すべて私のせいで…

レス5
(トピ主0
お気に入り28

家族・友人・人間関係

はな

結婚して4年目で私37歳、夫30歳。子供はいません。夫も私もそれぞれが陶芸とジュエリーを製作する作家同士で、毎日自宅兼アトリエで製作している事が殆どです。私達は互いの作品や生き方に共感し、7歳の年齢差はありましたが、4年前に結婚。夫は穏やかでマイペースなタイプですが、私はパキパキしていて、息抜き・手抜きが上手くできないタイプ。
自分にも厳しい完ぺき主義なところがあります。結婚当初、夫は26歳で、作家業もまだ駆け出したばかり。夫より数年長くこの業界で仕事をして来た私は、そんな夫の活動を「手助けし、応援したい。」と思い、一緒になりました。しかし、結婚生活が始まると、人間として、または男女の考え方の相違が出てきて、喧嘩が多くなりました。
喧嘩の内容は「お互い様」と思われるような内容が殆どなのですが、とても激しい喧嘩をした時は夫は仕事で使う工具や機械、パソコンを壊したり、私の胸倉を掴んで突き倒したこともあります。
「離婚だ」と言われた事もあります。それに対して私も私で「死んでやる!」と興奮して暴言を吐き家を飛び出たりしたこともありました。あまりに興奮して「あなたは私が死んだって少しも悲しくないでしょう?」とヒステリックに喚き散らしたこともあります。
言葉の暴力です。そんな次元の低い夫婦喧嘩を何回も繰り返し、そうなる度に夫は「僕がこんなに激しく怒るようになったのは、お前のせいだ。」と言います。仲が良い時ももちろんたくさんあるのですが、最近は「すぐに死んでやるなどと言う人に子供なんて生ませられない。お前との子供は絶対要らない」とはっきり言われました。ショックでした。最近夫は軽いうつ病にかかり、抗不安剤や睡眠薬を処方され、布団に入って泣き出すことも。私が全ていけないのでは…と悩んでいます。穏やかな性格の夫が変わってしまったのは私のせいなのではないかと、自分を責めてしまいます。

ユーザーID:5390660404

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 代える? 変わる?

    当方男性です。
    トピ主さんの相談(トピ文)の方向が良く分からないのですが?

    > 私が全ていけないのでは…と悩んでいます。

    モラルハラスメント加害者の特徴に「自分が悪いとは考えない」というものがあります。ですので、トピ主さんが真性のハラッサーだとは言えないと思います。

    ですが、現実はトピ主さんが自覚している通り、モラルハラスメントの様相を呈していますし、ご主人はすでにうつ病の症状が出ているのでDVであるともいえます。

    相性が悪いんですよ。
    彼にも粗暴な要素があり、それを刺激するトピ主さんでい続ける限り、状況は好転しないでしょう。

    パートナーを代える(別離)か、ご自身を変える(自己改革)しか、この相性の悪さを解決するすべはないと思います。

    トピ主さんは「自分を大切にすること」「自分のことを大切に思ってくれている人への感謝の気持ちの表し方」を中心にじっくり考えてみることを勧めます。

    ユーザーID:4582549790

  • ご主人こそDV加害者では?

    「とても激しい喧嘩をした時は夫は仕事で使う工具や機械、パソコンを壊したり、私の胸倉を掴んで突き倒したこともあります。」

    この文を読む限り、トピ主さんはむしろ身体的DVの被害者ではないでしょうか?というか、被害者であると断言していいと思います。

    そして、DV加害者の特徴のひとつに、DV加害者本人が「自分こそが被害者」と思っている、というものがあります。
    「俺をこんなに怒らせるお前が悪い」と。

    DV被害者は、加害者になってしまうこともあるので、トピ主さんの言動に精神的DVに近いものもあったかもしれません。
    私は、専門家に夫の言動は精神的DVと言われたのですが、夫には私の言動こそ精神的DVだと言われました。
    DV加害者の方のブログを読んでいると、思考パターン等が私と似ているところも多々あり、夫の言い分も
    あながち間違っていないかもしれないと思う今日このごろです。

    続きます。

    ユーザーID:3817775181

  • ご主人こそDV加害者では?その2

    私は、トピ主さんはモラハラ加害者ではないと思いますが、もしそうだとしたら、
    DV加害者対象のカウンセリングを受けることで、道が開けてくるかもしれません。

    DV被害者も、DV加害者も、育った環境の影響で、結婚や就職をしてからも
    被害者・加害者になってしまうことが多いようで、被害者であっても加害者であっても
    子供の頃に受けた心の傷を癒すことが脱・DV加害者・被害者につながるそうです。

    文面から、とてもご自分を責めていらっしゃる様子が伝わってきますが、
    きっとそこまでご自分を責める必要はないと思います。
    私も夫との仲がこじれてしまい、私は精神的DVの被害者なのだと頭では思っても
    でも私もひどい言葉で彼を傷つけてしまった…と後悔して辛くなることも多々あります。

    私は、DV関連の本を読むことで大分気持ちが落ち着いたので、ご参考までに
    お勧めの本を記載させていただきますね。

    ・いじめられる女がパワーをとりもどす (ビバリー エンゲル著)
    ・男はプライドの生きものだから (テレンス リアル著)

    ユーザーID:3817775181

  • アキレスと亀

    芸術家夫婦なんてどこもこんなですよ
    同じような活動をされているお友達などいらっしゃらないの?
    社会の規範に背を向け、自分たちの生きたいように生きる道を選択したのだから、苦しくても前に進むしかありません
    北野たけしの映画『アキレスと亀』でも観て下さいな

    自分を責めても何も解決しませんよ
    原点に立ち返って自分の芸術をまず頑張りなさい

    ユーザーID:5140919984

  • うーん…完璧主義か…

    マイペースであっても、人を思いやる気持ちの方はいますから、残念ながら主さんに影響された可能性は否めませんね。完璧主義だと人にも同じ水準を要求するので、相手が息苦しくなるんですよ…あとヒステリックな暴言はよくないです。

    DVは衝撃的なので、した男性が悪者にされがちですが、DVを引き出しやすい女性がいるのも事実らしいです。今の情報ではどちらとも言えません。

    主さんは一体、どういう種で喧嘩になってしまうのでしょう?

    ユーザーID:7994628349

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧