虐待を連鎖させないために

レス73
(トピ主36
お気に入り64

家族・友人・人間関係

いさこ

私は母親の虐待を受けて育ちました。虐待と言っても暴力ではなく言葉の虐待です。「産まなければよかった」「お母さんと呼ばないで」などです。

妹が生まれるまで(私が6歳のとき)は母は私を相当溺愛していましたが、妹が生まれたとたん、私が妹に触ろうとすると手を払いのけたり「産まなければよかった」などの発言をするようになりました。

両親ともフルタイムで働いており、産休あけから母も復職し、祖父母が私や妹の面倒を見てくれていました。母は仕事から帰るとすぐに妹の名前(Aとします)を「AちゃんAちゃん」と呼び、私が学校で褒められた話やテストで良い点をとった話などをしようとすると「うるさい、あっち行け」と怒鳴られました。

祖父母や父は私と妹を分け隔てなく可愛がってくれましたが、母の言動には叔母たちが「ちょっといさこにキツく当たりすぎてるんじゃないの?」と注意するほどだったようです(のちに叔母から聞きました)

小学生の頃、通学は私服だったため、「新しい洋服を買ってほしい」と言うと「あんたどこのお姫様だと思ってるんだ」と言ってなかなか買ってもらえなかったり、「あんたは養われている立場なんだ」などとよく怒鳴られました。学費をケチられたことはありません。それは感謝しています。

私はそんな母に反発し、よく口答えをしました。そんな私の態度が気に入らず、さらに母からの暴言がひどくなっていったように思います。でも反発する裏には私の『妹と同じように可愛がってほしい』『寂しい』という気持ちがあったからです。

現在、結婚し一人の子供に恵まれましたが、いつか二人目ができたら、この子が成長して自分の意見を言うようになったら、私も母とおなじようにひどい言葉を子供に浴びせてしまうのではないかと不安になるときがあります。私は決してそんな母親になるまいと心に誓うのですが・・・。

ユーザーID:6834988524

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数73

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 結婚しないのもひとつの手です。

    虐待の連鎖は、実体験であるだけに簡単には断ち切れません。
    虐待の連鎖を断ち切ろうと考えているのであれば、なぜ、結婚したのか不思議で
    なりません。
    結婚して、子供をもうけてしまえば、親にされた事を子供にしてしまう危険性が
    グッと高まるのに、なぜ、あえてそれを選択したのでしょうか?

    ユーザーID:5849051643

  • 気持ちのはけ口を

    トピ主さんは、子供の頃からお母さんの愛情を得ようとこれまでとても頑張ってきたんだと思います。
    まずは、よく頑張った!とご自分を褒めたたえつつ
    これからは頑張りすぎて張りつめたままのものを緩めてみましょう。

    気持ちのはけ口を作ってみるといいと思います。
    旦那様でもいいですし、信頼のおける友人や小町のようなネットなどでもいいです。

    自分自身のこれまで押し込めてきた辛い感情を解放してあげるのです。
    お子様とご自分の辛い過去とを重ねて混同してしまわないように。

    カウンセリングなども一つの手かと思いますが、表面的な知識だけのカウンセラーにあたってしまうとさらにストレスをためることになるかと思います。

    今は虐待や家族問題についての本などたくさん出回っています。
    一度目を通してみるといいかもしれませんね。

    そしてたくさんお子様を抱きしめてあげて下さい。

    ユーザーID:3183943491

  • ちょっと似た立場です

     ちょっと似た親に育てられ、現在2人の中学生の母親で、何とか連鎖しないで済みそうだ・・・と思っているものです。

     まともでない親にそだてられると、まともな親は困ったときやつらい時にどうするのかが、わかりません。
     お手本がないのですから、本当にわからないのです。
     ます、それを自覚しましょう。
     そして、お手本になってくれる人を探しましょう、
     夫の親でも、親戚でも、「良い母の見本」を探すのです。そして子育てに困ったとき、
    「その人なら、どうするだろうか」と考えたり、相談に乗ってもらったりするのです。

     私は夫の母が「良い母の見本」でした。
     子が困れば、助けてやればよい。それだけのことも、私には身についていませんでした。
     義母のおかげで、わが子たちは
    「うちの親は、長子だから末っ子だからと差をつけない」
    といってくれます。

     実の母も、良い子たちに育ったといってくれるようになりました。
    その母は、自分自身の母親を早く亡くしています。
    実の母も、お手本がなかったのだ、本当は良いお手本を見習って、こういう風に育てたかったのかもしれない、と思うようになりました。

    ユーザーID:0379476568

  • トピ主です 続きです

    数か月前母に、私に暴言を吐いていたのはなぜか問いました。母は「(妹の)Aは早産児で生まれ心配だった。あんたは大きく生まれたから何の心配もなかった。洋服を買ってやらかったのは必要ないと思ったから。私は中学、高校時代お弁当すら母親に作ってもらえずお腹をすかせていた。高校時代は自分でアルバイトをして昼ご飯代を稼いだ。だから自分の子供にはお弁当を必ず作ってやろうと思っていた。あんたにもお弁当を作らなかったことはない。学費も出してやった」と言いました。

    そして母自身が祖母から受けた虐待の話がはじまり、「お弁当を作ってもらえずみじめな思いをしただけでなく毎朝ホウキで叩かれていた。私がほしいものがあると言うと『あんたはどこのお嬢様だ』と言われ買ってもらえなかった」と、それはそれは恨みがましく話すのです。

    私は思い切って「自分も同じことを私に言ってきたじゃん、『どこのお姫様だとおもってるんだ』ってしょっちゅう言ってきたくせに」と言ってしまいました。すると母は「そうだったっけ?でも、弁当を作ってやった。大学まで出してやった。お腹をすかせるほどみじめなことではない」と言いました。続きます

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る
  • いろんな虐待があるけれど。

    主さん、続きがあるのかな?
    続きがあるなら途中でごめんなさいね。

    私も虐待児、人生今まで虐待経験のある方にも何人も出会いました。

    結論として、基本子供が好きか嫌いかの質問で、嫌いという方は子供を持つことをやめたほうが本人もまだ見ぬ子にもいいようです。
    子供をもうけた時、いけないと分かっていながらそうせずには(虐待)いられない状態に陥っているようです。

    好きになれないから虐待してしまう→子供が反発する→もっとやる→懐かない→という悪循環が見受けられます。

    自分は大人として体験を乗り越えられた、十分愛情を注げる(子供が欲しい!)というきもちがあれば問題はないと思います。

    ユーザーID:9487071198

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 辛かったでしょう

    いさこさん、ほとんどわたしがやられてきたことと同じです(学費はケチられなかったそうですが、うちはそれに、給食費の袋を持っていくと、「この金食い虫が!!」という暴言がつき、とても辛かったです。別に金銭的に困っていたわけではないのですが)。

    で、いさこさんは、そういう親になりませんよ。
    ご自分が置かれている立場も、気持ちも、ご自分でよくわかっていらっしゃるんですから。
    うちの親も被虐待児ですが、被害者意識ばかりで、わたしに虐待をしないと自分ばかりが損をする、といっています。でもいさこさんは違いますよね。

    確かに愛情表現ほか、親から受けてきたことが、転移するというか、そういう側面もあるかもしれません。でもいさこさんは親とは違います。しいてアドバイスさせていただければ、気持ちの上で親に期待しない、親の愛情は一切いらないというくらい割り切ったほうがいいかもしれない、ということです。

    自分のなかで完全な「過去」にしてしまえば、過去にとらわれることはなくなります。わたしは親と縁を切りました。実際にきる必要はないと思いますが、気持ちの上ではきっぱりと過去の親は死んだと思えば。

    ユーザーID:8780036956

  • トピ主です 続き2

    祖母が母や叔母たちにお弁当を作らなかったなどのネグレクトとも思える仕打ちをしてきたことは叔母たちからも聞いており、中でも母が一番その被害を受けたそうです。

    母も虐待を受けて育った経験から、私や妹を育てるにあたり、「ぜったいに良い母親になろう」と心に決めていたそうです。叔母たちから聞いた話では「私たちはぜったいに良い母、良い叔母になろうと話し合っていた」とのことです。

    叔母たちは私が見る限りでは自分の子供たち(私のいとこ)には良い母であり、私たちにとっても良い叔母です。多少キツイ言い方をしたり理不尽な事を言うこともありますが、後々までしこりが残ることではありません。でも母が言う言葉はキツく、すぐにキレるので話にならないことも多く、しこりが残りがちです。機嫌が悪い時に電話をかけると悲惨です。

    気持ちに余裕がない時に子供が泣きわめいたりすると、母に言われたひどい言葉を思い出し、「私も言ってしまうのではないか」と思うことがあります。

    同じような悩みを持ちながら子育てをされた方がもしいらっしゃいましたらアドバイスをいただきたいです。よろしくおねがいします。

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る
  • 大丈夫

    お母様以外の人達の愛を感じ、言葉の暴力を受けながらも
    学費に関する感謝の気持ちをお持ちのトピ様ですから
    大丈夫だと思います。

    きっとお母様は心を病んでいらしたのでしょうね。

    トピ様ご自身と共にご家族が笑顔で過ごせます様にと
    祈っています。

    良いお年をお迎え下さい。

    ユーザーID:6114350272

  • トピ主です レスありがとうございます

    Todayさんのレス読みました。
    結婚はべつにいいじゃないですか。未婚で子供をもうけるひともいますよ。
    「子供をもうけなければいい」というご意見なら納得いきますが。

    子供はもうけないということも考え、結婚して6年間避妊をし続けました。
    しかし夫婦で話し合い、私自身も夫も子供がほしいという気持ちが強くなり
    子供をもうけることにしました。いろいろ話し合った結果です。

    子供をもうけないことは連鎖を断ち切るためのひとつの手かもしれませんが
    避妊しても授かる人もいます。それだけでは断ち切ることは難しいと思います。

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る
  • トピ主です makiさんのレスまで読みました

    rururuさんレスありがとうございます。
    涙が出てきました。私はテストで良い点をとるのも、受験勉強を頑張ったのも、すべて母に認めてもらいたいがためでした。
    気持ちのはけ口・・・このトピを立ち上げるのは迷いに迷いましたが、ここで吐きだすことで辛い感情を解放できているように思います。
    本も読んでみたいです。ネットで探してみます。

    mewさんレスありがとうございます。
    「お手本になってくれる人を探す」というご意見、目からうろこです。夫は子供の面倒もよく見てくれるし良い夫です。そんな夫を育ててくれた義母が一番良い母の見本かもしれません。困ったときは「義母ならどうするか」を考え、相談もしてみようと思います。

    makiさんレスありがとうございます。
    もしかすると母は基本的に子供が嫌いなのかもしれません。孫を可愛がってくれますが、父ほどではないような・・・。
    母は「好きになれないから虐待してしまう→子供が反発する→もっとやる→懐かない→という悪循環」そのものだった気がします。

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る
  • トピ主です NONさんのレスまで読みました

    縁切り小町さんレスありがとうございます。
    金銭的に困っていないのに言われるのが辛いですよね。私もそうでした。
    「気持ちの上で親に期待しない」これがなかなか私には難しくて・・・。
    でも、割り切らないと乗り越えられませんよね。親とは思わず、一人の
    女性と思えるよう努力します。

    NONさんレスありがとうございます。
    母は心を病んでいたのかもしれません。産後すぐに仕事に復帰してストレスも
    あったと思います。今も病んでいるのかも・・・。
    「大丈夫」と言ってもらえるとそれだけで心が軽くなります。

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る
  • 我が家は

    トピ主さんの家庭と若干違うのですが
    ある家庭でも口と手が先に出る両親でした。
    ここでは語りませんが、その時の状況を話せば
    恐らく皆さん引きます。
    しかしその両親には
    「躾」と言う概念のようです。

    その家庭の親戚一族なども我が強い家庭が多く
    やはり従兄弟や従姉妹達もそれぞれの家庭で
    何らかの痛手を追ったようです。
    その家庭は皆、姉妹でしたが、親に対する対抗の仕方が違い
    上の姉はやり返して戦う派
    中の姉はその場では黙り後々チクチク文句を言い恨みを引きずる派
    下の子は親の「躾」や小言を 徹底無視派でした。

    さて成人してからはどうでしょう?
    上の姉は笑い(思い出?)話のように親に語り
    下の子は「昔の話だからもうい〜じゃん」と軽く流しますが
    中の姉は当時の恨みを延々と語り周りを混乱させます。
    ただその両親や親戚の親なども、話を聞くと差別や虐待に遭っていて
    それは聞くに耐えない話だったりします。
    恐らく連鎖を断ち切れなかったのかなと思いますが
    連鎖を断ち切るのは
    「親も一個人。許す事が必要」だと思います。
    一番断ち切りにくいのは恨みを引きずる事だと思います。
    さてあなたは先々どうしたいですか?

    ユーザーID:1125938736

  • 分かります

    私もトピ主様ほどではありませんが、母にキツく当たられた時期があります。

    自己肯定感が低く、なんで自分が生きているのかよく分からなかったりしました。

    私はAC(アダルトチルドレン)の本に出会い、我が意を得たり!という気持ちになりました。

    連鎖を止めるには、まず『気付き』が必要です。
    主様はそこはクリアされていますよね。

    意識するだけでもだいぶ違うとは思いますが、ご自身の過去も含め、さらに掘り下げたいとお思いでしたら、ACの本を読んでみては如何でしょうか?

    連鎖を止める方法についても触れてありますし、何よりご自身の過去に区切りをつけるのに役に立つのでは、と思いますよ。

    ユーザーID:1516909121

  • もう大丈夫です

    貴方はきっと大丈夫だと思います。自信を持たれ
    てよいと思います。

    自身の葛藤と心の葛藤の振り返りができています。
    心の葛藤に気付き、その振り返りができることは
    とても難しいことです。
    貴方はお独りでカウンセリングを見事に成功させ
    自らの心を平穏に導かれています。

    更に素晴らしい事は、お母様の生育歴を理解し、
    それが貴方に影響を与えただろうことをも理解さ
    れています。又母を別の人格として理解すること
    もできています。

    私達は、親の影響を100%受けて成長します。
    自分自身の基準だと思っていたことが、実は親の
    資質を引き継いだものであることに驚きます。
    私達は、遠い祖先からそのことを繰り返して来た
    のだと思います。

    良い影響を受けた場合は、心に葛藤はないのでし
    ょうが、悪い影響を受けた場合には社会や周囲と
    のバランスが取り難いことから、心に葛藤が生じ
    るのだと思います。

    そうした過去を忘れ去る必要はありません。
    心に記憶して母と自分の人生を考えて見る作業は
    貴方の心を思い遣りのあるものにするのではない
    かと思います。

    ユーザーID:7736221645

  • 実行してくださいとしかいいようがない

    虐待の連鎖の可能性をしりながら子供をもうけた以上、虐待をしないことはあなた自信の責務です。としかいいようがありません。

    私にはなぜその状況で交渉ができるのか。そこからすでに理解できないのです。トピ主さんの仰るように避妊に完全な方法はありませんから。だから私にとっても子供はもうけない=結婚しないです。
    虐待の連鎖を防ぎたくてその選択をする人間は実際にいます。

    自分が育てる側になったら、自分も虐待されたから、というのがなんの言い訳にもならない事は自分が一番よくご存知でしょう。

    頑張ってください。

    ユーザーID:5444610729

  • 自分の幼少時代と我が子の状況格差に嫉妬

    過去の自分の状況と娘(が多いと思う)の状況の格差に
    嫉妬する人っているみたいです。
    一度テレビの「虐待する母親特集」で見ました。
    「私が子供の頃は○なんて我慢してた。それをこの子(娘)はヌケヌケと要求し私に叶えてもらえる...」というものでした。
    「私だって抱きしめて欲しかった、この子位の時。この子は平然とママ(本人)に甘えに来れる..」の言葉が印象的でした。
    甘えられなかった幼少期、苦労して我慢して(大抵は)母親が厳しいかネグレクト状態を耐えて生き抜いて来た経験者に多いかも。
    まさにお母様は近い状況ですよね?
    貴方がしたみたいな事、例えば、お母様自身がテストの良い点数を祖母様に褒めて貰えなかったのかもしれません。
    それでも、大学迄出してくれたお母様です、お金がかかる時に貴方を放棄しなかったのは立派な愛情。
    言葉でウサを晴らすしか出来なかったお母様も可能な事はしてくれましたね。
    虐待、虐待と捉えずに「不器用だった母」という認識にしてみては。

    ユーザーID:5610452086

  • ただのナナシさんレスありがとうございます

    私は「上の姉」さんと「中の姉」さんの中間のような気がします。
    母に対してよく反発していましたが、恨みを引きずっている部分があります。
    ひどいことを言われたときに思いっきりやり返して戦えば良かったかもしれません。
    「親を許す」ということができるなら、そうしたいです。
    どうすればそれができるのか、今の私には正直わかりません。
    親も完璧な人間ではない、未熟な一人の人間だし、失敗も間違いも犯すこともあるでしょう。

    私は「母は精神的に子供なんだ」と思うことにしています。私よりも精神年齢が
    低いのだから仕方ないと・・・。
    そう思うことが許すことにつながるのかは分かりませんが、そのほうが
    今の私には楽なのでそうしています。

    親を許すことで連鎖を断ち切ることができるなら、どんな方法があるのでしょうか?

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る
  • リネンさん、見守り人さんレスありがとうございます

    リネンさんレスありがとうございます
    「なんで自分が生きているのかよくわからなかった」という気持ちに私も
    なったことがあります。
    アダルトチルドレンの本を読んでみたいと思います。小さな子供がいるので
    なかなか本屋さん(近所にないというのも理由ですが)に行けないので
    ネットで探してみます。ちょうど今日から夫が休暇に入りましたので、
    ネットで注文するか、夫に買ってきてもらおうと思います。

    もしお勧めの本がありましたら、教えていただけないでしょうか。


    見守り人さんレスありがとうございます
    母の生育歴を理解するまでに長い年月が必要でした。私は子供のころから
    母に、母が受けた虐待の話を聞かされていましたが、それが私への言葉の
    虐待につながっていたということを理解できたのは親と離れて暮らしてからです。
    親から受けた良い影響を子供に与え、悪い影響は子供には及ぼさないように
    したいです。

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る
  • たとんさんレスありがとうございます

    たとんさん、Todayさんと同じ方でしょうか?違っていたら申し訳ありません。

    「子供はもうけない=結婚しない」ということを虐待の連鎖を止めるために
    選択する方は確かにいると思います。私もそう考えたこともあります。

    結婚するしないにかかわらず、「子供ができるような行為をしない」という
    のが虐待の連鎖を止める方法として一番よいのかもしれません。

    ですが、現に今、私には子供がいます。子供が生まれる前に、結婚する前に
    時間を戻すことはできません。子供を作るかどうか夫と相談する際にも
    結婚を申し込まれたときにも相当悩みました。夫には私と母の事を詳しくは
    話していませんが、何度も夫と話し合いを重ね、また夫の説得や激励もあり
    結婚、妊娠にふみきったしだいです。

    たとんさんのおっしゃる通り「自分も虐待されたから」という言い訳は
    ありえません。そんな言い訳をして虐待をする人間は最悪です。ただ、
    虐待と気付かない人はいるのかもしれません。私の母は虐待と気付かず暴言を
    吐いていたのかもしれません。私はそうならないために頑張っているつもりです。

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る
  • shinobiさんレスありがとうございます

    「虐待する母親特集」見てみたかったです。再放送してほしいです。
    自分の子供に嫉妬する人がいるんですね。信じられません。子供には
    自分よりも幸せになってほしいと願うのが「親」だと思います。

    でも、私も「母に嫉妬されていたのかもしれない」と思ったことがあります。
    それは結婚する時です。私の夫は私にはもったいないくらい良い人です。
    夫を結婚相手として両親に紹介したとき、夫のいないところで母は私に
    「後継ぎとして育てたのに親を捨てる気か、それならこの家の財産は放棄
    してもらうからな」と言い放ちました。夫のいるところでは良い母を演じて
    います。
    母の本音は「大学まで出してやったのに恩を返さずに自分だけ幸せになるのは
    許せない」といったところだと思います。

    shinobiさんのおっしゃるようにお金がかかる大学まで出してくれたのは
    立派な愛情だと思います。叔母にも「あなたのお母さんは愛情表現が下手
    なだけ。不器用だから」と言われたのですが、頭では分かったつもりでも
    感情が許さないのです。「母は不器用な人」と認識できる日がくるのでしょうか・・・。

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る
  • 何と言えば良いか

    許す...確かに、いきなりこう言われたら不可解ですよね。
    因みに私は末っ子です(笑)
    連鎖を断ち切るのは充分可能です。
    その証拠に、姉たちは子を持ちましたが、虐待など一切なく、子供には
    倍も数倍も愛情をかけているからです。

    いやその前に、虐待の連鎖と言うものは無いのではと思います。
    恐らく虐待の連鎖と言う名目に、自己の間違えた行いを助けられている、又はそこにすがっているのではないかと思います。
    さてここで言った「許す」とは「親を許す」もそうですが
    「親の痛みも、自分の痛みも受け入れる」です

    私の姉たちを例にすれば
    「母は子供時代、愛情が足りず辛い思いをしながらも私を産んで育てた。私も辛かったけど子を持った、それは自分の子供時代より良い子供時代を、この子が送れると思ったから」

    「私は大病せずに健康に生きて来られたからこそ、新しい命が生まれた
    ならば私も子供を元気に育てよう」
    綺麗事並べれば、こんな感じです。

    あなたのお母様、悪い所ばかりではないでしょう?良い所も沢山あるはずです、少なくとも私は
    加齢と共に両親の悪い所より良い所に目が向いています。

    ユーザーID:1125938736

  • ただのナナシさん、レスありがとうございます

    お姉さま方はお子様に虐待は一切なく数倍も愛情を注いでいらっしゃる
    とのことで、本当に素晴らしいです。私も子供には何倍もの愛情をかけて
    育てていくつもりです。

    虐待を受けて育ったからといって虐待をしてしまうとは限らないし、連鎖を
    言い訳のようにしてもいけませんよね。本当にその通りだと思います。
    私の母がそうですから。祖母から受けた虐待よりは私が言われた言葉なんか
    はるかにマシなんだそうです。確かにそうかもしれませんが・・・。

    母の良いところ・・・ですか。一個人として見ると良いところは色々
    あると思います。正社員の仕事を定年まで勤め上げたこと、社交的なところ
    などでしょうか。母親として感謝している面もあります。ただ、それとは別
    に、母がしょっちゅう私に言った暴言の数々を忘れられずにいます。

    ただのナナシさんのように、母の加齢とともに悪い所より良い所へ目を
    向けられるようになれたらと思います。家を出てからようやく母を
    客観的に見ることができるようになり、少しは私も成長したとは思って
    いますが、ただのナナシさんのようになるにはまだ時間がかかりそうです。

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る
  • 「毒になる親」という本を買いました

    アダルトチルドレンに関する本やトラウマに関する本なども読んでみたいのですが、
    とりあえずこの本を買って読んでいます。ざっと読んでみたところ、いくつか
    当てはまる項目がありました。

    数ヶ月前、母に私に暴言を吐いてきた理由を尋ねたことがありますが、あのときが
    この本に書かれている「対決」だったのかな、と思います。でもそのときは
    話をそらされてきちんと「対決」しきれなかったので何か心にしこりが残っている
    のだと思います。まだきちんと熟読できていませんが、本を読み返していつか母と
    「対決」してみたほうが良いのか考えたいと思います。

    この本を読まれた方にその後の感想を聞いてみたいです。

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る
  • 私も同じです・1

    私も母から暴言、やつあたり、皮肉、嫌味を受けて育ちました。
    その為、私には子供の頃の記憶があまり、ありません。まともに受け止めたら、心が壊れるという防衛本能からでしょうか。子供の頃の記憶を思い出そうとすると、掌に汗をかくような緊張感で固まってしまいます。
    私は十年ぐらい前に、親元から、以後、ACや毒親に関する心理学の本を片っ端から読み漁り、人間関係でもそれなりの経験を積んだおかげからか、母と自分の関係を冷静に分析できるようになりました。

    いさこさんのレスから推察しますと(間違っていたら、ごめんなさい)いさこさんはお母様にとって、娘ではなく、母親だったのではないでしょうか?たしかに、おばあ様がお母様にした仕打ちはひどいもので、本来なら、その抗議を本人にすべきところを、まったく関係のない、いさこさんに対して行った。
    わかりやすくいうと、お母様は幼いいさこさんを自分の母親の代わりにして、その怒りをぶつけた。
    なぜ、本来、怒りをぶつけるべき相手(おばあ様)にそれを行わなかったか・・・
    (続きます)

    ユーザーID:2092552459

  • 私も同じです・2

    それには様々な理由が考えられますが、やはり、お母様は虐待を受けているとき、親が悪いのではなく、自分が悪いのだと思っていたのではないでしょうか?
    これは虐待を受けている子供全員に当てはまることですが、虐待を受けているとき、子供本人はこんな目にあうのは、自分が悪い子だからだとどうしても、自分を責めてしまいます。
    それに何より、子供にとって親の存在は絶対です。自分の生殺与奪権を握っているのですから、逆らえません。
    特に、子供に対して愛情のない親には。
    お母様自身、そう思い、当時の怒りや悲しみを全部、自分のなかに押し込めていたのでしょう。
    それが、無抵抗で自分に逆らうことのできない弱い子供の立場のいさこさんに向けられたのだと思います。
    お母様がいさこさんに毒づくのは、自分に母親のような愛情を与えてくれという叫びだと思います。
    でも、こういう人はいくら、愛しても「足らない。不満だ」というんです。
    要は、子供なんです。
    残念ですが、いさこさんがいくら、お母様の言動に抗議してもお母様がそれを認めて謝罪するということはありえないと思った方がいいです。
    (続きます)

    ユーザーID:2092552459

  • 私も同じです・3

    私の親も、まず自分の非を認めるなんてことはないです。被害者の立場が大好きなひとですから。
    お子さんについてですが、ごめんなさい。私は独身で子供もいないため、アドバイスができないのですが、いさこさんにそういう自覚があれば、大丈夫なのではないでしょうか?
    ACや機能不全家族についての本が今はたくさんあるので(すでに読んでおられるかもしれませんが)読んでみてください。私事ですが心理学系の本は本当に役に立ちました。

    いい御主人に出会えてよかったですね。
    私は中々、いい方とめぐり合えません。(私に原因があるのですが・・)
    人と関わるのが苦手で、表現するのも苦手。そんな自分を矯正しようと今、奮闘中です。

    やはり、人は誰かに愛されないと、人を愛せないものなんですね。

    なんとかして、それを乗り越えたいです。

    ユーザーID:2092552459

  • 結婚しなければ良かったのに。

    結婚して何が悪いというようなトピ主の反論レスがありましたが
    結婚して虐待の苦悩に夫を道連れにするのは良いことではありません。
    どちらかといえば悪いことです。

    愛する妻が実は自分の子供を虐待していた

    と知ったときの絶望感は計り知れないでしょう。
    そして、虐待から子供を守るために、離婚という選択をするかも
    しれません。
    そうなった場合の事も考えずに、安易に短絡的に
    「結婚して何がわるい」と開き直っているトピ主には虐待に対する
    真剣さがまったく伝わってきません。
    どうせ、虐待しても親権は私のモノだし、夫も離婚して慰謝料と養育費
    を払うような損な事はしないだろうという計算があるのがみえていて
    こういうトピを立ち上げる事が非婚化に拍車をかける要因ですね。

    ユーザーID:4355937935

  • 励ましたい

    トピ主さんを励ましたいと思います。

    1月1日のHOSさんのレスには問題が多いように思います。
    全く賛成できません。
    トピ主さんは真剣に向き合っていらっしゃると考えます。

    人は親を選んで産まれて来る訳ではありません。
    親の生活環境は、その侭子供の環境になってしまいます。
    子供は、親の生活環境を受け入れざるを得ないのです。

    我々の社会が成熟して人々の生活が豊かになり、衣食住
    のみだけでなく、心の分野にも気持ちを馳せることがで
    きるようになりました。

    トピ主さんが、自身の心の課題を整理するために、自身
    の振り返りに止まらず、子供さんの育児にも生かして行
    こうとしていらっしゃることに心を込めて応援します。

    お母さんの強い面と弱い面を理解しながら、祖母や母の
    時代の社会情況をも併せて考えることができたら、お母
    さんが貴方にされたことの理解に役立つのではないかと
    思います。

    人間とは不思議なもので、全てが満ち足りた生活環境で
    あったなら、全て上手く行くとは限りません。
    不足の中から何かを考えながら生きて行くのではないで
    しょうか。

    ユーザーID:7736221645

  • 千秋さんレスありがとうございます

    千秋さんのおっしゃっている内容と似たことが「毒になる親」にも書かれて
    いました。私も実は学生時代に心理学系の本をよみあさり、「私は母のように
    なるまい」と思って生きてきました。

    「本来なら、その抗議を本人にすべきところを〜」とのことですが、まさに
    その通りです。母はよく「私の子供時代は親に反抗するなんて考えられない
    時代だった。おまえは親である私に反抗するなんて悪い子だ」と言っていました。
    そして私はそれを真に受け「自分は悪い子だから妹より大事にしてもらえない」
    と感じていたのです。

    母からの謝罪はないでしょうね。それは仕方ないです。私の母も被害者意識が
    強いので。数ヶ月前、母に抗議したときは私は妊娠中でした。そのときも謝罪は
    得られず母は自分をかばう発言をしました。本当に母は「子供」なんです。
    母と長時間会話をするとイライラしてくるので「お腹の子によくない」と思い
    それ以降はできるだけメールで連絡をとり、直接話をすることを避けています。

    千秋さんはご自分で冷静に分析されているのですね。私ももっと冷静に分析して
    いきたいです。

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る
  • HOSさんレスありがとうございます

    私は「結婚」=「虐待の連鎖」とは思っていません。
    結婚しなくても子供を産む人はいますし、結婚しても子供をもうけない人も
    います。虐待を受けた人が虐待をするとも限らないし虐待されていなくても
    虐待する人もいます。

    「虐待しても親権は私のモノだし、夫も離婚して慰謝料と養育費
    を払うような損な事はしないだろうという計算がある」とのことですが
    配偶者が子供を虐待しているのを知りながら損得で離婚をしないというのは
    それこそ子供への虐待と同じと私は考えます。配偶者が子供を虐待していたら
    子供を守ることをまず考えるのが親ではないでしょうか。そのために必要なら
    離婚すべきだと思います。

    「こういうトピを立ち上げることが非婚化に拍車をかける要因」とのこと
    ですが、なぜそう思われますか?

    ユーザーID:6834988524

  • トピ主のコメント(36件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧