付属小の抽選

レス37
お気に入り44
トピ主のみ3

悲しい母

学ぶ

先日、二次試験を経てやっとこぎつけた国立付属小の抽選に落ちました。

泣いて泣いてだいぶ元気になりましたが、
今も受験に無関心だった夫に抽選に行ってもらったことを後悔しています。
子ども(しっかり者なので)も含めて夫と私のどちらが行くのかを話し合えばよかったと考えると今も胸のあたりが苦しくなります。

夫なりに、私が引いて落ちるとかわいそうだと思ってくれての決断でしたので、このような気持ちで悶々としていることを申し訳なくは思っていますが、とても苦しいのです。

付属小に通うとなると、授業終了時間が遅いため、今続けているお稽古のどれかを止めなくてはならなかった

公立で色々な環境の子どもに囲まれることも大切

何より小さなうちから電車通学は心配

などとかなり諦めがつき始めているのですが、もしご親切な経験者の方がいらしたら、今は楽しく公立に通っているとか、親御さんも気持ちの整理がついているとかいうお話を聞かせていただけたらなと思い投稿しました。
どうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:7107472505

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 本当にありがとうございます

    人間不信気味でしたので、わざわざコメントを寄せてくださった方々に本当に感謝しています。

    一人の時に悲しくなるとこのページを開いて気持ちを落ち着かせることができました。

    思えば受験は子育てに自信を失い、親子関係がこじれそうだった(子どもを信じてやれず、何をしてもかわいくないと思えてしまい…)私たちの共同戦線だったかもしれません。
    幸い、子どもは受験準備をクイズのように取り組み、楽しかったようです。
    また、「おかあさんさぁ、あんなに泣いて(机にうつぶせて号泣)恥ずかしくないの〜?」とニヤニヤしながら言います。
    このごろからかってくる子とは上手に距離をとれるようになり、今のところ抽選に外れたことはそれほど気にしてないようで、ほっとしています。

    夫は抽選の前から気弱なことを言っていたので、ついこの人に頼まなければなどと思ってしまいましたが、いつも子育ての悩みを聞いてくれます。

    すっきりしました。これから公立の入学式を楽しみに待てそうです。

    裕福な方が多い(うちは違います・笑)のは事実ですが、抽選が免除されることはうちが受験した学校に関してはないと思います。

    ユーザーID:7107472505

  • 私自身、国立附属小出身です

    こんにちは。
    私は今年30歳の女性です。国立附属小・中をエスカレーターで進みました。

    今回はとても残念でしたね。二次試験(学力・身体能力)をくぐり抜け、やっと抽選にたどり着いたのに…ショックですよね。
    私は自分でくじを引きましたが、そのときの会場の雰囲気はいまでも思い出せます。寒い体育館の中、響きわたる保護者の声。嬉し泣き・悔し泣き…。

    はっきりいいます。
    小学校受験は親のエゴです。子供は何も知らないまま、親のいうようにするだけです。黒いランドセルをしょって、小さな体で電車2回乗り継ぎ、帰りには制服のまま塾やお稽古事に。
    近所には友達なんかいません。それでも親にいわれて町内の子供会等の行事には出席しました。あの子だれ?なんて言われます。

    ユーザーID:7165364498

  • ⇒つづき

    母はいまでも「附属小に入ってよかったね」と言いますが…正直、近くの公立の小学校に行っていてもそれはそれでよかったと思うのです。
    公立に行っていれば、あんなに勉強に苦労しなかったかもしれない。妹の教科書やテストをみるたび羨ましかった。(妹ふたりも受験しましたが、不合格だったので公立に)
    中学校にあがるときも多少なり選抜があるので大変でした。入ったら入ったで、やっぱり中学受験を経験した子たちにはかないません。内申点がとれず、高校受験は結局第4志望の学校に。ただ、その偏差値が低い高校で上位の成績がとれたことにより、劣等感も薄れ勉強の本当の楽しさを知ることができ、遠回りしながらですが大学をでました。

    いかがでしょうか。
    私は未婚ですが、子供ができたとしても小学校受験はさせないと思います。
    学校なんか本当にどこでもいいんです。親が自分を認めてくれてさえいれば子供は幸せなんです。
    お母さんにはいつも笑っていてほしい。
    受験のことも、いつか笑って話せるような素敵な親子関係でいてほしいです。

    ユーザーID:7165364498

  • え?

    優秀な受験生には合格ありきの抽選がありますよ。
    もちろん不出来な子には不合格前提の抽選もあります。
    国公立は建前上抽選しなければなりませんからね。
    真ん中の中途半端な出来の団子状態の中で本当の抽選があるんですよ。
    あくまでも出来レースです。
    そんなことも知らずに受験したんですか?
    情報がなさすぎだし親のやる気を疑います。
    こんなこと中受では常識ですよ。
    そんなことも知らずに受験させたなんて子供がかわいそうです。
    親がお金もなく頭も悪ければそりゃ落ちるでしょ。
    子供にも影響してるんだから。
    当たり前のこと。
    子供に謝ったら?

    ユーザーID:5505074673

  • 国立附属って

    私学の附属のような
    教育理念に基づく子どもたちの囲い込みとは
    まったく性質が異なりまして。

    「教育学部附属」なのですからして
    教育学の実習と研究と実践のために存在するわけですよ。
    児童生徒ははっきりきっぱり研究対象なのです。

    たとえば
    有名どころでは双生児研究がありますね。
    とある特定の学校ではふたごちゃんカモーンなのですよ。
    ヨコに横レスでした。

    ユーザーID:1092714201

  • やはり悲しい母

    悲しい母さまもうお元気になられましたでしょうか。
    やはり今年国立大附属小学校二次考査に合格し最後の抽選にはずれました。
    複数の附属小学校は一次抽選ではずれ、第一志望校だけが受験できました。
    子供と頑張った日々はとても楽しく、喜びもつかの間地獄に突き落とされました。
    子供はしっかりしています。
    この学校にほんとうに行きたかったからがんばったのに・・・学ばせてあげたかった。

    自分自身も深刻な病気と闘っており、不運を悲観しています。
    運のない私たち親がいけないのかなと思いつめる毎日です。
    暗い文章ですみません、書くことで気持を落ち着かせています。

    意地悪な幼稚園の子供たちが一緒で大変不安ですが、
    子供に楽しい小学校生活が待っていると祈るばかりです。

    ユーザーID:3263309994

  • その後もありがとうございます

    今年に入ってからもレスいただいていることに今日気づきました。

    引き続きいろいろご意見ありがとうございます。

    さて私はというと、何とか元気になりました。でもつい一昨日もどうしてダメだったんだろう?とふと悲しい気持ちがよみがえりました。馬鹿馬鹿しいと思われるかもしれませんが、まだしばらくは完全にふっきることはできそうもありません。そう簡単ではないですね。

    peroさんはその後いかがですか?同じような経験をされたようで、お気持ちとてもよくわかります。私も子どもとがんばったあの高揚感が忘れられないでいます。
    私も持病はないものの、体がすごく丈夫というわけではなく、これからの子育てを考えると気持ちが重くなることが多いです。

    お互い子どもたちが楽しい小学校生活が送れるよう祈りましょう。きっとうまくいくと信じて。

    ユーザーID:5260679948

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧