• ホーム
  • 健康
  • お知恵をお貸しください(余命半年の義祖母のために出来ること)

お知恵をお貸しください(余命半年の義祖母のために出来ること)

レス9
(トピ主3
お気に入り7

心や体の悩み

マカロン

妊娠8ヶ月、小学生と保育園児の母(34歳)です。
肺に水が溜まったということで大好きな義祖母(93歳 敷地内別居)が入院しました。検査の結果ステージ3の肺癌ということが分かり、余命半年から1年だろうと今日話を聞きました。このまま入院し続けるか、家に帰るかは本人と家族に任せるということでした。義祖母も帰りたいと口にしてはいましたが、今後は酸素をはずせないと分かると、家族に迷惑をかけられないからと、帰りたいと口にしなくなりました。私の勝手な希望を言うとするなら、1月に生まれる子供の顔を見てほしい。4月に1年生になる娘のランドセル姿を見てほしい。(どちらも本人の強い希望です。)しかし、新型インフルエンザや、これから始まる冬(豪雪地帯です)を考えると、すぐに家に連れて帰ることが最良の選択とは思えずに、悩んでいます。
義祖母は口内炎がひどく物もうまく食べられません。今の私には、毎日病院に顔を見に行くことしかできません。県外から嫁いで来た私を誰よりも早く受け入れてくれた義祖母には、どんなに感謝しても足りません。
何か私に出来ることは、毎日そればかりを考えています。
同じような経験をされた方、是非、お知恵をお貸しください。
よろしくお願いします。

ユーザーID:1428393197

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • よいお嫁さんですね

    実の親でもなかなかそのような言葉が出てこない私は恥入ります。1日でも長く生きられますようお祈りいたします。

    ユーザーID:7634006940

  • 介護を続けることが最後の親孝行。

    そういう状態なら入院したほうがいいでしょう。毎日、病院に通って介護を続けることが最後の親孝行だし、できれば念願の1月に生まれる子供の顔を見せてあげて、4月に1年生になる娘のランドセル姿も見せてあげることができたらいいですね。義祖母さんはもうすぐ故郷のあの世に帰るのです。

    ユーザーID:5361655635

  • お手紙はいかがでしょう?

    マカロンさん、お優しいですね。
    病院にお手紙を出してはどうですか?
    病棟、病室番号を書けば届きますよ。
    お子さん達ももう書けますよね。
    絵だって良いんです。
    何度も見返すことも出来喜ばれるのではないでしょうか?
    ハガキやお手紙なら毎日だって出せますしそれを心待ちにしておばあさまも頑張ってくださるのではないでしょうか?

    ユーザーID:6957988962

  • 素敵なご家族ですね

    感激しました。トピ主さんの思いやりと感謝の心に。「実の祖母」かと思ったら、「義祖母」なんですね。余計に感動いたしました。何て素敵なトピ主さんなんでしょう。そして、もちろん、トピ主さんを取り囲む家族みんなが深い愛情で繋がれた、温かい家族なんだろうなぁと思いを馳せました。

    春になったら、生まれたお子さんとランドセルを背負った娘さんと病院に行くだけで、それだけでもう、おばあちゃんは(他人ながら失礼でします)十分幸せを満喫できると思います。トピ主さん、焦らないで!
    「今の私には、毎日病院に顔を見に行くことしかできません。」という一行で、すべてトピ主さんの想いが伝わって来ました。「行くことしか」ではありませんよ。「会いに来てくれる」、それだけでおばあちゃんは嬉しいはずです。

    人は大切にされた分しか、人を大切にできない。
    そんな一節に出会ったことがあります。例え、おばあちゃんがこの世を去ったとしても、その存在を知っているトピ主さん、そしてお孫さんたちが元気で生き続ける限り、おばあちゃんも生き続けます。今は苦しいと思われますが、まずは元気なお子さんを無事ご出産なされることをお祈りします。

    ユーザーID:5002912442

  • 号泣

    父を思い出しました。

    私なりに意識して父に伝えたのは、血のリレーです。『遺伝』と言えばいいのでしょうか。
    「誰に似たのか〇〇(外孫にあたる私の娘の名前)も意地っ張りでさ、部活が大変なのに音を上げないんだよ〜私よりじいちゃん(私の父)に似たんだろうね〜大したもんだ〜」と。父は、酸素吸引しながらも目を細めて、それはそれは嬉しそうに聞いていました。
    始発・終電の孫娘の学校生活に、父も一瞬同化し、『じいゃんもがんばるか』ってね。孫娘が、中々見舞いに来れない事情も汲んでくれました。それくらい、自分の気質に似た孫娘が、可愛いだけでなく、『血が繋がった安堵』を感じているのを感じました。
    今の時代、ナンセンスかもしれませんが、『受け継がれる事』に生きた父に、『確かに受け継いだ私』が出来る事でした。

    前置きが長引きましたが、トピ主サマのお子さんがお祖母ちゃんと似ていることがあれば、そのアレコレを耳元で話して差し上げるのはいかがでしょう。孫にあたる、ご主人様の話でもいいかも知れませんね。
    そして何より、トピ主サマの義祖母さまへの思いを、忌憚なくお伝えなさって下さいな、と思います。

    ユーザーID:5797288106

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 自分の経験なのですが

    20年以上前の話ですが、母が余命6ヵ月と宣告されたました。
    まだ10代だった私は、自分なりに何が出来るか一生懸命考えました。
    ですが母は特別な事は望んでおらず、私たち残された家族が「いつも通りの日常生活」を送り、それを身近に感じる事を望んでいました。
    今思えば、母は病気になる前の「普通」の生活が恋しかったようです。

    参考にならないかもしれませんが、トピ主さんの義母さんもきっと特別な事は望んでないかもしれないですよ。
    どんなにやさしくても、いつもと違う態度だと、義母さんも自分の状況をその態度で確認しまうかもしれません。
    トピ主さんが義母さんを特別扱いせず、病人扱いせず、病気になる前だった時と同じように接してあげればいいのでは、と私の個人的な考えですが、そう思います。

    ユーザーID:3612909174

  • 皆さんありがとうございます。

    お礼のレスが反映されず、再度投稿します。
    貴重なお時間をさいてのレス、ありがとうございます。
    小学生の息子が新型インフルエンザに罹り、濃厚接触者の私は病院通いができなくなってしまいました。私自身妊娠中のため、はらはらした毎日を送っています。
    カサブランカさんのご提案にあったように、早速、子供たちのかわいい写真を葉書にし、しばらく顔を見に行けないけど心配しないようにと、病室の義祖母宛に送りました。絵が得意な息子にも、回復したら協力してもらおうと思います。
    家から出られないため時間もでき、義祖母の畑で収穫してしている子供たちの姿や家の周りで遊ぶ子供たちの撮り貯めた写真をフォトブックにしました。これなら何度も見返すことができるし、なんと言っても、ルイルイさんがおっしゃるように、畑での義祖母と子供たちは入院するその日までの日常だったので、何よりも喜んでくれると思います。
    かなさん 私は決していいお嫁さんではありません。食事の前の子供たちに少しチョコレートを食べさせたくらいで、文句を言う小さい小さい孫嫁です。笑って謝ってくれる懐の深い義祖母に何度も助けてもらいました。

    ユーザーID:1428393197

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 皆様ありがとうございます

    グリーングリーンさんのあせらないで、という言葉にハッとしました。何とかして、急いで感謝の気持ちを伝えなければ、と空回りしていました。まず息子のインフルエンザをしっかりとなおし、どうすることが義祖母にとって幸せかということを家族で話し合っていきたいと思います。
    人は大切にされた分しか、人を大切にできない。
    心に刻んでおきます。義祖母が伝えてくれたものを子供たちがしっかりと受け止められるように。元気な赤ちゃんの顔を見てもらえるようにい私も、頑張ります。
    モザイクさま お父様のお話ありがとうございます。息子は私に激似のそっくりさんですが、義祖母は、眠った顔が夫にそっくりや、後姿がそっくやと言って本当にかわいがってくれています。「血のリレー」実感しております。子供達の話、夫の話、顔が見に行けるようになったらしっかり話してこようと思います。
    息子のインフルエンザが回復したら、けんけん様のおっしゃるように毎日の病院通いを再開したいと思います。
    とにかく、あせらず、過剰になりすぎず、涙をみせず、自分にできることを最大限にしていきたいと思います。
    みなさま、本当にありがとうございます。

    ユーザーID:1428393197

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 夕方、旅立ちました。

    本当に急なことですが、夕方、子供、孫、ひ孫に囲まれて、静かに息を引き取りました。
    16日に外泊許可が出たため、歩く練習を、と思って、自分でトイレに行こうと思った際、転んで圧迫骨折して帰れなくなってしまいました。
    その後、熱が出て、下がらずに、あっという間に逝ってしまいました。
    幸いにも、子供のインフルエンザが治り登校許可も出たので、熱が出る直前に子供たちの顔を見せることができました。
    見ても見てもかわいい、と、目を細めて言っていたことが忘れられません。ああすればよかった、こうすればよかった、という気持ちにきりがありませんが、元気な子供を出産するために前を向いてがんばっていこうと思います。
    病室に送った葉書は本当に喜んでくれました。やっぱり、このトピをたててよかった。皆さんありがとうございました。

    ユーザーID:1428393197

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧