人生に無駄なことはない?

レス77
(トピ主0
お気に入り131

心や体の悩み

なかなかね

こんにちは。
よく心理学とかカウンセリングの本などに「人生に無駄な事は何もない」って書いてありますよね。

私は晩婚でやっと結婚したと思ったら2年足らずで離婚してしまい、今はかなり気分的に落ち込んでいます。友達も皆結婚していて忙しく、だんだんと連絡を取らなくなっていてひとりでいることも多く、とても孤独です。
それに自分の今後のことを考えるとほんとに不安で一杯です。

今まで何かつらいことや、まるで出口のない暗いトンネルの中をさまよっているようなそんな気分や経験をされた方にお聞きしたいです。
「人生に無駄な経験はない」って思いますか?
その経験すらも人生の糧になったと思いますか?
夜明け前が一番暗いというけれど、ほんとにそうでしたか?

少し疲れているので、皆さんの経験をお聞きして前向きになれたらと思っています。よろしくお願いします。

ユーザーID:1350113101

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数77

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 心がけ次第

    「無駄な経験はなかった」、私の場合は特に仕事の面でそう思います。
    私は30代に入ってから専門の勉強を始めて、40代の今、やっと自分が満足できる職場にめぐり合えました。 ここまで来る間にいくつかの職場を経験しました。 ひどい環境の職場もあったし、こんなことをするために勉強してきたのか、こんなことをして何になる、と思ったこともあります。 でも今やっと、それもひっくるめて過去のすべての経験があったからこそ今の自分がある、そんな風に思えてきます。 

    辛い経験や嫌なことがあったからこそ、今、自分に与えられているものがありがたく感じられます。 もしもそれが自分に最初からすんなり与えられていたとしたら、そのありがたみさえも感じることができなかったかもしれません。 初めから答えが与えられているよりも、自分で苦悶し悩みながら答えを見出したときの方が、喜びや充実感が何倍も大きいものです。 

    見方を変えてみれば、経験を無駄にするのも、そこから自分を大きくするための糧にするのも、もしかすると自分の心がけ次第なのかもしれません。

    ユーザーID:4635958607

  • 人生真っ暗闇経験者です

    「人生に無駄な事は何もない」とか、「神様はあなたが耐えられない試練は与えない」とか、その手の無責任な言葉が私は大っ嫌いです。
    辛い経験なんか、したくなかった。たとえ、その経験がどんなに人生の糧とやらをもたらしてくれたとしても。
    「いい経験になってよかったじゃない」なんていう人がいたら、「だったらお前が同じ経験をしてみろ」と言います。

    私にとって救いだったのは、同じような経験を持つ仲間たちとの出会いでした。
    私の話を、こころから共感して聞いてくれる。
    仲間の話が、過去の自分に重なる。
    私は一人じゃないんだ、と思える。

    トピ主様にお役に立つ話になってないかもしれませんが…。つい書いちゃいました。済みません。

    ユーザーID:3960011177

  • 思います。

    落ち込んでどうしようもないときには、そんな
    ふうに思うことなんて、とてもできませんが。

    後々になって振り返れば
    「ああ、あれは私には必要なことだったんだ」
    と、しみじみ感じます。

    思いだすだに恥ずかしいことも、その中にはあ
    ります。でも、そのときは、大真面目だったり
    します。

    悲しいこと、つらいこと、苦しいこと。
    自分を自分たらしめているのは、そんな中から
    生まれた何か、であると感じています。

    糧になる……前向きに生きていれば、結果的に
    そうなるのではないでしょうか。

    でもね。
    泣きたいときは思いっきり泣けばいいと思いま
    すよ。ひとりでね。お布団被って。

    そしたら後は、海でも山でも、公園でも行って
    風に吹かれていればいいのです。スッキリしま
    す。私は庭が好きですので、庭へ。

    無心になれること。何かひとつ見つけて下さい。
    何でもいいと思います。それを極める努力をし
    てみませんか?こころが満たされます。

    しあわせは誰かによってもたらされるものでは
    ありません。誰もが孤独なんですよ……。

    ユーザーID:8659123283

  • 選別は自分

    生きること、生きていること自体が重要な選択肢の連続。
    それを「無駄」にするか「有効」にするかは自分次第。

    経験をリサイクルするか、それとも「粗大ゴミ」と言うラベルを貼るかは自分の思い1つ。

    忘れたい思い出は「粗大ゴミ」として記憶の奥底に。
    いい経験だっと思うのは「リサイクル」して、次にも活用。

    そして、この文を読むか読まないかも、貴方が自分で決める「選択肢」の1つ。
    読んだからと言って、考えたからといって、変わらないかもしれないし、変わるかもしれない。

    でも、人生の一手先ばかり気にしていると前には進めない。

    「今」→「不安」→「困難」→「不安」→「困難」→「克服」
    と言うぐらいの期間で私は考えています。


    そういう私も、かれこれ20年は闇の真っ只中ですがね(笑)

    ユーザーID:8238763921

  • 無駄なものは無駄でしかない

    無駄なことはあります。
    価値としては、
    無駄だったと思えるなら、
    無駄ではないかもねくらいで、
    なければないほうが幸せなわけで、
    やっぱり結論としたら無駄なんです。

    無駄な経験はないなんていう言葉は
    冷静に物事が見られないか、
    どん底を見た人からすれば
    無駄でもないくらいの体験をいっているのです。
    他の方もいっていたように、
    じゃあ自分が体験してみれば?
    ということです。

    でも、みんな幸せを追求する権利があります。
    無駄なことをした人も、しなかった人も
    まだまだ人生は続きますし、
    幸せになろうとがんばっていいんです。
    生かせる過去の経験があれば生かせばよいです。
    生かせないものは捨てて未来を生きましょう。

    無駄な経験をした人はトピ主さんだけではないです。
    たくさんの人が持っているけど、
    忘れたようにしているか
    本当に忘れて生きているだけです。

    忘れたからってだれも責めません。
    だから、無駄な経験は切り捨てて進んでいいんですよ。
    お互い明るい未来のためにがんばりましょうね。

    ユーザーID:5924345075

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 私の解釈

    私の場合、落ちていた期間中、何度か浮き上がる時期もありました。
    その度に感じた事は「無駄な経験は全く無い」でした。これは本当に実感でした。
    でも、よ〜〜〜く洞察してみると、無駄な経験は全く無かったと言えるほどあらゆる経験を思い出してそう実感したわけではありません。
    乗り越えた時に、そう思う経験しか思い出していなかったという事だけが確かに言える事です。

    こういう言葉があります。
    「女は子を産む為に苦しむが、子が生まれれば1つの命が世に生まれでた喜びの為にその苦しみを忘れて思い出す事ができない」
    これに似ています。

    乗り越える一歩手前はもうヤバいと思うほど苦しくなるのがベタなパターンです。
    でも、乗り越えると「辛かった事を思い出す事ができない」状態になります。
    これが所謂「無駄な事は一切なかった意識」に繋がります。
    誤解されやすい言い方ですが上手く言えません。

    つまり、いっそう暗くなったらある意味終わりが近づいている兆しかもしれません。
    全ての事を消化してしまうので全てはエネルギーに変わります。
    つまり全ては栄養=無駄は無い。
    以上です。

    ユーザーID:4038470277

  • そう思いますね。

    長いトンネルの時期は3回、あったと思います。
    一回目は中学時代ですね。女子(30人位)対私1人だった2年間がありました。この時は人生が終わりだと思ってましたが、高校進学でそんな事はなかったと思いました。
    二回目は父の他界。会社を経営していた父を失った事で、様々な事が起きました。人の裏切りや自治会の呆れた醜態を見ましたね。
    三回目は上の子の出産。全く眠らない赤ちゃんで6時間連続して眠る事が夢だった2年半は生き地獄でした。
    でも、振り返ってみると「今の自分を形成する為の試練」だったのかな?と思います。上記のような時期は、死にたいと思う事の連続です。
    だけど、今、子供を通して見る社会や、大人になってからの出逢いは、自分を大きく成長させてくれるものでした。
    その現状だけを見たら、幸せで羨ましく見える事でも、そこに行きつくまでに何の努力もしていない人なんていないのではないでしょうか?
    「今、どれだけ頑張ったかで先の人生は違ってくる」と恩師は教えて下さいました。
    トンネルの時期はいつか終わります。人生は結局、帳尻合わせが出来るようになっています。
    トピ主様も大丈夫ですよ。

    ユーザーID:4606467766

  • 横ですが

    シーラさんの言う通り、私も大嫌い。無駄なことは沢山ある。綺麗事はもういい。

    ユーザーID:7747919513

  • 無駄もあるし、ゴミもでる。

    私も昔は、シャーリー・マクレーンの「アウト・オン・ア・リム」とか熱中して読んでいましたし、
    人生で起こることには偶然はない、必ず必然がある。無駄な事はなにひとつない。

    なーんて共感していたものですが、人生60年近く生きてきましたが

    無駄もあるし、偶然もあるし、人生は「たまたまって事の集合体」だと思っています。

    人生はそんなに神秘的なものでもないし、不思議な事もないです。

    生まれてきちゃったんだから生きているだけですよ。

    せっかく生まれてきたんだから、つまらないよりは楽しい方が良い。

    もっとシンプルに考えましょうよ。

    ユーザーID:5886626140

  • 目的がなければ無駄

    無駄なものはないと思います。しかし、生きていく上での目標や目的、進みたい方向が無ければ無駄だと思います。逆にそれがあれば何でも糧になると思います。

    中学の時に父の死とイジメが重なり自殺を考えました。成人してから苦しい状況は何度もありましたが、全て中学時代の精神状況からするとマシです。それにあの時、死んでいたと思えば何でも思いきった行動と決断が出来るようになりました。
    今、生きていられるから言えることですが、中学時代にイジメに遭ったことにむしろ感謝してるくらいです。

    ユーザーID:2943384440

  • 皆様ありがとうございます

    今までの皆様に回答いただいたものを読みました。
    私以上にもつらい経験をされた方には思い出させてしまったのか、申し訳ないです。
    でも他に確かにつらかったけれど、今になって思えばそれがあったからこそ今の自分があるといったご意見は参考になりました。
    それと他に、自分で必要だと思える経験だけ覚えておいて、それを生かし、あとのものは忘れてしまうというご意見も参考になりました。
    確かにいつまでもつらいことを覚えているのは、未来に影ばかり落とすような気もします。
    やっぱり自分次第なんだろうとは思うのですが、それが一番難しいです。
    自分に足りなかったもの、この失敗を次に生かすためにはどうすればいいのか考えるものの、気分が落ち込むばかり・・・。

    慰めてくれた皆様、書き込みを頂いた皆さま、ありがとうございました。
    トピは閉めませんので、たまにのぞきにきます。

    ありがとうございます。

    ユーザーID:6384523232

  • なかった。

     無駄ではなかった、死を考えたこともあるけれど。
    すみません。他レスのかたへの伝言使用させてください。

     シーラさんへ

     したくなかった「経験」から 分かり合える「仲間」が生まれたのなら
    それをまた「糧」と言うと思います。
     その経験なくしてその仲間なし、ですね。 
     その仲間が大事なら、経験もほんのちょっとだけでも認めてみて。

    ユーザーID:4306222692

  • 無駄かもしれないけど・・。

    確かに無駄なことは結局、無駄かもしれませんね・・。
    効率よく生きられれば、それで精神的には楽だし。
    コンプレックスなんかに悩むことも無い。

    でも、逆に無駄な経験をするから、次はどうすれば、
    効率よく動けるか?自分に必要なものは何か?
    みたいな部分も分かるような気がします。

    何かの本で読んだのですが、成功の秘訣は、
    何度失敗しても成功するまで続けること
    というようなことが書かれていました。

    全てが当てはまるわけではないでしょうが、
    無駄や失敗から多くのことを学ぶのは事実だと思います。

    ユーザーID:0299841373

  • 当たり前のことが本当は難しいと思った

    最近はちょっぴりそう思います。
    それは自分が今、ある目標に向かって頑張れているから。きっと過去の辛い体験、経験は今の自分になるために必要だったんだろうと思えるからです。
    どの過去に戻っても、私はきっと今以上に頑張ることはできないと思います。きっとどこかで手を抜いて、もっと酷い人生になっているような気がします。
    と、思い込んでいるだけかもしれません。
    無駄に遠回りしたことは確かです。でも、その無駄が人格形成に必要だったんだろうと思います。直進できる人生のほうが羨ましい。でも、紆余曲折でも良いじゃない、と思えたら気が楽になりました。
    苦しんだことのない人ほど「努力しろ、努力が足りない」って言いますよ。努力でどうになるのなら、皆どうにかしています。「夜明け前が一番暗い」ってのも信じません。夜更けだって十分暗いです。
    暗さを知るから明るさの大切さ尊さを実感できるのは体感しています。
    毎日三食しっかり食べて、眠れなくても無理矢理休む。そんな当たり前の日常を苦しくてもこなしていれば、いつの間にか普通になっています。そして普通のありがたみをかみ締めることができるようになりました。

    ユーザーID:4113687306

  • パンドラさんへ

    > したくなかった「経験」から 分かり合える「仲間」が生まれたのなら
    >それをまた「糧」と言うと思います。
    > その経験なくしてその仲間なし、ですね。 
    > その仲間が大事なら、経験もほんのちょっとだけでも認めてみて。

    仲間を認める=経験を認める、には、ならないんです。残念ながら。
    あんな経験したくなかった、と思うことの一つは、母と兄からの虐待です。
    物心ついたときには始まっていました。30で絶縁するまで続きました。
    自尊心をボロボロにされました。
    心を病み、休職し、治療のために貯金を使い果たし、借金ができました。
    よい治療者に恵まれ、優しい仲間たちに出会うこともできました。
    でも、だからといって、虐待を受けたことを「よい経験」だなんて、
    絶対に言えません。
    虐待は、あってはならないこと、この世から無くなるべきことだと思います。
    たぶん、犯罪被害者の方が、被害を「よい経験」だなどと思えないであろう
    ことと同じようなものだと思います。

    人生に、起こらなければよかったことって、あるものです…。

    ユーザーID:3960011177

  • どちらの思いもありました

    何かを成し遂げ、達成感が生まれたときは、
    これまでの経験は無駄ではなかった!と思えました。

    でも、先が見えず、不安に苛まれる毎日を過ごしていたときは、
    こんな無駄な経験したくない!と思いました。

    どんな状況下でも自分さえ幸せに感じられれば、
    きっと「すべて必然で起こった」と思えるのでしょう。

    私の場合、今、人生手探り状態なので、
    どちらかというと、この経験を有難いとは思えなかったりします。
    「なぜ、このことが起こったの?」
    「ここから、何を学べっていうの?」
    と思ってしまいます。

    ただ、「あの経験は無駄じゃなかった」と思えた経験もしているので、
    いつかきっと、そう思えるときが来るかもという希望は捨てていません。

    ユーザーID:9089958658

  • 自分の意思で選んだことについては

    その結果がどうであれ「無駄」扱いはしない。
    それぐらいの腹の括り方は必要でしょう。

    自分の意思とは全く無関係の事故や犯罪に近い
    出来事は「無駄」と切り捨てる、或いは、記憶
    の彼方に葬り去る。それをしなければ自分自身
    が前へ進めないということはあります。

    そんな出来事は、乗り越えるのにどれだけの年
    月が掛るか。精神的な浮き沈みの激しさなど、
    経験した者でなければ分からないですよね。

    トピ主さんのお悩みは、幸いにも、そのような
    種類のことではないようにお見受けしました。

    自分に足りないものを数えて落ち込むより、あ
    るものを伸ばしたほうがいいと思います。その
    方が楽しいです。

    時間はまだまだたくさんある筈。好きなことを
    何かひとつ。これで人生変わって来ますよ。

    ユーザーID:8659123283

  • 私も

    シーラさんに共感します。

    美化された言葉の何と空しいこと。
    「夢はかならず叶う」も嫌いな言葉です。
    ウソ丸出しです。

    パンドラさん、

    あってはならない経験から生まれた仲間は、
    本当はあるべきではなかったんですよ。
    わかりますか。
    そんなものは糧なんかではないです。
    傷を舐め合う仲間なんか本当はあってはいけないんですよ。

    ユーザーID:7279997078

  • 起らない方がよかった出来事

    社会人になって25年。
    職場の突然の倒産を2度経験しました。どちらも社員数200名以上の会社。文字通り放り出されました。その間離婚もしました。
    一昨年、今の職場に運良く就職できましたが、それまでとは全くの別業種です。
    今の年収は25年前の新人時代と変わりません。当時と違うのは借金が増えただけです。

    ユーザーID:9908547060

  • そうおもわなきゃ?

    やってらんないじゃん。

    切なく哀しいことにさえも
    意味あると思わなきゃ

    生きていられません。

    そういうものじゃないのかしら?

    自分が悪いとかじゃなくてさ。

    でなければ、
    沈んだまま
    起き上がることもできない。

    これは、わたしの場合ですけど。

    お子も必死で這い上がろうとしていることが
    解るから、なおさら。

    哀しい、辛いで、沈む事もあるさね!
    でも、沈みっぱなしじゃ
    浮かばれないじゃん。

    by 強くも無い母。

    ユーザーID:7697986139

  • 励ましの言葉ではありますが

    落ち込んでいる人に対する善意の励ましの言葉です。
    しかし約50年生きてきた実感として思うのは、「方向違いの善意」ではなかろうかという事です。

    この言葉を発する人は、本当に善意の人です。しかし同時に甘ちゃんでもあります。
    良い時代に生まれ、良い親に恵まれて、ごく軽い苦労を味わって人生を知ったつもりになった人。

    恵まれた立場が生む余裕が善意の方向感を失わせてしまうようです。

    いかに無駄な経験をしていかに人生を浪費したのか、どこかで道を間違えたのではないか
    どこかに違う突破口があったのではないか、こだわりでがんじがらめになっていたのではないか
    等など、ぼんやりした方向違いの善意ではなく、しっかりとした厳しい言葉で励ましてくれる人に耳を貸しましょう。

    実際つらい事ですが。

    ユーザーID:8570485527

  • 良い景色に出会える場所を探す

    たとえば、宇宙から地球を見てて、ずっと暗いな夜だなって思ってたけど、
    裏に回って見たらずっと昼だったと。

    そんなふうに、自分の今まわりに起こっている様々な物事、
    それらの印象をがらっと変えるのに一番手っ取り早い方法は、
    自分のいる立ち位置を思い切り変えてみる事だと思うんです。

    何かまったく新しい事でも初めて、一旦自分でなくなってみましょうよ。
    そしたら立ち位置が変わって、今の自分を別の視点から見直せるかも知れません。

    ユーザーID:8983859084

  • 人生に無駄は無い・・しかし時間の無駄は違います

    心が壊れるほどの苦しみから這い上がったり、深い深い暗闇や投げやりになってめちゃくちゃになったけど、そこから這い上がった後は、
    時間が経てば必ず後々その人の人間性に現れ、一回りも二周りも大きく人格が形成されているはず。

    人にも優しくなれ、人からも尊敬され・・
    自分が経験した分、人の痛みや気持ちが理解できるので、経験していない人と比べれば人間丸くもなって、許せたりもするでしょう。
    これは這い上がった後の話です。

    人生に無駄は無いというけれど、一つだけ無駄があります。

    ゲームが好きすぎて家に閉じこもって朝から晩までゲームや、
    PCをやりまくっている
    これは、人生何の役にも立たないし、
    ただ時間が過ぎているだけ・・
    娯楽としてはいいですが。

    ユーザーID:8927754889

  • そもそも人生って無駄では?

    「人生に無駄な事は何もない」
    という言葉は、決して
    「人生において貴方が幸福になる為に無駄な出来事は起こらない」
    という意味ではなく、幸不幸に関わらず
    「今の貴方を作る上で人生において無駄だった事象はない」
    言い替えると
    「人生で起こった全ての事象が今の貴方を形作っている」
    という意味だと思います。

    即ち、幸福な貴方を形作るのも貴方の人生の全ての事象ですし、
    不幸な貴方を形作るのも貴方の人生の全ての事象なのでしょう。

    トピ主さんは前向きになりたいとのことですから、ちゃんと辛い出来事を「幸せになれる自分を作るための経験」に変える力をお持ちなんだと思います。


    まずはゆっくりして下さい。
    少しずつ周りに感謝できるようになり、元気が出てきたら、幸せを求めて、心も体も動き出せるようになりますよ。

    生きてるんですから、どうせなら幸せになりましょう。

    全ては自分次第、ですよ、きっと。

    ユーザーID:4369420498

  • 無駄なことはあります

     時間、カネを大量に使かったけど結果たいしたことなかった。人生での後悔です。自分の選択ミスですが。

    無駄なことはないというのはきれいごとで、実際はあると思いますよ。

    人との交際はほどほど、さらっと生きていきたい。今は生活に特に不自由なことはないけどあそこで変わっていたらと思うことあります。

    ユーザーID:8689235831

  • 自分次第です

    過去の出来事について自分を省みれる人は、その経験を糧として成長できます。

    過去の出来事について他人のせいにだけする人は、その経験を無駄にしてしまいます。

    【無駄であったかどうか】ではなく【無駄にするかどうか】ではないでしょうか。

    ちなみに、継続中の出来事について「これは無駄だ」と思って方向転換する決断力を持つ人も、時間を無駄にしない人だと思います。

    但し、【虐待】などの他者からの一方的攻撃による被害についてはこの限りではありません。

    ユーザーID:9259538995

  • 思いますよ。でも

    それまでにもいろいろあったんですが、
    高校受験の時、親戚関係のもめごとで死人が出て、
    その後もそのもめごとに巻き込まれるはめになり、
    もともと神経過敏な子だった上に受験だし多感な時期だったし、とても辛かったです。
    家の中はボロボロ、当然受験も失敗しました。
    他にもいろいろあり、わたしの人生の最初の20年は本当に嫌なものでした。
    死にたいと思ったことももちろんありました。

    でも、あの時は本当に嫌な思いをしたけど、
    今はあの経験は自分にとって決して無駄なものではなかったと思っています。
    仕事上でも役立っているし、我が子を育てることについても役だっています。

    ただ、あの真っただ中にはそうは思えなかった。
    わたしは荒れすさんだ不貞腐れた若者でした。
    だから、トピ主さんが無理に今そう思う必要はないと思います。
    いつか時が過ぎて、良い状態になれた時にこそ
    「あぁあれは自分の人生に無駄ではなかったのだ」
    と心から思えるのだと思います。
    だから人にいうものじゃない。
    自分の経験は決して無駄にせず肥にしてやろうと思って生きるだけです。

    ユーザーID:8209000254

  • 現在しあわせなら、全ては糧となる。

    人生におこることで無駄がないか否か・・・ですが。
    私はこう思っています。

    「現在」幸せかどうか、で決まるのでは?


    現在の自分自身を構成している・作ったのは、過去の出来事・歩んだ人生・・・ですよね。

    現状に満足してるなら、過去の出来事・過去の自分のおかげ、と自然にかんしゃの念が湧いてきます。
    過去の体験が無駄ではなかったわけですね。

    逆に、現状に不満なら、過去を生かせなかったということに理論上、なりますね。

    全ては現状の自分の心が決めるのではないかな。

    今、持っているものに感謝して幸せを感じてしまえば?

    なくしたものを数えるより、手元に残ったものを数え、感謝したいと思っています。

    ユーザーID:2285157585

  • 真実でしょう

    ただし、

    「全ての経験が人生の糧になる」

    のではなく、

    「全ての経験は人生の糧にできる」

    のです。

    自分の意志が伴わなければ、どんな経験も役には立ちません。

    ユーザーID:6442065833

  • 無駄と思えば無駄になる。

    なんて絶対誰かが言いそうですが。

    当時の彼女に手酷くフラれ、
    傷心で会社代表で行った資格の試験に失敗し左遷。
    オレは誰にも必要とされていない、
    なら気にせず好きに生きようじゃあないか、
    と、残ったお金をかき集めて渡米しました。

    現地で、もう彼女なんかいらねえよ、
    寄ってくる女は他に目的があるんだ。
    (元々寄ってこないですが)と思ってましたら、
    異国の地での下宿先に日本人のベビーシッターが来ていた。
    そのシッターが今の妻です。

    米国では日本で失敗した資格を取得した以外特段の成果もなく、
    しかもその資格は日本では使えないので、
    ただ自分の能力を証明しただけで、
    あとは何の潰しも利かないまま職探し。

    とりあえず応募した会社で、
    在米経験があるというだけで外資担当部門に採用され、
    他に誰もいなかったので、1年後にある部門の責任者に。
    2年後の今、一戸建てを買い息子が1人。

    今でも、あの時こうしてれば、と考えます。
    でもそうなら、今の生活はありません。

    そう思うと、良いことも悪いことも、
    起きるべくして起きている。

    一見無駄なようでも、結局それも人生の一部なのだ、
    と思います。

    ユーザーID:6288033445

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧