現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

残業代を正式にもらえない。

ヌゥ
2009年11月24日 10:32

こんばんは、お給料の事で悩んでいます。
サービス業正社員3年目になります。

基本給16万円+保険完備+交通費+残業代5千円ほど。
手取りで15万円後半くらいです。休みは月6日です。
働いている時間ですが、9時間拘束の8時間労働でした。

ですが労働基準監督署の監査が入り、「8時間拘束の7時間労働」に変更になりました。基本給は13万円になりました。

勤務時間が減ってしまったので残業がしやすくはなりました。
会社側としては、減った基本給分の3万円(30時間分)までは残業してもいいという事だったので、月に3万円分の残業をうまくこなしていました。仕事はたくさんあるので、それをこなしていたら調度よくできていました。

ですが、問題がありまして、30時間残業をしたのに、その半分の15時間分しか残業代がつきませんでした。アルバイトの子達も超過勤務は時給の25パーセント増と伝えられたのに、普通の時給で計算されていました。

この事について会社に説明を求めましたが、「経営がよくないんだから仕方ない。だったら60時間残業しろ」と言われました。そんなの無理です。つまり以上は監査をごまかすための?建前だったようです。

労働基準監督署が入って、見直してくれたのは良かったのですが、結果苦しい結果となりました。このご時世転職する勇気もなく、ですがただただ悔しいという気持ちでいっぱいです。3年間、頑張ってきたのに、結果給料がさげっられるなんて・・・。ちなみに、私は仕事の結果は出しています。私がいないと仕事がまわらない!といわれるほどです。だけど、職場には既婚男性、というだけで給料をたくさんもらっているだけの人もいます・・パソコンもできないのに!
サービス残業当たり前、の世の中なのは分かっています。ですが納得ができません。
アドヴァイスをいただけないでしょうか?

ユーザーID:8337720954  


お気に入り登録数:13
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
労働基準監督署へ
あらまき
2009年11月24日 18:50

勤務時間の実態がわかるもの(タイムカードなど)と給与明細を持って、労働基準監督署で賃金不払いの申告をしてはいかがでしょうか。
「おたくの監査が入った結果、所定労働時間と給料が下げられ、残業代もカットされた」と。
その結果、今度はリストラに乗り出すかもしれませんが。
リストラしないための苦肉の策かもしれません。

私だったら転職活動をしつつ、しばらく様子をみます。
ただしその間、上記の記録は忘れずに残しておきます。
賃金は2年間までさかのぼって請求できますので。

ユーザーID:6200231945
主です!
ヌゥ(トピ主)
2009年11月27日 12:46

コメントありがとうございます!
二年間さかのぼって請求できると聞いて安心しました。
これから毎月、タイムカードと給料明細はコピーして手元においておきます。

やはり不況で厳しい、とは思うのですが、今回の会社のやり方はあまりにも汚いですよね。
表面上は30時間残業となっていて、振込みはその半分とか・・やってられないです。

かといって他に職があるのか?と聞かれれば、無いのです。
(私は高卒で資格も何も無く、今のところで正社員で働いてるのは奇跡なので)
考えすぎかもしれませんが・・・。

なので、転職活動はせず、様子を見ながら働き、もし倒産、リストラ、はてまた転職?という場面に立ち会った時、去る前にタイムカードと明細持って、賃金を請求したいと思います。

今回の件で、監査は何をやってるんだろ〜と思いました。
もっとちゃんと調べろよ!みたいな・・・。
もう一回監査が入るとしたら、何か変わるのでしょうか?
とにかく、地道に逆転を狙って頑張って働きます!ありがとうございました!

ユーザーID:8337720954
まだ見てるかな?
こりん
2009年11月28日 0:28

昔勤めていた会社も労基の指導を無視し
残業代を払わなくなったので再び相談に行ったところ
このように告げられました。

『 労基の訓告を無視すると責任者は書類送検されます。
つまり犯罪歴のある人になってしまうのです。』

はい、りっぱな犯罪なのです これは。
誰もそうなりたくないですよね。

今度こそ大丈夫ですよ。
頑張ってくださいね。

ユーザーID:3706397382
本屋さん
ななし
2009年11月28日 2:14

労働時間の基本は、↓
1週40時間。1日8時間です。

労働時間=終了−開始−休憩時間

が1日の労働時間です。
1日あたりの法定労働時間は8時間なので、8時間を越えた分が超過勤務として割増を支払う必要があります。
所定労働時間が8時間未満の場合、8時間を越えない分は法内超勤として残業代は支払う必要がありません。
(所定の労働時間が深夜になる場合は深夜割増の必要があるはず、また変形労働時間制をとっている場合は別の考えになります。)

労働時間管理の本がありますのでご参考にされるといいと思います。
それか、労務の森とうサイトがありますので質問されてみるといいかと思います。

ユーザーID:0191202129
妥当なのかな?
にえ(トピ主)
2009年11月29日 20:51

こりんさん
見てますよ!!ありがとうございます。犯罪!と言われればびっくりですが、それもそうですね。犯罪です、これは!うちの経営者は、正直姑のようなおばあちゃん(社長の愛人)なので、はやく引退してほしいのですが、そうもいかず・・

あ!そういえばタイムカードをコピーしようとした際、事務さんに「もう全員分してあるわよ(ニヤリ)」と言われました。職員を見る目はあるようです!この会社!

ななしさん
ありがとうございます!調べてみました!ちょっとびっくりです。だとすると会社側は妥当な処置をしてるという事になりますね?でもなぜ一日8時間拘束の7時間労働にしたんでしょう?調べてみます。ですが、考えてみると、私は8時間拘束の7時間労働でそそくさ帰る日もあります。ですが世の中は朝から晩まで働いている人もいます。13万が妥当なのかしら・・と。時給に換算すると680円です。時間はともかく内容は一生懸命やってるので、評価してもらえるように頑張ります!

ユーザーID:8337720954
 
現在位置は
です