• ホーム
  • 働く
  • 看護助手という仕事について教えて下さい。

看護助手という仕事について教えて下さい。

レス15
(トピ主1
お気に入り50

キャリア・職場

momo

3か月に及ぶ就活は実を結ぶことなく、仕事について視点を変えなければと思った時に入院し、看護助手という仕事に興味を持ちました。
自宅近くの病院でも募集をしているし、特別な資格が無くても出来る、40代独り身の私にも務まるのでは?

少し検索してみると、看護助手は看護師の雑用係とありました。
私が入院していた病院では看護師と助手の方は仲が良く、助手の方は患者から親しまれていて単なる雑用係ではないように見えました。
実際、私も頼りにしていました。

肉体労働でヘルニアになる(看護・介護関係の人は皆なりやすいと聞きました)、看護師よりもきつい仕事が多いとも聞きます。(病院にもより、私の入院した病院は、そういう事はなかったです)

看護師が不足している為、看護助手の存在は欠かせないともありましたが、実際の労働条件、環境、やりがいなど、現職または詳しい方のお話が聞きたいです。

宜しくお願いします。

ユーザーID:4878607247

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 医療行為以外全部です

    母が看護助手で20年以上頑張りました(来年定年)

    正社員で雇って貰えるなら、お給料もいいしボーナスも貰えます。
    ただ・・キツくて、短期間で辞めてしまうのも事実です。
    母も付きっ切りで教えてるのに後継者が育たず嘆いています。生半可な気持ちでは就職して欲しくないと言ってますね

    病院・部署にもよりますが、朝は入院患者さんの配膳から始まり、補助が必要ならば食べさせます(看護師さんの手が足りない所)。不自由な人には食器を片付けます。包帯や消毒綿など、薬外の医薬品の準備・消毒。手術室担当なら血のついた手術着を洗い、新しい物の準備。
    何十人分ものシーツ交換、お風呂の日は患者さんを介助するので朝から汗だく、腰も痛めるそうです。お風呂の日は絶対に休めません。おむつ交換や汚物処理もします。
    書類も、頼まれた所をPCにインプットしたり、書類整理もします。
    その他にも色々あり、休む暇もなく基本体力勝負だそうです。そんな訳で辞められたら困るので表向きは仲良しかも(苦笑)

    あと裏話ですが・・患者さんからのセクハラも多いです。母は気にせず笑い流すそうですが、これが嫌で辞める人も多いです。

    ユーザーID:5965813777

  • 入院患者からみた印象

    最近、切迫早産で産婦人科に二ヶ月入院し、看護助手さんにお世話になりました。
    印象は、本当に雑用係です。助産師さん、看護師さんが行うのは点滴の管理や採血検温などの医療行為ですが、その他の食事の配膳回収、シーツ交換、消灯点灯、氷枕や清拭タオルの準備、ドアノブ、トイレや洗面台の清掃消毒は助手さんがして下さいました。
    たまに大掃除で窓拭きをされていたこともありました。
    年代は四十代五十代で、私がいた病院では夜勤もありましたね。
    はじめ年齢層が看護師さんたちに比べ高めで、母親世代なことが不思議でしたが、長く入院してると納得。大変そうな仕事なので、若い人では続かない気がします。
    産婦人科はまだ患者も若く自分で動けるのでそんなに負担はなさそうですが、内科の高齢者の方のお世話は大変そうでしたね。
    若い看護師さんに雑用をお願いされるのに抵抗がなければよろしいかと思います。体力勝負な感じはありますね。愛想のよい助手さんに朝声をかけて頂くと嬉しかったです。

    ユーザーID:8942630911

  • 大変ですよ

    私は総合病院で事務(経理)をしているので、毎日看護助手さん達を見ていますが、看護助手さんは大変だと思いますよ。

    仕事内容は、大雑把に言うと看護師の下働きです。

    配膳下膳、お茶配り、シーツ交換、病室掃除、トイレ掃除、蓄尿している患者の尿の処理、検査やリハビリに行く患者を車椅子で運ぶ、急ぎのカルテや資料を運ぶ 等々、一日中動き通しで動いているみたいです。

    それに、看護助手さん同士の派閥のような物もあるようです。
    私の知っている限りでは、採用にあたり年齢制限がほとんど無いようで、色んな職場を経てから看護助手をしている海千山千の人が多いようで、人間関係が難しい職場のようです。

    その割りに時給はイマイチのようなので、結構入れ替わりが早いですね。

    病院により、多少は違うとは思いますが、大同小異だと思います。

    強靭な体力と精神的な強さが必要な職種です。

    参考になりましたか?

    ユーザーID:0355427102

  • 絶対大変。

    その通り、看護師さんの雑用係でしょう。医療行為以外のシーツ交換や食事の配膳、汚物処理なんかも含まれると思います。看護師さんと看護助手さんの関係のいい病院だとまだいいかもしれないですね。看護師さんのような医療的知識もないし、国家資格もないので当然ではありますが、時給は半額以下ですよね。私の住んでいる地域では看護助手さんの求人の時給は850円〜900円が多いです。あと身体が丈夫でないとどうしても病院内をうろうろする仕事ですから、なにか病気(軽い風邪も含む)をもらっちゃう可能性もありますよね。でもとても重要な仕事ですけどね。ちなみに私の従姉が看護助手のお仕事しています。

    ユーザーID:1641725014

  • 介護士はどうでしょうか

    以前、医療関係で働いていたものです。
    看護助手は資格職ではないので、資格が無くてもできる雑用が主な業務です。だからスキルアップもないので、やり甲斐や将来を見据えての選択なら、介護士はいかがですか?
    数年勤めれば介護福祉士(国家試験受験資格)の道も開かれるし、さらに数年頑張れば介護支援専門員の資格も…。
    確かに大変な仕事ですが、やり甲斐も大きいと思います。

    ユーザーID:9652446648

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 病院によると思うけど。

    国立病院  看護助手
    病棟担当  シフト制  8時半〜17時半と10時半〜20時
    土日は8時半出勤のみ  日曜日は4〜5人に1人のだけ出勤(他休み)
     病室内のベッド移動やベッドメイク 簡単な清掃やカルテや薬剤運搬
     患者さんの 病棟内移動(車いす)の補助などですかね。
    病棟、いや看護師長によって仲のいい悪いありますよ。
    給与はわかりません。
    看護助手ではないので。

    ユーザーID:3170749608

  • 病院にもよります

    一言で言えば、キツイです。
    嫌な言い方をすれば、看護業務の雑用。
    清掃、配膳、汚れ物処理、シーツ交換、物資運搬、etc

    病院はもちろん、病棟によっても(外科か、内科か)、業務内容はかなり違ってきます。

    一方、患者さんがらみで困ったことがあっても、
    「私には分からないから、看護師さんに聞いて下さい」
    で逃げることができます。

    そういう意味では、看護師より業務的プレッシャーが少ないかもしれません。

    職場を選ぶなら、見舞客を装って、彼らの業務内容をしっかり観察することです。

    入ってから、「こんなにキツイとは!!」と泣かないように。

    10代、20代の子なら「やってみれば」で送り出しますが、
    主さんの年齢を考慮すれば、うかつにお勧めできません。

    病棟よりは外来、総合病院よりは外来患者中心の小さなクリニック、

    がいいかもしれないですね。
    その分、給料も安くなるかもしれませんが。

    ユーザーID:2790449860

  • 多忙なお仕事です

    以前1年余り大学病院に入院していた際、大変お世話になりました。
    他の方のレスに書かれているように、看護師さんの手が回らない雑用を一手に引き受けて、独楽鼠のようにくるくると働いていらっしゃいました。
    私がお世話になった看護助手さんは40代前半だったと思います。
    いつも笑みを絶やさず、ベッドサイドに来たときには、必ず温かな言葉をかけてくださる優しい方でした。
    精神面で患者の支えの一つになっていたと思います。
    体力と気力の要る仕事です。加えて明るい笑顔と優しい言葉があれば最高です。
    就かれるなら、ぜひ最高の看護助手を目指して頑張ってください。

    ユーザーID:5462576860

  • 病院によるけど・・・・

    看護師の立場から言わせてもらいますと、みなさんが言われているように看護師の雑用係です。でも、看護助手さんが、いないと私達看護師は困ります。配膳から病室、トイレ掃除、検査出し、患者さんが使用した吸引ビン洗い、食事介助、リハビリ出し、オムツ交換など。私達が知らない事までよく知っています。本当に頭がさがります。

    病院によっては夜勤、早出、遅出などがあります。

    よく働く(人によりますが)わりには、給料は安いのが現状です。

    まだ、40代みたいなので、看護助手よりも看護師になる事を勧めます。

    ユーザーID:4897532117

  • 大変ですが。

    看護助手の方々は縁の下の力持ちです。彼女たちがいないと本当に業務が回らないんです。日々感謝です。

    私が勤める病院には、40代で未経験として来られる方がけっこういましたよ。ただお給料と仕事内容が見合わないのは確かです。
    病院によって違いますが、夜勤を月数回こなして手取り14万円くらいなどというところはやめておいたほうがいいですね。

    ユーザーID:0165390456

  • チャレンジするのも良いかも

    看護師の者です。業務内容は皆さんが既に
    コメントされている通りです。
    給与や労働条件、人間関係は医療機関により
    かなり違ってくるでしょうね。
    人との関わりに抵抗感がなく
    自分よりも若いスタッフから指導を受けることに
    対して苦痛を感じないという方でしたら、
    思い切ってチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。
    興味のあるところに適性がある可能性もありますからね。

    私の勤務先でも看護助手さんにお世話になっています。
    主には清掃、医療器具の消毒とかリネン類の整備など
    雑用も多いですが、患者さんとの関わりもたくさんあって
    楽しいそうに勤務されています。
    小さい診療所ですので、事務方や看護師、看護助手など
    職種に関係なく皆さん仲が良いです。

    ユーザーID:6418799426

  • 頑張ってください。

    私が勤めていた大学病院は、外来にも看護助手さんがいらっしゃいました。
    看護師さんの補助ですが、病棟よりは大変ではなさそうです。

    残業は看護師さんの役目でしたので、残業はなし。
    お給料は、事務や受付よりちょっと安いくらいでした。
    事務で勤続15年で年収530万位でしたので、助手さんも500万は超えたと思います。
    でも中途採用だとどうなるかわかりません。すみません。

    長くお勤めできるところが見つかるといいですね。

    ユーザーID:4849833304

  • 辛い仕事も、笑顔だと思います。

    私は小2の時から、何かと病院は通院経験が多く・入院は2回有りで、亡くなった母が14年間入退院の通院していたので、そこからの目線です。
    本題に行きます。
    看護師さんの手が回らない仕事を、大半していました。
    かなり過酷なんですが、一番印象的なのは、どんな時でも、笑顔。患者さんの心に、安らぎを与える為だろうなぁ。あと、ご自分のお仕事に、誇りを持っていらっしゃるからかなとも思いました。看護師さんにも感謝しますが、看護助手さんには、それ以上に感謝と思います。
    誇れるお仕事だと思うので、頑張ってみて下さい。

    ユーザーID:3985724448

  • トピ主です。ありがとうございます。

    レスが遅れてしまって申し訳ありません。皆さん沢山のレスを有難うございました。
    実は、自宅から徒歩20分弱の私立病院の看護助手に応募し、面接を受けることになりました。ちょっと先なのですが、行くだけ行って話を聞いて雰囲気を確かめたいと思います。その病院にかかったことはありますが、外から見た一部分しか分りませんので、仕事の詳細などについても確認したいと思います。早番・夜勤もあるようですが、コアタイムは8:30から17:15まででした。自宅から近いということで時間的なことは気が楽です。

    引き続き就活は続けています。40代ということで面接にも呼んでもらえないなんて生きづらい世の中ですね。スキルが高すぎるだの、年齢が高いだの
    って頭っから決めつけないで欲しいなあ。
    会えば納得の若々しさ、素直な乙女なのに(笑)

    でも、笑顔が取り柄の私、めげずに頑張ります。

    ユーザーID:4878607247

  • 看護助手は素晴らしい仕事です

     看護師をしてます。
    看護助手もしてました。看護師資格は国家試験による資格、准看護師は都道府県知事試験による資格です。看護助手は採用されることでなれます。看護師は「保健師助産師看護師法」という法律を守りながら仕事をしてます。その中に「看護師でなければできない仕事」が規定されています。「独占業務」というのがそれです。独占業務には大きく分けて2種類あり、ひとつは「診療の補助」もうひとつは「療養上の世話」というものです。看護助手と現在は呼ばれている仕事ですが、「療養上の世話」が主体になります。しかし雑用などではありません。一つひとつが患者を支える仕事です。患者が求める全ての事が仕事です。歴史的には看護助手は看護師が独占業務として行うべきはずの療養上の世話ができなくなり設けられた仕事です。看護助手の仕事は看護師の仕事よりも立派だと考えています。アメリカでは看護師のことを男女問わず「ナース」と呼びます。看護助手は「ナースエイド」と呼びます。〜を助けるという意味合いで用います。看護師を支える仕事ですね。「何でこんな事まで私がしないと」「雑用じゃん!」と思う事が必ずある激務です。健闘祈ります。

    ユーザーID:0300370984

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧