• ホーム
  • 話題
  • 共稼ぎの主婦の年金 < 専業主婦の年金 そんなのアリですか?

共稼ぎの主婦の年金 < 専業主婦の年金 そんなのアリですか?

レス47
(トピ主0
お気に入り471

生活・身近な話題

パパイヤ

両親は年金を貰って生活をしていましたが父親が亡くなった為年金の支給額が再計算されました。 共働きだったので母は35年以上は厚生年金を支払っていました。 母はよく「小さい時からカギっ子にしてしまって悪いけど、お母さんが働いていれば将来年金が多くもらえるから歳をとったときに子供達に迷惑かける事がないよ。」と言っていましたが、驚く結果を聞きました。 母親が貰える額と母親が主婦だった場合もらえる額とほぼ同額だそうです。
母は2年間寝たきりの父親を介護し、父が亡くなった後は名義変更の手続きであちこち歩き回り疲れ切っており、挙句にこんな知らせを聞き自分は何の為に働いたのだろうと落ち込んでいます。 

仮に父親が二人分の収入があったとして、もし母親が専業主婦だった場合、一世帯の収入は同額なのもっと年金がもらえるって事ですよね?
納得いきません。
皆さんの体験や意見を聞かせて下さい。 

ユーザーID:5226520589

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数47

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それは遺族年金では?

    その「主婦が貰える額」というのは遺族年金では?

    双方共働きで、双方健在だった場合は
    専業主婦だった場合よりは明らかに多くもらえますが

    収入の多い配偶者が亡くなった場合
    その遺族年金が、厚生年金の額を上回ることはあると思います。

    納得いかない…とおっしゃいますが
    それを言い出したら、自営業者は国民年金のみで、主婦は第三号の特典もありません。
    きりがないのです。
    (ちなみに私は自営のシングルマザーですが、収入オーバーのため、一切の手当、助成を受けていません。年金保険料は国民年金基金と合わせて莫大な額を支払ってますが、それでも老後は全然足りないでしょう。)

    きりがないのです。
    本当にきりがないのです。

    ユーザーID:1859082954

  • 家計の足し

    遺族年金の事ですよね。私も年収300万程度ですし、
    夫の遺族年金と私の分と比べて多い方を選ぶということなので
    もしかしたら夫の遺族年金の世話になるかもしれません。
    ただそれは現状の夫の遺族年金という制度が残っていたら
    という前提なので、働いておいても損はないと思います。
    それに夫も存命の場合は二人分貰える訳ですから、ずっと
    専業主婦だった世帯よりは多くもらえると思います。
    それ以上に働いて良かったと思うのは今現在の収入が確保できて
    いる事です。不安ならそれを積み立てて年金にプラスするなど
    できますよね。

    ユーザーID:6804703034

  • それ本当ですか!?

    厚生年金を払ってる人のが多くもらえて当然と思ってたのでショックです。

    でも夫の収入のみ=共稼ぎの世帯収入の場合ですよね?

    夫に庇護されて生活するのが一番お得という事なのでしょうか・・

    働く意欲がなくなるような事実ですね。

    ユーザーID:1943863232

  • 詳しく知りたいです。

    以前、ニュースでやっていたのを、ちらっと見ました。
    私も耳を疑いました!

    妻が専業の場合は、同じ年金額を支払っていても、支給率が違うようです。
    私は、子供はいませんが、ずっと働いてきました。毎月、社会保険料を
    3万円以上は払っていますが、、私の年金も支給されれば老後が楽に
    なると思って払い続けていました。

    それが、扶養家族になって年金の支払いも免除。配偶者手当の支給されてた
    専業主婦と同じ支給額なんてガッカリです。

    それなら、あなたも専業主婦になれば?と言われそうですが、夫のお給料
    だけでは生活が厳しく働かざるえない状況です。

    年金の財源が厳しいというなら、専業主婦も国民年金くらい払えばいいと
    思います!! 年金に関しては頭に来ることばかりですね。

    ユーザーID:6251099492

  • 生活保護のほうが年金より高い?そんなのアリですか?

    共稼ぎの主婦の年金 または 専業主婦の年金 < これまで年金を滞納して払ってこなかったから老後に生活できない、だから老後は生活保護を受けてますという人。おい、それってありかよ。まじめに年金を国に払ってきた世帯主よりも年金払ってこないで生活保護を受け取ったほうが多くもらえるって、どういうことよ!?

    年金を払ってこなかったのに、高齢者になれば生活保護をもらえて、年金を払ってきた人より生活が豊かな生活保護の世帯って、しくみがおかしいよ、ずるいよ。

    そんなのアリですか?

    トピさん、どうせ叩くなら生活保護で老後を過ごそうとする、年金を払わない人叩いてよ。

    ユーザーID:1245027077

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • もらえるだけいい

    遺族年金、もらえるだけいいんじゃない?
    独身なんてどうしてくれるのよ(苦笑)って感じですよ。遺族年金なんてないのに同じ保険料。
    子どもがいるなら(あなたのこと)家族全体としては扶養控除やら、児童手当やら国の恩恵受けてた部分もあるでしょ?
    今回、初めてたったひとつ、自分が誰々より損した!なんて怒るのもどうかと思いますよ。

    ユーザーID:9982021152

  • ちょっとわかりにくいのですが。

    >母親が貰える額と母親が主婦だった場合もらえる額とほぼ同額

    これって、厚生年金に加入していたお母様と、
    専業主婦で、国民年金の第3号被保険者だった人を比べた場合で、
    もらえる年金がほぼ同額という意味ですか?

    だとしたら、それは一概にそうとは言えないと思いますよ。

    ただ、お母様が厚生年金に加入していたとはいえ、
    厚生年金は自分の収入によって保険料も変わり、受け取る年金も変わりますので、お母様の収入がかなり少なかった場合にはそういうこともあり得るのかもしれませんが。

    ちょっと言われていることの意味がわかりにくくて、違う意味でしたらすみません。

    ユーザーID:9866822646

  • おかしいですよね?!

    私の母は父と大変な苦労をして会社を創り昼夜を問わず働いていました。時には社員さんの家族から、怪我をしたのは会社のせいだと言われ、入院期間中付き添いの奥さんのお弁当まで用意させられていました。父は社員さんの年金は払っていましたが、自分の年金は払えない時もありました。父は会社を守る為に給与額を多くして運転資金は母の給与としてとっておきました。父は過労がたたり49歳でガンで他界。社会保険からは見舞金として40万、年金は払込期間が足りないため、もらえませんでした。母は所得があるとして、何の補助も免除もありませんでした。
    2年後に叔父が他界。叔母は専業主婦でいつもお茶のみをして噂話ばかりして、母の邪魔ばかりしていましたが、所得がないという事で、手厚い補助があり、遺族年金が出て、一定の年齢になると通常の年金と遺族年金を比べて高い方を選べるというのでした。
    …母はショックを受けていましたよ。「何の為に必死で働いたんだろう。遊んで暮らしていた叔母は何の心配もなく年金で暮らせてね。」と何度も言います。
    納得できない現実を見ている私は、年金を払うことに疑問を感じます。
    今は休職中で払えませんが…

    ユーザーID:6630921044

  • あきらめるしかない

    そう、その納得いかない、いまいち上手いことできてないのが国の制度です。もういちいち気にしていたらやってられませんよ。あまり考えないほうがいいと思います。うちの父はずっと自営で、提携している会社からの依頼を受けて現場に出向く建設業をやってきました。ずっと国民年金です。で、受け取れる年齢になったので今は年金をもらっていますが、月々いただけるのは8万弱。それに比べて事情があって年金が受給できない(今まで払ってこなかったから)、仕事もない父と同年齢の、生活保護受給者は月々13万ほどもらえているみたいです。マジメに何十年も国民年金納めてきて働き続けてきた人がもらえる年金よりも、生活保護のほうが5万も多いのです。これもなんだかなぁって感じですね。ほかにも私は未婚なのでよくわかりませんが、夫婦共働きでもカツカツで子育てしている人よりも、シングルマザーで母子家庭手当てもらうほうがゆとりある生活してるのではないか?という議論も前にありましたよね?やっぱり国の制度は完璧じゃないんですよきっと。

    ユーザーID:7738789784

  • 年金は理不尽がいっぱい−愚痴です

    91才の母の場合ですが、
    国家公務員だった24年まえに亡くなった夫(私の父)の共済遺族年金と、母自身が20年以上働き納めた厚生年金を受給しています。

    おかしいのは、母の厚生年金を受給すると、父の遺族年金の一部が減額され、母自身の厚生年金を受給せず、遺族年金のみの受給を選択した方が高額になるというのです。

    普通に考えれば、少しでも多い方を選択すると思うのですが、母は厚生年金は自分が頑張って働いた証、誇りなのだと。
    ゆえに自らの年金の受給を捨てることは出来なかったと。

    話は変わり、わが夫63歳の場合
    定年後嘱託で厚生年金加入継続なので、150万前後の年金の全額が支給停止に。
    納得がいかないのは、65歳までの5年間支払い続けても、65歳からの受給額に上乗せされる額はほんの僅かで、これなら、バイト勤務形態として年金加入せずに、年金を受給した方が得になるらしいのです。
    (増して64歳からはほぼ満額の230万ほどになるので)

    共済から厚生へと変われば加入しても支給されるわけで、嘱託などように同じ年金だと停止になるというのも納得出来ないです。

    ユーザーID:9371453689

  • あなたの勘違い

    専業主婦の年金は基礎年金のみ。
    兼業主婦の年金は基礎年金+厚生年金。

    加入期間が同じなら同額になるはずはありません。
    計算が間違っているか、加入期間が異なるかどちらかです。

    最寄りの社会保険事務所で正しい情報を確認して下さい。

    ユーザーID:0959946879

  • んっ?

    お母さんは厚生年金に入られていたんですよね。
    厚生年金に入ると言うことは国民年金と厚生年金の2つに加入しているということになります。
    ということは基礎年金(国民年金分)に今まで支払った報酬比例分の厚生年金が上乗せして支払われるはずです。

    専業主婦と同じじゃないと思いますよ。
    昨今流行中の年金もれじゃないですか?
    もしかしておっしゃってるのは国民年金の基礎年金の部分のことかしら?

    ユーザーID:5086829614

  • 同意です!

    専業主婦への優遇政策は全て不公平です。単にライフスタイルの違いなのに、
    年金を払わずに受け取れたり、税金が控除されたり、ちょっと常識では
    考えられないと思います。早く公平にして欲しいものです。
    なんで働いている私のお金が、家事をせずに楽して働いている男達の
    為に使われるのか、と腹が立ちます。例えば、疲れて帰宅しても
    食事が出来ている、これだけでどれ程助かるか。恩恵を蒙っている
    夫達が妻の年金も払うべきです。(専業主夫でも同様です)

    ユーザーID:3727955179

  • 仮定がおかしい

    「仮に父親に倍の収入があったとして」という仮定自体がほぼ成立しないからこそ、共働きだったのでは?

    年金はともかく、働いてなければその時の収入が低く、現在の貯蓄にも影響していたでしょうからね。

    それに、この年金制度自体、ご両親が長年働いたのと同様、国民全体が長年投票行動によってほぼ一つの政党を支持してきたことの結果でもあります。
    そういう仕組みである以上、一定のレベルで納得の行かないことがあるのは仕方ないことではないでしょうか?

    ユーザーID:6769059881

  • 無知ですみませんが。

    不勉強なので、年金の計算方法などはよくわかりませんが。

    トピをよんで、えっ、そうなの?!それは不公平!…と、一瞬思いました。
    が、夫に二人ぶん収入があれば、って…ならそれは別に不公平ではないのでは。

    つまり世帯で払った額に応じて年金が決まるわけですよね。
    お母様が働いてかせいだぶん、ちゃんと上乗せされて支給されてるんだから、「夫が倍稼いでる家の専業主婦」と比べ多くないと嘆くのは筋違いでは…。金持ちと比べ自分は貧乏と嘆くようなもんで、あり得ませんから。
    「夫が同額稼いでる家の専業主婦」よりもらえないのはあきらかにおかしいですけどね。

    逆に夫婦共に働いていること「だけ」に対して、プラスアルファ支給されるって、おかしいでしょ。
    お母様が働いてなかったらどちらにしろ今の半分だった訳ですよね?だから、働いて世帯収入をあげたのは大正解だったのでは。

    ユーザーID:2817289417

  • 夫が存命中は多くもらえたと思いますが

    夫が亡くなった後、妻自身の厚生年金があると夫の遺族厚生年金が満額もらえないだけではなく、
    妻の厚生年金も減額される場合があることをおっしゃっておられるのだと思います。

    しかし、夫が存命中は両方の年金を満額もらっておられたのですから
    専業主婦よりも多くもらっていたことになりませんか?

    年金制度は 他にも多くの不公平がありますよ。
    例えば24年しか入っていなければ年金が全くもらえないなど
    その最たるものです。

    私は、完全積み立て式にして インフレ調整分のみ政府が財政負担する方式にすれば
    不公平感はなくなると思います。

    払った分を将来取り崩す方式が最も透明性が高いですよね。

    ユーザーID:4552035344

  • 気になって調べてみたのですけど

    夫が亡くなってしまった後は妻の年金が夫の遺族年金より高額でない限り、
    専業主婦の年金=兼業主婦の年金みたいですね。
    専業主婦の年金>兼業主婦の年金はないと思うのですが。

    ただ、夫婦そろって長生きすれば、
    妻も夫もそれぞれ厚生年金もらえるので、
    専業主婦の家庭の年金<兼業主婦の家庭の年金
    なのではないでしょうか。

    ただし、両方ともサラリーマンの妻の場合、ですね。
    国民年金は妻は遺族年金もらえないみたいですし。

    サラリーマンの妻の専業主婦の優遇は私も不公平だと思います。
    自営業の妻は国民年金保険料を払わないともらえないのに、
    サラリーマンの妻のみ、保険料を払わずに国民年金を満額もらえるし。

    世の中には保険料を払い続けて65歳になったとたんに亡くなって年金をもらえない人も存在するわけです。
    年金って自分のためではなく税金みたいなものなんですよね。

    お母様、せっかく一生懸命働いたのに、残念でしたね。
    でも一生懸命働いてきたことは絶対プラスになっていると思います。
    働いていなかったら定年から年金支給までの間に、貯金が足りなくて苦労したのでは。
    お仕事も介護もお疲れ様でした。

    ユーザーID:9387131899

  • 年金のために働いたのですか?

    ご愁傷様です。
    心労もたまっていることでしょう。

    厚生年金の遺族年金は、有利なことも多いですよね。

    私の知り合いに ご主人様が脱サラして、ムリがたたったのか
    すぐ病気になりお亡くなった方がいらっしゃいますが、
    国民年金期間で、子供も大きくなっていたので遺族年金もなく・・・・
    (専門家でないので説明がちがうかもわかりませんが)

    たいへんお気の毒な状況だったことがあります。
    脱サラせずお亡くなりになっていたら・・・。

    個人的には、お母様の年代は、年金がもらえるだけ良いと思いますけどね。
    国民年金はほんと少ないですよ。

    張り詰めていた気持ちがゆるみ、落ち込む時期だと思いますので、
    働いてきたことを前向きに考えられるよう周りが気遣ってさしあげたら・・・と思います。

    ユーザーID:8161905762

  • 制度の見直しが必要だと思います

    うちの両親は自営業で共働きです。 母は結婚以来ずっと父の仕事を手伝って夜遅くまで働いてきました。 自営業だったため厚生年金には加入しておらず、二人で働いても生活は決して裕福ではないです。 

    もらえる年金なんてほんのわずかだそうです。 年金だけに頼って生活なんてできないと言っています。 サラリーマンのようにボーナスも退職金もないですし。 両親とも70歳近くになりますが生活のためにまだ働いています。

    伯母(母の実姉)の夫は元サラリーマン。 伯母は専業主婦でした。 数年前、伯父は病気で亡くなりましたが、伯母は伯父が会社勤めの頃に加入していた年金で悠々と暮らしています。 

    知り合いの60代の女性も一度も働いたことがなくずっと専業主婦でしたが、会社の重役だったご主人が遺した年金暮らしで年に何度か海外旅行に出かけています。 

    女性は特に、結婚相手によって老後の暮らしに差が出るものだな〜と実感しています。 

    今は女性も働く時代。 夫は外で働き女性は家庭を守る時代ではないのですから、年金制度も時代に合った見直し、改革がなされるべきです。 

    ユーザーID:2586186779

  • 具体的に

    具体的に元々お二人がいくらずつ年金をもらっていて、死後、年金がいくらになったのでしょうか?

    ユーザーID:5376841082

  • ??

    言ってる意味がよくわからないのですが?
    専業主婦だった場合は国民年金しかもらえないと思いますし、厚生年金をかけていればその分上乗せがあるのではないですか?
    遺族年金は専業主婦だった場合の人には亡くなった人がもらえる予定だった金額の何割かはもらえますが、もともと自分の年金が多額だった場合はそんなにもらえないのではないでしょうか?

    お母さん自身の年金額は専業主婦か、厚生年金をかけていたのかで違うと思いますよ。
    ただ、お父様の遺族年金は別問題です。
    よくお調べになったらいかがでしょうか?

    ユーザーID:2238915631

  • 厚生年金は専業主婦優遇のようですので

    年金に関しては素人なので、詳細は他の人にお任せします。
    私も、つい先日、新聞を読んで初めて知ったのですが。

    元々、年金設計当時はほとんどの家庭が専業主婦だったので、年金をもらっている夫が亡くなっても、残された妻が生活に困らないよう、専業主婦へは優遇的に支給されるようです。

    逆に、専業「主夫」の場合、年金をもらっている妻が亡くなっても、夫に遺族年金を支給する条件は厳しいようです。

    >お母さんが働いていれば将来年金が多くもらえるから
    ご両親がご健在の時は多くもらえていたと思います。
    その点はお母様のもくろみ通りだったのでは?。

    片方が亡くなると、年金が一部減るのは止むを得ないですよね。
    それが専業主婦と同程度なのでご不満もわかりますが。
    でも、現役当時の家庭の収入は良かったと思います。

    昔は誰も不満に思わなかったのでしょうけど、時代が変わっているので、今の制度は、現実に合ってないのでしょう。

    ただ、制度を直しても不公平に感じる人がゼロにはならないと思います。専業主婦を禁止しない限り、優遇も必要だと思います。むしろ専業主夫への優遇も必要かと。

    ユーザーID:1832815035

  • 扶養家族優遇でないと不公平ですね

    >仮に父親が二人分の収入があったとして、もし母親が専業主婦だった場合、>一世帯の収入は同額なのにもっと年金がもらえるって事ですよね?

    ご両親に、そういった選択をする機会があったのでしょうか?
    あったのなら、年金を調べてそういった選択をすべきでした。

    二人がフルタイムで働いていれば、家計の収入は良くなる。
    二人とも生きている間、それぞれの年金が満額でもらえる。
    という利点があるわけです。

    ただし、現役時はたいへんだし、トピ主さんは鍵っ子だった。
    どちらかが先に亡くなっても専業主婦のような優遇処置はない。
    ってことでしょう。

    先ほども専業主婦って書きましが、扶養家族という設定に
    するのが本来ですよね。

    年金は自分の生計のためにもらうものなので、
    家族を養っている人が亡くなれば、被扶養者に優遇処置が必要。
    扶養家族のいない人が亡くなった場合、年金の優遇は必要ない。
    って考えが公平だと思います。

    今の制度は扶養家族というより「妻」に重点を置いているので不公平だと思います。

    ユーザーID:1832815035

  • 私の意見ですが

    辛口ですよ

    お母様が現在の事態を想像できなかった。
    そういうシステムなんだからしようがない。
    制度に文句を言っても、結局は空にツバ吐くようなもん。

    ももさんのおっしゃるとおりです。
    貴方にとって納得のいくシステムがある保障はありません。
    現実は変えられない。
    システムを呪うより今後どうするかではありませんか?

    ユーザーID:0104344994

  • もらえるだけ良いですよ

    うちの父は厚生年金を40年払い続けました。
    しかし、定年退職後半年で突然死しました。
    40年払い続けた厚生年金は全くもらえませんでした。
    母はすでに亡くなっているので、遺族年金ももらえません。
    払い続けた40年はなんだったのかと思います。
    もらえるだけ有り難いと思わないとやってられませんよ。

    ユーザーID:4194688395

  • 遺族厚生年金との併給関係??

    自身の年金が、専業主婦、厚生年金に加入しなかった場合と、
    厚生年金に加入してる場合が同じということはないと思うけど?
    平成19年4月1日からは、自分自身が納めた保険料を年金額に反映させるため、65歳以上で遺族厚生年金と老齢厚生年金を受ける権利がある方は、老齢厚生年金は全額支給となり、
    遺族厚生年金は老齢厚生年金に相当する額の支給が停止となります。
    つまり、母親の老齢厚生年金が多いので、
    遺族厚生年金と老齢厚生年金の差額がほとんどないので、
    遺族厚生年金が支給停止とかでは?
    3号は、自身の老齢基礎年金+夫の遺族厚生年金です。
    それと、確か、遺族厚生年金は、非課税ですね。

    ユーザーID:3449295014

  • 2度目で横すいません

    意外と知らない方が多いのだな、という印象をうけました。
    遺族年金>自分で働いた分が多いのはおかしいという意見もありますが、
    出産がある女性の場合は大変ありがたい制度だと思います。
    もし、働けば働いた分だけしか貰えない制度だとしたら、より保育所
    等の整備をしなくてはなりません。また、昨今の日本の状況で、働き盛り
    成人男子でも職にあぶれる事が少なくないのに、またもや必死に求職
    する女性が溢れてきます。これでは少子化の歯止めがききません。

    また、ある程度の収入に達すると打ち止めになるのは国の福祉としては
    当たり前です。老いてしまえば使う額はあまり多くはないでしょう。
    贅沢をしたければ受給前に貯蓄しておけばいいのです。
    一人の高齢者に多く支給するより、他の複数の高齢者に広く支給するべきです。
    もちろん保険料を納めた額である程度増減はあって然るべきと思います。
    この増減が無いと勤労意欲はなくなり、ひいては財源の減少となるからです。

    おかしいと思うのは生活保護の方が年金より上回る場合があるという
    事です。新政権にはこの辺を納得できるよう改定してほしいと思います。

    ユーザーID:6804703034

  • もも様がほぼ正解、トピ主様は勘違い

    お父様が生きていらっしゃった場合、ご夫婦で受給される年金は
    父分・厚生年金部分200千円と基礎年金(国民年金以下省略)部分100千円。
    母分・厚生年金部分100千円と基礎年金部分100千円、合計500千円。
    専業だった場合、母分の厚生年金部分がありませんのでずっと働いていた人が多く受給できます。

    ところがお父様が亡くなり、年金の計算が多少変わります。
    母分・厚生年金部分100千円と基礎年金100千円・合計200千円
    或いは母分厚生年金50千円と父分遺族厚生年金70千円と母分基礎年金100千円・合計220千円
    のどちらかを受給することになるのです。
    専業の場合は後の例だけになります。
    なので専業でも働いていても同じくらいという計算になります。
    上に上げた計算はいい加減なものですので詳しくは

    http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/qa/nenkin/20050617mk21.htm

    こちらをご覧になってください。

    こういったことは残念ですが完全に平等とはなかなか行かないものです。

    ユーザーID:5032743046

  • 早急な制度の改革が必要>頼みますよ鳩山さん

    専業主婦の受給年金に夫が同額であるべきかどうかという事は
    夫の転勤に付き合って専業主婦にならざるを得なかったり
    子供の病気のため…等、色々な事情がある方も多いので
    以前から色々思うところはありましたが、答えは出ません。

    しかし今の制度は
    「サラリーマンの妻で専業主婦の人」だけが妙に優遇されているわけで
    (保険料を支払わないのに受給が出来る)
    自営業の配偶者はそういうわけにいかず、不公平甚だしい。

    これには大反対で、早急な制度改革を希望します。
    今回の民主党のマニュフェストにはこれもなかったでしたっけ?
    →専業主婦だから保険料を免除されるというところが改正される。

    私が小さい頃から社会保険事務所で働いていた母がいつも言ってました
    あの制度はおかしいと
    そして年金制度の改変がある度にサラリーマン専業主婦のみ優遇のあの制度の改革がないことに
    かなりの職員がおかしいおかしいと常に言ってるみたいです
    その娘である私も大人になってずいぶん経ち
    友人がかんれんのしごとをしておりますが
    相変わらず職員皆で「いつちゃんと制度改正するのやら」と話しているらしい

    ユーザーID:9803087553

  • そもそもが

    年金保険料を払っていない専業主婦が年金をもらえること自体が問題ですよね。
    遺族年金に関しては稼ぎのいい夫を持った妻がなぜか優遇される、という不思議な話です。
    さらに妻はほぼ無条件で受給資格があるのに、夫の場合は年齢制限もあるんですよ。

    ユーザーID:3192599471

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧