大雪のため休みたいという正社員

レス319
(トピ主5
お気に入り142

キャリア・職場

cya

レス

レス数319

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
211240 / 319
次へ 最後尾へ
  • ははっ

    >雪の降らない地域のニュースで10cm降っただけでも転んでる人続出する>映像を見たりすると、思わず笑っちゃいます。(本人は真剣なのかもしれ>ないので、すみません)

    都内の地下鉄を何も見ないで最短で乗れるか?
    都内の人間は迷っている地方出身の方を笑ったりしませんよ。
    ご自分が慣れているから慣れない人を馬鹿にするのは卑しいです。

    ユーザーID:8408455560

  • 自由士業さんごもっとも

    仮の見積もり数値は簡単に出ますよね?治療期間中のお金と現実の利益って言ってましたね。常に最低と最高の数字は考えておくものですよ〜。
    空気士業へさんは論破された悔しさのあまり必死になって煽り文句書き込まなくていいですよ><見てて不快に思いました〜。

    自由士業さんも上から目線で言うより頑張ってるトピ主さんにアドバイスすれば良かったですね〜。

    ユーザーID:3120764004

  • そういう意味なの?

    どもん 様

    >トピ主さんの「状況的にも欠勤してもいいくらいです」という発言

    ここで言う状況を「職場の状況」のことではなく「当該正社員の状況」のことを言っていると解釈し、時季変更権を行使する可能性があると判断しました。

    どもん様の解釈のように、
    >たいした仕事もない
    という状況であれば、確かに、時季変更権の行使は難しいでしょうね。

    今時、突然正社員に休まれて「たいした仕事も無い」ほど余剰人員を抱えているような会社は無いだろうとイメージしてしまいました。


    >トピ主さんのとった行動は違法行為なんですよ?

    トピ主さんが取った行動って、

    >「家の前が出れないんですよ〜」ってまず電話があったので、「頑張って除雪してね。」って答えました。

    >家の前を出れないのと、私がいなくても仕事回るでしょ?を連発するので思わず、「みんな状況は一緒なんだから、遅刻は遅刻だよ。そんなことで休む社会人なんていないよ。」ときつめに一発言っちゃいました。

    どこが違法行為なんでしょうか?

    「有給の取得申請を理由無く却下する」ような行為には見えませんが。

    ユーザーID:5998509028

  • 労働法って

    労働基準法に代表される日本の労働法は、弱者である労働者を守る法律であると考えられています。
    例えば、年次有給休暇の取得に対しては、よっぽどの事情が無い限り使用者は時季変更権の行使なんて出来ません。
    今回のケースは、大雪という事情が更に「休む」ことを肯定したい気持ちにさせますが、労働法的には「休む理由」は不問です。
    朝、突然電話が掛かってきて「今日は眠たいので休みます」と言われても、認めざるを得ないのが「労働法」の掟なんです。

    今回のケースで、労働法を盾にして「休んで当然」と主張するということは、理由が「眠たいから」でも全く問題ないという意見のはずです。



    「労働法に謳われている労働者の権利が全て行使されたら会社は潰れる」という説もあながち嘘ではないように思えてきます。

    はたして、労働法は本当に労働者を守れているのでしょうか。

    朝「今日は眠たいので休みます」と連絡してくる社員に何の指導もせずに休暇を認めてしまうような会社に勤めたいと思いますか?
    そんな会社の生産性が高まると想像できますか?
    生活の安定が確保できると思いますか?

    ユーザーID:5998509028

  • ご自分に甘い、陶酔タイプ?

    店長なら査定時に評価を下げる事で対応すればいいだけの事なのに、なんでこんなトピをわざわざ立てたのか最初不思議でした。
    再度全体読むと「私って店長として頑張ってるでしょう。」って主張して、小町で社員を批判させることで自分を誉めようとしてるように感じました。

    雪で転ぶ人を笑うあたりに無意識に、自分の認識しか認めない、それ以外の常識は変、おかしいと思っているのを感じます。柔軟さがないなという感想です。
    地元と違う人を見たら素直な人は「世の中色々広いんだなあ」と思うのじゃないでしょうか?少なくとも笑いませんね。

    おそらくトピ主の会社は全体に甘い会社なんでしょうね。店長が「そんな事も教えないといけないのかぁ〜人材育成って難しいですね。」なんて言ってるようですし。
    世の中色々な人がいるのです。たまたまかレベルの低い人しか採用できなない会社なのか分かりませんが、仕事の勤怠に関しての指導は基本ですよ。トピ主はやたら厳しいという言葉を使ってますが、ご自分を含めてとても甘いと思います。こんなところで自分の正当化してないで仕事で力を発揮した方がいいと思いますが。

    ユーザーID:2839474009

  • 再回答

    千鳥さん

    >余剰人員を抱えているような
    人員に有休を取得できる程度の余裕を持たせておくことは雇用者の義務です。それを「余剰」と表現することは極めて不見識です。

    >どこが違法行為なんでしょうか?
    言うまでもないことですが、直接的に表現しなくても、遠まわしに有休の取得を拒否すれば十分に違法行為として成立します。時季変更権を行使できない以上、あらゆる言い訳は正当な理由になり得ません。

    >「労働法に謳われている労働者の権利が全て行使されたら会社は潰れる」という説
    日本以外の全ての先進諸国ではそんな説は成り立っていません。日本ではそれが成り立つのだとしたら恥ずべきことです。

    >そんな会社の生産性が高まると想像できますか?
    >生活の安定が確保できると思いますか?
    先進諸外国では実現できています。


    日本の伝統的な労働哲学はもはや何の根拠も実績もないただのマゾヒズムです。政治に期待しようにも、労働者自身がマゾヒスティックな労働環境を望んでいる以上、無理なのかもしれません。

    いつか皆様にも幸せな労働環境が訪れますように・・・

    ユーザーID:9442565398

  • 再回答・補足

    先程の回答だけでは舌足らずなところもあろうかと思うので、補足がてら私論を述べます。

    そもそも、休暇を取得する理由は大雪だろうと眠いからだろうと何でも構わず、論点にはなりません。有給休暇の意義が心身のリフレッシュであることを鑑みれば、眠気を理由に有休を取得することはむしろ正当な使い方であるとさえ言えます。

    なぜ日本の労働者が過酷な環境で働かされているかというと、雇用者側に一種の無意識的な労働環境についてのカルテルが成立しているからでしょう。始末の悪いことに、労働者側に日本特有の労働観(「仕事道」とでも名付けましょうか)が存在しているために、本来なら不安定なはずのそのようなカルテルが安定的な仕組みとして成立してしまっています。

    「仕事道」は人もモノも不足していた過去の一時期においてプラスに作用した側面もあったことは認めましょう。しかし、経済的に成熟し、人もモノも余ってしまってデフレに苦しんでいる日本経済においては、それは単なるノスタルジーに過ぎません。

    他人の有休休暇の取得を批判するのではなく、どうすれば皆が完全に有休休暇を消化できるようになるかを考えてみませんか?

    ユーザーID:9442565398

  • 東北在住

    記録的な大雪だろうが、除雪車で道が出来ればやっぱり皆出社しますね。
    ただ多少の遅刻は大目に見てくれますし、そういう日は定時退社となります。

    ところで休めばいいじゃんな人、その除雪車を出す会社の社員が
    こんな日に仕事すんのダリィ、休みま〜すとなったら社会全体の活動がストップしますよね。
    みんなで家にこもって雪が融けるまで待てばいいじゃんなのかなあ?

    ユーザーID:5542595291

  • 雪国に70cmの雪

    中国地方の、雪は年間30cm積もると「たくさん降った」という地域に住んでます。
    こちらのトピは、雪国に住む方の生活がよくわかって興味深いです。
    雪国の70cmの積雪は、
    夏とかでいえば、大雨洪水警報が出てるけど台風じゃない、という感じかなあと思いました。
    川が増水したりして危険性はたくさんあるけど、
    学校や仕事が休みになることはないですね。
    公共交通機関は当然動いているし。
    道路が寸断されているとかならしょうがないけど、
    そうでないなら出社ができない理由としては納得できないですねえ。
    有給休暇は計画的に取得して欲しいです。
    正社員として雇われ、共に働く同僚としては。

    ユーザーID:7895875398

  • そうなんですか

    どもん 様

    どうやら私が認識している「普通の会社」は「異常な会社」のようですね。

    「自分が休んだ場合の職場の同僚への負担に配慮し、有休は計画的に取得するような配慮をする」という行為は、

    >日本の伝統的な労働哲学はもはや何の根拠も実績もないただのマゾヒズム

    に該当するということなんですね。

    でも「普通の会社」に勤務することが本当に幸せなのか実感がわきません。

    例えば、

    >人員に有休を取得できる程度の余裕を持たせておく

    有休シフトでも組んで計画的に有休取得を行うのであればいざ知らず、突然の休暇にも対応できるような体制を作ろうと思えば、同一職種に必ず1名は補完要員を確保するということになります。
    職種毎に1名ずつというのは相当な人数になりますよね。
    この場合の増員は増収にはつながりませんから収益性は悪化しますね。
    となると、人件費の削減に動くのは必至。

    だったら
    「眠いからという理由で突然休むことを快く認めてくれない会社」
    でも、目いっぱい働いて、沢山お給料を貰うほうが良いかなぁ。

    諸外国の経営者は有能なんですかね?

    ユーザーID:5998509028

  • なにが正解かは分からないけれど

    70センチは凄いです
    家から出られない・・家から出られないだけなのか
    家の前の道路が生活道路で除雪車がこない、もしくはなかなかこない状況で家の前から公道にでられないということもあるかも?
    ちなみに、私も雪国に住んでいます。今年1月は凄かった。
    明け方から除雪はじめましたが、家の前が公図上私道のため
    除雪車は来ません。(私道といっても、私の家の道路ではなく土地の所有者は別にいるのですが、自由に近所の人が通っている道路です)
    田舎の方が私道が非常に多いと思います。一見分かりませんが・・
    私の家の周りは私道ばかりなので、車で公道にでるのは70センチも
    積もったら不可能になります。
    何はともあれ、雪は大変ですよね。私は雪で遅刻したことはありませんが、豪雪の時は遠くから出勤してくる人は結構遅刻していますね。1月は徒歩で2時間かけて通勤しました。

    ユーザーID:5428895630

  • 再々回答

    千鳥さん

    >どうやら私が認識している「普通の会社」は「異常な会社」のようですね。
    国際標準で見れば間違いなく異常な会社です。

    >自分が休んだ場合の職場の同僚への負担
    そんなものがどれほどの負担だというのですか?別に休んだ同僚の仕事の全てが降りかかってくるわけでもないでしょう。そんなわずかの負担のために自分の有休までも放棄することは愚の骨頂です。

    >同一職種に必ず1名は補完要員を確保
    あなたの職場は一人欠けたら業務が回らなくなるほど人員がギリギリなんですか?そもそも現状で急病や忌引きの時はどうしているんですか?普通に業務は回ってますよね?

    >目いっぱい働いて、沢山お給料を貰う
    日本人は利益にならない仕事を目いっぱいやってるだけですから給料なんて増えませんよ。諸外国は目いっぱい休んでも日本人より一人当たりの給与は同じかやや高いくらいです。


    仕事がヒマなら急に休んでも別にいいじゃないですか?そんなに他人が休みを取るのが憎いんですか?有休も取らない労働者なんて経営者に食い物にされてるだけですよ。固定観念にとらわれず、もっと本質を見つめてみてください。

    ユーザーID:9442565398

  • あえて「欧米では」

    欧米と日本はあくまで商習慣が違いますので、参考までに申し上げるだけですが、もし除雪して出勤できる程度の積雪で、その人がいなくても業務に支障をきたさないなら、米国のうちの会社なら有休取得は十分ありえますね。例えて言えば、ごくまれな大雪の時に来ない有能な社員と、ごくまれな大雪の時に来る無能な社員を比較すれば、間違いなく有能な方をとります。ただ、もし自分がいないと業務に重大な支障が生じるのがわかっているのに来ない、ということであれば、それは能力評価上大きなマイナスになると思います。

    横ですが、日本の会社員の滅私奉公ぶりや生産性の低さ、というのが指摘されていますが、米国では労働組合自体が少なく無駄な社員の解雇が容易な事実が、高い生産性と表裏一体で存在しますよね。例えていえば、鈍行の満員電車にしてのろのろいくか、半分を快速に乗せて早く進めて残り半分駅に残すか。そのように厚遇されている日本の会社員が滅私奉公する気持ちはわかります。滅私奉公を揶揄するよりむしろ、鈍行を早く走らせる工夫を日本の企業経営者がすべきと思います。

    ユーザーID:0985151229

  • 教えてください

    どもん 様

    貴兄の仰る、

    >日本特有の労働観

    というのがいまひとつピンと来ていないのですが、それは
    「日本人の勤勉性」
    のことを指しているのでしょうか?

    それとも
    「休むことを悪とし働くことを善とする価値観」
    が存在すると考えているとか?

    前者であれば、良くわかりますが、それが「悪」だとは思えません。

    後者であれば、今時、そんな事は誰も考えていないのではないかと思うのですが。
    どれだけ仕事をしてどれだけ休むかは、自分の置かれている職場環境や会社の経済状況を鑑みて「経済的合理性」で決めている人が多いのではないですかね?
    仕事道に基づいて仕事をしている人って、そんなに沢山いるのでしょうか?

    ユーザーID:5998509028

  • みんながみんな

    眠いし、雪だし、雨降ってるしで
    当日に「有給残っているし休むね」
    と言ったらどうなるんでしょうねぇ。

    欧米ではどうかしりませんが
    日本では「他人に迷惑をかけないよう配慮」するもんではないのですか?
    それが日本人の美徳だと思いますが。

    ユーザーID:9585717020

  • もう一つ教えてください

    >他人の有休休暇の取得を批判するのではなく

    と仰られていますが、誰も有給休暇の取得そのものを批判してはいないのでは?

    私は、有給休暇の取得の仕方を問題にしており、
    労働法を額面どおり解釈して「どんな状況下でも自分の意思のみで取得できる」ことを良いことに、職場の仲間や上司への配慮も無く突発的に休むことは、色々な面で職場にマイナスの影響があり、そのことは結果的に労働者の不利益につながるのではないかと懸念しているわけです。

    組織に所属する限られた人間で上手く仕事を回すためには、従業員同士の気遣いは必須だろうと。
    突然、「眠いから」という理由で休まれて、そのカバーをその他の所属員がしなければならない状況で、モチベーションを下げずに仕事してもらうのが難しそうで...

    先進諸外国では問題なく実現できているということなので、そういう組織マネジメントを学びたいものです。

    先進諸外国ってどこなんでしょう?
    米国ってことは無いですよね?
    私の限られた経験の中ではそんな会社見たこと無いです。
    あるのかなぁ?

    ユーザーID:5998509028

  • いやー、滑稽滑稽

    >どもんさん
    この人らに何言っても通じないと思いますよ?島国のちっちゃーーーい固定概念でしか生きてないんですから。
    世界に比べた日本の年間総労働時間を知らないんです。サビ残は一切カウントしてませんから、それ含めたらダントツで世界一でしょうね。
    世界の整った労働環境を知らないんです。あ〜、またこんなこと言うと顔真っ赤で「世界は世界」って言うんでしたね()笑
    会社様()笑、仕事様()笑が人生の中心でしたね。ワークライフバランスソレオイシイノ?私はイノチ全てを会社に捧げます(キリッ

    サビ残当然、定時無し、休み無し、有給ナニソレコワイ、過労死運が悪かったって洗脳されてるならいっそのことボランティアで仕事したらいいですよね〜?
    本物のロボットに改造されれば良いと思います!!
    将来的にはリタイア経営者の老後の世話もすることが「当然」という時代になりそうで楽しみです〜。

    ユーザーID:0928556068

  • 有給取得すべきと思います

    米国勤務29歳男です(日系企業)。
    結論は堂々と有給取得すべきと思います。
    ただ、同じ意見のどもんさんがイマイチ説得力を持たないのは、有給をとったそのその先の議論がないからではないでしょうか。つまり、有給をとると皆さんが指摘しているとおり、そのほかの人(同僚、上司、後輩)の分の仕事が増え、負担がかかることは多かれ少なかれ明白だからです。このギャップをどうやって解消するか、私が海外勤務の経験を通して考えるのは、「お客様」が我慢をすればいいと思うです。極端な言い方をすると、今日は大雪だから(休んだ社員が担当する)このサービスは受けられなくてもしょうがない、と諦めるのです。諦めたお客様の先にお客様がいれば、そのお客様も諦めるのです。みんなが少しずつ諦めれば、日本の異常な労働環境はすこしずつ改善されるはずです。
    でも、バランスは重要で、その「みんなが諦めないこと」が日本の経済的な強みにつながっていることも確かなので、この点はわすれずに(日本の見えないGDPの部分ですね)。

    足の引っ張り合い、我慢大会からはそろそろ脱出してもいいのではないでしょうか。
    皆様ご意見聞かせてください。

    ユーザーID:7473591761

  • 雪国人の意見ですが

    おかしな方向になってますね(笑
    会社の方針以前に「雪国の慣習」の話なので法律とかナンセンスかと。(基本読み飛ばしました失礼)
    他に労働環境のトピ建てた方がいいのでは?


    トピ主さんの考えは雪国では普通でしょう。
    ですが社員教育はある程度は必要なのかなぁ、と。

    常時積雪してる地域だと「雪道で転ぶ〜」とかは対策不足・死活問題なので当然笑いのネタです。「氷点下を裸で外出して風邪引く」のと同等の自業自得さです。
    当然のことが出来てない(ように写る)のだから理解不能の笑いになるのです。不快かもしれませんが、それが雪国人の感覚です。


    公共交通機関が止まり、常識的な徒歩圏外なら欠勤もやむなしでしょうが、それ以外で出勤できないなんて恥なのが雪国。遅刻はありますが。

    「欧米では〜」の例えと同意で「雪国では〜」のトピなので、このトピに関してその他地域の意見は意味無いと思いますよ。
    「雪国限定でと書けば」の意見もありますが、その程度は目くじらたてずに行間を読みましょうよ。

    例えれば、真夏の関東なりで「猛暑なので休みます」てのと同レベルってことですよ。熱中症も命に拘るし夏になったら休もうかな(笑

    ユーザーID:0257279554

  • 当日の年休は会社の善意

    本来年休の申請期限って前日までなんですよ。
    でないと時季変更権を行使する暇がありませんから。
    だから当日の欠勤を年休と認めるかは、100%会社の善意なんです。
    そこのところおわすれなく。

    ユーザーID:3381074486

  • 諸外国の方が良いのですね

    どもん 様

    >急病や忌引きの時...普通に業務は回ってますよね?

    突然休めば、当然、他者が残業でカバーすることになります。ちゃんと、残業代は出ますよ。
    理由が「眠たいから」だったら、気持ち良く残業してれるかどうかわかりませんね。なので、普通に回るとは言い難いですね。

    >そんなに他人が休みを取るのが憎いんですか?有休も取らない労働者なんて経営者に食い物にされてるだけですよ。

    休みを取るのが憎いなんて思いませんよ。
    突然好き勝手に休みを入れられると周りが迷惑するから、計画的に取るような組織の方が仕事がし易いんじゃないかと主張しているのです。

    >固定観念にとらわれず、もっと本質を見つめてみてください。

    ごめんなさい、何が本質かサッパリわかりません。

    >諸外国は目いっぱい休んでも日本人より一人当たりの給与は同じかやや高いくらいです。

    そうなんですか。どもんさんは外国企業で働いているのでしょうね。
    日本の会社で仕事するなんて、バカらしくて出来ない?

    どんな働き方をすればそういう経営が成り立つんでしょうか?
    興味があります。

    ユーザーID:5998509028

  • 何度もすみません

    どもん 様

    ちなみに私の職場は、
    希望する有休は100%取得できる職場ですが、消化率は100%にはなりません。
    朝、突然休みたいと言ってくるケースもありますが、拒否することはありません。
    抜けた穴は他の社員が快く残業してカバーするような組織です。
    定時で帰ることもあるし必要な残業をすることもあります。
    過労死とは縁のない健全な職場です。
    賃金水準も平均以上であることは間違いありません。

    でも、朝「眠たいから休みます」と連絡してくるような人間がいれば、指導します。それが同僚の不信感を買い、組織としてのパフォーマンスに負の影響を与える姿勢であることを説明します。
    この指導は「労働観」として正しいから行うのではなく、組織の秩序を維持するためのマネジメントとして実行するのです。

    さて、この現状から、国際標準で見た「普通の会社」に賃金水準を落とすことなく移行することは可能でしょうか?
    「眠たいから突然休む」ことを他の社員達が快く受け入れるような気持ちを持てるような文化を根付かせるためには、どのような方策があるでしょうか?

    ユーザーID:5998509028

  • お客様が他社に流れるのが怖い

    >「お客様」が我慢をすればいい

    国内唯一の会社ならそのような「殿様商売」でもよいでしょう。
    しかし日本の一部の地域は狭い範囲内に同業他社がひしめきあっています。
    A社が休みならB社があるさ、とお客様は考えます。
    そしてB社で用事を済ませたお客様は、「B社は頑張っているのに比べてA社はやる気がない」と感じる可能性が考えられます。
    また、店側の判断で休業した場合本来出勤予定だった従業員の給料は補償しなければならないので店側には旨味はありません。
    このように日本は業界内で生き残りを賭けたチキンレースを繰り返していると考えています。いいか悪いかは別にして。

    ユーザーID:3381074486

  • 千鳥さんへの回答

    順不同で回答します。

    >モチベーションを下げずに仕事してもらうのが難しそうで...
    簡単ですよ、「お互い様」の気持ちをみんなが持てば良いだけです。まあ他人の権利なんて踏みにじって当たり前の日本社会では難しいのかもしれませんけどね。

    >今時、そんな事は誰も考えていない
    ではなぜ休んでも構わないような状況下で有休を取得することをそうまでかたくなに拒むのでしょうか?千鳥さんの中に「正当な理由がなければ有休は取得してはいけない」との気持ちは全くないと断言できますか?
    もし断言できるのだとすれば「欠勤してもいいくらいの状況であるにも関わらず有休を取得させないように仕向けた」というトピ主さんの行動は不当なものであるということには同意していただけますね?


    そもそも、このトピの流れ自体が「大雪の時に物理的に出勤できるかどうか?」が主要な論点になっている時点で、「物理的に出勤できるのであれば、出勤しなければならない」ということが暗黙の前提になっているんですよ。だから議論が錯綜してるんです。千鳥さんも「有休は原則として自由に使える」という前提からもう一度考えてみてください。

    ユーザーID:9442565398

  • その他の方への回答

    >40OYAJI様
    解雇規制の緩和を含む人材の流動化は日本としても目指すべきだとは思います。しかし、現状の日本の労働者に自発的に離職することへの抵抗感は根強く、そのような状況下で解雇規制を緩和することは、経営者による支配を強めることにしかならないと思うので、日本人の労働観を変えることがまずは必要であると思います。

    >ミセスおやじ様
    この件で有休を取ろうとした社員は業務に支障がないかどうかをきちんと確認していますよ。トピ主さんは、支障が無いにも関わらず「そんな理由で休む人はいない」などと言って有休を取らせなかったのです。

    >しょっかー様
    通じないかもしれませんが、私は日本の労働環境をなんとかしたいとそれなりにマジメに考えているので、自分自身や自分の部下、自分の所属する会社などで実行しつつ、様々な場で微力ながら意見発信していこうと考えています。

    >hiro様
    確かに過剰品質の問題は重要な論点だと思います。しかし、現状の日本は単純に無駄な仕事がまだまだ多いと思います。私はこのトピでは過剰品質にはあえて触れず、無駄の問題に絞って論じているつもりです。

    ユーザーID:9442565398

  • 甘すぎ

    やたら甘いレスも目につきますが…
    大雪で家から出られないだの交通機関が麻痺するだのが予想されるのならば会社に泊まりこむでしょ?普通。予想外だというのなら予想できなかった自分のミスです。そんな社員は必要ありません。教育以前の問題です。

    ユーザーID:1968677349

  • 良かった良かった

    しょっかー 様

    >会社様()笑、仕事様()笑が人生の中心でしたね。ワークライフバランスソレオイシイノ?私はイノチ全てを会社に捧げます(キリッ
    >サビ残当然、定時無し、休み無し、有給ナニソレコワイ、過労死運が悪かったって洗脳されてる

    私の職場はそんな人は1人もいないので良かったです。

    でも、朝、「今日は眠いので休みます」なんて事を言うような人間もいません。
    そういう人間が出てきたら指導するような、どもん様がご指摘の「異常な会社」です。

    ユーザーID:5998509028

  • 同意しかねますね

    どもん 様

    >「お互い様」の気持ちをみんなが持てば良いだけです。

    「職場の仲間への配慮なんか考えずに突然休みを入れるのはお互い様」って気持ちをみんなが持っている職場って、信頼関係もへったくれもないですよね。にも拘らず、高いモチベーションが維持できるという根拠がわかりません。

    >「欠勤してもいいくらいの状況であるにも関わらず有休を取得させないように仕向けた」というトピ主さんの行動は不当なものであるということには同意していただけますね?

    前にも言いましたが、今回のトピ主さんの行動が不当労働行為に当たるとは思いません。有休申請を拒否したという事実はありませんから。
    「仕向けた」は解釈でしょう。組織マネジメントの一環として協調性が必要だという指導を行ったのであり、有休取得を否定したのではないと解釈することもできますよ。

    >千鳥さんも「有休は原則として自由に使える」という前提からもう一度考えてみてください。

    私は最初から「労働法」では、そう規定されていると申し上げていると思うのですが。その上での意見です。
    ちゃんと読んで頂いてますか?

    ユーザーID:5998509028

  • 追加です

    >千鳥さんの中に「正当な理由がなければ有休は取得してはいけない」との気持ちは全くないと断言できますか?

    だから私は、最初から

    >労働法的には「休む理由」は不問です。

    と説明してますよ。
    ちゃんと読んで下さると助かります。

    ユーザーID:5998509028

  • 千鳥さんに同意です

    どもんさんがおっしゃるように、急な欠員に対応できるよう、人員に余力をもつことが理想の運営であり、ベストだと思いますが、政府がデフレにあることを公言した現在の経済状態で、人件費に余力を持ち続けている企業がはたしていくつあるのか、疑問です。
    ですから、千鳥さんの職場が異常とは、私は思いません。

    急な有給の是非について、わかりやすく解説しているサイトがありましたので、ご参考まで。

    http://www.kaiketsu-j.com/?q=node/439

    ユーザーID:5102561706

先頭へ 前へ
211240 / 319
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧