• ホーム
  • 働く
  • 結婚を機に海外へ移住したのだけど・・・仕事がない!

結婚を機に海外へ移住したのだけど・・・仕事がない!

レス72
(トピ主6
お気に入り99

キャリア・職場

たら

32歳、女性です。
2年半前に外国人と結婚し、現在、彼の国に住んでいます。
もう2年半もこの国に住んでいるのにいまだに無職です。
最初の2年間、語学学校へ通いました。
学校が終わったら働くね、と言い続け、この半年間就活しましたが撃沈続き。

最初はオフィス系の仕事がしたくて、日本企業の支社に履歴書を
送っていたのですが、全滅。返事すらありませんでした。
やむを得ず、地元の販売店・飲食店にターゲットを変えたのですが、
履歴書は通っても面接で落とされます。やはり現地語が完璧でないこと、
アジア人であることも関係あると思います。

この国でも深刻な失業率なので、仕事にありつくこと自体、簡単ではありません。

あとは掃除や工場のライン作業くらいしか選択肢がないのですが、
そういう仕事はどうしてもしたくない、と思ってしまう自分がいます。
夫は、とにかく働いて欲しいと言うし、夫の家族や友人たちも会う度に
「仕事決まった?」と聞いてきます。

彼との結婚、こちらへの移住を選んだのは確かに私ですが、
予想以上に厳しい現実にめげてしまいまいそうです。

日本での学歴は短大卒、当時は就職氷河期で、約4年フリーター、
約3年派遣社員、約3年契約社員でした。
会社では専門性のない事務仕事で、アシスタントのような雑務しかしていなかったので、
こちらでいかせるような技術や知識などはありません。

私の20代での見通しが甘過ぎたのはよくわかってます。
彼の仕事の都合で、あと10年は日本には帰れません。離婚も考えていません。
私はやはり、この国で工場のライン作業か掃除をするしかないのでしょうか?

国名がわからないとアドバイスしにくいのは承知なのですが、
個人特定をされたくないため、伏せさせて頂きます。
ご容赦ください。

ユーザーID:8434154917

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数72

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 旦那さん達がそれでよいなら、そうするしかないのでは?

    どこの国はわかりませんが、仮に欧米とします。
    ヨーロッパなどでもかなり社会的格差があり、工場のラインの仕事や掃除の仕事などは、通常ある程度のご家庭だとしたら、旦那さんやそのご家族が、外国から嫁いで来たお嫁さんに従事してほしい仕事ではないと思うと思います。もし、旦那さん達がそういう仕事でも構わないので、とにかく働いてほしいというのであれば、もうそうするしかないのではないですか?

    また、そこまで社会的格差がなく、工場のラインの仕事や掃除の仕事が社会的に普通の仕事とされている国にいるのだとします(日本などは工場のラインの仕事は主婦のパートでは多い職種ですし)。そうならば、割り切ってその仕事をすればいいと思います。

    どちらにしろ、経歴を拝見していると日本以上に学歴重視の国が多い海外で、いわゆる事務仕事などにつける可能性は、特に今の不況状況では難しいと思います。旦那さん達が現地の大学に行って専門性を身につけることではなく、仕事をしてほしいと望んているなら、そうするしかないし、仕事は選べないのではないでしょうか。

    ユーザーID:0498006571

  • 日本語や日本のことをを習いたい人はいませんか?

    ある程度規模の大きい都市にお住まいなら、日本語や和食を習いたいという人がいそうな気がします。情報誌などに個人レッスンの広告を出してみるとどうでしょう?たいした収入にはならないかもしれませんが、金銭的に毎月必ずいくら以上は稼がなければいけないとかではなく、仕事をしていないのは体裁が悪いというのが主な働く理由であれば、OOを教えてます、ととりあえず言えるようになります。

    ユーザーID:2677934857

  • お気持ちお察しいたします

     外国人の友人がたくさんいますが転勤族の妻は、今の不況のせいかキャリアがあっても現地語が話せない等の理由でなかなか就職決まらない人が多いようですね。チャリティなどで自分の活躍の場を広げている人もいますがボランティアですから、お給料はもらえません。
     また、母国(ヨーロッパ)に帰ってもキャリアの生かした仕事が見つからず、とりあえず、掃除やベーカリーなどで働いている人たちもいます。

     海外にいても得意な趣味などを生かして、教室を開いている人もいます。
    (絵画、お料理、ヨガ、ダンス、写真スタジオの開設。など)


      私も数年前ですがアジアの都市で就職活動をしました。自分のキャリアに自信がありましたが数件、面接に落ちて落ち込みました。でも、ひとつ、外国で働いたという実績が残ると面白いように転職がきまり、ステップアップができたと思います。
     また、人脈もでき帰国後もその企業の本社に来ないかというお誘いがありました。

     いまは、我慢の時期なのではと思います。ご主人の意向が働いてほしいという事なので、とりあえず、工場、掃除などするしかないのではないですか?

    ユーザーID:1765335962

  • そうじゃなくて

    >私の20代での見通しが甘過ぎたのはよくわかってます。
    見通しの甘さよりも今のご時勢で好き嫌いで仕事を選んでいるからですよ。能力さえあるならライン作業の仕事からオフィスでの仕事へのシフトだってありでしょう(アメリカとドイツでですけど、私の友人に3人ほどそういう人がいます)。

    ユーザーID:3120418093

  • 私の周りでは学校通いが増えてます。

    いまさらですが、永住だったら語学学校じゃなくて学歴の付くコースに行った方がよかったかも。でなければせめて就活をエコノミック・クライシス前に始めていれば・・・。

    どちらの国かわかりませんが、オーストラリアだとデプロマ、又はその業界でそれなりの年数を働いたことがある経歴は最低持ってないと、面接まで行くのは難しいと言われています。
    工場のライン作業も、主婦層の競争率が高くてなかなか入り込めないとか。

    仕事を持っていた人でさえ職を失い学校に通い始める人が増えている時代なので、難しいですよね。
    もう2年くらい学校に行ってみては?

    もしお住まいが大都市だったら、エージェンシーに登録すれば何かしら仕事はありそうな気もします。

    ユーザーID:6921396030

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 保育関係は

    どうでしょうか?子供が嫌いならその時点でアウトですけど。
    日本人の駐在家庭のベビーシッターや、現地家庭に出向いて保育ママのかわりをするとか。お住まいの国がわからないので何ともいえませんが、例えばドイツでしたら保育ママの資格などはそれほど難しくないようですよ。

    ユーザーID:5499090936

  • 工場でもなんでも

    働かなければいけないなら選り好みしている場合ではないですよね。
    工場での生産ラインや掃除だってりっぱな仕事ですよ。
    なぜイヤなんですか?プライド?体力的なもの?
    賃金低い?

    あなたはその国の言葉もろくに話せない外国人ですよ?
    現地の人の失業率も高いのに、言葉も文化も完全に理解できないあなたを雇う理由はありませんよね。

    賃金の安い人気の無い仕事から応募してみるしかないじゃないですか。
    ご主人にたかっての生活が無理なら日本へ帰るか、嫌な仕事をするか二つに一つです。

    日本に帰っても仕事に就ける保障はどこにもありませんから、せめてご主人の仕事が保障されている現地に今はいるのが得策だと思いますが。

    ユーザーID:6993863584

  • わたしだったら

    ライン作業の仕事をやります。そしてその工場の事務職を狙います。事務職希望を伝えといてかつ一生懸命働いて信頼を得るように頑張ります。

    現地の人の中でもまれて1年でも働いたら自信もつくだろうし、そのときに希望の日本企業に申し込んでも良いのでは?

    それか調理師とか美容師とか現地語が得意でなくても職を得られやすい資格をとります。資格のために学校行きながらライン作業でも働きます。

    とにかく何でも良いから働いてお金を稼ぐ事が大事であって理想は稼ぎながら追いかければよいと思います。

    ユーザーID:3907446826

  • タイトルにひかれてやってきました

    私もそんな状態が半年つづきウツ病みたいでしたよ〜。
    まだ25だったのでこのまま人生終わるんや・・・って。
    だけど日本語講師としてうまくもぐりこめました(笑)
    大学でも一応日本語教育を勉強したものの日本語教師の受験には失敗。
    主専攻であったことだけを武器に教えてました。
    いやでも、ふら〜っと来たおじさんが教鞭とってたりしてたしいい加減だなって思いましたが。
    何百万も出して日本語教えに行くプログラムがあることを考えたらとってもあほらしかったです。今もあるのかな。
    専門の大学は無理でしたが系列の学校で教えてましたし、バイトも結構ありました。その線はどうでしょう??

    ユーザーID:1444208759

  • コネはないのですか

    アジア以外で非英語圏の国のようですが、コネとかがなければ
    清掃や工場も止むを得ないのでは。
    日本でも言葉が完璧でなく、何も資格のない外国人が最初にどういう
    職種から始めるか考えれば、どこの国でも同じと思います。
    現在の世界の失業率を考えると仮に日本で就職しようとしても同じ
    ようなものでしょう。

    ユーザーID:1183255011

  • リクルター

    こんにちは、たらさん。
    やはりどの国のどこに住んでるかがわからないと 海外で住んでる方もアドバイスしにくいと思いますが、 何かしらのアイディアになるかもしれないので 私の話を。
    私は渡米したあとやはり仕事が無く 大学に行きました。卒業と同時に都会に引越し日系リクルーターを通じて日系とアメリカの会社を何件か紹介していただきました。今はそのうちの一件でずっと働いてます。もし住んでる地域に日系新聞、雑誌があればリクルーターが載ってるはずです。個人的に履歴書を会社にだすより リクルーターを通した方が面接にたどり着きやすいです。
    私の場合、日本にいた時から英語には自信があったので、言葉の壁にぶつかるなんて思いもしていなかったのですが、それが現実でした。
    こればかりは焦っても仕方がないので 取りあえず バイトをして(私も大学中バイトしまくりました)現地語になれる事が第一です。
    今はどこもかしこも不況なので めげないで職探しがんばってください。

    ユーザーID:8986289007

  • 自分のことかと思いました

    こんにちは。タイトルを見て自分のことかと思ってしまいました。

    私も結婚で海外に来たので仕事を辞めましたが、寿退社なんて全く嬉しくありませんでした。
    こちらにきてから仕事を探していますが、田舎なので日本企業もなく、不況で求人も少ないです。
    共働きが当たり前の社会なので、来てたった二週間ぐらいしか経っていない時から現地人に「暇じゃないの?仕事しないの?」
    「○○と結婚しただけで働かなくていいなら俺も○○と結婚したいわ」と言われうんざりです。
    心配するなら仕事くれ!と思います。
    日本での高学歴もこちらでは通用しないし、かといって専門知識もない自分が悔しい。
    私の愚痴になってしまいましたが、トピ主さん大学にいかれてみては?
    簡単なことではありませんが、現地大の学位があると現地企業への就職もしやすくなるのでは。
    少なくとも工場よりは条件の良い仕事が見つかると思います。
    日本の短大の単位の編入ができれば2年で学部卒も可能かも?
    また在学中は図書館などで学内バイトが優先的にできるかもしれません。
    アドバイスになってなくて申し訳ないですがお互いがんばりましょう!

    ユーザーID:6967558416

  • 語学力は?

    語学学校に2年通われたとのことですが、それでも仕事をするのに十分なレベルではないのですか?
    ご夫婦の会話は日本語なのでしょうか?それとも、かなり難しい言語ですか?

    掃除や工場のライン作業がやりたくないというのは、日本にいる友だちや家族に対する見栄なのかなと思ってしまいます。

    ご自分のレベルアップに努めるか、今の実力にあった仕事をするしかないと思いますけど。

    ユーザーID:6371812005

  • 理屈ではわかっているものの・・・

    書き込みありがとうございます。まとめレスで失礼します。

    ・在住国は非英語圏のヨーロッパです。
    学校で習うのと、現地で実際に話されている言葉に相当な隔たりがあり、
    2年語学学校に通っても、実践レベルではほとんど使い物になりません。
    主人との会話は英語です。主人もこの地方出身ではないため、現地語とはまた違う方言を母語にしています。

    ・日本語教師になる、和食教室を開く
    →知識が全くありません。逆に考えて、ただの主婦であるアメリカ人に英語やらアメリカ料理やら教わりたくありませんよね。

    ・美容師、調理師になる
    →どちらにも相当の興味と熱意がないとできない仕事ですよね。こちらで専門学校に通うのなら、それなりの時間とお金と語学力も必要で、私にはちょっと難しいです。

    ・現地でリクルーターを探す
    →現地日本語新聞を毎回丹念に読んでいますが、そのような情報は見たことがありません。

    ・現地で大学を出る
    →主人の仕事の都合で、3年以上一箇所に定住できないのです。数年毎に各地(海外含む)を点々とする暮らしになります。また学費もこれ以上出してもらえそうもありません。

    次に続きます。

    ユーザーID:8434154917

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 続きです。

    ・なぜ工場や掃除の仕事をしたくないのか?
    →皆さんのご指摘どおり、私のつまらないプライドのせいです。
    大した学歴、職歴を持っているわけでもないのに、どうしても工場や掃除の仕事をするのが恥ずかしいです。日本にいる親や友達にも恥ずかしくて言えません。夫は職種についてこだわりはないようで、「何でもいいから仕事をして欲しい」としか言いません。一度、「工場や掃除の仕事でもするべきか?」と聞いたら、「それは君が決めることだ」と言われました。

    甘ったれんな、と厳しく叩かれると思いますが、最近では自分に生きる価値がないのでは、とも感じ、死にたくなる時があります。こんな中途半端な状態で日本に帰っても、まともな職につけそうもないし、再婚もできそうもないし、どこに居ようとお先真っ暗。一時的に鬱状態になっているだけのような気もするし、もう人生終わりのような気もします。

    一つ明確に言えるのは、人生やり直すとしたら、学生の頃にもっと勉強して、もっといい大学に行って、専門職に就けば良かった、ということ。こんなこと誰でも知ってるし、今さら言ってもどうしようもないんですけど、ほんと。愚痴になりすみませんでした。

    ユーザーID:8434154917

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • もうひとつ

    >工場のライン作業か掃除をするしかないのでしょうか?

    についてですが、もし私の周りで地元工場のライン作業をしている人がいたら、日系のお店/日系企業の販売やウェイトレス、パートをしている人よりも、私だったら確実にもっと尊敬します。
    本人が恥ずかしいと思えば、恥ずかしい仕事に見えてしまうかもしれませんが、現地でサバイブしてる姿はかなりかっこいいですよ。日本の知り合いにだって「めったに出来ないこんな経験」的な話題で話せば、十分感心されると思います。

    掃除ビジネスも、仕事を覚えて独立して大成功した日本人を知っています。
    日本人の細やかな作業や信頼感なんか、絶対に他の地元業者より抜きん出る事が出来ると思います。

    何をするにしても海外で楽に評価される事はないのだから、チャンスがあれば最大限の努力をしてみるベきかと。

    ユーザーID:6921396030

  • 欧州某国の話をすると…

    まず始めに結論を書くと就職は必ずしも当人の能力に依存しないので職が決まらないからといって過度に落ち込まない方がよいと思います。

    さて求職は当事者の都合で基本的に行うものですが採用は必ずしもその都合が優先されるとは限らない典型だと思います。欧州ではこの金融不況以前からずっと慢性的な高失業率が総じて続いています。
    例えばドイツでは2年前の時点で既に失業者が300万人前後いて、それに更にこの不況で上乗せがかかっている状態です。この国では原則的に企業が外国人を雇用する場合は州政府が介入して来ます。外国人雇用の場合は就労ビザが必要になるので申請時にそれと分かるからです。その理屈は単純で「自国民が大量に余っているのに何故このポジションは外国人でなければならないのか?」という問いに正当な答えが出来るか否かにかかっています。つまり外国人は特殊技能やスキルがないと既にビハインドがあるという事です。面接に受かったとしても更に州政府がダメと言った、でアウトになるケースも多いです。
    こればかりは個人の努力で克服出来る次元の話ではないので落ち込まない事と「外国人」が武器になる業種を探しては如何ですか?

    ユーザーID:9643348137

  • 私も同じでした〜。

    在欧ですが、私もこちらに来てしばらくはそんな状態でした。
    でも語学学校2年て長いですよね。その間に仕事につながるコネなどはできなかったのでしょうか。

    どんな仕事をするにしろお住まいの国でずっと働くおつもりなら、
    長期的な計画を立てた方がよいと思います。

    私もこちらで語学学校〜大学博士課程〜専門学校と経て必要な資格を取り、
    現地企業に就職しました。
    ヨーロッパは特に学歴・資格社会なので、単純作業の仕事をしつつでも
    学校等に行くことをおすすめします。通信教育もありますしね。

    あと、派遣会社にもぜひ登録を!

    ユーザーID:3821738303

  • こんなことは本当はいいたくないんだけど

    妊娠するしかないと思います。

    ただそうすると、あなたの人生そのものが身動きとれなくなりますけど。

    日本に帰るのも自由に行かなくなります。あなたは日本でも大したキャリアをもっていない。もし将来日本に帰りたくて帰っても、日本でもろくな仕事にはつけない可能性大です。

    つまり、一生誰かに頼って養ってもらう人生を歩むことになります。自分で自分の人生が決められない、自主独立が不可能な人生です。

    でも、今の夫を信じて愛していて、これから一生共に生きていたいと思う相手なのなら、子供をつくるというのもひとつの選択肢です。あなたの年齢からいってもね。

    ただ、妊娠していても、子供が小さくても、工場でもいいから働いてほしいという夫の場合は別ですが。。。

    ユーザーID:0303381409

  • 生活のためでしょうか?

    トピ主さんがお仕事探しているのは、生活のためですか?
    それとも外国では妻も働くのが当たり前だからでしょうか?

    ご主人の稼ぎだけで生活ができるならば、それほど焦ることでもないとは思います。
    自分の納得できる仕事を、探す余地はあるかもしれません。
    ただ、生活の為にある程度急いでる場合でしたら、
    掃除の仕事でも工場でも、構わないと思います。
    贅沢を言ってる場合なのかなぁ?と思います。
    トピ主さんも働かないと、この先生活できなくなる可能性があるならば、
    仕事を選ぶよりもまずは現実の生活です。

    現地語が完璧でない場合、やはりそれがネックとなるのは仕方ないでしょう。
    それでもカフェや、スーパーのレジ、日系レストランで働いてる人もいました。
    国や地域、場所にもよるのでしょうけど、お友達とかはどうなのでしょう?

    ユーザーID:9054139976

  • アドバイスします。1

    全滅、とありますが、いったい何社に履歴書を送ったのでしょうか。
    海外で仕事を得て働いている人の中には、数十社どころか数百社に履歴書を送り、そのうちの一社に雇ってもらった、などいうエピソードも決して珍しくはないと思いますが。

    私を落とすなんて見る目がないのね...くらいに考え、200社でも300社でも履歴書を送り続けてみてください。
    返事がなかったら、そこからさらに手紙を書いてみるくらいのことをしてもいいと思います。
    もちろん、自分はどれだけヤル気があって、自分を雇ってくれれば決して後悔はさせない、といった内容で。
    私は現在北米在住ですが、それくらいやるアメリカ人は結構いますよ。

    あとは、コネです。
    まだ仕事してないの?と誰かに聞かれたら、何でもいいから仕事はないか?と真剣に頼んでみてください。
    あくまでもアメリカ国内での話ですが、就職時には人脈がものをいいます。

    活かせる技術や知識がなければ、特殊能力を必要としない仕事をみつけるしかないのですよ。
    掃除や工場の仕事はお嫌だそうですが、金銭的に切羽詰ってないからそういったことがいえるのでしょう。

    ユーザーID:3095617226

  • アドバイスします。2

    誰でも最初から好きな仕事にありつけるとは限りませんよ。
    できることから始めればいいではありませんか。
    掃除や工場の仕事をバカにしてますか?恥ずかしい仕事だと感じますか?

    私がこちらで最初に仕事をしたのは今から13年前。
    今のように大不況ではなかったものの、外国人、経験なし、英語が完璧でない...等々の理由から、就活し出してから初めて雇ってもらうまで半年かかりました。
    自分を雇ってくれる人なんていないんじゃないかと暗くなりかけましたが、めげませんでしたよ。
    しかも、最初の仕事は出来高制。
    一応クリエイティブ系の仕事ではあったものの、一つ作っていくら...というものでした。
    ひと月に700ドルくらいにしかならなかったかな。
    ハイ、大変に貧乏でした。

    あれから人脈を伸ばし続け、コネを作り、スキルアップに努め、今では同じ歳のアメリカ人が稼ぐ平均よりも多い金額を得ています。

    頑張ってください。

    ユーザーID:3095617226

  • お掃除がいいですよ!

    私だったら、ライン作業よりは掃除を選びます。
    工場の単純作業は発狂しそうになるとききました。
    それに比べるとお掃除は住居をきれいにする喜び、段取りを考えて作業する知的チャレンジ(大げさか)もあって、精神衛生にいいと思う。
    女性も働くのが当然の国であれば、自宅の掃除を個人のクリーニングレディにまかせる家庭が多いので、需要は多いと思います。
    うちも何人かクリーニングレディを雇いましたが、真面目で仕事がきれいな人は見つけるのがたいへんなので、優秀なクリーニングレディは引っ張りだこですよ。
    今のクリーニングレディは、よそのおうちの中を見るのが好き、きれいにする仕事が好きということで、自分の仕事にたいへん誇りを持っておいでです。
    掃除なんて、、、とプライドが邪魔する気持ちもわかりますが、「クリーニングビジネスをはじめた」といえばカッコ悪くなんかないですよ。
    掃除くらいしかできない、とか、掃除をやるしかないのか?と思ってしまうと仕事に誇りをもてないんです。自分はおそうじのプロをめざす!と頑張るのはどうですか?

    ユーザーID:3279695132

  • お気持ちお察しします。

    アメリカに来て3年。一年コミカレに通ってから仕事を始めました。
    地元の派遣会社からの紹介で期間限定のお仕事(事務職)を3つして、
    今また求職中です。 夜間の学校にも行っています。
    この不景気では地元の人でも職を失っているのに、外国人ではなかなか仕事に就けません。
    私も国際結婚ですが、夫に経済的に頼るつもりは全くありません。
    生活費は全て折半です。私自身の希望でそうしています。
    初めは日本で貯めた貯金を取り崩して学費と生活費に当てていました。

    ここは田舎町なので、日本語を活かせる仕事などありません。
    それで数ヶ月前についに爆発してしまい、泣きながら夫に訴えました。
    日系企業のある都会に住みたいと。。

    私は生きるか死ぬかの選択にならない限りは工場のライン作業やお掃除のお仕事は絶対しません!

    たらさんの住むところに日系の職業斡旋企業があるならば、登録されてみたらよいと思います。
    アメリカならオンラインのジョブサイト(Yahoo Hot Job等)に履歴書をupしたら、
    必ず数社の地元&日系職業斡旋企業から連絡受けますけど、そういうオンラインジョブサイトがあれば利用されてみては?

    ユーザーID:0096779240

  • 言葉の壁は大きいですよね

    知り合いのバックパッカーは、日本語以外の言語はほとんど出来ないけど、旅路にマッサージやネイルなど自分で開業?していました(違法かどうかはわかりません)
    もし、ネイルとかマッサージが得意ならご近所さんから声かけして輪を広げていくのも良いのでは?
    友達はネットオークションしてました。
    日本の漫画とかおもちゃとか古風な物とか・・・。

    ユーザーID:6756543720

  • 17日のレスを読んで

    職探しよりもトピ主さんの精神状態が心配になりました。
    トピ主さんは軽いウツ症状のようですね。
    ご主人にご理解があるならこんなホリデーシーズンに就職活動など止めて少し長期で日本に帰られて休養するとかできないですか?
    日本のご家族、友達に会って日本語でいっぱいしゃべると気分が軽くなると思いますよ。

    >「工場や掃除の仕事でもするべきか?」と聞いたら、「それは君が決めることだ」と言われました。
    これはもっともな意見です。あなたの意思を尊重してくれているのだと思います。

    とにかく旦那様には今のあなたの心境をお話されて、あなたの精神的な状態も理解してもらうべきではないでしょうか?

    ユーザーID:0096779240

  • こんなのどうですか?

    結婚を機にヨーロッパ某国へ移住しました。

    幸い、フルタイムで仕事をしております。

    フルタイムの仕事以外に、日本向けにヤフオクでオークション出品、
    バイマでバイヤーやっています。

    ヒット商品を探すのは大変ですが、当ればウハウハです。
    おこずかい稼ぎになります。

    最初は、せこいなと思ってたのですが予想以上に売れています。
    日本市場のリサーチには時間がかかり、流行の変動も早いのですが
    コツをつかめばすぐに慣れます。

    お店をもっと回る時間があればなと思っています。
    気晴らしになると思いますよ。

    お住まいの地域に特産物、日本人が喜びそうなお店ありますか?

    ユーザーID:9081532309

  • 日本の通信の大学で何か勉強するとか・・・

    最初のレスはきつめでしたが、事情を聞いて気の毒になりました。
    数年で移動して歩くのに、それにあわせて奥さんも仕事を探せって、無体な話ですよねえ・・・。語学の壁が厚すぎますし、現地のコネもないでしょうし。

    日本語教師を勧められている方がいて、こちとら本業としては、「そんな簡単に出来るか!」と言いたくなりましたが、とぴぬしさんのレスを見て、なんだか応援したくなりました。

    今、日本では海外でも学べる通信制の大学が、いくつかあると思います(日大とかはスクーリングがありますが、それでも普段は海外で大丈夫)。そういうところで、例えば本当に日本語教師の勉強をしてみるとか、何か今できることをしながら、ハウスキーピングの仕事をするなりしてみたら、どうでしょう?
    ただ働くよりは、目的も出来るでしょう?

    もちろん何も日本語教師に限定せず、自分ができそうなこと、やりたいこと、模索しながら働くのはどうでしょうか。
    きっと、張り合いも出ると思います。
    がんばってくださいね!

    ユーザーID:0498006571

  • たらさん、つなぎの仕事なら

    富裕層の個人宅やホテルの清掃を勧めます。
    東欧などから欧州各国に出てくる友人たちはたくましいですよ。
    自国では大卒や資格を持っていてもイギリスやスイスでは現地人にはたちうちできません。履歴書は送るだけ無駄というレベルだそうです。
    なので、ホテルの清掃やもしくは富裕層の個人宅のナニー、ドライバー、クック、クリーナー、ハウスキーパーで働き始め、ホテルで知り合う人たちや雇用主からコネを作るんです。富裕層の個人宅だと、信頼関係ができるのも早いので、ナニーからそこのご主人の会社に就職したり、ご主人や奥様からの紹介で企業就職していたりと、まるでちょっとしたサクセスストーリーですよ。スイスでクリーナーとして入った子(高卒レベル、タイ人)がものすごく気に入られて、その家族が(ご主人がアンバサダーでした)ビザまで出してくれて転勤先のパリに連れていって行ったケースもありました。
    下積みとして考えれば、こういう仕事も悪くないのでは?
    私自身、ナニー、ハウスキーパー、クック、ドライバーをやった経験があります。ホリディでナニーとしてニューヨーク、チュニジア、日本、欧州各国を一緒に行ったりもしましたよ。

    ユーザーID:1186018107

  • まず始めてみてはいかがでしょう

    非英語圏のヨーロッパ、語学学校で習う言葉と現地語の格差が大きい、ということで、もしかしたら私がいる場所と同じでは、と、思いレスします。
    工場のライン作業にしても、掃除にしても方言が分からないと割とつらそうですね。ただ、方言に関しては、慣れれば少しづつ分かって来る様になります。
    一度勇気を出して、職種は何であれ始めてみることをお奨めします。
    自信つきますよ。
    掃除を一生続けなければいけないわけじゃないでしょう?そこを振り出しにしてステップアップしていけばいいじゃないですか。
    後、自宅での会話も英語から在住国の言語へ少しづつでも変えていったほうが、練習にもなるし良いのでは。
    私も夫と知り合ったころは英語でしたが、いまはばりばりに なまってます(汗)。

    ユーザーID:0594786161

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧