赤ちゃんの虫歯予防(アメリカ版)

レス9
お気に入り15
トピ主のみ1

ペンギン

子供

只今妊娠21週で在米の者です。質問がありトピを立てました。

日本では赤ちゃんに虫歯菌が移らないよう、食事の際に大人とスプーン等を共有しない、大人が食べ物を噛みくだいてから赤ちゃんにそれを食べさせることはしない等、常識になってますよね?日本のどこのウェブサイトを見てもそう書いてあります。
これってアメリカでは知られてないことなのでしょうか?
というのも、先日義理母(アメリカ人)にこの話をしたらたいそう驚かれて「聞いたこと無い」と言われました。ちなみに彼女は元看護師です(今はリタイヤしてます)。彼女が言うには、周りの親戚の子たちは皆、大人が口で噛みくだいたものを子供にあげたりすることはあると言うのです(まだその人たちの子供は2−5歳くらいなので大昔の話ではないです)。そうやって食事をするのは当たり前でしょと。「ま、色んな意見があるからね」と言うので「いや、日本ではこれはもう常識になっている」と話したのですが、信じてもらえませんでした。
この後、この件に関する英語のウェブサイトを必死で検索したのですが、それらしき事が書かれてるものは見当たりませんでした。フッ素を使うだの、歯磨きを徹底するだのしか書かれてなく、虫歯菌が大人から感染する内容は皆無でした(私の調べた範囲内で)。

今度検診の際にドクターに聞いてみようと思うんですが、結構間があるのでご存知の方がいたら教えてください。アメリカではこれは全然知られてない事なのですか??もし英語版のウェブがあるという場合、それも教えてください。義理母はかなり押しの強い人で自分が一番正しいと思い込んでいるので、赤ちゃんが生まれた後の育児が心配なのです。近くに住んでいるので、産後は手伝うに来る気満々なので・・(必要ないと言うつもりです)。夫は私の話を聞いて尊重してくれるので良いのですが。

ユーザーID:0746616253

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 信じられません

    成人している2人の子供を東海岸の都市でそだてました。義母はアメリカ人です。4人の甥、姪が身近にいます。また知人、友人の家族〔色々な国出身〕の子育てをたくさん見てきましたが、“大人が食べ物を噛みくだいてから赤ちゃんにそれを食べさせること”は見た事がありません。子供用には小さなスプーンを使っていますし。
    私は逆に、その様な習慣は古い日本のものだと思っていたくらいですから。その義母さんの出身地、または文化がそのような習慣を有するところなのでしょうか。万が一、義母がしたら私はきっとショックをうけて、義母に子供を触らせなかったでしょうね。

    ユーザーID:3735669595

  • 知られてます

    虫歯菌の存在と大人からの感染はアメリカでも知られています。

    義母様は看護師だったとのことですが、もうリタイヤされている年齢の方だったら知らないのもしょうがないような。

    私の周りの20−40代の親たちはほぼ全員知っていると思います。

    それにしても、トピ主様が一生懸命説明していうるのに信じてくれないとは、ちょっとこの先心配ですね。

    ユーザーID:6274568703

  • おおらかに!

    感染する虫歯菌はミュータンス菌です。これを調べれば色々でてきますよ。でもあまり神経質にならない方がいいですよ。私もある程度は気をつけて子育てしましたが、時々口移しやスプーンの使いまわし、してました。ただ私も主人もキシリトールガムを良く噛むようにしたりして自分達の菌を減らす努力と、子供もタブレットを与えたりして。歯が生えてきたら定期的に歯医者さんに見てもらい、親がしっかり管理すれば大丈夫!家の5歳の息子もじじばばにしっかり洗礼うけてますし、チョコ大好きですが虫歯ないですよ〜。

    ユーザーID:2099025637

  • 発想が違うのでは

    アメリカの水道水はフッ素が添加されてますよね。

    結局、ムシ歯菌を入れない、という鎖国思想ではなく、
    ムシ歯菌が存在するという前提で
    フッ素や歯磨きでムシ歯菌に負けない、防止する、
    というデンタルケアの方向性の違いだと思います。

    ユーザーID:4730623229

  • 知られていないと思う

    アメリカ在住です。
    私の周りでも「大人から子供へ虫歯菌が移る」なんて思っている人は居ません。
    アメリカ人夫も聞いたことないそう。
    義姉の子供が現在2歳ですが、口移し、スプーン等の使いまわしは当たり前です。
    口へのキスも当然のように皆がします。
    義母(50代前半)はディープキスもします。気持ち悪くて見ていられません。
    その子が生まれてすぐの時に義母は自分の唇を吸わせていましたし、
    2歳になった現在、二人でイヌのように舌と舌を「ベロンベロン」って舐めあったりするんです。 恐ろしいです。
    それを目の前で見ている義姉も全く気にしていません。

    お義母様の説得がんばってください。

    ユーザーID:2457524008

  • 追記

    誤解のないように追記させてください。

    こんな行動を取る義母ですが、アメリカに来たばかりの移民でもなく、
    教養があり、日本でも良く知られているアメリカの大企業で働く高給取りです。

    日本に居る友達は、子供が生まれてからスプーンのシェア等一切せずに
    大人の唾液が子供の口に入らないようにとても注意を払って育てていたのですが、
    そのお子さん5歳になった今、虫歯があるそうですよ。

    なので、神経質になりすぎてもどうかと思うし。

    でも、自分の子供だし、自分の意思を貫くのが一番と思います。

    ユーザーID:2457524008

  • アメリカ人には知られてないですね

    私も在米で、アメリカ人と一緒に仕事をしていますが、アメリカ人は本当にものを知らないです、、。大企業に勤めててもね。よっぽど大学院でも出て情報収集して海外に目を向けてるアメリカ人でなければ、カレッジや大学くらい出たアメリカ人だとびっくりするくらいにものを知らない。最近見てて、慣れましたけどね。義母さんは御歳のこともあるし、考えも変えようとしないでしょうから、英語のサイトでの歯の保護の仕方を書いたものをプリントアウトして、「ほら、ここに書いてあるでしょ」と見せるのが良いんじゃないでしょうか。お子さんを守れるのはお母さんのあなたです。頑張ってくださいね。

    ユーザーID:7899682265

  • レスありがとうございます

    トピ主です。色々なレスありがとうございます。
    ミュータンス菌で調べてみることにします。
    ちなみに私たちは中西部の大都市に住んでます。義理母も元看護婦でしたが、その後マスターを取りカウンセラーをしてました。リタイヤしても普段から勉強熱心で知識豊富です。だけどその知識全般が日本のものとはちょっと違うな、と最近思い始めてました(結婚してもうすぐ4年です)。
    赤ちゃんに何か食べさせる時は私が側にいる、徹底してスプーンのシェアと口移しはだめ、キスはほっぺまで、と言うつもりです。それでも虫歯になってしまった場合は仕方ないですね。臨機応変にやっていきたいです。
    どうもありがとうございました!

    ユーザーID:0746616253

  • 難しいです

    子育てを実際にすると分かりますが親や家族がどんなに気をつけても子供は他の子の飲み物を飲んだりしますので神経質になるほど価値ないです。うちの地域のラジオでは一応" It is contagious. Don't pass it on to your kids" とか流れていますのである程度知っている人もいると思います。でも食器をシェアしないから・口移しをしないから虫歯が減ったという確たるデータはないです。データがなくても感情的に行動する国とそうでない国の差です。ドクターに聞いたら「そりゃあ口移しないほうが良いに決まっている」と言うでしょう。後になって虫歯になって根拠がなくても自分のせいにされるのが嫌ですから。でもデータはないです。歯科医の定期健診をしっかり受けましょう。

    ユーザーID:9609660815

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧