男性と女性の差について

レス42
(トピ主0
お気に入り76

生活・身近な話題

タロウ

女性が男性化する事について意見を交換したくて投稿します。

最近、以前の同僚(複数人の女性)と食事をしました。
私が驚いたのは、彼女たちが僅か1年間会わなかっただけなのに、もの凄い勢いで老いたという事です。
聞くところによると、彼女たちはいずれも激務の中で、ホテル住まいなどで1週間自宅に帰らずに仕事をしているとの事でした。
化粧をしてもごまかしきれないほどに老いたという印象がありました。

疲れ果てているのは、以前の同僚だけではありません。
最近、私のパートナーも男性並みに働く姿を見て、女性が男性化して働く世の中はどうなのよ?と思うようになってきました。
私のパートナーは、発言まで男性ぽくなってきて、私にとっても女性として見る事は難しくなってきています。
ほどほどなら良いですけど、大きなプレッシャーの中で男性化していく女性は多いと思います。

教育面から見れば、女性の知識は、男性と同じような土俵で競っていけるものと思います。
しかし、体力では毎日鍛え上げた女性のオリンピック選手でも無い限りは、男性とまともに勝負出来ない事は明らかです。
男女平等とかいう名の下に、何でもかでも平等が貫かれて、逆に女性を否定したりする社会が加速していると思うんです。
女性が男性化している例としては、戦争に女性兵士が派遣されたり、女性が体力仕事をしている例もあります。

最近では、女性も職場で働かなければ、男性だけの収入では厳しいという家計も増えています。
また、離婚など万一の時の為に、男性に依存するのを嫌がる女性も増えています。
しかし、これを冷静に考えると、女性のあり方を社会が完全に否定していると思うんです。もともと体力が無いのに、女性らしさがあるのに、1ヶ月1度具合が悪くなるかもしれないのに、それを無視して男性と同一に扱う社会は狂ってますよね?

皆様の意見もお待ちしております。

ユーザーID:4122866678

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数42

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もう少し知りたい

    >彼女たちはいずれも激務の中で、ホテル住まいなどで1週間自宅に帰らずに仕事をしている

    これって男性でも、やつれちゃうんじゃないかな。
    そして、彼女たちも、発言や行動が男性ぽくなってたのでしょうか。

    >私のパートナーは、発言まで男性ぽくなってきて、私にとっても女性として見る事は難しくなってきています。

    発言まで男性ぽくっていうのは、具体的にどんな感じなんだろ?
    言葉遣いが荒っぽいという事なのかな。
    それとも、言う内容が男性ぽいと言う事なのかな・・。

    「疲れ果てている」って印象ということは、ちょっとやさぐれてる(?)って感じなのかな。

    もうちょっと詳しく知りたいと思って質問してみました。

    ユーザーID:7155093495

  • 自由 

    あなたのまわりの女性方が男性化しているのは自分が望んだからではないですか?
    別にバリバリ働くのが強制されているわけではないので、女性保護の名目の下、女性の働く権利を制約することはないと思います。
    兵士になりたかったり、体力仕事をしたい女性もいるでしょう。
    女性は経済的に男性に依存して家にいるべきなんですか?
    そうしたい女性はそうして、したくない女性は男性と平等に働ける世の中のほうがいいとおもいます。

    あなたの言っている過酷な労働環境は男女にかかわりなく問題です。女性ですらそのような労働を強いられている職場で、男性方はそれ以上の労働を求められているかもしれません。男女平等といいつつ、女性はできるだけ早く帰らせるってことはよくありますよね?問題は日本の労働環境です。男女にかかわりなく人間らしい働き方ができる世の中にならなければいけないと思います。

    ユーザーID:6224471761

  • 何が言いたい?

    「体力面で女性は男性に劣っている」ということは理解できます。
    ですが、結局何が言いたいのでしょう?
    「女性が働かなくても良いように、男性の収入が増えるべき」ですか?
    「女性は独身ではいけない。結婚して男性に養われるべき」ですか?
    「何でもかんでも男女平等にすべきではない」ですか?
    もしも最後の意図でしたら同感です。

    少なくとも、男性に頼らずに収入を得なくてはならない女性もたくさんいるのですから
    女性1人でも職を得て生活していけるような社会になってほしいです。

    それから、一週間も家に帰れないような激務は、男女関わらず減っていけばいいなぁと思います。
    (1ヶ月に1度具合が悪くなるかもしれないのは男性も一緒ですよね?)

    ユーザーID:3262472502

  • わかります

    なんでもかんでも一緒にすりゃいいってもんじゃないですよね。

    でも上の方にいる人が間違ったフェミニズムで動いてますからね。
    今後ますます旧来の女性の役割は否定され、悪いほうへ転がっていくことでしょう。
    女性は妊娠等に適した時期を仕事に追われて結婚の機会を逃し、男性はどうせ結婚しても子供を産んでもらえなかったり、家事も仕事もせねばならないため結婚に意味を感じなくなり、子供が生まれても育児は保育士が行うので子供たちは家庭の意味を感じずに育ち…。少子化もどんどん加速するでしょう。

    「地位を同じにするために女性を男性化させる」というフェミの考え方自体が女性性の否定なんですが、フェミニズムってなんなんでしょうね。女のためにできたはずなのにね。
    男になりたい女のせいで、家庭の存在すら危うくなって。
    妊娠出産育児や家事に従事することの重要性を伝えることこそ、真の男女同権につながることだったのにね。
    もう手遅れの感が強いですが…。

    ユーザーID:6051410910

  • 難しい問題です。

    トピ主様がどのような答えを求めていらっしゃるかはわかりませんが・・・。

    これは非常に難しい問題です。
    いままで、『社会への女性進出』を唱えてきたのは、一部の狂信的な男女平等主義者の男性を除けば、女性たちなのです。
    つまりあなたのいう『疲れ果てている女性たちの姿』というのは極端に言えば『女性の求めてきた結果』であるとも言えます。

    男性と同じように扱う社会は狂っているというのはおそらく、『社会はもっと働く女性に配慮しなさいよ!』ということなのでしょうが、例えば同じ職場で女性に楽な仕事や短い時間で仕事をさせ、男性にその分負担を強い、これで同じ給料ならば今度は男性差別になると思いませんか?

    男ならそれぐらいしなさいよ!という人はあんまり労働生活に向いていない女性だと思いますし、そういう女性は社会に出てがんばっている女性の敵だともいえるでしょう。

    結論は出せませんでしたが、一応、意見を述べさせていただきました。

    ユーザーID:0616840439

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • どうなんでしょうね?

    トピ主さんのおっしゃる「男性ぽい」や「女性らしさ」の内実がわかりませんが、それらは時代や社会によってけっこう変わるのでは?

    生物的に違うのは、出産と筋力ですよね。

    女性が男性化している例として「女性の体力仕事」が挙がってますが、近代以前(と言っていいのかな)の時代や国では、男は戦闘以外は食っちゃ寝で、それ以外の肉体労働はすべて女というパターンもよくありますよね。日本でも、女性が家事の他に農作業や水汲み等の力仕事はもちろん、上半身裸で男性と一緒に炭鉱で働いていた写真なんかもありますし。
    「男が戦」なのは、やっぱり女性が産む性だから=死に絶えたら困るからでしょうかね?でもライオンなんかはメスの方が戦いますしね〜

    ともあれ今は幸い平和で、かつデスクワークが主流ですから、男性と女性の差はますますないですよね。

    戦争の時代は男性の、平和な時代は女性の発言権が強くなると思います。発言権には自由と責任がもれなくついてきます。
    トピ主さんおっしゃる「女性のあり方を肯定している社会」とは、女性に責任はないが自由もない社会であって、どちらがいいかは人それぞれでは。

    ユーザーID:8952544939

  • 同感です!

    20代半ばの女性です。
    私も女性にはあまり無理な仕事をさせない方が良いと思います。
    私自身は一般職なので、男性と対等に働く総合職の女性の事は尊敬していますが、無理をして身体を壊してしまっては、元も子もないですから。

    私の周りを見ても、激務な女性はやはり何らかのリスクを負っています。
    元同僚は身体を壊して通院しています。休養すれば治るようですが、仕事を続けているので治らないみたいです。
    私の友達は、男性と同じように働いて心を壊しました。元々は体力も精神力も人一倍あったのにです。

    ちなみに、最初は男性並に働く女性は、老けるのが早いというお話かと思いましたが、最後まで読んで、トピ主さんの女性全般へのお気遣いが感じられて嬉しかったです。

    ユーザーID:8529598760

  • ちがうと思います。

    >もともと体力が無いのに、
    女性の方が持久力は強いですよ。(腕力の要る仕事は男性の方が多いのでは?)
    >女性らしさがあるのに、
    仕事と女性らしさの関連性はどうなっているのでしょうか(女性らしさを仕事に生かしている方は多いのでは?)
    >1ヶ月1度具合が悪くなるかもしれないのに、
    そのとおりですね

    >それを無視して男性と同一に扱う社会は狂ってますよね?
    男性だって女性だって変わりなく、自分のできる範囲でがんばっています。

    男性化、女性化というのは性別の話ではなく人生の生き方の比喩ですね。生物学的性別と混同するのは話が混乱する元だと思います。

    ユーザーID:4114157272

  • トピ主さんのいう「男性なみに働く」って

    文章から読み取るに男性並みに働く、という基準が
    「激務の中で、ホテル住まいなどで1週間自宅に帰らずに仕事をしている」
    というレベルなのですよね。

    提案です。男性もそういう働きかたを辞めたらいいんじゃないですか?
    男性なみって・・・男性だってそういう生活はやめたいんじゃないですか?またそういう働き方は男性でも珍しいんじゃないですかね?

    私は正社員で夫と同じくらいの給料をもらっていますが、毎日ちゃんと家に帰って自分で料理して食べて毎日8時間寝ています。これ以上忙しくなるのはお断り。そしてこの程度で十分満足です。トピ主さんの周りでは珍しいかもしれませんが、私の周りでは普通です。職場では概して女性は男性ほど出世はしていませんが、偉くなる人もいます。こういう女性のありかたはだめですかね?

    ユーザーID:4186555578

  • 高みを目指す女性は多くのものを犠牲にしている

    地方の官公庁勤めの共働きの母親です。
    25年間働き続けています。

    私程度の職業でも、結婚、子育て、仕事をこなしていくのは簡単ではありませんでした。
    企業で働く女性ならば、なおさら大変な事だと思います。

    やる気、上昇志向のある女性はがむしゃらに働いています。
    男性以上に肩肘を張り、頑張りをアピールしなければ認められませんから。
    そうした女性の多くが、独身か結婚していても子どもはいません。
    (結婚、出産が女性の幸せの全てなどとは思っていませんが)
    過重なストレスがあると女性本来の感情は薄くなるのかもしれないと思います。

    私は端から応援する立ち位置にいますが、トピ主さんと同じように「何か違うな〜」と感じています。

    女性がライフワークバランスを保ちながら働くには、能力が高くてもそこそこの地位でいるしかないのかもしれません。

    ユーザーID:0939336933

  • そんなに体力いりますか?

    狂っているとは思いません。どのような職業でも向き不向きを考えた上で、選んで就職したのでしょうから。
    女性が男性化して働くというのを、どのようなニュアンスで言ってみえるのでしょうか。
    フルタイムで働くということ?筋力労働をすること?
    筋力労働なら確かに一般的には男性に向いていると思われますが、そういった職種を志す女性は今も多くはありません。
    たとえば同じ公務員でも、教師や市役所などの職員に比べると、筋力がものをいう場合が予想される消防士などでは女性の割合は少ないですよね。そういった職を選ぶ女性はそこそこ体力に自信があるのでしょう。体力はないが筋力労働を選ぶというのは性別にかかわらず職選びに関する考え方がどうかと思います。

    私の仕事も昔は男性ばかりだった職業ですが、実際体力面で困ったことはありませんし、男性化したとも思いません。体力は女性として平均的と自分では思っています。体力がものをいう職種ってそんなに多いでしょうか?
    トピ主の同僚女性の話は、性別云々よりも、その会社が労働基準法などの面で大丈夫なのか?という印象です。

    ユーザーID:4346760099

  • キツイ言い方します

    一見女性を思いやっているような文面ですが、
    老けた女性はみっともないし、男性張りに仕事する妻(彼女)が
    可愛げがなくなってきてるのが嫌だということでしょうか?
    女は小奇麗にして大人しく男に従っておけ?

    もしそうであれば、賛同しかねます。

    向いてさえいれば体力仕事をする女性がいてもいいし、お針子する男性がいるのも良いと思います。
    そのためのチャンスは男女とも同じルールの下、平等に与えられるべきです。
    それが男女平等の意味だと思います。
    向いているというのは成果に向け努力できるかどうかです。
    社会的にみてもその方が有益と思います。
    淘汰の結果、男女比が偏るのは仕方ないでしょう。

    女性であれ男性であれ「人間」です。
    まず「生き方」「生活」が先にあってしかるべきかと。
    ですので、生きる為に働き、男性に依存しないという危機管理は当然だと思います。

    そういった状況では女性が「母」という生物的役割を果たしにくいという点では合意します。

    解決は社会構造を根本から変えない限り無理と思ってます。

    トピ主さんが男女を差別したがる理由はなんですか?
    男性優位に思えるんですが。

    ユーザーID:9142875279

  • お気持ちは分かりますが

    それを望んだのは女性ですから、文句を言われてもどうしていいものやら…

    トピで挙げられているあなたのパートナーやお知り合いは何か不平不満をおっしゃっていましたか?
    何も不平不満を言わないのであれば、あなたの余計なお世話って事になってしまいますね。

    男女平等でも、昔のように弱者として保護されるのでもどちらでもいいですが、いいとこ取りだけは勘弁して欲しいですね。

    ユーザーID:7793500052

  • トピ主さんに感謝

    以前、他トピにも意見したのですが
    女・男はそれぞれ陰・陽の性質を持っているので
    トピ主さんご指摘のとおり
    女性の社会進出は自然の摂理に反した面があり
    多かれ少なかれ無理が生じるといわれています。

    男女平等というのは難しいもので
    何か一つについて平等を要求すると、
    「じゃあ何もかも同じにすればいいのだろう」
    という安直な賛同(に見えて実は反発?)
    に結びつきがちな気がします。
    (具体的な解決策は…ゴメンナサイ、思いつきません。)

    ただ、ご参考までに申し上げますと、
    女性は中年期以降に男性ホルモンが増えて
    男性的(能動的・攻撃的)になり、
    逆に男性は同ホルモンが減って穏やかになるため
    女性に合わせた言動ができるようになると聞きます。
    さすがに逆転することは無いと思うので
    お互いが近づくということなのでしょう。

    それにしてもパートナーが
    異性として見れなくなるのは悲しいですよね。
    ご同情申し上げます。

    私(30代独身・女)はトピ主さんの発言を読んだだけで
    もう少しがんばろうという気になれました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:7346383997

  • 女性が望んだこと

    女性がそれがいいと言い出したので、男性がとやかく言う必要は無いと思います。

    >男女平等とか言う名の下に、何でも間でも男女平等が貫かれて、逆に女性を否定したりする社会が加速していると思うんです。
    >女性が男性化している例としては、戦争に女性兵士が派遣されたり、女性が体力仕事をしている例もあります。

    えらそうに権利を主張するなら、それに見合った義務を負うべきだと思います。
    男性並みに働かされるのが嫌なら、男性並みの権利を放棄すればよいと思います。
    (一部男性以上の権利が与えられてますし。)

    私も昔の様に女性は男性に尽くして、文句を言わず贅沢もしない生活をすればいいと思います。
    贅沢しなければ年収300万でも生きていけると思いますし。

    ユーザーID:7980036588

  • 女性は精神的に強いから。

    女性は体力はなくても、精神力が強いでしょう?
    強靭な体力よりも、強靭な精神力の方が最終的に勝るから、かなぁ。

    ゆる〜い専業主婦でも老けてる人はいるし、追い詰めて仕事することで輝きを増す女性もいますから、老けて見えるのはその人のセンスの問題じゃないでしょうか。

    なので、「男性並みに働くこと」と「女性らしさを失うこと」は、イコールではないと思います。

    ユーザーID:3688569555

  • 横ぎみですが・・・

    わたしが15年ほど前総合職として初めて仕事をしたときに、先輩の女性総合職の方にいわれたのは・・・
    「女性は男性の3倍働いてあたりまえ。5倍はたらいて一人前」ってことでした。 
     
    私が当時居た会社では、他の男性総合職社員さんは自分の仕事のうちコピーなどは一般職の人に頼んでおり、さらに会議の準備(机並べやスクリーン張り等)総合職の人がやる雑用は全部女性総合職の方がやっていました。 

    しかし、女性総合職の方は、一般職の方にコピーとかも頼まず自分でしなきゃいけないし、総合職の方がやる雑用は全部女性がするし、さらに一般職の女性の指導(女性同士としての)とか、手伝いとかもしなきゃいけない状態でした。
     
    その後、私はいろいろな会社に転職し、様々な女性総合職の方にお会いしましたが、どこの会社でもこんな感じで女性のほうが仕事の絶対量が多い気がします。(もちろん、私が見た会社の状態がすべてではないでしょうけど)
     
    ですから、本当に男性と平等に仕事をして、平等に評価されるならば、女性もそこまでくたびれないのではないでしょうか?

    ユーザーID:3969965060

  • 同感

    全く同感です。今の状況は女性が求めた結果とは言え、自らの首を締めているような気がします。企業というのは営利で動いていますから、本来、家庭や愛情や育児などとは相容れないものだと感じます。しかし、当然ながら同じ権利や報酬や評価を期待するならば男性と全く同じ土俵で競うしかありませんから、女性としての部分はたいていすり減っていかざるを得ません。それは、社会にとっても男性にとってもマイナスではないでしょうか。昔の専業主婦、専業ママの役割は実は大きかったのかなと。もっともこれは性別とは関係ないかもしれませんが、実益ばかりを追い求める社会は生きづらいと思います。私はシングルマザーですから、老けようがきつくなろうが働くしかありませんが、できるなら子供を自分でみたかったです。

    ユーザーID:3895513135

  • 時代の流れ

    「男らしさ」「女らしさ」を重要視する昭和の価値観から「男女平等」へ変更したのは
    ほかならぬ女性たちによる選択ですからね。

    それに、昔に比べると腕力・体力が必要な仕事は減っていますので。
    肉体労働の仕事(例えば大工、運送業、引越し)については女性は男女平等を主張しませんからね。都合のいいところでしか主張しないというか。

    ユーザーID:0471811225

  • 性差より個人差

    「男性は…」
    「女性は…」
    「○○人は…」
    「○○歳過ぎたら…」

    等々で始まって、批判したり、こうあるべき、を論じる方に出会うたびに、心底がっかりましす。
    人間って複雑なもので、たとえば、性別と国籍と年齢が同じだと全く同じ人間になるかというと、そんなわけないですよね。統計とって平均をみたら傾向はわかるけど、ばらつきが大きいので、目の前の一個人を知る手がかりにはあまりならない。むしろ、「女性だから(または、○○人だから、○○歳だから)」こうであろう、という決めつけ・偏見が、その人を知る上での妨げになることもあるでしょう。

    教育を受ける権利、職に就く権利、幸福を追求する権利については、完全な機会均等であるべきです。均等な機会が与えられた上で、誰がどういう人生を選択するかは、個人差・個性の問題で、多様化がすすむにつれ、男性は女性は、と全人類を二分する大きな風呂敷でくくって論じて得られるものが一体どれだけあるのか、と疑問に思いますが。

    ユーザーID:5197019734

  • 目くじらを立てる女たち

    私はトピ主さんに同感です、と言いにくいのが今の時代だと思います。

    こういう話題が出ると女性からの”人それぞれだ。よけいなお世話だ。” ”結局男性優位?”といったヒステリックでトゲのあるレスの集中攻撃を受けるのは必須。自分の価値観や意見を述べるだけで袋叩きに遭ってしまうので、トピ主さんと同様の価値観を持つ人間には生きにくい時代ですよね。。

    当然個人差というものがありますから男女一括りだと言うわけではありません。でもこんなコメントをわざわざいちいち繰り返さなくてはならない不毛な議論になりがちなんです、この手の話題って。

    私はお料理が大好きで子供も大好きです。いわゆる昔からの”女の仕事”は私に向いています。そして男性のように社会で働くのは精神的にも体力的にも私にはできないと思っています。毎日家事に育児にくたくたにはなりますが外で働く女性に劣るとは思ったこともないし、夫にお手伝いさんのような扱いを受けたこともありません。お互いの役割に感謝しあって生活していますから、なんの疑問もありません。

    時々、綺麗に塗った爪やカールを巻いた髪を夫に「綺麗だね。」と褒めらるのも幸せ。だって女性ですもの。

    ユーザーID:4531600118

  • 男性も女性化?

    草食系男子…て言葉も流行ってることだし。

    さて、私は都心の公務員。基本仕事(内容、量)は男女平等。力仕事も平等ですね。もちろん、昇級、昇格も努力次第(試験、勤務評価で)。
    全体の職員比率では女性の方が多いのです。が、管理職は圧倒的に男性が多いです。ほぼ男性と言えます。やはり、男性と同じ仕事をこなすとなると、ある程度の職位までいくと家事、育児との両立は難しいと思います。(夜中まで残業したり休日出勤したり)正直、私は家庭、子供、自分を犠牲にしてまで…とは思ってませんので、今以上の職位を目指すつもりはありません。ただ、いつも仕事は与えられた以上の事をこなすように取り組んでます。かなり努力して職位以上の仕事をしてますが、これ以上は辛いですね。だから、家庭を持っている女性管理職はとても尊敬出来る方々だと思います。大変なご苦労も多いとは思いますが。

    ユーザーID:1547884432

  • それを望んだのは女性

    男性と同じように社会で働きたいと望んだのは女性達です。
    働くからには男性と同等の給料を求めてきたのも女性達です。

    男性と同等の給料をもらうのであれば男性と同等の仕事をしなければならない。至極当然のことです。

    女性は体力がないと言われますが、男性でも平均女性以下の体力しかない人はいますが、そういう方でも体力のなさを言い訳にせずに頑張って働いています。
    権利を求めたら義務が生じます。権利ばかり求めてもだれも耳を貸しはしないです。いいかげん女性であることをいいわけにするのはやめませんか?

    ユーザーID:6132908870

  • 行き過ぎと極論は何かの芯を外すよね

    女性の社会進出は女性が望んだから…というご意見が
    いくつか見られます。それはその通り。
    そしてフェミニズムが、往々にして極端で
    間違っていくのも確かです。

    でも、一応、それが生まれた基本も外さないでほしいなあ。
    このトピの、トピ主さんレスだけ拾って読んでみるとか
    どうでしょ?トピ本文や、他の人のレスでなく、
    トピ主さんが随時入れている追加情報が面白いです。

    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/1005/266872.htm?g=04

    現代の労働においては、彼女は、結構な高収入を
    得られる能力があるわけですが、昔ならばこんな扱いで
    珍しくもなかったでしょう。この場合、女性って何ぞ?(笑。
    これじゃ、脱出を計ってもしょうがない。

    もちろん、これを男のせいだという時代も過ぎてます。
    「男女どっちかのせい」で話し続けるだけじゃ何も解決しないだけ。

    一度進んだ社会は滅多な事では戻りません。
    極端に同一化も誤りという認識は
    生まれつつあると思いますけどね。

    でもトピ主さん。例にあげた労働条件
    男性だって結婚できないか離婚されるかじゃない?

    ユーザーID:7433654492

  • 教えてください

    > 聞くところによると、彼女たちはいずれも激務の中で、ホテル住まいなどで1週間自宅に帰らずに仕事をしているとの事でした。

    それは収入や生き甲斐に対する代償でしょう?しかも自分で選んだ道。
    あなたがとやかく言うことではない。


    > 男女平等とか言う名の下に、何でも間でも男女平等が貫かれて、逆に女性を否定したりする社会が加速していると思うんです。

    あなた方女性が理想とした社会にようやく近付いたわけではありませんか。

    それのどこがご不満で?


    逆に、トピ主さんの望む男女平等社会とは一体なんですか?
    これは是非とも答えていただきたい。

    ユーザーID:8314719682

  • 無礼だと思う

    「これだから女は」という文脈では「男女関係ないでしょ」と云い、
    仕事がきついと「女だから男と同じに扱わないで」と云う。

    完全なダブルスタンダード。

    女性の方には、「これだから女は」という説法を甘受いただくか、「男と同じに扱わないで」という言い訳を撤回いただきたい。

    ユーザーID:6706151339

  • 絶対的平等と相対的平等

    個体差を挙げるときりがありませんが、総合的にみて男女が同じ業務で、それが激務だったら先に体調を崩すのは女性や、男性の中でも体力的が少ない人だと思います。
    同期(総合職女性)も20代で白髪の出ました。
    そしてトピ主さんの挙げたハードな勤務体制を文句一つ言わずこなしています。
    高学歴だったり、努力家だったり、高い目標をこなすタイプの人は性別問わず、多少つらくても黙々と仕事をこなす人が多いです。
    企業は絶対的平等の理論で動いているので、それに洗脳されていて私の同期も女性だから云々という発想がまずありません。
    業務量に疑問も持ってないし、同僚男性と同じペースで仕事をしているため、体力的精神的に完全に普通以上に消耗しています。
    (気持ち的には同じでも女性なので、体力が全く付いていって無い状態で彼女に落ち度があると思えません)
    多分その部署で最初に体を壊して脱落するのは彼女だと思います。
    何でもそうですが、たとえば機械の故障、金属疲労などですら最初に故障が起きてくるのは弱い部分です。
    その部分をコントロールできる企業がリスク管理も強い企業なんでしょうね。

    ユーザーID:4431786659

  • 少しだけわかってくださいね

    私はトピ主様のおっしゃることを全部否定するつもりはありません。仕事をしているとどうしても男性的ななってしまいそうなことはあります
    それをなるべく回避しようと髪や肌のお手入れもがんばっています。お料理も普通には作っています。ただ私は仕事の方が大好きなのです。
    仕事は大変ですが、わたしの人生にとってとても重要な位置を占めています。これは私が育ってきた環境もあるのでしょうが、この価値観は変えられません。家事に生きがいを感じる女もいれば仕事に生きがいを感じる女もいるのです。これはもうそれぞれの価値観なので、どちらが正しいとかいう問題ではないでしょう。
    本当に個人差としか言いようがありません。ただ私は髪や爪をほめられるより、「この仕事はうまくいったね」というような言葉のほうが嬉しいのです。もちろん仕事で体を壊すのは嫌ですが、私が家で家事だけして過ごしたとしても多分精神的に参ってしまうと思います。このトピを読んで、女らしさを失わないように気をつけようと改めて考えさせられました。ただ、私のように仕事が幸せみたいな女もいることも少しだけ理解してもらえませんか? 仕事もがんばりたいのです。だってオンナですもの。

    ユーザーID:3359084405

  • やりたいと思った事が一番伸びる

    現在の日本社会が、女性性を否定しているとは全く思いません。
    女性性を尊ぶ、トピ主さんのような方のほうが一般的である事からしても、お分かりいただけると思います。

    ですから、高度な社会進出を希望する女性がいたとして、
    それは完全に彼女の自由意志によるものだと思います。
    そしてここで重要なのは、「本人がやりたいと思った事」が、最終的には一番伸びるという事実です。

    自由意志は偉大です、単なる性差を超えます。

    女性の社会進出に限った事ではありませんが、
    自由意志に基づいて生きる人々で構成される社会、
    実はこれが、もっとも快適で効率の良い社会のあり方と思うのですが、如何でしょうか。

    (「女性性」が社会で働く際に不利に働くものなのかどうか、女性全般に「女性性」が必ず備わっているものなのかどうか、
    そもそも「女性性」というものは存在するのか、
    言及すべき点は多々あると思いましたが、論旨がボケるのであえてスルーします。)

    ユーザーID:2675175607

  • 私は頑張りまするぜよ

    以前の同僚さんの老いの加速やトピ主さんがパートナーを女性として見る事が難しくなってきていることは、「狂った社会」のせいですか。
    女性を否定したりする社会が加速していると私は感じることは無いのですが、この点については自身の周囲の環境が整っていれば(受身ばかりではなく自らの努力も含め)、社会の風潮云々にまで興味はありません。

    亡くなった大正生まれの祖母は「女に学問は必要無し」と上の学校に行かせてもらえなかったそうです。
    女性はこうあるべし!といった枠に収まることなく、生き方の選択権が増え、例え上辺だけだとしてもでもそれが許される現代が私にとっては生きやすくありがたい。これからも、自分がやれる範囲で精一杯頑張っていく所存です。

    60年以上前の二次大戦時でも女性パイロットは存在していました。豆知識です。

    ユーザーID:4015394535

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧