• ホーム
  • 話題
  • 退職金が出ない場合、定年前の貯蓄はいくら必要か?

退職金が出ない場合、定年前の貯蓄はいくら必要か?

レス14
(トピ主3
お気に入り52

生活・身近な話題

シナモン

不躾なタイトルですみません。夫45歳、妻36歳(私)、未就学児2児の4人家族で、一応首都圏在住です。

先日、何げない会話から「俺の会社には退職金なんてないしな」と夫の一言。驚きましたが、顔には出さず話を聞いていると、

1.20年働いて今までもらった人に会った事がない

2.そもそも退職金制度なんてない

3.ウチみたいな中小企業の製造業に退職金なんてあったら会社が成り立たない(やや偏見?)

というのが夫の言い分。とりあえず、本当にないか調べてみたら?とだけ夫には言いましたが、おそらくないのでしょう。

我が家の家計は私が預かっていますが、メインは子供の学費貯蓄でした。ですが、夫の言うとおり退職金がないのなら、その分新たに貯金を併用して行わなくてはなりません(夫とは5年前に結婚しましたが、積み立て年金等の貯蓄はゼロでした。私は正社員勤務で、就職時から月2万の積立年金を財形で行っています)

この先、年金だけではきっと生活できないでしょう。そこで、トピのタイトルの質問となりました。私のつたない頭では大体いくら位かも想像できず、目標が定まらないのです。併せて、上手な貯蓄法もありましたら教えて頂けたら幸いです。

恥ずかしながら、私は公務員の父の元に育ち、子供の頃はお給料が少なく母が内職や習字を教えて家計を支えていました。が、定年退職金が出ないという事は想像したことがなかったのです。今になって世間の一部を知った思いです。よろしくお願い致します。

ユーザーID:5602155387

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 聞いてみたら

    よく面接をするときに 何か質問はありませんか?って聞いても
    いえ別にありません、って どうして聞かないんですかね 逆に あなたは定年退職するまでこの会社に勤める気はないのかって 思いますが
    せめて退職金の規則は?って聞いてくれるほうが・・・

    中小・零細でも退職金規則を作って基準局に提出している企業はいくらでもありますよ
    ただ途中入社は条件が悪くなるみたいですが ひどい経営者でない限り退職金の規約はあると思います 見せてもらうことが必要です

    わが社ではそれぞれのパソコンでいつでも社員であればどこでも見ることができます これは当たり前のことです

    だいたい中小・零細で学校卒業すぐ入社で60歳〜65歳定年で 800万から1300万の範囲(これはさまざまな資料による)昔は3割ぐらい多かった

    かつ管理職とか役員になればそれに大きく加算されると思います

    ユーザーID:0331336052

  • 生活費として

    60歳定年として、年金が給付されるまでの5年間分の生活費は最低確保しておかなければなりません。(子供が独立している場合)

    夫婦2人の月々の生活費が30万円と仮定して、

    30万円X12ヶ月X5年=1800万円

    これだけは、最低限必要です。

    ユーザーID:5050262537

  • 貯蓄法

    先ほど書き忘れましたが、
    貯蓄の方法として、貯蓄型の保険が良いと思います。

    万が一、ご主人が亡くなられても保険はおりますし、
    同時に貯蓄も出来ます。
    保険料は高くなりますが、銀行の定期などより下ろしたり、解約しづらいので良いのでは無いでしょうか?

    また、日本社ではなく、外資系の保険会社の方が利率も良いですし
    外貨建てもあり、選択範囲が広がると思います。

    ユーザーID:5050262537

  • 個人的に思うこと

    仮に60歳で退職したとして、80歳まで生きるとしましょう。退職金のない20年をどうするかということですよね。
    私は4000万は必要だと思います。これは退職金も年金もまったくない最悪の場合です。
    これだけあれば年200万、1か月あたり16万ほどになりますので、贅沢はできませんが人間らしい生き方は可能なはずです。
    将来は、今年金をもらっている人のように、満額で月20数万あるとは限りませんので、
    自分が将来どれくらいの年金額をもらえるか、把握しておいたほうが良いと思います。

    しかし、独身の私も30後半、あと20数年で4000万なんて貯金、かなり厳しいです…。
    考えちゃいます。なるたけお金を使わないようにするとか。
    こりゃ、不景気から脱出できないわけだ。

    ユーザーID:4321998534

  • 今から計画通りの人生を歩みましょう

    定年退職しました。退職金はありましたが今の時代ですから計画を割り込みました。借金無しで貯蓄は6千万円+あります。今は老齢年金と企業年金を得ています。65歳を過ぎると年金が満額もらえます。そして払い込んでいた年金型保険が支給されます。このとき定年前の収入と同等になる可能性があります。これらは計画通りです。トピ主さんのように40代に計画をしたのです。
    タバコ、ギャンブル、飲酒をしません。外食も控えていました。貯蓄は天引きでした。全て計画通りです。多分充分な蓄えと思います。この計画で唯一学費が想定を外れましたが彼らは学費を稼ぐ努力をしていた。
    トピ主さんは夫婦で収入がありますよね。それなら私より優位です。人生に計画は必要です。目標を定めると実現に向けて頑張る意欲が沸きます。頑張りましょう。

    ユーザーID:5562129918

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 参考になるか分かりませんが

    それぞれ人によって違うと思います

    資産 収入 生活レベル ライフスタイルが違えば必要とする貯蓄額も当然違います。
    ちなみに今の平均寿命は男が82歳女は87歳で、一般的な生活費は月に24万円位と言うことです。
    24*12*27は7776万円です。そこから年金と60歳以後働く金額を引けば
    必要な預金額がでます。

    ある本では60歳以降の生活費は1億かかり、7千万の年金需給(40年勤務
    でそれなりの給料の場合)があり、残り3千万円が預金額と出てましたが
    、私の場合そんな高給ではなく、勤続も60まで働いても30年と少しなので
    4千万位の年金と思うので、預金としては少なくても60歳のときに4〜5千万が必要です。しかし・・・・
     
    ないものはないので生活レベルをその分下げるしかありません。

    ユーザーID:2890241746

  • こんなところで聞いても答えは出ない

    余裕のある老後のためには、一般的には3000万円必要といわれています。
    持ち家かどうかなどによって条件が異なるので、詳しくはマネー雑誌などで勉強してください。
    3000万円という数字も、情報に踊らされている面がなきにしもあらずですが、それも自分で判断するしかないでしょう。

    ユーザーID:6256944120

  • 退職金制度は会社ごとの任意

    給与は必ず支払わなければなりませんが、退職金は企業にとり義務ではありません。会社ごとに、経営側と従業員との間で協定を結んで制度化します。制度があれば退職金は出るし、制度がなければ退職金は出ない。ただそれだけのことです。

    老後にいくら必要かは、ざっと自分で想像してみただけで計算できると思いますけど。その種の記事が新聞、雑誌、ネットに沢山ありますよ。

    月々の基本的な生活費は、人それぞれ癖がありますので、そんなに調整できるものではありません。今くらいでしょう。それに家賃or固定資産税、家の修繕費、増える医療費、介護・施設費用、葬式費用、遊興費などを全部足してください。

    ユーザーID:3542505995

  • 公務員は恵まれてますね

     退職金はですね、本来は支払われるべきものを先送りして積み立てて、退職時に受け取る制度です。
    労使で合意の上で積み立るものですので、その仕組みがない場合には、貰うことはできません。
    ま、自力で積み立てるしかないでしょうね。
    退職金が貰えるというのは、常識ではないということを勉強されてください。

    ユーザーID:2335539688

  • 私も退職金なしで人生設計しています

    ロスジェネ世代の共働き夫婦ですが、タイトルのとおりです。
    一応大手で現在は退職金制度がありますが、
    同業他社では廃止されたところもありますので、我が社も時間の問題と思ってのことです。

    実際、計算してみると厳しいですよね。
    老後の生活資金は夫婦で6000万円必要だそうですが、このうち年金でどのくらい賄えるのかがわかりません。
    安全を見て全額自前で用意しようと思うと、我が家の経済状況では、
    マイホームをあきらめるか、子供の数を抑えるorあきらめるか、爪に火を灯す生活をするかぐらいしか選択肢はありません。

    レスがあまりつかないのも、実行すると厳しいので、備えをしていらっしゃる方が少ないためなのかも。

    あまりよいアドバイスも思いつきませんが、共働きなら学資保険は必要ないかもしれません。
    学資保険は一家の大黒柱にもしものことがあった時のためのもので、
    そのため、死亡保障がある代わりに払込み金額より給付額が低い商品が一般的だと思います。
    いざとなったらトピ主様が家計を支えられて、単に将来の学費の用意だけの目的なら、定期預金のほうが効率的かもしれません。ご参考まで。

    ユーザーID:1460352899

  • ちょっと古い記事ですが

    私もこれを読んでひえ〜となりました。

    「老後の生活費27万円貯蓄額2,071万円」
    http://allabout.co.jp/finance/gc/12583/

    同じページにある「老後の資金1億円って本当?どう準備する?」でさらにびっくりでしたが・・・。

    ウチも年金がどのくらいもらえるかもわかりませんし、増税なんかもあるかもしれませんから、地道にコツコツ貯蓄に励んでおります。
    ネット銀行は金利がいいのでお勧めですよ(サイトの上部に広告をのせてる銀行さんとか)。
    メガバンクの普通預金よりもネット銀行の1ヶ月ものの定期預金の方がはるかに金利が良いので、期日・金額が決まっているお金なんかはそこに預けてちまちま利息を稼いでます(笑)
    1○円とか微々たるものなんですけどね・・・。

    ウチでは、分散投資はどう?なんて話もしてるので、やってらっしゃる他の方の書き込みも期待してます。

    ユーザーID:9827869264

  • ありがとうございました。

    トピ主のシナモンです。私のつたない質問に丁寧に答えてくださり、ありがとうございました。やれやれ様まで読ませて頂きました。

    >じじ様
    結婚前の夫は老後の事は何一つ考えておらず趣味のスキーで浪費し、今が全ての生活でした。将来を考える人だったら良かったのですが、聞いたことも無かったようです。あと、夫本人はパソコンに精通していますが会社は家具製造業。また、とてもアナログな会社で庶務手続きも3日かかるのです。聞くほどため息です。
    >ヤッターマン1号様
    給付までの5年間でそれだけ必要なんですね。金額に改めてため息です。夫と私の年齢差は9歳、夫65歳時に私は56歳。1800万から私の5年分の所得を引き、最低限その差額を貯めれば。でも、私の老後分は・・年齢差の壁ですね。貯蓄型の保険、探してみます。
    >田園都市様
    40代からの計画で、本当に努力されたのですね。すばらしいです!天引きなら使い込みの心配もないので、財形の増額も良さそうです。夫の収入はこの3年で半減したので6000万は厳しいですが、少しでも多く貯めたいです。

    続きます。

    ユーザーID:5602155387

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 続きです

    >ひるま様
    4000万なんて、本当に夢の金額です。子供の学費と併用ならさらに夢のまた夢です。ですが、夢は大きくいきたいです。がんばります。
    >タロウ様
    ないものはない。その通りですね。ある中でどう活用するか?そこなのですね。とりあえず、今の節約生活を継続し、貯め体質を維持していこうと思います。
    >kenken様
    そうですね。その家庭によって状況は違いますよね。我が家は住宅ローンも保育料もあるのでさらに厳しそうですが。これを機に雑誌なども意識して探してみます。
    >素人FP様
    退職金制度とはそのような仕組みだったんですね。改めて知りました。介護費用は今のところまだ先ですが、そのような支出もあることを踏まえておきます。
    >ヤマダ様
    確かに父(公務員)は退職金制度において恵まれていますね。擁護ではないのですが、簿給期でも業者からの贈り物は全て返却し、定年前の5年間以外ほぼ毎日深夜帰宅。正直、ご褒美があってよかったなぁと娘は思っていました。

    続きます。

    ユーザーID:5602155387

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 続きです(トピ主)

    >カキグラタン様
    「はじめから退職金はないものと思う」逆転の発想ですが、そう思っていれば何だか頑張れそうな気がしてきました。学資保険、つい入ってしまいました(上の子のみですが)医療保障なしで年払いのため元本割れはないですが利率は低いです。もっと勉強すべきでした。
    >やれやれ様
    ネットバンク、新たな視点でした。調べてみます!分散投資?初めて聞く言葉です。投資自体も余りよくわからなくて。これも調べてみます。


    我が家の場合9歳の年齢差と子供の年齢、また夫の収入の面積があと15年と狭いため、苦しくなるリスクが高そうです。思わぬ退職金事件?から勉強になりました。家族のためにも頑張らなくては。ありがとうございます。とりあえず、固定費を見直し、財形の増額から始めていこうと思います。よかったら、投資について自分でも調べますが、どなたか教えて頂けたらうれしいです。

    ユーザーID:5602155387

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧