夢を追ってみたいけど

レス20
(トピ主0
お気に入り14

男性から発信するトピ

じゅーく

小町の皆さんこんにちは。初めて投稿いたします。

自分は夢を追うために受験勉強をし、大学にやってきたつもりでした。しかし今はそれに自分の人生全てを賭けてしまってよいのか疑問に思うようになりました。以下では、躊躇している理由について説明します。

さて、大学に入り周りの人間と接してみると、自分よりはるかに高い能力を持つ人間が腐るほどいることにあらためて気付かされ、普通に就職する道を選んだほうがよいのではないかと思うようになりました。自分の通う大学の社会的評価、あるいは自分自身の能力を考えれば、修士卒で就職すればホワイトカラーの企業研究者として年収600万円以上は十分に可能であると予測できます。ただし昨今の不況、あるいは学歴社会の崩壊を見る限り、それすら難しいかもしれませんが。

もうひとつ、自分には失敗した場合にリスクをかぶる勇気がいまひとつ欠けています。大学の先輩で「超ひも理論」という誰でも名前は聞いたことのあるような分野に挑戦なさっている方がおり、本気で象牙の塔の人間になる気のようです。彼は「失敗したらヒモになるから」という笑うに笑えないジョークを披露なさるのですが、自分にはそこまでの覚悟はできません。(だいいち養ってくれそうな彼女とかいないですし)

最後に。ここまで自分を育ててくれた親に、恩返しをせぬまま死ぬわけにはいきません。しかし、もしリスクを取って失敗すれば、それはできません。親にも社会の寄生虫として暮らす姿など見せたくはありませんし、孫の顔を見せることもできないでしょう。それだけはいやです。

(逆にどうしても夢を追ってみたい理由もありますが、それはあまりにも傲慢で偽善的な理由なので割愛いたします)

自分はどうするべきでしょうか。「よくある話」ではありますが、皆さんの意見をお寄せください。

ユーザーID:6282158047

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 要するに研究者になりたいっていう話?

    先輩はスーパー・ストリング・セオリーですかあ。ってことはトピ主も理論物理学あたりでしょうか?

    いつでもドロップアウトして就職できるよう準備しつつ研究する、っていうのが普通では? 大半の研究者志望の人々がこのコースになるわけですから、前例はむちゃくちゃたくさんあるわけです。こんなに芝居がかった悲愴の嘆き節を披露するほどのことではないと思いますよ。まずは指導教官と相談でしょ? 

    ユーザーID:3990268598

  • うぅん〜〜〜

    うぅん〜〜〜、これは一見単純そうな問題だが、なかなか難しい問題だ。
    親に恩返しなどと、最近の若い者にしては珍しい存在だし、何しろ真面目なんだろうな。
    パラサイトやカプセルになるようなタイプにも思えない。
    ただちょっと思索の密度が濃すぎるのかな、とらふぐ親爺も若いころは真面目だと言われてきた訳だか゛、
    いろいろなめにあわされたり、あわせたりで、この浮世の仕組みがだんだんと分かって来た訳だ。
    この世は『猿山の様な世界だ』と、言うぐらいの割り切りで行ってみたらどうかな・・・・・
    そしたら気も楽になるし、何か別な意味での結論が出ると思うよ。
    肩の力を抜いて、考えなさい。

    ユーザーID:2164278202

  • 昔同じように悩みました。

    素粒子論の分野は、よっぽど能力に自信があって貧乏でもいいという覚悟がなければ適当なタイミングで他の道に進まれることをお勧めします。
    私の場合は、修士の時にじゅーくさんと同じように迷いましたが、結局ドクターに進み学位をとったところで、民間に就職しました。今は、金融関係の仕事(クォンツ)をやっています。
    まわりにも結構似たような経歴の人がごろごろしています。
    ところで数理的なことを仕事にしたいのであれば、メーカーの研究者よりも金融がお薦めです。
    昨今の状況では就職はかなり大変だとは思いますが。

    ユーザーID:4714459207

  • 就職でしょう

    博士課程に進学してアカデミックの世界にいくか、
    修士で企業就職するかという質問ですよね。

    まず、周りに優秀な人間が多いと感じた次点で、
    進学はできても、食べていくことは難しいでしょう。
    やりがいはもちろんあると思いますが、失敗して
    他の道を探すとなったとき、修士卒業時にあった
    ようなところへはいけません。ただ、大手で
    なければ道はあると思います。

    修士で就職すれば、贅沢しなければ十分暮らして
    いけるでしょう。ただ、国内メーカーは依然として、
    年功序列、横並び体質です。いくら優秀で
    あっても、年数が伴わなければ上には上がれません。
    明らかに仕事ができない上司の下につくことも
    あります。でも長く勤めて真面目にやっていれば
    わりと安定的に人生を送れます。
    一方、外資系メーカーは成果主義なので、優秀で
    あれば役職・待遇共に国内系ほどの年齢の縛りは
    ありません。ただ実力がなければ切られます。
    また外資系だと国内での研究職というのは
    なさそうです。

    自分で食べていけなければ、やりたい事を
    追求する資格はないと思いますよ。

    ユーザーID:2858844181

  • 「超ひも理論」なんて知りません

    まず、誰もが知らない理論をみんなが知っていると勘違いしているようでは一般社会に出ても役立たずで終わるでしょう。
    会社だろうがどんな貧しい国だろうが主さんより賢い人も金持ちもうじゃうじゃいます。私はいま、一人当たりGDPが1000ドル以下の国で働いていますが私の周りにはマスターやドクターの学位を持っている人は珍しくありません。みな外国のスカラーシップで取得しています。
    おそらく主さんは研究者としてのセンスも能力も意欲もないようですので、就職して社会の荒波にもまれることをお勧めします。
    しかし、社会の人たちだってただのほほんと給料をもらっている訳ではないですよ。それなりに知恵を絞って働いているのですよ。

    ユーザーID:4795428995

  • 男性から発信するトピランキング

    一覧
  • 楽しい方をとれば

    楽しいと感じる方をとればいいと思います。そのホワイトカラーの研究職を経験した後ではできない夢なんですか?

    だとしたらきっと博打的な夢なんですね。起業などですか?


    私は、これになりたい!とかこの職に就きたい!とかはないです。

    子供みたいなことを書きますが、ただ毎日を子供の時みたいに何かに熱中してドキドキワクワクしながら過ごしたいです。
    それがわたしの送りたい人生です。


    夢と言うより生き方ですね・・。


    色々な友達や知り合いに意見を聞いてみるのもいいかもしれません。

    実際に貴方のその夢を叶えている人に手紙を送るか、遭ってみるとか。

    ユーザーID:5931755518

  • いいんじゃない?

    「甘えるな」ってレスが大量につきそうな気がするけど、私は無難な道を選択したほうがいいと思う。「夢を諦めるな」ってみんな言うけど、やる前から諦める理由を探してる人に努力は無理。

    夢を追えるかどうかは、抱いたきっかけとか、才能の有無はあまり関係ない。「その夢を追い続けられる性格かどうか」にかかってると私は思ってる。「大きな夢を追うことに向かない性格」の人っているんだよね。あなたはそのタイプだと思う。そういう人が性格に不相応な夢を描くとつぶれる危険が大きい。それになんとなーく気付いたから、トピを立てたんじゃないかと思うんだけど…どう? 

    どんな道を選んでも、失敗や挫折は必ずある。でも、目指す夢の失敗や挫折から学ぶ勇気が持てないなら、できるだけ「リスクが少なさそう」な道…比較的「手に入りやすい夢」を目標にしたほうがいい。「親に孫を見せる」「今日のノルマを達成した」…別に悪いことじゃない。いろんな大きさの夢を描く人がいて社会は成り立ってるんだし、その人にしかできない努力ってものもあるから。

    まあ、まだ時間はあると思うので、自分の性格とよーく話し合ってみることをお勧めします。

    ユーザーID:6741789518

  • 二者択一

    平凡なサラリーマンになり、結婚をして親孝行もして、それで一生を終るか?

    社会の寄生虫になろうとも自分の夢を追うべきか?

    親孝行なんて、今どき珍しいご仁ですね。
    でもそれはあなたが夢を追えないという言い訳に聞こえます。

    ご両親はトピ主さんに何かしらの期待をされているのですか?
    トピ主さんが結婚したとしても、孫の顔を見せられるかはまだ分かりませんし、結婚生活がうまくいかず、別居、離婚などで余計ご両親に心配をかけるかも知れませんよ。

    私は親の立場ですが、子供は元気で暮らしているだけで充分ですよ。子供には子供の人生があるのですからね。

    私は20代後半に、夢を追って海外に飛び出してきました。
    あの時決断をしなかったら平凡な人生を歩んでいたと思っています。

    夢を追うということは、周りから見れば傲慢と取られる可能性はありますよね。他人を顧みないで自分の夢を優先に考えますからね・・・。

    要するにトピ主さんには「自分には失敗した場合にリスクをかぶる勇気がいまひとつ欠けています」これのみです。

    自分の夢を追わなければ、先へ行って後悔することになりそうですね。

    ユーザーID:5690133317

  • 社会人学生です

    やる気があれば夢はいくつになっても追えますし、やり直しができますよ。
    私は転職を4回ほどしています。周りの友人も卒業後に就職した会社にずっといる人は少ないです。そして、今、会社員やりながらロースクールに行っています。大変ですけど、自分のやる気さえあれば、二足のわらじでやればいいんですよ!
    「覚悟」とか「人生をかける」とか、そんなに重く考えなくてもいいんです。とりあえず、考えてるだけでなくて、やりたいと思ったことは何でもやってみたらどうですか。
    大学生なんて、可能性だらけです!行動しないともったいない。

    ユーザーID:3838649455

  • いや、超ひも理論は有名です

    超ひも理論は、相対性理論と同じくらい有名だと思います。
    だって50才のアルバイト主婦の私ですら知ってますから。
    NHKで特集もやっていたように思います。

    やりたい研究を諦めなければならないことはお辛いでしょうが、年齢学歴相応の生活できないプレッシャーはかなりキツイです。企業に就職し安定収入のある道を選択されることをお勧めします。遣り甲斐は同じくらいあるように思います。

    ユーザーID:0221560755

  • 日本でのことは全然知りませんが

    米国で理論物理の分野だったら、学部の後に、PhD(博士)とポスドク、その数年(あわせて10年くらいかな)の間に研究成果を出して、それを元にtenure trackのassistant professorになって、教えて、研究成果を出して、tenureをとって…、みたいなのが成功パターンでしょうか。(私は他分野、これは聞きかじり)

    職の安定という意味では、tenureをとったら一安心。その前には、成果がでないとそこでアウト、違う道へ。普通、PhDの学生は学校から、暮らすのにぎりぎりくらいの給料をもらえて、ポスドクになるともう少しもらえるので、ひもになる必要はないですよ。

    研究成果を出せるかがすべてだけど、もし本当に理論物理系だったら、一生懸命やればどうにかなる、というようなものでもないような。苦しいですよ。しかし、やってみないとわからない、とも言えるけど。

    研究している? それともまだ学部?

    もし米国での話だったら、「とりあえずやってみたら?(有名大からの)PhDは持っていて損にはならないし」、とか言ってしまいそうだけど、日本の就職事情は全然違うのかな。

    ユーザーID:2501846771

  • 夢を追って

    こんにちは、
    このトピックを読み、昔の私を見ているような気分になり返事を書いています。
    「社会の寄生虫」とはどのような状態を言うのか定かではありませんが、その意味する所は「親などから経済的援助を受けながら」夢を追う事だと仮定します。そうであるならば、経済的自立をしながら自分の「夢」を追ってはどうですか?
    実を言うと、今私も「夢」を追っています。受験勉強したものの希望の大学に入学できず浪人し、その後希望の大学ではない大学に入学、卒業。運良くそれなりの企業の研究職に就きました。それでもやっぱり「夢」は捨てがたく複数年その会社で働いた後、退職し日本を出て外国の大学院に入りなおし、今も勉強、研究をしています。幸い会社で働いていた間にそれなりに貯金していた事、大学院から奨学金をもらっている事、質素な生活を心がけている事などから経済的自立をしながら「夢を追って」います。病気になり大学病院に入院し手術を受けたり、日本を出る時には母親を泣かせたり、と色々苦労もありました、いや今でも苦労しています。それでも人生は一度だけ、遠回りの人生をしていますが、私は夢を追っています。そんな人間もいます。頑張って。

    ユーザーID:7471131754

  • 多くの人が通る道

    高理想を掲げることを半ば強要される社会の中で、
    夢を実現できる人なんてほんの一握りです。
    多くの人は理想と現実の間で悩むのです。

    夢を諦めることが負けとは決して思いませんが、
    あえて言えば、夢に敗れても、
    自分自身を肯定しながら生きていかねばならないのです。

    トピ主は自己分析が出来ているようですので、
    堅実な道を歩むのに向いている人だろうと思います。

    ユーザーID:2352909952

  • 地に足をつけて

    今迷いの中にいるトピ主に言っても無理かもしれませんが、私もケースは違えど同様の迷いを持ちました。結局今43才、妻子あり普通の会社員です。今の境遇はベストではないけれど、よかったかなと思えます(50点)。今は自分の好きなことは全くしていません。時として苦痛です。でも仕事って、生きるとはそういうこと、と割り切れています。なまじ好きなこと=仕事となっては、それが100%の純粋性において崩れたとき、本当にきついと思います。また「貧すれば鈍する」これはあると思います。あと私が人生の中で感銘を受けた話を紹介します、なんと小町で読みました。「真のエリートになれ」ある県下有数の進学校の入学式で校長が話した内容です。”君たちはエリートだ、しかしまだ本当のエリートではない。これから死ぬほど勉強しろ、余裕があればスポーツをしろ。社会に出たら懸命に働け、少し余裕が出たら人の役に立て。そしてその割合が自分のことよりも多くなったとき君たちは本当のエリートだ”深い話です。皆我が身だけでも必死な中、他人や社会の役にも立てる存在がエリートだ。トピ主の夢も、そういったこととつながるのでしたらいいですね。

    ユーザーID:6205101763

  • どちらにしても自分の選択

    もし、孫の顔を見せたいと思った場合、忘れないで欲しいのは、親の為に夢を捨てたなど、将来言わない事です。

    親を安心させたい、孫の顔をみせて親孝行したい・・・それを選んだのはあなたなのです、親ではありません。親の為といいながら、安定性のある失敗する可能性の少ない人生を選ぶのはあなたです。

    私達夫婦は失敗の可能性の高い、海外進出を目指し、親を捨てたとか(夫は長男です)、親不幸者とか色々言われて今日迄来ました。今ではなんとか、仕事も安定し、家も購入、日本に頻繁に帰国する余裕も出来ました。

    しかし、義弟は、何かあると「俺は親の為に夢を諦めた。兄貴は親の面倒も見ずに、自分勝手に自分の好きな事をしていてずるい〜」などと責め立てます。でも、「夢を追って失敗したくないし、親不幸者とのレッテルを貼られるのは嫌だし、親を心配かけたくない。」という判断を下したのは、義弟なんですよね。

    誰だって夢を追って失敗して無様な姿を晒したくはないし、親孝行したいと思っています。でも、道が一つしか無い場合、どちらを選ぶか、そこであなたの人生が決まるんだと思います。そして、どちらを選んでも<あなたの選択>なのです。

    ユーザーID:0662321286

  • アメリカに来れば?

    研究をしたいけれどリスクが心配ということでしたら
    アメリカの大学院に来ることをお勧めします。
    アメリカは、コネに左右されずに研究ポストを探すことができますし、
    日本ほどポストの数が不足していません。
    また、大学産業の規模が大きく
    たくさんのポストに同時に応募することができるので、
    自分の可能性を見極める時間が短くて済みます。
    例えば、200件のアカデミックポストに応募してみて、
    だめだったらすぐに民間就職に切り替えるというような
    ダイナミックな意思決定が可能です。
    民間企業からの博士修了者の求人も日本よりもずっとたくさんあります。
    日本の博士課程のような悲壮感はありません。

    あと、親孝行をしたいというのはとても立派な心がけだと思いますが
    一人前になるまでの経済的な話はまた別です。親のすねをかじる勇気も
    ないなら、とても研究者になんてなれないと思います。

    ユーザーID:0863652236

  • 迷ったときは「すべきこと」をする

    修士修了の者です。
    ちなみに親は博士課程修了の、象牙の塔の住人です。

    私はいつも、迷ったときは「したいこと」より「すべきこと」をするのがよいと考えています。

    そもそも確固たる「したいこと」がある人の方が少ない。
    そして、その「したいこと」がある人同士の競争は熾烈で、生半可な気持ちでは勝ち抜けません。
    ですから「何がなんでもしたいこと」があるわけでないなら「すべきこと」を優先した方が安全なのです。

    才能が行く道を選ぶこともあります。
    本当にそちらの道が行くのが正しいなら、いてもたってもいられない、行かざるを得ない気持ちになるはずです。
    私もそうでした。(象牙の塔ではありませんが)

    ユーザーID:3426557047

  • 企業内研究職は?

    大企業で管理職をしています。企業内研究職の経験もあります。周りには企業内、アカデミック両方の研究職の友人がおりますが一風変わった人が多い職種だと思っています。もちろん私も変人の末席を汚している自覚はあります。

    先輩のジョーク、私はPC前で笑いました。(これナイスです。)裏を返せば彼はそれくらい本気だということで、笑えないトピ主さんは腰が引けているということでしょう。もちろん、その理由は先輩が浮世離れした世間知らずで、トピ主さんは常識人だからなのです。善悪の話ではありません。そもそも研究職向きの頭はリスクだの親孝行だのを考える構造を持っていません。常識人ならまずもったいないと思う、あふれたお風呂の水や、落ちるリンゴを別の視点で見て大発見につなげることができる人なのです。

    企業内研究職の道は充分ありうると思いますが、自分に備わった運が信じられず、リスクを低減するものとしか考えられない時点でアカポスへの道は厳しいと思います。

    ユーザーID:7001529195

  • 優秀かどうかは関係ないかなぁ・・・

    素粒子といえば、東大理物のあそこ、しか思い当たりませんが、
    本当にその分野で象牙の塔の住人になれるのは、
    数年に1度だということ、ご存知ですよね。

    でも、その後に潰しが効くかどうかは、心がけ次第。

    物理学帝国主義の考えを改め、すこし工学に寄り添えば、
    象牙の塔だけでなく、企業への就職の道も開けます。
    とても簡単そうなんですけど、出来ない人にはトコトンできない。

    以下、物理出身者歓迎の理由:
    実験をするだけならテクニシャンで十分。
    研究開発分野では、ちゃんと関連分野の理論をおさえて、
    現象を理解できる人の需要が高い。

    物理出身の人は、その辺はしつこいので、
    安心して見てられる。

    ちゃんと、工学に寄り添ってくださいね。
    自分は落伍者だとか、もの作りに係るなんて落ちぶれた・・なんて意識がある人はお断り。

    ユーザーID:6063743817

  • 普通に就職してみたら?

    書込みを見て、理論物理の分野で、修士卒で就職か、博士に行くかを迷っていると推察しました。

    私は、研究所勤務で、国立大学の准教授(連携大学院)もしています。

    理論物理は音楽家の様に、個人の持つ才能の壁があります。天賦の才がある人なら、ドンドン先に進めますが、普通の人が努力しても、どうしても越えられない壁があります。周囲を見て、不安に思うなら、就職することをお勧めします。

    夢を持つことは大切です。しかし、夢がそのまま実現しないことも、多いです。就職するときに、自分が思い描いた夢に近いものを、選んでみては如何でしょうか?ベストな選択は無理でも、ベターな選択はできることが多いものです。
    それを繰り返して行くと、初めの貴方の夢とは違うかも知れませんが、自分なりに満足がいくものが形になる気がします。

    幸運を祈ります。

    ユーザーID:3138933223

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧