• ホーム
  • 話題
  • 2012年12月22日に地球滅亡(駄?)

2012年12月22日に地球滅亡(駄?)

レス63
(トピ主1
お気に入り115

生活・身近な話題

ムーム

2012年12月22日に地球が滅亡するという噂があります。

理由としては

マヤ暦が終わる
フォトンベルトに突入しアセションできた人間が次元上昇する(?)
ノストラダムスの予言は正しく計算するとこの年月日
太陽フレアが爆発する

など意味の分からないものも含め色々ありますが・・。
また「2012」という映画も公開されますよね。

皆さんは信じますか?信じませんか?
または起こって欲しいですか?
生き残れるとしたら生き残りたいですか?
または起こるとしたら最後の日は何をして過ごしたいですか?

私の意見ですが、起こってもいいかなと思っています。
ここまで人間のエゴでいろんなものを苦しめてきたのだからそろそろ大きい罰が起こってもしょうがないのかなと。

地球は悪くないので人間だけが滅び、また一から生態系を作って
次はどんな生物が食物連鎖の頂点になるのか楽しみだなーなど思っています。

最後の日ですが、家族の好きなものをそれぞれ作ってワイワイと皆で食べ、
その瞬間は皆でそろって川の字になって寝ていたいですね。

皆さんの色んなご意見聞きたいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:9890283473

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数63

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 穏やかに・・・は無理だろうなー

    トピ主さんの「川の字」プランにとてもあこがれます。
    あと、これまでお世話になってきた人たちにありがとうと日ごろから伝えておくようにしよう。

    …だって現実はこうはいきませんよきっと。
    新井素子さんの「ひとめあなたに…」という本がありますが、絶対に各地で大混乱が起き、(全員が暴動を起こすとはいいませんが、起こす人が恐らくいて(自暴自棄になってしまうのも仕方ない))、それに引っ掻き回されライフラインも全て混乱、ネットもどうなるんだろう…という状況になるんじゃないかと思います。

    終わりがあるのは当然で、それは明日かもしれないし、今から1時間後に事故にあって死ぬかも知れないのに、「終わりはこの日なんだ」と思うことが愚か。
    常に、人間いつ死んでもおかしくないのだと思って、一日一日を大切に生きるのが大事なのです。

    説教くさくてすみません。

    まぁ日本もむかーしから「末法思想」とかいろいろありましたし、暗くなっても仕方ないですよ。

    ユーザーID:0671247544

  • よろしゅうございます

    確実に滅びるなら大歓迎。
    中途半端に壊滅状態の地球で生き残りたくないので確実にお願いしたいです。
    あと3年で終わるならどんなにかほっとすることでしょうね。
    老後の心配も病気の心配も親の介護の心配もないわけだし。
    努力したりがんばったりする必要もなくなり、気が楽です。
    3年後といわず、今日でも明日でもいいや。

    ユーザーID:2488068452

  • 遺伝子レベルでロケットで地球脱出

    よくあるSFの発想ですみません。

    コールドスリープが現実化しているのなら、誰かどこかの国がやりそうですが、まぁよくあるパターンで、「遺伝子だけロケットで脱出させる」というのが妥当な方法かと思います。
    けっこうはやりそうなビジネスですね…。

    地球が壊れてしまうのなら、生き残っても仕方ないです。
    壊れなくても人間が生きられない状況になりそうで怖い。

    >次はどんな生物が食物連鎖の頂点になるのか楽しみだなーなど思っています。

    古い地層から、今の現代人が使っていたもの(ゲームとか)や、本(ケータイ小説)を見つけて、どう評価されるのかと思うとかなり怖いです。
    あるいは全く違う用途だと解釈されたりしてね…。

    タイムカプセルみたいのも終末ビジネスとしてはやりそうですな…。

    ユーザーID:0671247544

  • 終末思想ですね?

    私はこの手のお話が大好きです。もちろん、私の中ではおとぎ話の域ですが。。

    さて、2012年12月にマヤの暦が終わる、地球が特殊な光の帯に入る・・・などで地球が滅亡する?!との内容ですが、その可能性はゼロではありませんよね。だって実際、地球は過去に何度も滅亡クラスの天変地異に見舞われてますし、この先、どんな自然災害が起こるか、はたまた隕石や小惑星が地球に衝突するかなんて誰にも否定できないわけですから。

    私はトピ主さん同様、滅亡したらしたで仕方ないかな〜と思います。それも自分の運命、愛する人達や一緒に生きた人達みんなで一斉に死ねるなら別に怖くありません。

    この手の話が出ると、決まって「そんなのオカルトだ〜バカが信じることだ〜」云々言う人が出現しますけど、頭から信じてる人の方が稀少でしょう。みんなオカルトだとわかって楽しんでいるんですよ、って思います。「上杉謙信は実は女だった!?」などの話と同じ感覚で楽しんでいるに過ぎません。それでも好きなんだからしょうがない。

    そして今、こういう思想が出てくる背景の方が興味深かったりもします。ともあれ、私は夢があっていいと思います。

    ユーザーID:3199322943

  • 予言ものは大好きです

    ちびまる子ちゃんと 同じ年代です。
    昔、はやりましたね。「ノストラダムスの大予言」
    その手の本は好きなので ときどき 読みます。

    言われているのは、日にちまで 指定しているから、
    ちょっと 気にしてその日を迎えるかも。
    「最後の日」ケーキなんか売ってたら、買って 家族で食べるかな。
    もちろん、ふつーに クリスマスケーキの予約もするけどね。
    たぶん、2013年になれば、次の予言がはやるのかな・・と 思いますが。

    ユーザーID:4050287054

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 楽しみにしています

    もし本当に起こるということがわかっていれば、数十年前から国連の関連機関などで既に危機管理・地球防衛など検討していると思います。その種の本には「既に準備を開始している」と書かれている本を数年前に書店で立ち読みしたことがあります。

    もし本当なら・・・既に数十年前から国会の動きに変化があると感じます。現在の国会にはそのような雰囲気は感じられないです。

    「暦が終わる」というのは、暦には周期がありますからそれがたまたま2012年12/23から新しい周期に入る(つまり新年を迎える)ということだと思います。

    フォトンベルトというのは、たぶん銀河系の中心から螺旋状にのびる腕のひとつに入り始める という意味かもしれません。防災に関する事典には過去の気候変化の原因のひとつとして「星間分子雲通過説」というものがあります。ただ、ある特定の日をもって入った・出た というものではなく数億年かかって出入りするスケールと考えられていますから、人類の歴史(数百万年スケール)からしてもほとんどわからないと思います。

    それよりも、新型インフルエンザの爆発的拡大のほうが脅威と感じます。

    ユーザーID:0998179467

  • 1999年7の月は過ぎて

    まあ地球が1日で滅亡するとすれば、直径数十kmから数百kmの天体がぶつかった時でしょう。でも今は数mの天体まで観測できるようなので、そういう情報はないようです。

    あとは今保有している核を一斉に爆発させた時。これでも壊滅は都市部だけでしょう。全人類が1日で滅亡する訳でもないです。

    人類が滅亡するとすれば、DNA的なことでしょう。将来は男性が生まれなくなるようですし。今の人口爆発のあと、人口は徐々に減っていくと思います。表面的には人類が最強ですが、いずれ人類は抵抗力もなくなって最も弱い生物になると思います。

    あと1000年は大丈夫だと思いますが、100年後の世界も想像できませんね。特にこの50年で世界が大きく変わりました。日本だって150年前はちょんまげを結っていたんですから、今の世界は想像できなかったでしょう。

    ユーザーID:0736405100

  • 大事なこと

    地球が消滅しなくても、全人類が死滅しなくても、突然あなた自身がこの世から消滅することはあります。突然家族の誰かがいなくなることもあります。

    事故とか病気で死ぬのは嫌ですね。老衰で死にたいものです。
    いつ自分が死んでもいいように、いつ家族が亡くなってもいいように、日々を大切に生きたいものです。

    とは、思うのですが・・・今日も昨日と同じ。何も変わらない日々。でも何ごともないのが幸せなのかも。

    ユーザーID:0736405100

  • 生き残り組はいやだ

    結局何も起こらないとも言われていますがどうなんでしょうね。

    淘汰される方がいいです。


    あと三年で死ねると思ったらわくわくします。

    ユーザーID:3044322528

  • TDLでフィナーレ

    地球滅亡の一カ月前から派手に遊びまくりたいですね。
    家族全員でTDLとかで遊びまくり夜はTDL内のレストランでおいしいものを食べまくり、夜は夫とバーでお酒を飲んでハッピーに。
    それで、家族全員で、ありがとう、楽しかったね!じゃあ天国でね!と
    挨拶を交わした後、睡眠薬を飲んで眠りにつきます。

    生き残りたくないです。だって貯金使い果たしちゃったんですから。

    でも、生き残る可能性があるというのなら子供達だけでも安全な場所があるなら移動させてあげたいです。

    ユーザーID:7527897989

  • 地球は滅亡しないよ。

    地球は滅亡しません。アセンション(次元上昇)するんです。別の次元の世界にいくわけだから、そういう意味では人類な消滅する可能性はあります。これらの言葉で検索すると情報たくさんあります。

    ユーザーID:4592259572

  • その手の話は全く信じませんが

    もし本当に滅亡することが分かっているなら社会は今のように機能しなくなると思うので、自給自足できないサラリーマンの私は、滅亡の日を待つことなく死んでしまうと思います。

    ユーザーID:0258713740

  • 確かに

    地球上にヒトという哺乳類は繁殖しすぎですね。

    でも、なんだかその計算もアホな哺乳類が考えたものであって、犬やアザラシが聞いたら笑ってしまうでしょう。地球のほかの生物のためには、ヒトという種類が絶滅するのは賛成です。

    そうですね。お風呂に入った後、友達と語っていたいですね。

    ユーザーID:8471619004

  • 達観はできないなぁ

    夢も希望もなくて申し訳ありませんが…

    だって、即死って可能性のほうが低い気がして。
    意識のあるまま=生きながらにして焼死とか圧迫死とか、そういうケースの方が多いと思うんですよね。
    一気に滅亡となれば天災でしょうから。
    それに、そんな大規模災害ならば、現代科学では兆候くらい掴めるだろうから、絶対パニックや暴動も起きそう。
    寿命は如何ともし難いですが、できれば阿鼻叫喚の中で命を落としたくない…
    タイタニック号の楽団員の境地には、とてもとてもたどりつけそうもありません。
    生き汚いんです、私。

    ユーザーID:6283630842

  • ちょっと疑問

    >ここまで人間のエゴでいろんなものを苦しめてきたのだからそろそろ大きい罰が起こってもしょうがないのかなと。

    そうかなエゴですかね?
    人間だって生物、生きるのに必死であたりまえじゃないのでしょうか。
    人間以外の生物のほうが、エゴ丸出しだと思います。

    でもこの手の話は好きです。
    フォトンベルトの話を最初聞いたときは、大笑いしましたが、最近オリオン座のベテルギウスが不安定になって、そろそろ超新星爆発する話を聞きました。
    大きな恒星の最後は超新星爆発を起こし、大量の放射線を出すそうです。
    γ線バーストといわれ、10光年以内にある星は深刻な大打撃をうけるという話です。
    そろそろっていうのが10年なのか、1000年なのか1万年なのかわかりませんが、電磁波ととらえれば、光もγ線も同じようなものですから、無いことはないと思いました。

    地球にとっても宇宙にとっても、人間なんかどうでもよい存在なんでしょうね。

    ユーザーID:3280385440

  • 明日でもいいですよ〜♪

    もっささんと同じです。もう病気で苦しむ事もない。人の手を煩わせることもない。悩みや愚痴もなくなる。良い事だらけじゃないですか私には。。。

    2012年まで待たなくていいですよん、、明日にでもお願いしま〜す。



    こう言うのいいですね〜。何だか気が軽くなります。

    ユーザーID:0207307934

  • それって本当にどうなるのか・・・

    霊能者の人とか言ってますよね。人間の身勝手な行動に太陽さんが怒っている、このままでは2012年12月に地球は滅ぶ・・・みたいなことを。


    でも私もこんな世の中滅んだほうがいいんじゃないかと思います。

    政治家も自分の私利私欲しか考えていないし、企業だって同じ。地方に必要の無い大型ショッピングモールを作ってばっかいます。
    営利目的の乱開発です。大型ショッピングモールができれば、それだけ電気も増えるし、回りに輸送の大型倉庫や、トラックなど増えて買い物客の車の渋滞。

    二酸化炭素を増やすことばっかですよ。なにがエコですか?笑っちゃう。

    それでも優しい事や人に出会うとまだまだこの世の中も捨てたもんじゃないなって思う自分もいます。

    日本って人が多すぎだと思いますよ、だからギスギスイライラするんじゃないですかね?




    話はずれましたが、結論はその日になってみなきゃわかんないって事ですね。

    小悪魔の蝶々さんのブログみれば何かわかるかもしれません。2008年に2009年は大変な年になるって予言して当たってますから。

    ユーザーID:6854606150

  • 地球消滅の日は来ます

    地球ができて約45億年、太陽はだんだん大きくなっており、あと45億年ぐらいすると地球は取り込まれて消滅するそうです。人類がこの宇宙に存在した痕跡は跡形もなくなります。なんまいだーさんが書いているように、遺伝子だけ宇宙空間に放出しておけば、いつかどこかで宇宙人に拾われて人類は再生されるかも(宇宙人のいいなりかペットにされたら悲しー)。

    ユーザーID:8682020076

  • どのようにして地球が滅亡するかを考えました

    太陽が突然活発に活動するようになる、というのはこれまでの経過を見る限りあまりありそうにありません。

    隕石の衝突も、正確ではないですが直径が数十メートル以上の衛星の動きは正確に把握されているのではないかと思います。

    核の使用も、オバマ大統領の演説もありますし、現状でどこかの国が使用したらその国は全世界から叩き潰されると思います。

    後は、何か科学の進歩が思わぬ結果を招いてしまう可能性ですが、例えば加速器から大きなブラックホールが形成され地球が飲み込まれてしまう。核融合の制御に失敗して地球が小さな太陽になってしまう。地球温暖化が進み、環境の復元力の限界に達し温度が加速度的に上昇してしまう。人間が増えすぎて、ヒトを宿主とする強毒性のウイルスが爆発的に増加する。研究の過程で思わぬ有毒な遺伝子が環境に放出されてしまう。

    日にちが指定されていますし、素人の域を出ず、どれも否定されると思いますが、科学の進歩が早すぎて気が付いたら手遅れになっていたということはありそうに思います。

    少なくともここ数十年で人類が終末にならないことを願っています。

    ユーザーID:9442666267

  • なんとなくですが

    次元上昇はすでに始まっているかんじがします。
    今、生まれている世代は、わたしたちとはなんとなく違う気がします。もちろん見た目は同じですが。

    この子たちは多くが100才を迎えるでしょう。
    わたしたちとは、意識のスタートラインも違うのです。

    わたしは次の世代に期待します。
    旧世代の最後は、新世代の幕開けという意味だと思います。

    ユーザーID:9758198298

  • ほう

    そんな諸説があるのですね。自分無知だなあ・・・。

    ノストラダムスの大予言は、別に地球が滅亡するとは言っていないそうですよ。
    あとのことは・・・すみません、なんともいえません。あとで私なりに調べてみます。
    でも人間のエゴで他の動物も滅んでしまったらたまったものではないかも。だって地球って人間だけのものじゃないでしょうから。人間だけが滅びるのは・・・他の新生命が人間を淘汰する、という結論しかないかも。あとは致死率が高い感染症が蔓延することとか。単純に生殖が不可能なことになったり。
    もしくは、人間自体が地球を滅ぼすというほうが、妙に納得いくような。

    そうですね。
    自分には1歳の子供がいるので、その日にはこの子は4歳です。
    地球が滅びるその日まで
    「大丈夫。あなたもお母さんもお父さんも、誰も死なないよ。いつまでも幸せに暮らすんだよ」といい続けます。

    ユーザーID:5859179601

  • 期待でワクワク

    人類はこれだけ地球を破壊し続けたんですから人間だけが滅亡しても良いと思います。凶悪犯罪者は苦しみながら、良い事をした人は穏やかに息を引き取ってもらいたいものです。いずれにしても人類が絶滅したのを確認して、私は最後に死にたいです。

    ユーザーID:0178794556

  • 199エックス年さんに同感

    貯金を使い尽くそうと先を争って引き出され銀行は潰れてしまいますし
    あとわずかで地球が滅亡するのに真面目にスーパーで働く人もいないでしょう。

    お金を使いたい人ばかり増え、真面目に物を売ろうとする人は減るので
    急激なインフレになってお金は紙くずになるでしょうね。

    ユーザーID:8749892973

  • 大歓迎!

    私は40歳の者でして、只今人生の折り返し地点。
    はいはい。もう先が見えてる状態なんで夢も希望もありません。
    残した子孫も幸いな事に居ませんし、毒親の介護もしなくて済むし
    地球が2012年に滅びるの大大大歓迎です、ってか明日滅亡しても良いんですけどね。

    ユーザーID:7860397110

  • 地球が滅亡した時よりも

    滅亡しなかった時の方が、逆に怖いかなぁ。


    あれ、滅亡するって言ってたのに、滅亡しなかったじゃん!
    ヤバい!

    みたいな。笑

    ユーザーID:8724891744

  • えっ?そりゃタイヘンだぁ〜〜!

    すぐメールして、夫に帰って来てもらわなきゃ!
    アレッ?あと3年あるのかぁ〜?びっくりしたよ〜!
    教えてくれて、ありがとう。ダラダラ生きるトコだった。
    今晩、ゆっくり身の振り方を考えよ〜っと♪

    ユーザーID:6428267124

  • それは人間に対する警告!

    と、思っています。
    現代の人間は、日々地球を痛めつけていますからね。

    日常の廃棄物、使用済みの電気・電子機器、原子力の廃棄物など、地球を焼却場の如くにモノを捨てていますからね。
    地球が悲鳴を上げるのは目に見えています。
    地球の温暖化は人間のエゴの結果です。
    今のうちに何とかしないと、いつかは地球に人間を住まわせてもらえないことになるかもしれませんね。

    そのガイドラインが2012年ということなのでしょう。

    マヤ暦では一年の終わりは7月25日が時間を外した日ですから、2012年の12月22日という根拠はちょっと違うと思いますけど…。

    ユーザーID:5885390909

  • 起こってほしいような…そうでもないような…

    微妙なとこですね。

    起こるのだとしたら生き残り組には入りたくありません。

    それから最後の日にはうちもトピ主さんの家みたいに川の字で安心して眠りにつきたいな。

    でももううちの家族バラバラみたいだから…それも夢かも…3年後によくなってるとも思えないし…大人になるって寂しい。独身だし友達もいないしひとりでその日を迎えるのかも。

    それならばたったひとりで布団の中でじっとしていたい。12月となると寒い?のだろうし(それとも滅亡直前だから気候もメチャクチャ?)…湯たんぽでも入れてのほほんとぬくまっていたいです。

    ユーザーID:7093183263

  • だといいな。

    子供も出来ないし、夫は大好きだけど、二人で同じ時に死ねるなら・・・

    ユーザーID:3695917308

  • 終末予言がてんこもり

    ついこの前、

    「トンデモ超常レポート傑作選」

    という本を読みました。
    著者はと学会運営委員でもある志水一夫氏。

    この中に、有史以来の終末予言が実にたくさん紹介してありました。

    いやあ、ずっと昔から実に何回も「世界滅亡」って予言されてきたんですね。

    2012年も書いてありましたよ。あまり大きくは取り上げて無かったですが。

    現在からずーっと先の年代の終末予言もたっくさんありますよ。

    興味をお持ちでしたらぜひご一読を。

    ユーザーID:3540751896

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧