友達へ出来ること

レス3
(トピ主1
お気に入り7

心や体の悩み

たいぺー

当方40代既婚
先日、妻の親友(A子さん)から妻へメールがありました。

「入院しているから、会いに来て」と

A子さんは、数年前、大病を患い手術で完治したと思っていましたが、今回病院に来てとは、不安を持ちつつ、妻は翌日病院へお見舞いに行きました。

結論から言うと、ガンが転移しており、治療病院からホスピス病棟のある病院へ転院したとのことでした。
A子さんも全てのことを知らされており、余命も宣告されておりました。

限られた時間を悔いのないようにという想いを、妻に気丈に話されたようです。話の中で1回も笑顔の無いA子さんを見るのは初めてだったとも聞きました。

妻も一人病院の駐車場の車中で泣き崩れたそうです。

A子さんの、旦那さんや3人の子供を想う気持ちや、
夜、ひとりベッドでの心を思うと、

私も友人として、止め処もなく涙が溢れてきました。

妻も私も、今となっては無力で何もどうすることも出来ないのはわかっているのですが、何か出来ることは無いのでしょうか?

A子さんの明るい笑顔が思い出され、とても悲しいです。

ユーザーID:0507322227

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • できることは・・・

    私も3年程前に友人をガンでなくしました。
    乳がんを患い、手術をして一時は社会復帰もしましたが再発しました。

    彼女は、死が目前に迫ってから「生きたい」と強く願うようになりました。
    様々な治療方法を試みていました。

    私ができることは多くありませんでした。
    ただコミュニケーションをとること、それ位でした。

    がんになるとたくさんの情報が家族の元にやってきます。
    「こういう治療がいい」「どこどこの医師がいい」「この本が・・・」
    善意でくる情報も家族にとっては辛い場合もあります。

    私の友人は病がきっかけで、魂が大きく成長したように思います。
    そして周りの人々も彼女のおかげで成長しました。

    死を受け入れることの辛さは人や環境によって違います。
    A子さんはお子さんがいらっしゃるとのことですので本当に辛いことでしょう。

    悲しむことは必要です。
    でもどうかA子さんの笑顔が見られるように助けてあげてください。
    手紙や何かアイデアが詰まった手作りのものをプレゼント。お花もとてもよいです。
    そして両方が可能な限り会うことが良いと思います。

    ユーザーID:7791781373

  • 涙より…

    毎日、祈る事です。お苦しみ・お痛みが少しでも、緩和される様に。小さな希望でも、奇跡が起きる様に。
    ご友人とお会いに成る時は、お分かりだと思いますが、絶対に暗いお顔と、お言葉のつまりは駄目です。
    ご家族の前でも、努めて、普通な態度を心掛けて下さい。
    あなた様は、病院からお帰りに成ったら、まずはシャワーを浴びながら、思いっきりお泣きに成って下さい。
    そして、祈って上げて下さい。
    神様、仏様、どちらでも良いですから。
    ただ、涙を流すより、祈る事が大事だと思います。
    私は、宗教家ではないですが、それが、良いと思いました。

    ユーザーID:0423689883

  • トピ主です(お礼)

    hopoyo さま

    和嶋実雪 さま

    貴重なアドバイスありがとうございます。
    妻もコミュニケーションの重要性は申しておりまして、
    治療の状況、A子さんの体、心の状態に配慮しながら、出来るだけコンタクトしているようです。
    その上で、心のこもった何かプレゼントを考えたいと思います。

    実際、お見舞いやメールは妻が行いますので、私は本当に祈るだけなのですが、出来るだけ支えて行きたいと思います。

    少しでも多くA子さんの笑顔が見れるように。

    ユーザーID:0507322227

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧