お歳取り魚

レス70
(トピ主6
お気に入り51

生活・身近な話題

おまめ

レス

レス数70

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    レスありがとうございました。新潟のお雑煮に鮭なんて素敵ですね。美味しそうです。我が実家は鶏の醤油仕立てで東京風です。お雑煮に鮭が入るルーツは元はと言えば、東の鮭と西の鰤、という点かも知れないので、なんだかお雑煮に歴史とロマンを感じます。お正月の焼き魚は鰤ですか!一軒の家の中でも東西混合していて面白いですね♪

    ユーザーID:2353150044

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 兵庫県南部

    兵庫県南部です(ただし田舎です)
    うちでは大晦日に鰯を食べます。
    お正月は鯛の姿焼きをテーブルに飾ります。
    それは飾ったままにして手をつけず2日とか3日頃に鍋に入れて食べますね。

    鯛を食べるのは明石が近いからだと思うのですけどね。

    ユーザーID:6784560997

  • お正月はええもんだ

    77歳の母が、上杉鷹山公の城下町・山形県米沢市の出身です。
    母の実家では、お歳取り魚の習慣がありました。
    お正月のわらべうた「お正月はええもんだ(中略)
    雪のようなまま食って/木っ端のようなとと食って/油のような酒飲んで」
    (地方により歌詞は違うようです)のように、
    身がぽろんぽろんとはがれる白身魚だったとか。
    ひと晩は歳神様へのお供えとして飾ってから、いただいたそうです。

    余談ですが、母方の親族は12月29日に餅つきをしていました。
    一般的には「苦餅をつく=苦が付く」といって避ける日程ですが、
    「苦を打ち砕いて丸めて飲み込め」という縁起かつぎなのだそうです。

    1月1日の朝は餅を食べず、白飯が主食。
    さらに家族一同が正座して見守る中、当主が杉の枝を束ねたものを
    釜のにえたぎった湯に浸し、先祖代々伝えられてきたお札が入った箱に、
    熱湯を振りかける儀式もあったそうで...。
    今はみんな転勤族になり、誰も昔の風習を引き継いでおりません。

    ユーザーID:7077504899

  • サバ

    紀州の、しかも有田地方だけなのかもしれませんが、
    私の故郷では塩鯖が正月のお魚でした。

    45センチほどの鯖を竹串に刺して備長炭で
    大晦日の1日をかけてじっくり焼き上げます。

    これを正月三が日かけてひとり1匹食するのが
    年末年始の慣例でした。
    お年取り魚という言葉は、ありませんでした。

    今年も故郷から家族分の鯖を送ってくれるそうで
    今から楽しみです。

    ユーザーID:0144513185

  • 鱈でした。

    青森の南部あたりですが、ウチは鱈でした。
    昔はすごく活きのいい鱈がそれなりの値段で買えたので、1本かって、祖母が昆布締めやともあえ(肝と身の酢味噌和え)、鱈汁をこしらえていました。
    今は不漁でとんでもなく高くなってしまったので、鮭に変わっています。
    鱈のころは「歳取りの魚」といって買っていましたが、鮭に変わってからただのおせちの一部になりました。
    なので、うちのお歳取り魚は今でも鱈です。

    近所は鮭を使うお家が多かったかも。

    ユーザーID:7414383324

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 滋賀県

    出世魚ということで鰤を食べます。

    ユーザーID:3828223443

  • ウチは30日に食べる

    福岡県田主丸町に江戸時代から住んでいます。
    今年の年取りは、いいイワシがなくサンマでしました。
    そこで、年取り魚を調べました。地域で違うのですね。
    大晦日にするところが多いようですが、ウチは大晦日はソバなので、年取りは30日です。
    また、正月は尾頭付きの魚が出ます。小さな鯛です。朝は箸を付けるだけで、夜食べるのですが、私は朝から全部食べていました。
    忙しいとぶつぶついいながらも、正月が無事迎えられることに感謝しています。

    ユーザーID:4958338246

  • 宮城県はナメタカレイの煮付け

    宮城県では,「お年取り魚」はナメタガレイの煮付けです。しかもメスの卵のあるカレイの方が高級で,一尾数千円もします。しかも,仙台から南では「お年取り」といって,大晦日の夜にごちそうを食べます。長野でも同様の風習があるそうです。数え年でいうと,1月1日が全員誕生日なので,いってみれば「お誕生会」みたいなものです。

    ユーザーID:2728349251

  • 仙台の南です

    ナメタカレイもしますが、家の今回の大晦日の夕食はお刺身盛り合わせでした。

    お正月は四本足の物が食べられなくなるので毎年お正月料理(里芋の葉にのせて栗の枝で箸を作ります)用に鱈や赤魚等を大量に購入します。
    鱈や赤魚、カレイ以外の魚は登場しません。

    ユーザーID:8807692319

  • 皆様ありがとうございました

    久しぶりにトピを開いたら、沢山のレスがあったので嬉しくて舞上がっています。皆様ありがとうございます。そして、お返事が遅れて申し訳ありません。

    私の住む大阪では、年末のスーパーでは、お歳取り用(お正月用)に鰤の切り身が並んでいました。鮭はありませんでした。また、兵庫の方が書いて下さったように、お正月の睨み鯛も売っていました。地域の文化ですね。
    米沢では神様へお供えしていたのですね。長野の実家では、もうお供えの風習は残っていません。
    有田の鯖は、驚きました。一人一匹三日間とは、珍しい召し上がり方ですね。
    青森は、鱈と鮭が混在しているようですね。長野は主に鰤と鮭です。
    福岡の方、お待ちしておりました。九州情報。サンマは昔からでしょうか。
    宮城のナメタカレイ、美味しそうですねえ。一人一匹でしょうか、家族で一匹でしょうか。

    余談ですが、大阪の夫婦二人暮らしの我が家では、お歳取り魚は鰤の照り焼きにしました。お刺身の盛り合わせも食べましたが、お刺身だと「お歳取り」の感じがありませんでした(笑)。

    このトピが読売新聞の記事になったそうです。皆様に御礼申し上げます。

    ユーザーID:2353150044

  • トピ主のコメント(6件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧