エネルギー管理士の資格について

レス7
(トピ主2
お気に入り0

趣味・教育・教養

エコック

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • とりあえず確認を

    第一種エネルギー管理指定工場で省エネに携わる業務をしています。

    まずエネルギー管理士(以降エネ管)ですが、以前はエネ管(熱)とエネ管(電気)に分かれていましたが、平成17年度から一本化されています。ただし受験は熱分野と電気分野に分かれており得意な方を選択します。合格率は25%程度ですが、4つの単位に分かれており単位別に合否が判定されます。単位合格は後2年間有効ですので3年計画で取得することが可能です。受験は8月でH21年度は終了しています。詳しくはこちら↓
    http://www.eccj.or.jp/

    ただ疑問に思ったのですが、トピ主さんの所属事業所は第一種ではないのではないでしょうか。第一種の場合、今回の省エネ法改正以前からエネ管および省エネ推進組織の設置が義務つけられているためです。急いで受験しなくてはならないとは考えにくいのですが。業種が書かれていませんが、第二種指定工場または改正省エネ法の指定業種(運輸業等)ではありませんか。ご確認ください。もしそれが正しければ、エネ管資格ではなくエネルギー推進員資格でOKです。こちらは講習会受講で取得可能です。

    ユーザーID:9620965413

  • 第1種指定工場です

    言葉が不足していたかもしれません。
    元々第1種指定工場を持つ事業者であり、私自身は本部で全体まとめなどをサポートする職についておりました。
    エネルギー管理士は工場には居ますし、今の推進組織にも居ます。
    しかし、推進組織に居るエネルギー管理士が定年が近づいてきています。(あと2年後)
    法律的に必要、という訳ではないのですが業務内容的にエネルギー管理士の資格を持っていたほうがベターだと判断されたものです。
    合格率の事なども知っておりますし、会社から言われているのはあくまでも「エネルギー管理士」の資格です。

    元々の専攻が建築である事(構造計算などはやっていた)と、前職がSEである事から電気分野と熱分野のどちらのほうが勉強に入り込みやすいかと言うのを知りたかった次第です。
    ちなみに高校時代の理数系は、数学→物理→化学の順番の成績でした。

    ユーザーID:8783127321

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • すいません、本題のほうを忘れてました

    二回目です。

    まずは訂正。上のレスのエネルギー推進員は「エネルギー管理員」の誤記です。

    まったく工場の現場経験が無く、高校レベルの物理についての知識もおぼつかないのであれば、実は電気、熱どちらも同じように超難関といえます。熱力学の第一法則っていわれて何のことかわかりますか?

    情報系でも電子工学系の知識があるなら電気のほうがやや取り付きやすいくらいのものでしょうか。でも内容は電子系とは全然違います。覚悟してください。過去問とその回答、解説は上レスのHPにある省エネルギーセンターが出版している月刊省エネルギーという雑誌に掲載されています。ご一覧ください。解説を読んで理解できないようであれば、まず上司に泣きついたほうがいいかも。

    私がトピ主さんの上司だったら来年は記念受験としますね。畑がかなり違うので、一発合格を期待するのは酷だと思います。この資格は工学部卒で現場経験があるか、大卒では無いけれど現場経験豊富な人が対象といえます。

    ユーザーID:5531461600

  • 聞く場所が間違っているでしょ

    個人的には、電気の方が勉強しやすいと思いますけど。てか、自分の場合、電験から広げたクチなんで、熱という選択肢が有り得なかった訳ですが。まあ実際、電験と重複する部分も多いから、良い参考書とか、試験勉強サイトとかが充実しているし。
    試験に受かって、その後で何をやりたいか、から考える手もあるよね。石油や石炭を多く使う会社だとか、将来的に公害防止の方に広げたいなら熱で受ける方がいいだろうし。

    そもそも、ここは基本的に女性ユーザーが多いんで、エネ管を持っている方(どころか、知っている方)ってほとんど居ないと思いますけど。
    某匿名巨大掲示板の資格板とか、大手SNSのコミュとかで相談した方が良いんじゃないでしょうかね?
    自分が試験勉強の時には、そういう所でよく質問したけど。

    ユーザーID:1878903334

  • ありがとうございます

    私が女性で、こちらのほうを良く見ていたので此処で質問させて頂きました。
    とりあえず上司に相談し、1年ではなく2〜3年計画で勉強したいと思います。

    月刊省エネルギーは会社で取っておりますので、それを見てから決めたいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:8783127321

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 電気がおすすめ!

     電気をおすすめします。
     電気ですと、わかりやすい本などいくらでもありますし、問題もかなりパターン化している感があります。
     エネルギー管理士(電気)試験と第3種電気主任技術者試験(電験3種:工業高校の電気科卒業程度)の内容は
     重なることが多く3種の対策でエネ管試験も対応できると思います(若干、三相交流、照明、機械あたりはエネ
     管の方が詳しいかもしれません)。どちらも過去問10年から15年分を何回も何回も繰りかえせば、なんとかなる
     でしょう。エコック様が関東近辺の方でしたら、江戸川区一之江に「東京電気技術教育センター」、池袋に
     「東京電気学院」などの入門者向けから試験対策まで行う電験予備校がありますので検討してみては、いかがで
     しょうか、たいへんお金はかかりますが。また、通信教育では「JMAM 日本能率協会マネジメントセンター」が
     おすすめ。電気基礎から電験対策講座もあります。ここのCD−ROMの説明がわかりやすいと思います。
     私は、10年前に電験とエネ管 同じ年に合格しました(英検1級不合格中)。  

     エコックさんも、ぜひがんばってください!
     
     

    ユーザーID:7690098532

  • 入門書について

     過去問を読んでみて、何が書いてあるのかわからないとき、自習可能な下記の本から始めてみるのがおすすめです。
     廣済堂科学情報社の「磁気・静電気編」「交流編」「電気回路編」「直流編」「電気数学編」
     このシリーズは、物語的に書かれているのでとっつきやすいと思います。また、工業高校の教科書を出版している
     実教出版の「電気機器演習ノート」も合格の要になる電気機械の基礎を固めるには良いかも。あとは、オーム社の
     「なるほど ナットクシリーズ モーターがわかる本」も初学習者には一読の価値あり。
     お住まいの近所の大学、工業高校、高専、職業訓練校などでひらかれている「第3種電気主任技術者 試験」の
     講習を探してみる手もあるかもしれません。「エネ管」は試験主催団体のやる通信教育と試験前(6月ぐらい)の
     講習ぐらいしかないと思います。
     上記の本読んでから、何度も過去問繰り返せば合格すると思います、学歴の問題ではありません。

    ユーザーID:7690098532

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧