ケータイがなかったころの恋愛って?

レス67
(トピ主0
お気に入り120

恋愛・結婚・離婚

ろけっと

私は学生の頃からケータイを持っていた世代(20代)の♀です。

友達と遊びにいったり、合コンにいったときに
男性からケータイ番号やメルアドを聞かれて
そこからメールのやりとりが始まり、
気が合えば二人で会う・・・
という流れで恋愛がスタートすることがほとんどです。

ふと思ったのですが
ケータイがなかった頃は、みなさんどんな恋愛をしていたのでしょうか?

よかったら教えてください☆

私の勝手なイメージだと
ケータイがなかったころの恋愛のほうが
淡いすてきな恋愛なのかも…なーんて思っています。

みなさんのすてきなお話聞かせてください。

ユーザーID:7736686199

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数67

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ふふふ・・ その頃は

    「電話」ですよ。
    相手の電話番号がわからない時は、ありとあらゆるツテを使って調べる! そして呼吸を整えてダイヤルを「回し」、ほぼ100%の確率で電話をお取りになるあちらのお母様に「わたくし、ラブと申します。」で始まる丁寧なご挨拶をして電話を取り次いでもらい・・・
    という流れでした。この時の緊張感といったら・・・

    うちにも、よく知らない男性から突然電話が来て、「どうやって番号調べたんだろ?」と不思議に思ったこともしばしば。
    男も女も電話に懸けてましたね。

    メールと違って直接相手と話すわけだから、心臓バクバクだし、なによりも家の人に聞かれるのが嫌でした。
    だから、わざわざ公衆電話使ったり・・・

    とにかく、全てにおいて今より必死の覚悟と友達の協力が不可欠な時代でした。
    懐かしいことを思い出させてくれてありがとう!

    ユーザーID:0192434692

  • 家電・公衆電話

    公衆電話に電話番号のメモを持って掛けて行き、電話をする。

    相手も私も気を遣った。
    どっちかが、家にいて、家電で出るため。

    家電だと、親が留守でもない限り、誰かに必ず聞かれちゃうため。
    運悪く親に聞かれたり様子で察知されたら、苗字だけで「**って誰だ!」と言われたり、勝手に卒業アルバムや旅行パンフ(大抵フルネームとクラスと全て書いてある)などを見られて、調べられちゃうおそれがあるから、自分で、全部言わないとならないのが、苦労しました。

    クラスメイトの**君、*年*組の**君。と。恥ずかしいです。

    携帯があれば、適当にぼかす事もでき、いつでもどこでも話しができて、そういう必要もなくて、楽でした。

    ユーザーID:7599565216

  • 甘酸っぱい思い出

    30代後半の主婦です。私の学生時代〜20代前半は携帯のケの字もなく、途中からポケベルになった世代です。

    その頃の恋愛は…自宅の電話番号を交換して、連絡は全て実家にかかってきました。母ならまだ良いのですが、うっかり父が出たら「どちら様?」と誘導尋問が始まり、ボーイフレンドがタジタジになってました。
    夜にお風呂に入ってる時に電話の音が鳴ると、バスタオル巻いて飛び出したり(笑)
    長電話したら隣で「電話かけたいから姉ちゃん替わって〜」と言われたり。

    あと、待ち合わせは根比べです。遅れたり場所が違うと、お互い何時間も会えないし、でもその「もうすぐ来るかな?」というドキドキも楽しかったですよ。

    不便だからこそ、手紙を書いて思いを伝えたり、何時間も待ったりと、不便さを楽しんでました。

    でも今、恋愛されている人の方が、成就する確率が高いと思います。本当に羨ましいです。

    ユーザーID:2515084069

  • 好きな人は

    当方、40代兼業主婦です。
    20代の時の恋愛・・・・なつかしいなあ。
    ひとそれぞれですが、私の場合、職場で知り合った人でした。好きになった人は。ちょっと特殊な業種でしたので自分もその道を極めようと思っていましたから。
    だいたい、仕事がらみで出かけたり、仕事がらみで勉強会などを続けているうちに「ああ、この人って素敵だな」と思うようになり、自然に二人で会う機会ができたりっていう流れでしたね。

    電話で話す。仕事帰りに待ち合わせる。休みに会う。
    今と変わらないです。

    ユーザーID:9874568665

  • 何時間も待ったなあ

     私の恋愛期には携帯電話は普及していませんでした(軍隊が使うような大きな移動式電話が話題になった頃?)。ポケベルももっと後かな?

     なので彼女との連絡は家電話・公衆電話のみ。デートの待ち合わせ先で交通機関のトラブルなどで行き違ってしまったり、逢えずに2,3時間待ち続けたなんてこともありましたが、今思えば愛しさをより募らせるスパイスになっていたかもしれません。

     携帯電話の便利さはあるものの、ここの掲示板では盗み見て浮気の証拠押さえにするなど嫌な面が目立ちますよね。日本の技術で小型安価にしてしまったがための罪の面でしょうか。

    ユーザーID:2129034221

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 電話と手紙

    たとえば20年前学生のころの私の恋愛・・・友達の紹介で出会い、最初は複数で遊ぶ→二人で長電話するようになり、週1,2回くらい1か月くらい続き(今ならメールでやりとりですね)→2人で会ってもなかなか告白してくれないので、郵便で手紙を出して「●●さんて鈍感なの?」って聞いたら→8枚くらいの長〜いラブレターをくれました。
    それが今の夫です、だったらいいんですが結局別れました(笑

    他も大体似たようなものでよく電話してた気がします。
    それと会ったとき直接誘う。

    長いことフリーターだったんですが、スキー場でバイトしてたときは寮の公衆電話の前に毎晩長い列が出来てたなー、とか、懐かしいですね。

    まあ一番変わったのは待ち合わせですよね。
    昔はどちらかが待ち合わせ場所を間違えたりするとその日はもう会えなかったですから。
    一度、仕事終わる時間がハッキリわからないままどうしても会いたくて待ち合わせして、遅くなってもういないかな・・・と待ち合わせ場所に行ってみたら彼が寒い中待ってて・・・この人しかいない!とその時は盛り上がりました。その人が今の夫・・・でもないんですけどね(笑

    ユーザーID:9127116000

  • あの頃は

    30代後半男性です

    当時は家電が連絡手段でした。家族の方がでると緊張したもんです。
    よくメモに書いて交換しました。無くしちゃって落ち込むこともあったり…

    その後ポケットベルが流行りだし多少連絡しやすくなりましたが…

    ユーザーID:6181861017

  • ポケベルすら持ってなかった(涙)



    付き合っていた彼の仕事が忙しく、お互いの自宅も離れていたので会えるのは一ヶ月に一度くらい。やっとお互い都合がついて会う約束をしました。待ち合わせの場所は某繁華街のとある場所。時間前に着いた私はその場所から少し離れた所から彼がいないか見てました。と言うのも、その場所はナンパで有名な所で女一人で立っていると入れ替わり立ち代わり声を掛けられる為、それがうっとうしいのと彼はヤキモチ焼きで喧嘩早いので声かけられている所を見られたら大変と思っての事だったんですが…
    いくら待っても彼らしき人は見かけず、一時間程待って、仕方なく自宅へと帰りました。案の定、自宅に彼から電話が「待ち合わせの場所でずっと待っていた」と…

    あぁ私は彼の姿を近くに行って確かめなかったからだ〜 もう後の祭りです。彼はカンカンに怒っているし。

    今なら携帯でお互いの位置確認できるから、こんな凡ミスしないよねぇ〜

    ユーザーID:0863970033

  • X'mas Express

    これなんか参考になると思いますが・・・

    僕にとってのベストCMです。

    いまはこんなCMを見る事もなくなりましたね。

    ユーザーID:4437333286

  • 便利やイージーからは遥か彼方

    40歳近く・独身・恋人在りです。
    携帯どころかポケベルが普及したのも、私が社会人の時だったように思います。
    私含め周囲にほとんど使用者が居なかったので、かなり曖昧な記憶ですが。
    当時大学生の従姉妹の話では、大学生には必須アイテムっぽいです。
    携帯がありませんから、電話番号は当然自宅の物です。
    中・高校生の頃はもちろん、社会人になってからも、自宅に電話するのは勇気がいりました。
    電話に誰が出るか分からないので、家族に良い印象を持ってもらえるように、丁寧にを心がけつつ緊張して声がうわずったり。
    初めてかけた時には、電話に出た親が「知らない名前、何かの勧誘?」と考え、わざと冷たく対応され落ち込んだり。
    寮に電話するのも職場の人に「感じ悪い女と付き合ってる」と思われないよう緊張しました。
    自衛官だと電話室に当番の人がずっと居るので、甘い雰囲気になんてなれませんし、恥ずかしく落ち着きません。
    自宅も寮もかけていい時間帯があるので、かける前の心構えに神経すり減らしました。
    遠恋だと手紙を出しあい、相手の書いた文字全てが愛おしくて。
    不便ならではの恋のあはれ、でも便利な今の恋のあはれも素敵ですね。

    ユーザーID:7560918704

  • 古き良き時代・・・(笑)

     そうですねえ。
     合コンとかで電話番号ゲットするのは同じです。
    でも自宅の固定電話なので、誰がでるか分からない。
    かける方も、待つ方も緊張感があったんじゃないかと思います。
    「親が出たらどうする?」みたいなね。その可能性は高いですし。
    うるさく言われないように、所属を「大学の研究室の○○」と言うようにするとかしてましたねー。

     かけるときには寒空の中「コンビニいってくる〜。」とテレフォンカードにぎりしめ
    公衆電話から、なんてことも。

     あと、お互い出先では連絡方法がありません。
    約束の時間は守るべし。
    寝坊しても、相手が家を出ていたらダッシュして駆けつけるしかない!
    待つ方はひたすら待つのみ・・・。
    今って「今電車〜。」とか「着いたらメールする」が可能だから、細かい時間までは決めなくてもいいですよね。

     直接会うか電話で話す、という生のコミュニケーションだけだったわけですよね。
    けんかをするのも、あやまるのも、直接するしかない。
    怖いけど、ハラハラするけど、面と向かって話して、分かり合う。
    そういうところに良さがあったかなと思います。

    ユーザーID:9024233770

  • 懐かしいです

    現在48才の私の10代恋愛時代。

    今では「○時ごろに××のあたりをうろうろしてるから、近くに着いたらメールして」
    なんていう待ち合わせをしますが、若い頃の待ち合わせは、時間と場所をしっかり決めましたよ。

    駅のホームの「○○側」で駆け落ちの待ち合わせをしたのに、お互いが勘違いをして、会えずに離ればなれになった恋人の小説があったり。

    駅には改札口前に「伝言板」っていう黒板が用意されていました。
    改札口で待ち合わせて、相手がなかなか来ない時には、ここに「東口の前の△△喫茶店で待つ。真智子」なんて書いたりしてました。

    待ち合わせた喫茶店に電話をして彼に取り次いでもらったこともありました。

    公衆電話は3分10円タイプのしかなく、恋愛中は電話用に10円玉を集めてました。
    コインが落ちる音に切なさが。

    家に固定電話はありましたが子機やコードレスがなく、リビングで話さなければなりません。
    親が仕事から帰ってくる前に彼氏とのラブコールを済ませたりしましたねー。

    夜は彼を思いながら翌日彼に渡す日記(交換ノート)を書いてました。

    大変でしたがそれなりに楽しい青春でした。

    ユーザーID:1440319129

  • 友達、ポケベル、電話。

    私は持っていなかったけど、ポケベルで会話とか。
    今でいう、メールみたいなものですね。

    友達経由で遊びのお誘いがあったり……。
    よく利用する所で何度も顔を合わせ、自然と挨拶し
    次第に会話するようになって、出かける約束をする。
    そして連絡先を教える。

    連絡先は普通に、自宅の電話番号を教えていました。
    かける方はドキドキでしょうね。
    実家暮らしなので、誰が出るのわからない(笑)

    ユーザーID:8725996962

  • ドキドキワクワクは昔の方が圧倒的に多かった

    ケータイがない時代と、出始めた頃に恋愛を謳歌した者です。

    ない時代は、合コンとかで、ちょっといいオトコと知り合ったとしますよね、ケータイがないのですから、普通に家の電話番号を教えて、付き合いに発展する…というところは、今とそう変わらないのでは?

    家の電話を、親機と子機に分けて、自分の部屋で話す…というのは、普通だと思います。

    あと、手紙も割りと使ってましたね。

    ケータイより先に、パソコンのメールを使う事が多かったので、メールでやり取りもしてました。

    ただ、パソコンのメールは、家に居ないと見れないから、タイムラグは生じます。

    でも、その待ち時間が、ドキドキしたり、嬉しい時間になったりしました。

    今は、ケータイで、即レスが普通ですやん?
    だから、味気ない、って感じですかね?
    ドキドキ感は、圧倒的に、昔の方が多かったし、楽しかったですね。
    今の方が、スリル感というか、要するに、ワクワクする感じが全然なくなった事は確かですね。寂しい話ですけど。

    ユーザーID:9237787048

  • どうなっていたのかなぁ

    私は40代前半です。携帯は有りましたが、メールは恋愛中(現主人)はしませんでしたよ。自宅からお互いに電話してました。なので、掛かってきた時は嬉しかったし、掛ける時はドキドキ!! デートの約束や話しetc 楽しかったのを覚えています。「じゃあね」が中々終えられなくて、「一緒に受話器置こうよっ」 でした。“〜たら〜れば”今の様に携帯やメールが普及してたらどんな感じになっていたか、良く主人と話しますよ。

    ユーザーID:1011145250

  • さすがに電話と手紙がありましたよ・・・

    合コンで電話番号を聞き出し、即電話ですよ。
    下宿している相手なら今のケータイとそんなに変わらない・・・
    ちょっと勇気が必要なくらい。
    でも、相手が親と同居の場合は掛けなかったです。
    (それを理由に電話番号を教えてくれない場合もありました)

    あと、旅行とか行ったときには絵葉書を買って出したりもしましたね。

    付き合いだしても親が反対の立場に回ったために以降の電話を繋いでもらえず、結局そういった親の嫌がらせで別れてしまった友人もいました。

    今は障壁が低くていいですね〜
    ハッキリ うらやましいです。

    でも親の立場になってみると、交友関係をまったく把握できないので、やっかいなツールです。

    ユーザーID:8193453026

  • ケータイは既にあったのですが・・・

    私34歳、夫36歳。14年前、同じ会社に同期入社。ちょうど、携帯電話が普及し始めた頃でしょうか? 入社3年目に付き合い始めた頃には、もうすっかり、携帯を持っている人が多数派でした。

    しかし私も夫も、携帯を持っていませんでした。2人とも内向的で友達が少なく、恋人いない歴=年齢。仕事も事務職でしたので、携帯を持つ必要がなかったのです。

    社内行事で知り合い、私の方が彼を気に入って、会社のパソコンで「先日は、ありがとう」とメールしてみました。それをきっかけに、社内メールで世間話をするようになり、「今度、遊びに行きませんか?」ということになり・・・つまり携帯が、会社のパソコンメールに置き変わっただけですね。デートの約束は、いつも社内メールでした。

    待ち合わせで相手が約束の時間に来ない時など、「何かあったのかな?こんな時、携帯があったらすぐに連絡できるのに」と、もどかしかったりもしましたが、それ以外では特に必要性を感ることはなく・・・

    今年で、結婚10年。未だに携帯、持っていません。夫の職場でも、子供が通う幼稚園のママの中でも、携帯を持っていないのは私達夫婦だけのようです。

    ユーザーID:2254914407

  • 電話が大変

    まず、電話は親が取ると根掘り葉掘り大変です。
    相手も緊張するし、電話を代わった後も聞き耳立てているし。
    電話を終わった後は、誰なんだ、どういう関係なんだとか…。

    ポケベルとかもなかったので、ほかに連絡方法はないし。
    待ち合わせの時も時間や場所を間違えるともう大変。
    両方で動き回ると全く会えないし(笑)

    今はいいですよね。
    でも緊張感がないからお手軽恋愛になっちゃってる気もします。

    ユーザーID:5554515319

  • アラフォーです

    私がケータイを初めて買ったのは、今の夫と付き合っていた頃。
    その当時はまだメールも一般化してなかったので、私の恋愛にケータイが登場した事はないんです!!

    連絡手段は自宅の電話しかないので、家族の人に取り次いでもらわなきゃいけなかったんですよ。
    信じられないでしょ?

    好きになった人の自宅の電話番号を聞く、というのは今どきケータイの番号とかアドレス聞くのとは違って、ハードルが高かったように思います。
    私が学生の頃なんて、電話帳見て片思いの彼の電話番号調べてましたから!!


    自分の電話を手に入れる方法は、ズバリ一人暮らし!

    とはいえ、留守電はあったけど、ナンバーディズプレイもなかったし、着信履歴も残らないから、根気よく電話し続けないと通じなかったりね。

    待ち合わせに遅れても直接伝える術もなく、別れるカップルも多かったと思います。

    ケータイを持って学生時代にタイムスリップしたいな〜。
    そしたら夫も今とは違う人だったりしたかもしれません(笑)

    ユーザーID:0018529715

  • 基本的には

    遠距離恋愛で手紙&電話(家電&公衆電話)でした。

    私が彼(夫です)と付き合っていた頃はポケベルあり・携帯がではじめの頃で、田舎だし誰もポケベルや携帯なんて持っていませんでした。
    (持っているのは警察の方とかお医者さんで、飲み屋のカウンターで必ず携帯を出している人は職業がわかったものです。)

    連絡手段のメインは手紙でしたね。
    私も彼も仕事の定時がないような職業でしたので、最初は手紙スタートでした。
    そのうち手紙に不便を感じ、私が家電の回線を新たに引きました。
    自宅電話だとかける時間の制限もありますし長電話したら注意されましたので・・・
    でも彼の家には固定回線がなく、家の横の公衆電話から電話をかけてきました。
    たまに電話を待っている人と交替で中断したりもありましたが、そんな感じのことが多かったです。

    そのうち私が遠距離に我慢できなくなって車を買って遊びに(高速片道4時間)行くようになりましたが、当時は携帯を買う(通話相手がいない/通話料がバカ高い)よりは車を買う方が現実的でした。

    飛行機で帰ってくる待ち合わせで、連絡がとれず7時間待った経験があります。

    ユーザーID:5716338434

  • ちょっと前はね

    ちょっと前のある川柳?だったかな、こんな感じの作品が
    新聞に出ていました

    「犬の散歩に行ってくるとテレカ持つ」(だったような)

    つまり、犬の散歩に行ってくる!といいつつ、公衆電話で
    彼女(彼)と話をするのが目的なので、テレホンカードを持って
    家から出て行くという光景ですね。
    これで、家族に知られずに恋人と話ができる!という青春期の
    単純思考で、実際には家族は薄々気がついていたりするんですが。

    恋仲の事を「臭い仲」という事を昔は言っていたようですが
    これも、家族にないしょで男女が会う事が難しかった頃は
    便所に行くと行って出ていって、会っていたからという説も
    あります。

    まあ、昔から「家族にないしょ」で会う、話をするための
    方法はいくらでもあったんですよ。
    苦労しあった分、恋愛を続けていこうという努力も今よりも
    強かったと思いますよ。

    ユーザーID:5450722001

  • 手紙と電話

    遠距離だったので、せっせと手紙書いてました。
    相手からは、たまにしか手紙が来なかったので受け取った手紙は何度も読み返してました。

    お互い一人暮らしだったので、電話に遠慮はなかったのですが、貧乏だったので電話代に遠慮してました。
    私の電話機には留守電機能もついてなかったなぁ。
    幸い相手の電話機には付いていたので、よく一言メッセージ残してました。

    懐かしいなあ〜〜〜

    ありがとう、ろけっとさん。
    会えないもどかしさ、甦りました。

    夫が帰ってきたら、後ろからキュッと抱きしめてみましょうか。
    でも、夫はそんなもどかしい時代を忘れているでしょうから、振り払うでしょうね。(悲)

    ユーザーID:3365413481

  • ちょっとじれったくて、きゅん〜!

    昔を思い出して、胸がいっぱいになってきました。
    40才ですが、現役(!?)の頃は、携帯もなく、ポケベルもあまり、身近ではなかったです。

    当時つき合っていた人は、(会社の)寮生だったので、寮に電話するしかありませんでした。

    それで、かけたら、寮のおばちゃんが出て、「○○さん、電話です〜!」って、放送がかかって、遠くから、ドスドス走ってくる音が聞こえてきて・・・「もしもし〜!」ってなりました。

    はぁ〜思い出しながら、息が上がってきました!!

    今、思うと、待ち合わせも、皆さんがおっしゃるように、「会えない」時もあったり、ほんとじれったかったですが、それはそれで、熱くなりましたよ☆

    いいトピックを立ててくださって、ありがとう!!

    ユーザーID:2913954531

  • きゃ〜懐かしい!!

    40前半主婦です。懐かしいですね〜。唯一の連絡手段が家電だったんですから。
    あの当時携帯あればどんなに楽だったか・・。

    同じ部署の先輩とお付き合いしたときのこと。
    仕事帰りに一緒に飲みに行きたいな〜と思ったら、身振りや雰囲気で「私今日飲みたい!」ムードを伝えてました。
    なにげな〜くお手洗いに行って、先輩来ないかな〜とうろうろ。
    見事先輩が来てくれたら、人目がないのを確認して「あと15分したら退社。通用門でたとこで。」とささーっと伝達。
    ビルを出るとき他の人と一緒にならないよう気を使いながら通用門出て・・先輩いたときの嬉しさったら!!!

    他にもコピーやFAX(部署と離れたところにあった)しながら約束したり、メモに書いたりしましたね。
    残業が多かったので、その日に仕事の具合をみながら約束する方が都合よかったからなんですけどね。

    メールがあったら簡単だったんですが、なかなか約束できないもどかしさ&ドキドキ感はよかったですよ〜。
    いかに周囲に気づかれずにこっそりフケてデートするか!
    あのスリルはかなり気持が盛り上がりましたね。
    不便な恋もよかったですよ〜!

    ユーザーID:9728762178

  • 電話の思い出

    コンパでは家電の番号を教えてたわけ。今じゃ確かにあり得ないわね。

    ジーコジーコ回す、ダイヤル式の電話の時は、話を家族に聞かれたくなくてひたすら本体のコードを伸ばして、人のいない玄関とかで電話をかかえて、しゃべったな。夜中なんか、まっ暗いなかでヒソヒソと。。

    子機付きの電話に変わったのは、18くらいのころかなあ?
    3時間くらいダラダラしゃべってると電池切れですごい音がしたわ。

    真夜中に電話がかかってくるときは、子機を自分の部屋に持ちこむんだけど、お姉ちゃんととりあいになることも。
    鳴ったらすぐ出ないと家じゅうに呼び出し音が響きわたっちゃうから、すごい勢いで出たよ。

    外から帰って「○○って人から電話があったわよ」って言われたときのあの嬉しさ。

    ナンバーディスプレイなんて無いから、「○君?あたし。あたしだよ!」ってからかったり、いろいろ楽しかったなあ。


    携帯って便利だけど距離が近すぎてね。

    ま、待ち合わせは携帯様様よ。
    昔は待ち合わせ場所を間違ったら早々会えないんだから。

    ユーザーID:9952391544

  • 家の電話

    夫とデートしていた頃、かれこれ20年近く前になります。 あの頃はメールもポケベルさえもなかったなぁ〜。 

    夫は当時、会社の寮に入っていました。 個人の部屋に電話はなかったので、こちらから彼に直接連絡することは困難だったので、彼の方から公衆電話や寮のラウンジにあった電話を使って我が家(当時実家住まい)にかけてくれました。 そんな感じで、普段連絡が取りづらい状況だったので、会った日に次のデートの約束を決めていました。 

    ある日、彼の寮の近くで待ち合わせしました。 が、いつも几帳面な彼がいつまで経っても来ません。 彼に連絡するには、寮のラウンジに電話して彼を呼び出してもらうしかありません。 といっても、たまたまそこに誰かいてくれればの話ですし、電話を取った人がめんどくさがって「部屋に行ったけどいないよ」などど適当なことをいう可能性もあり。   

    思い切って近くの公衆電話からかけてみたら、出てくれた人がいい人で、彼の部屋に行って呼び出してくれました。 うっかり寝坊したそうです。 おかげで無事に会うことができました。 

    あの頃、携帯があったらね〜と夫と今も話します。 

    ユーザーID:6149282892

  • 即時の情報伝達が無い頃

    友人と約束する時は、信頼と責任で行っていました。できないことは約束しない。約束するときは必ず履行する。
    でも、ある女の子と待ち合わせをした時、3時間寒空の下で待っていて遅れてきて文句の一つでも言おうとする前に泣かれて抱きつかれたとき、怒りが飛んでしまったのを覚えています。今から思えば男は単純だ!

    ユーザーID:9585320964

  • やはり電話ですよね。

    中年男です。
    結婚して数年後から若者でも携帯を持ち始めてきたタイミングでした。
    独身時代は皆自宅の固定電話なのでメールと違って一旦教えたら変更は
    容易では無く、教える側(特に女性)は今よりも覚悟が要ったと思います。
    (但し、今ほどはストーカーとか嫌がらせ電話などのトラブルは
    無かった時代だったと思います。)
    自宅の固定電話でしかも茶の間にしか無い家ではなかなか大変
    だったでしょうが私は自分の部屋に自分の番号で電話を置いていたので
    女性側にとっても掛けやすかったはずです。
    今は携帯が普通になって「ここへ電話すれば彼女が絶対に出る。」という
    環境になりました。でも別れてしまえばそれも出来ないというまた
    別の辛さがありそうですね。私の独身時代に携帯・メールがあれば
    きっと楽しかっただろうなと思います。
    連絡が簡単になり、昔よりは異性とのつながりが増えて選択肢が多くなった
    と言えるでしょう。その分、別れのシーンも増えたんでしょうけどね。
    メールの回数や文面なども異性の評価の対象にもなっているんですよね。
    そういう意味では厳しくなったかな。

    ユーザーID:4083881959

  • なつかしぃ〜

    あまりにも、懐かしすぎて、レスさせていただきました。

    今から、17年前。当時は、高校生でした。ポケベルをクラスで1〜2人もっていて、打っても、「49 106」。学校の公衆電話からして、今、思えば、「何処に、電話を…」くらいでした。

    私が、卒業直前に彼氏(年下)が初めて出来て、いつも、家電にかけてきてくれていました。不自然にも、必ず、私が真っ先に出ていました。

    淡い思い出です。

    ユーザーID:9980333300

  • 懐かしい〜。

    皆さん書かれているように”電話”でしたねー。
    電話する勇気が無くて、何の発展もしないまま終わった恋もあったし、
    毎日のように電話されるのが嫌で終わった恋もありましたっけ。

    待ち合わせにはいつも、無事に会えるかどうかのドキドキがありました。

    携帯時代の今は、待ち合わせは会えて当然だし、
    電話が恥ずかしくてもメールがあるから、恋愛も楽になったのでしょうね。
    その分、思いが実ったときの達成感?はあまりないのかもしれませんね。

    電話も無かったような昔だったら、通信手段は手紙か直接会うしかなかったわけですから、それを思うと今はなんとスピーディな時代になったことでしょう!

    横ですが、”発言小町”も、私が若い頃には想像できなかったシステムです。科学の進歩ってすごいですね。

    ユーザーID:4946475405

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧