俳句トピ

レス12
(トピ主0
お気に入り8

趣味・教育・教養

白秋

トピ開いてくださり、ありがとうございます。
俳句のトピです。

自作の俳句ならびにお勧めの俳句家等、俳句に関することで
あれば何でもござれです。。。

私の自作俳句なんですが、

クリスマス
心ときめく
星月夜

思いつくままなのでお粗末ですが、、、スミマセン駄作で。。

ユーザーID:0505967531

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 外国でも

     カナダの小学生が作った俳句

     A Friendly Looking Snowman Is Sunbathing, Regretting.

    邦訳  人のよさそうな雪だるまが 日向ぼっこをしている。しまったと思いながら。

     両方とも、素敵ですね。 出典は(邦訳も) 日本の新聞です。

    ユーザーID:3508401981

  • 息子が作った俳句


    チューリップ
    ママのかおにも
    さきました

    3歳の息子が作った俳句?です。
    お粗末ですが、可愛くて気に入ってます。
    俳句、なかなか面白いですよね♪

    ユーザーID:5276954860

  • ときめきも

    ときめきも
    忘れひとりの
    クリスマス

    ユーザーID:0208192032

  • 川柳でごめん

    婚活中
    年齢よりも‥と
    アピールし

    「わたし、44なんですけど、誰からも
    「30代にしか見えない」と言われます」

    そうですか。

    ユーザーID:7595698361

  • いいですね

    俳句、頭の体操にもなります。

    ところで「クリスマス」は冬の季語。
    「星月夜」は秋の季語。
    二重季語になってますよ。
    下五を別に代えてみたら?

    私も駄句ですが

    「駄々こねる子にはサンタの来ないらし」

    ユーザーID:9807834311

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • コホン・・・

    「学食のフライのように厚着する」
                林戸パトリ衛門   

    「何気なくホテルが揺れてるクリスマス」 
                …ごめんなさい。
                林戸パトリ衛門

    林戸パトリ衛門=私です。ごめんなさい
    トピ主さんみたいなロマンチックなのができません。
       
                  
                   

    ユーザーID:5428348860

  • 俳句

     では一句

    におの棲む町は静かに暮れにけり


    いかがでしょうか?

    ユーザーID:7176993046

  • 自己紹介

    胸よりもー
     おなかのほうが
      豊満ですー

    ユーザーID:0341004226

  • 川柳で

    眠たいが
    小町とまらず
    夜が明けそ

    今の 気分。やばい、明日仕事なのに。

    ユーザーID:3562764264

  • わたしもいくつか

    わたしも、いくつか発表させて頂けますか。

    帰りみち
    ほほに冷たい
    空に星

    窓ごしに
    秋にゆれてる
    いちょうの木

    しんと朝
    凍るかかとが
    切れぎれに

    あたたかい
    冬のヒーター
    とっくりセーター

    窓あける
    窓 窓 ゆれる
    闇の色

    以上です。

    ユーザーID:2306160074

  • 辛口ですが〜

     『俳句トピ』のタイトルを見て「これは期待がもてるかな」と、開いた見たのですが、このトピ、案の定しぼんでしまいましたね。
     五目並べを「囲碁」、皇居の周りをジョギングで半周して、「マラソンしてます。」と言っている感じがします。決して芽を摘むようなつもりはないのですが、折角興味を持たれたのですから、歳時記や新聞の俳句欄などで、基本の骨格を身につけてられたら、もっと楽しくなると思いますが。
     たった17文字のうち、「クリスマス・星月夜」で10文字を使ってしまい、「心とくめく」だけが、ご自分の発見です。ここはいまの季節の季語一つに絞って、一工夫したいところです。
     【この出逢ひこそクリスマスプレゼント】稲畑汀子
     【山国の空をあまさず星月夜】檜 紀代

     「梟の眼の奥は月の海」セブン

    ユーザーID:8512224973

  • ヨコの俳句

     そうですね、ママ友間のつき合い上のトラブルや義理親との軋轢の話に比べて、このトピにも もう少しいろんな関心が集まってもいいように思いますが。 燈を消さないため

    に、ヨコの俳句の話をもう一つ、

      After many months
      Spreading his ashes...
    The Lilacs he planted (邦訳: 夫の灰 撒くさ庭辺に ライラック )

     これは<第一回山寺芭蕉記念館英語俳句大会>で最優秀賞を受賞したペギーハインリッヒさんの俳句だそうです。1月25日朝日新聞俳句時評欄で五島高資氏が<歳時記学>第2号から引用して紹介されています。

     英語での俳句は、英詩の韻律等から解放されて、俳句の季語あるいは季節感を尊重した短文詩ですが、自由で短い表現の作る情景やそこに残る余韻が心に訴えて、随分前から主として英語圏で関心が高まってきています。 日本人として面白いのは、その意味が分かるというだけでなく、五、七、五と無関係でも、それの持つ俳趣みたいなものがよく伝わってくることです。日本語表現に置き換えるのは 別の話ですが

    ユーザーID:3508401981

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧