「もたつく権利」と優先席

レス41
(トピ主3
お気に入り34

生活・身近な話題

るんるんらんらん

他トピ「突っ込め!CM編(駄)」であげられたCMの中で、公共広告機構の「もたつく権利」というCMの存在を私は初めて知りました。
脳と体の老化に伴い、運動神経反射神経ともに衰えを隠せないお年寄り達の「もたつく権利」をもっと認めてあげましょうと言うCMと私は受け取りました。
そうして、困っている人の権利を守りましょうってとても素敵だなぁと思いました。
いえ、素敵ではなく、当然であるべきだよなぁと思ったんです。

ところが、ネットで調べるうちに、このCMの評価が極端に低いことを知りました。
その理由の多くは「権利を主張するなら、義務も果たせ」「権利を当然のように主張するその態度がいただけない」と言うものでした。

別のトピ「座席を譲ってもらえず派手に転倒…(愚痴)」を読んでいても、同じ気持ちになりました。
先ほど探してみたら見つからなかったので、もしかしたら削除されてしまったかもしれませんが。
私は、このトピックスを読んだ当初から、この状況で席に座れずおまけに転んでしまって怪我まで負ってしまうなんて、気の毒だな。と思っていました。
そうして、彼女は席を譲ってもらって当然で、それが可能である人だったら、譲ってあげるべきだよなぁと、単純に思っていました。 

ところが、このトピックでも、トピ主さんの権利を当然と主張する態度や、自己責任論、自己防衛論を理由に、彼女を非難する声がとても目立っていました。

このような感じる私は、とても少数派だったのでしょうか??
自分の義務を果たさずに権利を主張しない
困った状況に陥らないためにも、あらかじめ事前準備と自己防衛を忘れない
謙虚な気持ちで、あくまでお願いにとどめる

確かに正論ではあるけれど、それを相手に求めていたら、社会って成り立たないよなぁと思っています。
机上の空論だと非難されそうですが。

ユーザーID:1209763034

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数41

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうだと思うけど

    トピ主さんのおっしゃってることは正しいと思いますし、実際もそうなるべきだろうとは思います。
    でも、自己責任を言う人たちの気持ちも分かるのですよ。

    トピ主さんが例にあげていらっしゃったトピが直接それに該当するとは言えないのですが、現実には「他のより良い選択肢があったのに、無理にこの選択をした」「あまり何も考えずに行動した」あげくに、困ったことになって、周囲の人を非難している…という人が、けっこういるのです。
    それに対して「自分がそういうことをするときは、こんなに準備してからやってるのに…」という、口に出しては言えない、自己責任型の人たちが、そういったトピを不満のはけ口にしていて、やや過剰に辛口意見になっているという状況ではないでしょうか。

    たとえば簡単に、席を譲るシチュエーションでも、謙虚にお願いされたらどうぞどうぞとなることでも、私には権利があるんだからどけよと言われたら不愉快ですよね?
    そこまで極端でなくても、こういう思いをすることが度重なると、「あくまでこっちの善意のもとに成り立ってるだけで、当然と思わないで!」と言いたくなってしまうもの、無理ないと思うのです。

    ユーザーID:2367054585

  • もたつく権利?

    高齢者の運動能力が低下していることは、
    誰もが避けようのない自然の摂理ですから、
    そのことを直接は批判しようとは思いません。
    だけど、それを「もたつく権利」などと主張されると、
    ???って感じです。

    それから、そういう高齢者に席を譲るべきなのは、
    何も優先席に限ったことではありません。
    一般席だって高齢者や身体障害者や妊婦などには譲るべきなのです。

    権利と義務という話が出ましたが、高齢者の義務とは何か?
    それは、通勤ラッシュで誰もがイライラを抱えて殺気立ってるときに、
    もたつく権利を掲げて、交通機関の運行に支障を来すようなことをしない、
    というようなことだと思います。
    同様にラッシュの電車にベビーカーを乗り入れない、なども含まれます。

    そういう時間帯に、どうしても交通機関を利用せざるを得ない事情もあるでしょう。
    だけど、その場合はマイノリティをいちいち優先させる余裕がないこともあります。
    そこで権利を主張されるとイライラする、というのも仕方のないことです。

    いつでもどこでも自分の権利ばかりを主張するのは止めましょう、
    ってことだと思います。

    ユーザーID:8328705553

  • 私はトビさんと同意見

    そのCM私はわからないのですが「もたつく権利」という表記には違和感を感じます。権利とすると非難はあるでしょうね。お年寄りはもたつくのが当たり前なのですから。
    転倒されたトピさんも読んでいないので皆さんの反応がわかりませんが、私は基本的にお年寄りは大切にと思います。
    確かにお年寄りの方でも様々でしょうが。
    以前TVで手袋を何重にもしてお財布からお金を出す実験をしてました。取りづらいですね。これがお年寄りなのです。と。なるほどなと思いました。もたつく権利ではなくもたつくのが当たり前。だから大目に見る、待つ。若い人と一緒じゃないのです。なにもかもが。亡くなった父がよく言ってました。「年をとればわかる」と。義務を果たさずとかお願いとか、若い人の基準には当てはめなくてもいいと思います。確かに準備や自己防衛は必要かもしれませんが、そんなとこわかってらっしゃっても出来ないこともあります。何を求めるのですか。お年寄りに。私はあくまでも擁護派です。年寄りだから当たり前の姿勢は論外ですが。いわたる気持ちは大切です。これが少数派なのですかねぇ。私の周りは多数派ですけれど。残念だな。本当なら。トピさん頑張りましょ。

    ユーザーID:3520185800

  • トピ主さんありがとう

    全く同感です。

    近頃、小町のトピを読んで「そんなに言わなくても…」と悲しくなることが多いです。
    言ってることは正論かも知れないけど、ちょっとだけ相手に譲って(負けて)もいいじゃない?と思う。

    自分が辛い時は、高齢だったり妊娠してたり病気だったりする人は、もっと辛いんじゃないかと想像できないかな。
    そういう人にちょっとだけ手を貸してあげて、それで直ちに見返りがなくても、きっといつかどこかで、今度は自分が助けてもらう場面があるんだと思うんですけど。
    それは「妊婦さんにしてあげたって自分は妊娠の予定ないから助けてもらうことはない」っていうんじゃなく、自分が年取ったり、怪我や病気のときに誰かに助けてもらう場面が来るかも知れない、ってことです。

    いや、今までだって、助けてもらう側になったことは誰にでもきっとあると思うんです。
    「ない!」って言ってる人は、気づいてないだけで。

    公共広告機構みたいなところが宣伝しなければならないほど、「お互いさま」の精神が死に絶えつつあるんでしょうか、この社会は。
    ホント悲しいです。

    ユーザーID:7405324545

  • 自分が年をとると思っていないのでしょうね

    社会的弱者に優しくないんですね。
    自分がその立場になったら…と考えられない残念な方が最近多いように感じます。
    かくいう私も子供を持つまでそんなことを考えて生きてきませんでした。
    ベビーカーの問題、優先席の問題、色々嫌な思いもし、上の子がある程度大きくなった今
    お年寄りを大事にするように、例えば電車では席を譲って子供は立つ、
    街で困っている人を見たら親切にするよう教育しています。
    そのおかげか、先日迷子の子をデパートの迷子センターまで連れていき
    お母さんが来るまで励ましていました。
    もう少し大きくなったら「情けは人のためならず」の本当の意味を教えてあげたいです。
    ですが、今、「もたつく権利」を認められない様な人達には、
    将来自分がもたつくようになっても
    優しい心根の人間に親切にしてもらう権利はない
    という黒い感情が有ることは否定できません。
    義務を果たしてから権利をというなら、
    今「他人に親切にする義務」を果たしてから
    歳をとったときに「もたつく権利」が与えられると思っています。

    ユーザーID:5083638020

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 他人事なんでしょうね

    批判する方達は、恐らく身近にお年寄りがいなかったり 自分自身も体が不自由になった体験がないのでしょうね。
    現在の自分をそのまま置き換えるから、義務を果たせという発想にしかならないんだと思います。
    要するに、自分が弱者の立場になった事もないし、身近にそういう人もいないから 現実感がもてない、つまり他人事としてしか考えられない。
    ただ、「もたもたする権利」の話と「派手に転倒」の話は、若干違うと思います。
    お年寄りになり、もたもたしてしまうのは 誰もが行く道であり 現在のお年寄り達は、かつての義務を果たしてきた人達です。
    その人達に対し、義務を云々とは 何を言っているのか理解できません。
    「派手に転倒」の件は、ある程度自己防衛を考えても良いのかなとは感じます。回りに善意を期待するのが当然とは思いませんし。
    ただ、困っている人に手を差し伸べようとするのは自然な事と思っていましたが、そうは思わない、または全く想像もできない人達が増加しているのは確かなようです。気が付かない人には、積極的にこちらから声を掛けないとダメだという事でしょう。

    ユーザーID:4052733581

  • 落ちこんでいます

    おっしゃることはわかります。
    しかし、多くの人が、見返りをもとめるのも事実。

    私も、お年寄りや子供連れの人に、電車で座席をゆずり
    続けていましたが「ありがとう」の一言さえなく、
    悲しいです。もう9年間も・・。

    ユーザーID:1969353620

  • 惑わされすぎでは?

    ネット掲示板の書き込みを字面通りに受け取りすぎではないでしょうか?

    このようなオープンな場の情報(誰も責任を取らない情報)をあまり文字通りに受け取らずに、実際の社会の様子から判断されてはどうですか?

    実際に電車やバスの車内を見ると、席を譲る人が全くいないこともなし、かと言って全員が譲り合うわけでもなし、ってとこですよね。

    例に挙げられていたトピでも「席を譲って欲しけりゃ自分から言えよ」と言う意見が目立ちましたが、そういう辛口な意見を書いている人も実際に困っている人を目の前で見ると優先座席であろうがなかろうが席を譲ることもあると思いますよ。
    逆に「私は譲ります!」なんて書いてるけど実際には知らん顔こともあるでしょうね。

    人の心の動きは玉のようにコロコロと動くものなので、実際の社会を見ずにこのようなある意味無責任な情報だけに基づいての判断は良くないですよ。

    ユーザーID:3501825063

  • もたつかれるとメーワクです!

    >確かに正論ではあるけれど、それを相手に求めていたら、社会って成り立たないよなぁと思っています。机上の空論だと非難されそうですが。

    はい、机上の空論です。今は権利ばかり主張して義務がお留守になっている方が昔よりも多いのでそういう方への風当たりは強いでしょう。じゃないとやりたい放題になりますよ。たとえばたまに話題になる「知る権利」。この権利を行使する為には何してもいいと思いますか?まず最初に義務があり、その後に権利が発生する。その権利もいつでもどこでも行使できるわけじゃなくTPOをわきまえるべきだと思います。

    例のCMについてですが、もたつかれる事は仕方ないとしても、それにより迷惑を被ったり不快な思いをする人も多々いるでしょう。「もたついてゴメンネ」だったらまだしも、「権利だからよろしくな!」は頂けません。それって「迷惑掛けてもオレの権利だからガマンしろ」と同意だと受け取られてもしかたないですよね?

    ユーザーID:5931522114

  • ふむ

    ではあなたが仮に、妊婦さんでもお年寄りにでも、座席を譲ったとしましょう。
    で、相手はお礼も言わない。
    にこりとも笑わない。

    で、あなたは『まぁ、相手は妊婦(お年寄り)だし、(私に)席を譲られて当然だから』と平然とした気持ちでいられますか?
    やっぱり、もやもやが残ると思います。

    今まで激論が交わされたトピでも、『絶対に譲るもんか』という人はほとんど皆無だったはずです。
    ほとんどの人が『譲るのが当然と思われて偉そうにされて、なぜ譲らねばならないのか』という意見が多かったように見受けられます。
    つまり、感情の問題です。
    もっと話を簡略化すると、『そこをどけ』と偉そうにいわれて、素直に何も思わず道を開けられる人は少数でしょう。

    譲る側は余裕の気持ちで譲り、譲られる側は感謝の気持ちで譲られるのが一番いいと思うのですが、なかなかそうはいかないようです。

    ユーザーID:8745905671

  • そういえば最近そのCM見ませんね

     トピ主さんのようには深く掘り下げては考えませんでしたが
    私もあのCMを見た時にそうだよね〜
    会計の時もたついたり、動きがゆっくりなのって
    お年を召した方なら仕方ないよねって
    シンプルに思いました。
    しかし、そう思わない方もいるのでしょうね。
    でも、必ずしもネットの世界=現実世界の評価って訳ではないと思います。
    大多数の人はあのCMを見て、同感してるか別に何とも思わないかで
    あえてネットに書き込みをしないだけなんじゃないかと思います。
    世の中は大多数の善良な方々のおかげで、正常にで動いているのだと
    私は思います。

    ユーザーID:0224640298

  • 権利より善意

    私は「もたつく権利」の広告、嫌いです。
    そもそも「権利・義務」の概念になじむことじゃないです。

    勿論、若者は高齢者の生理に思いやりをもってガマンすべきだと思います。
    でも高齢者だって、周りに迷惑かけてゴメンナサイヨ、アリガトサンって心掛けは必要でしょう。こういうお爺ちゃんは見習うべきことも多く尊敬されます。若者は「お互い様」ということを覚えます。
    これらは全て「善意」であり、善意が拡大しながら巡っていくのが住みよい社会ですね。


    『座席を…』も同じです。
    仮に高齢者や子持ちママに「座る権利」を確立しても、30人しか座れないバスに、譲られて当然の人が35人乗ってれば?
    「権利」とやらでは解決つかないでしょう。
    「権利」を満足させるのは「義務」で足りますが、「権利者」ばかりが増えれば「権利」はぶつかり合い、「権利」の大きさを争い値踏みしギスギスしますね。
    結局は個々人の「善意」によるしかありませんが、「善意」に報いるのは「感謝」しかないのです。
    声高に「権利」を叫ぶ人間に「感謝」の気持ちがあるのか甚だ疑問です。

    私には皆さんの仰ることは硬直した正論などではなく、現実的本音と思えます。

    ユーザーID:0186149727

  • 義務も果たせ。だと?

    果たしたじゃん、もう。
    戦争で飢え、貧困に慣れ、子を一人前にし、頭たたかれながら高度成長を成し遂げ、一家に一台の車をもたらしたひとびとだよ。

    80にもなってまだ働けと???
    あー欲深い。
    「もたつく・・・権利」このあいだには省略された多くが、ある。

    わたし今40代だから真ん中あたり?
    既に結構もたついてるかも。
    わたしなんかバブルがハタチくらいで、昔のひとびとのような社会に貢献なぞ、なんもしないでチャラついていたな。
    今子育てが折り返し付近、歳とった先もまだチャキっとしてなきゃならない世の中と思うと今からシンドイ。

    赤ん坊って、動物の子みたく、自力で何もできないお荷物の時代。ワカモノこそついこの間までヨチヨチ歩きでサンザンもたついてたくせにね。
    もとにもどって行くのよね、動作としては。
    可愛さが異なるね。老いてこそ可愛げがいるね。公共CMのおじいさん、可愛いけどな。
    権利OKよ!って返事したよ、こころで

    ユーザーID:9483638602

  • 権利って言われると違和感があるかな。

    もたつく人達だって、別にもたつきたくてもたついている訳じゃないんだから、「もたつく権利」という言いかたは変だなあと思います。
    どちらかといえば、「もたつく高齢者を受容する義務」の方がいいような。
    でも、「義務」って言い切っちゃうのもどうかなっていう気もするし・・・。

    どっちにしても、「年寄りだから大事にされて当然!」とばかりに自分の都合ばかりを押し通す年配者も
    年をとってくると判断力も運動能力も衰えて、色んな意味で視野が狭くなるものだということを
    全く考慮せずに、自分と同じような「ちゃんとした」振る舞いが出来ないと腹を立てる人達も、
    どっちも傍目にはとても醜く見えてしまうよね・・と。

    社会全体に、余裕がなくなってるんでしょうかねえ。なんだかギスギスした光景が増えましたねえ。

    ユーザーID:3247189802

  • 個人の意見ですが

    「窓口でもたつく、優先席に座る」
    これらの『権利』に対して求められるのは『義務』ですか?
    私は『責任』なんじゃないかと思うのですが

    あと何回か電車で席を譲りますが大抵はお礼を言われますよ
    言われない時もありますが、もともとそこでお礼を
    言ってほしいから席を譲っている訳じゃありませんし

    ユーザーID:5578566290

  • 机上の空論にするもしないも、トピ主さん次第

    トピ主さん、すべての正論は机上の空論とイコールで結ばれても、私はかまわないと思います。

    たとえに出ている「座席を…」のトピに私もレスしましたが、(愚痴)となってるのに批判的に書いてしまって申し訳なかった、とは思いますが、私の主張はかわりません。

    トピ主さんの言は「座席を…」のトピ主さんを『弱者』としての展開ですが、私はあのトピの『弱者』はトピ主さんの赤ちゃんだと思っています。
    子ども(弱者)を持った母親(弱者に対する強者)が、「座席を譲ってくれない人が悪いんだ」では、まかり通りません。

    赤ちゃんを前に抱っこ紐、背中には大量の荷物入りのリュック、片手にたたんだベビーカー。では、開いた片手でしっかりポールを握るなり、バスをもう一台見送りなり、今回ばかりはタクシーを使うなり、彼女は選択できたはず。
    彼女(母親)は、風に抗えない蝶ではないのです。
    転んでも、人を恨まずわが身を反省することもできるはずです。

    正論は、目的ではなく手段です。
    そしてそれは、行動によってのみ語られます。
    各自が自分の中で了解することで、他人におススメするものではないと思います。

    ユーザーID:8890618739

  • ちょっと解釈が違うと思います

    「何も言わなくても譲ってもらえて当然。なのに譲ってくれなかった!」という態度をとる人が非難されてるんじゃないですか?
    少なくともトピ主さんのあげたバスの中で転倒して、というトピはそうですよ。
    一言、「すみませんが席を譲ってもらえませんか?」と言えば、誰かが譲ってくれたはずです。

    黙っていればそもそも存在に気づかないかもしれません。例えば私はバスや電車の中できょろきょろしたりしません。
    黙っていることを立ったままで大丈夫という意思表示と受け取る人もいます。譲ろうと思ってこちらから声をかけても、断られることだってよくありますからね。

    譲って欲しいなら、「譲ってくれない」と文句を言う前に「譲って欲しい」と意思表示をする。それが「もたつく権利」に対する義務だと思います。

    あとですね・・・降車する人、先に並んでる人を押しのけて我先にと乗車する、残念なお年寄り、妊婦さんが目立ってしまって、優先席を必要とする人に対する視線を厳しいものにしてしまってることも否めないと思います。私の利用する沿線はひどくて、列を守るお年よりはほとんどいません。罵声を浴びせて杖で小突くお年寄りもよく見かけます・・・。

    ユーザーID:5280535592

  • 初めて知りました

    そのCMは見たことがありません。初めて知りました。
    でも、皆さんの書き込みから、だいたいの内容が推察されます。

    「もたつく権利」。
    分かりやすいキャッチフレーズですね。
    同時に、誤解を生みやすい言葉だと思います。

    権利というのは、人が生来有している(とされる)権利(自由権)と、国が保障する権利(社会権)に分かれます。
    「もたつく権利」を認めるとすれば、社会権でしょうね。
    とはいえ、お年寄りの方々に国家が法律で「もたつく権利」を保障するのは「世にも奇妙な物語」に出てきそうな、ありえない話です(ひょっとすると実現する未来もあるのかもしれませんが…)。
    ですので、周囲の方々が譲り合って、「もたつく権利」が保障されたのと同じ状況を作り出しましょう、ということがCMの主張したい内容だと思います。
    トピ主さんの感想は、CMの主張をとらえたものだと思いますよ。

    「もたつく権利」を自由権と考えると、一般的な感覚には反していると思いますので、それを認めようと訴えるCMに対して、批判的な意見が多く出たのだと思います。

    個人的には、見落としがちな事実を再認識させる、ACのCMを評価しています。

    ユーザーID:6537745274

  • 変なの

    >彼女は席を譲ってもらって当然で、それが可能である人だったら、譲ってあげるべきだよなぁと

    それならこの考えも「それを相手に求めていたら、社会って成り立たないよなぁと」じゃないですか?これって「譲る」という選択以外は全否定で「〜すべき」という断定までしてますよね。

    それでしたらほかの意見を持つ方をそれこそ正論でぶったぎってる気がします。
    トピ主さんも結局は「自分の言ってることが正論。そうるすべき」ではないですか?

    ユーザーID:7413977038

  • モタつくのは仕方がないけれど

    お年寄りがモタつくのは仕方がないと思いますよ。
    でもね、駅の切符売り場に長蛇の列ができている時、販売機の前でやっとこさ「料金はいくらかな?」と上の料金表示を見て、それからガマ口を開けるようなお年寄りを見ると、怒鳴りつけたくなります。なぜ並んでいるうちに料金を確認し、お金を手に握っていないのだ?!とね。そんなのと似た経験をしたことがあると、やっぱり「もたつく権利」というCMにはイラッとくるんじゃないかなと思います。(私はそのCMを見たことはないですけど)

    譲り合いとか親切とか、とても良いことだと思います。
    でも自分ができることをキチンとやった上で、のことだとも思います。権利だからと自分ができることもせずに甘えてばかりだと、やっぱり周囲の視線は冷たいです。それはまあお年寄りとか妊婦さんに限った事ではありませんが。

    ユーザーID:3823554444

  • 「権利」という言葉の選択が悪かった?

    そのCMは知らなかったので、さっき初めて動画サイトで見ました。
    言われなくてもお年寄りがゆっくりなのは当たり前だし、急いでいる時にもたつかれてもお年寄りだから仕方ない。「ごゆっくりどうぞ」と思うぐらいです。

    このCMにイライラする人は、「権利」という言葉の選択と「よろしーく」に反応してるのかなぁと思います。「もたつく権利」は確かにコピーとしてはなるほど、と印象に残る言葉ですが、ACももう少し別の言葉の選択があったんじゃないかという気もします。

    ただ、「義務を果たせ」という考え方はとても冷たいですよね。

    「派手に転倒」のトピは、万端な対策をせずに権利を主張しすぎたのが反感を買ったのでしょう。私だったら譲っていたと思いますが、それでも「譲らない周りが悪い!」と言われたら違和感でいっぱいです。

    もたつく側になったら謙虚さを持ち、もたつかない側でいられる時には思いやりを持って、譲り合って生きていきたいものです。

    ユーザーID:9875975952

  • ユーモア

    大体「もたつく」という行為自体には「権利」というおカタイ意識なんて何も関係ない。というところをひっくり返した
    思わずにやっとさせる面白いキャッチコピーですよね。

    もたついてる人を見てもイライラしないで
    できればその場を助けてあげる
    何かしら確執のあるもの同士が助け合うのが難しくても
    赤の他人同士ならよっぽど簡単なことなのに。

    お互い思いやりをもてれば良いですね。

    所詮はネットの掲示板
    当然偏った情報の巣窟ですから
    世間一般もそうなんだと思い込むのは賢い利用法とは思えません。

    ユーザーID:8029778033

  • 自己責任論が他人を批判する道具になっている

    CMはまだ観てませんが、「もたつく権利」と主張しないと高齢者(ハンデがあって機敏に動けない方)がはじき飛ばされてしまいそうな世の中だから?
    私も、車内で転倒してしまった方のトピが気になっていました。そのトピ主さん批判の前に、本当なら先に手を貸すのが当然だよなーと思っていたところです。批判レスの多さに、何と意地悪く恐ろしい世の中と思ったものです。日頃の子連れへの鬱憤を、ざまあみろとばかりぶつけているようで。
    私が以前自転車に乗っていて、買い物帰りに交差点でこけてしまった時のこと。かごから買ったものが散らばったり、起きるのにもたついてしまいました。交差点に進入してくる車は「早よ退け」と言わんばかりにじりじり迫ってくるし、周りの沢山の人達も、他人事として眺めるばかりでした。やっぱりそんなものか?とも思いましたよ。
    「自分が助けられなかったから、自分も人には手を貸すもんか」となるか「自分は助けられなかったからこそ、他の人にはそういう思いをさせたくない」と思うか、人それぞれなのですね。
    自己防衛論や自己責任論も必要だと思うけれど、私にはそれもまた机上の理想論だと思えます。

    ユーザーID:6080616062

  • 「権利」とは都合のいいときだけふりかざすもの

    たいていのお年寄りは、都合のいいときだけ年寄りぶるんですよ。
    普段は年寄り扱いするなっていうくせに。

    前後左右、人ごみで大混雑してるところでモタつかれたら、若者に対してだってイラっときますよ。

    私は高齢親がモタついてご迷惑にならないように、パスモ渡して、切符も買わない、これをかざして改札はさっさと通り抜けろ、と言ってあります。そもそも電車は極力乗るな、とも言ってますけど。
    大型店舗での買い物は、午前中にすませとけ、とも言ってあります。

    そういうね、普通の社会生活をしてる人に寛容を求めるなら、そもそも企業や学校やらが、タイムカードで一秒の遅れも許さんシステムをやめるべきだし、たとえば待ち合わせの相手が一分遅れたからってキレる人を諌めるべきでしょ。
    でも、遅刻は厳禁なんでしょ?

    すべての人がすべての事象に寛容になればいいんじゃないの?
    それとか、この人口密度を先になんとかすれば?

    だいたいが、この社会を作ったのは高齢者でしょ?
    でもって、古い価値観で嫁をイビってるんじゃないの?
    まわりまわって返って来てるだけですよ。

    ユーザーID:7476281467

  • 微妙なところです

    平日の昼間、テニスクラブ、ゴルフ練習場、スポーツジムに行くと、
    70代、80代の方々が沢山いらっしゃっています。

    うちの出不精、我儘、他力本願な祖母とは全く異なるようで、
    自分がもたもたするなんて嫌(もっとはっきりとした表現でしたが、
    ここではちょっと)という明確な意思をもってご自分を鍛えて
    おられます。

    皆さん驚くほどしゃきしゃきして、お元気なんですよ。
    それを見てると、年を取ったら当然とばかりに、
    衰えゆくままに何もしない方々全ての人に
    もたつく権利って、どうかなと思います。

    スポーツジムに通うのを国民の義務にすれば、介護の世界も
    大分様変わりすると思います。

    ユーザーID:6413563069

  • 中世さんに大賛成

    おっしゃる通り。お年寄りに若いこと同じように動けというのが間違い。もたつくなとイライラする方。ご自分が年をとればわかりますよ。きっと同じことになります。想像して思いやることはできませんか?

    ユーザーID:3520185800

  • ちょっと

    レスはずれてませんか?
    矢田様、あなたのトビではないですよ。八つ当たりみたい。

    ユーザーID:3520185800

  • 正論ではあります。

    が、お財布は切符売り場に並ぶ前やレジ打ってる最中に出すのは無理じゃないですよね?

    携帯で運賃調べる事も出来る世の中です(持ってる&知ってればの話ですが)。
    時間がある時はノンビリ待ちます。スーパーのレジやバスでは別に気にしません。

    せいぜい1,2分ですしね。だけど電車なんかは自分が乗りたい電車があるわけで。

    ただ慣れてない人も多いので、話しかけてその場で私が調べたりしてました。
    人への親切心と言うより、自分と後ろの人の為でもありますね。
    今は私はSuica愛用、暇な時にチャージ。母もSuica派です。

    前期高齢者の母ですら、「並ぶ前に財布くらい出しておけば良いのに」と言ってます。

    まあ確かに、その数分を待てない私達もどうよ?って感じかもしれませんが、人に親切を
    強要するのは間違ってるよなあ、と私は思いました。
    親切なんて自発的な“好意”であり、強要されるものではありません。
    当然と思ってる人には親切心うせます・・・。
    Suica&Pasmoはもたつく人には特に良いと思うけどなあ。

    ユーザーID:1510104550

  • 世の中色々

    高齢者も若い人も、人生色々と思って、落ち着きましょう。

    これだけ人口が多く、都会に集中している状況で、車を運転したり、公共交通機関を利用したり、歩いたりすれば、お互い多少不愉快な目に遭いますよ。「どの程度まで許容できるか」ということが問題になると思うのですが、高齢者も若い人も、「あと5cm」(へんな例えですが)広くなれば、世の中少しは住みやすくなるのでは・・・。

    こんなことを思って生活しています。すいません。

    ユーザーID:9052815614

  • 自業自得

    ホームで電車を待つのに、整列して並んでいるのに、割り込むお年寄りがいました。
    また広いショッピングモールでは、壁際で人を待っていたら、最短距離を歩こうとするお年寄りに「どけ」と杖で押しのけられました。
    さらに新幹線の3列シートでは、私は指定席窓側を予約していたのに、中央席のチケットを持ったお年寄りがその席に座っており、
    車掌さんが説明してもその場所を動こうとせず、しまいには30分に1回はトイレに立っていました。


    こんなお年寄りが多いから、同情できません。自業自得です。
    舌打ちや文句言われる位は、我慢すればよろしい。

    ユーザーID:2814331449

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧