駐在、疲れました。(愚痴です。)

レス54
(トピ主5
お気に入り161

家族・友人・人間関係

駐在、辛いです。

英語圏に駐在してる者(40代前半、小学生の子供一人)です。

海外生活ももうすぐ3年になり、生活に困るこということは減りましたが、
反面、日本人同士の関係に疲れてしまいました。

どうしてもこちらにいると、自宅に人を呼ぶ機会が日本にいた頃より圧倒的に多く、
誘っていただいたらお返しに今度はお招きする、というのが暗黙の了解になっています。
しかし、みなさん、おもてなしのレベルが高く、お料理、デザート、テーブルコーディネート、どれもすばらしくこなす方が多く、
そういうことにうとい私は見下されています。

また、夫の職業によって妻の立場も変わるのですが、その意味では私は下の方に属しており、その為に辛い思いも多々あったため、
早く帰国したいとそればかり考えてしまいます。
夫の仕事のことをそんな風に考えてしまう自分自身もとても嫌いですし、夫にも申し訳なく思っています。
日本にいたときは、毎日家族の為に働いてくれている夫に、素直に感謝できたのですが。。。

明らかに相手によって態度を変える人、無神経な人、誰にも心許せず、本当に辛いです。。
日本にいた頃は友人もたくさんいたのですが、こちらでは友達になりたいと思える人は、誰もいません。

だからと言ってお誘いを全て断ると、また影で悪く言われます。
社会が狭いため、悪い噂は尾ひれがついてあっというまに広がります。
「他人が自分のことを何と言おうと、私は私!」と思えるほど、
精神的にも強くありません。またそんな自分が嫌で自己嫌悪になり、ますます落ち込みます。悪循環です。

赴任前までは、派遣ですが、働いており、忙しいながらも充実していました。今はそれもなくなり、
狭い社会で、他の日本人のことを気にしながら暮らしている自分が、とても情けないです。

長文、申し訳ありませんが、続きます。

ユーザーID:2633411255

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数54

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ全部よんでいないけど

    ごめんなさい。まだ途中だけど…

    私も同じだったからよくわかるの。
    英語圏ではなかったけど、なにが大変だったか、なんていうのは言葉や文化じゃないのね、駐在している日本人、とくにその妻たちとの付き合いが大変だった。
    私ももうくたびれすぎて日本に戻ってきた途端に鬱になってしまい相当苦しみました。

    具体的なことはトピ主さんがかいてあることと同じようなことでしたよ。
    夫の職業まで比較される始末でしたからね。
    確かに海外でのご婦人方は(笑)時間やお金に余裕がありますから、感覚がマヒし有閑マダムみたいな人も多いですよ(笑)あはは、でも自称ですから。ご主人は立派でもご婦人がたはどーもねー…なんていう人ザラでした。たいしたことありません。気にしませんように。
    家へのお招き、私も苦労しました。ここはご主人にも協力していただいて一緒の時お招きしたら?お茶にお菓子くらいでお開きできるようにセッティングしちゃうんです。向こうもありたいていの話をして退散するでしょう。
    国や地域によってさまざまでしょうけど、ずーっと、っていうわけではないでしょうから、是非それまで頑張って。

    ユーザーID:9750487258

  • 人生無駄な事は何もない

    経験者ですので、お気持ちはよく分かります。

    勤務先で態度を変える人など、所詮その程度の人なのです。
    あからさまな方々を見かけると、あぁはなりたくない・・・とお思いになるでしょう?
    反面教師にすれば良いのです。

    おもてなしのレベルの高さにも驚きますよね。
    少しづつ近づけるように自分を磨く良いチャンスです!!
    帰国してからのお友達から、よく感動されます(笑)

    日本人の少ない習い事などをして、少し距離を置かれてはいかがですか?
    大学に通う方も多かったですよ。
    大学や習い事などなら、お誘いのお断りもしやすいですし。
    (私は実際、これで乗り切っていました。現地のお友達もでき、一石二鳥です)

    辛かったはずの駐在生活も帰る頃には楽しいものになっていましたよ♪

    なかなか気持ちの切り替えが難しいかもしれませんが、どうか思いつめないでくださいね。

    トピ主様の駐在生活が楽しいものになるよう、心よりお祈りしています。

    ユーザーID:6367530422

  • 好きに生きろ

    別に上司の奥さん連中との付き合いで無ければ、
    付きあわなければいいじゃん。
    なんでもっとせっかくの環境なんだから現地の人々と仲良くなって
    文化を教え合ったりしないのかな。

    日本人同士で付き合うって意味ないと思う。
    ましてや旦那の職業なんてあなたや奥さんとか関係ないじゃん。
    たまたま結婚しただけで女性の能力とは無関係。

    狭い社会にいると、どんどん価値観が狭まっていくから
    外に出かけて新しい有意義な友人を作るべきだと思う。

    ほんと女って群れるよね。。。群れた挙句に仲間内で順位を
    つける。猿みたい。

    ユーザーID:6751300833

  • よ〜〜〜〜く、よ〜〜〜〜く、わかります

    よくわかります。
    私自身が、仕事で海外生活してましたが、日本より狭い日本で、もう、うんざりでした。
    そして、帰国したら、ひどい鬱になりました。

    日本にいる人には、話しても、とても理解できないことで、だから、そのことを誰とも共有できず、抱え込んで、帰国するなり鬱になったと思います。

    狭い日本人社会のことは、「青年海外協力隊の虚像」という本に、よく書かれているので、参考にされてはいかがでしょうか?

    協力隊とかいっても、同じなんだ〜〜〜と私は思いました。

    海外に出ると、どういう立場であれ、同じになっちゃうのは、なんでなんでしょうね。

    とにかく、お察しいたします。
    私は、20年近くも前でしたので、さらに苦しい立場だったかも(ネットもないし、共感してくれる人もなし)。
    今は、そういう狭い日本人社会の経験者は、私も含めて多いですから、共感もえやすいと思います。
    本も読んでみてください。
    アマゾンで買えます。
    20年前も今も、日本人体質は、同じですね。

    ユーザーID:5274309334

  • よーくわかります。

     私も駐在生活に疲れて、早く帰国できないかなと毎日思い、自問自答の
    毎日です。
     どうしてここにいなければならないのかと考えます。
     アジア・田舎住まいで、紫外線アレルギーがあり、外に出れません。
     軟禁生活のようで、現地採用で仕事につきましたが、いろいろとあり、
    退職し、軟禁生活に戻りました。
     働くのも専業主婦もいやで、日本に帰りたいとそればかり思っています。
     日本では、フルタイムで働いていました。子供がいなくて、大卒後も結婚後もずっと仕事をしてきたので、専業主婦になっても、家事を済ませると
    何をしていいのかわからなくて、途方にくれたりしています。
     ゲーム・ネット・DVDで、遊んでいると悪いことをしているような罪悪感を
    感じます。精神衛生上よくないなと思いますが、外出できないしと私も悪循環です。
     でも、必ず帰国できるし、会社規則の一時帰国もあるしと思い、なんとか
    生きています。
     早く帰国できるといいですね。

    ユーザーID:5894236901

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 駐在妻集会は自己鍛錬、修行の場

    なにか、お茶会、食事会の為に、話題になることを始めませんか。
    ボランティア経験とか。近所の外国人との経験談とか。
    近くのスポーツセンター。
    子どものお習い事の先生のネタジョークなど。
    あなたのような退屈な駐在妻も確かに存在します。
    日本では、こうだったのにとか。
    それに変わるなにかに向けて、自分の魅力に磨きをかけてみませんか。
    そんなんじゃあ、ご主人も家じゃ退屈でしょ。

    窮屈なつきあいはお互いさまなのよ。
    皆も嫌がっているけど、なにかあって助けあいが必要なときは、お茶会の顔見知りが一番役立つと考えないとね。割り切りましょ。

    精神的に強くなるのが海外駐妻と自己改善しないとね。付き合いが大変だと思わず、誰かといたら自分を高めたり、楽しめると思うと良いことあるかも。

    狭い社会は、日本人だけじゃないと思わないとね。欧米系・アジア系の駐日妻も同様のことをこぼしておりますよ。

    ようは、自分次第ですよ。

    ユーザーID:5008721851

  • たいへんですよね

    お疲れ様です。大変ですね。
    お子様は冬休みに入ったのでしょうか??
    私も(一応)英語圏で暮らしてました。主人が駐在員ではなく現地採用だったので、駐在奥様から見たら下の下というところでしょうか。
    私も日本人社会では下のほうとされる会社で働いており、下に見られるという感覚は分かります。海外まで来て何してるの!と馬鹿馬鹿しく思ってました。
    私は子どもがおらず働いていたので忙しく、かまってる時間が無かったのが幸いでした。専業主婦だったらトピ主さんのようになってたかも??

    ほんとに元駐妻さんのおっしゃるように反面教師です。

    人のよさそうな方がいたら、お料理のレシピなどを教えてもらえれば今後のためにもなると思います。皆様の料理の腕前はレベルが高かったです。
    私もいい方に出会い、おいしい料理レシピを教えていただきました(笑)
    少し日本人社会から距離をとると、英語も上達しますよ。日本人の少ない習い事をしていました。いまではいい思い出です。
    お休みを利用して、日本に一時帰国してリフレッシュするのも手かも?
    視野が狭くなると頭も堅くなるかも?
    楽しい駐在生活をお送りくださいね

    ユーザーID:6916868620

  • お察しします

    それが駐在妻生活そのもの、なんじゃないでしょうか。

    見下されて、自己嫌悪の毎日を過ごすしかないですよ。

    だって、御主人の職業が下の方なんでしょ?
    それは変えられないし、
    あなた様はその御主人の妻だってだけだし。

    仕方ないんじゃないですか?
    あきらめたら楽になるかもしれませんよ。
    荒行ですかね??

    ユーザーID:6442777618

  • トピ主です。ありがとうございました。

    続きが遅くなり、大変申し訳ありませんでした。トピが反映されていたのに気がつかず。。
    続きのトピのタイミングが悪く、後だしと思われてしまうかもしれませんが、当初書かせて頂こうと思ったことを書かせて下さい。
    せっかくの海外経験を無駄にしないよう、子供の学校のボランティアに参加、自分も学校に通う等なるべく外に出ていろんな方(日本人以外とも)と接したり、頑張っているつもりでした。
    語学も赴任前のTOIECは900点だったのですが、実際の英語力は本当に低いと実感し、赴任後も必死で頑張りました。しかし最近、いくら頑張っても結局ここにいる限りは心から安心できないことに気づき、今になって3年分の疲れがどっと押し寄せ、誰にも話せず辛くて、初めてこちらに投稿させて頂きました。
    こんな後ろ向きなトピにお付き合い下さり、励まして下さった方々、本当にありがとうございました。
    とても疲れていたようで励ましのお言葉に涙が出ました。今は成長の時、合わない人は反面教師と思って頑張ります。帰る頃には人間的に成長している自分でありたいと思います。

    ユーザーID:2633411255

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 分かります!

    主人の仕事で何カ国かで暮らしました。
    ものすごーーーーーく分かります。
    最初に暮らした国が(英語圏、日本人が多い)同じで
    料理のレベルや生活に驚きました。
    私も日本ではそこそこの生活をしていたはずでしたが
    比較にならない感じで、ホームパーティなども多く心底ストレスでした。
    夫婦同伴のパーティなどもよくありましたが
    夫にずっとひっついてるわけにもいかず
    元々社交的な性格ではないので、端っこでひたすら
    時計とにらめっこして終わるのを待つという感じでした。
    一見、親切そうに見える方でも、そうではなかったり
    英語下手で笑われたり人間不信にもなりました。

    気にしなければいいのかもしれないけど
    私もそんなに強くないし
    ほかに楽しみを見つけなさいと言われても
    そういう気分にもなれませんでした。
    どこにいっても日本人と繋がりがあり
    かといって現地の人と仲良くなれるほど英語力もなく。

    私は気の合う友人ができて、そこから楽しくなりました。
    同じようなタイプで、家でのんびりお茶飲んだり
    愚痴を言い合ったり。
    海外に出て、日本のすばらしさが本当に分かりました。

    ユーザーID:2104015052

  • 駐在員の数が多いと大変らしいね

    夫の肩書き(上下関係)でお茶会があるって・・・。
    いったい駐在員何人いるの?

    うちは1人か2人駐在だから妻同士も助け合って仲良く生きてきましたよ。
    それは先輩方、代々そうしてきてます。
    社風が悪いのではないでしょうか?
    そもそも、もっとその国の人と関わったり、大学行ったりしてれば、縁が無い話ですよ。
    暇してるからイジメが起こるのでは?

    ユーザーID:4195375275

  • 私も困ってます

    周りはセレブな人達ではないのですが、
    狭い日本人社会で、ほとんどの方は日本人を求めていていますが
    なかなか本当に気の合う人に出会う事は難しく
    紹介して、紹介して、という感じです。
    で、その中でも優しい人と少人数で合うと、
    声を掛けなかった人達に知れると、すごいけんまくで怒る人がいます。
    陰口はもちろん。
    相手はだいぶ年上だったり、または歳が近くてもこちらは話が合わないと思っているのですが、相手は?誘わないと、とにかく怒ります。
    会わなかったら、会わない事に相手は怒り・・・
    日本にいる時よりも苦手な人が多く、
    日本で生活していた時よりも、早いうちに相手の欠点が見えている状態です。
    皆、ここでの生活が嫌で日本に帰りたいと熱望している人ばっかりです。
    そういうストレスフルな状態なので欠点が早く見えるのかもしれません。
    日本にいて何年もかけて築きあげた友情に比べ、いきなり0からの友達作りの大変さを味わっています。
    私は距離を置く事を選んでいます。
    ほんと、女の世界って干渉好き、勝ち負けを考える人の多い事に驚いています。

    ユーザーID:8055993585

  • なんだか、さっぱり分かりませんね

    なんで、そんなことに気を使わなければならないのですか?

    同じ会社の駐在員同士の関係なら避けようがないですが、そういう感じではないですよね。悪い噂をたてられようがどうしようが関係ないのでは?

    地元の人のほうが人数的には圧倒的に多いわけです。
    その中で気の会う人とつきあっていけばいいのでは?
    いつもこの手のトピをみると不思議でしようがないです。

    それとも現地にうまく適応できないのを日本人同志の関係に疲れているとすり替えているのですか?
    外国の社会に適応してゆくのが簡単でないのは分かります。
    言葉だけでも大変ですし考え方もかなり違いますしね。

    さて、そうであれば、選択肢は3つに一つ。
    1)現地適応。2)日本人社会。3)完全孤立。
    状況を想像するに3)が一番いいのでは?
    開き直って、のんびり自分達だけでやっていけばいいのです。
    周りが何を言おうが完全無視。それで困ることないですよ。
    クリスマス、お正月、いろいろ楽しめばいいんです。

    自分達だけでやるのが基本で、もし一人でも二人でも呼んでみようと思う人がいれば呼べばいいんです。何も悩むことないと思います。

    ユーザーID:7206858614

  • 見下されてる、と卑屈に感じるのではなく尊敬するだけでイイと

    素晴らしいテーブル・セッティングをされる方、いらっしゃいますよね。おもてなしに隅々まで神経が行き届いていて、お料理もお菓子もとても綺麗で美味しくて。
    私は”ああはなれないわ〜”と見ていただけでしたが、自分の子供の笑顔が見たくて、ケーキとパン作りだけ駐在中楽しみました。ベーカリーがなかったので手ごねで小麦粉と酵母の相性を研究しました。面白かったです。

    駐在中、私も生涯最悪の人と知り合いになりました。影で人の悪口ばかり言う、女のいやらしさを権化にしたような人。ああ、私もきっと何か言われているのだろうな、と思ったあたりから、その人の矛先が私に向かい始め、いつの間にかその人が言った悪口は全て私が言ったことに。
    女社会の恐ろしさ?に驚き、日本人社会からの付き合いをほぼ一切止めました。
    帰国後、元の仕事に復帰して充実した日々を過ごしていますが、未だにその”最悪の人”に似たモデルさんをCMで見るたびに嫌な気持ちになりますね。

    合わないお付き合いはやめて、実益を兼ねた自分の楽しみを見つけ追求しましょう!(ポン酢を手作りなんていかがです?)去る者は日々に疎し。人の噂も75日。

    ユーザーID:5393278416

  • あなた次第

    アメリカに数年駐在妻として住んだことがあるので、お気持ちよく分かります。
    セレブを気取ったホームパーティーの連続?は疲れますよね。。。私は、子供がいなかったこともあり、英語の学校や英語の勉強のために日本人以外の友達とばかり遊んでいたら、そのうち誘われなくなりました。最低限のお付き合いはするようにして、あとは自分の好きなことを始めてみたらいかがでしょう?悪口を言われたとしても、何も悪いことをしている訳じゃないんだから、堂々としていいんですよ。
    駐在中の期間、どう過ごすかはあなた次第です。日本に帰国した私にとって、海外で暮らした経験は輝くような宝物です。毎日鬱々と過ごす時間がもったいないですよ。同じ時間なら、自分が楽しめることに時間を使いましょう。長いようでいて人生は短いです。人がどう思おうが、あなたの人生はあなたのものです。

    ユーザーID:6503852573

  • がんばらない。諦める。孤独を楽しむ。

    私も駐妻生活に疲れた一人です。
    2カ国目、トータル6年以上です。
    もともと語学も苦手で、海外生活なんて興味がなかったので、苦痛です。

    2カ国目が決まった時、絶望でした。しかも非英語圏。
    私の場合、知り合った人たちがどんどん帰国して取り残されて行くのに耐えきれず、置いてけぼりをくらうのが嫌でした。

    なので、日本人の知り合いを極力作らない生活に切り替えました。
    言葉も分からないので、現地人とも挨拶のみです。
    そして家に人を招く時は「もてなし下手なんでごめんね。」って言っておきます。
    語学も苦手なので進歩もなく、お給料も安いので、語学学校にも習い事にも通えず、悲惨ですよ。
    本帰国も期待してませんし、同じ会社の駐在員は誰もいないので、ある意味気楽ですが、頼る人もいないので、恐ろしい部分もあります。

    人の悪口なんて、気にしてたら生きてけません。
    「人に嫌われない人なんていない」
    と思って生きてます。
    ただ単にトピ主さんと気の合う人がいないだけだと思って、孤独を楽しんでください。

    私は日本に本帰国出来る日を夢見て毎日無駄に生きてます。はぁ〜もう嫌だ。

    ユーザーID:1039955187

  • ドンマイ〜!

    その奥さんたちの御主人って会社員でしょ、儲かってる会社のオーナー社長じゃないんでしょ。
    駐在のお手当てがついて舞い上がっているだけと思うよ。
    格付けされて落ち込んでらっしゃるようだけど、トピ主さんちと同じ会社員じゃない?
    そんな中で比べあうなんてはたから見たらアホかと思います。だから気にしない気にしない。
    セレブな駐妻も帰国すれば教育費の為パートにでる普通の主婦に戻ります。
    そもそもおもてなしとかテーブルコーディネートとか、トピ主さんは本当はそんなに興味ないんじゃないかな。
    学校に行ったり、ボランティアしたりと行動的に過ごされているじゃないですか!素晴らしい!!お付き合いはほどほどに、ご自分の時間を大切に♪

    ユーザーID:5228662812

  • トピ主さん、こおりさん、

    私も駐妻生活に少々疲れ気味です。
    こおりさんと同じように、二ヶ国目、6年、今は非英語圏です。

    同じ時期に、同じ国に住んでいる日本人、というだけで、そう簡単に
    気の合う人が見つかることはないと思っています。
    私は幸いにも、いやな思いをしたことは少ないですが、狭い日本人社会、いろいろありますね。

    私は今の国が好きになれず(というより嫌いかな)つらいです。
    数少ない友人たちは、この国が好きで楽しんでいるので、愚痴を言える相手がいないです。

    永住するのではないのだから、と思うようにしています。

    自分が今できることをやっていくしかないですよね。
    お互いがんばりましょう。

    ユーザーID:5523584761

  • 苦労ところはお付き合い

    言葉と文化の問題でご苦労されるようですね・・・。
    やはり時間を作って大学へ通う事をお勧めします。
    わたしの場合、運転手なし、お手伝いさんも付かず、時には日本出張者の(役員含む)運転手を妻が任され、ゴルフ、お食事、
    お買い物までお付き合いせねばなりませんでした。それも妻の仕事の内だと先輩方から学びました。

    現地の方とのお付き合いの方が多かったので、あまり日本人社会でのお付き合いは極端に少なく抑えました。
    ただ、人手の無い時は主人の仕事も手伝わされました。(party,電話番、弁護士との食事会など)
    もちろん、ただ働きでしたが。笑
    口下手な主人より私の仕事の方が大きく、お客さんの相手で失礼がないようにと、気くばりしすぎて神経をすり減らしました。
    でも、それも主人と妻の仕事だと割り切ってこなしました。今は良い思い出です。

    ユーザーID:7883693365

  • テストの点数と実社会・会話レベルは別。

    主さん、まだ滞在が長引くなら、週末とかにあるカレッジの専門コースを受講していかが。数時間でも気持ちがリフレッシュできますよ。
    私は、欧米での海外生活が長く数カ国の語学堪能組みですが。
    取得した知識を実用的に普段利用しても、わざわざその国の言葉のコースに入りました。余裕があって楽勝。先生にも、専門科のなか、何かタイトルでも?と質問され、高校生から老令の生徒の前で、臆せず・・ええ、もっとこの地域のいろいろな人間と関わって自分の肥やしにしたいからと答え、皆さんと交流できました。
    子どものクラスでは、ボランティアで語学と算数、数学をアシストし、その国に暮らす親子・教育関係者などと深く関わったことも。まだまだ、語学に磨きをかける場所はありますよ。
    主さんのレベルなら、ネイティヴの方が喜ぶ、交流したい日本人だと思います。
    私は、欧州滞在が長かったですが、米国では、こんなに英語ができる日本女性とはめったに出会えないと、アジア系米国人社会、白人社会などから声がかかり、楽しく過ごせました。
    頭にたくさん語彙がつまって実践する場が少なければ、ネイティブを相手に磨きをかける場所に入りましょう。

    ユーザーID:5008721851

  • 忙しく、忙しく!

    国際結婚で海外在住です。昔仲良かった友達(既に日本に帰国)が駐在員妻でした。

    彼女は大学でクラスを取ったり、子供の学校のボランティアをしたり、しがらみのない私などと遊んだりしていました。同じ会社の駐在員妻達からは色々言われていた様です。実際別の駐妻さんから「○○さんは私達より国際結婚の方と一緒にいるのが好きみたいだから..」と嫌味を言われた事もありました。

    それでも彼女は駐妻との付き合いは最低限(ご主人の会社の歓迎会や送別会など)にし、自分のライフスタイルを貫いていました。帰任が決まった時は泣いて悲しんでいました。こちらでの生活をすごくエンジョイしていたんだと思います。

    今でも私の里帰りの時に会いますが、「△△さん(以前同時期にいた人でご主人同士が同じ会社)どうしてる?」って聞いても、「さぁ〜、帰ってから全然会ってないわ〜」という感じで、彼女はまたまた日本で忙しく色々な事にチャレンジして充実した日々を送っている様です。

    私は結構考え込んでしまう方なので、そんな彼女を見ているとエネルギーをもらえます。

    トピ主さんも頑張れ!!

    ユーザーID:8040071618

  • 今まさに私も。。

    とあるアジアに駐在して数ヶ月の2児の母です。

    今、まさに私も鬱に近い状態です。子供が小学校に通ってるので、子供を通しての母との付き合いが、日本のそれとは大きく違うので悩んでいます。妙な選民意識があるのか?プライドも高く教育熱心で、子供もお嬢様・お坊ちゃまとして育てられている方が多いので、かなり気を遣い疲れます。私自身が育った環境は真逆な上、うちは男兄弟で、騒いだり注意を聞かないことも多いので、人に迷惑をかけていないか監視するのに疲れます。日本だともう子供同士で勝手に遊びに行き、ちょっとくらいのいざこざは自分達で解決する年なのですが、海外だとどうしても親の監視下で遊ぶことになり、放っておけば良いような小さなトラブルまで親が干渉しています。

    少し前までは、普通に日本の小学生なりの自立した生活を送ってくれていたのが、いきなり幼児の母に戻ったようで、とてもストレスに感じます。子供を介しての付き合いは、自分の事以上に気を遣います。何だか自分のことばかりになりすみません。上から目線!痛いほど分かります。お互い心からくつろげる友人に早く巡りあえますように。。。

    ユーザーID:4435063733

  • トピ主です。

    皆様、引き続いてご意見下さり、本当にありがとうございました。
    一つ一つ、大事に読ませて頂きました。

    私と同じように駐在でご苦労なさっている方が多いのも驚きました。
    みなさん、頑張っておられるのですね。。
    また、駐在の日本人社会のことを猿山のようというご意見も頂きましたが、
    まさにその通りですね。。だからこそ、日々の疲れを感じるのでしょうか。。

    だからといって、日本人の方とのお付き合いを断つことは、mocoさんのおっしゃる状況と同じく、我が家も子供がおり、たまに日本人同士で遊びたがることもある為、なかなか難しいのです。
    また、本当に困ったときは、お互い助け合っていきたいと私自身も思っていますし。。

    こちらで知り合った方達は、みなさんもちろん良い面もたくさんお持ちの方ばかりなのですが、何故か奥さんにランク付けするところがあるのです。
    本当に何故なのでしょうね。。


    長くて申し訳ありませんが、続きます。

    ユーザーID:2633411255

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • トピ主です。続きです。

    でも、皆様からのレスを読ませて頂き、今の環境や他人を変えることはできない、変われるのは自分だけ!と、思いました。
    実は大学にも通いたかったのですが、子供がいる為なかなか時間の都合がつかなかったり、専業主婦なのに大学に通うなんて夫に申し訳ないような気がして諦めていたのですが、思い切って夫にも相談してみます。
    こうやって勉強できるということも、とても贅沢なことですよね。

    以前、英語を勉強していることを影で悪く言われ、何故誰にも迷惑をかけていないのに、悪く言われるんだろう。。と落ち込んでいたのですが、周囲を気にしていたら時間がもったいないですね。

    元駐妻様がおっしゃって下さった、『人生無駄なことは何もない』
    というお言葉、私も昔辛いときに、よくこう思って頑張ってきました。
    最近疲れすぎて、この言葉を忘れていました。
    今の時間を無駄にしないよう、いろいろ挑戦してみようと思います。

    皆様のおかげで、残りの滞在期間も頑張れそうです。

    今年も皆様にとって良い年になりますように。
    本当に有難うございました。

    ユーザーID:2633411255

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 駐在地にもカラーがあるのですね

    英語の勉強をしているだけで陰口ですか・・・。
    奥様にランク付け・・・。大変な世界ですね・・・。

    私はメキシコに近い米国内の都市の駐在妻ですが、
    「今、英語の勉強しているんだ〜。」「へ〜。どこで、教会?ESL?」と皆さんあっけらかんとしたものですし、大学で勉強している人がいても頑張ってるね〜と言うだけです。
    ランク付け?ないない!
    上司にあたる人の妻と部下にあたる人の妻も、それなりの配慮はあるものの、基本、皆さん対等に付き合っています。

    無駄に広い土地だけに、嫌なときは顔を会わさない済むからでしょうか?
    一番近くに住む日本人の住宅まで、車で5分です。

    駐在地によってカラーがあるものなのですね。

    難しい場所で頑張っているトピ主さま。ほどほど息抜きしつつ、充実した時間を過ごせるようお祈りしております。

    ユーザーID:0538036270

  • 私も同じでした。

    15年以上20年近く夫の海外転勤について生活していました。住んだ国は4カ国で英語圏3非英語圏1。いたってマイペースな性格なのでついに奥様たちとの団体行動に慣れることができませんでした。主人の年齢が高くなっても同じでした。そして外人さん、現地の人たちとつきあう場合にも合う、合わないというのはありました。

    苦手な人のかわし方はだんだん身についていくと思います。しかし日本人とのつきあいが煩わしいのは英語圏で助け合いが必要ではないところに住んでいるから。私に人の情けのありがたみがわかったのは非英語圏に住んでいたおかげかも。

    英語圏で生活が楽で日本人密度が高いところだと人間関係をリセットするのは簡単です。子供がらみだと難しいかもしれませんが転勤族は新陳代謝が盛んです。合わない人と無理につきあう必要はありません。

    トピ主さんに何か打ち込める趣味というかライフワークがあればきっと楽になると思います。日本人とのつきあいは煩わしいことが多かったけど、趣味が広がったのと語学が少々見に付いたので外国生活はトータルでプラスでした。きっとあと少しです。がんばって下さいね。

    ユーザーID:9554162319

  • どうでしょう。

    米国に駐在して5年目になります。
    初めは人の視線にビックリしましたよ。一挙手一同全部話題にされることは今でもあるようですが、無視してます。笑

    新しい人間関係の中に飛び込んでしまったのですから、お互い共に距離感を作り出すまでが大変でしょうし、神経も過敏になってしまっても無理はないと思います。

    見下したりのランク付けって、あるのですか?
    互いに家庭をもっている身としては、ご主人がどんな立場であろうと「妻」としては対等ですよ。

    それよりせっかく異国での暮らしをされているのですから、もっとご自身が楽しむことを優先して考えるといいかと思います。
    それが、料理であったりテーブルコーディネートであったり、生活を豊かに楽しもうとする皆さんの工夫なのかと思うのです。

    私も現地日本人達の偏見や好奇の目に晒されたりもしましたが、幸い自然の豊かな地域に住んでいるおかげで花を育てたり、カルチャースクールに飛び込んだりして自分なりの生活の確立して、堂々と振舞ってしまえば後はこっちのものですよ。神経過敏にならずに、どうぞ暮らしを楽しんで下さい。

    ユーザーID:2701621309

  • すごく分かる!負けないで!!

    日本国内だと、アメリカや海外に駐在している人を見ると、「羨ましい」とか「憧れる」なんてよく言いますが、現実は惨めな事が多いですよね。

    だいたい、何年いても英語なんて喋れないし、日本国籍以外の友達なんていないし、日本食以外は、ほとんど食べないし。
    買い物に行く場所も決まっているし、近所との交流もないし、とにかく、日本人ばっかりで生活する毎日。

    わたしの友達(駐在一家)もノイローゼになってました。ですが、私達家族と出会って(夫アメリカ人)、優しく英語に触れながら、駐在一家の子供と私の子供と近所の子供を混ぜて遊ぶ様になってから、嘘の様にアメリカ生活を楽しんでいます。

    一緒に色々な所にも買い物に行くので、ストレス発散も出来ています。

    同じ日本人でも、現地の人と結婚している日本人と友達になる事を強くおすすめします。

    ユーザーID:8638996278

  • 駐在員の家族の方はどこにいる

    変なタイトルですみません。米国シリコンバレー在住、滞米生活は20年近くになります。小町で駐妻さん(これもあまり良い呼び名ではありませんね)の孤独を目にしますね。

    駐在員さん(普通は御主人)とは仕事上よくお会いしています。駐在員のお子さんには学校とかでお目にかかるのでしょうが、駐妻さんにはお目にかかる機会が全くありませんでした。住まいはごく近くのはずが、生活のパターンが違うためか顔もあわせたことないほど縁が無いようです。

    駐在員同士のつながりも生活していくうえで重要でしょうが、そういう関係でない日本人はお住まいの地域にもたくさんいると思います。現在暮らしている行動範囲から一歩踏み出したらいかがですか?もしかしたら、駐妻さん仲間からはいろいろ言われてしまうかもしれませんが、御自分の生活の質向上を大事にしたら楽しめますよ。

    ユーザーID:9660208063

  • 転勤妻をのぞいてみたら?

    私の海外生活のストレスのはけ口はネットです。
    駐在員の奥様ブログなんかをみては「ああ、皆さんいっしょネ」と思っています。
    トピ主さんもご存知だと思いますが「転勤妻」っていうサイトがあってもうここでは皆さんの投稿全てに自分を反映しています。

    ユーザーID:6164088779

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧