ラフマニノフのピアノ協奏曲2番

レス19
(トピ主0
お気に入り30

趣味・教育・教養

horloge

の名演あれば教えてください。。
(p)ツィマーマンと(指)小澤征爾のCD買おうと思ったのですが、
ネットで見る限り、音のバランスが良くないみないなこと書かれてあった
ので、迷ってます。。

これがお勧め、、というものございましたら教えてください。。
(トスカニーニとラフマニノフ自演のもの以外でお願いします。。)

ユーザーID:1666800926

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いろいろ聞きましたが

    こんにちは。
    私も、ラフマニノフの2番は大好きです。
    昔から色んなCDを聞きましたが、スヴャトスラフ・リヒテル巨匠が1959年に録音した物が最高です。
    私的に、これを越えるものには、今だにお目にかかれません。
    ワルシャワ・フィルで、指揮はスタニスラフ・ヴィスロツキです。
    是非一度お聞きになってみてください!

    ユーザーID:4141107840

  • 私は、

    バリーダクラスがロンドン交響楽団と共演しているCDが好きです。
    17年くらい前に映像で見たのですが、感動しました。

    ユーザーID:4079647141

  • 我が家のレコードの時代からの愛聴盤です。

    カラヤン&ワイセンベルクはどうですか

    オーケストラとピアノの絶妙な緊張感と1972年のアナログ録音でありながら、今聴くとイイ意味でデジタル的な感じもする硬質な響きの録音はこの楽曲にピッタリかも。

    ユーザーID:8516027689

  • ブロンフマン

    ブロンフマンで聴き始めたっていうのもありますが
    ブロンフマンが一番好きです。
    勝手に陶酔する事もなく、聞き手が置いてきぼりになることもないし。

    ただ若い頃の録音なので
    現在の2番3番が出ないかな〜とは思ってます。

    ユーザーID:9550855285

  • 古いですが

    カラヤン指揮、ピアノがワイセンベルクの作品を高校生の頃授業で聴いて衝撃的でCDを買いました。

    ユーザーID:4205173033

  • ラン・ランはいかがでしょう?

    熱い演奏がお好きならば、ラン・ランの演奏はいかがでしょう。

    演奏: ラン(ラン), マリインスキー劇場管弦楽団
    指揮: ゲルギエフ(ワレリー)
    ユニバーサル ミュージック クラシック(ASIN: B0007OE23A)

    大変勢いのよい、若さと熱意あふれる演奏です。
    聞いているととても元気が出ます。おすすめです。

    ユーザーID:5359791348

  • ヴァンクライバーン

    第1回チャイコフスキーコンクール優勝者の1962年の演奏は圧巻です。

    私もこの曲が大好きで何枚か持っていますが、クライバーンが一番です。

    同じ位好きなのがリヒテルです。(上記2枚ともチャイコフスキー&ラフマニノフ2番という同じカップリングです。)

    是非どちらかひとつでも聴いてみて下さい。

    ラフマニノフは手が特大サイズでないとダメですね。
    どちらを聴いても「チャイコフスキーの方がいい!」と思われるかも・・・(独り言です)

    ユーザーID:9317866704

  • ちょいとピアノがデカいけど…

    …大好きですよ、ツィマーマンの演奏も。オケとのバランス云々と同じくらいかそれ以上の数の「最高傑作」評があったと思いますけど。少なくとも精緻なコントロール、という視点では私も最高の演奏の一つだと思います。ちなみに私はこれを聴いてむしろ1番が好きになりました。

    で、他のオススメですが、これを書いている時点でレスが付いてませんので、定番でリヒテル(ヴィスツロキ/ワルシャワ国立フィル)とジルベルシュタイン(アバド/BPO)をば。あとワイルドの演奏も好きですね。CHANDOS盤です。1〜4番とパガニの全集録音でオトク(笑)でもあります。

    ユーザーID:9367185027

  • それでは

    ウラジミール・ホロヴィッツはどうですか?
    私はピアノの先生をやっている友人にたずねて薦められました。
    その時はピアノ協奏曲第3番でしたが。

    ラフマニノフ、ロマンチックで繊細で大好きです。

    ユーザーID:0366466984

  • ランラン

    私の大好きな曲がトピのタイトルになっていたので、
    飛びつくようにやってまいりました。
    30代後半の会社員、女です。

    大好きな大好きな曲です。
    その中でも、私のピカイチは、
    ピアノ:ラン・ラン(中国出身の若手)
    指揮者:ゲルギエフ
    オーケストラ:マリインスキー劇場管弦楽団
    です!!!

    他にも、ワイセンベルグ&カラヤン、ラフマニノフ本人のもの
    ほかに先日コンクールで優勝された辻井伸行さんのも聴きました。
    その他名前など思い出せませんが、とにかく好きな曲なので
    聴きまくったうえで、現在の私には、上記のCDが一番です。

    うまく感想を表現できませんが、若いときでないと出来ない演奏
    というか、聴き終わったあとの清々しさ、だけれども第2楽章は
    毎回ホロリと泣けるような旋律…本当に素敵です!

    是非是非聴いてみてくださーい。

    ユーザーID:3532630768

  • もしかして

    最近ピアノコンクールを聞きに行きましたか?

    先日ある国際ピアノコンクールのファイナルでこの曲を聴きました。私には演奏の良し悪しは分からないのですが、心惹かれる演奏でした。

    すみません。トピの質問への答えはないのですが、書き込んでしまいました。トピ汚し失礼しました。

    ユーザーID:4310705039

  • 白樺を通る風の音

    CDにしろ蓄音器盤にしろ、それらの器材を介した指揮者某、ピアノはだれそれ、と名を挙げて録音された曲の良し悪しは語れるのでしょうか、何時も不思議に思っております。

    聞く音は機械による再生音です。 又、聞き手の体調なり、部屋の温度なり、さまざまな条件も御座いましょう。 同じ曲でも何時も同じ様な印象を受けるとは限りません。 

    私自身は或る曲が好きであれば、むしろ其の作曲家の来歴を徹底的に調べ上げ、どのような境遇で其の曲が世に出たのかに思いを馳せます。 指揮者はなに某でピアノはだれだれのCDなどの資料には全く興味が湧きません。 

    私見によれば、議題の曲は作者のどん底時代に造られたものです。 かなり若い時代のものです。 私生活も荒れていたでしょう。 良くぞピアノを捨てなかった、と思わされます。 

    後世、ラフマニノフはハリウッドに居を移します。 そして、故郷を偲びならがら他界し、埋葬された場所はこれまたニュー・ヨーク市の近郷。 これほど波乱万丈を生きた作曲家も稀でしょう。 ピアノの2番は彼の人生を変えました。 

    ユーザーID:4323700301

  • リヒテル

    私が一番よく聴くのはラフマニノフのピアノとストコフスキー/フィラデルフィア管弦楽団のものですが、自作自演以外では多数の人が推薦するリヒテル盤が印象に残っています。この曲をはじめて聴いたのもこのリヒテル盤でした。ホロヴィッツは残念ながら3番しか録音がありません。2番はあまり好きではなかったようです。

    ユーザーID:0333344484

  • 思い切ってこの人のは

     私もこの曲が好きでいろいろ聞きましたが未だこれっというのがみつかりません。しかし、たまたま地元の図書館のAVコーナーにあった
    舘野泉(ピアノ)井上喜惟(ひさよし)指揮 チェコ国立交響楽団
    のが今まで聞いた中でいちばんいいんじゃないかと思いました。
     ただ、私はしろうとですから本当に個人的な見解です。

     ヨコですが、舘野さんはその後病気で倒れられて、今でも右手が不自由とかで左手だけでコンサート活動をされているようです。

     

    ユーザーID:1171886382

  • ラフマニノフ&ストコフスキー

    録音はかなり悪いです(第一楽章冒頭のピアニシモなど聞こえない音がある)が、スラヴ的な感傷的でいながら広漠たる憂愁にあふれ、ピアノもオケも技量や激しさを主張しすぎたりせず、あくまでピアノ演奏にオケが合わせている点で
    セルゲイ・ラフマニノフ(自演)ピアノ
    レオポルド・ストコフスキー指揮
    フィラデルフィア管弦楽団
    1929年録音
    版が、わたしが聴いた数十枚のなかでは最もわたしの第二番の印象にぴったりでした。

    ユーザーID:8484158823

  • いずれの演奏ももそれぞれに…

    私が初めて買ったクラシックのレコードがこの曲(+チャイコフスキーピアノ協奏曲1番)でした。もう何十年も前ですが。

    リヒテル&ムラビンスキー(LP)他、この曲はCD・LPで7枚持っていますが、最近はランラン&ゲルギエフが一番聴く回数が多いです。
    なんて言うんでしょうか、やっぱりゲルギエフ&マリインスキーの、ロシアの音が好きだからでしょうか。
    ランランも情熱が溢れ、聞いているこちらも高揚してきます。
      
    ずれますが。
    2番は言わずもがなですが、3番もいいですよー。アルゲリッチがいいですね。
    CDじゃないけどブロンフマンも最高でした。
    アルゲリッチの2番と言うのも聞いてみたいものですが、見たことありません。
    (あるのですか?詳しい方、教えて下さい)

    ユーザーID:4385528632

  • Konstantin Scherbakov

    ツィメルマンのCDに含まれている1番は、実際にボストンで聞いた当日の演奏が入っているのですが、オケとのバランスが悪くてピアノが負けていたんです。
    ツィメルマンは椅子から立ち上がって弾いたり、オーバーアクションとも思える演奏をしていましたが、それでもピアノの音が埋もれてしまってました。

    2番の生演奏は聞いていませんが、CDでは音をいじらざるを得なかったのだと思います。
    トピ主さんは音質にこだわる方のようなので、それであればNaxosから出ているKonstantin Scherebakov/Dmitry YabulonskyのCD/SACDがいいと思います。Scherbakovといえば知る人ぞ知る、現代のヴァーチュオーゾの一人ですから、演奏の方も素晴らしいです。

    ユーザーID:5942266505

  • 思いっきり横ですが、片田舎のお爺さん

    私も初めて買った(買ってもらった)クラッシックがその組み合わせでした〜!

    小学校3年生ぐらいのときに母がいきなり買って来たのですが、数ある有名な曲の中から、小学生相手になぜこの選曲だったのか…?でも、生涯で一番心に残るクラッシック曲となりました。なぜかチャイコの方はそんなに聴かなかったのですが、ラフマニノフは子守唄代わりのようにして、毎晩寝る前に聴いていました。

    とっても思い入れの深い曲だけど、演奏者についてはあまり知識がないので、このトピ、私も参考にさせて頂いています。トピ主さんありがとう。

    久々に購入して、腹の子の胎教に使いたいと思います。

    ユーザーID:2485424135

  • 大好き

    私は色々聴いた中で、キーシンの演奏が一番好きですね!!

    タッチミスもないしテンポもバランスも好きでした。

    ユーザーID:0057920052

レス求!トピ一覧