何でも聞きたがりの子

レス14
(トピ主4
お気に入り7

妊娠・出産・育児

ちびこ

小学1年生の子がいるのですが、この頃、些細なことに何でも疑問を持ちたがり
「なんで?」「どうして?」と聞いてくることが多くなりました。
はじめはできる限り、疑問に答えてやっていたのですが、回数が増えるにつれ
だんだんエスカレートしてきて、正直ちょっと疲れてしまっております。
物事に対して疑問に思う気持ちはとてもよいことだとは思うのですが、あまり
こう頻繁に聞かれると、なかには答えられないものもあるので、困ってしまう
状態です。
同じような経験をお持ちの方、またはそうでない方でも構いませんので、何か
よい方法などありましたら、アドバイスいただけたらと思います。
どうかよろしくお願いいたします。

ユーザーID:1450992973

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 質問返し!

    なんにでも疑問を持つってことはとてもいいことだと思いますよ。
    よくぞ、そこに気がついた、と褒めてあげたいです。

    とはいえ、毎日質問攻めは大変ですね。

    私のむすこの時は
    「じゃぁ、あなたはどう思う?」
    と自分で考えさせるようにしました。

    分からなければ本で調べたり、インターネットで調べたり。

    けして
    「そんなのわからないわよ、忙しいんだからあとにして!」などと冷たい対応はなさらぬように・・・

    頑張ってくださいね!

    ユーザーID:3742491985

  • まさしく!

    自身がそうでした。
    5〜6歳の頃だったので、トピ主さんのお子さんと同じぐらいですね。

    私は、辞書を買い与えられました。
    小学生用の辞書で、引き方を教わり「自分で探してみなさい」と。
    小学1年の時には持っていた記憶があります。
    元々本好きだったためか、文字にませた子供だったようで、
    辞書に書かれてることを読むのに困難は感じませんでした。

    そして、父はある一言を。
    「辞書がボロボロになるほど使えたら、ものすごく頭がよくなる!」と・・・
    褒められたくて、必死であれこれ引いた時期もありました。


    今でも辞書好きです。
    読書も好きですが、辞書を読む?のも好きです!

    ユーザーID:2002411369

  • 「どうしてだと思う?」と逆に聞いてみて

    ああ、うちにもいました。平成の“ナゼナニ坊や”が。
    (アニメ一休さんにいたんですよ〜笑)
    何か言うたびに「なんで?」「どうして」攻撃!
    正直疲れますよね。

    でもいつも正確な答えを言う必要はないんです。
    「そうね〜どうしてだろうね〜」と受け流したり、
    「あなたはどう思う?」と逆に聞いてみたり。
    子どもの自由な発想で面白い言葉が聞けると思いますよ。
    たまにはからかって「もしかして魔法使いが魔法かけちゃったのかも〜?」なんて言ってみたら会話も楽しいですよ。

    不思議に思う気持ちは子ども特有のものだし
    その好奇心をつぶしたくはないと思うけど、親だって百科事典ではないのだから、何でも知ってるわけはないんですよね。
    一緒に「不思議だね」「面白いね」と楽しんでみてはどうでしょう。
    そんなに長い時期ナゼナニ坊やが続くものではないですよ。

    ユーザーID:6690139105

  • 恥ずかしながら

    私は聞きたがりっ子だったそうです
    私への母の対策は音読させる事でした。
    すると質問は自然と本の内容が増えるので答えられるものも多く
    又、「Aちゃんはどうして泣いちゃったの?」と言うような質問に関しては
    逆に「どうしてだと思う?もう一回少し前から読んでみようか」と返す。
    そして答えを導き出せた時はしっかりと褒め
    間違っていても否定せず「お母さんはこう思うけどどうかな?」と親子の対話にしていたそうです。
    家にある絵本だったら先に目を通しておけば、聞きにくい子供の音読中は自分の考え事をできたとの事。
    音読は黙読に対して時間がかかるのでその間質問が来ないのもGoodだったようです。

    大人になってそんな話を聞いて「そうだったんだ!」(笑)
    でも、いつも台所で洗い物をしていた母の横で音読するのは楽しかった事。
    読み終わると必ず褒めてもらって嬉しかった事。
    そのお陰か読書好きで国語の成績はちょっと自慢できる子に育ったこと。
    自分で考える力がついたこと。
    今となっては音読させてくれた母に感謝しています。

    全ての子供に有効だとは思いませんが一案として・・・♪

    ユーザーID:7301245107

  • お子さんの気持ちに応えるだけで・・

    好奇心旺盛なお子さんは将来楽しみですね。

    でも、あれこれ聞かれて困惑される気持ちはわかります。まじめに答えようとする良いお母さんなのですね。

    でも、おとなでも、親であっても万能ではありません。例えば、語学や、政治経済・科学と幅広く答えられる人はいないと思います。

    なので、タイトルのように、「答える」=正解を教える、ではなく「応える」=知りたいという気持ちに寄りそう・・と考え方を変えられてはどうでしょう?

    もし、ご自身で即答できない難問や、まだ、一年生のお子さんが知るには早い・・と思う質問には、お母さんが「なぜだろうね?」「どうしたらいいんだろうね?」といっしょに考える姿勢を見せるだけでいいのではないでしょうか?

    案外、子供は深く考えずに口にする場合もあると思います。それでも、「お母さんが耳を傾けてくれた」という事実が大事な時期では?

    何年かたって「あぁ、そうか」と自然にわかる問題もあると思いますし、「一年生では解けなかった問題がわかるようになったね」と成長を喜べたらいいと思います。

    「もう、聞かないで」と遮らず、会話を楽しんでくださいね。

    ユーザーID:6400609574

  • いいことですよ

    何でも聞きたがりの子
    というのは、好奇心旺盛で頭のいい子です。
    将来は、勉強の大好きな子になります。

    「これは何だろう?」「何でこうなるんだろう?」
    自分の頭でよく考えて自分で判断する人になれます。

    何も困ることないでしょう?
    せいいっぱいお子さんの疑問に答えてあげてほしいです。

    ユーザーID:6909822593

  • うれしいんだけど

    なんにでも疑問を持ったり知りたがることは、成長が見えてとても嬉しいんですが、同時に大変ですよね。
    うちも答えた回答の中から、またも質問が飛び出し・・・で、なかなか話が終わらなかったり(汗)
    で、最近よく使う手が「自分で調べてごらん」です。参考になりそうな図鑑を購入したり、図書館で本を借りてきたりします。それを読んだりする中で自分なりの回答を見つけたり納得しているようです。
    それでもどうしてもわからないものだけ、親がネットを駆使して調べたりしています。

    ユーザーID:4822988564

  • 自分で調べさせる方向に努力中です

    何でどうしてとうるさい年長児がいます。
    答えが出せるかどうかはともかく、疑問を受け止める努力だけはしてますが、
    質問回数多すぎて限度がありますよね。

    「あなたはどうしてだと思う?」
    「そうだね、こういうときはこうなるし、ああいうときはああなるね。
    あ、じゃあこういうときはどうなるかな?(とか言って根源的なところから気を逸らせる)」
    「面白いね。ちょっと待ってね、調べるから(私が暇なとき)」
    「神様がそう決めたんだよ(私が忙しいとき)」
    等の返し方はありますが。それでも時間を取られる取られる。

    どうすりゃいいかよく分かりませんが、
    好奇心旺盛な子は本にも好奇心ありますから、
    とっとと自分で調べる方に持っていこうと思ってます。
    ウチは振り仮名ふってあれば結構なんでも読むようになったので、
    大好きな地理関係、乗り物関係は図鑑や本を適当に与え、
    自分で調べるようにしちゃってます。
    私はそっち方面では全く役立たずなので、聞きに来ません。
    他の分野も、詳しめの振り仮名付図鑑・本を借りたり買ったりしてみて
    自分で調べる姿勢が出てくるように仕向けてみてます。

    ユーザーID:3823346991

  • 普通です

    困ってしまうのはあなたが大人だから。
    子どもはどこを見てもまだまだ知らない事ばかりなんだから当たり前!どうして?何で!?と思うのは、いたって普通です。好奇心旺盛でいいじゃないですか〜お利口ですよ〜あなたのお子さんが成長してる姿じゃないですか♪喜ばなきゃ!私達大人はつい、面倒くさくなりがちですが温かい気持ちで子ども目線で懲りずに付き合ってあげてください〜そのうち自然と自分で考えて理解するようになるはずです。

    ユーザーID:4485714601

  • 教材などを取り入れてみたらどうでしょう?

    うちの子もなんで?どうして?病です。
    大人にとっては当たり前のことが、子どもにとってはとても新鮮でどうしてなのか気になるんでしょうね。
    その気持ちは分からなくもないですが、大人にとってはちょっと負担になることも多いですよね。
    私もそうでした。
    でも、友人が「知の翼」という通信教育を教えてくれて、助かりました。
    これは体験型プログラムなどもあって、親子で参加できるから、楽しく学ぶことができますよ。
    子供の疑問に、親も一緒に勉強しながら答えることができるので、私は気に入っています。
    こういう教材などを取り入れると、悩みが少し解消されるかもしれませんよ。

    ユーザーID:7313288404

  • ありがとうございました

    皆さん、私の些細な悩みに対して丁寧なアドバイスをいただき
    ありがとうございます。

    >ぺこもんさん
    質問返しというのはいいですね、できれば自分で考えるという
    ことも大事ですよね。
    忙しいんだから…は、つい口に出して言ってしまいそうですが
    そこはぐっとこらえて、気をつけたいと思います(笑)

    >ぽんぽんさん
    ご自身の体験なのですね。
    自分専用の辞書を買ってもらうと嬉しいし、それに自分で調べようと
    いう気持ちも出てきますよね。
    文章を拝見して、お父様の愛情も伝わってくるようなお話で、何だか
    温かいものを感じました。

    >ぱんくまさん
    そうですね、一緒に楽しみながら考えるのはいいですね。
    確かに、頭の中が百科事典みたいな親なんていないですよね(笑)
    あまり気負わずに、子どもと一緒に楽しんでやっていきたいと
    思います。

    >十六夜さん
    音読というのは思いつきませんでした。
    やさしそうなお母様の姿が目に浮かぶようです。
    我が子は音読は得意な方ではないのですが、今度ぜひ、やってみたいと
    思います。

    ユーザーID:1450992973

  • ありがとうございます(続きです)

    >応援団ママさん
    いえいえ、まじめな方ではないのですが(笑)、せっかく疑問に思ったことを
    答えてやらないのも、よくないかなと…
    深く考えずに口に…というのは確かにあるかもしれませんね。そうですね、
    親が自分の話をちゃんと聞いてくれているということが、子どもにとっては
    大事なのですよね。

    >めい。さん
    勉強の大好きな子…ぜひなってほしいです(笑)
    頭の回転は速い方かなと思いますが、勉強はというと、机でじっとしているより
    何か他のことに夢中だったりお喋りに一生懸命になってしまって、宿題はしなくて
    いいの…?という感じでして…。
    (逆に小学生のうちから机にかじりついて勉強ばかりしていたらかえって変というか
    子どもらしくないですよね 笑)
    なぜ?なに?の子どもの好奇心をつぶすことのないよう、私も一緒に考えながら
    接していきたいと思います。

    ユーザーID:1450992973

  • ありがとうございます(続きです)

    >らいるさん
    そうそう、そうなんです、話が終わらないんです(泣)
    図書館を利用するというのはいいですね。たくさんの本の中から目的の物を探す
    というのも、楽しいですよね。
    私自身も、わからないことがあると時々ネットで調べたりしているので、面白いもの
    があると、子どもに話して聞かせたりしています。

    >しろさん
    年長さんで、すでに本がすらすら読めるのですね。すごいです。
    本なら、詳しいことが色々書いてあったり、図(イラスト)や写真でわかりやすく解説して
    あるものも少なくないので、大助かりですよね。
    これなら本好きにもなると思うので、一石二鳥(?)ですね。

    ユーザーID:1450992973

  • ありがとうございます(続きです)

    >繭さん
    自分も子どもだった時期があったのに、いざ自分が親になってみると
    子どもの目線で一緒に考えてやることをついつい忘れがちになって
    しまいます。
    だけど子どもにとっては、知らないことはとっても新鮮で、きっとわくわく
    するような気持ちなんでしょうね。
    そういう子どもの気持ちを親はきちんと受け止めて、接していくことが
    子どもが成長する上で、とても大事なんだなと改めて感じました。

    >そばかすさん
    通信教育というと、子どもが一人で取り組むというイメージがあったのですが
    親子で一緒にやる教材というのがあるのですね。
    こういった教材を使うというのも手かもしれませんね。


    もしかしてレスがつかないかも…と思っていたのですが、色々な方からの
    貴重なアドバイスをいただき、感謝しております。
    好奇心いっぱいの我が子ですが、私も一緒になって楽しみながら、さっそく
    アドバイスいただいたことを参考にしてやってみたいと思います。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:1450992973

レス求!トピ一覧