就職氷河期

レス23
(トピ主0
お気に入り30

キャリア・職場

mokomoko

2011年3月大学卒業予定です。

私は都内の国立大学文系に通っています。
国立大学だからといって、この氷河期の時代に上の先輩方特に女性は内定をもらえていない人ばかりです。
自分は何も資格をもっていないので、来年内定をもらえるかどうか不安で不安でしかたありません。

この時代どのような人材がもとめられているのでしょうか?
どうこの不安をみなさんは乗り越えて社会人になられましたか?

ユーザーID:8331684931

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 先の事を考えて就職

    就職氷河期に就職した今年35歳女です。

    地方の短大ですので、求人はほんとにありませんでした。

    親のすすめで大学職員(臨時)で入り、その後嘱託職員で

    その後、結婚→子ども2人出産しました。現在も同じ職場で

    働いています。

    結婚してからもずっと働くつもりで仕事を探していたので、

    大学職員は産休も育児休暇も、有給休暇もあるので子育てはしやすい

    環境です。

    一度も正社員にはなりませんでしたが、仕事を続けられている環境に

    感謝しています。

    はっきり言ってコネ入社と鬱病、多いですけどね・・・。(泣)

    ユーザーID:2740332189

  • このご時世に就職活動はたいへんですよね〜頑張ってください

    >国立大学だからといって、

    「国立大卒は、就職活動に不利」ということですか?
    「三流私大ならともかく、国立ですらも内定をもらえない」ということですか?


    >この氷河期の時代に上の先輩方特に女性は内定をもらえていない人ばかりです。

    意味が不明です。


    少子化の影響もあって、進学すべきでない人間が大学に行きすぎているのが原因。
    大卒だからといって、就職できる時代は終わりました。
    国立文系といっても稚拙な文章を書いている人には派遣でもしながら常識を身につけてもらいたいものです。

    ユーザーID:4460435691

  • まずは自己分析

    自分も氷河期世代です。
    あの時も不安で、不安で結局大学院に進学。変なところに就職してあとが大変なのも困るという心境でした。今は縁があって大学教員をしております。今にして思えば、民間就職のほうがよかったと思いますが、今の年齢で今の待遇以上のところに就職できたか自信はありません。おそらく将来歴に年収1000万超えが可能な大企業には就職できなかったでしょう。やりたいことが見つからなかったことのもまずかったです。今にして思えば、金になりそうなものの中から自分をそれに合わせてフィットさせるべきでした。
     そして多少、待遇の悪い会社でもスキルアップを果たしてどんどん積極的に転職すべきだったと思います。当時は転職ということにあまりいいイメージがなかったのですが、今や当然の世の中です。氷河期世代にとって待遇アップはこのルートしかないのではないでしょうか?

     まだ一年あります。妥協しないことです。
    トピ主さんが何に重きを置くか分かりませんが、少なくとも「雇ってもらえるだけで幸せ」という結論にはいかないでほしいと思います。それは最終の手段ですよ・・・

    ユーザーID:0566593788

  • どのような働き方をしたい?

    30代一児の母、国立大卒です。
    私が就職した時代も超就職氷河期でした。

    主さんはどのような働き方をしたいか、明確なお考えはありますか?「結婚したら退職」「出産したら退職」「結婚出産に関わらず働き続けたい」など。

    公務員をお考えなら試験対策と動機付けをしっかりすることで、光明がみえてくると思います。

    私企業をお考えならば、自分の働き方を考えた上で業種、職種を考えるところからスタートです。一番マズいのは漠然と「数打ちゃ当たる」方式に活動する事で、膨大な労力と気力の浪費の終わる可能性が高いです。

    企業側から見れば、まだまだ「女性は結婚や出産で退職する可能性が高い」存在です。そういう女性を求める企業や職種もあれば、嫌がる企業や職種もあるはずです。その見極めをするためにも、まずよく考えて自分を知ってください。

    働き方を心に決めたら、その次に自分の性格や知識を分析して動くことです。「今現在何もスキルがない」と思われるなら、「今後身に付けたい知識、スキル」を考えてみてください。そして頑張れる事をアピールしてください。世の中手に職ある学生だけが内定を取る訳ではありません。

    ユーザーID:1673575666

  • どのような働き方をしたい?(続きです)

    就職活動は結婚相手を選ぶことに似ています。大学受験までのように明確な基準があるのではなく、「お互いに良いと思えること」が内定の基準です。対人スキルが重要な仕事もあれば、特定の知識が必要な仕事もあります。

    大変な時期に就職活動されることになりますが、ただ不安に陥ることなく、自分に今できることをコツコツ積み重ねて、「幸せな就職」に至ることができますように。応援しています。

    ユーザーID:1673575666

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 就職してはいけない会社

     不安だからといって、どこでもいいというのはやめた方が良いです。大卒で派遣という人もいるのは知っていますが、
    わざわざ不安定な職場で働く必要はありません。

     新卒は最初で最後のカードです。
     自信をもって頑張ってください!

     国立大学といってもピンキリでしょうが、トピ主さんに人格上の決定的な問題点があったり、ろくに勉強もせず学力が明らかに劣るなどでない限り・・・いわゆる一流大学卒業の方が就職できないとすれば、仕事がないという点でこの国はお終いだと思いますね。

     

     

    ユーザーID:0566593788

  • まあ焦らずに

    自分もいわゆる「バブル」がはじけた頃の就職で大変ではありましたが、資格なんてなくても当時の都銀に内定もらいました。ちなみにMARCH卒の男です。
    まあ、女性の場合は総合職か一般職かで求められる資質が異なる気がしますが、要は人間性を見て選考するんじゃないですかね。
    そういう曖昧な尺度では努力のしようもない、ということであれば無難に公務員試験の勉強をお勧めします。まだ十分間に合いますよ。

    不安な気持ちは分かりますが、それが態度に出てはいけません。自分に自信をもって就活に望んでくださいね。

    ユーザーID:7764306893

  • 頑張って!

    私も就職氷河期に就職した33歳女(私大文系)です。
    女子学生、確かに非常に厳しかったです。
    他の方のおっしゃるように長期キャリアプランを考えられることを
    おすすめします。
    結婚・出産してからも継続して仕事をしたい場合は

    ●産休・育休取得実績のある企業
    http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/family/index.html
    http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20080408/152538/
    (制度としてあるだけの企業と、実際に取得できる企業は違いますので…)
    ●教育関連、住宅系など女性であることが好評価される業種
    ●公務員
    ●専門職

    などですね。
    (本当は医師・看護師・薬剤師などが強いですが
     国立文系とのことですので除きます)

    すみません続きます>>

    ユーザーID:6095005083

  • 頑張って!2

    >>続きです

    私自身は氷河期に事務は一切受けず(みんな殺到していたので避けた)営業とクリエイティブ職で内定を取りました。

    新卒の就職で納得の行くところに入れれば万々歳ですが
    もしそうでなくても(私もそうでした)
    少し我慢して(景況も回復して)から第二新卒で転職という手があります。

    資格の件ですが、新卒採用は学歴・人柄・ポテンシャルが武器なのでそう気にされなくて良いのではないでしょうか。
    MOUSなどあると良いかもしれませんが、おまけ程度です。

    私は新卒で入ってから転職し、働きながら学校に通い、その後WEB系の仕事をしています。(既婚子持ちです)
    子持ちで不況下転職活動していますが、「手に職」職種・且つ実績を提示できたのでどうやらスムーズに決まりそうです。
    そんな方法もあります。

    大切なのは、絶対に新卒からフリーターや派遣にならないこと。
    転職時の履歴書がそうなると、その後の軌道修正が難しくなります。必ず正社員。
    ビジネスマナーなどの基本的な新人研修も新卒正社員しか受けられません。

    不況でも女子を採用する企業は必ずあります。
    トピ主さんがどうかそんな企業に出会えますように。

    ユーザーID:6095005083

  • みんな準備が遅い

    > 自分は何も資格をもっていないので、来年内定をもらえるかどうか不安で不安でしかたありません。

    じゃあ、今すぐに資格取得の勉強を始めればいいのでは?
    今からでも履歴書・エントリーシートに書けるネタを経験すればいいのでは?

    してこなかったことを悔やむ暇があるならば、今すぐにすれば良い。


    > この時代どのような人材がもとめられているのでしょうか?

    ウチの会社では。
    ・楽しんで仕事ができる人
    ・新しいものを生み出すことに喜びを感じる人
    ・めげない人
    ・人から金を頂くということを真摯に受け止められる人
    ・前に進み続ける、上を見続ける人

    参考になりますかね?
    会社によっては「そんなことより…!」ってのも多いです。
    正直なところ、会社・業種・職種によるとしか言いようがない。

    どんなところを志望しているかを書いたほうが、的確なアドバイスが付くと思いますよ。

    ユーザーID:8256360450

  • 就職とは15歳の時から今までの清算行為

    就職不安と言うなら、なぜ文系に進学されたのでしょう?
    「やりたいことを」は回答になりません。やりたいこと(趣味)とは自分の金でやるものです。趣味より食べる(職)が優先です。まず就職の良い学部に進学して、就職後に放送大学か文系社会人大学院でやりたいことをやるべきでした。
    大穴文系職狙い(公務員、大企業総合職、資格職等)が動機だったならば、入学直後から専門学校ダブルスクールなり体育会系サークルに入っての努力をやりましたか?他の人は、この手の努力されてるのでは?

    でも過去には戻れないため、これからどうするかですね。
    今年は一流大学でも多くの人が就職できませんでした。原因は、何がしたいかではなく、安定とブランド名会社に拘ったからです(倍率100倍オーバーの激戦区)。そして、人と同じことをして特徴を出せなかったからです。
    就社でなく職種を決めて、中小も受けるべきでしょう。そして特徴を出さないと。なお、事務は中小も激戦区ですので、避けた方が良いでしょう。

    また、文系最高の資格は学士新卒です。もし、就職できなかったら、院進学でなく、留年してもう一度チャレンジすべきでしょう。

    ユーザーID:1594869933

  • 社会人6年目です

    わたしも就職活動は大変でした。

    一番くやしかったのは、選考会を何度か行っている企業の後半の回に応募したところ最終面接前に落とされてしまったこと。
    リクルータが「これまでの採用で女性の割合が予想以上に高くなってしまったので上層部が採用を断念した」とこっそり教えてくれました。
    なかなかお返事がもらえなかったのでぎりぎりまで先方も迷っていたのだと思いました。

    男女平等とは言え、そういうケースは今後も考えられます。特に国立文系なんて女性の割合が多いし、女性は男性に比べてまじめに入念に就職活動する傾向があると思うので総合職は厳しい戦いになりますよね。

    ただ、他の人も書かれていますが新卒で正社員になることは重要!
    大企業・有名企業に入っておくと、後に転職活動するときにも優位に働くことが多いようですよ。
    私は運良くそのような会社に縁があり、福利厚生も充実しているので今年度末から安心して産休をとることができます。

    資格がないなら今から勉強してはいかがですか?おすすめは英語と会計です。
    履歴書に「○○取得に向けて勉強中」と書くだけでも印象はちがうと思います。

    ユーザーID:7402430097

  • 大企業ばかり狙うから

    どーしてもダメなら中小企業にでもチャレンジしてみては?
    「ぜひこの会社で働きたい」と熱意を見せれば、一発だと思いますよ。
    うちの会社にもたくさん来ましたよ、大企業にはねられたであろう女子大生が。
    結果、二人が入社予定です。
    ボーナスの時期になって同級生と比べることもあるでしょうけど、
    少ないからといって、すぐ辞めたりしないようにね。

    ユーザーID:8593054526

  • まだ1年ある

    文系で国立4大女子、多分一番って言っていい位、大変でしょう。
    今まで2年半、何を勉強してきましたか?

    語学系なら、TOEIC800くらいまでなんとか頑張れませんか?
    もしくは中国語。
    文系の場合、語学ができたら、割と広がります。
    あと、ある程度難関以上の大学生にありがちですが、一流企業ばっかり狙わないこと。
    中小でスキルを積んで、転職するというパターンを考えた方が良いです。

    10年前の氷河期就職でしたが、資格の無い人なんていませんでした。
    氷河期だからこそ、みんな必死に資格を取る等していましたよ。

    ユーザーID:2315906856

  • 頑張って

    就活は準備が大切です。
    2年生のころから始めた人はぎりぎりで始める人よりはるかに有利です。

    ・どんどんOB訪問をして、情報収集をする。(ここで好印象だとリクルーターが早くに声をかけてくれるかも)
    ・インターンをする。(積極性をアピールできます。面接のときに具体的に「なぜうちの会社が良いと思ったか」を言いやすい。)
    ・筆記試験は早めに対策を。(文系だと忘れている数学の問題が出てきます。中学の試験に似ているので解き方のテクニックが必要。慣れてくると問題を見ただけで「これはSPI」などと分かるようになります。性格診断も業界に合わせて答えられるように。)
    ・話し方の練習をする。動画で自分が話しているところを撮影し、好印象に見えるテクニックを身につけましょう。
    ・業界を絞らずに色々なところを受ける。思っていたのと違うこともあります。
    ・恋愛と同じ。相手が何を望んでいるかを知る。

    私は就職氷河期組でしたが、就活は楽しかったです。今までに知らないことをたくさん知ったし友達もたくさんできました。
    希望通りのところに就職した人は準備が早いことが多いので、とにかく用意周到に!

    ユーザーID:8666702520

  • がんばれ!

    意地悪なレスが散見されるのは非常に残念ですねー。
    さて気持ちを切り替えてレスしますが、

    「最低100社受けてから悩みましょう♪できれば大手・一部上場企業を受けましょう!」

    大学受験とは違うのですから、ほんの少しでも関心のある業界には全てエントリーすることをお勧めします。学生さんが見えている企業、就職活動前に思い描いている業界等は世の中のほんの一部ですから、仮にどうしても行きたいという業界があったとしても、もう少し広めに考えるべきです。

    かくいう私も当時100社以上受けました(2003年4月入社、学歴はいわゆる難関大)。当時希望していた業界には当時いけませんでしたが、誰でも知っている世界的なメーカーに入社したため、5年後に転職活動をし、就職時代に希望していた業界に今は属しています。大手に入れればその後、業種は違えど、同レベルの業界に行くことはそこまで難しくはありません。(景気にもよりますが。苦笑)

    ですので繰り返しになりますが、転職というチャンスもありますので、まずは

    「大手に絞って業種はなんでもいいから100社受けてみる!」

    これをお勧めします。

    ユーザーID:7637408060

  • 今3年生なら

    >自分は何も資格をもっていないので、来年内定をもらえるかどうか不安で不安でしかたありません。

    なぜ即、自分の条件を上げるような努力をしないのでしょうか?

    いまや四十路の私でも、能天気な大学時代に「資格くらいとらねば恥かしい」と簿記2級、英検2級(準一級が無い時代)、TOEIC670点(当時は高得点といわれた!)くらいは書くものがありましたよ。私立文系(非語学系)でした。我々の頃は、女性の大手就職は縁故が定説だったので、大手は一切受けませんでした。中堅どころで気に入った会社に内定をもらったので入社、その後転職数回、今のところキャリアアップし続けています。

    30代の氷河期世代の方に、「大手100社落ちはざら」とか、未だに資格も無く、「氷河期だったから」と言われても、そりゃ違うだろ〜と内心思っています。

    >もし、就職できなかったら、院進学でなく、留年してもう一度チャレンジすべきでしょう。
    これはやめた方がいいと思います。その翌年に景気回復している保証は無いので、自分の条件はさらに悪くなるだけです。不本意な会社でも一度就職する方がいいと思います。

    ユーザーID:3391067180

  • 横ですが、そういう意味ではありません

    ばぶばぶ様
    >>もし、就職できなかったら、院進学でなく、留年してもう一度チャレンジすべきでしょう。
    >これはやめた方がいいと思います。その翌年に景気回復している保証は無い>ので、自分の条件はさらに悪くなるだけです。不本意な会社でも一度就職す>る方がいいと思います。

    そういう意味ではなく、全てを尽くしても内定がもらえなかった場合の選択です。不幸にも、今、文系一流大であってもこのような人が多いのですね。そして、多くの人が、そのような場合に院進学します。それは不幸になる確率が高いため、院進学でなく、留年の方がまだましという意味です。
    もちろん、こうならないために、中小も受けた方が良いと申しました。

    ユーザーID:1594869933

  • みんなおんなじ気持ち★

    私はこの春就職した新入社員です。

    まわりが内定をどんどんもらう中、なかなか内定をもらえず
    毎日不安で不安でしかたなかったです。

    どんな人材が求められてるかとか就活本やネットで必死に調べていたことを
    書き込みを読んでいて思い出しました。

    資格もない、今勉強してることが仕事に全然結びつかない、
    やりたいことが明確に思い描けなかったのでずいぶん悩みました。

    やりたいことがある友達がうらやましかった!


    実際、みんなトピ主さんとおんなじ気持ちです。

    不安だしこんな世の中だし就活は個人戦で

    ひとりぼっちな気分になっちゃうけど

    不安なのはみんなおんなじだから周りの仲間といっぱい話して

    根詰めず踏ん張ってください!

    わたしは一人で悩みすぎないようにしました!


    あと、不安だからこそいっぱい動いてください!
    無駄はなかった!!
    (たくさん受けてたら全く同じSPIにあたったりしましたよ)

    ユーザーID:3130525136

  • 自分の回りは

    何か運動してますか?してましたか?やはり未だに スポーツしてる もしくは部活を頑張っていた人は 少しは優位のようなきがします。協調性や根性 粘り コミュニケーション これが 運動にイコールのようなきがします。

    ユーザーID:9055776832

  • 欲しい人材とは

    はじめまして。毎年新卒採用の面接官をしております。(人事部ではありませんが)

    どのような人材が欲しいと考えているかご紹介します。(もちろん他社のことはわかりませんが)

    ・ハードスキルよりもソフトスキルをみます。(新卒入社の資格などはさほど重要視していません)。
    ・地頭の良さを大事にしています。またそれをみる質問を面接ではしています。
    ・その人がどのようなロジックで意思決定するのかをみています。
    ・専門分野に関しては例え直接その会社に関係なくとも自信を持って何を研究してきたのか語って欲しいと思います。
    ・ソフトスキル面では人間関係を重視しますので、困った経験、それをどう解決したかなどのエピソードがあると良いですね。
    ・向上心という面では、会社に入ってからどう伸ばしたいと考えているかとの決意表示も大事ですが、これまでの自分はどう自身を向上させてきたか?の経験談の方に説得力を感じます。
    ・5年後に幹部候補生になり得るか?という観点で話をします。
    ・メーカーなので、競合と比べどこが好きか?という面では明快な答えを期待しています。

    ご参考になれば。

    ユーザーID:0597183701

  • 意欲でしょうか。

    最後は意欲がものを言うかと。
    我が息子は音大に進み、音大なんてところは就職がどうのでは無くまともに食べていける人がわずかです。
    でも絶対音楽で生きるという意欲、音楽が好きだけは負けなかったようで普通のサラリーマン程度は稼いでいるようです。ただし当然ですが年金などは厚生年金のようにいきません。

    最後は食らいつくって所でしょう。

    ユーザーID:0802847786

  • 学び続ける

    現在は、グローバル変化の時代です。
    国立大学といえども、工学系は人気がなく倍率は、2倍をきる
    大学もあります。2倍をきれば、ほとんど競争は無いに等しいそうです。
    日本で、やたら偏差値のたかいブランド化した有名大学でも、国際的な知名度はない。
    有名大学へ入って、大企業へ就職して、安心生活の時代は、おわりました。
    現代人は、常に学びつづけなければなりません。
    そこには、特別あつかいはありません。
    永久に就職の氷河期です。

    ユーザーID:0698987567

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧