救急車搬送先の病院で

レス56
(トピ主0
お気に入り43

生活・身近な話題

もや

数年前のことなんですが、母が出先で足を骨折し救急車で搬送されました。連絡を受けてびっくりした私が駆けつけると、母は救急車に乗ったままケロっとした顔をしていました。大腿骨骨折でしたが、固定すれば痛みもなく元気な顔にほっとしました。しかし、8月最初の週、お盆を控えている時期で、なかなか搬送先の病院がみつからず、1時間もたってからようやく地方病院に搬送されました。

病院につくと救急隊員が母をストレッチャーで運ぼうとするのを、病院からでてきた事務らしき男の人が病院に入れないよう立ちはだかって、「保険証はありますか?」と聞いてきました。病院の外でしたが、保険証を渡すまで道をあけてはくれませんでした。

母が病室に落ち着き、私が必要なものをとりに帰ろうとすると、看護師さんが「指先につける装置にマニキュアが邪魔なので、至急除光液を持ってきてください」と怒ったように言われました。あわてて、近くのコンビニで買ってきました。

また、病室で患者の体を拭いたり下の世話をする担当の女性に、おまるの処理をお願いしたら「さっき娘さんがいたときにやってもらえばよかったのに、どうして娘さんに言わなかったの?」と言われました。それからは、母は私が行く時間までトイレを我慢していたようです。

入院時は、「大部屋が一杯で差額ベッド代7千円の2人部屋しか開いてない」と言われ個室に入りましたが、後で大部屋に空きがあったと他の入院患者に言われました。すぐに大部屋に移動したいと申し出ましたが、結局2週間2人部屋にいました。

もう済んだ事ですが、いまだにこれら対応に疑問を持ってます。

保険証がなければ緊急でも拒否されるものでしょうか?
女性の患者だったらネイルしている人も多いでしょうに、除光液さえ置いていないものでしょうか?

比較的大きな病院ですが、これは普通でしょうか?

ユーザーID:6749014952

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数56

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 病院の方針と看護師の質による

    緊急搬送時に保険証の所持不所持にこだわるのも意味不明ですね。
    看護の質は看護師の質によるので、大きい病院でも質の悪い看護師を沢山雇ってしまうと粗悪になります。

    マニキュアがサチュレーターの邪魔になることは素人には分からないので、入院してきたばかりの患者さんや患者家族に怒るのは間違っていますし、そのような態度を取るのは看護師としてだめです。
    お金の無い病院は除光液は節約して買っていないかもしれませんが、緊急入院した患者さんがいる場合もあるでしょうし、そのような準備が出来ていないのはだめですね。

    排泄物の処理は看護師の仕事なので、家族にやってもらえと文句を言う看護師は、もう一度看護学校に入りなおしたほうがいいですね。問題外です。

    病院のベッドは、もしかしたら何か都合があって使えなかったかもしれないですが、空きがあるのに看護師の怠慢で差額7千円を支払わせていたのなら、差額分を払い戻すように請求できるかもしれません。面倒ですけれど、1日7千円で何週間も個室に入っていたのなら、額はかなり大きいですよね。多少角を立てても、もうその病院には行かないでしょうから、問題ないのでは。

    ユーザーID:3699904492

  • 私達が考える『病院の理想と現実』は違います。

    私も、病院に対しては「モヤモヤ」とした気持ちを、今でも持ってます。

    「病院の対応が普通かどうか」は別にして、病院も『商売としてやってる』って事でしょうね。

    年寄りは、儲けが少ない。(色々な社会的援助がある)
    だから、空いてれば差額ベッドで保険外を使う、等
    弱者は、追い出されると困るから多少看護師が冷たくても、我慢を強いられます。

    裁判になっても長引くともっとお金がかかる、となると皆我慢するしかないのですね。
    いい病院も、もちろん沢山あります。

    私達家族は、身内が入った病院は「運が悪かった」ともう諦めていますが
    気持ちの上では、今でもしこりが残ってますよ。

    ユーザーID:8449253796

  • 商売ですから

     救急車で搬送された経験があります。病院の会計の人に支払いの能力などを聞かれました。慈善事業の病院ではないので当然だったのでしょう。

     僕が通された部屋は大部屋でしたが、ベッドが窓際だったので余計に料金を取られました。

     トイレには看護師さんが車椅子で連れて行ってくれました。

     マニキュアはしてないので、それに関したことは何もありませんでした。

     大きな病院でしたが別に不都合は無かったと思います。

    ユーザーID:6673267602

  • 差額ベッド代って・・・

    ひどい病院にあたりましたね・・・。

    ところで、差額ベッド代って、この場合たとえ二人部屋になったとしても必要ないのではなかったでしょうか。

    患者が希望した場合は徴収できるが、空きがなくて入った場合は、不要だったと思います。
    上記は10年程前の事なので、色々制度が変わったのかもしれませんが・・・。

    ユーザーID:8685168075

  • 保険証は仕方ない

    保険証のない人を何人も受け入れていたら、病院は閉鎖に追い込まれますので、仕方ないかもしれませんね。保険証の確認は、おそらく病院のマニュアルの一環でしょう。

    大部屋が開いていたとのことですが、男性の部屋だった可能性はありませんか?あるいは、すでに手術日が決まっている人のものだったかもしれません。たとえば、3日後に手術を予定されている人がいれば、その人のベッドの確保はすでにされていたはずです。ベッドの予約をせずに急に入られたのなら、仕方ないのではありませんか?

    トイレの件は、看護師の横暴ですね。直接看護師に言ったとしても、その後お母様が居心地が悪くなるし、結局病人は弱者扱いなのは、その病院に限らず、どこでもそうですよ。運の良し悪しかな。ひどい看護師と良い看護師は50%対50%ぐらいかも。私の見てきた感想です。

    ユーザーID:9173890725

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • まさに同じ

    トピ主さんとまさに同じ状況です…
    うちの場合は父なのでマニキュアの件は違いますが。
    看護師の態度があまりにもひどくてびっくりしています。
    (もしかして東京都A区の病院だったりします?)
    整形外科だと「怪我」だから患者に対してぞんざいになってしまうのか…

    ユーザーID:9702525954

  • 病院側にもそれなりに事情がある

    深夜や日曜・祝日にも人員を確保しておく必要があり、年中職員を募集しています。広告費も相当かかるし、それなりに高い給料にしないと人を確保できません。辞めた人の穴埋めだけでも大変です。大きな病院グループでないとやっていけないでしょう。

    ストレスの多い嫌な仕事ばかりなので、当然優しい人は残らず、きつい人ばかりになってしまう。私が病院経営者なら、救急はさっさと止めます。議論の余地無しです。

    資格が切れた保険証を堂々と使う患者はいるし(期限切れの定期券を使ったら不正乗車で捕まりますが)、治療費を踏み倒す外国人は多いし、クレーマーは激増してるし、一方で治療費は信じられない程安いままだし、病院側の負担が大変なだけで何のメリットも無い。現場の実態を経営者がよく分かる中小規模の病院なら、さっさと撤退するのが当然です。それ程馬鹿馬鹿しい仕事に落ちています。

    頼まれてもやりたくない嫌な仕事をわざわざやってくれているので、私が救急病院を利用する時は病院職員に感謝しています。職員の対応は良くはないけれど、それ以上にひどい事情があるから。

    ユーザーID:6636248611

  • ありがとうございます

    実は私が今度入院することになり(別の病院ですが)、今更ながら母の入院時のことをあれこれと思い出し、モヤモヤしています。

    母の病院ではそれ以外にもいろいろありました。
    差額ベッドの件でも、担当医から「今大部屋は開いてないので、ウチで治療するなら2人部屋しかありません。どうします?2人部屋を希望しますか?」と聞かれたんです。治療拒否するわけにはいかず、結果的に2人部屋を希望したことになり、当然差額を請求されました。2人部屋といっても1人部屋にベッドを無理やり2台入れたようで、母の側には照明もなくお隣の人がカーテンを引いてしまうと暗くて本も読めませんでした。

    トイレの件も、担当の女性は看護師の制服を着ず私服にエプロンで、寝た気の患者の体をふいたり下の世話をするのが主な仕事のようでした。

    「商売だから」というのもわからなくはありません。私も自営業です。お客さんへの無料奉仕などありえない。でも、たとえ利益がなくてもお客様はお客様として遇します。
    病院経営が「商売」なら患者は「お客さま」とになるはずです。そう考えるとよけい納得できません。

    気が重いです

    ユーザーID:7444340138

  • それが現実です。

    今時の病院はどこも余裕無いデスよ。

    病院はデパートではないから、サービスを求めることはできません。
    不満があればその場ですぐに言いましょう!
    後々に回すと患者さんが損な立場になります。

    残念ながらそれが現実。

    ユーザーID:5745061903

  • 経営母体

    世の中の人の安全のために、24時間稼働してるシステムは多くあります。
    自衛隊、警察、消防署(救急隊員も含む)、気象庁、etc、、、
    救急病院もそうです。
    何処が違うのでしょうか?
    救急病院以外は、24時間稼働体制を敷いて、もし、夜中に何も起こらなかった
    ならば、『ああ、良かった。。』でお終いです。各職員の方は、当然ながら、
    夜間手当等があります。
    救急病院は、病院稼働体制として、医師、看護師、放射線技師、事務職員等の
    相当数必要です。この場合も、夜間救急がもしなかったならば、『何事も
    なくて、良かった。。』です。しかし、職員の手当に相当する医療費は入って
    きません。病院は基本的に、公立であろうと私立であろうと、患者さんから医療費
    で、経営をすることになってます。効率の悪い事業は、切り捨てざるをえません。
    仮に消防署が、一件の消火活動を、火災の発生してる家から徴収するシステム
    だったらどうでしょうか?
    社会の根底を支える病院が、一般株式会社以上に、経営努力を求められ、それに
    対処できなければ、廃院せざるを得ないことが現状です。

    ユーザーID:4321137682

  • 病院は今は慈善事業じゃないので

    うーん…、それは多少の誤解がありますが、ありえることだと思います。

    まず、搬入拒否ですが、
    受け容れる能力がない病院が患者を断るのは仕方ありません。
    ・的確に治療できる医師がいない
    ・的確に治療できる設備・介助スタッフがいない
    などの場合、搬入を拒否することがあります。
    更に民間病院で経営が苦しい場合は、「割に合わない」患者を受け容れるのを嫌がる傾向があるかもしれません。

    救急対応の看護師は他の事でテンパっていますので、マニキュアのことは普通に言ったけれど怒っているように聞こえたのだと思います。
    ちなみに、除光液を常備している救急病院はほとんどないと思います。
    酸素モニターはマニキュアがついたままでもある程度計測できますが、トピ主さんが「必要なものを取りに帰ろうとした」から、除光液も必要だと言われたのでしょう。

    ちなみに、大腿骨骨折の患者の介護は非常に大変なので、大部屋といってもそこそこのスペースのある大部屋でないといれられません。

    全般的に、ありえることだなと思います。

    ユーザーID:4091836929

  • 少なくとも持ち出し(赤字)我慢しろとは言えないのでは

    病院ではない医療関係者ですが
     「保険証はありますか?」と聞いてきました。病院の外でしたが、保険証を渡すまで道をあけてはくれませんでした。
     道をたとえ1時間あけなくても死んだり後遺症が残るという訳ではないですよね。ということは緊急ではありません。
    そして保険証のない方というのは10割払える可能性は零に近く。
     中には保険証を持っているけれど治療費を払わずにバックれるかたもいらっしゃるでしょう。という訳で「保険証」をもっている、というのは最低7割の費用は確保できることを表します(だからといってその7割で黒字になる訳ではありません)。ここでトピ主さんたちが100万の束を幾つか差し出して保険がなくても支払は全部できます、とおっしゃっていたら別ですが
    。例えそうしていたとしても普通の医療機関でしたら実費(人件費その他を含みますが)以上を受け取ることはないでしょうが。
     ネイルの除光液を準備することもできましょう。しかし大きい病院になればなるほど、それを自分達でかぶるサービスにしてたら閉院へと近づきます。続きます。

    ユーザーID:1708857385

  • 続き

     除光液代。除光液をを病院が用意するとして支払は誰がするのでしょう。

    保険診療は政府の決めた点数からほんの少しもはみ出すことはできません。たとえそれが治療に必要だとしても「ネイルしている患者様のネイルを落とすための費用」というのはまったく計上できないのです。かといってネイルの上から検査をして変な検査結果が出たとして。あなたは納得しましたか?それは誰のために必要なのですか?

     除光液代とかその他のホスピタリティにカネをかけたら病院がつぶれる時代が迫っているともいえます。
     自由診療で、一日の室料がスイートなみ、その患者さんに(様といったほうがいいのでしょうか)一人以上が24時間専属でつける料金を請求しているのならいろんな要求をできるのかも知れません。しかし今の保険点数(政府の決めた値段)では、死なないように、障害ができるだけでないように、できるだけ不公平にならないようにと閉院(倒産)しない程度に頑張っているところも多いと思います。

     字数制限ってたいへんですね。次で終わります

    ユーザーID:1708857385

  • 続きました

    医療機関は患者さんを選べませんが、患者さんが医療機関を選ぶのは規制されておりません。
     御不満を伝えるのは悪いことではありませんし、それでできる範囲で改善する病院もありましょう。しかしできない処もあるので、日本に病院が一軒じゃなし転院してくれても〜、なんて。
    「もう少し穏やかに言ってくれたら嬉しかったのに」はともかく、「除光液くらい置いておくべき」と言われると「除光液の使用料●●円になります」という張り紙を病院内に設置し、救急搬送の際にも伝えておかねばならず、払えなければ(検査できないので)受け入れ出来ませんと告げ、なおかつそれに文句を言う方々(それくらい病院が用意すべきだ)に対応と赤字の覚悟をせねばならず、それをスルーするには保険点数を(ネイルに関しては)「女性は男性よりネイルをしている可能性が高いから点数を高く設定する」と政府に働きかけ、どうして女性と男性では同じ処置をしてるのに金額が違うのか・差別ではないのか、という人々に対応する人員と人件費を確保せなばならず…しかしサービスする余裕はなし。
     怪物を警戒するあまり過剰防衛になりそうな気持をわかっていただければ幸い。

    ユーザーID:1708857385

  • 私の場合

    かなり昔ですが、家で1人でいたとき(家族は海外旅行)尿道結石になり自分が119番をして救急車を呼びました。着いた病院の入り口で痛みを堪えて診察室へ歩こうとしたとき(朝6時くらい)受付窓口で「あなた!住所と氏名と生年月日、連絡先を書いて!」と言われ、死ぬほどの痛みを我慢して書きました。

    しかし、書いた文字は本当にミミズがはったような文字で読めたものではありませんでした。車椅子も出してもらえず、痛みを堪えて歩いて診療室まで行き痛み止めの注射をうったものの、痛みは引きませんでした。時間も診療時間になり先生が「入院するの?帰るの?」と言われたため痛みが2時間たっても引かなかったので無理だと思い、「入院します」と言った途端にすかさず車椅子を出してくれて、お客様扱いになりました。今思うと、外来即帰宅は患者として扱われていなかったのかも知れません。

    また、痛み止めが2時間効かないのも怪しく思っています。

    ユーザーID:0093513130

  • いろいろ議論はあると思いますが…

    受け入れの病院が見つかっただけでも運がよかったと思うしかないのでは?

    昨今の状況を見てみると…

    あんな劣悪な状況で働いてもらってるので何も言えません。
    言って辞められて、救命病棟がまわらなくなったら困ります。

    小心者です…。


    ただ、不満がある方たちは自分は救命で働ける自信はあるのでしょうか?

    ユーザーID:2373136414

  • 横になりますが、医療関係の方に質問です

    マニキュアをしていると受けられない処置があるということを、このトピで初めて知りました。検索してみてなんとなく理解しましたが、一般的にはあまり馴染みがないですよね。

    そこで出てきた疑問なのですが、今はジェルネイルをしている方って多いですよね。ジェルネイルはマニキュアと違い、除光液では落とせません。専用の液を使い、時間を掛けて少しずつ溶かしながら削り落とします。その専用液もコンビニなどには置いていないと思います。

    以前、眉毛のアートメイクを検討した時に、アートメイクをしているとMRIを受けられないことがあると聞き、怖くなってやめました。
    最近ジェルネイルをしようかと思っていたのですが、まさかこんなに一般的になってきているジェルネイルが医療的に障害となる得るとは思ってもみませんでした。

    アートメイクとMRIの関係は、アートメイクを検討される方なら知っている知識だと思います。でもジェルネイルをする時に、このようなマイナス面があることは知らない人の方が多いと思います。

    医療関係の方、ジェルネイルは万一の時のことを考えると安易にしない方がいいですか?

    ユーザーID:0805402602

  • 患者は、そこまで要求していいの?

    トピを読むと、怪我人なんだから、病院が早々に受け容れて丁重に看護・治療するべきだ、というふうに読めるのですが、治療はともかく看護師やその他のスタッフに対しては、要求しすぎではないでしょうか?

    最終的にスタッフがやることだとしても、やって当然という態度でおまるの片づけを頼んだなら、嫌な顔をされても仕方ないと思います。

    マニキュアをつけている患者さん…病院に来るのにわざわざつけてくる人は少ないので、まあ、いるとしたら救急患者さんですよね。でも酸素モニターをつけるほど重症の患者は滅多に来ません。(大腿骨骨折だと、脂肪塞栓症で肺梗塞になって最悪の場合死にますので、酸素モニターは必要です。)救急現場に除光液なんて置いてないと思いますよ。

    それくらい家族も気を回さないと、重症の救急患者を少ないスタッフで受け容れるのは大変なんだよと、言いたかったのかもしれませんね。

    ユーザーID:3475904045

  • ありがとうございます

    わかるんです。病院が大変なのは。医師も看護師も、病院自体もぎりぎりのところでやっているのでしょう。

    でも、だったらそう言えばいいと思いませんか?

    完全介護と言いながら、家族に下の世話をさせる。「大変なので手伝ってください」といえば喜んで手伝います。なのに「なんでやらないの?」って態度はどうでしょう。

    もし保険証がなければ救急でも受け入れないなら、救急要請したときにそう言うべきでしょう。病院についてから診療拒否したら、また別の病院を探すことになり、大幅に時間がロスする。患者さんによっては、それが命取りにもなりかねない。

    病院経営が苦しいことも、医師看護士の勤務状態が過密であることもよくわかっています。
    でも、そのことと、上記のことは別の問題なのでは?と思います。

    お店の経営が苦しいからお客さんに嘘ついて、高額商品を無理に買わせたらこれは詐欺です。犯罪です。
    病院経営が商売だというなら、同じでは?
    自営と一緒にするな、医療活動はもっと高尚なものだ、というなら、
    せめて誠実な態度をとってほしかったです。

    わがままでしょうか?

    ユーザーID:0385541299

  • 納得いかないなら

    納得いかないなら、セレブや政治家が入院するような、
    超高級病院に行ったらどうですか?

    シャンデリアに赤絨毯、至れり尽くせりのサービスです。

    医療は商売、自分は「客」と言うなら、そういう病院を選んだらいかがですか?

    ユーザーID:7039922654

  • ネイルでもジェルネイルでも

    酸素モニターが必要になるのは、心臓や肺に心配がある時で、つまり、大なり小なり、生命に直結する危険が予測される時です。

    ネイルでも、ジェルネイルでも、救急の現場で絶対に酸素モニターが必要であれば、強引に落とします。おそらく爪はそれなりに傷むでしょうが、生命には替えられませんから。

    今回のように、除光液を用意してもらう余地がある場合は、病院にある医療器具の範囲でこすり落とすより、除光液を用意してもらう方が良いだろうと思います。ちなみに、救急病院で化粧やネイルを落とすための美容グッズを常備しているところはほとんどないと思われます。

    ジェルネイルをするのは構いませんが、そのまま救急車で運ばれたら、丁寧に落としてもらえる可能性はまずありません。

    ユーザーID:3475904045

  • 病院経営は商売ではありません。

    商売なら、リスクの多い商品(この場合、大腿骨骨折の患者)に手を出さない、嫌な客が多ければ対応を考える、そういう裁量権がありますが、病院はそれができません。

    それでも、トピ主さんのような方達がいるから、重症患者の受け容れ拒否が増えているのでしょう。急に飛び込んできた上に、全部スタッフにやらせようとする、やれなければ文句、そんなお客は願い下げだからです。

    ユーザーID:3475904045

  • 詳しくはその病院にきくしかないですが

    高次救急センターや大学病院に勤務経験があります。
    ◎受け入れについて。
    救急指定の病院で、専門医がいる(この場合は整形外科)病院を探します。
    大学病院クラスなら当直医もたくさんいますからなんとかなりますが、ベッド(入院できる余裕)があるかはわかりません。
    救急指定病院でも当直医がほかの科の医師の場合は、専門医を呼び出したりするので時間がかかることも。また、専門医が処置や手術中で対応できないこともあります。

    ◎保険証について。
    受け入れ拒否することはありませんが、確認はします。
    保険証がないと全額負担になるので、患者の負担が増大するためです。

    ◎マニキュアについて
    これは本当に困ります。
    もちろんご家族に準備していただくことになります。
    どなたかの質問にあったジェルネイルの場合は、どうしようもなければほかの方法(血管内に装置を留置する方法など、やり方も手間がかかりますし患者の身体的負担も大きい)になると思います。

    ユーザーID:0177289441

  • 続き

    ◎部屋について
    ベッドが空いているようにみえても、予約という形で埋まっている可能性があります。
    外来で入院予約をして次の日に入院してくる患者がいるような場合は緊急の患者を入れることはありません。
    予約した患者が入院できない事態になりますから。

    ◎排泄の世話について
    それはその方に聞かないとわかりません。
    看護師でない方が補助として身の回りの世話をしている病院もあるようですが…
    もちろん看護業務の一端ですから拒否はしません。
    もしかしたら
    『他人に頼むより、家族がいるうちに家族に頼んだほうが気が楽なのでは?』
    …という意味だったかもしれませんね。

    ユーザーID:0177289441

  • 残念です

    患者側の意識改革が大切だと思いました。
    トピ主さんのように何でもかんでも病院がやって当たり前、
    自分の家族の下の世話はしたくない、除光液も置いて欲しい…。
    あげくのはてに保険証が必要なのがおかしいといい出すなんて。
    トピ主さんも感情がある人間ですが、病院で働いている人たちも
    感情がある人間なのです。
    みんなが過剰な要求ばかりしているとそこで働く人たちのモチベーションやモラルが低下してさらに悪い状況になるでしょうね。
    うまく折り合いつけてくださいよ。
    お互い同じ人間じゃないですか。

    ユーザーID:5125300463

  • "サービス"の範疇ですから

     まず、「完全介護」というのは、医療上必要な介護をするということで、患者さんがやって欲しいと思うことに「迅速に笑顔で完璧に対応する」という意味ではありません。

     それと、看護や介護は、ある程度以上は医療行為(医療報酬として請求できる行為)の枠を超えてサービス行為になります。サービスを受ける側が不必要に横柄だったりすれば、サービスする側のやる気がなくなるのは仕方ないことです。

     医療的に「下の世話」というのは、おまるに移る介助とか、おまるにすら移れない人に対してどうこうというのが先で、おまるの始末は後まわしです。忙しいですから。

     母娘ともに、それだけ態度が悪ければ、どこの病院でも似たような扱いになるように思いますが・・・

    ユーザーID:3475904045

  • ビックリしました。

    >どなたかの質問にあったジェルネイルの場合は、どうしようもなければほかの方法(血管内に装置を留置する方法など、やり方も手間がかかりますし患者の身体的負担も大きい)になると思います。

    ビックリしました。
    血圧が高い人とか既往症がある人、出産の近い人など搬送される危険のある人はしない方が無難ですね。
    タバコの有害表示の様にパーッケージやネイルエステの価格表に表示する義務を課して欲しいです。

    ユーザーID:8463377075

  • トピ主さんが理解していないだけで

    >でも、だったらそう言えばいいと思いませんか?
    >救急要請したときにそう言うべきでしょう。

    大腿骨を骨折して、でも固定されたら「けろっと」している、こういう状態の患者さんは、数時間の遅れがどうこうなる状態ではありません。

    正直、看護や介護にスタッフを割かれるだけ、病室も広めに占拠し、嬉しくない患者ですから、あちこちの病院が断って、だから受け入れ先が決まるまで一時間も待たされたのですよ。

    ユーザーID:7903804377

  • 救急車で搬送されたからといって

    全員が救急を要する患者さんばかりではないので、
    お母様のように、固定処置がすでに済んでいる場合は
    保険証の確認を後回しにするほどの緊急性を要していないかなと思います。
    また、
    >渡すまで道をあけてくれなかった
    とありますが、立ちふさがっているところをトピ主さんが無理に中に入ろうとしてさえぎられたということですか?

    マニキュアも、トピ主さんが帰ろうとしたので持ってくるように言われたんですよね。ただ、看護師さんの言い方は確かにきつい言い方ですね。
    もう少し言い方があったように思います。

    看護助手の方の言い方ももう少し配慮があってもいいですね。
    どういう状況であったにせよ、その後、患者さんがトイレを我慢するようなことではいけないと思います。
    看護助手・看護師ともに看護部の管轄ですよね。
    そちらの育成がもう一つ徹底できていないのかもしれません。

    お部屋に関しては、すでに入る予定のベッドもありますので、空いているから入れるというわけではないと思います。
    一つの不信感からすべてを疑ってかかっておられるようなので、少し分けて考えられたほうがいいかもしれません。

    ユーザーID:5763585541

  • ありがとうございます

    今日、紹介状をもって大病院へ行ってきました。

    いろいろな医療関係者の方々からお叱りのレスを受けたので、有名な大病院なんてさぞかし怖そうだな、と恐々として行きました。

    全然そんなことなかったです。

    母のいた病院や、レスの方々のように、疑問を言っただけで嘲りやお叱りが降ってくるとばかり思ってました。でも、その病院は権威ある外科部長さんなのに、穏やかでにこやかに、でも真剣に丁寧に診察してくださいました。看護師さんも検査技師さんも心細い気持ちを和らげるようと心を砕いているのがよくわかりますし、受付や会計の方もにこにこと優しい口調でした。大病院ですから待ち時間は半端ではなく、朝9時から昼食抜きで夕方4時までかかりましたが、全然苦じゃなかったです。

    そういった意味では、レスくださった医療関係者の方々に本当に感謝してます。私がこれから闘病生活を送る病院が、すばらしいスタッフに恵まれたいい病院なのだということを実感できましたから。

    医療関係者の方へ
    あなたの大切な方が病気になったとき、あなたのような医師看護士に治療されるように心からお祈りします。

    ユーザーID:0385541299

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧