3回目の流産に自分を見失っています

レス118
お気に入り53
トピ主のみ21

ペルト

子供

38歳、もうすぐ4歳になる子が1人います。この度、3度目の流産が決定しました。

昨年春に1人目を産んで以来初めての妊娠。が、胎嚢のみで赤ちゃんが育たずケイリュウ流産。手術をしました。その後、1回生理を待ってまた妊娠、今度は検査薬で陽性反応が出たものの、高温期3週間継続しただけで化学流産。そして今回、年末に3回目の妊娠が判明。Hcg値も最初から安定して増えていったものの、やはり胎嚢のみで赤ちゃんがおらずにケイリュウ流産であると確定されました。6週目に入ったところですが、来週手術が控えております。

同じ人間が立て続けに同じ流産を繰り返すのは習慣性流産というものですよね?私の場合、第1子を問題なく出産している事もあり、先生は胎児側の問題が3回続いただけだと言っております。日本在住ではないので先生の考え方もネットで見る日本の状況とは異なり、不育症なる検査もありません。妊娠はしやすいのかもしれません。でもお腹で赤ちゃんが育たなかったら仕方ないと思ってしまいます。次回4回目の妊娠で胎芽が育つという希望が全く見えません。このまま放置していいのかどうか…。

私と同じような経験をされた方いらっしゃいますか?宜しければ経験談、その乗り越え方を教えて下さい。

ユーザーID:7494217624

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数118

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 似ています。

    ペルトさんはじめまして。私は36歳ですが同じく4歳前の子供がいます。二人目不妊で治療中ですが昨年3月と12月に流産しました。どちらも胎嚢確認前の初期流産でした。2回の流産なので少し違うかもしれませんが。

    2回目の流産の後、医師に相談しましたがやはり1人目が問題なく産まれていることから不育症とは考えづらいのでまだ検査が必要だとは思わないとの返事でした。
    それから色々調べたところ化学流産は流産の回数には含まないという記述がありました。もしそうであれば、悲しいことに変わりはありませんがペルトさんの流産回数も2回ということになるんではないでしょうか。私は、年齢的にも染色体異常の確率が上がっているし、やはり胎児側の問題の方が考えられるかなと今は思っています。

    次の妊娠が怖い気持ちもとてもよく分かります。まだ流産して間もないんですから無理もないです。私もまだ次の生理が来るのを待っている段階ですから。でも、妊娠しなければ絶対に赤ちゃんを抱っこすることはできませんから踏み出すしかないですよね。ペルトさんの「妊娠はしやすいのかもしれません。」の文章に勇気をもらいました。お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:3969747246

  • トピ主です

    えんどう豆様、お返事ありがとうございます。本当に似た状況ですね。お話聞かせて下さってありがとうございます。

    私の先生も2度目の流産に関しては私が注目しすぎていたから気付いたようなもので、気付かずに生理を迎える人も多い。流産とカウントするかどうかは微妙だと言っていました。ただ私としては妊娠はできても中で育たない、3回ダメだったのにどうして4回目は流産しないと言い切れる?と思ってしまうのです。

    先日よりネット検索ばかりしており『抗リン脂質』という言葉を知りました。1人目を無事出産していても、出産を機に陽性になってしまう女性が結構いるようです。来週手術の際、胎児の染色体の検査を依頼しています。更に私の抗リン脂質の値を調べる検査もお願いしようと思っています。

    病院には主人も同行しますし、言葉に関する問題はさほど感じませんが、どうしても考え方やシステムの違いがあり、思うように進まず歯痒いです。そのためにまず私が色々調べて知っておかなくてはと思うと色々知りたくないことまで知ってしまったり…。

    えんどう豆様は2度とも手術されたのでしょうか?

    ユーザーID:7494217624

  • 妊娠初期が大事

    私はアメリカ在住です。
    去年の終わりに8週で流産しました。
    私も4歳の娘がいて、同じようなことを言われました。
    母親には問題がないことが多いので、次を心配する必要はないと。そのとおりかもしれないですが、何回が続くと心配ですよね?
    Prenatal Vitamin は取っていますか?摂取するのが大切な理由のひとつに胎芽の母体の中での成長にFolic Acidが欠かせないというのがあります。
    とくに妊娠初期には欠かせません。

    2度流産をした友人は、医者から処方箋のFolid Acidを出してもらってVitaminとは別に取ったと言っていました。不育症を心配した結果です。

    次の妊娠に備えて、私もPrenatal Vitaminをとり始めました。
    前回の妊娠のときには、あまり考えず6週に入った頃とり始めました。
    妊娠を考えている時点で取り始めたほうがいいようです。

    流産はすごく辛い出来事ですよね。
    こんなこと言っている私もまた流産してしまったらどうしよう?と心配しています。
    元気だしてくださいね。

    きっと次は大丈夫ですよ!

    ユーザーID:2108880024

  • ちょっと違うかもしれませんが…

    私の主人のいとこは2度流産を経験し、その後お医者さんに相談したところ甲状腺異常ということがわかり、何か女性ホルモンが出すぎだとかでその治療を薬でしたところめでたく妊娠。無事男の子を出産しましたよ。私自身は経験がないのですがこんなこともあるということだけお伝えしたかったのです。

    ユーザーID:3974310531

  • 私も一人出産後2回流産しましたが

    検査は、一人産んでいるし積極的には進めない。基本的には三回流産してからと言われました。
    私はトピ主さんの流産回数は三回ではなく、二回だと思います。あと抗リンの検査などは手術後1ヶ月以上経たないと血液に妊娠ホルモンが残っているので、できないと言われました。また、夫婦それぞれの染色体異常も調べても治療法は全くないので個人的には勧めないと医師に言われました。検査しても原因不明の可能性が高い、治療方法がある可能性の方が低いと理解してから検査に望まれると良いと思います。私は、2回とも8週で繋留流産で掻爬の手術をしました。検査はせず、現在妊娠6ヶ月です。私は三回流産したら検査しようと思っていました。二回連続はまだ不幸な偶然の範囲内の可能性も含まれるので。個人的にはトピ主さんの先生の意見に賛成です。

    ユーザーID:7806156566

  • カイリ様

    流産1回目の手術の後は私も比較的ポジティブに「次頑張ろう!」と思っていました。でも3回目も続くとなると何か原因があるとしか思えなくて…。

    葉酸サプリですよね?いつ妊娠してもいいように一人目が1歳になった時からずーっと飲んでます。2回目の流産(化学流産の方ですが)の後にはビタミンEも投入し、マカ、葉酸サプリ、ビタミンEをずっと。

    ネットを調べていて、不育症専門病院のある日本の環境が非常に羨ましいです。医学が遅れている国に住んでいる訳ではありませんが、考え方というか意気込みというか、日本とは違ってストレスになります。私が日本の事情をネットで調べすぎているせいかもしれませんが。

    今はとりあえず来週頭の手術を待っている状態ですし、手術後もしばらくは子作りはできません。去年初めての流産の後、焦ってすぐに子作り監禁し(一応先生には1回生理を待ってすぐ開始していいとは言われていましたが)すぐに妊娠したので、2回目の流産は子宮が元に戻りきってなかったからかもしれません。ただ、今38歳、今年39歳になるという現実に焦りを感じずにはいられません。正直今は将来が見えない状態です。

    ユーザーID:7494217624

  • 豆大福様

    経験談ありがとうございます。ご主人の従姉妹さんはバセドー氏病だったのでしょうか?私も今回は色々検査を依頼したいと思っておりますが、その結果を早く知りたい反面、知るのが怖い面もあります。まずは原因が特定できるのか?できたとして治療方法はあるのか?治療法法があったとしてそれが有効なのか?

    ネット検索しすぎなのかもしれませんが、抗リン脂質が陽性になった場合、治療が有効な場合と、治療してもダメな場合をかなりの数発見しました。最悪の場合、妊娠継続ができるかどうかよりも膠原病など重病とのリンクもあると…。または遺伝子レベルの問題だった場合治療方法はないとか、卵子の老化が問題だった場合はこの先も同じような事が起こりうるのでともかく継続する妊娠ができるまで辛抱強く流産を繰り返しながら待つしかないとか。

    いずれにせよ検査結果が分かるまでに時間もかかるようですし、その間子作りトライもできず、モチベーション低下した状態でどうやって1日1日を過ごすか悩んでいます。こんな事言ったら一緒に生きてる主人や子供に申し訳ないと思いつつ、今は自分を持て余しています。

    ユーザーID:7494217624

  • まずは家族を大事にして

    ドイツ在住です。
    36歳から39歳の間に3回稽留流産で3回とも掻爬手術をしました。
    いずれも10〜12週間でした。

    統計的に2回流産しても3回目には妊娠が継続する割合が高いことから、精密検査は3回流産して初めて行うのが一般的のようです。
    私たちの場合は、染色体検査、精子にも異常は見られず、
    子宮筋腫がありましたが、流産の原因になるとは思われない程度のもので原因はわかりませんでした。

    4回目の妊娠がわかった時点で「医学的な統計データはまだないけれど」と前置きされ、毎日一錠100gmのアスピリン(ASS)の服用を勧められました。習慣性流産では、血栓や血液凝固が胎盤に影響し、流産になる可能性もあるそうです。
    アスピリンのおかげかどうかはわかりませんが、4回目は問題なく妊娠継続、40歳で初産を迎えることができました。

    4回目の妊娠ではまた流産か、と暗くなりましたし、それまでにも何度泣いたかわかりません。ですので子宝に恵まれない方たちのつらい気持ちはよくわかりますが、流産のことばかりにとらわれず、まずは今の家族を大事にすることを考えて下さいね。

    ユーザーID:2713581673

  • 不育症の検査について

    二度の初期流産の後、専門の大学病院で不育症の検査をしました。
    先生からは、原因が見つからない方がほとんどだし、三回目の結果を見てからでも遅くないと
    言われましたが、あんな思いはもうイヤなので5万円かかっても検査しました。

    どうやら私は少数派だったようで、血液検査の結果、抗PE抗体の異常が見つかりました。
    私のように初期流産を繰り返す人に多いそうです。
    次は妊娠前から低容量アスピリンを服用して、無事に出産にいたりました。

    ちなみに抗リン脂質抗体は陰性で、先生のお話だと
    妊娠中期以降に残念な結果になった人が陽性になることが多いそうです。
    ベルトさんも両方検査できるといいのですが・・・

    治療してくださった先生が開業された病院(杉ウイメンズクリニック)のホームページに
    不育症について詳しく説明されているので、まだお読みでなかったらおすすめです。
    私は不育症の全体像がいまいちつかめず、思い切って先生の著書も読みましたよ。
    専門書なのでかなり難しいですが、私が見た中では一番が詳しく書かれていると思います。

    ベルトさんも無事に検査ができるといいですね。

    ユーザーID:2518842542

  • こうこ様

    実は先生の都合で手術日程が突如早まり、昨日午後手術をしてまいりました。今回は1回目の流産の時よりも更に早い時点で成長が止まっていたので出血も少ないだろうといわれました。

    >あと抗リンの検査などは手術後1ヶ月以上経たないと血液に妊娠ホルモンが残っているので

    貴重な情報をありがとうございました。実は昨日手術前に抗リン脂質抗体を検査するための血液を摂ったところでした。ということはやはり私の先生は産婦人科医であって、不育症専門医ではないということですね。この検査をする事には同意してくれたものの、こういった情報は持っていないということですね。今回の検査では正確な事はわからなそうですね…。この情報を先生に伝えた方がいいでしょうか。悩みます。

    さしつけなければ教えて頂きたいのですが、最初の2回の流産がいつで、現在継続されている妊娠は2回目の流産のどのくらい後にされたのでしょうか?検査で結果が分かれば先生の指示に従うつもりですが、そうでなければまた普通に子作り解禁する日を決めなくてはならないので…。

    ユーザーID:7494217624

  • どいつ様

    私も欧州に住んでおります。

    どいつさんは3回目の流産の後に一応一通り不育症の検査をされたということでしょうか?私も抗リン脂質抗体が陰性と出たとしても次回の妊娠の際はアスピリンを使用してほしいと勝手に考えております。ただそれを先生が納得してくれるのか、先生を説得するだけの情報を私が持てるのか等色々な問題があります。どいつさんは4回目の妊娠の時、アスピリンを使用すると言われた時、抵抗はありましたか?

    不育症と言えば日本でも専門病院は少なく、でもそこに行ったからこそ原因が特定できて次の出産につながったという話を目にします。私の主治医は産婦人科医と開業しながら週の半分は大学病院で手術を担当しており、有能な先生だとは聞きますし、人柄も信頼しています。ただ不育症専門ではなく、その点にどうしても不安が残ります。ただ日本のように自分で病院を調べて予約を取るという事が難しい現状もあります。どいつさんはそういった種類の問題、ストレスはありませんでしたか?

    今の家族を大切にする、それは本当に大事な事ですね。子供は今義両親に預かって貰っている今日引き取りに行きます。子供に会いたいです。

    ユーザーID:7494217624

  • 散歩道様

    専門病院にて不育症の検査をされたのですね?質問させて下さい。

    1検査を行った時期はいつですか?(つまり2度目の流産からどの位たっていましたか?)
    2抗PE抗体と抗リン脂質抗体は別のものなのでしょうか?
    3抗PE抗体の異常はアスピリン治療で、抗リン脂質抗体が陽性の場合はまた治療法が違うのでしょうか?

    私の中では抗PE抗体と抗リン脂質抗体が一緒になっていました…。別物なのですね。恐らくネットでまた検索すれば色々分かることもあるのでしょうが、差し支えなければご存知な部分だけでも構いませんので教えて下さい。

    ご紹介頂いたHPにも目をつい先日目を通したところです。でもきちんと読んでいなかったのかもしれません。もう1度読んでみます。

    ユーザーID:7494217624

  • ごめんなさい、訂正です

    不育症について書き込みをした散歩道です。間違いを訂正させてください。
    「抗リン脂質抗体」と書いたのは「抗リン脂質抗体症候群」の間違いでした。ごめんなさい。
    しかもペルトさんの名前まで間違っていました。本当にごめんなさい!!

    そもそも抗リン脂質抗体はたくさんの種類があり、私が陽性だった抗PE抗体もその一つです。
    でも、抗PE抗体が陽性でも抗リン脂質抗体症候群にはなりません。
    別の抗体の数値と他の症状で診断されるそうです。
    詳しいこはぜひぜひ本をお読みください。ごめんなさい・・・

    ちなみに私も検査前にネットで調べまくり、自分が抗リン脂質抗体症候群だと思っていましたが、
    先生から、初期流産を繰り返す人で抗リン脂質抗体症候群の人はあまりいない、と言われ
    さらに家族にリュウマチの人もいないので確立は低く、検査の結果やはり違いました。

    そしてノーマーク(?)だった抗PE抗体が陽性だったわけですが、
    今から思えば、IgGとかIgMのことだったんですよね。

    とまあ、こんな例もあるので、検査ができたら安心なのでしょうが。。。
    いい病院が見つかるといいですね。

    ユーザーID:2518842542

  • 2回の流産の間隔は

     2006年5月に出産し、2008年12月に手術、2009年5月に手術しました。予定日は5月20日です。
     検査についての先生の説明では「一人目を産んだ後に体質が変わる事もあるけど,,,」とは言われましたけど、かなり否定的でした。甲状腺や糖尿病なども原因になるそうですが、やはり妊娠初期の血液検査で陰性でした。
     また、先生に3ヶ月期間を空けるのは掻爬のために子宮内膜が傷ついているからで、繋留流産(育たない)とは全く関係ないと言われました。私の先生も産婦人科の専門医ではありましたけど専門は産科ですし、パソコンのデータを観ながら母親側の内科疾患による流産の原因を教えてくれました。良い婦人科の先生が見つかると良いですね。

    ユーザーID:7806156566

  • 不育症の質問の答え その1

    ペルトさん丁寧なレスありがとうございます。
    反映される前に訂正の書き込みをしたので内容が前後してる所がありますがご容赦ください。

    質問にわかる範囲でお答えしますね。
    でも、私は調べ物好きのただの主婦で医療従事者ではないです。
    不育症の本を片手になるべく嘘のないようにお答えしますが
    参考程度に留めていただけると助かります。よろしくお願いします。

    質問1
    検査を行ったのは流産から二ヵ月後です。
    本当はすぐにでもしたかったのですが、専門の大学病院が混んでいて予約がとれなかったのです。
    検査は血液検査だけでした。子宮や卵管の検査も覚悟していましたが、
    先生から、二回も妊娠できていたら大丈夫でしょと言われ、内診も問題無く検査は無かったです。

    質問2
    訂正のレスにも書いたのですが、抗リン脂質抗体は何種類もあります。
    抗PE抗体はその中の一つですが、抗リン脂質抗体症候群の判断には使われません。
    抗リン脂質抗体症候群の判断に用いられるのは三種類だけで、
    それも12週間以上の間隔をあげて二回以上陽性となった場合だそうです。

    すいません、続きます。

    ユーザーID:2518842542

  • お疲れ様でした。

    ペルトさん手術お疲れ様でした。まずは心と体の傷を癒すことを第一に考えてくださいね。
    私も2回とも手術しています。1回目の時は完全流産でしたので自然に流れてしまい、残留物をソウハしたような感じでしたが、外来で麻酔もナシでしたので痛みも酷く倒れてしまいました。2回目はHcg値はジワジワ上がるのに超音波では何も見えず、子宮外妊娠の疑いがあったので日帰り入院しての手術でした。
    それからヨコですみません。散歩道さん、差し支えなければ流産した週数を教えていただけませんか?お辛い事をごめんなさい。

    ユーザーID:5237378857

  • 不育症の質問の答え その2

    続きです。

    質問3
    抗PE抗体の異常は低容量アスピリン療法が一般的なようで
    私は妊娠前(妊娠の可能性がある月の高温期の真ん中)から妊娠35週まで
    バファリン錠(81mg)を一日一錠飲み続けました。
    副作用として血が固まりにくくなるので、出産に備えて35週で終了しました。

    抗リン脂質抗体症候群の場合は、アスピリン療法に加えてヘパリン療法が一般的なようです。
    私が通っていた大学病院では自己注射を指導していましたが、
    病院によっては毎日通院して看護師さんに注射してもらうそうです。
    私はこの治療をしてないので詳しいことはわかりませんが、病院によって方針も違うみたいです。

    ちなみに遺伝の問題や将来の病気の不安は抗リン脂質抗体症候群の話で、
    私のような抗PE抗体が出てる人には当てはまらないそうです。

    なるべく嘘の無いように気をつけて書きましたが大丈夫かな・・・
    ペルトさんのトピが二年前の私を見ているようで、気になって気になって書き込みしました。
    できることなら私の手元にある不育症の本を差し上げたいくらいです(笑)
    納得のいく検査ができるといいですね。

    ユーザーID:2518842542

  • アスピリン

    ベルトさんのご質問にお答えします

    >どいつさんは4回目の妊娠の時、アスピリンを使用すると言われた時、抵抗はありましたか

    もう昔の話で記憶も定かではありませんが、
    先生から「アスピリンを使用します」と言われたのではなく、「実証はありませんが服用してみますか?」と聞かれました。
    治療を受ける受けないを決めるのはあくまで本人の意思ですから、もしベルトさんが次の妊娠で服用を希望するのであれば、先生はだめとはおっしゃらないはずです。副作用などの心配は私はしませんでした。なにしろ、妊娠を継続させるためならなんでもする、という藁をもすがる思いでしたから。

    ドイツでも不育症だけを専門にする機関はないのではないかと思います。
    不妊治療の延長のようです。
    私は子作りを決めた時点ですでに高齢でしたので、最初から不妊治療専門の産婦人科に通いました。引越しもあり、3回目の流産以後は、最寄の不妊治療専門の大学病院に通いました。
    ベルトさんは保険の適用などの関係で、受診できる病院が限られてしまうのでしょうか?私はドイツの国民健康保険に加入しておりますので、原則、どこででも受診可能です。

    ユーザーID:2713581673

  • またごめんなさい、訂正レスの補足です

    こんにちは。散歩道です。
    先ほど書き込んだ2本のレスが反映される前ですが、訂正レスの補足をさせてください。
    (あぁ〜本当にごめんなさい)

    IgGとかIgMはそれぞれの抗リン脂質抗体をさらに分ける物で
    抗PE抗体以外の抗体にも使われます。
    紛らわしいことを書いてしまってごめんなさい。

    ちなみに私が検査した抗PE抗体は6種類です。
    (PE結合蛋白依存性IgG、PE結合蛋白依存性IgM、PE結合蛋白依存性IgA、
     PE結合蛋白非依存性IgG、PE結合蛋白非依存性IgM、PE結合蛋白非依存性IgA)

    改めて本を読みながら書き込みしてますが、
    抗リン脂質抗体って本当に沢山の種類があるんですよね。
    どこまで検査するかは先生の方針によって異なるみたいです。
    私が検査した病院で測定していたのは14種類でした(そのうち6種類が上記の抗PE抗体)

    今度は変なこと書いていないといいんですが。。。
    どうも自分のネチケットがいまいちなのが申し訳ないのですが、
    ペルトさんが少しでも元気になれば嬉しいです。

    ユーザーID:2518842542

  • ヨコですが、えんどう豆さんへ

    ちょっとヨコで失礼します。
    えんどう豆さんこんにちは。質問にお答えしますね。私の経験がお役に立てば嬉しいです。
    (ちなみに私は33歳で不育治療で無事に生まれた0歳の息子がいます)

    流産だと診断されたのは、一回目が7週と3日目で心拍の確認はできませんでした。
    先生からは6週から育っていない大きさだと言われました。
    二回目は9週と3日目で心拍の確認後でした。でも7週の終わり頃からつわりが無くなったので
    もしかしたらその頃にはダメになっていたのかもしれません。

    両方とも全身麻酔で子宮内容清掃術(ソウハのこと)を受けました。
    一回目だけ子宮内容物の病理組織検査を受けましたが特に異常は無かったです。
    二回目の手術をした先生が不育症に詳しい方で、大学病院を紹介してくれました。

    私は出産経験の無い二回の流産でしたが、不育症の治療をしてくださった先生のお話だと、
    出産がきっかけとなって抗PE抗体が陽性になる人もいるそうです。

    不育症はまだまだ最近わかってきた分野なので、先生の方針や考え方もまちまちのようですね。
    えんどう豆さんも次回うまくいくといいですね。

    ユーザーID:2518842542

  • こうこ様

    過去の悲しい経験を思い出させるような質問を失礼致しました。お答え頂きありがとうございます。

    流産歴&現在の妊娠を考えると、こうこさんは順調に手術後3〜4ヶ月ですぐに妊娠されているのですね。凄いです。私は2回目は手術後すぐでしたが、3回目の妊娠には半年かかりました。3回目が継続されているのですね、本当に羨ましいです。

    私は2回目の流産、化学流産ですのでカウントするかどうかは別として、非常に悩みました。ただ色々理由付けをして自分を納得させる事ができました。でも今回3回目は正直流産すべきだったこじつけの理由も思い浮かびません。どうしても偶然が重なったとは思えないのです。何かがうまく作用してないという確信に近いものを持っています。ここが日本であれば例え予約に時間がかかろうとも不育症の専門病院に行くのに…。

    今の先生でどこまで解明することができるのか分かりませんが、ともかく次に進む前にまだ時間もありますし(今回は最低でも2回は生理を迎えてからにしようと思います)自分で出来る事はしてみようと思います。引き続き何かお分かりの事があれば教えて下さい。

    ユーザーID:7494217624

  • どいつ様

    質問への回答ありがとうございます。

    欧州でも私が住んでいるのはちょっと特殊な性質を持った国で保険等色々複雑です。掛かりつけの産婦人科医を探すのも本当に大変でした。今の先生は2度目で、大変良い方に巡りあえたのでできれば失いたくないと思っています。(1度手放すともう元に戻れない可能性が高いです)

    ただ不育症という観点から見れば、先生は非常に弱いのではないかと思ってしまいます。流産手術の直前に抗リン脂質等を調べる血液検査をしたのですが、他の方のレスを読む限り、妊娠中にする検査ではないのではないか…とか。ただ専門医を探したとして、診て貰うことができるのかどうか分かりません。

    今回の血液検査で何も分からず異常なしと言われた場合(その可能性が高い気がします)それでも次回の妊娠には何らかの治療をお願いしたいと思っています。どいつさんのように「アスピリンを」という話が先生の方から出ないかと期待してしまいます。そうでない場合は私の方から頼まなくてはなりません。英語ではない言語で、日本語で用語を見つけてもそれの対訳を見つけるのが厄介です。

    ユーザーID:7494217624

  • 散歩道様1

    何回にも渡る長いレス、経験談と本をお手元に確かな知識を伝授して頂き、本当にありがとうございます。私の名前なんてベルトでもペルトでも何でもお好きなようにお呼び下さい。

    私の考えと私の周りの状況を話させて頂くと、1人目の後に流産を経験している人は非常に多く、友人の半数以上はそうです。ただ次の子供に恵まれた人は全員流産はその1回きりで終えています。ですので「流産してしまって」と話しても「大丈夫、よくあるから。次、次!」と言われ、私も1回目の時は同じように思っておりました。逆に2回以上の流産の経験がある人は少なく、1人は1回目初期流産、2回目中期流産となり子供は諦めたそうです。もう1人は2回初期流産の後、3回目(つい最近)中期流産をしました。そして私は2回初期流産、1回化学流産です。以上の事から、2回、3回と流産を繰り返す場合、原因を特定しないと(できない場合も多々あると思いますが)同じことを繰り返すだけではなく、中期以降の流産につながってしまうのではないという不安が拭えません。初期流産だけでも十分辛いのに、中期以降の流産は正直耐えられるか分かりません。(続きます)

    ユーザーID:7494217624

  • 散歩道様2

    レスの内容を何度も読ませて頂きました。自分は抗リン脂質抗体が陽性に違いないと思ってきましたが、お話を聞くと、抗リン脂質抗体症候群が陽性であるという結果は出ないような気がしてきました。ただ専門病院ではないため、恐らく抗PE抗体の検査はしなかったと思います(血液はトータルで5本採取しましたが、内1本はHcg値用)。毎日検索しまくっておりますのでどこで読んだか忘れましたが、心拍確認まで行った後に初期流産になる場合や、中期以降の流産を繰り返す人は抗リン脂質抗体症候群である確立が高いと書いてありました。私の場合、3回とも心拍確認以前での流産ですので、これでも抗リン脂質抗体症候群が当てはまらないのかなぁ、とか。

    医者でもないただの素人の私がネット検索した情報に翻弄されているのは良くないと夫は先生に全面的な信頼を置いていますが、私はどうしても「貴女に問題はありませんでしたよ。運が悪かったんです」と言われるような気がしてなりません。先生自身には大変信頼を寄せておりますが、きちんとした検査をせず(不育症の専門医から見たらそうですね)4回目の妊娠へのトライは正直できません…。

    ユーザーID:7494217624

  • ありがとうございます。

    トピ主さん勝手にすみません。散歩道さん、お返事ありがとうございました。


    抗PE抗体が陽性のケースでは、化学流産を含むかなり初期の流産が多いとあったのでお尋ねしてみました。私の場合は2回とも超初期でしたので…。

    不妊治療専門のクリニックでも出産後に陽性になるという認識は少なく、一人目が問題なく産まれていれば大丈夫という話でした。

    でもやはり不安要素は取り除いておきたいので不育の検査を考えてみます。これもトピ主さんのお陰です。


    散歩道さん、トピ主さん、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:5237378857

  • ペルトさんへ ありがとうございます

    暖かいお返事ありがとうございます!

    ペルトさんも御主人に同じようなことを言われたんですね(笑)
    私も流産後は不安でたまらず、その不安を情報で埋めようとネット検索しまくり、
    いろいろ勘違いして騒いで夫に心配を掛けちゃったんです。

    それから反省して本も読むようになりました。本は審査されて出版されるので内容に信頼がおけます。
    おすすめは杉ウイメンズクリニックで紹介されている本ですが、海外だと入手が難しいかな・・・

    ちなみに私が書き込むのは、ペルトさんが気持ちの整理をつけるのに役立てばいいな、という想いからです。
    ただの素人が書き込んでいいものか随分悩みましたが、
    楽しく情報交換できればそれもいいのかな、とも思います。でもやっぱり参考程度でお願いしますね(笑)

    ペルトさんの状況だととても不安になるのがわかります。できるだけの事はしたいですよね!
    自分で調べるだけ調べて納得した上で次に進めば、どんな結果が出ようとも受け入れられると私は思うんです。
    実は私もそろそろ二人目を考えているので、他人事ではないのです!
    お互い頑張りましょうね!

    ユーザーID:2518842542

  • またまたヨコですみません、えんどう豆さんへ

    ペルトさん、ちょっとヨコで失礼させてください。

    えんどう豆さん、こちらこそお返事ありがとうございます。
    私の経験が少しでもお役に立てば幸いです。
    ちなみに私は二回とも稽留流産でしたが、
    自覚症状(腹痛や出血など)が全く無かったのが未だに不思議です。

    実は私がこれだけ調べまくったのは一卵性双生児だからなんです。
    顔も声もそっくりの全く同じ遺伝子を持った片割れは望んだ時にすんなり出産。
    どうして私だけが流産するのか納得がいかなかったのです。

    著書を片手に先生を質問攻めにもしました(先生本当にありがとうございます)
    しかも先生は抗PE抗体を発見された本人その人!
    なんて贅沢なことしてたんでしょうね、私は。

    実は私も、えんどう豆さんやペルトさん達のおかげで、
    二人目に向けての勇気を沢山もらっています。
    こちらこそ本当にありがとうございます!ペルトさん、いいトピ立ててくださいました!

    ユーザーID:2518842542

  • 私の知人が

    3人出産後三回連続で流産し(しかも三回目は16週になってから)その後4人目を出産しました。その知人に不育症の検査をしようか迷っていた時「自然に任せたら」と言われ、それもあり私は検査をしませんでした。
    あと市立図書館で東大の教授(だったかな?)の流産についての本の中に、3回流産後、検査をし、微妙に抗リンが高いかな(明確に異常はない)ということでアスピリンを処方したものの4回目も流産。その時の組織を調べたところひどい染色体異常でどうすることもできなかった。そして5回目でめでたく赤ちゃんを授かったという記事を読みました。
    2回連続で流産する確率は5%なので周りにあまりいないのは確かだと思います。(たくさん妊娠する人も少ないですし)3回連続だと0.5%になるので偶然とは言いがたいけれども明確な治療法がある人は少ない(経産婦はなおさら)のが現実だと思います。
    良い産科の先生を手放してしまうのはもったいないと思います。

    ユーザーID:7806156566

  • 散歩道様

    私のつぶやき(愚痴?)のようなレスへの返信ありがとうございます。

    その本が喉から手が出るくらい欲しいです。本の題名、著者名、教えて頂けますか?ネットで買えば海外発送もあるかと思います。何もせずにはいられないので…。

    それからお願いですが、その本の中に抗PE抗体の英語訳は乗っていますでしょうか?また別の言い方があればそれも教えて下さい。私も英語はすっかり話せなくなってしまいましたが、それでもこちらの言語で探すよりは英語で探す方が見つけやすいのと、先生も英語はお分かりになると思うので。ただ主人は素人の私が医学のプロである先生に『教える』のはどうかと言っています。確かに…、どうやって先生に私の考えを説明して検査してもらうか頭を悩ませるところです。投げ出されりして…。

    ユーザーID:7494217624

  • こうこ様

    そのご友人のような例、実は私も聞いた事があります。直接の知人ではないので人づてですが、1人生んだ後3回続けて流産、4回目にダメだろうと思っていたら出産までいったと。私もこうこさんや、ご友人、私の知人のように次こそと思えたら嬉しいのですが…。自分には起こらないと思っていた流産が起こり、それが2回、3回と続くともう明るい未来が自分には来ないような気がしてしまいます。

    ただおっしゃるように今の先生を手放してはいけないと思うので、いかにして先生に私の思いを伝え、先生のできる可能な限りの検査&治療をしてもらえるか、それが私の当面の課題です。今は手術で取り出した内容物と血液の検査中なので足踏み状態で、それがまた非常にストレスです。

    ご友人は中期流産の後にも検査なくトライされたのですね。頭が下がります。確かに流産が何回起きようと妊娠できる以上、やはり諦める気持ちにはなれません。ただ立ち直りに時間がかかるのと、体力、そして精神力の消耗が激しく、普段の生活に支障をきたすくらいなので、この先が不安です。

    ユーザーID:7494217624

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧