたもんじゃない

     お盆休暇で帰省した時の事です。
     時期的に本当に混んでいました。
     都会の朝の通勤ラッシュとまではいきませんが立っている所もいっぱいいっぱいでした。
     ちなみに私は快速電車の出発駅から乗ったので座れていました。
     しかしある乗り換えの激しい駅に着いた時に7〜80代の老婦人が乗ってきたんです。
     これは譲らねば!と立ったその瞬間なんと車両半分近くの座っていたお客全員が「どうぞ!」と立ち上がったんです。
     中には「奥だけれど私は譲りますよ!」の精神からでしょうか結構大きな声の人もいました。
     結局その老婦人に席を譲ったのは一番近い所にいた10代くらいの男の子でした。
     いや〜一体感を感じ、心癒された出来事でした。

    ユーザーID:3362368594

  • ここでお礼をいいたい!

    電車で立っているとき、私の着ているシャツのボタンが外れやすかったため
    知らないうちに下着が見えてる位置のボタンが外れていました。
    そしたら目の前に座っている女性の方が、とっさに持っているメモ帳に
    「ボタンが外れていますよ」と書いて渡しててくれました。
    直接声に出して言うと周りに気づかれることからの配慮をすぐに気づいてできること
    そして、すぐにメモとペンで書ける用意のよさに本当に感謝しました。

    なんて素敵な人なんだろう、私もそうなれるように努力することで
    感謝の気持ちに変えていこうと思える瞬間でした。
    この場を借りて改めて、「本当にありがとうございました。素敵な女性に
    出会えた瞬間に感謝します。」

    ユーザーID:7620017233

  • ありました

    会社帰りにスーパーに寄り、両手に荷物を持って通勤ラッシュの電車に乗っていた時でした。

    ドアのすぐそばにもたれ掛かって立っていたのですが、一番端の席に座られていた60代ぐらいの女性が私の荷物を”降りるまで(膝に乗せて)持っていてあげましょうか?” と声を掛けて下さいました。 さすがに申し訳ないので”有難うございます、でも大丈夫です”とお伝えしましたが、差し出がましくない程度に”遠慮しなくていいですよ”と言って下さいました。 勿論、お願いは出来ませんでしたが、おそらく娘さんぐらいの年齢の私を気遣って下さったのかな、と普段はストレスしか感じない通勤電車で少し癒された気持ちになった出来事でした。 

    あの女性が困った時には手を差し伸べて下さる方がすぐに現れる事を願っています。

    最後ですが、愛猫バナナさんのご冥福をお祈り致します。

    ユーザーID:1833498628

  • 車内飲酒していた男性が

    残業帰りの少し遅い時間に電車に乗ったときのことです。
    席は埋まっており、つり革も半分くらい埋まっている程度の混み具合でした。

    そんな中、なんと、優先席でおつまみ片手にビールを飲んでいる男性が!!
    それはマナー違反なのでは、ともやもやしてました。

    でも、次の駅で年配の女性が乗ってきたのを、その男性が目ざとく見つけて、「おばあちゃん、ここ座って」とささっと席を立って、自分は立ち飲み。

    男性の予想外の行動に、心が温かくなった瞬間でした。

    ユーザーID:2169029275

  • ほんわかします・・

    素敵なトピですね。ひじきさん

    横ですが、ゆかりさんへ
    そのように、少しずつ場所を詰めることを

     ”お膝送り ”というのだそうですよ。
     
    日本語って、美しい・・
    ちなみに、わたしも ”お膝送り”しています。

    ユーザーID:1304347421

  • 心温まりました。

    みなさんのお話しを読んで涙がにじみました。
    素敵な気遣いの方が沢山いらっしゃるんですね。
    何に対しても毎日イライラしていて、そんな中ココを読んで心の狭い自分が情けなくなりました。

    17年くらい前に私は妊娠中で小さな赤ちゃんを連れた友達と乗車しました。
    そこには3〜4人のおばさま達が席に座り井戸端会議の真っ最中でした。
    少し混んでいて空席はゼロでした。
    おばさま方と付かず離れずの場所に友達は赤ちゃんを抱っこして私と立っていましたら、おばさまの1人が席を譲って下さいました。
    友達が座り赤ちゃんを抱っこして、私はその目の前に立ちました。
    少しすると話しこんでいたおばさまの1人が私のお腹に気付き『アラ!気付かないでごめんなさい』っと私にも席を譲って下さいました。

    失礼ですが昔で言うオバタリアンを地でいくような方達に見えたので、その優しさに驚きました。
    立っているのは全然苦ではなかったので、返って私がわざとらしいくらいにお腹突き出していたんじゃないか?って恥ずかしくなりました。

    そのおばさま達の恩返しの意味も含めて、今度は自分が優しく出来るようになりたいです。

    ユーザーID:5378413082

  • ありました!

    パニック障害を初めて発症したのが友人宅から帰る電車の中でした。

    満員電車に普通に乗り込んで立ってたんですが、途中からみるみる気分が悪くなりしゃがみ込み、座ってたおじさんの足にもたれかかったような気がしますがその後は記憶がありません。(他の持病もあり、併発したことにより気を失ったようです。)

    気がついた時はまだ駅に停車前だったんですが、おじさんは私の横にしゃがみ背中をさすり、隣に立ってたサラリーマンは私のカバンを持ち、逆側に立ってた若い女の子はお土産のお菓子を抱えていてくれてました。

    駅に停車し、おじさんはそれら私の荷物を全て持ち、椅子に座らせ「ありがとうございます。大丈夫です」と言う私に「いやだめだ!顔が真っ青じゃないか!すぐ駅員さんを呼んでくるから!待ってて!」とダッシュ。
    駅員さんが到着して「もう大丈夫だよ」とまた満員電車に乗り込んでいきました。

    あの時はもうひたすら体調の悪さで、言葉もほとんど出ずにそのままになってしまいましたが今でも感謝でいっぱいです。

    ユーザーID:9770362739

  • バスで

    もう何年も前、赤ちゃんを抱っこしてバスに乗ることがありました。
    比較的混んでいたので「気合入れて脚をふんばらなければ!」とバスに乗り込みました。
    赤ちゃんを抱っこして乗車した私を見て小学生ぐらいの男の子兄弟がすぐに席をたち「どうぞ!」と席を譲ってくれました。
    あまりの自然さに感動してしまいました。きっとご両親からよい教育を受けているのだろうと思いました。
    そしてこの赤ちゃんにもこんな兄弟のようになってほしいと思った日でした。

    ユーザーID:0109919359

  • 思い出します。

    もう10年も前、出張で新幹線に乗った時の事です。
    ラッシュ時で席も取れずデッキに立っていました。周りには数人のサラリーマンがいました。
    疲れていた私は座り込みました。すると隣にいた男性が『どうぞこれをひいて下さい』とクリアケース(封筒だったかな)を差し出してくれたのです。
    途中、席があき一緒に座った事を覚えています。

    若い女性を地べたに座らせちゃいかん!と思ったと話してくれました。見た目もとっても優しい感じの方でした。

    ユーザーID:1542453674

  • 今風の高校生

    長男が1歳頃、私と長男の二人で電車に乗ったときのこと。
    長男がベビーカーで眠ってしまい、車内は空いていたのでベビーカーを畳まず乗せたまま寝かせていました。畳もうとして起こして泣き出しても困るし。
    斜め前に座っていた、今風の洒落た髪型をした高校生の男の子がちらちらこっちを見ていたので、「もしかしてベビーカーを畳まない非常識な親だと思われてる・・・?」と気になるうちに、終点駅に到着。その高校生も同じ駅で下車。
    エレベーターが無いその駅で、寝た子の乗ったベビーカーをさあ!一人で持ち上げるぞと思ったその時、先ほどの高校生が「手伝います…」と声をかけてくれて一緒に持ち上げてくれたのです。車内でこっちを見ていたのは、気にかけてくれていたからだったのですね。感謝感激、感動でした。階段を上がってお礼の言葉を言い、先を行くその子の後姿を見ながら、私もこういう子に育てよう!と決意しました。

    ユーザーID:9574390669

  • もう一つありました!

    嬉しい反面、怖かった思い出でもあるんですが…

    まだ病気になる前、会社に勤めていた時。
    満員電車に乗っていたら痴漢にあいました。日頃は勝気なことを言ってるくせに痴漢にあうと恐ろしくて何も言えなくなってしまい、我慢するか地味に逃げるばかりでした。

    その時も痴漢に恐ろしくなり少し人が減った時に電車の中ごろからドアの方へじりじりと逃げました。
    が、なんと痴漢もついてきてしまいました…。
    目の前には背を向けたがっちりしたサラリーマン、横には痴漢。逆の横はドア。後は座席。逃げ場なし。
    自ら袋小路に入ってしまい泣きたくなっていたんですが、気付くと何故か痴漢は妙な動きをしているものの、当たってはこない。

    不思議に思ってると、前のサラリーマンの方がさりげなく体で痴漢をブロックしてくれてました。
    痴漢はそうされても延々と妙な動きをしているんですが、さらに負けじと体を張ってくれていて、人が少なくなってきてもずっと離れず痴漢をブロックし続け私が降りるまで居てくれました。

    地獄に仏って正にこのことだと感激しました。
    本当に本当にありがたく、嬉しかったです!!

    ユーザーID:9770362739

  • トピ主です。1

    レスが遅れてしまいごめんなさい。
    皆さん素敵なお話ありがとうございます。感動しました!

    ランランさん
    >時々神様のような人がいるんですよね。
    >みんな電車の中であんまりイライラしなければいいのにね。

    ええ、本当に!私自身もイライラしないように気をつけようと思います。

    pecoさん
    >新しい命がおなかの中におる、大切にせなあかん、それを子供に教えるのが先生ちゃうんか!

    なんて素敵なおっちゃんなんでしょう・・・。読んでいて私も泣きそうになりました。


    ちょこさん
    カッコいい女性ですね!!恩着せがましくなく、さらっとそういうことが出来るなんて、本当に素敵です。
    お怪我はもう大丈夫ですか?


    テプコさん
    >譲られるという立場は経験した事が無いのですが、やっぱり他人の気遣いが嬉しかったです。

    思いがけない所で気遣っていただくと本当に嬉しいですよね。

    ユーザーID:1275887344

  • トピ主です。2

    ゆかりさん
    >そんな時に人の温かさに触れてよかったですね。
    はい、もう、本当に有り難かったです。その優しさにも涙腺が緩くなってしまいました。

    >見ず知らずの人のために詰め合わせる姿がなんか微笑ましいな〜って。
    すっごくよく分かります。心がほっこりします。


    えりこさん
    すごいですね!!本当に「世の中捨てたもんじゃない」!


    私も!さん
    素敵な女性ですね!時々「教えたいな・・・」と気になる方がいても、なかなかそのように行動ができないです。私もそんな女性になりたいです。


    わかめさん
    優しい方ですね〜。
    >あの女性が困った時には手を差し伸べて下さる方がすぐに現れる事を願っています。
    私もそう願います。

    >愛猫バナナさんのご冥福をお祈り致します。
    ありがとうございます。きっと天国から見守ってくれています。


    とおりすがりーのさん
    >「おばあちゃん、ここ座って」とささっと席を立って、自分は立ち飲み。
    相変わらす飲みはするのですね(笑)なんだか微笑ましいです

    ユーザーID:1275887344

  • トピ主です。3

    秋桜さん
    >素敵なトピですね。
    ありがとうございます。そのお言葉に心がほんわかしました。
    それから、”お膝送り”教えてくださってありがとうございます。
    そんな美しい名前があったんですね。私もしています。


    情けないおばちゃんさん
    >今度は自分が優しく出来るようになりたいです。
    私も同じ気持ちです。イライラしてしまうこともあるけれど、人に優しくありたいですね。


    ゆうきさん
    2度もレスしていただいてありがとうございます!お身体の具合はいかがですか?

    >「もう大丈夫だよ」
    この言葉は・・・泣いてしまいます。優しい素敵なおじさんでよかったですね。

    >前のサラリーマンの方がさりげなく体で痴漢をブロックしてくれてました。
    かっこいい!!そのさりげなさ、素敵すぎますね!


    cheさん
    >この赤ちゃんにもこんな兄弟のようになってほしいと思った日でした
    私もいつか子供ができたら、こうなってほしいです。

    ユーザーID:1275887344

  • トピ主です。4

    りあさん
    紳士ですね〜!素敵です。
    10年前のお話とのことですが、出張お疲れ様でした。

    ほうき星さん
    なんて微笑ましいのでしょう。人は見かけじゃないですね!

    みなさん、ありがとうございます。
    引き続き心暖まるお話をお待ちしております。

    ユーザーID:1275887344

  • ゆうきさんと同じく

    ・・・私も学生時代、痴漢にあったときに助けられました。
    やはり逃げ場がなく、必死に身体をねじってなんとか避けようとしていると、サラリーマンらしい方がさりげなく間に入ってくださったのです。
    とても嬉しかったのを20年(!)経った今でもよく覚えています。

    目撃談ですが、朝のラッシュ時に貧血(かな?)で突然若い男性が倒れたことがあります。そのとき、すぐに3人ぐらいの方が立ち上がり、「横になって」と声をかけたり、かばんをまくらにしてあげたりと手を差し伸べているのを見て、とても心があたたかくなりました。

    経験から、世の中優しい方が多いと思います。
    何かあったら私もできるかぎり手助けをしようと心がけています。

    ユーザーID:3603950446

  • 先日のこと・・・

    ラッシュとまではいかないものの、軽く混んでて席は埋まっていました。

    シルバーシートにまで「座って良いの?」と思うような若いサラリーマンや学生、おばさん達が悪びれもせず陣取り、おしゃべり・・・
    「もし本当に座らないといけない人が乗ってきたらどうするんだろ?」と、なんか見てて嫌な感じ。

    一般席?にランドセルを背負った小学生の男の子が家に帰るのか塾へ行くのか、ちょこんと座っていました。
    それを見て疲れていた私は「小学生は元気なんやから、おばさんに替わってよぉ」と、心の中で勝手な願望を抱く私。

    そんな時、その男の子が座っていた席と反対側のドアが開き、杖をついた年配女性が乗ってきました。
    シルバーシートの人達は見て見ぬ振り・・・

    少し混んでいたのにも関わらず、男の子はその女性のもとへ歩いて行き、
    「どうぞ、座ってください」と手を引き、自分が座っていた席へ誘導・・・
    女性に「ありがとう」と言われると、ハニカミながらも嬉しそう。

    自分の事では無いのに、すごく温かい気分になれました。
    シルバーシートに陣取ってた人達は皆、下を向いてましたとさ。

    ユーザーID:8988922196

レス求!トピ一覧