各国 クリスマスプレゼントの渡し方 

レス7
(トピ主1
お気に入り8

生活・身近な話題

すっぴん

クリスマスが近づき、クリスマス関連のトピも多くなってきましたね。

そういうトピを拝見していてふっと思ったのですが、プレゼントの渡し方にもお国柄があるのでは!!

私は日本人ですが、子供のころは靴下をベッドの端に掛けておくと、翌朝靴下の横にプレゼントの袋が掛かっているというものでした。

クリスマスツリーの下に所狭しとプレゼントを置くというレスも結構沢山拝見したので、そういうお国もあるのですね。

そして私の住んでいる国フランスでは・・・・なのか夫の家族だけがそうなのかわかりませんが、
暖炉の前に各々の靴を置いておくと、その靴の周りにプレゼントが次々に置かれていくというもの。

どこかの国では、サンタさんのために果物や野菜を置いておくと、それらが無くなって、その代わりにプレゼントが置かれている・・・・などなど。

そこで、みなさまにお伺いしたいのです。
皆様のところでは、クリスマスプレゼントはどのようにして届く(渡す)のですか?

ユーザーID:8624663191

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 各家庭

    なんだか、トピが埋もれてしまっていたので・・・。

    「各国」と題しましたが、「各家庭」というのも面白いかもしれませんね。

    レスお待ちいたします。

    ユーザーID:8624663191

  • ツリーの下です

    オーストラリアに住んでいます。

    よそのお宅のことはよく知りませんが、我が家ではクリスマスツリーを飾る12月の初旬から、名札をつけたプレゼントを少しずつ木の下に積んでます。(よそに届ける分も)
    子供たちは包みを外から触ってみては、中身をいろいろ想像して楽しみにしています。

    クリスマス前夜になると、暖炉の前ににんじんのかけら(トナカイ用)とクッキー、ミルク(サンタのおやつ)をちょっぴり用意しておくのですが、次の朝になると、「ミルクが飲んである!クッキーかじってあるし人参もないよ!」と大騒ぎでした。サンタさんからのプレゼントは暖炉の前。子供がサンタさんを信じていた頃の懐かしい思い出です。

    ただこのやり方の問題は、親がプレゼントをサンタさんからのものと親からのものと2種類用意しなければならないことでした。今思い出しても痛かった...。でも
    子供には、サンタさんは世界中の子供に送りものをするんだから豪華なものは持ってこないんだよ〜と教えていた庶民の母です。

    ユーザーID:9891760032

  • トピ主です。

    長い間レスが付かなかったので、設定保存が切れていたのでトピ主扱いにならないかもしれませんが、私がトピ主です。

    ななさん、レスありがとうございます。
    ほのぼのとした温かいクリスマス風景を思い描かせていただきました。

    そうですね子供にとっては、置いておいた食べ物がかじられていたりすると、よりリアリスティックにサンタさんを感じられますからね。
    そのアイディアはあったかくっていいなー。

    ユーザーID:4274564772

  • ニューヨークです

    アメリカはキリスト教の国ですが、NYはユダヤ教徒の人口も多く、夫の家族親戚は皆ユダヤ教徒です。ですから宗教的な意味でのクリスマス祝いはしません。またこの時期はハナカというユダヤ教の祭り事があり、8日間ろうそくをともして祝います。毎晩1個づつ子供はプレゼントをもらいます。計8個です。でも我が家は、ハナカプレゼントは無し。

    若い家族はキリスト教徒とユダヤ教徒の間の結婚も多く、各家庭で祝い方は色々ですね。

    夫の家も私の家も、子供の頃からツリーを飾っていたので、2人とも違和感が無くいつも飾ります。12月になると街角で本物のツリーを売り始めます。家族皆でワイワイ言いながら飾りつけをするのも楽しいです。

    子供がサンタクロースを信じていた時代は、プレゼントは子供が寝てしまってからツリーの下に置きました。子供はクッキー、ミルクと置手紙をテーブルに置いてから寝る。夫がミルクを飲み、クッキーを食べ、サンタからのお礼の手紙を置く。子供の希望プレゼントが高額になった時点でサンタは引退。今は、もう数日前にプレゼント(大中小を色々)をツリーの下に置き、朝はプレゼントを開ける儀式のみです。

    ユーザーID:3564302214

  • keyさんへ (トピ主より)

    やはりツリーの下ですか。
    ツリーの周りが賑やかになりますね。

    宗教はフランスでも色々あるのでkeyさんのおっしゃることはよく解ります。
    ハナカは知りませんでした。
    親戚にユダヤ教徒の一家がいるんですけどね。勉強になりました。

    オーストラリア、ニューヨーク(USA)と、共にサンタさんへの食べ物をお供えするんですね。
    夢があって可愛い。

    ティーンエイジャーの息子にその話をしたら、
    「サンタは大人だろ?コニャック1杯置いといた方が喜ぶんじゃない?」
    などと夢の無いことを申しておりました。
    そんなことしたら酔っ払って全ての家庭にプレゼント運べなくなりますよね?

    やはりサンタさんは子供の夢ですね!

    ユーザーID:4274564772

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 2度目です。

    レスした文を読み返して、ちょっと誤解を与えてしまいかねない表現をしていましたのでまたレスを書きました。申し訳ありません。
     NYで皆がクリスマス祝いをしないという意味ではなく、我が家では(ユダヤ教家族の為)宗教的な意味での祝いをしないということです。今のニューヨークはクリスマスの飾りでいっぱいです、商業的な意味でも。ただ厳格なユダヤ教徒の家ではクリスマスツリーは飾りませんね。
    ハナカ(ハヌカと呼ぶ人もいるようです)にプレゼントをあげる習慣は、プレゼントをもらえないユダヤ教徒の子供がかわいそうなので、後世付け足したとも聞いています。世界中のユダヤ教徒はどうなのでしょうね。

    我が家も子供達はもう大学生と高校生なので、あまり大騒ぎしませんね。ただ我が家は皆クリスマスツリーは大好きです。義父母も夫も、クリスマスのデコレーションは子供達が好きなのだから、飾ってもかまわないという考えです。
     
     ただ色々な宗教が共存するNYなので、“メリークリスマス”とはあえて言わずカードや挨拶の時は差しさわりのない様に“ハッピーホリデー”という言葉をつかっていますね。

    ユーザーID:3564302214

  • イギリスの1家庭です

    12月に居間にツリーが飾られたら
    ツリーの足元にプレゼントを置いていきます。
    プレゼントにはタグがついており誰から誰へと書いてあります。
    そして12月26日のボクシングデーの日にみんなで集まってそのプレゼントをあげあいます。
    もらったらすぐに開けるので部屋中破れた包装紙だらけになります・・・。

    と、それ以外にクリスマスの朝、ベッド脇か部屋のドアの外にストッキング(日本で言うクリスマスの大きい靴下)
    が置いてあり、その中にお菓子やらちょっとしたプレゼントが入ってます。
    義母はいつも1ポンドコインを入れてくれます。
    ちょっとお年玉気分。
    大人になった今でもやってくれます。

    クリスマスはクリスマスプティング、ミンスパイの季節だな・・・。

    ユーザーID:6879735853

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧