• ホーム
  • 話題
  • 人生で、信じてる事(物)、ありますか?

人生で、信じてる事(物)、ありますか?

レス22
(トピ主2
お気に入り36

生活・身近な話題

質問者

自信を持てたら良いのですが、それもイマイチ。
でも、人生、何か強く信じられる物や事があれば、強くなれる気がするのですが
皆様は何かお持ちですか?
信じられる・・・って、占いとかの類では無く、何というか、心の支えみたいな?
やはり、家族とか子どもとか・・・なのでしょうか?

ユーザーID:6709288753

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分の感性

    信じてるといいましょうか、宗教はさまざまですが
    神さまというのは、自分の心が作り出すものと考えています。
    日ごろあまり口にしてはこういう話しないですけど・・・・

    信じられる・・というのを探すのであれば、普遍的なものは
    自然の中にあるのではないでしょうか。春になれば桜が咲き、5月になれば
    ハナミズキの花が綺麗に咲きみだれる、それは家族や宗教、
    子供よりも心のよりどころになります。

    古典を読んでみると大昔から人々の生活にかわらずに存在していた
    感動や喜びが四季折々の自然の中にあることに気がつかれるでしょう。

    神は自分の中にいる。信じるのは四季折々の季節に感動できる
    自分の感性です。自分がしっかりすれば、家族や周囲の人も
    支えていくことができます。

    ユーザーID:7660774383

  • 人生にはモテ期が3度ある!

    そう信じている20代後半独身男です。

    思い返すと、高校時代と新社会人時代にいい思いしたなぁ…
    残り1回、悔いのないように過ごさないと!と
    心の支えにしてたりします。

    ユーザーID:7275776039

  • ありがとうございます

    >kamiさま
    >信じるのは四季折々の季節に感動できる自分の感性

    って凄いですね。心の拠り所になるのですね。
    なんか良いなぁ・・・

    >鈴木さま

    笑ってしまいました。すみません。
    信じてらっしゃるのですね。凄い・・・
    心の支えって、人それぞれなのだと実感。


    他にも、人生での拠り所みたいな信じられる事
    募集しております。お聞かせ下さい。

    ユーザーID:6709288753

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • いいことをするといずれ巡ってかえってくる

    ちょっと下心があるように聞こえるかもしれませんが、他人が困っていたら自分のできる範囲でお手伝いすることですかね。
    助けた人から帰ってこなくても、いずれ巡って自分が困ったときに返ってくると母さんが言っています。

    逆も同じことがあると思うので、他人に迷惑かけないように生活するのも大事だと思います。
    自分がされて嫌なことはひとにはしないようにしてます。

    これだけで結構人生ハッピーと思っているわたしは能天気かな?

    ユーザーID:2665094786

  • 自分です。

    私は自分を信じています。
    それだけで充分幸せだと私の場合はよくよく判りました。
    トピ主さんが信じるに値するものを見つけられ、幸せな気持ちになる事を祈っています!頑張って!

    ユーザーID:8550269368

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 将来は予測できない

    だから、評論家、アナリスト、コンサルタント、コメンテイター、占い師の話、全部話半分以下に聞いています。

    とりあえず、やってみないと分からない。
    結果が、評論家、占い師の予測どおりだったら?
    それは単なる偶然でしょ。

    ユーザーID:1343789035

  • ずばり!

    自分です。

    時々鏡を見て、「ありがとう!れおんががんばってるおかげで、本当に幸せです!れおん、ありがとう!」と自分にお礼を言ってます。

    変かもしれませんが・・・世界中が敵になっても、世間が認めてくれなくても、私だけは自分を信じて、励ましてあげたい。できなくってもいいよ、しんどかったら休んでもいいよ、自分で自分をいつも励ましています。

    でも、人生で絶望を感じた時期には、夢に出てきた水サのお守りを買って肌身離さず持っていました。心が壊れてばらばらになってしまっても、また時間がたてばきっとばらばらの心を形にすることができると知りました。人間って幸せになるために生きてると思っています。信じるものは救われるかな・・・?!

    ユーザーID:1331901150

  • 私の信じている事。

    子は親の背中を見て育つ。。。。です。


    幼い二人の子持ちで離婚、その後、 自分自身だけが頼りと、行政の保護にもならず
    働き頑張ったお陰で子供たちにも希望通りの教育を受けさせ、立派な社会人として世に送り出せました。

    私自身もリタイア後どうにか金銭面でも困ることなく、老後をエンジョイ。


    この不況な時代にも家のローン以外は借金なしと言う、
    成人し夫々家庭を持っている3人の子供達。。。。。

    ユーザーID:9015372936

  • 変人ですが

    私の場合、「科学」です。
    技術系の大学院を修了しているし、科学的裏付けがあるので、軸がぶれにくい。
    まあ、少数派だとは思いますが。

    ユーザーID:6911889345

  • あらゆることを経験すること

    中年を過ぎて思うことは、あらゆることを経験して、神さまみたいな存在に近づくことが生きている理由かなと思います。

    勿論、たった一つの人生で成し遂げられる事ではありませんね。
    気が遠くなるような幾つもの人生を歩むのでしょう。

    だから、一見退屈なような人生も、つらそうに見える人生も、きっと何かを経験するために、自分で選んだ人生なのだと思います。

    今、こんな風に信じる事が出来るので、どんな事にも学びがあるんだと思って、自分が良い方向への(他人との調和の中に)学びが出来るようにと、神(他に言葉が見つからないので)といつも対話しながら生きています(こんな事ここだから言えますが)。

    尚、わたしの言う神は宗教に関係ない宇宙のエネルギーみたいなもので、宇宙に満遍なく働いているものです。

    祈りが叶うと言うのも結構信じます。それが他の人を害しないならですが。

    ユーザーID:9810950476

  • 信じる自分とは?

    自分にとって
    都合の良いと思える人(モノ)を信じ、
    都合の悪い人(モノ)を信じないというように
    信じる対象を自分の都合で選択してしまう限り、
    信じる対象を持つことができないのは?

    信じる対象を自分の都合で選択してしまうような、
    そんな生身の自分自身に、信じることの迷いがあるのだと思う。

    まずは、信じる対象の有無を考えている
    自分の姿を知らないことには、どうにもこうにもならないのでは?

    ユーザーID:3842483337

  • 生まれて恋して死ぬまで

    人の一生は線では無く、面積(細い太いの巾のある)だと信じています。

    だから、細く長ければいいわけでも無く。
    太く短くてもいいと思いません。

    この話しはローマからトリノまでドライブした車内で、
    現地の女性との恋に苦しんでいた日本人の男性から聞き、
    ずっ〜と、こころから離れません。

    ユーザーID:7596624106

  • 継続は力

    好きな仕事10年続けて食っていけるようになった。

    好きなスポーツ始めて6年、大会にも参加し仲間も増えた

    ユーザーID:5348742913

  • 過去の自分を信じてる

    泣きながら 文句言いながら 怒りながら もがきながら
    現実から逃げず懸命に生きてきました。
    だから辛いことがあっても、過去の自分が大丈夫だよと言ってくれます。
    まずは足下をみてしっかり生きてみてはいかがですか?
    自信なんて後からついてきますよ。

    ユーザーID:2784544184

  • 自分かなぁ

    家族はとても大切で支えたり支えられたり
    するものですが、笑顔や会話、美味しい食事、
    相談もききます。でも
    自分のできる範囲の事をしたら、
    後は家族が自助力でちゃっと考えて
    自分で立って歩いていくものだと思います
    それだけでは生きていけないです
    親も亡くなるし子供も自立して欲しいですから
    生きている人を支えにしたら、生きていけなくなります

    だから信じるものは自分しかないかな。
    守護霊・背後霊・守護天使というような言葉を
    知ってますか?

    守護天使は自分がこの世に生まれるって決めてから
    自分が光に帰るまで、ずっと縁の下の力持ちで支えてくれるらしい
    勿論。人生を棚から牡丹餅みたいに支えてくれる訳じゃない

    世界構造や思想・哲学の本が好きなんです。
    そこで知った守護天使という存在。
    自分を内観してみると、いろんな物が解ってくる

    心で感謝してると、生きる答えがわかり易くなりました。
    神様とは違うんですが、信じてます。

    ユーザーID:4398765767

  • やはり自分

    たとえ結婚しても、子供を持っても
    自分の人生の基本は、自分だと思っています。

    何か一つ、自分の人生の核になるもの、支えにできるものを
    持つことが大事だと思っています。

    あと「こうありたい」と思って具体的な努力をしてれば
    大抵の夢はかなう、と信じています。
    (私も、絵を生業にするという夢をかなえましたし、私の周りにもかなえた人は沢山います。)

    もちろん能力と、冷静さや的確なビジョンは必要ですが
    一番大事なのは、自分に負けないことだ、と思ってます。

    私は結婚していたことがあって、子供もいますが
    初めて深く信じた結婚相手に、ひどい裏切りを受け、何年も立ち直れず
    他者に人生の重きを置くことの怖さを実感しました。
    そして子供も、あっというまに成長し、出て行きます。

    やはり人生の基本は自分だと思います。

    ユーザーID:4608959413

  • 自分。

    自分。
    絶対的なオレサマ的自信ではありませんが、すごく自分を信じていると思います。
    オレサマ的自信でないなら、どんな種類の自信かというと、
    あえて挙げるなら、良寛のこの詩?みたいな感じなんですが、伝わるでしょうか。


    お前はお前でちょうどよい
    顔も体も名前も性も、
    お前はそれは丁度よい。

    貧も食も親も子も
    息子の嫁もその孫も、
    それはお前に丁度よい。

    幸も不幸も喜びも、
    悲しみさえも丁度よい。
    歩いたお前の人生は悪くもなければ良くもない。
    お前にとって丁度よい。

    地獄へいこうと極楽へいこうと
    いったところが丁度よい。
    うぬぼれる要もなく卑下する要もなく
    上もなければ下もない。
    死ぬ日月さえも丁度よい。

    お前はそれは 丁度よい



    kamiさんのおっしゃってることもとても納得ます。
    (無宗教の)日本人の一般的な宗教観の根っこはたぶんkamiさんの書かれていることだと、私は思っています。

    ユーザーID:3259656804

  • おてんとさまがみている

    いつのころからか、「おてんとさまがみてるからちゃんとしなきゃ」と思うようになりました。「ちゃんと」というのは、地位・名誉を得るための努力といった大きいことではなく、日々の暮らしの中でのことです。ちょっとズルしちゃおうかな、と思うとき、「あ、でも御天道様が見ていらっしゃるから止めよう」とブレーキがかかります。

    おてんとさまは、私に罰を与えるわけでもなく、褒美を与えるわけでもないけれど、いつも私を見てくださっていると思っております。年齢を重ねていくうちにだんだんとその思いが強くなってきております。あ、別に特定宗教に入信しているわけじゃありませんよ。日本に住む人なら心のどこかにある心持ちみたいなもんです。
    お天気のいい日は特にそう思います。

    ユーザーID:0479792236

  • お金

    お金があれば大抵のものは買えるし、様々な問題もどうとでもなります。
    ある程度の人徳と容姿は必要ですが、友達も愛も金で買えます。
    金は裏切らない、とはよくいったものです。

    国が「あんたたちが今使ってる紙幣は明日から無効になります」って
    言わない限り、私はお金を信じ続けます

    とはいえお金って使うことは簡単ですが、貯めることって難しいですよね。

    ユーザーID:3036596952

  • 目に見えない不可解な世界

    ダークマターではありませんが、異次元の世界が有りうると思っています。

    生死に関わる仕事をしていると、不可解な出来事に度々あいます。

    自分の私生活自体でも不思議な目にあいましたので、証明されなくても有るものとして生きるようになりました。

    ユーザーID:8325722888

  • ありがとうございます。

    >ryti様 まで拝見させて頂きました。
    皆様、ありがとうございます。
    大変興味深く読ませて頂きました。

    やはり、自分という方が多いですね。素晴らしい。

    信仰という方が皆無なのは少し意外でした。

    私がお聞きしたいと思ったキッカケは、とある本に
    人生は苦だとして、信じられるものや行く手に照らしてくれる光(指針?目標?希望?)
    の様なものがあれば、エネルギーとなり、長い人生を歩く力と成り得る
    といった様な内容を目にして、人はそれぞれそういう物を持っているのか?
    という疑問からだったのです。

    「自分」というのは根源的な事ですよね。
    特に過去の自分(行いなど)に支えられるという状況は解ります。

    それが曖昧だから、今は暗闇を歩いてる様な気分なのかもしれません。

    ユーザーID:6709288753

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 人間

    高邁な精神をもっている人や善良な人、まっすぐな人を見たとき、「人間」を信じている自分に気づきます。
    今も身近に尊敬する人がいます。
    公正さ善良さ優しさ謙虚さ強さ…素晴らしいです。
    自分よりもその人を信じています。(情けない話ですがね)

    ユーザーID:2926369296

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧