生活・身近な話題

北国初心者です。雪道の歩き方を教えて下さい!

レス16
お気に入り3

まりこ

話題

九州生まれ九州育ちのまりこです。
結婚を機に北ヨーロッパの某国へ引っ越して半年になります。

今から本格的な冬を迎えるにあたって不安なのが雪道を歩く事です。
冬の間は毎日、歩道に滑り止めの砂利が撒かれるのですが
私の住んでいる地域は坂道が多く、転ばないかとても不安です。
既に気温がマイナスになる朝晩は路面の凍結が始まっていて、
横断歩道(白い部分)はツルツル....
冬用の靴も二足用意していますが、完全に怖じ気づいています。

元々歩き方が悪いのか、雨の日すらツルツル滑っている私に
安全な雪道(特に下り坂)の歩き方を教えて下さい!
よろしくお願いします。

(ちなみに雪国育ちの夫にも聞いてみたのですが
物心ついた時から雪道を歩いているので上手く説明出来ないそうです...)

ユーザーID:1246367246

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数16

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 逆にすべる

    歩こうと思うとすべるので、

    逆にスケート気分で滑りながら移動すれば転びませんよ。

    といっても子供みたいにはしゃいでると恥ずかしいので、

    すり足?をイメージするといいと思います。

    いざ転んだときもすぐ手が出るように、手はポケットなんかに入れていてはいけません。

    ユーザーID:6220357585

  • お気をつけてくださいね

    急に雪国に住むことになったとのことで不安でしょうね。

    雪道を歩くコツですが
    1.小股で歩く(凍結路面は無理に足を上げず、速度を落としソソソッと静かに歩く)
    2.足裏全体で着地、蹴るようにする(かかとに体重が掛かるように着地しない
      また、つま先で蹴り上げない)
    3.下り坂は、身体の重心をやや前に置く
    4.できるだけ足元から目を離さずに、氷部分を避けて固まっていない雪の上を歩く
      (※ただ道をまっすぐ歩くのではなく、常に、安全そうな場所を選んで足を置く)

    こんなところでしょうか。
    靴はヒールのないもので、靴底に滑り止めがあるものを履きましょう。

    私の個人的なお勧めは、カンペールのペロータスというシリーズのスニーカーです。
    靴底がスパイクのようにイボイボになったゴム製なので、雪をしっかりかんでくれて滑りにくいですよ。
    (ツルツルの氷ですと滑りますが)
    しっかりした皮製で足も冷たくなりません。

    どうぞお気をつけて冬を乗り越えてくださいね!

    ユーザーID:2184459973

  • 生まれも育ちも北海道

    の私は、東京へ出てきて、自分の歩く姿のみっともなさに愕然としました。

    つま先加重・前傾姿勢で歩く様子がデパートの大きなガラスに映っているのを横目で見たとき、
    いったい何処のばばぁかと。

    北国の住民の皆様がそのようであるわけはないのですが、
    自分で見つけた理由は、
    「雪道・凍結路面で転ばずに歩くクセが抜けないから」
    です。

    かかと重心は間違いなく「スっ転び」ます、尻から。
    運が悪きゃ後頭部を路面にぶちつけます。
    身を守ろうとして肘のお皿を骨折する人もいます。

    慣れるまでは、
    「つま先加重・やや前傾」でいかがでしょう。

    ユーザーID:6519941632

  • ぺたぺた歩き

    基本は足の裏をぺったりくっつけ、ぺったり放す「ぺたぺた歩き」ですね。こころもち、かかとの方に力を入れる感じで。
    自然に歩く時は、かかとから入り、つま先に力を込めて地面を押し返す感じになっていると思いますが、つま先に力を入れると滑りやすいです。

    冬用の靴に滑り止めはついているでしょうか?
    裏がギザギザしている、あるいは鋲のようなものがついているタイプなら安心です。

    ユーザーID:3908286229

  • 重心が大事です

    冬道は怖いですよね。私がわかる範囲で。
    まず、片足を前に出しますが、その時普段のとおり何気なく歩き出してはスッテンコロリンです。
    重心が、前に出した片足の真上にくるように体重をのせて下さい。そうしないと、後ろにしりもちをつくか後頭部強打です。
    もう一方の足を出すときも同じです。

    重心は股の下ではなく、前に出す足の下にかけるというイメージです。極端に言えば前かがみのような感じです。

    横断歩道の白い部分は踏みません。またいで歩きます。つるっつるですものね。

    下り坂はあまり歩いたことはないですが、靴底に滑り止め付きのブーツなどで対応はできませんか。

    これくらいのアドバイスで申し訳ありませんが、無事に冬を過ごせるといいですね。

    ユーザーID:8270713611

  • 蹴らない

    実演した方がわかるでしょうが。

    何と説明するといいのか、難しいのですが、蹴るように歩かずに、真上から押さえるように歩くという感じです。

    ユーザーID:1259134975

  • そろそろ歩きで

    靴底が滑りにくい材質の履物を用意しましょう。
    万が一倒れて脳震とうを起こさないように、重心はやや前になさると良いです。
    どうぞ、お気をつけて。

    ユーザーID:9638167472

  • お手本はペンギン

    つるつるのアイスバーンの時は、
    かかと、つま先といったポイントに体重をかけるとツルッと滑るので
    足の裏全体を意識して、点ではなく面で接地するように歩きます。

    それから、雪国の人間は道路の光り方などで、滑る場所と滑らない場所が見分けられます。
    何事も経験ですから、3年もすればなれますよ。

    ユーザーID:0681861479

  • トピ主です。アドバイスありがとうございます!

    たった一日で沢山のレスをいただいて感激しています!
    皆さん、ありがとうございます。


    さき様
    滑りながら移動とは考えもしませんでした。
    凍った道は本当に怖いですものね。
    すり足のイメージで早速試してみます。
    アドバイスありがとうございました。


    マナティ様
    下り坂で重心をやや前に!なんですね。
    そのまま前に転んでしまいそうで怖い気もしますが
    勇気を持って足下に注意しつつ前重心で歩いてみますね。
    アドバイスありがとうございました。


    田舎モン様
    やはり重心は前に前に!なのですね。
    北国育ちの方でもやはり転ばないように気をつけているのですね。
    何も無い道を行くように普通に歩いているのかしら、と思っていました(すみません..)。
    間違いなく何度か転ぶとは思いますが、怪我をしないよう気をつけます。
    アドバイスありがとうございました。

    ユーザーID:1246367246

  • 引き続きトピ主です。アドバイスありがとうございます!

    don様
    確かに、先日濡れた落ち葉で滑った時は蹴り上げた時にツルっといきました。
    普通の歩き方ではやぱり滑るということなんですね。納得です。
    冬用の靴底はゴム底でギザギザしています。
    こちらで購入したので雪道仕様になっていると思うので大丈夫だと思います。
    「ぺたぺた歩き」挑戦してみますね。
    アドバイスありがとうございました。


    ペキン様
    重心は股の下ではなく...イメージできます!!
    やはり重心を置くポイントかなり大切なのですね。
    こちらの横断報道は黒白部分の幅が大きいんです。
    私は足が短くてまたぐのも一苦労ですが、
    重心を前に前に歩いてみたいと思います。
    アドバイスありがとうございました。


    ぺた凪様
    そうですね、口で説明するのは難しいですよね。
    夫も説明出来ない、普通に歩いてるよと言いますし。
    真上から押さえるように...やはり靴底全面でということでしょうか。
    踵からの踏み込みと蹴り上げは厳禁ですね。
    アドバイスありがとうございました。

    ユーザーID:1246367246

  • 引き続きトピ主です。アドバイスありがとうございます!

    .....様
    こちらで購入した冬用の靴は夫にも見て貰ったので大丈夫だと思います。
    ゴム底でギザギザの滑り止めが付いています。
    坂道で重心を前に置いて歩くのは、なかなか怖いような気もしますがチャレンジしてみます。
    転んで脳しんとうを起こしては元も子もないですものね。
    アドバイスありがとうございました。


    ぼん吉さま
    点ではなく面ですね。足の裏全体を意識して...やってみます!
    怖がらずに外に出て慣れる事も大切ですね。
    一年目ですので転ぶ事も多いと思いますが
    これも経験と思って怪我をしないようにペンギン歩きをやってみます。
    アドバイスありがとうございました。

    ユーザーID:1246367246

  • ノルディックの要領

    雪がほとんど降らない地域から、雪国へ移り住んだことが
    ある者です。

    私が雪道を走れるようになったときの感覚ですが

    1.太ももの筋力で足を上げる(地面は蹴らない&足首固定)
    2.重心を少し前に移すことで、足を前に出す
    3.軸足も地面を蹴らない
    4.垂直に着地
    (1.に戻る)

    こんな感じでした。

    下り坂に関しては、もろスキーです。
    靴でスキーをする感じです。

    歩きも危険ですが、車の運転はもっと危険です。
    ご注意下さい。

    ユーザーID:0405675029

  • 私の歩き方は変

    前に出した足はかかとから叩き落とす!氷を割る勢いで(笑
    斜め下前方に、ではなく、振り下ろして斜め下後方の向きで叩き付けるのです。
    蹴る際は、腰からひねり、つま先が後ろを向くように回転させながら。

    これは「滑ったとしても対処しやすい歩き方」で最速の歩行法です。
    「滑りにくい歩き方」ではありません。


    そして、もう一つ。
    「滑りにくい歩き方」は重心を低く、動きを小さくとなりますが、
    「滑っても対処しやすい歩き方」は、重心を高く動きを大きくするのです。
    ちょっと滑ってバランスを崩しても、その大きな動きの中で吸収してしまう、というやり方です。


    と、ここまではある程度勾配が緩い・或いは平らな所でのお話。


    きつい下り坂の場合、
    ・歩幅は足のサイズくらいに
    ・片足のみに体重を掛けずに、すり足で
    ・横を向いた方が実は楽(重心を越えて足を振るからバランスを崩しやすいのです

    上り坂では、自然と滑りづらい歩き方になりますので、あまり気にする必要はないでしょう。

    ユーザーID:2512324863

  • トピ主です。アドバイスありがとうございます!

    U-Turn様

    私と同じ状況だったのに雪道を走れるようになったのですか!?
    それはすごいです!なんだか勇気づけられました!
    残念ながらスキー未経験なので、その感覚はわからないのですが
    スキーの盛んな国に住んでいますので、是非トライして応用してみたいと思います。
    アドバイスありがとうございました!


    むー太郎様
    勾配の緩い坂道、きつい坂道どちらもあるのでとても参考になります。
    仰る通り上り坂は特に問題なく歩けますが、下りは大変ですね。
    こちらの人の歩き方はむー太郎様の「対処しやすい歩き方」に近いように思います。
    驚くほど大股で(足も長いですし)早く歩いています。
    まずは小股で重心を低く...ですね。やってみます。
    アドバイスありがとうございました。

    ユーザーID:1246367246

  • 私も北国在住です

    先週、こちらでも雪が降ったので、歩きながら考えてみました。
    爪先や踵から足を下ろすと、そこで重心のバランスが崩れるので
    土踏まずと爪先のあいだ辺りから着地するように歩くと、具合が良いようです。
    他の方々のレスにもあるように、重心と足の踏みしめかたがポイントなんですね。

    バランスを崩したときのため、膝がこわばらないように
    心がけながら歩くのも転倒防止になるとおもいますよ。
    同じ理由で、寒さに慣れないうちは厚着をして、
    なるべく温かい服装で外出するのをお薦めします。
    手足がかじかんだり、寒さに身をすくめて歩いていると、
    けっこう滑ったり転んだりしやすいんです。
    もし転んでしまうことになっても、クッションがわりになるわ!っていう利点も(笑)。

    余談ですが、滑り止めの砂利って時々ひどく大粒のものがあって
    うっかりそれをふんでしまうと、グラリときたりします。
    たとえヒールがなくても、かかとの幅のせまい靴をはいていると
    このグラリで捻挫したり、転倒したりすることもあるので、気をつけて下さいね。
    いよいよとなったら、靴修理の店で靴の外に付けるスパイクみたいな滑り止めも売っていますから、大丈夫!

    ユーザーID:8668037086

  • トピ主です。アドバイスありがとうございます!

    れいん様

    お礼とお返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
    皆さんからのアドバイスを元に日々格闘しています!

    偶然ですが「土踏まずと爪先のあいだ辺りから着地」しています!
    靴底全面を意識しすぎると、なぜか行進風になってしまい(笑)酷く疲れる時があったり、
    夫に「その歩き方、恥ずかしい!」と言われたり(私はいたって真剣なのに!)。
    そこで他の人を観察したり自分で試しつつ見つけたのが、れいん様の歩き方でした。
    今のところ一度も転んでいません!
    でも油断は禁物、お尻もダウンコートでしっかりカバーすることにします。

    滑り止めの砂利は仰る通り、時に仇となりますね。
    靴底(特に踵)の溝にはまってしまい、お店の床で滑ってしまったり。
    何もかも初めての事ばかりで大変ですが、せっかくなので楽しみたいと思います。
    アドバイスありがとうございました!

    ユーザーID:1246367246

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧