妻が病気の時、夫は会社を休むべきか?

レス534
お気に入り370
トピ主のみ9

リナ

男女

このトピのレス

レス数534

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なまけもんさんはホワイトカラーがお好きなんですね

    日本がこれまで評価されきたのは、丁寧なものづくり、勤勉さ
    そういったものなんですよ。

    高度成長期で頑張っていたのは、むしろ、工夫が上手で、手先の
    器用なブルーカラーの方々だったのでのは?

    これからは、日本も欧米風に頭を使って、効率良く稼ぐですか?
    それもこれも、何も考えずに真似・真似・真似でいいのでしょうか?

    私は違うと思いますよ。

    ユーザーID:1685569440

  • 横だけど

    自分が批判されたからって人のレスを消してほしいとは、勘違いも甚だしいと思いますよ。
    IDであなたがどの人かなんて分かるんですから。

    ユーザーID:7268717147

  • ホワイトカラーの生産性

     私は製造業に身を置いているので、これだけは断言できますが、おそらく日本の製造現場の労働生産性は間違いなく世界のトップでしょう。これは今でも優位性を保っていると思います。新興国の猛烈な追い上げを受けてはおりますが。

     転じてホワイトカラーの労働生産性は、間違いなく低いです。私は同じような製造業で、日米独で働きましたが、日本のホワイトカラーの労働生産性の低さは断トツです。長時間会社に居る事が美徳、滅私奉公が偉いというカルチャーがバックグラウンドにあります。モーレツな働き方をして、過労死やら自殺やら、問題のある労働をするのも、ほぼ間違いなくホワイトカラーの方です。

     高度経済成長時代、ブルーカラーもホワイトカラーもよく頑張りましたね。今でもそうなんでしょうが。ただ、そういう頑張りが、よく回っていた時代は終わりを告げてしまったのです。特に日本の低労働生産性のホワイトカラーの働き方は、これからの世の中で何一つ生み出しません。みんなで余計な苦労をしているだけ。

     ただ欧米のマネをせよなどとは言っていません。日本のホワイトカラーの働き方が問題だと言っているのです。

    ユーザーID:4264081829

  • 当たり前と思っていたから反発されたのでは?

    >夕方から熱を出して、翌朝も熱が下がらずじまい。
    娘の世話もあるし、当然夫が会社を休んでくれるとばかり思っていましたが、夫は「会社は休めない」と言って出社。

    トピ主さんの失敗は、朝になって休んで欲しいと言ったことじゃないでしょうか?
    しかも当然休んでくれるよね?という気持ちだった。

    でも、夫は、出勤モードに入っているときに言われ、しかも休んでくれるよね?的な言葉に、自分の仕事を軽く見られたような意地があったのではないですか?だから優しい言葉もかけられなかった。

    夕方熱が出てたら、当然次の日どうなるかわからないわけで、前の日に話し合っておくべきでした。しかもなんとかならないかしらとお願いの気持ちで。休むの大変だと思うけどという気持ちがあれば、夫も大変だけど、おまえも大変なんだからなんとかするよ。となるか、気にしながら出勤して様子を聞いてくれたのではと思います。

    トピ主さんは夫が冷たい、夫が夫がと夫の人格の問題にしていますが、トピ主さんに対して素直な気持ちになれなかったのでしょうね。

    もし再婚するときは、同じ過ちは犯さない事です。トピ主さんにも原因がありましたよ。きっと。

    ユーザーID:2490503268

  • ご自分が病気のときは休むんですよね?

    トピ主さまの旦那様は、ご自分が病気の時は休むことが出来るんですよね?
    で、看病して貰って・・・
    幼子を病気でふらふらの妻に任せて平常通り残業までしてくる・・・
    なんか、理解できませんね。
    奥様のことは考えてらっしゃらなかったんでしょうか。
    休めないってことは無かったと思うんですよね。
    思いやりが足りない・・・そうとしか思えません。
    離婚されて正解だと思います。
    うちは、夫は私の具合が超悪い時も、休んでくれるようになりました。
    以前はとても忙しい部署におり、自分が病気でも出社したりしていましたが、今の部署は協力体制がよく整っているようです。
    部署にもよるのでしょうが、なるべく早く帰ってくる、連絡を密に取る、などの対応が欲しかったですよね。
    愛情が足りないようなそんな気がします。

    ユーザーID:3429298723

  • 生産性

    >日本のホワイトカラーの労働生産性の低さは断トツです。

    いくつかの会社を経験されただけで、こう言い切ってしまいますか。ちょっと、乱暴ではないでしょうか。
    さておき、労働生産性の高さへの評価、となると、では短時間でいい結果が出せなかった場合はどうなるのか?という疑問が湧きますが、結果はレイオフでしょうか?それはそれで、非常にストレスの高い職場になりそうな気がします。

    本題にもどり、夫は自分の体調不良で突発的な休みを取るのに加え、乳幼児を抱えたその妻の体調不良時にも突発的な休みを取ることの是非については、休んだしわ寄せは夫自身かその同僚がかぶることになるので、判断は、その夫自身、もしくは夫婦の合意にゆだねられるべきで、外側から「当然、休むべきである。」という種類のものではないと思います。(その判断の結果が、会社にどう評価されるかは、また別の話)

    トピ主さんの場合、夫婦間のすり合わせが上手くいってなかったのでしょう。

    ユーザーID:1685569440

  • DHSから大笑いさんへ3

    「自分のため家族のため(に働いている)人の方が多いでしょう。」とあって、自分と家族を同列で書いていらっしゃいますが、両者は別物だと思います。
    「家族のために働く人」は、家族のことを一番に考えます。育児中の妻が病気ならば、まず、会社を休めないか考えるでしょう、もし、どうしても休めないならば、定時に帰ろうとするでしょう。万一、残業になったとしても、家の事が気になって、電話の一本くらいは入れるに違いありません。
    一方、「自分のために働く人」は、自分の出世のため、家庭をかえりみずに働く人たちですから、会社を休むなんてもってのほか、残業して、普段どおりに帰ってくるでしょう。電話の一本さえ、忘れてしまっているかもしれません。
    トピ主さんの旦那さんは、残念ながら、後者のようです。
    その結果、妻とのわだかまりがつもり、最悪の結果(離婚)になってしまいました。会社では出世できたでしょうが、家族を失ったのです。
    結局、私が言いたいのは、「家族のため」と思って、やっていることが、実は「自分だけのため」であり、結果として、家庭を失う可能性があるということです。大笑いさんはどう思いますか?

    ユーザーID:4101737018

  • うーん‥‥

    こんにちは。人によるのかなぁと思いました。夫は、私が高熱があっても特に看病のため休むということはありませんでしたし頼むこともしたことはありませんが、子供がいて(うちは子どもなし夫婦です)、さらに私がフラフラで子供の世話に手が回らない状況となれば恐らく夫なら休んだと思います。夫の兄弟は風邪により、死ぬ直前までいき、なんとか死は避けられたものの重い障害を抱えることになってしまいました。そういうのを目の当たりにしているのでより慎重だと思います。本当にこれは奥様の考え方にもよるし、夫の考え方にもよるし、こうするべきだという答えはないような気がします。でもトピ主様はその当時相当お辛かったのでしょうね。お察しします。

    ユーザーID:0055494161

  • 夫以外の男性が、仕事を休んでくれました(笑)

    トピ主さんのご主人は、ご自分が体調不良のときは休めるのだから、休もうと思えば休めるのでしょう。
    結婚期間中、一度もトピ主さんのために休んでくれなかったのなら、思いやりがないと思います。私でも、30年くらい根に持つと思います。

    うちの夫も、私や子どものために会社を休むことはありません。出産時は子連れ入院でした。

    最近、子どものPTA活動で子守を頼んだけれど「接待がある」と断られ、近所のご主人に預かって頂きました。そのご主人はご自分の子どものために休みをとっていました。(私もその奥さんも、同じPTA活動で外出したので)
    夫は「俺の仕事はビッグプロジェクトだから子守ごときのために休めない。そのご主人に預かってもらえ。」と言わんばかり。だけどね、そのご主人こそ人の命を預かる外科医なんです。そのご主人が輝いて見えたと同時に、夫にサーっと冷めましたよ(笑)

    先日、私が体調が悪くなった時にたまたま男友達(独身)とメールしたら、午前休をとって病院へ送迎してくれました。ただの友情ですが。

    私は夫の悪口は言いません。

    他の男性と親しくすることが、夫への密かな復讐なんです。

    ユーザーID:6266440055

  • 会社を休まないのか?会社を休めないのか?

    およそ、人間、普通に社会生活をしていると、突然、会社を休まなければならない事態が発生することは、予測できます。(病気、ケガ、身内の不幸など)
    会社は、従業員が突然に休む事を想定内として、対応できるシステムを持っているでしょうか?そこが強い会社と弱い会社の分かれ目だと思います。
    システムを持っているとは、例をあげると、社運をかける重要なプロジェクトのリーダーが、急に休み、たまたま、その日に、大事な取引先との接待があった時に、代行として、部長が接待に出席し事なきを得ることができるかということです。(当然、部長は、そのプロジェクトを熟知しておかねばなりません。管理職はたいへんです。)また、製造現場で、一人欠員が出た時、リーダーは、速やかにチームを再編成し、生産をストップさせない力があるかということです。(一人休むことで、全体の生産量が落ちるのは止むをえませんが、生産をストップさせないことが重要です。)
    システムを持っている会社は、かなり休みやすい会社です。他の人に、迷惑がかかると休みを辞退する必要なありません。お互い様ですから。(続きます)。

    ユーザーID:4101737018

  • 会社を休まないのか?会社を休めないのか?(続き)

    システムが完備している会社は、非常に強い会社です。社員が一人二人休んでも、業務に支障が出ませんから。
    一方で、システムのない会社はどうでしょう。プロジェクトのリーダーが休んだと言っては、あたふたし、現場で欠員が出たと言っては生産が止まり・・、これでは、非常に弱い会社と言わざるを得ません。

    システムを持っている会社の社員は、かなり自由に休暇が取れる、一方で、システムを持っていない会社の社員は、はってでも会社に出てこなければいけません。業務を代行する者がなく、一人が抜けた穴を皆で補うというシステムがないのですから。

    極論ですが、システムを持っている強い会社は、この大不況を乗り切っていく力があることでしょう。一方で、システムを持っていない会社は、淘汰され消えてゆくのではないでしょうか。

    トピ主さんのご主人も、システムのない会社にお勤めで、休むに休めなかったのかもしれません。そうならば、ご主人も「被害者」です。
    どうしても会社を休めなかったのか、休めたのに休まなかったのかは、もはや、確かめようがありませんが・・。
    長い文章に最後までお付き合いいただき有難うございました。

    ユーザーID:4101737018

  • 職場のストレス

     私の主観だけでなく、その他の情報を総合すると、日本のホワイトカラーの労働生産性の低さは疑いの余地がありません。

    もちろん、個々の例外は除いてですよ。下着メーカーのトリンプの元社長が書いた本が結構売れているので、読んでみてください。よく分かると思います。

     ちなみに、日本の職場のストレスって相当に高い。

    生身の人間を肉体的、精神的に締め上げることに容赦がありませんね。だから、イライラ、カリカリしている人が多い。過労死やら自殺、モラハラ、パワハラ、職場のいじめ、、、、こんなのは、職場のストレスの高さの表れ。人間が壊れているんですね。

     もちろん人間が働く以上、ストレスが全く無い国なんて無いでしょうけどね。程度の違いで言えば、これまた日本の状況はよろしく無い部類。

     短時間で成果を出せなかったらレイオフ、、、、、すいません、私の読解力不足で、どんな事を懸念されているのかよく判らないので、もう少し具体的に書いて頂けると。。。。
     
     

    ユーザーID:4264081829

  • コミュニケーション

    妻「私、熱があるみたい。悪いんだけど、今日は会社を休んで、この子の面倒を見てくれないかしら?」

    夫「うーん。今日はどうしても外せない仕事があってね。難しいな。なるべく早く帰ってくるようにするよ。電話もするからね。」

    妻「わかったわ。どうしても辛かったら、お隣の奥さんにこの子をお願いしてみるわ。」

    …この程度のコミュニケーションだと思います。

    ちなみに、私の38−9度の発熱で、夫の上司に出動してもらう度胸はありません。(乳幼児を抱えていたとしても)

    なまけもんさん
    労働生産性は労働時間が長くなればなるほど、低くなるようですね。
    よく知らないことに首を突っ込んでしまって失敗しました。
    あなたのおっしゃるとおりです。

    短時間で成果を出せなかったらレイオフ・・については、短時間で高い成果が出ない時には、その個人・企業はどうなるのだろう?という素朴な疑問から書きました。成果が出せない→次期の人員確保の予算が獲得できない→人を減らす。という連想からです。

    ユーザーID:1685569440

  • 結局はわからない。

    トピ主さんの病気が当日、どのくらい悪かったのか実際のところは分かりません。(このトビで紹介されている病気以降はトビ主さんも重い病気にはかかっていない風なので、4年に一度の鬼のかく乱という気もしますが、)
    また、トピ主さんの旦那さんが、その日、会社を休める日だったかどうかも、わかりません。
    「発言小町」の性質上、それ以上聞くのは、プランバシーに抵触するおそれがあるので、聞くべきではないでしょう。
    良く分からないから、議論がここまで白熱したと思えます。しかし、いくら、議論しても結論はでません。
    でも、これだけの人々が、関心を持ち、議論が白熱し、多くのレスが生まれたということは、それだけで価値のあること、皆さん、そう思いませんか。
    今度、時間ができたら、このトビのレスを一つ一つジックリ読んで、自分の人生の「こやし」にしたいです。
    まもなく、このレスを締め切るとのこと。少しさびしい気がします。

    ユーザーID:4101737018

  • 私の部署では当然休めます

    これは私の部署が特別なのかもしれませんが、妻が家事や育児の困難な状況になれば、そのような場合に夫が休むのは当然という雰囲気があり、そんな状況で仕事をしていようものなら早く帰れと言われます。
    日ごろからそのような事態を想定した体勢で業務を行っていますので、一人が突然不在になった程度では影響は出ません。

    核家族で、かつ不慣れな土地で周囲に頼れる知人もいないような場合なども含めて、あらゆるケースを考えるなら、休むことは許されるべきだと個人的には考えます。私の働いている会社には、そのための休暇制度さえあります。

    もちろん、普段はきっちり仕事をこなし、休むことでその年の業績に影響を出さないというのが条件でしょうが、数日休んで業績が崩れるということは、特別な場合を除いてないでしょう。

    休めるときは休むべきだと思います。
    会社から見れば突然休む理由が自分自身の体調不良なのか、妻の体調不良なのか、どちらの理由にしてもインパクトはかわりません。
    そして、その程度のインパクトを許容できないわけがない。

    ただし、自営業や社長、重役などは例外でしょう。

    ユーザーID:6492934202

  • 社会は変わりますか?

    日本の会社がこのような形で夫婦の関係を妨害しているのは全体主義の欠点ですね。
    和を乱す人がいると仲間はずれにするのを前提とした非常に窮屈な性質を持っています。
    日本企業の社会人の妻だから我慢しなければいけない。
    そんな甘ったれたこと言ってるのは日本の女性ならではでしょうか。
    楽でしょうね。周囲に合わせておけば、個人として何も考えなくて済みますし、
    人の意見に「日本は昔からこうだ」とマニュアルばかり出しておけば苦労は少ないでしょう。
    日本の女性に頼みます。もう少し、個人として考える力をつけてはもらえませんか。

    少なくとも私はそう思います。

    ユーザーID:1471173251

  • 当然休みます

    とある大企業で管理職をしています。
    日頃は忙しくしていますが、妻が病気で動けないなら躊躇なく休みます。(子供がまだ小さいので。)

    もし重要な商談があってどうしても休めなくても、少なくとも早退か定時退社しますね。

    私の基本スタンスは、「仕事より家族」なので迷いはしません。それでも昇格させてくれるのですから、会社にも上司にも恵まれてると思います。

    ユーザーID:5795994408

  • 追記)うちは基本有給完全消化なので休みやすい

    追記です。

    うちの会社は年間25日間の有給休暇を完全消化しなければなりません。(一般社員の場合)

    管理職はもちろんとらなくていいのですが、取る人も多いです。
    私もこの夏は9連休をとる予定です。恵まれてると思います。

    会社の制度や職場環境も大きいですね。

    ユーザーID:5795994408

  • 会社の体質にもよる

    トピ閉められるようですが一口
    会社の体質もあるとおもいます
    我社では家族の看病などの休暇が有給休暇とは別にあるので
    妻の看病で休む人普通にいます。周りも「お子さん小さいからね」と普通に受けとめます

    ただ そういう会社はまだ少ないのが現状で
    それが少子化の原因の一部だとわからない人々がいる社会なんですよ今は

    ユーザーID:1442388249

  • うーん

    なんか「我慢するのが当然」みたいな書き込みも見られますね。

    男の立場として言わせてもらいます。

    確かに仕事は大事です。
    職業によっては急なお休みは出来ない場合もあるでしょう。
    また、どうしても休むわけにはいかない状況と言うのもあると思います。
    でも、会社ではひとりで仕事をしているわけではありません。
    身内の不幸などで急に休まなければいけない状況だって考えられますので、
    そういう場合でもあらかじめ仕事に迷惑がかからないようにしておくのは当然のことだと思います。

    逆に言えばそれくらいの調整が出来ないようでは「仕事をしている」とはいえないと思います。

    ユーザーID:6648903370

  • 心情は理解しますが

    基本的にはわがままだと思います。
    本人が病気で休むのも、大変会社に迷惑をかけるわけで、
    妻が風邪で休むと言われても、後々面倒になりそうです。

    ユーザーID:2321593346

  • 残念かも

    妻が病気で仕事を休む御主人…少ないと思います。命にかかわる病とか、手術というなら休むかもしれませんが、咳がひどくて2ヶ月も治らなかった風邪だったそうですが、ひどくなる前に病院へはきちんと行って薬も飲んでいましたか?自分で出来る対処を怠っていませんでしたか?それに御主人は週に1日は休みですよね。その時も全く協力してくれませんでしたか?
    離婚を決意したそうですが、早計な判断でないことを祈ります。

    ユーザーID:3229582954

  • さびしいね。

    休むとかどうとかじゃなくて、家族に対する一生懸命な気持ちが見えない。
    ある意味自分を犠牲にするってことがまったくない人なんですね。
    いつもは2時間する残業を、1時間にするだけでもまったく印象が
    違うのに。

    この先でも気持ちがすれ違いそうです。
    自分だけががんばって維持する家庭はさびしいな、と思います。

    ユーザーID:9392364834

  • 難しいですが

    つい最近あった私の実体験です。
    先輩が奥さんの体調が悪いといって休みました。
    その際はしょうがない思っていましたが、その日に先輩の顧客先から緊急の連絡が入り、先輩のミスにより損害が出るかも知れないと連絡が入りました。
    連絡を受けた際、私自身は当初より予定していた顧客訪問、対応の真っ最中で動けるわけにもいかず、でも先輩の顧客先からは、問題の詳細も掴めぬまま取り敢えず早く来いのコール。
    上司に相談をしましたが、うかつに動くと返って傷口が開くので、先輩と連絡をとって詳細を確認してからだとの事で、実際に連絡を取ろうとしました。
    直ぐ先輩に連絡を取るも、会社とプライベートの携帯両方に連絡したものの、一切反応無し。
    幸いにも奥さんの連絡先を知っていたので、最終手段として連絡をした所・・・
    今日は別行動だよ〜、と陽気な声が・・・
    詰まるとこ、サボるための口実だったというわけです。
    その後については・・・ご想像にお任せします。
    本当に身内の調子が悪いのであれば、私は休んでも良いと思いますが、それでも自分のミス等で顧客に迷惑がかかるのであれば、最低限の対応はして頂きたいという所です。

    ユーザーID:5409458462

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧