• ホーム
  • 学ぶ
  • 読み聞かせ歴が長い子どもに読む幼年童話

読み聞かせ歴が長い子どもに読む幼年童話

レス12
(トピ主5
お気に入り16

趣味・教育・教養

ヴァスティ

ご覧頂きありがとうございます。

上の子(姉)が生まれた11年前よりほぼ毎晩読み聞かせをしています。
今日は6歳幼稚園年長の下の子(弟)に読む本についてご相談させて下さい。

弟は姉の読み聞かせにつきあって隣におりましたので
それこそ産院から退院した日から読み聞かせに親しんでいます。

『おしいれのぼうけん』『ダンプえんちょうやっつけた』などから
『ふらいぱんじいさん』『もりのへなそうる』『いやいやえん』などへいき、
『エルマーのぼうけん』シリーズや『くまの子ウーフ』シリーズなど、
その後『ドリトル先生アフリカゆき』を経て
『大どろぼうホッツェンプロッツ』シリーズ、と読み聞かせてきました。

私自身が絵本や日本の昔話も読みたいのと
年齢的にも本当はまだ絵本の方が楽しめるのかも、などという思いもあって
何回かは絵本を読んでいるのですが、弟のリクエストは決まって幼年童話です。

ちゃんと分かってるのかな?と思い
読み聞かせの前に「昨日のお話はどういうお話だったっけ?」と聞くと
きちんと内容を理解した答えが返ってきます。

先週からは本人のリクエストで『ハリー・ポッターと賢者の石』を読んでいます。
ハロウィンでホグワーツ生の仮装をしたお友達がいて話題になり、興味を持ったようです。
まだ映画は見ておりません。

本人は毎晩とても楽しみにしているのですが、
ハリーはやはり自分で読めるようになった時に自分で読んだ方がより感動があるんじゃなかろうか、
もう少しハリーと近い年齢になってから読んだほうがより楽しいんじゃなかろうか、などと考えています。

読み聞かせ歴が長い、幼年童話が好きなお子さんには
みなさまどのような本を読み聞かせていらっしゃるのでしょうか。
ぜひご状況をお聞かせください。

ユーザーID:9027113459

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どっちも好き

    小3の娘は本が好きで、小1の頃は「大草原の小さな家」シリーズを読み聞かせさせられました。ローラとアルマンゾが結婚し家庭をもつところも読みました。主人公が近い年でなくても楽しんでいるようでした。自分でその後何度も読破しているようですが、私がけっこう感情移入したり声色を使い分けたりするせいか、「お母さんが読むのも好き」といまだに読んでくれと言います。ちょっと難し目の本だと、都度の解説を入れられるのもいいところです。

    私自身は読み聞かせてもらったことが殆どないのでよく分からないのですが、字を追うという作業なしで聞きながら想像を膨らませるのと、自分で字を追って読むのとはまた違う経験なのではないでしょうか。どちらも好きみたいです。必ず、また自分で本を開いてハリーポッターを読む時がくると思いますよ。ただ原作のある映画に関しては、必ず原作をはしょられているので(時間の制約上しかたないですが)、私は原作を読み終わるまではなるべく上の子には見せないようにしています。これがあまり本に興味のない下の子だと、映画で興味をもって初めて原作を読むということもあるので、順番が逆の方がいい時もあります。難しいです。

    ユーザーID:6669406164

  • もう読み聞かせは卒業しました

    佐々木マキのなぞなぞライオン、おれはレオ、は早口ことばや回文、しりとりが楽しいです。
    たつみや章さんのじっぽ、すずめぼうし、たかむらの井戸もお勧めです。
    ももいろのきりん、も、うちの子は大好きでした。
    エルマーの冒険、もいいですね。
    あらしのよるにも、何度も読まされました。

    ユーザーID:0454772683

  • 考えますよね

    私も11才、8才の息子達に、毎晩、読み聞かせをしています。
    始めは「ディズニーのお話絵本」「日本の昔話」などを喜んでいましたが、上の子が3年生の頃からは「ぼっちゃん」「銀河鉄道の夜」などの、いわゆる“名作”シリーズを読んでいます。昨年からは「赤毛のアン」シリーズを読んでおり、これは大変面白いようで「赤毛のアン」は「もう一回、始めから」を3回くらいやってます。アンの成長と共に、登場人物や心理描写がかわるので、私も大変参考になる事があります。
    最近では「ちびまる子ちゃんの百人一首」を一日一首読んでいます。
    学年が違うので、上の子用のお話(名作シリーズ)と下の子用のお話(10分で読める名作2年生とか)と、知っていたら文化的に面白い「神話」関係の3冊をそれぞれ5分から8分くらい読んでいます。
    お子さんのご希望に沿うのが一番良いのではないでしょうか?
    家の子供達は「なんでも良いから、お話して」と言っているので、もう少し、本に興味を持って、好きなお話を自分で見つけるなど、自主性が出てくれたらな…と思っております。
    私もどんな本を読み聞かせたらよいのか、興味があります。

    ユーザーID:2127467017

  • 充実した親子の時間なのでしょうね。

    年長さんでハリーポッターを楽しみにしながら聞けるというのはすごいですね。
    きっとトピ主さんの語りも上手なのでしょうね。
    我が家は10歳と8歳の二人ですが、やっぱり上の子が生まれてからほぼ毎日1冊は絵本を読めるように心がけてきました。
    うちの子達は富安陽子さんの本(絵本も児童書も)が大好きです。丁度タイムリーに今晩読んだ本が「かぐら山の大男」という絵本でした。
    文章が長いのでこちらは読むのが大変ですが・・(汗)
    「まゆとおに」シリーズ(こちらは絵本)も大好きです。

    「イーゲル号航海記」(こちらはちょっと高学年向きかな)「モンスターホテルでおめでとう」(低学年向き)あたりが今借りてあって自宅にある本で、両方とも最初の段落を読んであげたら待ちきれなくて自分で読んでるようです。(先を知っているのに読んでほしいらしくて寝る前に持ってきます。)

    落語の絵本もウケました。

    子供のおかげで私もここ10年で絵本と児童書をたくさん読んでいます。
    上の子の読書量についていけなくなりそうですが、共通の話題と趣味で楽しいです。

    ほかの人のレスを私も楽しみに読ませてもらいます!

    ユーザーID:3100604388

  • まだまだあるよ

    ギリシャ神話、日本の神話、
    グリム童話全集、イソップ童話、
    一休さんのとんち話とか、きっちょむさん、ほら男爵とか、
    うちも5歳で喜んで聞いていますよ。
    字は、教えていないのに、自然に読めるようです。

    後は子供向けの聖書物語みたいのもいいかもしれませんね。
    西遊記とか。

    これだけ読めば、あとは寝る前に一人で読むようになるでしょう(笑)。

    ユーザーID:7107997344

  • 他の方とかぶってたらごめんなさい

    羨ましいですね
    私の場合親が本嫌いだったので読んでもらった記憶が殆ど無く、
    親によると3歳くらいから自分で勝手に本を読み漁っていたそうです
    自分の経験で話すなら、ですが
    やはり本は自分で読んだ方が楽しいです
    例えば、読み聞かせをして、良いところで中断する
    『あとは読みたければ自分で読んでね〜』っていう感じでさりげなく本を置いてお母さんは家事やお仕事に行ってしまう。と言うのはどうでしょう?
    お子さんて好奇心の塊ですよね
    気になれば自分からドンドン読むようになるんじゃないでしょうか?
    ハリーポッターなら内容も簡単だし、今のうちに自分で読ませるのも良いと思いますよ
    数年後にハリーと同じくらいになってから(または大人になって)読み返すと、違う感動がありますから

    私が子供の頃読んで面白かった童話ですが(例に挙がったエルマーやウーフ、私も大好きでいまだに読んでいます!)
    ・龍の子太郎
    ・泣いた赤鬼
    ・黒猫ミケシュの冒険
    ・はてしない物語
    ・椋鳩十さんの童話
    ・モモちゃんとアカネちゃんシリーズ
    などが好きでした(というか現在進行形です)
    少しでも参考になれば

    ユーザーID:8629454346

  • 読み聞かせはいつまでも〜

    読み聞かせを卒業された方も多いようですが、本を自分で読むのと、読み聞かせで本の世界に入るのとではその楽しみが全然違うと思います!

    子供が成長すればするほどに、親子の時間は減ってきますが、時間の共有というスキンシップで一番手っ取り早いのはいつでもどこでもできる読み聞かせだと思います。どうぞみなさん、親子で本を楽しんで下さい!

    さてヴァスティさん!(嬉しいですね、このペンネーム。我が家でも人気のあったホッツェンプロッツに出てくるワニ犬ではないですか!)

    エンデの「モモ」や「はてしない物語」、リンドグレーンの「ミオよわたしのミオ」、「赤い鳥の国へ」、名作シリーズから(集英社から出ている子どものための世界文学の森はわかりやすく流れがいいです。気に入ったお話をあとで原作で読んでみると良いと思います)、「名犬ラッシー」「小公女」「小公子」「おおかみ王ロボ」などなど。ヴァスティさんとお子さんの気分で選んでみて下さい。

    我が家は9歳の娘ですが、NHKで『新・三銃士』を放映している影響で、『三銃士』を読んでいます。

    名作として受け継がれている物はやはりいつ読んでもいいですね〜!

    ユーザーID:4108210858

  • ありがとうございます

    こんなにたくさんのお返事ありがとうございます。嬉しいです。

    匿名さん
    「大草原の小さな家」シリーズ、いいですよねぇ。我が家にもありますがまだ読み聞かせてはいません。主人公と年齢が近くなくても楽しめていらっしゃるとのこと、もちろん個人差はあるのでしょうが嬉しい情報です。ありがとうございます。我が家もぜひ読み聞かせたいです。読み聞かせだとその都度解説をいれることができる、というのもいいですよね。うちの子は知らない単語が多いので「それ何?」とよく聞かれます。映画に関しては私も悩むところです。ハリー・ポッターに関しては映像も私は好きだったのでいつかは見せたいと思っていますが、やっぱり本の方が何倍も面白いのでこれは絶対に本が先、と思います。お子さんによって対応が変わる、というのも本当にそうですよね。我が家も姉と弟同じように読み聞かせしてきたのに、幼稚園年中からどんどん自分の好みの本を読んでいった姉とは対照的に弟はまだ字もたどたどしくしか読めません。絵本も一人で読むのはまだまだ難しい状況です。

    続きます

    ユーザーID:9027113459

  • ありがとうございます2

    でぶさん
    言葉遊びの本はしばらく読んでいませんでした。でぶさんのレスを拝見してまた読みたくなりました。早速明日読みたいと思います。ありがとうございました。たつみや章さんの『じっぽ』は上の子は読みましたが読み聞かせにもよさそうですね。たつみや章さんのほかの作品はまだ読んでいない本が多いのでぜひ読んでみます。『あらしのよるに』も必読ですよね。

    ひなぎくさん
    息子さんたちは11歳、8歳でも読み聞かせを聞いてくれるんですね。羨ましいです。上の娘は三年生くらいから読み聞かせの時間にも自分の本を読むようになってしまいました。とにかく本の虫で時間が惜しいようです。ほんのときたま弟の読み聞かせを横で聞いています。読み聞かせは私の趣味なので「いらない」と言われるまで続けたいのですがどうなることやらです。『赤毛のアン』や『銀河鉄道の夜』など、いいですね。赤毛のアン』は私も大好きなのでぜひ読み聞かせたいです。娘にも聞いてほしいな。ありがとうございました。

    続きます

    ユーザーID:9027113459

  • ありがとうございました3

    tannpopoさん
    富安陽子さん、娘も私も大好きです。面白いですよね。落語も。主人が落語好きなのでときどき語ってくれています。落語絵本も楽しいですよね。『イーゲル号航海記』はしりませんでした。読んでみたいです。ありがとうございます。私も娘とは読書が共通の趣味で良かったなと思います。彼女がすすめてくれる本も面白いものが多いです。弟も読書好きになってくれればいいのですが、どうも自分で読んでまで読む、というタイプではなさそうです。

    メガネウラさん
    神話ものはまだあまり読んでいなかったです。グリムはこぐま社の『子どもに語る』シリーズで何冊か読みました。言葉も難しいし残酷な場面もたくさんあるのに、グリムは姉も弟も大好きでした。神話もぜひ読みたいです。西遊記や水滸伝なども男の子だし興味を持つかもしれませんね。ヒントをありがとうございました。

    続きます

    ユーザーID:9027113459

  • ありがとうございます4

    LEDさん
    私も親が読書に興味がなかったタイプでしかも田舎で車でないと図書館に行けないようなところだったので、私はある程度成長してから児童文学を読んだクチです。このくらいの年齢の時にこの本とは出会っておきたかった…という本がたくさんあります。その時でないと味わえないような感動があるんじゃないかと思ってしまうんですよね。LEDさんはご自分で読んでいらっしゃったんですね。羨ましいです。我が家は姉の方はどんどん読むタイプなのですが弟は今のところそうではないようなので、成長するにつれて興味を持ってくれたらなと思っています。『黒猫ミケシュの冒険』は知りませんでした。読んでみます。ありがとうございます。『モモちゃんとアカネちゃん』シリーズですが、私はこれは大きくなってから読んだのでそう思うのかもしれないですが、両親の離婚や死別などの重いテーマもありますが子どものころに読まれていかがでしたか。

    続きます

    ユーザーID:9027113459

  • ありがとうございました5

    あっちこっちさん
    「読み聞かせで本の世界に入るのとではその楽しみが全然違う」というお言葉とても嬉しいです。お嬢さんは名作を楽しまれているとのこと、羨ましいです。上の娘は私が子供の頃に親しんだような本(『大草原の小さな家』シリーズ、『ヘンリーくん』シリーズやケストナー、リンドグレーン、岩波の愛蔵版シリーズなど)をあまり読みません。読んでも1度読むくらいで繰り返してまでは読みません。山中恒さん、ロアルド・ダールさんは何度も読んでいますが、他には岡田淳さん、高楼方子さん、柏葉幸子さん、大海赫さん、富安陽子さんなどを経て、最近では倉橋耀子さんやあさのあつこさん、青木和雄さん、梨木香歩さん、宮部みゆきさんなどの作家さんにはまっています。以上の作家さんは私も一緒にはまっているのにこう思ってしまうのもなんですが、時には岩波の愛蔵版も読んで欲しいなと思います。面白いのに。娘は早い時期に自分で読む世界に移ってしまったので、読み聞かせの時代にこれらの本を読んでおかなかったのは残念でした。弟には心して読み聞かせたいです。『子どものための世界文学の森』シリーズぜひ読んでみます。ありがとうございました。

    ユーザーID:9027113459

レス求!トピ一覧