• ホーム
  • 男女
  • 国際結婚して良かったこと、そして辛いこと

国際結婚して良かったこと、そして辛いこと

レス13
(トピ主0
お気に入り49

恋愛・結婚・離婚

ぴぷ

はじめまして。欧州人の配偶者を得て数年経ちます。
相手が外国人だと楽しいこともあるけど、えって驚くこともしばしばあります。内容によっては、日本人同士だったら絶対しないような喧嘩とかもありますし、逆に外国人だから面白かったりすることもあります。
先日は彼がお味噌汁にクラッカーを割って入れて食べようとしてるのを見てしまいました。確かにミネストローネスープなど洋風のスープにはクラッカーを割って入れたらおいしいのですが。。
日本人だと、そういう発想ないですよね。前はオリーブをお味噌汁に入れてたし。。そういう彼は「何事も試してみないとね」という精神みたいです。
良いことは、日本料理を作るとすべて絶賛してくれることです。欧州人の彼は日本料理の家庭の味などないため、私が作るものが日本料理のすべてなので楽です。 
国際結婚されている他の皆様方はどうなのでしょうか。
すれ違うこともありますか?

ユーザーID:2374341184

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 言葉の壁!

    欧州A国出身の夫とB国に住んでます。夫婦の共通語はA国語とB国語です。夫は日本語は話せません。

    小町の名トピ「ブラジャー事件」は、とくに痛快なレスをわたしが口頭で伝えて夫にも楽しんでもらえましたが、わたしが特にお気に入りの「コンビニで温めますな」のおもしろさを伝えるのは・・・至難の業。江戸時代の話し方が、武士が・・・とかのツマンナイ解説で終わり。これを夫婦で共有できないのは、辛い!

    ユーザーID:8187776857

  • 金銭感覚!!!

    アメリカ人夫を持ってます。
    日本人と違って金銭感覚が全然合いません。
    彼が、「友達のAが、貯金が一千万もあるのに、まだ足りないっていうんだ。おかしいだろ?」って言うのに対し、「50歳くらいで一千万の貯金は普通でしょ。というか、それじゃ老後の資金にも足りないわ」というと、びっくりされました。
    将来のこと考えないのでしょうか。
    お金はあると使ってしまうっていう(なくても使う)感覚なのでしょうか。
    金銭感覚の違いには辟易します。

    ユーザーID:5738108050

  • 楽ありゃ苦もあるさぁ〜

    良かったことは、やはり自分の中の固定観念が緩んできたことですね。特に、ほかの人の考え方や生き方をステレオタイプで見ることが少なくなりました。あと、カテゴリー(タイトル)で分けようとすることも。日本人だからどうのこうの、バツいちだからどうのこうの、東大卒だからどうのこうのなどなど・・・あげたらきりがないですが。
    辛いことは・・・あくまでうちの場合ですが、夫はものすごいハンディマン。便利屋か?と思うほど、自分でなんでもやってしまいます。やりたがりです。また、常に前向きのチャレンジャーでもあります。その情熱たるや半端じゃないです。とてもいいことなのですが、時にこちらにもそれを要求されることがあるので辛ーいことがあります。たとえば、家を自分で建てようとする(大工じゃありません)、せっかく新築で建てた家を惜しげもなく売り出し、モーターホームを買って数年間の世界旅行に行きたがる・・・などなど。ひとりでやってくれればいいのですが、家族でやろうというので、私としては心身ともに疲れます。

    人生一度ですから・・・お互い楽しみましょう。

    ユーザーID:7252677339

  • るい子さんに激しく同意!

    夫がアメリカ国籍で、日本在住です。

    ギャグの微妙な部分をわかりあえなくて、笑いをともにできないことがあるのはちょっとつらいかも。私が笑っていると「なになに?」と聞いてくるから、説明したら全然面白くなくなっちゃってたりしますから。自分で説明しながら「あれ?何がおかしかったんだろ?」って。

    家でずっとCNNなど英語チャンネルを見ていて、私は職場でも英語ばかりだから「たまには日本語のテレビ見せておくれ」て思うこともたまにアリ。
    やっとチャンネル変えてもらったら今度はNHKのニュースを副音声(英語)で…。

    もう10年も経つのに「味噌汁はスープ」だと思っていて、最初か最後に一気に飲んじゃう。最初は「ご飯と一緒にね」なんて言ってたけど、今はもう「勝手にせい」

    くだらないお笑い番組見て一緒に笑えたらもっと楽しいかも、と思うことはあるけれど、今でもじゅうぶん楽しいので、ヨシとします。

    ユーザーID:9946158557

  • つらいこと?ないですねえ。

    恥ずかしながら喧嘩などはちょこちょこしますが、国際結婚絡みの理由ではないです。
    日本人同士でだって、相手を理解できない、価値観が違うなどといって喧嘩したりしますし。

    「夫」と結婚してよかったことはたくさんありますが、「外国人の夫」と結婚してよかったこと、と言うのも思いつきませんねえ。
    お互いの出身国、どちらに行ってもビザの心配をしなくてすむ、くらいですかね?

    日本人と現在のパートナー、比べても詮無いことですよ。

    ユーザーID:4123770495

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • Easy going でもいいこと

    アメリカ人と結婚して15年です。良かったことは精神的に楽なことでしょうか?日本なら、結婚したら料理、洗濯、掃除全てにおいて「出来て当然的な考えがあるのでは?」という思いがあったので、アメリカに来てアメリカの料理や家事全般において「アラ〜!知らなかったわ。」ですむ事の良さ!なんていっても後でちゃんと学びましたが。正式なベッドメーキングなんて知りませんでしたし。義母さんが手取り足取り(!)で教えてくれました。今はちゃんとこなせます。

    それと日本にいたときにはどこへ行っても人、人、人でストレス気味だったのが、今は広い国に来てそれがなくなりました。自分のスペースがたくさんあるのがいいです。

    辛い事というのかなあ…。かえりたい時にさっと帰国できないこと。それと、スープ!日本では「Piping hot]というやつ基本じゃないですか?スープでも何でも、熱々でだすというの普通ですよね。でも家の主人はあっつ〜いスープをだすと「やけどするじゃないか!」と怒るのです。私はぬるいのが許せない。お茶や紅茶などもお湯が沸騰する前に火から下ろしてしまう。つらいことじゃないですが、習慣の違いですかね。

    ユーザーID:9898454481

  • 楽しそうなトピですね。

    私は国際結婚と意識は特にした事無いですね。
    ここでの人生の方が長くどちらかと言えば今では日本の方が外国の様な感じ。行き違いも基本的に家庭環境の違いから来るのが殆どですね。
    国際結婚というよりこちらでは異人種間の結婚と見なされるし、私もそっちは時々意識しますね。
    いい事といえば、夫が料理好きで私が教えたカレーやチャーハンやら母の味位おいしく作れる所かな。でもこれって彼個人の趣味によるものだから国際結婚独特でないですね!

    残念な所は彼が異国や実家から遠く離れた土地で生活した経験が無い所かな。やはりもう少し同じ様な経験のある人なら独特の悩みなど分かち合えるのに、とぼやく事も。
    あと、義理の家族が変なエリート意識のある人達でやはり東洋人だからと心底で見下しているのが分かる時。決して表立って見せないけど。私がこの国の言語、文化、歴史、政治、土地勘もろもろをマスターし、人脈を作り、現地人と肩を並べて競争できる様になる迄にどれだけの道のりを要したと等思いも付かない人達なので、失望する事もあり。まあ、日本でも義理の家族は当りハズレ有りますしね。
    ちなみにお味噌汁ってスープだと今迄私も思ってました...

    ユーザーID:2528918228

  • むいむい様

    >どちらに行ってもビザの心配をしなくてすむ
    って本当ですか?

    私は国際結婚で主人の国にもう6年住んでいますが、ビザは必要です。
    配偶者でもビザは絶対に取得しないといけないし、費用もかかり、面倒くさいです。
    子供は日本国籍、なのでさらに面倒くさく、小学生から留学ビザですが、幼稚園までなら親族訪問ビザで半年に1度出国しなければいけません。

    主人が日本へ観光等で来る場合、日本で滞在している人の源泉徴収等収入が分かるものを提出してもらい、身元引受人になってもらわなければなりませんが、そもそも給料いくら貰ってるとかふつうは人に言いたくないのでそんな善意の人、身内でも探すの難しいし。

    日本人同士の結婚なら無い煩わしさは国際結婚では必ずあります。
    “○○人との国際結婚は〜”と限定しているのならともかく、ご主人の出身国も不明ですし、国際結婚と言っても政府の対応は各国様々ですから。
    ビザの問題はそんなに簡単なことではありません。

    ユーザーID:6023889250

  • ビザの壁様。

    言葉が足りませんでしたね。失礼しました。
    出身国以外に行けば、ビザが必要なのはわかってますよ。
    申請自体は面倒ですが、就労ビザなどに比べれば楽だし自由もある、と言いたかったんです。
    私の周りに就労ビザの為に色んな苦労をされている人がいますので、そういった意味でした。
    ビザの壁様もご家族のビザで色々とご苦労をされているようですね。
    お気に触ったのでしたら申し訳ありませんでした。
    私が最終的に言いたかったのは最後の一行ですので。

    ユーザーID:4123770495

  • 親の死に目にあえなかった

    広く暖炉のある家に犬、優しい夫、
    可愛い子供、上達していく私の英語で現地の職も得て
    なんやかんやと喧嘩もあるけれどこんなものでしょう。
    一昨年日本の父を亡くしましたが
    進行している症状を家族から電話で聞いても
    帰れない事情がこちらにあり(仕事、子供の学校問題)
    訃報を聞いた時は翌日に会議で重要なプレゼンをする日でした。
    周りの日本人の奥さんは「母親の時は相当辛いよ」と言います。
    実際に母親の死に目に会えなかった友人は
    数年経った今でも立ち直ってないです。
    老後の事も色々考えないといけません。

    ユーザーID:2864280009

  • わー同じく

    この間うちの主人も味噌汁にクラッカー入れて食べてましたよ!
    何気にお気に入りの食べ方らしく、味噌汁+クラッカーは彼の中では定番のようです。
    ちなみにアメリカ人です。

    すれ違い、は特に感じた事は無いですね。
    ただ、私が食べたいものは彼が嫌いだったり、
    彼の食べたいものばかり一緒に食べてると一気に太っちゃったり、
    食に関してちょっと困ってます。
    子供達の栄養も偏りそうで・・・・

    ユーザーID:2300306643

  • いいこと、たくさん!

    欧州系アメリカ人の夫を持ってます。

    まずは、外国語をタダで習うことができる。これは、ものすごくおいしいです。遠慮なく、しかも時間制限も、追加料金もなしで質問できます。(夫は無料の駅前留学・・ごめんよ、夫)
    私、語学オタクなので、こんなラッキーなことはないです。

    そして、夫の国には、日本みたいなお歳暮・お中元・お祝い返し&ナントカ返し(半返しだの、倍返しだのややこしい)・ナントカ祝いなどの習慣がないこと。

    辛いのは、日本人をよく思ってない身内に、悪口を面と向かって言われること。

    これはもう、悔しいんだけど、討論が大の苦手な私には、相手を負かすことができないでいます。その代わり、家で夫に喧嘩売ります。ぎゃんぎゃん吠えます。(これを、負け犬の遠吠えという。泣)

    ユーザーID:4883932308

  • 人間関係

    米国に住んでいます。
    義親、兄弟との付き合いが本当に楽ですね。
    勿論これは家風にも拠ると思いますけど、
    近所付き合いも同様ストレスが無いです。
    仕事を持って親に頼らず子供3人育てたり、
    希望の土地に家を購入するのは日本では実現しなかったと思うし、
    夫婦が共に生活を築いている感覚が好きです。
    最もこれは良きパートナーに恵まれたからこそなのですが・・

    辛い事はやはり日本の両親の事です。
    年に2回しか会えませんし、歳を取ると心配です。
    米国では昔学生の頃は辛い時期もありましたが、
    結婚してからは心から幸せだなあ、と思います。

    ユーザーID:0599918750

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧