• ホーム
  • 話題
  • 家事が全くできなくて結婚した人の結婚後は?

家事が全くできなくて結婚した人の結婚後は?

レス52
(トピ主15
お気に入り80

生活・身近な話題

oreo

レス

レス数52

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • mayufaさん、卵焼きさん

    mayufaさん

    >私が結婚する時には手書きのレシピのファイルと料理の本一揃いをくれました。

    素晴らしいお母様でしたのですね、羨ましいです。
    私もプリントアウトをしてファイルに閉じているのですが、全く細かく振り分けていませんでした。それに一つの料理に対して色々なレシピを持ってたのですが1本化にすることを考えました。(確実にレシピを覚える為)
    細かく振り分ける作業はなかなか努力と情熱がないとできないですね。でも整理して保管しておけば自分の強い味方になりますね。見習わせていただきたいと思います。旦那さんもお得意なのですね。ありがとうございました。


    卵焼きさん

    アドバイスをありがとうございます。日々料理の本を愛読書にしている夫にはかないませんが、なんとか皆さんのアドバイスを守って努力しています。また、料理の基本をほぼ毎日読んでノートに書いています。
    「料理は難しくないけど出すタイミングが難しい」などは、一生私には言えない言葉ですが、美味しくできれば褒めちぎってくれる夫のためにも(長生きしてもらいたいし)、料理を頑張っていきます。ありがとうございました。

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • my recipe はできましたか

    しあわせそうに食べるご主人、それをしあわせそうに見まもる oreo さん、至福のときですね。

    知り合いの料理人(和食)に聞いたことがあります、料理では何が難しいですかとか、修業の難しさとは何ですかとか、そんな質問でした。70歳をこえたその老料理人から返ってきた返事は、料理そのものは難しくない、難しいのは料理を出すタイミングであり会話であるというようなもので、何かはぐらかされたような思いがしました。あとで考えてみると、これは窮極の答えですね。懸命に料理を修得しようとする oreo さん、そのひたむきさは上質の味覚以上にありがたいのものです。

    料理に習熟したとき今の初々しさを越える何を創出できるのか、そこから真の料理修業は始まるし、その答えは料理の範疇だけでは出ないのではないでしょうか。私の答えは、些か矛盾するようですが、常にひたむきに生きる、初々しさを失わないです。そのように生きたいと思っていますし、そのように生きたことを後悔するまいと思っています。

    ユーザーID:7641388887

  • いちごしょこらさん 再。

    >似た環境の先輩で、見た目もきれいで家事が完璧にできて、
    仕事もできちゃう女性を2人知っていますが、やはりその方
    達も40代に突入しても独り身です。
    あんな素敵な人なのに。

    とのことですが、私は彼女達の気持ちが分かります。
    彼女達は、理想が高くて妥協できないんですよ。
    彼女達は彼女達の崩せない「理想」があって
    それを独身でいる証拠だと思います。
    でもきっととても悩んでいると思います。

    私が妥協できなかったのは「料理」でした。
    夫は、過去に知り合い、年賀状と年に1度仲間うちで
    会うか会わないかの友達の一人でしたが、存在は遠かったです。
    正直、気にもとめなかったので夫の中身も知りませんでした。

    夫と急に親しくなったのは、結婚したくて悩んでいる時期に
    祖母が認知症になってしまい、徘徊する、おむらしする、泥棒扱いしてくる、
    杖を振り回すようになって、家族の問題で頭を抱えたときにたまたま夫から
    メールをもらって、それが縁で相談するようになってからでした。

    いちごしょこらさんも、存在は遠くても、青い鳥がいるかもしれません。
    そう願っています。

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • レシピ頼りです

    実家の母は、24歳で結婚して55歳で亡くなるまで、ずっと料理の本を見て全て計量して
    作っていました。それでも本人は自分のことを「料理が得意」と思っていたようです。
    私が結婚する時には手書きのレシピのファイルと料理の本一揃いをくれました。
    私も着々と自分の料理ファイルを増やしています。ネットでいいと思ったのをプリントアウト
    して保存しています。料理雑誌の切り抜きもよくやります。家族に不評だったものは省きます。
    自分が作れる料理の一覧表も作成し、季節別や昼食向き、時間がない時など、ジャンル分けもしています。
    娘が結婚する時のために、私が頻繁に使っている料理本をもう一冊ずつ買っておいたりもしています。
    夫は料理自慢の人ですが、やはり本は熟読しますし、ネットで検索もしています。
    夫が私と違うのは、基本は本に忠実ですが、プラスαが出来ることです。裏目に出て失敗もしますが。
    「こればっかりは持って生まれたセンスだからな〜」と言われています。
    レシピ頼りですが家族に好評なものしか作らないので「おいしい、うまい」とよく言われます。
    私は「今後もこれでいいやー」と思っています。

    ユーザーID:3937824271

  • 卵焼きさん

    レスをありがとうございます。

    皆様のアドバイスから、午前中から台所に立つようにしています。ただ、それまではぼんやりしていた午前中の好きな時間を、料理の時間に変えたことで、やや苦痛のような努力が伴います。でもクリアしたそれ以降はすっかり楽なのでどうにか継続しています。

    >譬えていえば電話帳のようなもので頭に入るはずはないでしょうし、すぐ忘れて当然です。

    ありがとうございます。そうおっしゃっていただけるとホッとします。
    基本もなっていないので「料理の基本。だしとは。さしすせそ」をネットからプリントして赤ペン引いて覚えようとしているところです。


    >日々の生活は創造そのものであり、料理もその創意工夫の一環と思うのですが。

    おっしゃる通りです。自分の世界にいるのが本来好きなため、好きなことしか創造できず・・そこに「生活」はありませんでした。でもきっとこれからコツをつかみ、なんとか好きになればそこから先、広がっていけると信じています。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • いちごしょこらさんなら、きっと良い奥さんになれます

    いちごしょこらさん、まだ30歳になったばかりなんでしょう?
    私は20代後半にまさかまさかの大失恋をしました。
    (高飛車だったから。でもこの時点ではまだ自分の愚かさに気付かず。)
    それから自戒して料理などを覚えればいいのに結婚なんてそっちのけで、仕事だ、金だ、出世だと突っ走りました。同時に男性にモテていたので危機感が全く無かったんです。

    軽くお付き合いをして楽しんでいたけど理想が高かったからアプローチしてくれた男性たちに全然心が動きませんでした。それでずっと本命に会えませんでした。寝る時よく天井見ながら泣いていました。

    次に東京の結婚紹介場に10万出して入りました。31歳で。
    真面目な男性と10人程とお見合いをしました。
    結局最後は長く友達だった夫(料理好きは絶対条件でした)と結婚しました。青い鳥が側にいたわけでした。今は青い鳥を喜ばせたくて料理に必死です。
    ただ、もがいた30歳からの日々は、「結婚」がしたくて本気だったし、夫の良さも知った時期だったし、みっともなかったけど無駄じゃなかったと思っています。
    いちごしょこらさんも諦めないで頑張って欲しいです!

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • 読書家のようですね

    家事の本は所詮 how to もので、料理本も例外ではないように思います。いくつかの原理に基づいて系統立てて構築した技術論ではないので、譬えていえば電話帳のようなもので頭に入るはずはないでしょうし、すぐ忘れて当然です。10種類の料理があればそこに通底する原理が2つや3つはあり、それらの原理のほうが個々の recipe より大事なのではないでしょうか。日々の生活は創造そのものであり、料理もその創意工夫の一環と思うのですが。

    ユーザーID:7641388887

  • 素晴らしいじゃないですか!

    私も三十路に入ってしまった女です。
    ですが、トピ主さんと違って結婚してません!一度も(笑)。

    仕事もそれなりにこなし、収入も男性並みになりました。
    家事はウチの両親が共働き自営業だったので、小学生の頃
    から料理と掃除洗濯は私の担当でしたのでかなり得意です。

    ですが20代の頃、仕事に必死になって、帰宅したら家事の
    毎日を送っていたら男性と出会うような時間もなく・・・。
    素敵な男性はやはり、家事はしていないけれど自分磨きや
    お化粧に必死になっていたきれいな友人達にしか見向きせず。
    今はその友人達も「家事が全くできなかった」けれども、
    みんなお子さんも出来て平凡な「専業主婦生活」を満喫中。
    旦那さんは結構文句を言っているようですけど、でもやっぱり
    幸せそうだなーと、独り身でもう男性からも見向きもされず、
    という三十路よりはすごく羨ましいです。

    似た環境の先輩で、見た目もきれいで家事が完璧にできて、
    仕事もできちゃう女性を2人知っていますが、やはりその方
    達も40代に突入しても独り身です。
    あんな素敵な人なのに。

    結婚したということは最強なんです、きっと。

    ユーザーID:6325410630

  • お返事

    〇だいじょうぶさん

    割れ鍋にとじ蓋とは本当ですね。
    私は結婚してから、馬鹿な上に調子に乗り
    結局何もできないミソジ女だと気付いた時、
    自分自身に寒気がしました。

    でも、みなさんのアドバイスから、
    午前中に料理の段取りをしておくことは継続しています。
    早く成長したい!温かいアドバイスありがとうございます!


    〇ぴろりんさん。


    >味付けは全て目分量です。

    これはかなり私には思い切ったことに思いましたが、そういう案もあるのかと感心しきりです。

    >レスを見るとすごく凝った料理にこだわっているように思います。

    そうなんです、こり過ぎですよね。
    義親をもてなした時は世界の料理やスープなど作って出していたのですよ。
    お金はかかりますが半年に一度のことだし喜ばれるのでやりがいはあったのですが、日々の生活では料理にいかされません。
    それから、調味料の組み合わせはやっぱり暗記ですね。

    >天然だしのお味噌汁はフルコースに負けないくらい美味しいものですよ。


    素敵なセリフですね、思わずうなりました。
    ありがとうございました!

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • ぼちぼちいきましょう

    結婚10年目の主婦です。主さんと同じく三姉妹で母から料理を教わった記憶はありません。同じく家事力ゼロで嫁ぎました。
    今は三姉妹の母となり毎日の食事から逃げられなくなりました。
    レシピが覚えらないとのことですが,私も同じです。
    そして今はレシピを見ることをやめました。
    味付けは全て目分量です。
    調味料の組み合わせさえ間違えなければ,上手くいくものですよ。
    あと旬の食材や良い調味料にはこだわっています。
    旬食材はシンプルな調理(蒸す・焼く)だけで十分美味しいですし,田舎の料理上手なおばちゃんって,レシピなしで上手に作ってますよね。
    レスを見るとすごく凝った料理にこだわっているように思います。
    調理の工程を減らしたら,楽になりますよ。
    食事は毎日のことです。ちなみに家の子供達はハンバーグやグラタンと同じくらい焼き魚と大根おろしにお味噌汁の夕食が大好きです。
    市販のだしの素ではなく天然だしのお味噌汁はフルコースに負けないくらい美味しいものですよ。

    ユーザーID:6705045062

  • 破れ鍋になんとか

    こんにちは。
    世の中、よくしたもので・・・。

    結婚前、家事に興味のない女性は、家事を期待していない男性のところへ嫁がれています。

    ケース1・旦那様が、冷凍食品会社勤務ということで、A子は全く料理しません。
    ケース2・大学の先生と結婚した従姉妹です。全く家事ができません。でも、年齢差が20歳以上あるから、結構仲良しです。

    あの・・・。
    これからだと思います。気づいた今、はじめたらよいことだから。

    いつか、お料理が大得意な感じに変身していて。
    だって、人は成長するから!

    ユーザーID:2699135060

  • ありがとうございました

    おちびままさん、みなさんの努力が伝わりました。何度も読み、やっと自分の問題点が見えてきました。
    小池さん、私は午前中に一品作ろうと思ったことがありませんでした。
    camelliaさんのように暗記しないしメモも取っていませんでした。
    毎日午後16時に献立を考え焦って作っていました。この悪習を改め、午前中に献立を決め下ごしらえをすればストレスが減るとやっと気付きました。
    (義母に惣菜を持っていった時だけは5品も作るので、電車の時間を気にして前日から仕込みましたが・・)
    今日は昼間にコロッケの下ごしらえして煮物、サラダを作りました。
    夫が帰って来たらコロッケを揚げてサラダを出し煮物を温めれば終了です。
    なんて簡単、夕方焦ることはないとリラックスしています。

    料理の教室は息抜きに楽しめるような教室を考えています。
    はと胸さんやぽぽさんのように、余り必死になり過ぎず程々で行けたらと思います。
    ストレスが減れば料理が好きになり覚えられるかもしれません。
    努力しても料理が覚えられない理由がやっと分かりました。
    目から鱗のアドバイスも多くあり、本当に感謝しています。

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • 私も家事、全く出来ませんでした。

    結婚4年目、2歳の子供一人の専業主婦です。

    私も家事、全く出来ませんでした。特に料理は。
    今でこそ4年経って、基本料理は普通に出来る様になりましたが。

    28歳で結婚するまで包丁一つまともに持てなかったです。
    何しろ、祖父までが夫に「君は勇気と度胸があるねぇ」と言うほど酷かったです。学生時代の調理実習、全て友達にやって貰いました。洗い場専門です。十数万した料理教室はついていけず、1回で辞めました(泣)

    まず結婚当初から失敗ばかり。魚焼き機を掃除しなくてモクモクと煙と火が出て大騒ぎ。里芋は山ほど煮てドスッとざるにあげて食べてと出し、夫に驚かれました。でも努力はしました。
    毎日朝9時からキッチンに立ち、例えばカレーライスを作るのに8時間以上掛かりました。毎日絆創膏だらけ。その他のお料理も普通の方の何十倍も時間が掛かりました。

    今も料理は大嫌いです。ただ、子供が5歳になるまで揚げ物が出来る様になれば良いよという目標も今ではクリア。夫が日々の成長を楽しんでくれるので、頑張ろうと思います。きっとトピ主さんのご主人も努力を理解し、喜んでくれているのでは。

    ユーザーID:9860914206

  • 大丈夫−続きです。

    その言葉を聞いて、そのとおりだなって思い、子供に
    「お母さんが台所に長くいて、美味しいご飯が出てくるのと、台所にちょっとだけいて、簡単なご飯が出てくるの、どっちがいい?」と聞いてみました。
    「早く台所からでてきて、遊んで〜。」と言われました。
    夫にも聞きましたが、
    「自分が居るときは、掃除や料理でばたばたされると、落ち着かない。ゆっくり、ニコニコ座っていてほしい。料理は自分のほうが上手なので、自分がしたい」と言われました。
    それ以来、肩の力が抜け、家事は適当です。休日は夫が三食作ってくれますが、平日は私が担当し、冷凍食品を駆使して、夫にお弁当を持たせています。手抜きの愛妻弁当でも、毎日かかさず作ってもらえるのは、嬉しいみたいです。
    子供とは、友達を呼んで、おかし作りをよくするので、子供もお母さんが自慢みたいです。
    かなり手抜きですが、家族の喜ぶツボはおさえています。
    主婦歴14年ですが、未だ魚が触れないので、魚料理は夫担当です。
    トピ主様も何もかも完璧を目指すのではなく、家族の喜ぶポイントに努力をされたら、いかがでしょう?

    ユーザーID:6212631854

  • 大丈夫。

    結婚14年目の主婦です。学生のときに結婚がきまり、とりあえず母にご飯の炊き方だけ習い、結婚生活をはじめました。夫は料理のセンスがあるのか、外食して、美味しい料理があると、家でレシピなしのカンだけで作ってくれます。
    新婚の頃は、夫が私のお昼ご飯を用意して、出勤。早番のときは、帰宅後夕食を作ってくれていました。
    たまに遅番のときは、私がお昼頃から、半泣きになりながら、カレ−、シチュ−、ハヤシライスを作っていました。
    そんな私ですが、子供が二人生まれ、一応料理が出来るようになりました。子供にはインスタントは食べさせたくないので。だけど日頃は簡単な料理ばかりです。
    子供が小さかった頃、料理や育児を上手にこなしたくて、頑張って、へとへとでした。そんな時に友人が
    「りっぱな料理や家事を、ぽぽの旦那さまや子供は望んでいるの?相手が望んでいなかったら、無駄な努力じゃないかな?
     その努力を相手の望んでいる事に向けたら?」

    ユーザーID:6212631854

  • 2回目ですが・・・

    レシピを覚えることにこだわる必要はないと思いますが。

    それから仕上げの手前まで料理を済ましておいて、読書にいそしめば、問題解決です。

    私は朝、掃除などをしつつ一品作っておいたりしてます。

    レシピを見て作れるなら、教室に行く必要は全くないのでは?

    ユーザーID:9625347449

  • 料理研究家の小林カツ代さんは

    今は息子さんのケンタロウさんのほうが有名かもしれませんが、彼女も結婚したときは味噌汁の作り方すら知らずに大変で、発奮したことが今の道を志す理由になったと著書に書いてありました。

    我姑も結婚直後は夫から「殺されるかと思った」と言われるくらい料理が出来なかったのですが、家族に美味しい料理を食べさせたい一心で身につけて、今では料理名人です。
    我母は料理上手でしたが完全に覚えているレシピは10個くらい?
    よく使う味付けの配合比は暗記していますが、レシピがわからなければ自作の料理手帳を読み直せばいいや~という感覚です。
    私自身は、結婚前から御節は一通り作れる程度の料理好きでしたが調味料の配合など間違えないように毎回メモは読み直します。そんなものですよ〜。

    それでも結婚後は夫の好みの料理が作れず様々な本を読んで勉強しました。料理上手の夫に習いながら修行中です。
    大事なのは、冷蔵庫にあるもので適当に料理をして献立と味のバランスがまとまるようになること♪ではないでしょうか。家族が自分の食事で喜ぶ顔は至福の時、お互い頑張りましょう!

    ユーザーID:0581367673

  • 2回目です

    なるほど〜毎日の家事に対して「出来ない」と落ち込んでしまう、
    ですか。。

    う〜ん、我が母は料理教室に通ったりお料理サークルに入ったりと
    食事は得意な方だと思いますが、たまに妙な味だったりすることも
    「あらやだ、○○忘れちゃった。あはは」
    「ねえ、○○って作り方こうだっけ?」と私に尋ねるなんてこと、
    しょっちゅうでした

    主婦歴30数年でさえこんなカンジです
    主婦歴数年の我々が完璧にこなしてたら、お母さん方の立場ないですて〜
    リラックスリラックス〜♪

    料理に関しては、今日はこれを作ろうと思ったら、
    まずレシピ本に目を通すのが良いんじゃないかなと思いました。

    一回二回作って覚えたつもりでも、レシピをよくよく見ると
    調味料が一つ足りなかったりなんてこと、よくあります(私だけかしら汗

    で、後でご主人の感想を元に「塩がも少し」「これは薄味が好み」
    「隠し味に○○を入れたらとアドバイス→入れたら褒められた」
    などなど書いたポストイットを作った料理のレシピに貼っておく
    次回はそのメモを元に味付け変えてみる

    焦らずいきましょう♪

    ユーザーID:9953985888

  • みなさんへお礼

    若かったさん
    大学卒業と同時に結婚、今の私には早婚は憧れです。
    私なんてその年の頃、調子こいていましたから・・
    昔の自分が恥ずかしいですね・・本当・・

    すずめさん
    >それでも(略)キッチンに立つのが楽しくなっています。

    ええ!すごい変化ですね。私も絶対そうなりたいです!
    努力は目一杯しているのですが・・

    カレーパンさん
    私が学生の時バイトで「キャベツの千切り」を初めてした時
    店長に「馬に食わせるんじゃねえんだ!」と怒られて全部捨てられたことがあります。
    5年で一通り作れるものでしょうか・・1日3色しっかり作っているなんてすごいですよ。

    おっとりーさん
    優しいお言葉をありがとうございました。
    昔はいきがっていました。今はとっても恥ずかしい。
    初対面で男性に「料理ができるか」聞き、「できない」と答えた男性はハナから相手にしませんでした。私の方が相手にされないっつーの・・と今は思います。。
    何もできなくて恥ずかしい、が今は自分の原動力なのですが・・気が抜けると・・

    青銅の魔人さん
    一番のコメントをありがとうございました。

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • みなさんへお礼

    ゴン太くんさん
    結婚3年目なのです、お恥ずかしい。「結婚一年生」必ず読みます!

    りこぽんさん
    脳内イメージ、この発想は斬新でした。
    私は本もテレビも、作るときしか見ません・・
    参考にします!

    酔っ払い野澤さん
    勉強されたのですね。とても努力されたと思います。
    見習いたいです。

    Reenさん
    気負い過ぎている私です・・家事万能な方を尊敬しています。

    namoさん
    確かに・・私も家庭科の時間に習ったことを思い出しています。
    仕事と比べたら自分の時間でできる料理の方が簡単ですよね・・

    昔は嫁さん
    優しいアドバイスをありがとうございました。
    私なりに努力していきます。

    ぴこりんさん
    経験してもう結婚3年目、です。2年たってしまいました。
    これから経験を積んでいけば大丈夫でしょうか・・

    ミサキ。さん
    一週間分のメニューを考えて買い出しをしているんですね。
    それは賢い家事のやり方ですね。私は毎日思いつきです。
    私も一週間を見通して考えるほうがいいと思いました。

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • 最後にみなさんへお礼

    小池さん、さん
    餃子の皮、売っているものを買ってきます。
    味は母に作ってもらった料理の味を思い出しながら作っています。

    頑張れ!さん
    学校行こう、と本気で決めました。

    なつさん
    本当に美味しい時は夫はべた褒めはしてくれます。

    だめだめ主婦さん
    見習って頑張って行きます。

    はと胸さん
    いまいちの境界線、は納得でした。

    きらくさん
    現時点でスキルが低いのは事実でどうしようもないですよね!

    斑猫さん
    百円ショップのお玉を使っています。良い品を買って気持ちも良くしていきます。

    soujikiraiさん
    私も掃除嫌いです・・夫がいるからやっているようなものです。

    ポポさん
    優しいアドバイスありがとうございました。
    私の味覚の基本は母の味です。それを頼りに頑張ります。

    モンゴリアンチョップさん
    イチローだって・・そうですよね。基本は常に練習しておきます。

    tomotomoさん
    うちの母と一緒ですね。母も料理の時は一人が良いみたいでした。

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • 結婚3年目。確かに頑張り過ぎています 5

    皆さんありがとうございます。
    真面目に考えたのですが、私はやっぱり料理を楽しんでいません。
    昨日、読書に夢中になり夫が帰ってくる時間になるまで料理を作るのを忘れてしまいました。重症です・・

    >だめだめ主婦さん

    私も得意料理というものがありません・・
    励ましありがとうございます。

    >なつさん
    なつさんも毎回レシピを確認しているのですか?
    それを聞いて私も少しほっとしました。

    >頑張れ!さん
    何度もありがとうございます。そうですよねぇ、花嫁学校、行こうかな・・
    そういう所に行って楽しみながら料理を覚えるのもいいかもしれません。

    >小池さん、さん
    おっしゃる通りです。本当、頑張りすぎなのかもしれません。
    だから心に余裕がなく頭も体も覚えないのだと思います・・

    義親に差し入れた5品といっても、
    肉じゃが、他に煮物、ポテトサラダ、ぶり照、魚煮、きんぴら、春巻き、酢の物、ロールキャベツ、シチュウ、コロッケ、天ぷら、を、ローテーションで持っていっただけです。
    前夜仕込んで早朝から作り昼の電車に飛び乗っていました。しかしレシピ今覚えてません・・

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • 結婚14年の専業主婦です

    私も結構レシピをみながらつくります。
    以前、テレビで弁当の達人という方が冷蔵庫にはってあるレシピを見ながら作ってましたから。そんなたいしたものじゃなかったけど。

    焼肉のたれもドレッシングもレシピをみながら作ります。
    さすがに3日に1回は焼くポテトブレッドは配合を覚えましたけど。

    ご飯を作りたくない時は、ホットプレートを出して、お好み焼きや餃子、焼肉なんかのレシピなしでも味が決まるものを作ります。

    OREOさんは、頑張りすぎだと思います。
    料理はおいしく食べれればいいのですから、毎回レシピを見たっていいじゃないですか。
    クックパットなんかを見ると、難しい料理でもこんな簡単にできちゃうの?というような作り方で、しかもおいしい!!ものがたくさんあります。
    餃子だって皮は買ってもいいじゃないですか。
    もっとお気楽にやったらいかがでしょうか。

    レシピを見ようが見まいが、5品も作って、それが全部おいしく出来たのなら
    料理上手です。
    作れない人はレシピを見ても変なものしか出来上がりません。

    ユーザーID:9625347449

  • 花嫁学校に行くのは?

    私のコメントはお気に召さなかったようなので、別の方面から。

    家事が苦手という事ですが、花嫁学校に行かれては如何でしょうか。
    フィニッシングスクールで検索すれば出てきますよ。
    私も付き合いで銀座のスクールに通った事がありますが、洗練された主婦生活を送れそうです。

    料理は料理教室に通えば良いじゃないですか。
    素人に習ったってうまく行かないかもしれませんよ。教える事も教え方も正しいとは限りませんし。

    ユーザーID:1993998151

  • 私も基本は夫に教わりました

    私も新婚の頃は夫からダメ出しばかりでよく喧嘩してましたね。
    でもダシをとるところから始めて、今は大分上達しました。絶対にお世話を言わない夫が「美味しい!」と言って全部食べてくれた時は本当に嬉しいです。

    私も時々しか作らない料理のレシピは全く覚えておらず、毎回レシピ本を確認してから作ります。
    レシピの確認が面倒なら、大きめのポストイットにメモしてキッチンの壁に貼っておくとか、料理サイトのパソコン画面を印刷して貼っておくといいかもしれません。
    料理ってしっかり作ろうとするとかなりの労力ですよね。やっぱり面倒と思う日も多々あるので、時には手を抜いたりしつつやっています。

    ユーザーID:2586980659

  • 私も全くできませんでした

    結婚して12年たちますが、今でも家事が苦手です。
    特に料理がだめです。
    苦手というよりも、今だに嫌いなんです。
    もし許されることなら、一生料理作りたくないです。
    こんな私なので、今だにこれぞ!といった得意料理がありません。

    クリームシチューとかカレーライスとか。COOKDOにはかなり助けてもらっています。毎日その日の夕飯を何にしようか考えるのが苦痛でなりません。
    ひとつのレシピを完全に暗記するのも最低10回作らないと無理です。

    主婦として致命的だわ!と思いながら今まできています。


    だからとぴ主さんもなんとかなりますよ。がんばってくださいね。

    ユーザーID:6059562914

  • はと胸さま

    お褒め下さってありがとうございます。

    >でも私は下手ですがトピ主さんはそんな事ないと思う
    だってフルコース作れちゃうんだもん。。
    もっと自信持って!

    違うんです、気合があればできるというかイベントだったら本気になるというか、もてなし料理は料理の本を見て作れば、やるぞ!というアグネッシブな気持ちになれば誰でも作れると思うのです・・

    それにもてなし料理は夫が最後に味見してもらっているのでできてはいるんです・・

    ただ、日々の当たり前の食生活に対して
    継続的に台所に立てず、中学生でも作れるレシピを覚えられず、
    覚えてもあせるとすぐ忘れたり、発展がないんです。
    常に真っ白なスタートラインに立っているような気持ちです。

    義母にも母にも仕込まれず、夫に仕込まれています・・

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • 努力しても体が覚えないので悩んでいます・・ 4

    すいません、夫がテーブルを叩いて怒るのではなく
    一言多い夫に向かって、私がテーブルを叩いて怒ったんです。

    料理下手を悩み、配達を頼んだことがあるのですが、
    2人分だけの配達だと料理が少なく美味しくなくやめてしまいました。

    遠方に嫁ぎほぼ帰れず、母は面倒だとレシピを書いてくれません
    義母は料理をあまりしないので作れば喜んでくれます。

    義母が神経痛で動けない約3か月は、毎週日曜日、5種類の和食をタッパーに詰めて1時間かけて電車で義親家に通いました。
    夕食も作り、魚嫌いの義母には肉料理、肉嫌いな義父には魚料理を(義親の前で作れる振りはできないので)料理の本を見ながら本気で作りました。
    義親には涙を流して感謝してもらったのですが、
    ただ・・こういうこと(ある意味イベント的なこと)は気合が入っているので料理はできるんです。

    でも、そこ止まりで・・
    本当に気がゆるむと自分の料理のページが真っ白で
    「また一から・・」と、がっかりし頭を回さなくてはなりません。
    当たり前に台所にたてる女性が本当に羨ましく、どうしたら自然に身につくのか本当に苦悩しています・・(涙)

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • 仲間がいた〜と思わずむせび泣きっ

    私も料理が好きですが、下手くそです。
    はい、自分で作った料理なのに「まずい。。」と感じるのですから
    相当まずいと思います(涙

    でも私は下手ですがトピ主さんはそんな事ないと思う
    だってフルコース作れちゃうんだもん。。
    もっと自信持って!

    母のお友達の話ですが、それこそ米の研ぎ方も知らない位
    何もできないまま結婚したとか
    その後お姑さんに仕込まれて、料理から後片付けの仕方などなど
    手際よくこなせるようになったそうです

    お母様、お姑さんに習うことって難しいでしょうか
    「食べ慣れていない味」だからあまり美味しく感じないってことも
    あるかもな〜って思ったもので
    例えば、私は野菜炒めの味付けは醤油とウスターソースを使うのですが
    姑は醤油とオイスターソースで味付けします
    そんな違いが「美味い」「いまいち」の境界線だったりするかも?
    って最近感じました

    直接習うのが難しければ、お惣菜をレシピと一緒に
    宅配便で送ってもらうのは?

    こんなに頑張ってる奥さん怒るなんてご主人贅沢だよぉ〜

    ユーザーID:9953985888

  • ありがとうございました 3

    掃除は苦手ですがそれなりにきれいにしています。掃除に関しては夫は何も言いません。ちょっとほっとしています。

    食だけは、・・食だけはなんとかしないとと思っているのですが。。
    tomotomoさんと同じで、うちも母が仕事をしていても
    万能に家事ができて彩り豊かな美味しい食事がいつもテーブルにありました。専業主婦の今の私より家がきれいで食が美味しく花も飾り
    生活に潤いがあったと思います。

    母に「20歳から自分のお給料で嫁入り前の努力をしたんだよ
    私は学がないけど、お花、お料理、お茶、全部自分で習ったんだよ。」
    といわれても「フーン」と無視して、
    職場ではカップ麺とドリンク剤で徹夜の仕事漬け、
    家に帰ったら母の料理であとはゴロゴロ、32歳まで自分は何もせずでした。
    今になったら母の言うことが正しくて、花も満足生けられず
    家も雑に掃除、料理のレシピは時間が経つとすぐ忘れ・・
    気がゆるむと料理をすること自体億劫になり・・です。

    小町では専業主婦が夫に家事をやってもらうことを自慢している人がいますが私は逆で、夫に喜んでもらいたいのですがうまく行きません

    ユーザーID:1736236513

  • トピ主のコメント(15件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧