妻が病気の時、夫は会社を休むべきか?

レス534
(トピ主9
お気に入り370

恋愛・結婚・離婚

リナ

レス

レス数534

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
211240 / 534
次へ 最後尾へ
  • 私の場合

    私の場合
    三女出産の時、出産、薬害により多型紅斑により一月間発熱40度、高熱が続いた事により左目の失明という状態になりました。 入院させてもらえず(理由は夫が新生児と小学生、保育園児の三人の娘の面倒が見られないから)赤ちゃんを抱え点滴に通う毎日でした。
    その時夫は一日も休んでくれませんでした。
    もちろん日々の家事すら手伝いはしてもらえず、長女が洗濯や掃除、保育園の送迎をしてくれたお陰で乗り切る事ができました。
    瀕死の状態でしたが子供達の事と、夫にたいする怒りで生還しました(笑)

    主さまの気持ち、わかります。
    私は手術をした時も夫に『たいしたことないんだろ』と手術当日パチンコに行かれ、手術の同意書類を自分で書きました。
    手術は成功率5%の大手術でした。
    この時以来信用は全く出来ませんが、このトピにたいするレスを見て、私も残念ながら、私も同じ様に離婚理由にはならないんだなぁ…と思いました。
    死にかけたんですがね、私(笑)

    ユーザーID:9841042410

  • 休めなくても

    仕事は大変ですから、休めないと言うのは仕方ないかもしれません。

    ただ、病気で苦しんでるんだから、せめて心配して欲しかったですよね。

    心配であれば例え忙しくても、少しの合間に「大丈夫か?」と、たった一言なら、電話やメールしたりとかは出来るはず。
    昼休みがない位忙しくても、トイレに行ったついでとかね・・・

    そういう配慮が少しでも感じられていれば、引きずる事もきっとなかったですよね。

    なんていうか・・・「どうでもいい存在」に成り下がってるのを感じると、頑張る気も失せますよね。

    ユーザーID:9945111751

  • オムツを替えるだけが子育て?

    あなた方親子が屋根のある家に住めて、ごはんを食べられるのは旦那様がお仕事をがんばって稼いできてくれるからでしょ?
    それって子育てしてるってことじゃないですか?
    子どもに全く無関心では困りますが、平日忙しくてオムツを替えるとか、ミルクをあげるとかそういったことが出来なくても毎日お仕事に行ってくれるだけでも有難いと思いませんか?

    確かに子育てって体力も必要だし、一日赤ちゃんと一緒だと夫が帰ってくるまで大人の誰とも会話が無く気持ちが沈むこともあります。
    そんな時、夫の優しい一言とか、お風呂に入れてくれたりとか、すごく助かりますし気持ちが楽にはなります。

    でも、「〜してくれない」と思うより、「〜してくれてる」ってプラス思考の方がいいと思いませんか?

    ユーザーID:7054601454

  • 会社によると思いますが

    うちの夫は休んでくれます。

    妊娠・出産・子育てに関しては、経験したことのない人には
    どうしたってわかりません。
    だから、男性や独身女性で健康管理して頑張ってらっしゃる方の
    意見は普通に考えたらもっともなのですが、
    あなた方の想像以上に、妊娠・出産・子育ては肉体的精神的に厳しいものだということだけお伝えしておきます。

    トピ主さん、きっとご主人の思いやりのなさに疲れたのでしょうね。

    うちの夫の会社は、「家族のために働きなさい」と言ってくれます。
    有給も、消化しないと責められるくらい。
    だから多忙な夫も、有給をこなすためにも、私が体調悪いと休んでくれ、
    子供の面倒を見てくれます。
    私は申し訳なくて遠慮してしまいがちなのですけども、ちゃんと仕事はこなしているし、有給の範囲ですので会社から何も責められたりしません。
    給料もわりと良い方だと思います。

    そんな会社もあります。会社の体質と、夫の性質がマッチしているなぁと感謝しています。
    でも、ただ私にかこつけて休んで何もしなかったら余計に嫌だろうな。
    だから、夫の考え方や優しさに一番感謝しています。

    ユーザーID:4816085260

  • 必要なら休みます

    当方、欧州に20年住んでいる40代半ばの男性会社員です。

    妻が病気で私が看病なり、子供の世話をする必要があるなら会社を休みます。
    私は日系会社に勤務していますが、それで文句を言う人は皆無ですし、他の同僚も同様に休んでいます。

    ちなみに男性でも育児休暇を取る人が大半です。私も周りの男性同僚の大半も育児休暇を取ります。
    日本での男性社員の育児休暇取得率は1,2パーセントと聞いたことがあります。
    そのような社会環境では妻が病気で会社を休むことなど考えられないですね。
    だからこそ、私は日本に帰りたくないのです。

    世界を基準にすれば、妻や子供が病気でも普段通りに出社し、それが当然だと思う日本は異常です。

    ユーザーID:4721581627

  • 夫は金づるだよ〜。

    主さんと同じような悔しい思いを結婚当初から何度も味わいました。
    子供が入院してもお見舞いにも来ないで飲み会に行くような夫です。
    離婚も考え実家にも帰りましたが。離婚はしませんでした。
    なぜなら・・・私自身が「精神的に非常に強く」なってしまい夫のいたわりが必要なくなってしまったからです。
    子供も大きくなり私を助けてくれるようになったのでますます夫は必要なくなりました。
    でも夫が持ってくる「お金」は必要なのでやっぱり夫は必要です!
    よく考えてくださいね。
    離婚したら「優しくない夫」は確かにいなくなってスッキリするけど今度は自分が「優しくないお母さん」になる可能性が高いんですよ。
    世間は冷たいです。思いやりと収入は両立しません。
    離婚はお勧めしません。今ならまだ「お金」を手放さずに済みます。旦那さんが稼いでくるお金で助けを買えばいいんです。
    精神的に強くなってください。母は強し!
    私なんかとっくに「夫は金づる〜」と思ってますよ。何も期待してません。
    ちなみに専業主婦です。気楽で〜す。

    ユーザーID:9116985180

  • 皆さん恐い〜

    レスタイトル通りの感想です。皆さん恐いよ〜
    トピ主さんをそこまで糾弾する必要があるのでしょうか。
    ストレス溜まってるんでしょうね。

    うちの夫は非常に「デキる男」ですが、
    私が高熱出したときはそれこそ一目散に帰ってきてくれましたよ。
    私は家に一人だったわけではなく、友達が朝から駆けつけてくれていたし、子供も預け先があったので、特に夫がいなくても大丈夫だったのですが……

    「気持ちの問題」ですよね。
    家族は大事にしあい、支えあうことが大切と思います。

    トピ主さまの今後の幸せを祈ってます。

    ユーザーID:1716191394

  • 大事にしてるから休まないんじゃないの?

    20代の会社員です。
    あるべき社会の形云々はともかくとして、職場環境を一社員が変えることはとっても難しいです。

    私の会社は大企業でもないので、一人のお休みが周りへの大きな負担になります。もちろん奥様の風邪程度で休む人はほとんどいませんが、みんな家族を大事にする人ですよ。夫の職場も似たような感じです。家族が風邪のときに、とても心配そうに出社して行く様子をみると私はむしろありがたいなあと思いますよ。

    なんか休める環境にある人が、休むことが家族を大事にしていて、休まない人は大事にしていないと仰るのは傲慢だと思います。

    厳しい環境にいる旦那さまにそれでも休めという人は、たとえクビになっても、お給料が下がっても絶対に文句を言わないで下さいね。

    それと海外…。半年ほどフランスに語学研修にいきましたが、家族を大事にしてる様に見えるのは、しっかりした人しか家族を持たないからです。同棲やPACS制度利用者が多くて、日本人からすれば子どもがかわいそうと思うご家庭の方が多かったですよ。

    今の日本や旦那さまの素晴らしさもちゃんとみてあげて下さい。

    ユーザーID:1632878639

  • 会社は戦場

    病気で子供の世話もあって、というときは本当にお辛いことと思います。

    しかし、会社も戦場ですし、その戦場で死ねば、妻子を守ることもできません。

    職場の状況はいろいろなので一概には言えません。私も、その日休んだからといって支障が時期やポストもありましたが、深夜まで働きづめで、1時間繰り上げて帰ることもとてもできないという状況のときもありました。

    会社を休んでくれなかったご主人が思いやり不足なのか仕事が休めない状況だったのか知る由もありませんが、仕事が休めない状況だったという可能性の方が高いと思います。

    ほかのさまざまのことと総合してのご判断だとは思いますが、仕事というのは「命がけ」に近いところがあります。

    トピ主さんの文章から読み取れる範囲内では、私はご主人に同情してしまいます。

    ユーザーID:3447702664

  • 気持ちの問題

    会社を休めないのはしょうがないとしても 世の中の奥さんが旦那さんたちに望むのは、休んでもらうことでも付きっきりで看病してもらうことでもないと思います。 大丈夫? ごめんねの言葉やメールでの連絡。電話で様子を聞く等…忙しい時にそんなの無理って言わないで下さい。 トイレ行ったりコーヒー飲んだりする暇はあるんですから。やるかやらないか だけです。 浮気してる男性なんて奥さんほったらかしで彼女にメールしょっちゅうですよ。

    ユーザーID:3984284887

  • 気持ち、分りますよ!

    海外在住の者です。
    みなさんのレスを見て、日本の常識はありえないなと思いました。

    子供が病気でも、奥さんが病気でも休めないなんて!

    欧米ではしっかり休みます♪
    家族第一ですし、そもそも飲み会なんてあんまりありません。
    家族同伴のホームパーティですから。
    みんな家族を知っていますので、安心して休めます。

    耐えるのが美徳、長時間勤務が美徳、上下関係をあまりに重んじる、その部分は悲しい文化ですね。
    日本にはいい部分もたくさんあるのですが、家族愛が薄いです。
    また、家族よりも仕事を優先させるのをよしとする。。。
    欧米でそんなことしたら、家庭内暴力や子供虐待で訴えられます。。
    本当ですよ。。。いやはや。。。

    日本女性のみなさん、「私はこんなんでも頑張ったのよ〜、アンタも」なんて、耐えるのを押し付けあわずに、もっと意識改革して、
    家庭を大事にしましょうよ〜。。。

    ユーザーID:8472797660

  • 休めるかじゃなくって

    夫が妻がふらふらで子供が小さい場合
    会社を休もうとするかと言うのが大事と感じています
    熱があって動けない小さな子供がいる妻を
    会社を休めないからと会社に相談することもなく自分の判断で仕事に行くのか
    休もうと思って会社に相談してダメだといわれるのかで全く違うと思います
    大事な会議があってどうしても仕事に行かなければ行けないのなら
    早めに帰るように手配するとか何か方法があると思います

    普段しっかり仕事をしていれば、年中あるわけでもない緊急の有給を
    奥さん大変なんでしょと周りが気を使ってくれるはずだと思っています

    私の会社でも男性が午前中仕事に来て、あれこれ支持を出して
    何かあったら電話してといって午後は帰宅してますよ
    でもそれは普段きっちり仕事をしている人
    同僚も
    奥さんとお子さん大変でしょうとカバーもします

    実際に休めないこともあるかも知れません
    でも、本人の意識の問題が一番大きいと思います

    ユーザーID:2450529415

  • 私はやったんだから、あなたもやれ!

    トピを見た時、まず母を連想しました。
    母は、激痛に耐えて父の食事を準備してから病院へ行き、その後、
    緊急手術になりました。父をわずらわせず自己犠牲を厭わず頑張ってきた
    母を尊敬し感謝していますが、私にも同じ事を強いるので困っています。

    夫は激務ですが、自宅で出来る作業も多く、自分の裁量で休めます。
    慶弔以外、有休の理由の申請は不要なので、妻が病気でと言う必要も
    ありません。
    でも、何度そう説明しても母は「そういう会社もあるのね」とは認めず、
    多くのレス同様「甘い、出世できない」と決め付け、なぜか怒ります。

    休んでくれますというレスの大半が「うちは休むけど、休めない会社も
    あるのでは?」というスタンスなのに対し、休まない(休めない)という
    レスは、母同様、半ば怒って非難している過激な内容が多い気がします。

    私は苦労したのだから、あなたもするべきという感情、
    自分を肯定=違うものを否定、の構造(専業VS兼業と似てる?)、
    休める事と出世・収入の両立だなんて羨ましい話が実在してたまるか!
    という感情など、諸々が入り混じっているのかな?と感じます。

    ユーザーID:6875179112

  • 暮らしにくい国(横)

    日本って、他人に厳しくて、自分に厳しくて、なんだかぎすぎすと暮らしにくい国ですね。人生で一番大切なものが仕事なんでしょうね。

    本当はもっとのんびりと、余裕を持って暮らせたら、小さな子どもを持つ親も、介護の必要な家族を持つ人も、病気を抱える人も、生きやすくなるはずなのに。

    よく欧米諸国と比較されますが、確かに彼らは家族を大事にして、長時間労働は比較的少なくて、子どもがいても働きやすい環境にはあると思います。その一方で、サービスは悪いですね。依頼した時間に相手が来ない、約束を忘れられる、品質が一定していない、時間になったら受付終了などなど。

    みんなが必死になって、完璧なサービスを提供する社会を突き進むのか、いろんな立場を受け入れて、全体的にゆるーい社会とするのか。

    日本人の完璧を求める気持ちは、相手にも完璧を要求して、お互いに暮らしにくいレベルにまでなっているように思います。

    ユーザーID:1936270256

  • 離婚かどうかはともかく・・・。

    本音は「看病のために休みたい」
    現実は「仕事に行かざるを得ない」

    これがほとんどの人に言えることでしょう。
    よっぽどのことがない限りは、コレに当てはまるのでは?

    仕事に行かないのはおかしい!!といっている方や休まないのは人間性が欠けているとか、言われなくても分かっているから、その狭間で社会人は考えて行動しているのではないでしょうか?

    本当の緊急事態なら休みは取るし、そうでないなら多少の無理はするでしょう。

    今回のトピ主さんの件はその辺もご理解いただけたようなので、良いんじゃないですか?

    ユーザーID:0338723049

  • 休まなくても

    電話で近況を聞くとか コンビニで食べれそうなものを買ってきてくれるとか 気を使ってくれるなら 休まなくてもいいですが 

    「俺は仕事忙しいんだ」とか偉そうにしてると

    「こんな夫いらない」と思います。

    実際うちの夫は私が流産して「今日迎えにいけない」と行ったら
    「ええー」「俺電車で帰るの?」と言いました。

    一生忘れないし 彼が病気になった時やり返してやります、絶対に。

    でも 健康なんで 流産から10年位たちますが仕返しできていません。

    ユーザーID:2634594911

  • 会社による、部署による

    欧米や外資系企業は休みが取りやすい、休暇も長いですよね。
    日系会社も会社によってかなり異なります。同じ会社でも部署によっては10時出社で帰宅はAM4時当たり前、しかし総務や経理は多忙な時期以外は7時帰宅当たり前。部署の多忙時期も異なりますよ。妊娠出産でさえ早退さえできない人もいるし妻がインフルエンザ高熱ならば早退できる人もいる。

    ユーザーID:9794010021

  • 休む休まないより気持ちの問題

    休む休まないと言うより、気持ちの問題なんだと思います。
    どうしても休めなかったとしても、昼休みなどに電話で「大丈夫か?」などちょっとした思いやりの言葉があるだけで違うんですよね。
    心配してくれているんだなって感じるだけでも元気が出ます。
    うちの夫は私がちょっと熱っぽくて喉が痛いと横になっただけで、ハチミツレモンとか作ってくれます。
    仕事先からも何度も電話をくれて、いつもより早く帰ってきます。
    娘が風邪の時も、夜中に何度も起きて様子を見に行ったりします。
    帰りが遅く朝が早い仕事なので「寝てて良いよ。」と言うのですが「心配だから。」と言います。
    夫が風邪で寝込むと、娘と2人で思いっきりお世話します!とても嬉しそうです。
    自分がされて嬉しいことって、人にもしてあげたくなるものですよね。

    >miyamotoさん
    トピ主さんは『今後もし再婚することがあったら』と書いているだけですよ。
    >離婚前から、再婚する気満々なんですね。
    小学3年生の女児の母親でありながら、
    次の男に依存する将来を見据えているなんてすごいです。

    こんなきついことを書ける貴方がすごい人です。

    ユーザーID:0387978574

  • 会社にとって

    有益な人物なら、休み取らせてくれるし、奥さんの事を心配してくれますよ?

    うちは子供ナシですが、私が病気持ちで一時期ひどく、有給休暇も全部消費、介護休暇も消費、次はためておいた休暇を消費するかどうか……までいきましたが、会社の上司は未だに妻である私を心配してくれてますし、夫は責任ある仕事をさせてもらってます。

    休む=甘いとか、変な感じがしますが……。

    ユーザーID:1784416101

  • 経験あります

     私の場合は「ぎっくり腰」である朝全く歩けなくなりました。高熱なら、まだ歩けますが、3ヶ月の赤ちゃん(子供)がいるのに
    動けないということがどうしても不安で、夫に「休んでもらえないかな」と涙ながらに訴えましたが、「休めない」と置いていかれました。

     仕事だから仕方がないとはわかっています。でも、休めないなら、私の両親に電話を入れて私の事をお願いするとか何かアクションをしてもらえたら嬉しかったのに・・・と思っています。結局、夫がいないので、腕で這いながら移動し、電話をかけ、親が看病にきてくれるまで、フラフラでのりこえました。母乳も出なかったので、ミルクを作るのも這いながら泣きながら作ってましたよ。子供に「ごめんね。ごめんね」って謝りながら。

     その後、トピ主さんと同じく離婚しました。このことだけが原因ではありません。
    でも、この時の事、時々思い出します。あの時子供のこと心配じゃなかったのかなぁ。歩けなくなった母親の元に3ヶ月の赤ちゃんを置いていく父親・・・再婚してますが、今の夫はこんなことありえません。休めなくても、フォローがあります。

    ユーザーID:1100957936

  • 休みますよ?


    うちの主人は休んでくれますよ?
    病院に連れていってくれたり、ご飯作ってくれたり……

    だって、社員一人が1日休んだからって会社は潰れないし。

    もし、休めないって旦那さんがいるなら、
    その人は自意識過剰だと思う。

    会社にとって、急に休まれたら困る人材なんて、ほとんどいないし
    休まれたら周りがフォローできる体制を作っているのがマトモな会社。

    ユーザーID:5784480051

  • 信頼関係

    うちも同じ状態で休んでくれることはあまりないですけど、
    定時、あるいは早めに帰ってきてくれます。
    (義父母が近くにいて、子供を預かってくれることもあるので。
    でも、基本的には熱があっても何とか子供と過ごしてますが)

    でも問題は、その時に休むか休まないかではなく、少なくとも
    気遣いしてくれているのかどうか、なのではないですか?
    そういうことを感じるからこそ、「仕事がんばってるし、
    しょうがないよね」と思えますよね。

    トピ主様は色々とあって離婚にいたったようですが、
    結局はその旦那様とは信頼関係を築けなかったと言うことだと
    思います。

    きっとお互い信じ合える人との出会いがあると思いますよ!
    色々と大変でしょうが、お子さんのためにも
    これからがんばってください!!

    ユーザーID:9439082203

  • 気遣いですよね

    休めるなら休んでもらいたいけど、無理ならせめてなるべく早く帰ってきてくれるとか、夕飯を買ってきてくれるとか…

    せめて『大丈夫か?』の一言を言ってほしいですよね。

    男が、男が、って言うけど母親&主婦には休み自体ないんです。

    っても、やってみなきゃわからないよね。

    ユーザーID:5064661057

  • 社風によって様々でしょうが...

    メーカ系の設計をやっています。
    ただ、メーカと言っても自動車や電化製品のように量産するメーカではなく、特殊な構造物を一品生産するメーカの設計者です。

    我が社は1名の設計者が専従で業務を担当するため、休暇をとってもグループには何ら迷惑が掛かりません。
    従って、急な休暇に対しては会社は何も言わず、ただ”何日の、何時まで、◎◎の図面を仕上げる”と言うことが守られれば、結構、自由です。

    この様な社風のため、”子供が熱を出したから、休暇を下さい。”とか、”妻が体調を崩したから、休暇を下さい。”と言うのは、何ら珍しいことではありませんし、社員の者も特に何とも思いません。当然、賞与、昇級にも関係しません。

    私の会社が特別なのかもしれませんが、トピ主さんの思いは、旦那さんが働かれている会社の社風にも影響されるでしょうね。

    ユーザーID:0710471620

  • 泣きながら電話してきた奥様

    昔、泣きながら電話してきた奥様がいました。
    しかも、外国人で電話口で「イタイイタイ、タスケテタスケテ」と繰り返します。
    旦那様はそんな電話が来たのにも関わらず、ゆうに2時間は勤務して早退しました。
    私も同僚も、片付けはやるから行け!早く行け!と何度もお願いしたのですが、本人はニヤニヤしながらパソコンで何らや仕事してました。
    奥様はその後緊急入院、手術を受けられて回復されました。
    その時、上司も帰れと命令しました。
    同僚も説得を試みました。
    どうして駆けつけなかったのか。
    未だに理解できません

    会社のせいばかりでは無いような気がしました。

    ユーザーID:7603346700

  • 気遣う気持ちさえあれば・・・

    夫はフリーランス、私は正社員で働いています。
    夫はフリーで、代わりがきかない仕事をしていますので、
    家族がどんな状態でも、仕事に行きます。
    それは私も納得しています。
    でも、そんな時、夫は必ず仕事の合間にメールで様子を聞いてきます。
    ちょっとした連絡1本で、こちらはとても心強く思えるし、
    自分で何とかしようという気持ちにもなれます。
    たとえ仕事に行ったとしても、ご主人様からのそういった思いやりがあれば
    トピ主さまもここまで思い詰めることはなかったのではないでしょうか。

    離婚する至る理由はいろいろとあったのでしょうが、
    ご主人のちょっとした思いやりの言葉・態度のなさ、
    それを象徴しているのが、この1件なのかなと思いました。

    ユーザーID:1350598960

  • 世間の常識にびっくりしました。

    私は子供のいない専業主婦です。
    大手メーカーに勤める夫は転勤族なので、近くには頼れる人がいないことも多いです。
    普段夫は会社を出るのが早くて夜の10時頃。
    遅ければ終電もあります。

    以前、私が胃腸風邪を引いた時には、午後から具合が悪くなり、夫に連絡したところ、会社を早退(フレックスなんで早退とは付きませんんが)して病院に連れて行ってくれました。
    運転して自分でいけないこともありませんでしたが、助かりました。

    翌日も「休めるよ」というので会社にもそのように言って休んでくれました。
    普段激務なので、本人も休みたかったのもあると思いますが・・・。

    そんなことが結婚して15年の間に3度ほどありましたが、夫は同期の中でも出世してます。
    私も同じ会社にいましたが、自分で仕事の都合をつけて有給をとった人のことなんて、会社では誰も気にしてないと思いますよ。
    みんないろんな理由(私用)で有給取りますから・・・。
    普段から数日休んだくらいで文句を言われるような仕事はしてないですし。
    大きい会社ならどこもそんなものかと思ってましたが、意外にいい会社なんでしょうか?

    ユーザーID:1009538744

  • 我が家の場合

    結婚17年目で共働き、子供はいません。

    我が家は自分の仕事に関して休む休まない等の判断は各々自分で判断します。
    休む事にした場合は、相手に「休むから」と伝えるのみ。
    出勤する方は相手の症状を見て自分も休んだ方が適切なのか、
    このまま静かに休ませているだけで大丈夫なのかを判断します。

    この判断は17年の結婚生活の中で十分に経験が積み重ねられているのでまず間違う事はありません。
    一応、保険で枕元に携帯を用意しているので症状に不安がある場合はお互いに休憩時間等にメールか電話を入れる様にしています。
    確認連絡の状態によっては早退なのか或いは通常勤務で帰宅でも可なのかを臨機応変に対処します。

    私たち夫婦は其々が家事全般不安なく出来る為、片方が急に寝込んだとしても慌てる事はないと言う事と、
    長年の夫婦経験からお互いの体調の変化や判断基準が阿吽の呼吸で解ります。
    自分が寝込んだ時、相手がどんな心配の仕方をするのか知っていれば少なくとも寂しい思いはしないかしら?
    因みに夫は私の休養を邪魔しないように極力そっとしておくタイプです。

    ユーザーID:4479443229

  • 私個人の意見

    何が何でも会社を休んで欲しかった訳ではなく、大変な時に助けてくれなかったのが尾を引いている・・・自分は何なの?と存在意義を疑ってしまい、心が凍ってますね。多分そこでご主人からトピ主さんに「ごめん!」とか「悪い」って気持ちが伝われば離婚には至らなかったのではないでしょうか?残念ですね。

    思いやりの問題かもしれませんが、以前子持ち男性先輩から聞いた話しだと「(自分は)子育てやってないので苦労(奥さんの文句)がわからない」という事もあるらしいです。また「自分の親がそうだったので、それが当たり前だと思っていた」というケースもあります。ご主人はいかがでしたか?

    これからも色々な状況によって、大変な事が多々あるかと思いますが、子育てを家族(夫婦)だけでやろうとするのも、間違いだと思います。日頃から実家・義理・友人にセーフティネット張っておく(ぐちを言う、困ったときは助けてもらえるようお願いしておく)事と、心の解凍の練習が必要だと思います。次回はうまくいくようにお祈り申し上げます。

    ユーザーID:2475691607

  • もう10年以上前の話ですが

    私が高熱を出して寝込んだ時のことです。
    1歳と3歳の子供の世話と、私を病院に連れて行くために夫は会社を休み、それが原因で職場の業務に支障があったようでした。
    夫は何も言わず、私もその時は何も聞かなかったのですが、会社ではそれについて賛否両論が起こり、職場の勤務体制を見直すきっかけにまで発展した、と言う話を数年経ってから夫の同僚の友人が私に明かしてくれました。
    「知らなかったとはいえ、そこまでして休んでくれてたのね」と夫に言うと
    「家族だから当然のことだし、言う必要のないこと」という返事が返ってきました。
    そして今。
    急な家族の病気などで休む社員がいても、それをフォローできる体制が整った夫の職場は、そのシステムが本社から評価され、表彰された夫は給料もちょっぴり上りました(感謝)。

    まさに10年ひと昔です。
    今は「家族の発熱ぐらいじゃ休め(ま)ない」とおっしゃる方も、あと10年経てば考えが変わるかもしれません。
    実際、休む人も増えていると思いますよ。
    トピ主さんがこの先、そんな職場に勤める良い方と巡り会えますように。

    ユーザーID:2267404975

先頭へ 前へ
211240 / 534
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧