• ホーム
  • 話題
  • 若かりし頃 「絶対○○だ」と信じていたこと(超駄)

若かりし頃 「絶対○○だ」と信じていたこと(超駄)

レス306
(トピ主20
お気に入り648

生活・身近な話題

かさ肌

昔の恋愛などを思い出し「今考えてみると有り得ないだろ‥」と笑えてならない事はありませんか?

例えば‥
◇恋人と喧嘩をしてお店を飛び出し、泣きながら歩いていると追いかけてきて抱きしめられ仲直り。
現実⇒誰も追いかけてきやしない。

◇恋人と海に行って、海辺で突然走り出すと「待てよ〜」と言って恋人が追いかけてくる。
現実⇒振り返ると、彼は蟹と遊んでいる。

ただ単に私が「夢見る夢子ちゃん」だったのかもしれませんが
今思い出しても、当時の自分を笑ってやりたい位に恥ずかしいです。

そんな皆様の「勘違い話」を聞かせてください

ユーザーID:5397629353

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数306

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 職場の若い女の子が自慢していたが言えなかったこと。

    彼女の誕生日にホテルのスイートルームを予約する男
    現実→見栄っ張りで金銭感覚ゼロ。結婚すると金銭面で妻に苦労をかけるタイプ。
    (本当の金持ちはホテルのスイートなんてさほど自宅と変わらないからわざわざそんなことしない)

    ユーザーID:7616170453

  • 山頂で「ヤッホー」

    きっと気持ちいいだろう。
    嫌なことなんてすっかり忘れて、ちっぽけな自分を笑い飛ばせると考えてました。

    そこで、手近な高尾山に行きました。
    山頂は人だらけ。
    「ヤッホー」なんて叫べませんでした。
    おまけに、花粉症の私は山に近づくにつれ、くしゃみと鼻水が止まらない状態に。
    気分も顔もぐちゃぐちゃのまま、家路につきました。

    高尾山が杉山だったこと、忘れてました。
    季節が春で花粉だらけなのも忘れてました。

    教訓:手近な場所でも、ちゃんと下調べをしてでかけましょう。

    若かりし頃のことではなく、つい数年前の出来事なので、お恥ずかしい限りです。

    ユーザーID:4082253835

  • 思い込んでいたこと

    人差し指に指輪をしている男性は女をもてあそぶ→そんな分かりやすい図式はない
    やくざはぱっと見でわかる→分からないのがたくさんいてそっちのが怖い
    とりあえず思い出したのはこれだけです

    ユーザーID:5175850963

  • 松田聖子さんは・・・・・

    あんなにかわいい松田聖子さんは、トイレで大をしない!→そんなこと、あるわけねーだろー(30年ほど前)

    私の祖母は、(若い時だけじゃなく、死ぬまで)世界には、日本とアメリカしかないと思ってました。
    じゃ、フランスはどこ?と聞くと、アメリカでしょ?と。

    全く、血は争えないです。

    ユーザーID:6424119654

  • ちょっと真面目に

    「新聞には真実が書いてある」
    今は嘘を判断できる知識を身につけたいと思っています。

    ユーザーID:4823854315

  • 話題ランキング

    その他も見る
  • 若かりし頃というか…

    中学生くらいの時ですが、内勤の女性はお茶くみコピーをし、給湯室で悪口を言い合ったり、男性社員と抱き合ったりするのが仕事のようなものだと思っていました。

    今の職場ではお茶くみやコピーは男女問わず各自でやりますし、悪口大会はトイレで実施。
    今のところ抱き合っている人は見たことありません(笑)

    ユーザーID:5816744090

  • 18歳になったら死んでしまう。

    どこでどう勘違いしていたのか、「美人薄命」の意味を「18歳で死んでしまう」と
    思っていました。

    自分も・・・。爆笑でした!!

    ユーザーID:6286356154

  • あります!

    まさにトピ主さんの挙げられている例に近いです。「つかまえてごらん」。
    ほんと脳内で再生して逃げ回ってました。「つかまえてごらん、フフフ」って。
    急に全力で走り出してましたから、「ど、どこ行くの!?」と彼氏(現夫)、困ってましたね。
    5回目くらいでほっとかれ、反省してやめましたが。

    あの追いかけられたい願望は何なんでしょうね??

    ユーザーID:6529974966

  • 小学生のころ

    女性は大人になると、みんな松坂慶子みたいなフェロモンむんむんになると思ってました

    実際はフェロモン無し、すっぴんでも出かけるし容姿は高校生の頃とあまり変わらず…

    出たのはシワとシミだけでした〜

    ユーザーID:6205673888

  • 世界は滅亡する!

    もちろんノストラダムスの大予言です!テレビでも週刊誌でも騒いでましたね〜。信じてました!私の寿命は37才でおしまいだ〜!ってね。今は結婚して子供もいますが…。今度は2012年?信じるかなぁ…

    ユーザーID:4670968564

  • 痛いよー

    結婚とは、特に何もしなくても、大人になったら皆するものと思っていた。

     
    …今年で30歳です。
    過去に戻って自分の勘違いについてド説教したいです。

    する・しないの二択だなんてなんたる勘違い、出来る・出来ないの2択ですよあなたは…と。

    うあー。

    ユーザーID:0499710792

  • 家のおばあちゃんのことでもいいですか?

    私のおばあちゃんはテレビで洋画を見ていると、「しっかしこの外国人さん本当に日本語がうまいねえ〜。」と真顔で感心していました。おばあちゃんは、本気でその外国人男優が日本語でせりふを言っているものと信じてましたから。かわいいでしょ!?

    ユーザーID:7478449951

  • 人格形成の法則

    小さい頃から人に裏切られたり家族に恵まれなかったり、人生に苦労してきた人は、心がキレイ。

    ↑と若いときは信じ切っていましたが・・・

    疑心暗鬼だったり、自己評価が低い割にプライドが高かったり、人を値踏みしたり見下したり、幸せアピールに必死だったり。「心がキレイかどうかは、してきた苦労と関係ない」と悟ったときは衝撃でした。

    ユーザーID:2640102329

  • 昔ですが

    政治家の「汚職事件」問題を「御食事券」問題だと思っていました。
    意味を全くなさないのですが、資金集めのパーティーで商品券を無料で配っているとかそんな辻褄あわせを無意識にしていたみたいです。。。

    ユーザーID:4271626304

  • シャネルとか

    大人になったら、
    シャネルとか余裕で
    買えると思ってました。。。。

    ユーザーID:1491506054

  • 若い頃の自分につっこみたい

    1.モテる男はハンサムだと思ってた
     実際、私の知ってるモテ男はバッタにそっくりです。
     性格もイマイチです。本人はナルシストです。
     いつも思い込みが激しい女性たちが競ってます。
     あんなのがモテるんだ…と知った時の衝撃ったらあぁた…。

    2.美人は皆幸せ街道まっしぐら
     私は不美人でしたものでそう思ってましたが(割愛)

    3.赤城山の向こうは新潟県だ
     違った。沼田とかがあった。群馬に引っ越してきて知った。

    ユーザーID:2742197602

  • 夫のほうが…

    夫のほうが「夢見る夢男くん」だったという、
    逆バージョンでもいいですか?

    彼(今の夫)との、3度目のデートの時。
    都内の高級ホテルの最上階サロンで、高級ワイン飲み放題!
    次に、夜景の見えるスイートルームへご案内!
    さらに、大きな真っ白なバラの花束がドカーン!
    そして夫が膝立ちポーズで「結婚を前提のお付き合いをお願いします!!」

    私がやったことじゃないのに、私が恥ずかしくなりましたよ(笑)

    ユーザーID:1843668488

  • 無限だったなぁ

    50才女です。
    小学生の頃、遥かなる海は無限であり、空は果てしなく地球は大きかった。
    どんなに海や川を汚しても、それはほんの小さな汚れで自然の浄化作用でキレイになる。
    父ちゃんは、そう言っていた。

    いつのまに地球はとても小さくなったんだろう。
    排気ガスで地球が温暖化するってウソでしょ?

    ユーザーID:5553216828

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    誕生日にスイートルームを予約する男(おばさん様)
    山頂で「ヤッホー」はできない(まげまん様)
    人差し指に指輪をしたプレイボーイ、見た目で分かるヤクザ(mariannu様)
    トイレで大をしないアイドル、日本とアメリカしかない世界(カリフォルニアン様)
    真実しか書いていない新聞(たか様)
    お茶汲みコピー&給湯室で悪口&男と抱き合うOL(麦ごはん様)
    18歳で死んでしまう「美人薄命」(ミミ様)
    「つかまえてごらん」と逃げ回る女性+困惑する男性(usi様)
    大人になるとフェロモンむんむん(うさ様)
    滅亡する世界(アーメン様)
    大人になったら必ずする結婚(火水休み様)
    吹き替えなしで頑張る外国人さん(豆大福様)
    苦労人生の人は心が綺麗だとは限らない(つんでれ様)
    政治家ご愛用「御食事券」(toto様)
    大人になったら必ず買える高級ブランド品(ななな様)
    ハンサムしかもてない、美人は幸せになる、赤城山のむこうはすぐに新潟県(パトリシア1972様)
    素敵なプロポーズをするご主人(ぶろっこりー様)
    浄化作用のある地球(HU様)

    皆様、素敵すぎます!!

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • さんタクロースはいる

    サンタクロースは、ゼッタイいる
    現実->実際には親の演出

    大人になればみんなまじめで大人として振る舞う
    現実->歳だけとった行動が子供な大人や地位を得たとたんワガママなお子様になる
    大人がなんと多い事か。

    女性はやさしいから守らなければならない存在
    現実->ワガママで人の悪口大好き!人の不幸は蜜の味とばかりに不幸話には
    寄ってくるし考え方は自己中。女性から自分の身をまもらなきゃ!

    ユーザーID:8185324117

  • 沢山のコメントを読んで‥

    「そうそう!!」と思ったり「なるほど納得」と思ったりと楽しませて頂きました♪

    まだまだ募集しておりますのでお聞かせください。

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 中学生2年まで

    1、「フィリピンはロシアの都市」だと思ってました。
    何だか音の響きが寒そうで。

    2、官製ハガキにも切手貼ってました。友達が忍者のファンクラブに出すハガキを見て、切手を貼らなくて良い事を学習しました。


    横ですがバッタ似のモテ男を見てみたいな(笑)

    ユーザーID:4527317153

  • いくつかありますが

    情けない上司(部下を叱り飛ばし、上司にゴマすり)というのは、ドラマの中で誇張されたものだけで、深窓の令嬢のように、実際にはいるわけはないと思っていた。

    学校は卒業するもので、その後はみな大人として会社に勤めるものと思っていた。

    大人の女性は皆料理、育児が好きだと思っていた。

    ユーザーID:9186614888

  • 猫が顔を洗うと雨が降る…

    と、ずっと信じてきました。不惑といわれる齢をすぎて猫を飼い、彼らが毎日(というか午前午後をとわずしょっちゅう)洗うのを見るまで。あーっっっ…と秘かに赤面しました。

    ユーザーID:1648234916

  • 子供の頃ですが。

    結婚して男女が一緒に住めば、何もせずとも自動的に子供が生まれると思っていた。そして出産は例外なく、みんなおなかを切って子供を取り出すと思っていた。

    誕生日に花束をあげれば、女性はみんな大喜びすると思っていた。(以前、妻にドン引きされた。)

    ユーザーID:8488896645

  • 私は最低な女です。。。

    私自身言った覚えはないのですが、
    幼稚園の頃3歳下の弟に

    ハエはウ●コの中に巣を作って住んでいる。

    と、まことしやかに語ったそうです。
    純粋な弟はずっと信じ続け、
    時には犬のフンを覗いたり、フンの周りにお菓子を置いたり(アリの様に巣に運び込むと思っていた)。。。

    真実に気付いたのは中学を卒業する頃。

    友達に話したところものすごい笑われて知ったそうです。

    覚えてないけど
    本当に反省してるよ、
    ごめんね。

    ユーザーID:6282027253

  • なななさんに似ていますが・・・

    「大人になったら手の指が長くほっそりになって、爪もすっとしてマニキュアが似合うようになるはず!」

    現実→いつまでも子供みたいな短い指、丸っこくて大きな爪のまま。

    マニキュア、面積が広すぎちゃって本当に似合わないんですよ。トホホ…。

    ユーザーID:7318280428

  • ティッシュの箱・・・

    残りが少なくなって取出しにくくなると、箱を裏にして点線にそって穴を開け、そこから「シュッ!」と取出して使っていました。
    あたりまえのように。
    社会人になって数年、勤務中いつものようにクルッとひっくり返し
    「シュッ!」

    後輩から「えっ何しとるん・・・」のひと声。

    あれって少なくなったティッシュを持ち上げて、取出しやすくするためのものだったんですね・・・。

    ユーザーID:6556855464

  • 結婚したら・・・

    夫のことを「あ・な・た」と呼ぶのかと思ってた。
    とてもじゃないが恥ずかしくて言えないでいた。
    小町のトピを見て(あなたと呼びますか?)
    頑張って言ってみた。『お帰りなさい、アナタ♪』
    完全にスルーされてしまった。結婚して25年です。

    ユーザーID:3473577379

  • トピ主さんのまとめが面白い

    私のも短くまとめられちゃうのかしら??

    トピ主さん的にいきます。

    ◇スキー場でこけてうずくまっていると、繧・ゥら来た上級者の男性に「大丈夫ですか?」と助けられそうになる。ステキな恋の始まり?
    現実→大丈夫じゃないのに強がって「大丈夫です!」と言い切り、顔をお互い見ることもなく、スキー板を外してはしっこを歩いて降りる…。

    ◇男女が夜の海辺で花火をして、二人の気分が静かに盛り上がる。「きれいだね」と男。「そうね」と女。
    現実→安全でない花火の遊び方でキャーキャー言って、悪ガキのようだ。

    恥ずかしいというか、かっこ悪い話でした。

    ユーザーID:7807843396

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます。

    秘密の演出サンタクロース、年だけ取ったお子様、理想と現実は違う生き物:女(なんとも嫌な様)
    ロシアの都市フィリピン、無駄にしてしまった切手(ココ様)
    実在する最低な上司、卒業するか就職するかはわからない、理想と現実は違う生き物:女2(ItsNoJoke様)
    猫は毎日顔を洗う(にゃははのはは様)
    ひとつ屋根の下の男女は自動的に子供ができ必ずお腹を切って出産、花束をあげても喜ぶとは限らない(ひよりぼう様)
    うんこの中に住むハエ‥それを信じる弟さん(サエタ様)
    大人になったら手も大人になるわけではない(あんこ様)
    後ろの穴は出し入れ不可:ティッシュ(ポーク様)
    結婚しても「あ・な・た」とは呼ばない:呼ぶ時は覚悟を決めて(ナミシズ様)
    スキー場での強がりは恋が遠のく、夜の海辺での異性との花火は静かには燃え上がらない(とおくめい様)

    なるほど納得!勉強になります。まだまだ沢山のお話、お待ちしております♪
    個々にコメント返せず大変申し訳ありません。
    しっかり読んでいる事をお伝えしたくて、短くまとめさせて頂いている事ご容赦頂ければ幸いです。

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • ワンコとニャンコ

    子供の頃、犬はオスでネコはメスだと思っていた。
    ネコが子供を産んでオスなら犬に、メスならネコになるんだと。

    8歳になってはぢめて飼ったネコがオスだった時にたった8年間だったがそれまでの自分の常識がすべてひっくり返る気がした・・・。

    また、何か思い出したら来ます〜♪

    ユーザーID:4728310086

  • 極め付けを忘れてた

    大学出たら将来は教授になっていて、クールで知的な女性になっているものと信じていた。→教授へいたるまでの必要なステップを考えずバイトと下らぬ恋に時間を費やし就職につまずき、二の矢三の矢の計画もなかったため30過ぎた今も現実と想像のギャップに四苦八苦

    ユーザーID:5175850963

  • 既婚女性です

    本当の本当に、へその緒が自分のへそと繋がっているんだとばかり思っていました。
    妊娠するまで知りませんでした。

    結婚33歳、妊娠34歳のときです。

    そんな私も今では二児の母です。

    ユーザーID:3212219660

  • 夫の話になるのでが、
    女性はスネ毛と脇毛が生えないものだと思っていたそうです。

    理由はそこに生えてる女性を見たことがなかったから・・・だそうです。

    確かに・・・そうかもしれないけど・・

    ユーザーID:5016037998

  • みなさん、面白い!

    退職届は上司によって真っ二つに破られるものだと思っていました。

    ユーザーID:9757046917

  • カニ味噌

    トピ主様はじめまして。

    幼い頃、両親から「カニ味噌を子供が食べるとおなかを壊す」と言われ、カニを食べる時は、足やハサミばかり食べてました。
    そんな私も大人になり、北海道に観光に言った際、市場のおじさんに「試食してごらん!」と目の前で毛ガニを割って渡して貰いました。
    「あ〜そうか、自分も大人になったから、カニ味噌を食べても良いんだな〜」と、カニ味噌を食べた瞬間、「騙された!!!」と、全てを悟りました。

    ユーザーID:5946873949

  • 普通の人生

    どなたかも書かれていましたが、
    ハタチすぎぐらいまで、適齢期になったら(当時の結婚適齢期は25ぐらいだった)、普通に恋愛、結婚し、出産するものだと信じてました。

    現実→すったもんだの長い恋愛の末、結婚しましたが、10年後離婚して、再婚。
    とうとう子供には恵まれず。
    そして日本を出て外国に永住することに。

    「いっけん普通」に生きている人たちはスゴイと思ってます。

    まあ、でも結構こんな人生を楽しんでいるかも。

    ユーザーID:3854938398

  • コ〜オ〜ト〜ではぁ〜、誰でも独り独りきり。

    小学生の頃、TVアニメ「エースをねらえ!」を欠かさず見ていた。

    →高校へ行ったら、藤堂さんのような素敵な先輩ばかりいるんだ、と信じてた。

    →現実は、もちろん素敵な先輩も(探せば)いらっしゃいましたが、ごく僅かでした。

    いえ、高校生になる前に気づきましたけどね...

    ユーザーID:9316161922

  • ゲームや漫画の影響

    小学生の時、中学生になれば異世界に行って、救世主になるんだと思っていました。
    中学生の時、高校生になれば
    高校生になって、龍神の迎えはまだかと焦る日々。3年になり、やっと諦めたのでした。

    今は救世主になるのは大変そうだから嫌だけど、イケメンに囲まれてチヤホヤされたいとは思ってます(笑)

    ユーザーID:7787181098

  • パスタは折って茹でる!!

    私の母は、パスタを茹でるときは必ず半分にバキッと折っていました。

    それを見て育った私は、パスタはそうやって茹でるものなんだと信じて疑わず、大人になりました。

    20代のあるとき、彼氏の家でパスタを食べることになり、私がバキッと折ったところ…彼氏は「何折ってんだよ(笑)!」と大爆笑。私は意味がわからず…ムッ。

    家に帰って母にその話をしたところ、母も大笑いし「鍋が小さいから折ってるだけよ」と種明かししてくれました。

    そんな私は、今日もバキッと折ってます…。

    ユーザーID:1203034617

  • 私の頭の中のSF

    若かりし、というよりすごく小さい頃(多分幼稚園くらい)、
    当時の子供向けのアニメなどで、地球はものすごーく文明や科学が発達した所として描かれていました。
    それを見ていた私の頭の中では
    地球→宇宙船がバンバン飛んで、ロボットやアンドロイドがいるすごいところ
    自分の住んでいる所→すごくない→地球じゃないどこか田舎の惑星
    という設定が出来上がってしまいました。
    「この宇宙のどこかに地球という科学の発達した星があるんだ…。いつか行ってみたいなあ」

    ある日、私は母に尋ねました。
    「地球って、どこにあるの?」
    「ここが地球でしょ」
    夢が砕けた瞬間でした。

    ユーザーID:4218499892

  • へその胡麻を取るとお腹が痛くなる、と信じていた!

    親にそう言われていたのに、子供の時に取って本当に痛くなりました。
    以来30年余、取ったことはありませんでしたが。


    手術することになり、…

    看護師さんに
    「こんなへその胡麻見たことが無い!」
    と笑われ、
    しかもなかなか取れず、
    へその穴にベビーオイルをたっぷり溜めて20分放置されました。

    巨大な胡麻?が取れました!!

    ユーザーID:3067030126

  • 石油がなくなる?

    1973年(昭和48年)10月に第一次オイルショックがありました。
    石油やガソリンはあと30年ほどで無くなってしまうと教えられました。
    当時の私は小学4年生、信じやすい年頃でした。
    しっかりと刷り込まれてしまい、
    今でも石油があることを不思議に思うときがあります。

    ユーザーID:4546176962

  • 葉に水

    幼稚園児のころ、
    植物は、根から水を吸うことを知らず、
    葉っぱに水を掛けて育てると思っていました。

    幼稚園の先生と友達が、一緒に植物の水やりを
    していた時に、真実を教えてくれた時は、
    思い込みと真実の間にあるギャップに
    新鮮な驚きを感じました。

    ユーザーID:8398689420

  • 数年年上はすごい大人

    幼稚園の頃、小学生が大人に見えました。
    小学生になると、中学生が大人に見えました。
    中学生になると、高校生が大人っぽく見え、
    高校生になると短大生や大学生が大人に見え・・・

    就職すると、先輩がすごく大人の女に見せました。
    就職して数年経つと、係長が大人に見えました。
    さらに数年経つと、課長が大人の男に見え、
    部長はもっと大人に見えました。

    あれから数十年・・・私がこの会社に
    入った年に生まれた人が部下の中に居ます。

    そして今の私には「自分より大人に見える人」はもう、
    モハメッドとかキリストとか仏様しかいません(泣笑い)。

    ユーザーID:4010761350

  • 居酒屋

    居酒屋のトイレは、つぶれちまった酔っ払いがごろごろ転がり粗相で汚れた阿鼻叫喚地獄であると信じておりました。
    なんでそんなことを信じ込んでいたんでしょう。

    ユーザーID:3111940788

  • 昭和40年代にガキだった私は…。

    自分が「大人」になった頃には、『マジンガーZ』みたいなロボットが実用化(何の為に?)されていると、本気で信じてました。

    年齢が、ばれるな…。

    ユーザーID:2298474779

  • 今、知ったこと

    娘とこのサイトを見て笑っていたのですが、
    前出のみちさんが書かれた「居酒屋」を読んで
    「わはははは あびきゅうかんじごく」と言ったら、
     娘に「あびきょうかん」だよ。「ぜっきょうのきょう」だよ。

    と注意されました。もう50なのに今まであびきゅうかんって平気でいってました。あと先日、「おる覚え」と言ったら「うろ覚え」だと指摘されました。

    国語、点数わるかったです。いまも、悪いです。

    ユーザーID:8717161869

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    性別が自由に変化する犬と猫(猫丸様)
    大学卒業後はクールで知的な教授(mariannu様)
    へその緒とへその緒が繋がっている(言えない様)
    女には余計な毛は生えない(ふうちん様)
    絶対的に破られる退職届(花あおい様)
    おなかを壊す脅威のカニ味噌(拓馬様)
    大人になったら必ずする結婚と出産(秋様)
    彫りの深いサラサラヘアーの先輩ばかりがいる高校(もう四十過ぎた様)
    中学生になると救世主‥高校生になると龍神がお迎えに(うわわ様)
    パスタは折って茹でるように(カコ様)
    宇宙船が飛びロボットやアンドロイドがいる地球(sol様)
    へその胡麻を取らないと巨大な胡麻になる(恥ずかしいから匿名様)
    オイルショックが永遠に続く地球(昭和39年生まれ様)
    葉っぱから水分を吸収する植物(kur様)
    自分より年上はものすごい大人(桃郎様)
    居酒屋のトイレは酔っ払いと粗相の巣窟(みち様)
    マジンガーZが実用化される未来(怪奇独身男)

    私もずっと信じていた内容も沢山ありました(笑)
    こうやって新たな知識を得られるのは素敵な事ですね♪
    まだまだ募集しております。

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 丸ビル

    丸ビルって丸い形をしてるんだと思い込んでいました。

    ユーザーID:0468077273

  • ナンパというものは…

    ナンパされたら『必ず』体の関係を持たないといけない。と思っていました。
    ですから、20代の頃に何度かナンパされた経験がありますが
    全てギャーと言いながら逃げていました。
    1度は相手のお腹をグーで思い切り殴り「ウッ」と言わせて逃げました。

    最近、夫と何気なくこの話をした際『最初からそのつもりの男もいるけど
    たいていは、お茶飲んだり遊んだ上で、あわよくばその後…。という
    パターンが多いよ』と夫に教わりエエッ!?となりました。
    お茶飲んで遊ぶだけでも別に良かったんだ…
    「ウッ」と言わせてしまった人に心の底から謝りたいです。

    ユーザーID:4640162132

  • 無題

    子供の頃、「黒塗りの自動車は殺し屋の車だ」と信じていた。それは嘘だった。

    学生の頃、「人の体に電気が溜まって、パチッと火花が飛ぶなんて嘘だ」と
    信じていた。それは本当だった。

    社会人になってからも、「『船が沖から近づいて来る時、まずマストが見えて
    それから船体が見えるのは地球が丸い証拠だ』なんて嘘だ。なぜなら船の
    マストの高さなんて地球の半径に比べれば微々たるものだから」と信じていた。
    それも本当だった。

    ユーザーID:2495760902

  • やあ、面白い!

    面白いトピ、笑わせてもらっています。

    小さい時祖母に、”お臍はいじっちゃダメ””言われていたのと、『ごまをとるとお臍を手術で取らなくてはならなくなる』と聞いて信じていました。時にはお臍の無くなったお腹を想像して、恐くなりました。

    『手をコートのポケットに入れたまま走って転んだら、腕が肩から取れてしまう』は本当に信じていて、小さい頃周りの友達にも言っていました。今思うに、運動神経が鈍くそそっかしかった私に、気をつける様に父が言った事だったのでしょう。

    ユーザーID:5290302263

  • 結婚すると…

    私は小学生の頃結婚したら・好きな名字を選べる
    ・なかったら名字を作ることができる
    と思っていました。
    漫画の主人公と同じ名字がいいなぁって(笑)
    友達の親が離婚して○○さん→××さんに名前がかわり1年ぐらいして再婚。また名字がかわったので、今度はVVさん…
    結婚したら名字が色々選べるんだと 本気で思ってました。

    ユーザーID:4799443826

  • 夫の若かりし頃は

    女性は、汚い字を書く人はいない

    女性は、ゲーム(格闘ゲーム等)で男性に勝ったりしない

    女性は、必ず小さな三角パンティを履いている

    の3原則があったらしいのですが

    そんな幻想をつき破った私となぜか付き合い結婚までしてしまった彼(現夫)。たまに彼のトランクスを履き、さらに衝撃を与えてあげています。

    ユーザーID:5290351506

  • パリと外国、その他

    小学校に上がりたての頃、私はガイコクという国があると思っていた。
    仲の良かった同級生は、パリという国があると思っていた。
    ある日私たちは互いの無知をあげつらって喧嘩になり、家にあった国旗図鑑を見て・・・二人ともバカだったと悟った。
    というか、友達の方が実在する地名なだけマシ(沈)

    ###
    小学校低〜中学年の頃、出産+育児で2年ほど休んでいた音楽の先生がいた。
    産休前は小柄で痩せていたが、まん丸コロコロになって復帰してきた。
    ・・・卒業するまで、同姓同名で顔も髪型も性格もよく似た別人だと思っていた(私だけ)。
    ごめんなさい先生!二人とも好きだったのに全く気付かなかった(同一人物だってば)。

    ###
    4〜5歳の頃、大人は「歳相応の」服装や髪型や化粧をしなければならないものだ、と思い込んでおり、それは恐怖だった。
    女は濃い化粧とチリチリパーマ・男はバーコードと背広にならなければならないのは何時からなんだろう?誰が"その時"とその方法を教えてくれるんだろう?と真剣に悩んだ。
    歳相応も時代とともに変わること、自分で選択できるものでもあること、に気付くのに大した暇はかからなかったが・・・

    ユーザーID:2648105333

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    難しい漢字は私も読めない(タマヨかあさん様)
    丸い形の「丸ビル」(紫敷布様)
    ナンパをする下心ミエミエの男にはパンチの制裁を(都会育ちの40代様)
    黒塗りの車‥それは殺し屋の車、電気の溜まる体、船と地球の丸さの関係(Wisteria様)
    へその胡麻を取るとへそまで取る羽目に、ポケットに手を入れたまま転ぶと恐ろしい事に(k様)
    結婚したら好きな名字が選べ 時には自分で作る事も可能(まごちゃ様)
    理想と現実は違う生き物:女3 三角パンティーをはかない日だってある(令夫人様)

    いやはや実に面白いです!!
    28年間生きてきて「初めて知った‥」と愕然としたものもあります。

    皆様、沢山の新たな知識を習得しあいましょう(笑)
    まだまだ募集しております♪

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • Gメン

    知り合いの話ですが、生まれて初めての海外旅行で
    香港に行ったとき、同行の人たちに
    「裏道に入ると、Gメンのドラマみたいに、
    「頭の上からカンフーの出来る奴らが降ってくる」から、
    裏道には決して入るなよ!」と真剣に注意したそうです。

    ユーザーID:4010761350

  • 小学生低学年くらいまで本気で思っていたこと

    ・結婚というのは兄妹でするものと思っていた
    私には妹がいます。
    小さい頃は兄妹仲が悪く、本気で嫌だなと思っていました。
    なぜそう考えるようになったのかよく分かりませんが

    ・東名高速はSFアニメに出てくるような「透明」なチューブの様な道路だと思っていた。
    実際に車で東名高速を見たときのショックといったら・・・「フツーの道路じゃん!(怒)」

    ・大人は一部の例外を除いて、ほとんどが世のため人のためを主に考えて行動していると思っていた。
    実際にはそんな人は皆無だし、またその行動規範が必ずしも正しくないと知ったときは本当にショックでした。

    ユーザーID:4947106075

  • ふとん叩き

    天日干しを終えた布団を叩いてホコリを飛ばしていた。
    洗濯物は叩かないのに布団を叩くのは何故? と調べたら

    叩いて出るのは、叩かれて砕けた綿の繊維。
    粉々になった綿がホコリ状なる。
    叩いて綿の弾力を壊していたことに愕然とした。
    綿を顕微鏡で見ると春雨のように見える。
    これをパンパン叩いたら砕けますよね。叩いて煎餅布団を作ってた。

    布団たたき。
    パタパタと騒音出して近所に愚かさを伝えている行為と知りました。

    ユーザーID:6811767141

  • 二度目

    子どもの頃、彼氏に浮気とか別れたいとか言われると可愛く
    「ばか!ばかばか!」って彼氏の胸をポカポカするものだと思ってた。
    現実は大半が「あばよ!」って一発ボカッと殴るかビンタでした。

    飲み物の塩と砂糖を間違えると口にしたとたん
    「ブハァ!なんじゃこりゃあ」ってなると思いきや
    実際は口に入れてゴックンする頃に分かるんです。
    よって飲み込む頃にわかるから後味が さ い あ く
    自分でいろいろ作るようになってからわかりました。

    私が小さい頃に祖母から習った唐揚げ
    (胡椒・醤油・酒)は唐揚げじゃなかった!
    大学で友人に指摘された。

    ユーザーID:2742197602

  • 夫の話で恐縮ですが

    人間30歳を超えたら誰でもヨレヨレに疲れてしまっているので、残りの人生は静かに大人しく過ごすだけ。
    無理して休日にでかけると寿命が縮む。

    お年玉は、小学生1000円、中学生2000円、高校生3000円と法律で決まっている。
    違反すると罰金と称して全額徴収される。

    サンタさんはたまに誤配、遅配をする。
    特に遅配は「サンタさんの忙しさを理解してくれる優しい良い子だけ」にしか起きない事で、それはとても栄誉な事である。


    色々理解できる年齢になった時、自分の親の策士っぷりに感動したそうです。

    ユーザーID:6242403978

  • 私もまぜて!&ちょこっとだけ反論・・・。

    1.大人になったら自然と字が上手になって、さらさらさ轣`とお礼状なんか書けるようになると思ってました。
    <現実>もともと下手な上に上記の思い込みのため練習もしないのでうまくなるはずがない。更に自筆なんてめったにしなくなった昨今では、たまにしばらくペンを持つだけで指が凝って、さらにむちゃくちゃな金釘に。

    2.家族というのは皆同じ血液型なんだと思ってました。(我が家は全員O型家族)
    <現実>もちろんそんなこたぁない。と知ったとき、「でもっ、ドラマなんかで親子の血液型が違う!ってんで出生の秘密がばれたりするじゃん?!」と、すぐには納得できませんでした。

    で、ゴーヤさんにちょこっとだけお言葉を返すようなんですが、私の周りは、仕事については最終的には世のためにならなくちゃね、ってたぶんほんとに思ってる人たちの方が多いと、思うんです…。でももしかしてこれもナイーブな若気の至りの思い込みなのかなぁ?ってもう40代なんですが。「行動規範が必ずしも正しくない」というところは同意ですが。

    ユーザーID:5975239044

  • 急にメガネを外し男性を悩殺?

    昔の少女マンガに「メガネ少女がふとした瞬間に急にメガネを外して、それを見た男性の目がハートに」を信じていた私は、近眼でメガネをかけていましたが「いつか出すぞ、とっておきの決め玉!」と機会を狙っていました。
    中学の時、イケメンの転校生が来て、隣の席になったのでプリント説明の最中に遂に「即効メガネ外し」をしました。
    彼からは「メガネ外したら読めないんじゃないの?」と聞かれ、、、撃沈。
    あれってサングラスを急に外すバージョンもあったような。
    でも私には関係ない事と判明しました。

    ユーザーID:7299530834

  • 幼稚園の頃

    ・テレビの中のニュースキャスターからはこっちの様子が丸見えだと思っていた。

    ・「笑っていいとも」のテレフォンショッキングはいつか巡り巡って自分の家にも電話がかかってくるものだと思っていた。

    ユーザーID:3165303864

  • やせれば美人になれる!

    もともとぽっちゃりの私。
    いつか痩せてモデルさんみたいになるんだ!と思っていました。

    でも、痩せても特に美人にはなりませんでした。

    そうですよね、もともとの顔つきもあるし、私は顔がでかいほう…

    痩せて色んな服が着れても、顔は化粧で変えるしかない。。

    一般人には限界があるんだな〜と思い知らされました。

    ユーザーID:2941590016

  • え?!落花生は土に中から…?

    落花生が土の中に中に成ってるなんて 27歳まで知りませんでした。
    てっきり枝蔓に枝豆の様に成ってるものとばかり思ってましたよ〜。

    ユーザーID:6119835364

  • しんみりと…

    いつまでも両親は私より(体格的にも)大きく、無敵で歳を取らず、私を守ってくれると信じていた甘ちゃんな私でした(恥)
    しかし自身が大人になり自立をして両親を見て「ハッ」としました。父が、母が年老いて体格、体力的にもこんなに小さかったっけ…?と。哀しい反面、親孝行をせねば!と強く思いました。

    ユーザーID:4781071999

  • 男ですが

    男ですが、小さいころから、「カワイイ子ね〜」なんてよく言われていたから、オッサンになるとは想像できなかった。そして同年代のアイドルも歳をとっても、30歳以上にはならないと思っていました。
    (少年時代の妄想ってすごいですね)

    でも、40歳になりました。おにゃん子も、松田聖子も皆歳をとりました。

    信じられない。

    でも、未だに自分は60歳になるはずは無いと思っています。

    その割りに、自分もいつかは死ぬという事は信じられるんですけどね。

    ユーザーID:4970585187

  • いっぱいあります

    1銀行のATMコーナーの裏には、警官がいる

    2シメジは「カエルの足」

    3メンマは馬の匂いがする(私だけ?)ので、馬の肉

    4卵は賞味期限を過ぎると、ひよこになってしまう

    5月極駐車場は、「月極グループ」が経営している

    6果物や野菜の種を食べると、おへそから生えてきてしまう

    7大人になったら、みんな峰不二子みたいなナイスバディになる

    などなど。
    いっぱい、誤解をしていました。
    特に、7は大きな誤算でした。

    ユーザーID:4566755767

  • 思い込んでましたね・・・

    小さな頃は、大人になったら1億くらい皆持ってるんだと思ってた。

    今ものすっごくいい大人ですが、
    1億はおろか100万もヤバイわ・・・。
    あの思い込みは何処から来たんだろう。

    ユーザーID:3228074689

  • 類友?

    既出ですが、マスコミは真実ばかり報道していると思い込んでいましたが、そうでもないと思い知りました。
    勤めていた会社がある事件の渦中となり、一年半ほどマスコミをにぎわせましたので、毎日あれ?微妙に違うんだけど、と。まあ仕方ないですよね。
    あの時はヨミウリさんもお疲れ様でした。(ってなんのこっちゃ・笑)

    そんな中、私はプリンはメーカーの工場でしか造れないと思っており、同僚に涙が出るほど笑われました。

    その同僚は、マスカラをマツカラだと思っていました。マツゲをカールするものだからって・・・ええええ、笑ってあげましたとも(ぶふふ)

    そして義妹は、スキー旅行の話をしていたら、アイスバーンを「アイス板」(アイスバン)だと思っていたことが判明。
    板みたいに硬いから・・・(立場上、知らんふりしました・汗)

    ユーザーID:1775479076

  • 二度目。

    『高木ブー』は本名だと信じていた。(敬称略)

    ユーザーID:2298474779

  • 保育園児だったころ

    ・テレビの時代劇で斬られる人や推理物の被害者は
     現実世界で悪いことをした人で、その代償として
     そういう役を当てられて本当に斬られたりする刑
     だと思ってました。

     「きれいな人なのに悪いことしたばっかりにかわいそう…」
     とか思ってた自分が怖い(汗)。


    ・貨幣の種類を知らず、
     1円玉、2円玉、3円玉…と、すべての値段に対応する
     硬貨がそれぞれあると思ってました。
     また、おつりの存在も知りませんでした。
     例えば120円の商品は“120円玉”を持っていないと購入
     できない、という感じ。

     そのシステム不便すぎ!財布も硬貨でジャラジャラ重たくて大変そう…。
     友達とお買い物ごっこしてた時に「3円玉なんかないよ?」と
     言われ判明しました。


    ・テレビの視聴者プレゼントのコーナーを見ていて「○名様にプレゼント」
     とあるのは、「ちょうど○名の家族や団体」が応募者対象と思ってました。

     「100名様にプレゼント」の場合“家族がちょうど100人”とか
     “友達がちょうど100人”の人しか応募できないという…。


     

    ユーザーID:5070917368

  • みなさん面白い

    ホッチキスさんへ

    「最終的には世のために」というのは大半の人がそうだろうと思います。

    私が妄想していたことは、
    『大人になると皆「個」を押し殺してでも「全体」の事を優先させるのだろう』
    って事です。

    現実は、少数意見が多数派に黙殺されているだけで、
    自発的に自分の個を殺すことなどほとんどないという事と、
    それが間違っている事では無いことを知ったということです。
    (むしろ自発的に自分の個を殺す方が異常?)



    理解さんのカキコを読んで私も思い出しました。
    小さいころは大人はずっと大人、子供はずっと子供だと思ってました。
    親に小さかったころなど無いと思ってました。

    ユーザーID:4947106075

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます1

    存在しない国:パリ ガイコク、よく似た別人のような同一人物、大人になったらチリパー&バーコード背広へ(胃の中のケロンパ様)
    Gメンカンフー沢山:香港(par様)
    必ずしなければならない兄弟結婚、透明高速道路、世の為人の為に動く大人(ゴーヤ様)
    近所に愚かさを伝える行為:布団叩き(志摩様)
    女は可愛くポカポカしない、砂糖と塩を間違えても吐き出さない、偽の唐揚げ(パトリシア1972様)
    30歳超えたらヨレヨレ、お年玉の額は法律で決まっている、サンタもそりから落ちる事もある(るふる様)
    大人になったら自動的に上手になる字、家族は全員同じ血液型(ホッチキス様)
    眼鏡少女の決め玉:眼鏡はずし(たまごサンド様)
    テレビの中から見ているキャスター、一般視聴者も参加出来るテレフォンショッキング(たも様)


    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます2

    痩せても顔は変わらない(空様)
    落花生は地上で育つ(GB様)
    親はいつまでも元気でいる訳ではない:親を大切に(華歌様)
    アイドルは30歳以上にはならないし60歳にならない(理解様)
    ATM裏で待機する警官、蛙の足:しめじ、馬の肉:メンマ、賞味期限を過ぎると雛になる卵
    月極グループ株式会社、おへそから生える野菜、大人になったら峰不二子(抹茶様)
    大人になったら1億所持(通りすがりの匿名様)
    真実しか報道していなマスコミ、プリンは自分で作れない、睫毛をカールするマツカラ、板みたいに硬いアイス板(irasari様)
    本名で勝負する高木ブー(怪奇独身男様)
    極刑:テレビで殺害される役、ジャラジャラ重い120円玉、応募対象:ちょうど100人の人(遠い目様)

    沢山の知識を習得出来て嬉しいです♪ありがとうございます!!
    まだまだ募集させて頂いております。よろしくお願いします♪

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 鼻が上を向いているのは何故?

    子どものころ、鼻をかむのが嫌いでした。
    鼻水はすすればいいと、風邪を引くとズルズルすするだけ。

    母がそんな私に、
    「鼻をかまないと、大人になってから鼻が上を向いてしまうよ。」
    と耳打ちしました。

    え〜〜〜

    その後は、少しでも鼻水がでると、恐怖で鼻をかみまくり、やり過ぎてよく鼻血を出してました。

    「母さん、ちゃんと鼻かんできたけど、鼻がちょっと上向きなんです。」
    「母さん、私の子どもも鼻がちょっと上向きなんです。」

    「母さんの鼻もそうですよね。」

    ユーザーID:4082253835

  • また参加させて頂きま〜す

    みなさんおもしろいっ!と読んでいて思い出したことを。

    ・公園に捨ててあったビニ本(古)のヌードを見て、ショックをうけたことがあります。
    写真を削ったようなモザイクが、縫い付けられたガーゼに見えたのです。
    「大人になると股にガーゼを縫い付ける!怖っ」としばらく勘違いしてました。

    ・近寄ってはいけないと言われていた湖には鮫かピラニアがいる。
    鮫は親の嘘、ピラニアは川口浩氏の影響です。

    ・丸くて大きなサングラスをかけたおじさんは「ドン(首領)」。
    まんま石原裕次郎さんです。

    ユーザーID:6529974966

  • 羽化の時

    よくある話ではありますが、ワタシは子供のころ「大きくなったら、きれいなお姉さんになる」と思っておりました。小柄でやせっぽちでさえない子供だったんですが。
    本の読み過ぎか、誰か大人のなぐさめを真に受けてしまったのかもしれません。

    中学生になった頃、さすがに現実に目覚めそうなもんですが、どういうわけか急激に背が伸び始め、「ついに来た、変身」と勝手に手応えを感じ、わくわくしてました。
    結果、145cmが165cmに、小さい組から大きい組へ短期間で変身しましたが、えーと、それだけ。

    サナギから美しい蝶になるのかと思ったら、中からひとまわり大きいイモムシが出てきただけでした。

    ユーザーID:3911244794

  • 小学生の頃

    『トイレ掃除を一生懸命やる子は、大人になったらいいお嫁さんになるよ』と言われ、素直にがんばってやっていた(と思う)。


    30代前半の現在…いいお嫁さんになるどころか、この年になっても彼氏すらできない(泣)


    …なんだかな〜。

    ユーザーID:4443824585

  • いっぱいあります

    昔、20cmの靴は20歳にならないと履けないと思っていた。

    浅野温子と浅野ゆう子(名字が同じなだけ)、風見しんごと柳沢慎吾(名前が一緒なだけ)、もっとひどいのは、タモリとMr.マリック(サングラスかけてるだけ)は、それぞれ兄弟、姉妹だと思っていた。

    ニュース番組は、全てでっち上げだと思っていた。

    それにしても酷い。成長して良かった。

    ユーザーID:9299136360

  • ブラックタイガー

    シイタケはペンギンの翼の肉だと思っていた。

    ブラックタイガーは虎のように獰猛な怖いエビだと思っていた。

    ラッシーという種類の犬がいると思っていた。
    (TVや近所のコリーがたまたまラッシーだっただけ)

    高校生くらいまで本気で信じていました。

    ユーザーID:6323796598

  • あるなあ

    アスパラガス
     あの形のまま、ずっと伸びていくものだと思っていました。
     
     実際に生えているのを見たのは就職してからです。
     出張先の長野で畑にワサワサ生えてるやつがそうでした。
     細い葉っぱと枝が出てくるんですね(笑)。

    国道1号線
     私は大阪在住です。国道1号線の近くに住んでいまして、
     この広い道路が東京までずっと続いていると思っていました。

     実際、全線走破して呆れました。
     1号と名がつく大動脈がこの程度ですから、道路行政は...(笑)。


    ちなみに、大阪の「マルビル」は本当に丸いビルですよ。
     

    ユーザーID:6986894003

  • それはやさしい嘘だった

    太ってる高校生の私に
    「年頃になったら痩せる」
    と言ってくれ私はそれを信じてた。
    でも…今もそのままです。
    もしかしてまだ年頃じゃない?…わけないか。

    髪の毛が赤茶色いのですが
    「海草とか食べないと髪の毛が赤いって言うよ」
    と言われて信じて頑張って食べましたが変わらず。
    心なしかフサフサになったような。

    若い頃、女性にはワキの毛が生えてこないと思ってた。
    自分のわきの下に毛を発見した時の驚き!
    「もしかして私…男だったの…」
    友人が「私も生えてるよホラ」と教えてくれて一件落着。

    ユーザーID:2742197602

  • 蛙とおたまじゃくし

    小さい頃、おたまじゃくしは蛙の子、と言う歌を
    歌いながら、「絶対嘘だ!」と思っていた。

    小さい頃、「序曲ウィリアムテル」は
    テレビドラマ「ローンレンジャーのテーマ」だと
    信じていた同級生が居て、音楽の授業のとき、
    「これはローンレンジャーだよ!」と先生にまでたてついた。

    小さい頃、クラシックとは「ビバルディの四季」のことだと
    思っていた。

    小さい頃、「大人も昔は子供だった」とはどうしても
    信じられなかった。親は生まれたときから、
    親の年齢と風貌だったはずだと信じていた。

    子供って・・・何かをすごくかたくなに信じ込む生物なのかも(苦笑)

    ユーザーID:4010761350

  • うわっ!

    ほ、ほんとうに大阪には「マルビル」があるんですか?!

    知らなかったあ。ちくわさん、ありがとう。

    ユーザーID:0468077273

  • 結構,大人になってから知ったこと

    霞ヶ浦は湖であって,海ではないないこと.壇ノ浦が海なのだから,霞ヶ浦も海だとばかり思っていた.
    慶應幼稚舎は小学校であって,幼稚園ではないこと.
    フリーマーケットはFlea Marketであって,Free Marketではないこと.

    ざっと,こんなところです.

    ユーザーID:5265562140

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    一生子供 生涯大人(ゴーヤ様)
    鼻が上を向く:恐怖の鼻ズルズル(まげまん様)
    大人になると股にガーゼ、近寄り禁止:恐怖の湖、沢山いる石原裕次郎さん(usi様)
    大きくなると誰もが綺麗なお姉さんに(春日様)
    トイレ掃除に力を入れる子供(あ様)
    リンクする年齢と靴のサイズ、兄弟姉妹だらけの芸能界、でっち上げだらけのニュース(暇人様)
    ペンギンの翼の肉:椎茸、獰猛な怖い海老:ブラックタイガー、人気犬種ラッシー(pop様)
    そのまま成長するアスパラガス、東京まで続く国道1号線、ちゃんと丸いよ「大阪マルビル」(ちくわ様)
    年頃になると必ず痩せる、海草食べれば黒髪に、女も生える脇毛(パトリシア1972様)
    親のいないおたまじゃくし、TVドラマテーマ曲「序曲ウィリアムテル」
    クラシック「ビバルディの四季」、一生子供 生涯大人2(yankumi様)

    短くまとめさせて頂いている無礼にも関らず、沢山頂くコメントに感謝しきりでございます。
    私も新たに何か‥と思いながらもなかなか思い出せず、聞き逃げばかりで申し訳ありません。
    まだまだ募集しております♪

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 怒らないでください(笑)

    東大卒はみんなまじめで知識人。

     在学中はバカやるけど、出てからはまじめだと思っていました。
     知り合った人は、みんなで東大卒のイメージ壊してくれました。

     特に理3の医者が完全破壊(笑)。

    ユーザーID:6986894003

  • あ、もうひとつあった!

    毎年届く、お中元とお歳暮。

    こどもの頃、いつもヨックモックのシガール(名前ど忘れ…)30本(くらい)入りを贈ってくれる親戚がいて、毎回楽しみだったのですが…!

    親が買ってくれることがなかったせいか、このお菓子は親戚のおじちゃんにしか贈れない、特別なお菓子なんだと思ってました(恥)。

    高校生くらいまで真剣に!


    と書いていたら、食べたくなってきましたので、買ってこようと思います(笑)。

    ユーザーID:1203034617

  • 昔の曲

    テレビショッピング等で紹介される
    「ベンチャーズ全曲集」とか、「フォークソング全曲集」みたいな宣伝を見て、
    うわ〜、こんな古い曲ばかり集めたカセットテープなんて、売れるわけがない!と思ってました。

    でも、おばさんになった今、「80’s」モノが欲しいな〜!と思うようになりました。
    誰し焜Lラキラしてた季節はあるわけで、その頃聴いた曲をまた聴きたいと思うわけで・・・。
    実は、結構売れてたのではないかと推測されます。

    ユーザーID:8146822663

  • 友人の話

    友人は
    「外国人は金髪碧眼。みんな美人。
     ハーフもみんな美人」
    だと思ってたそうです。
    高校生の時に私と私の父に会ってびっくりしたそうです。
    美人でもなければ、かっこよくもない…と。
    「外国人とか、ハーフとかテレビで見るばっかだったからかも」
    とこの前、正直な感想をいただきました。

    あーーーーねーーー。

    ユーザーID:2742197602

  • 二度目です

    プロ野球のキャンプ、テントを張ってキャンプするのだと思っていました。

    ユーザーID:9757046917

  • 本気で信じていたこと

    16歳くらいになったら、空が飛べるはずとか、
    超能力がある日突然発現すると思ってました。
    マンガの読みすぎですが。

    また、花の子ルンルンが私の住む町にやってくると思っていたので
    花言葉をたくさん調べました。

    もっと小さい頃は
    ピンポンパンの最後のほうで
    画面中央にある大きな木をくぐると、テレビに出ている子どもがおもちゃをもらっていたので
    自分はいつ呼ばれるのだろうと毎日待ってました。

    銭形平次の歌を聞き間違いから、誤解していました。
    「今日も決め手の 今日も決め手の 銭がとぶ」(たぶん)を
    「今日も決めても 今日も決めても 銭型東部」
    東部はよくしらないけど何か役職のことで、いくら事件を解決しても平社員的現場で頑張っている
    謙虚な人なんだ、と思ってました。

    はぁ〜。

    ユーザーID:7268166991

  • もひとつ

    大人の女性は失恋したら
    一人でバーに行き、なれないお酒をのんで、マスターに止められて…
    という流れが一般的だと思っていた。
    そして自分はそうなれるだろうかと心配していた。

    スイートルームは
    ラブラブなカップルが泊まる部屋なので「甘い部屋」だと思っていた。

    勉強が出来る人は人格も優れていると思っていた。

    先生は絶対だと思っていた。

    …ふっ。
    バカだなぁ私。

    ユーザーID:7268166991

  • 色々ありますが

    このトピ、面白いですね〜

    小学生の頃、世の中には匿名希望という名前の人が随分多いと思っていました。
    「匿名」って名字変わっているなぁと思いながら、新聞を読んでいた私です。

    ユーザーID:4696696155

  • はくばのおうじさま。

    女の人は、みんな二十歳くらいになったら「自然」と恋人ができて、23歳くらいで「自然」に結婚できるんだ、と思っていたティーンエイジャーの頃・・・。

    ・・・違った・・・(今も独身40歳)

    ユーザーID:2611962807

  • 怪獣

    どこかに怪獣がいるんじゃないかと、思ってました。デパートのイベントにも(小さくなって)来ていましたが、怖くて見ませんでした。
    「マグマ大使」「ウルトラマン」等、リアルタイムで見ていた世代です。
    年バレバレ(恥)

    ユーザーID:0601754938

  • 暇つぶしさんのレスを見て

    思い出しました。
    求人広告で「若干名」を「わか せんめい」=若い人1千人
    だと思い、こういう会社に就職したいと思っていた。

    ありがちですか?

    ユーザーID:7268166991

  • 失明!

    マンガで読んだのかドラマで見たのかわかりませんが
    ギターを弾く→弦が切れる→目に飛んでくる→失明する!!と思いこんでました。

    ギター弾く人はそんな危険と隣り合わせなんだ・・・なんて無謀な男だ・・・とか勘違いしてました。


    他には、「抱く」はハグの事だと思ってたので
    ドラマや映画を見てると「抱いて!」→シーツに包まりハダカで抱き合うシーン になるので
    「えーー!?わざわざ脱がなくてもいいじゃん!」って不思議に思ってました。


    なにもかも懐かしい(笑)

    ユーザーID:7216013967

  • あのころに戻りたい

    欧米の外国人の方々は…カタカナの読み書きができる!と英語学習が始まる中学生になるまで、信じていました。

    そんな私は、イギリス人と結婚してイギリスで暮らしてます。

    ユーザーID:9404703362

  • よく考えると怖いですが

    ・赤ちゃんは、お母さんのお腹がパックリ割れて生まれてくると思ってました。
    ↑ホラーの世界ですね。お母さん死んじゃうじゃん…

    ・一生の内で本気で好きになるのは一人だけだと思ってました。
    何人かと付き合ったりする人もいるけど、その「一生の内の一人」以外は本気で好きじゃないんだと。
    本当に「一生の内で一人」だったらそれはそれで素敵だと思うけど、今となっては少女漫画の様に夢見ちゃってたのね、って感じです。

    ユーザーID:4347853987

  • 一人暮らし

    中学、高校の頃、月9とか見ながら、
    働いて1人暮らししたら、本当にあんな可愛い部屋に、好きな家具や食器に囲まれて生活するのだと思っていた。

    毎日お洒落して出勤して、仕事が終わったらお洒落なお店に飲みに行ったりして、1人の部屋に帰れば部屋は綺麗に片付いていて、かわいい部屋着に着替えてカッコイイ彼氏が来るのをクッション抱きしめて待っているのだと思ってた。


    現実⇒一人暮らし中はワンルームの狭い部屋で…
    洋服はいつもセールの時に買っていた。
    あんなにお値段の良い服沢山変える余裕なんてない。
    飲みに行く時間も体力もなかった。
    たまに飲みに行くとしても、居酒屋でビール片手にオヤジ化。カッコイイ彼氏はいなかった。どちらかと言うと心が和む系の顔の彼氏ばっかり。
    クッションを抱きしめた事は一度もない!

    ユーザーID:6741743600

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    海ではない霞ヶ浦、幼稚舎は小学校、「自由」じゃなくてノミの市(ビヒリョエビミ様)
    東大卒の人でもバカな事はやる(ちくわ様)
    ヨックモックのシガールは親戚だけの特別な贈り物(カコ様)
    バカ売れTVショッピングの「全曲集」(マンゴープリン様)
    日本人も外国人もハーフもみんな美人とは限らない(パトリシア1972様)
    テントは張らないキャンプ(花あおい様)
    突如現れる超能力:16歳ぐらい、花の子ルンルンは我が町には来ない、全員出演ピンポンパン
    謙虚な男:銭型東部さん、慣れないお酒はマスターが止める、ラブラブな甘い部屋:スイートルーム
    勉強=人格ではない、先生だって間違える、若い人1千人 大大募集(スピッツ様)
    全国に沢山いる「匿名希望様」(暇つぶし様)
    必ず訪れる出会いと結婚(sahara様)
    イベント出演 地球崩壊で大忙しの怪獣(胃下垂様)
    危険と隣り合わせなギター弾きの男、抱く=ハグではない(だやま様)

    28年生きてきて知らなかったことも沢山‥。勉強になります♪
    この年になって学べるというのは素敵なことですよね。有難い。
    引き続き募集してます♪

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 愛と誠

    小学生のときにドラマや漫画の「愛と誠」が流行りました。
    高校には絶対「番長」や「スケバン」がいると思ってました。

    でもうちの高校は新設校だったので、そういうのはいませんでした。

    ユーザーID:5813699729

  • Gメン75

    Gメン75の人たちは羽田空港の滑走路をパトロールしている
    と思っていました。邪魔だよね。

    ユーザーID:5813699729

  • あははっ

    皆様の体験、かなり笑かしてもらいました…!

    わたしは、人は亡くなれば男女関係なしに、

    『〇〇(名字)家之(イエユキ)』

    という名前になるんだと思ってました。
    だって、お墓にそうやって、書いてありますもの(笑)

    初めて身近な人のお葬式に出た小学3年生まで信じていました。

    ユーザーID:3256934996

  • 自衛隊・・・

    札幌限定の話です。

    うんと小さい頃、自衛隊の仕事はさっぽろ雪まつりの雪像を作ることだと思っていました!しかも、春〜秋は雪像を作るための体力づくりをしているだけだとも思っていました・・・。
    本業はとっても大事なお仕事なのに、自衛隊の皆様、ごめんなさい。

    今年は5日から雪まつりですね。毎年きれいな雪像を作ってくださってありがとうございます!

    ユーザーID:9560805586

  • ノストラダムスの大予言

    1999年に「人類が滅亡する」と本当に信じていました。
    だから、自分は38歳で死ぬんだ、と信じて疑いませんでした。
    しかし、あと10年、あと5年...と「滅亡」時間が近づいても、普段通りの生活です。だまされました。ノストラダムス大嘘つき!

    近頃また、それらしき「まことしやかな噂」が流れていますが、もうだまされません。

    こういった「とんでもない出鱈目な情報」を言いふらしている人たちは罰せられないのでしょうか?いくら言論の自由とは言っても...。

    ユーザーID:3469377821

  • 東京の若い人は

    みんな遠くにビルが見える広いワンルームマンションに住んで
    (窓が大きい部屋!!)
    1人暮らしのくせにダイニングテーブルとかがあって
    毎晩会社の同僚と飲み食いしてる。
    (何故か必ず親友みたいのが社内にいる)

    中学生くらいに東京ラブストーリーとかを観て
    そういうもんだと思い込んでいた。

    ユーザーID:9855773844

  • 私も入れて♪

    「あるある〜♪」なレスがたくさんで楽しいです

    私の場合、
    1)中学か高校で「行書あるいは草書」を習う時間(授業)があり、大人になったら誰でも美しい行書や草書の文字(もちろん縦書き)が書けるようになる。
    2)一番多い血液型はB型。
    と信じていました。

    1)は、母が非常に美しい字を書く人で、手紙や連絡帳もすべて縦書きの行書で、当時小学生でカナ釘流の楷書しか書けなかった私はその字にあこがれていたのでした。
    ですが、もちろんそんな授業はなく、いま私が真似できるのは、母が愛用していた「ブルーブラックの(インクを入れた)モンブランの万年筆」ぐらいです。あー、やっぱりペン習字、習おうかなー。

    2)は簡単で、両親もそのまた両親も(父方母方とも)「全員B型」だったから。
    どれだけBの血が濃いんだろう、わたし。。。

    ユーザーID:6255443037

  • 海の向こうのアメリカ

    1 近所の海から見える対岸(私の場合、愛知から見た三重県)は、アメリカだと思ってた。遠足で三重県に行き「海の向こうに見えるのが皆さんの住む○○町です」とバスガイドさんに言われ、動揺しました。
    ちなみに、少し成長した後は、天気予報を見て、沖縄は新潟の北にあると思ってました。

    2「白馬に乗った王子様」は、「暴れん○将軍」の松ケンだと思ってました。確かにオープニングで白馬には乗ってるので、似たようなもんといえばそこまでですが。。。

    3「ミン○ーモモ」等魔女っ子アニメの変身グッズのおもちゃは、実際に変身できるものだと思ってました。クリスマスにゴネて買ってもらい、変身できないと知るやすぐに飽きて、親には激怒されました。

    そんな私の夢見る乙女ぶりを覚えてる姉は、それをネタに今も私をからかいます。スキを観て、姉の息子に「海の向こうはアメリカだよ」と教えるつもりです(笑)

    ユーザーID:7701615365

  • 幼稚園の砂場は底なし沼!

    ・引越しは必ず船旅でするもの(南の島のフローネの影響)

    ・大人になったら、ワンレン・ボティコンを着なくてはならない

    ・トンネルの中のオレンジの灯を直視してはいけない。(運転の父以外全員目を覆って保護していた)

    ・男の人はせっかち(そんなCMがありましたよね)

    など、色々ありましたなあ〜。

    また思い出したら投稿します!

    ユーザーID:4705840902

  • 水と塩!

    人間は水と塩があれば生きられる!と思ってました。ノストラダムスの予言も信じていて、その時は水と塩を持って逃げなきゃ!と計画してました(笑)。  大昔の兵士の給料が塩で、サラリーの語源がソルトからだそうです。やっぱり、お金さえ持って逃げりゃ良いのか。

    ユーザーID:7772132004

  • 横ですが

    だやま様へ

    >マンガで読んだのかドラマで見たのかわかりませんが
    >ギターを弾く→弦が切れる→目に飛んでくる→失明する!!と思いこんでました。

    大映ドラマの「ポニーテールは振り向かない」だと思いますよ。
    伊藤かずえ演じるヒロインが鶴見辰吾演じるギタリストの弦で失明したと思います。
    私も信じてましたから(笑)

    同様に「スチュワーデス物語」の片平なぎさの手袋を外すシーンを見て、スキーをするには相当の覚悟が必要だと思い込んでました。



    ユーザーID:7701615365

  • 純?

    結婚式をして、世間から夫婦と認められれば子供が出来ると思っていた。
    ご近所に結婚して3ヶ月くらいで赤ちゃんが生まれた夫婦いました。私はちょうど妹が生まれたばかりで、9ヶ月は妊娠期間があると解っていたので何で結婚する前から妊娠してるの?と不思議でした。
    先生にその話をしたら「それは結婚する前から夫婦だったんだよ」と言われ、結婚しなくてもずっと一緒にいて夫婦に見える人には赤ちゃんが出来るんだと真面目に思っていました。夫婦の営みって、いやらしい人達しかしないと思ってました。(恥)
    義兄は、温泉卵は温泉でしか出来ないと思ってたようです。温泉卵を食べるとき「これって、どこの温泉で作ったんだろうね」と食卓で言ってました。

    ユーザーID:3169266118

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    カタカナの読み書きが出来る外国人(ペンペン様)
    出産は「お腹パックリ割れで」、本気の恋は一生に1度だけ(にゃんこ様)
    ドラマと現実は大いに違う(ピンクゴールド様)
    番長とスケバンの巣窟:高校、「空港滑走路警備隊 Gメン75」(神田先輩様)
    亡くなれば必ず「○○家之」(ホリーナ様)
    「君も自衛隊に入って雪像を作ろう!!」(雪祭り様)
    人類はそんなに簡単に滅亡しない(日本人様)
    ドラマと現実は大いに違う2(三等兵様)
    大人になったら美しい字がかける、B型いっぱい(オリエンタル様)
    海の向こうはアメリカ 北にある沖縄、白馬の王子様「松平健」、そんなに簡単に変身は出来ない(tane様)
    底なし沼のある幼稚園、「お引越しは船旅で!!」、大人の試練:ワンレン・ボディコン
    恐怖のオレンジ灯、男の人はせっかちではない(ちーぼー様)
    水と塩があっても生きられない(肉も食べたい様)

    小さなノートにメモ書きしておかなければ‥。勉強になります♪
    引き続き募集させて頂きますので宜しくお願いします♪♪

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • タンポポと雷

    こんにちは。

    まずはタンポポの綿毛。
    誰から教えられた事かは忘れましたが、
    「タンポポの綿毛が耳に入ったら耳が聞こえなくなる」
    小学校高学年までそう信じていました。
    今思えば、なぜ頑なに信じきっていたのか分かりませんが、
    綿毛が飛んでいて自分達のそばにくると、
    「危ないから耳をふさいで〜」と友人達と叫びあってました。

    もう一つは雷です。
    「雷が鳴ったらお仏壇にお線香をあげると自分の家に落ちない」
    周りの高齢者の大半がそうしていたので私も信じており、
    鳴っている間はお線香の火を絶やさないよう、必死でした。

    今思えば可愛いモンです!

    ユーザーID:6862291276

  • 月は西から

    理科だけは得意だった私。
    しかし、小学2年生まで、「月は西から昇るもの」と信じていました。
    理由は、月の公転速度は、地球の自転速度より速いから・・・。
    理屈だけは合っていたんですけどネ。

    ユーザーID:3198352540

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    世間が認めると子供が出来る、温泉成分100%の温泉卵(椎香様)
    恐怖のタンポポの綿毛、雷にはお線香(シドニー様)
    月は西から(回転すし様)

    コメント返信、遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
    勉強になることが沢山あってとても有難いです♪♪
    引き続き募集させて頂いております。よろしくお願い致します。

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 悲劇のヒロイン気取り

    高校生くらいまで、自分が20歳過ぎる日が来るなんて考えられなくて、
    「こんなに想像できないってことは、きっと私はその歳までは生きられないってことなんだわぁ。」と、
    漠然と、でもすごく確信をもって思っていた。(でも全然、悲観的じゃないんですけど。)

    今となっては・・・、20歳の頃が1年間もあったのかと疑うくらい、あっという間に40代も半ばです!
    おかげさまで(?)、元気に生きてます。
    歳って、こんなに簡単にとるものだったんだ。

    ユーザーID:7621976808

  • 死体役は誰?!

    幼少の頃、
    ドラマで殺される役は「死んでもいい人」がやっている
    と本気で思っていました。

    だって、スターは絶対死なないし、
    売れてない役者さんが殺される役が多かったし…

    今考えると怖い話ですね。。。
    子供って、思い込みが激しいなぁ。

    ユーザーID:8083073700

  • 恥ずかしいこと、いろいろ・・・

    だし
    私の母は、味噌汁や煮物のだしは、すべて市販の「だしの素」(ほんだしとか、ハイミーとか、いの一番とか)でとっていたので、だしが「かつおぶし」や「煮干し」からとるなんて知りませんでした。

    再現フィルム
    「ウィークエンダー」や「ワイドショー」などでの、再現フィルムに出てく る人たちは、本物の犯人や被害者たちだと思っていたので、なぜ、テレビ 局の人たちは、犯人を捕まえたり、警察に連絡しないのだろうと歯がゆか った・・・。
     高校生の頃までそう思っていたような気がします・・・(恥)。
     今は、テロップで、「再現」とか「イメージ」とか出るけど、昔は出て
     いなかった気がします・・・。

    陸奥A子さん
    昔、漫画家で「陸奥A子」さんという方がいましたが、漫画家は全員本名だと思っていたので、こんな名前を付ける親なんて・・・と不思議でした。
    友人たちも、当時、同じこと言ってました。

    ユーザーID:5695268379

  • 痩せるという思い込み

    40代女性です。
    子供の頃から太っていましたが、なぜか20歳になれば痩せると思い込んでいました。
    あるいは、彼氏ができれば痩せると。
    魔法でカエルの姿になったお姫様が王子様の愛で元の美しさを取り戻すように…

    って、元々美しくないじゃないの自分。ああ情けない…

    実際には18歳で彼氏ができたものの全く痩せず、20歳になっても痩せず。
    自力でどうにかしました。美しくなったかは不明…とほほ。

    あ、あとプロポーズは海辺で夕陽を浴びながら、指輪をはめてもらうものだと思ってました。
    何に毒されていたのか自分(涙)

    ユーザーID:2008297886

  • 十三日の金曜日

    子供の頃、13日の金曜日のTV版コマーシャルがとっても怖くて、この映画は怖くて見ると心臓発作を起こしてしまう(エクソシストと混乱?)と思っていました。

    その間に、普通のホラー映画(死霊のはらわた等)は普通に見ていたのに、13日の金曜日はちょっとやめておこうかな、って感じで。

    それから20年ぐらいして、もう免疫がついただろうと思ってみた13日の金曜日のしょぼいこと。。。。

    子供の頃は、「ジェイソンが夜来ちゃったらどうしよう」と悩んだこともありましたが (笑)ジェイソンはアメリカに住んでいるようだから、まあ大丈夫だろうと勝手に納得していました。

    今考えてみたら、あんなでかい人がアイスホッケーマスクしてマシュートもってうろうろしてたら日本の警察が黙っていないですよね。

    つまんないことを長い間なんで信じてたのでしょう? 思い込みが一番怖いということを身をもって知りました。

    ユーザーID:2129309207

  • どういうわけか・・・

    手話は世界共通語だと思っていました。

    ろう者の方は外国語を習わなくても世界中の人と意思疎通ができてうらやましいな、とひそかに思っていました。3歳頃から中学校にあがるまでです。きっとヘレン・ケラーの伝記を読んで勝手に思い込んでいたのでしょう。

    最近知ったことですが、実は英語圏だけで3種類も異なった手話法があるそうです。

    ユーザーID:1400342106

  • アメリカの真実

    子供の頃、日本語をアルファベットで書けば、外国人にも通じるとおもっていた。(例 Watashi wa genki.)

    アメリカ人の夫と喧嘩してドラマのように家を飛び出したら、ドア大の網戸があったことを忘れて、網戸にひっかかって、バウンドする。

    その後、近所の教会に駆け込んで、温かく迎えてくれる神父さんに相談しようと思ったが、教会のドアは厳重に施錠してあり、中に入ることは出来なかった。 みじめ。

    夫が追っかけてきてくれると思って、のっぱらで待つこと、しばし。  誰も来ないので、しぶしぶ帰宅。 しかも、裸足。(ヒロイン気分に浸っていたかも)

    テレビ・映画の見過ぎやっちゅうねん。

    今年で結婚15年目になりました。

    ユーザーID:0738529751

  • 妊娠

    どうして結婚すると妊娠するのか、不思議でした。
    神様が、「この二人は結婚したので、子を授けよう」となって、
    自然と女の人の体に命が宿るんだと、本当にマジでそう思っていました。

    ユーザーID:2445077805

  • テレビに出てる芸能人

    みんな大金持ちだと思ってました。

    貧乏芸人の存在を知ったのはずっと後のことです。

    ユーザーID:4351857902

  • 色々あります

    南極と北極は隣り同士だと思っていた。南に進んでいきつくのが南極、北に進んで行止りが北極で隣り同士だって地球は丸いんだもん。
    ケンちゃんシリーズはあんな町にほんとに住んでるのを撮ってると思っていた。毎回事件などが起るのが不思議だった。
    母の子供のころの話しの「戦争中はお金なんか価値がなかった靴や服などは米でしか買えなかった」(たぶん闇米を売っている農家だった)と江戸時代の何万石とは与えられた米の量の話しが交ざってお金が使われだしたのは戦後だと思っていた。

    ユーザーID:6569808704

  • 若さは無限

    東名高速、全部プラスチック(?)で出来ていて透明なのかと思ってました。

    ノストラダムスは信じてました。
    自分は子供を産むことなく死ぬのだと本気で思ってました。
    2000年問題ちょこっと信じてました。
    なにかあるはずと信じたかったのか・・・

    フリーマーケットすいません。
    このトビ見るまで FREE だと思ってました。

    横ですが
    友達は喫茶店で彼と喧嘩して太もも辺りをたたいて
    泣いて店を飛び出しました。
    追いかけてきてくれない彼に怒って
    店に戻ってみると彼があそこを押さえてうずくまってました。
    足のつもりが大事な処を叩いてしまっていたそうです・・・

    そうでなければ漫画のように追いかけてきたはず?

    ユーザーID:1193259509

  • ミスターマリック

    マジシャンのミスターマリックは、本物のエスパーだと思ってました。

    ユーザーID:9828098268

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    20歳は越えられない壁(四分音符様)
    極刑:ドラマの死体役(妄想族様)
    ダシは粉、周知の犯人、ある種今時の名前:陸奥A子さん(ひろふみ様)
    自動的に痩せる年齢あり、夕日バックのプロポーズ(ドルレアック様)
    ジェイソンそんなに怖くない(peachpie様)
    世界共通:手話(あらイタリアーナ様)
    世界共通:アルファベット、裸足で飛び出しても寂しい事に(ちゅうたん様)
    結婚しないと子供は出来ない(梵字様)
    大金持ちじゃない芸能人もいる(ぽん様)
    南極と北極は離れている、恐ろしい町:ケンちゃんの町、お金は戦後から(思い出した!様)
    透明高速道路、絶対的なノストラダムス、「自由」じゃなくてノミの市2、股間は叩きは悶絶(こたつねこ様)
    ミスターマリックは嘘付かない(お寿司食べたい様)

    ここで私も1つ。
    “降水確率100%はどしゃぶり”“10%はチョロっと降る”という感じで
    どれぐらいいっぱい降るのかを指し示していると思っておりました。
    つい最近、主人に真実を教えて貰って28歳で知ったこと。お恥かしい!!
    まだまだ募集しますのでよろしくお願いします♪

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 若い服を着ていればずっと若いと思っていました

    ええ、30歳になっても20歳の時の服を着ていれば20歳に見えると思っていたのです。
    ああああああ

    バカとお呼び下さい。

    ユーザーID:4515566141

  • 大地震

    ウルトラマンと怪獣の対決時に地面にヒビが入りパックリと裂け、中に人が落ちちゃう→その後割れ目が閉じて人がいなくなるシーン
    というのを見まして、
    大地震が来ると皆地面の割れ目に落ちて死んじゃう=こわいよー!と泣いていました。


    建築物の無い平野での大地震、今思うと一番安全なのかもしれませんね。

    ユーザーID:2820257886

  • ハイヒールで通勤

    小学生の頃ちょうどバブル景気で、ドラマの影響でしょうが大人になったら、スーツ着てハイヒールはいて電車で通勤するんだと思い込んでいました。現実は、田舎なので電車の最寄駅がやたら遠く、原付でジーパンはいてトレーナーとか着て行きました。制服職業なので着替えるため、おめかしして会社に行く必要ないし、取引先に行ったりもしないからです…

    あと、自分は二十歳くらいになったら、その時付き合ってる人と自動的に結婚すると思ってましたが、いざ二十歳になっても彼氏がいなくて、ていうかその後もずっといなくて、現実の恐ろしさを知りました…

    ユーザーID:7058801847

  • 社会人1年生まで

    1.男性達が言う美人は「性格も」とても素敵な美しい人。

    現実→美人とは性格とは無関係で評される。
    (優しい人だと思って接したら、初対面から意地悪でショックを受けました。)


    2.会社にいる御曹司は仕事も出来る格好いい人。
    (TVを観て思い込んでました)

    現実→大企業にとって御曹司は、大手取引先の都合で押しつけられた存在が多い。(変で異彩を放った人→どこどこの息子なんだって〜というパターン多し。会社の規模が大きいので変なのが混じっていてもなんとかなる。)

    我が社の中にも本物の素敵な御曹司もいたかもしれませんが、実力で評判になるので親が誰とかはあまり聞こえてきませんでした。

    ユーザーID:7028555709

  • 衝撃でした

    アラフォー主婦です。

    ついこの間まで、

    盆地

    というのが、周りよりも少しこんもり盛りあがっている土地、だと思っていました。
    (簡単にいうと広くなったエアーズロック、と思っていただければ…。)

    ケンミンSHOWの「盆地サミット」で、盆地のある県出身の芸能人がそれぞれの盆地のジオラマを持っていて、それを見て「エッ!!??」と気づくまで、そう思い込んでました。

    その時の衝撃たるや…。

    主人に言うと、「お前、それって…」と、いつもは私の言動を笑ってくれるのに、「ほかの人には言わないほうがいいよ」

    「盆の形状から考えたってわかるだろ」と言われても、子供の頃からそう思っていたので、今でも違和感があるくらいです。

    ちなみに、大阪出身の埼玉在住ですが、現在実家は奈良県にあるし、学生時代は京都に通っていました。
    学生の頃は毎日のように、「京都は盆地やから、夏暑くて冬寒い。まいるわ〜」と、友達と言い合ってました。
    実家にもしょっちゅう帰省してるのに…。

    ユーザーID:1649066278

  • 第一子は色黒第二子は色白

    長女の私を妊娠中のとき「コーヒーを飲むと赤ん坊が色黒になる」ちゅうことでコーヒー党の母は一滴も飲まなかったが、見事に色黒の赤ちゃん誕生。妹はカブのみしたが、雪のような肌で日焼けしたら紫外線でまっかっか。
    二人の子持ちになった私はつわりで、水も口にできなかったが、長男は日焼けで、新生児のころの色白の面影は消えうせ、長女はいまだ色白です。

    ユーザーID:2408476981

  • 次に来日するのは・・・

    子供の頃、オーストラリアから日本の動物園にコアラが初来日、日本中が興奮しました。
    その時母が、「yokoが生まれた頃は、中国からパンダが来日して大騒ぎだったわよ」と一言。
    それを聞いた私は、
    「ふむふむ。中国からパンダ。オーストラリアからコアラ。
    とすると次は・・・アメリカから、スヌーピーが来日する!これしかない!」と信じてました。

    ユーザーID:7629638016

  • えっ!!違うの!?(ずれですみません

    あらイタリアーナさん、、
    私、、今の今まで「手話は世界共通」と思ってました。。。
    びっくりして夫に報告したら夫まで「え、共通じゃないの?!」と言いました。。
    久々にこのトピを見に来て
    こんな衝撃があるとは。。

    ユーザーID:5175850963

  • 違うの?

    テレビの影響で宇宙人はアメリカの地下に基地を作って存在していると思っていました。
    25歳くらいまで全く疑いもしませんでしたし、友達にも話していました。
    実際はUFOさえ見たことありません。

    中学生くらいまで、いつもお腹が痛くてトイレで力んでいると「赤ちゃんが生まれたらどうしよう…」と思っていました。男の子と手をつないだこともありませんでした。

    住んでいる地域がバレそうですが、彼岸花に歯を見せると黄色くなると言われ必死に口を閉じていました。

    ヨコですが、タンポポの綿毛は耳に入ると聞こえなくなるのではないのですか?タンポポに近づく際、最も気をつけなければならないことですよね?まだ信じている私、もう若くはないです。

    ユーザーID:5452210994

  • 大人になったら

    豊乳になれると思ってました!
    母がそうだったので。
    実際は貧乳・・・。

    あと、高校行って大学入って社会人になって結婚して子供を産む・・・。
    って思ってましたが実際には大学は行かず、結婚したけど子供には恵まれませんでした。

    「結婚したら子供が出来る」は割りと最近まで思ってたことですが・・・。

    ユーザーID:8050252521

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    若い服の魔法(わかはげ様)
    大地震:地球の割れ目に注意(ぐらぐら様)
    ハイヒールで通勤は無理、自動的に結婚する歳:二十歳(一児の母様)
    美人:性格例外、素敵じゃない場合もある御曹司(町むすめ様)
    もっこり盆地(ああ勘違い様)
    コーヒー飲むと色黒に(ほたてがい様)
    スヌーピー様来日につき厳重警備(yoko様)
    極秘機密:地下に住む宇宙人、トイレで力むと誰でも出産、恐怖の黄歯花:彼岸花(ロゴ様)
    大人になれば誰でも豊乳、誰でも同じ人生は歩まない(ポコ様)

    皆様の勘違い話をお聞かせ頂いて勉強できる素晴らしさ。
    本当に有難いことです♪
    引き続き募集させて頂きますのでよろしくお願い致します。

    ところで、1つのトピックには何件まで書き込みが出来るのでしょうか‥?

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 30代後半です

    ・官公庁においては支払いは1円単位まで揃えて出さないと怒られる
    (郵便局でもお釣りはもらえない。過払い分は徴収。)

    ・子供番組『できるかな』に出ていたのっぽさんは本当に喋れない
    (障害のある人にも就職枠があることをPRしてるのね!がんばれ!)

    ・フランス語でイカは「アシジュポーン」タコは「アシハポーン」と呼ぶ
    (…普段は真面目だった父を恨みます)

    中学2年生くらいまで、疑問をさしはさむ余地もなく信じてました。
    私のバカバカ。

    ユーザーID:6267225098

  • コピー機で被爆

    社会人になるまでコピー機の光には放射能が含まれてて、光を見たら失明すると信じて頑なにコピー機には近寄りませんでした。

    でもレントゲンと一緒で少量の放射線なら人体に影響ないだろうと思ってました。
    大学時代、試験前にノートを大量にコピーしてる友人の将来を陰ながら哀れんでました。
    「私は少量の放射能しか浴びてないけど、もうアナタは手遅れだね…」と友人の将来を悲観し、涙することも。

    会社に入ってコピー機で自分の顔をコピーしてみたりする同僚をバカだと思う前に被爆が心配で、上司に相談しようかと真剣に考えてました。

    ワタシ、これでも新聞記者でした。

    ユーザーID:8855655083

  • 子供の脱税 職業選択の自由は?

    トピ主さんまとめ方がうまいですね。楽しくて一気に読んでしまいました。

    ☆私は脱税していると思っていました。
    収入がある人は税金を払わなければいけない→お年玉などをもらっていれば子供でも税金を払わなければいけない…と思っていました。(お年玉って結構な額になったので。といっても3万円くらい)
    ちなみに初めて「ちゃんと」税金を収めたのは14歳の時でした。(消費税の導入により)

    ☆父親の仕事は必ず子供の誰かが継がなければならない…。
    昔の漫画なんかでよく「父親の仕事を継がなければいけなくなった」みたいなセリフがありました。
    そのせいでいつか姉妹のうち誰かが父の勤める会社に就職することになると思い込んでいて「お姉ちゃんに株式会社〇〇(父の勤める会社)に入ってもらわないと、私は好きな仕事につけない!」と信じていました。
    父はフツーのサラリーマンでしたから、姉も私も父の仕事は継いでいません(笑)

    ユーザーID:7471222063

  • 年頃になれば

    母方の祖母から言われていた話。

    年頃になれば、綺麗になって、うんと別嬪さんになって、モテるよ。

    年頃になるのはいつだろうな、と思って過ごしました。
    そして、誰がどう見ても、その時期は過ぎました。

    ぜんぜん、そんなときはなかったです。
    おばあちゃんのうそつき。

    ユーザーID:6295100053

  • まだあった

    小説家や漫画家は、老若男女を問わず、瓶底メガネをかけて、執筆活動にいそしんでいるのだと思いこんでいました。

    年を経て、作家さんのサイン会などに出没するようになり、これは大きな誤解なのだと知りました。

    故・手塚治さんの影響が大きかったのだと思います。

    ユーザーID:6295100053

  • 徹子の部屋

    あの番組は、本当に黒柳徹子さんの自室で撮影しているんだと思い込んでいました。

    しかし、大人になった今も、実際の彼女の部屋もあながちかけ離れたものではないのだろう、
    と踏んでいます。

    >冬扇さん

    オランダ語で「まんじゅう」は「オストアンデル」というらしいですよ。

    ユーザーID:8492685148

  • 嗚呼、勘違い

    *  大人同士の会話は、政治のことなど、難しいことだけ話している。

    *  幼稚園の先生は幼稚園に住んでいる。

    *  学校の先生は、世の中で一番頭がよく、全て正しい。

    *  外国人の髪の色は、ピンク、紫、緑など色々。
        (昔のマネキンは、カラフルなカツラだったので)

    *  (落ちていたエロ本を見て)
       あんなことをするのは、アメリカ人だけだ。

    *  テレビの内容は、全て事実。

      おバカですね・・・。 

    ユーザーID:2028875364

  • スイカ

    スイカの種を飲み込んでしまうと、お腹の種から芽が出て実が成りやがて口からスイカが出てくると思っていた。
    でも、これを回避する方法は一つ!土さえ食べなければ大丈夫!
    真剣にそう思っていました。

    ユーザーID:5719789551

  • 孔雀は三時に

    中学生くらいまで、「孔雀のオスが羽を広げるのは午後三時ごろ」と信じていました。
    幼稚園くらいの頃、動物園の孔雀の前で「羽を広げるまで待つ!」と駄々をこねた私に母が、「くじゃくさんは3時ごろにならないと羽を広げないのよ」と嘘をついてあきらめさせたからです。

    その後、3時でなくても羽を広げる孔雀を見て、「時間でないのに羽を広げるなんて…」と非難がましい?感想を抱いておりました。

    ユーザーID:4359048671

  • 白状します。

    私は若かりし頃

    「空手は『一回の拳で瓦をたくさん割った方』が勝ち」

    と思い込んでいました。

    よくデモンストレーションで「瓦割り」をやっていますよね。
    あれを試合のときもそうするものだと思っていました。
    それこそ「試合のときは何百枚も瓦を用意するものだ」と。

    それが「実は違う」と知ったのは、結婚して夫との何気ない会話での中でした。

    「俺の兄貴(義兄です)は昔『空手は瓦を割った数を競うもの』と思ってたらしい。こんなバカな兄貴をどう思う」の一言でした。

    その瞬間まで「私もそう思い込んでいた」と話したら、夫は頭を抱えてしまいました……

    ユーザーID:3413344806

  • タイムマシン

    ドラえもんを見ていて、机の引き出しには必ずタイムマシンがあると信じ姉の机の引き出しに必死に入ろうとしました。
    結果引き出しの底が抜けて親に猛烈に叱られました。

    ユーザーID:0372385676

  • 思い出しました☆

    小学生の時です。
    自分が通っていた幼稚園の前に「若干名」募集の張り紙がされており、
    「若いやつ・・子供?1000人募集?」と思い込んでしまい、その誤って見たまんまのことを
    友達のお母さんや近所の人に言って回りました・・・
    結果、その幼稚園が今度建替えしてキャパ(当時60名程度)が大きくなるとか、建替えに無理な借金
    して廃園になるのではとか、仕舞いには脱税してるんじゃないのかと・・・色んな憶測を呼ばせてしまい
    ました・・・
    その後、その張り紙には、フリガナが記されました。


    もうひとつありました。

    台風が過ぎ去って、また台風が来ていたとき、
    お天気アナウンサーの人が、言っていた「台風一過」を
    「台風一家」と勘違いしてました・・・
    だって・・・次々と来るから、6号の弟が7号とか・・・思うじゃん・・・

    ユーザーID:2477936458

  • 面白いトピ!

    私は小さい頃、オス犬とメス猫の子供がタヌキで
    オス猫とメス犬の子供がキツネだと本気で思いこんでいました。

    「Dr.ペッパー」という飲み物は、ペッパーというお医者さんが作った薬で
    死にそうな老人専用の飲み物だと思っていた。

    卵 → 幼虫 → サナギ → 蛾 → アゲハ蝶
    と思い込んでいた。

    ユーザーID:9464708192

  • 結婚するまで

    実家がわりと裕福だったため「お金がない」とか「家のローンが」
    等という言葉を聞いたことがありませんでした。

    結婚してマンションも飽きたので一戸建てに住みたいと物件を探し
    始めて初めて家を買うのは大変だと気づきました。

    それまで、大人になって結婚してある程度の年齢(30過ぎ位)になった
    ら好みの家に住めるもんだと思ってました。何の根拠もありませんが、
    年を取ったら白髪が生えるようにごく自然に・・・

    広いor狭い、マンションor戸建ては住んでる人の好みだと思っていま
    した。

    ユーザーID:1172852777

  • 衝撃の日

    知りたくもなかったのに、どうやったら赤ちゃんができるのかということを
    無理矢理男子から聞かされた小5のある日。
    お父さんとお母さんがいる家に帰るのがとてもいやだった。自分がきたないものに思えた。
    帰り道友達と「お父さんもお母さんもフケツだよねっ!!!」と、本当に泣きそうで、ここまで落ち込んだのは人生お初。

    そして私たち二人が出した結論:私たちだけは絶対に別の方法で生まれてきた!
    何だか分からないけど、とにかくふんわりしたメルヘンチックな方法なんだよ!
    友達と手を取り合って「そうだよね!絶対違うよねっ!」と自然の摂理を捻じ曲げました。

    あぁ・・・あの頃の思考に戻りたい。

    ユーザーID:5719789551

  • 大人になったら

    女性限定ですが、大人になったらみんな
    峰不二子みたいなスタイルになると思っていました。

    完全に妄想でした…

    親や近所のお姉さんを見て
    なぜ気づかなかったのか…(笑)

    ユーザーID:0756055067

  • 世紀末

    小さい頃、聖飢魔2を見て聖飢魔1(せいきまワン)もいると思ってた‥
    あとファストフードの店員さんはかわいい人しかなれないと思ってました。

    ユーザーID:3358864541

  • テレビに出るぞ〜

    小学生の頃、同じクラスの男の子に告白されました。
    結局、私が恥ずかしがってて返事も出来ず、そのまま卒業…自然消滅してしまったんですが、


    私は、いつか彼が有名人になって「初恋の人に会いたい」的なテレビ番組に出て、私を指命してくれて再会出来るだろう
    と 思ってました。

    もちろん、彼は有名人にもならず、テレビに出るようなこともありませんけどね。

    ユーザーID:6289102920

  • 老いた母が

    久々の帰省。近頃よく天気予報で耳にする「チェジュ」はどこなのかと、母から聞かれました。韓国の「済州島」だと答えました。

    思うまでもなく、親は何でも知っているはずの人でした。目の前の母が老いて小さくなっていくのを感じました。私が死ぬまで、ずっと勘違いしていたかったと思います。

    ユーザーID:5895598876

  • 私からも

    飛んでいる飛行機を見て、外国は空の上にあると思っていました。


    親は、昭和生まれでなく、大正時代も明治時代も生きてきたと信じていました。
    (親にひつこく聞いて「私はそんなに年寄りじゃない」と怒られました)

    エスカレーターの端の光っている所に立つと吸い込まれてミンチになると言われて、恐ろしくて立てませんでした。混雑時は必死でした。

    ユーザーID:0160698978

  • 宇宙戦争

    私は小さいときにガンダムを観ていて
    「あ〜宇宙では戦争をやってるんだなぁ。怖いな・・・」と思っていました。

    ちなみにアムロなどがニュータイプになった時に
    自分も絶対ニュータイプになれると信じていましたよ。

    第六感もはたらかない普通の人ですが(笑)

    ユーザーID:2458990306

  • 窓を開けていれば…

    いつか、エドガーが迎えにきてくれるものと思いこんでいました。
    そうしたら、リデルのように森から森へという生活ができるはず!

    そのために寝る前にちょっとだけ窓を開けていたものですが、必ず親にみつかりました。
    「ドロボウが入ったらどうするの!」

    よく考えれば、エドガーは日本に来たことがあるなんて、どこにも描かれていませんでした。
    どうやって、会ったことのない自分を探し出してもらえるだろうか?
    そのとき、夢はやぶれました。

    日本にいる以上、エドガーとは住む世界が違うんだ。
    その気づき方がずれていることには気づきませんでした。

    ポーの一族のファンにしかわからない話です。
    すみません。

    ユーザーID:4445348213

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます1

    お釣りは徴収:恐怖の支払い、のっぽさんがんばれ!、とりあえず語尾延ばし:フランス語(冬扇様)
    注意「少しだけ被爆します」(ひばりみそら様)
    子供の特権「こっそり脱税」、サラリーマンも継承(きりん虫様)
    年頃になれば誰でも別嬪さん、瓶底メガネの漫画家(MIOLI様)
    お部屋公開番組「徹子の部屋」(PINE様)
    大人:アホな話はしない、自宅兼勤務地:幼稚園、学校の先生も間違える
    素敵なヘアー色の外国人、エロはアメリカ人だけ、真実を伝えるTV(k様)
    恐怖のフルーツ「スイカ」回避の道は土食すべからず、秘密のメルヘン的人類誕生(ルパ子様)
    3時に開かずごめんなさい(くじゃくさん様)
    全国瓦割り選手権:空手(みい様)
    机の引き出しの中には夢と浪漫有(servo様)

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪2

    子供いっぱいおいで「若干名」、台風一家の旅行(緑帽の砂布巾様)
    品種交配の限界:猫⇒タヌキ 犬⇒キツネ、最後の秘薬「ペッパーさんのドラッグドリンク」
    蛾も大きくなれば美しいアゲハ蝶に(ゆで卵様)
    誰でも手に入るマイホーム(かのこ様)
    大人になったら「峰不二子」(てつ様)
    後釜だった「聖飢魔2」、募集条件「可愛い人」(なにぬねの様)
    「初恋の人に会いたい」に出演します(夢子様)
    親でも知らない事はある(物知り様)
    空の上にある外国、もの凄い長生きな親、ミンチ機能もあるエスカレーター(はなこ様)
    ニュータイプになって宇宙戦争に参加(機動隊!様)

    皆様、沢山のお話をありがとうございます。
    先日、誕生日を迎え29歳になったにもかかわらず知らない事ばかりで
    「人生は常に勉強だな」と改めて確認させて頂いております!

    また“まとめが面白い”等、お褒めのお言葉もありがとうございます♪
    最初は「皆様がせっかく書いて下さったコメントを纏めるのは失礼では?」と
    心配になったりもしましたが、楽しんで頂けているならば光栄です。

    引き続き募集致します。

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 楽しいトピですね!

    トピ主さん、私も恋人が追いかけてきてくれるって信じていました!
    でも・・・喧嘩をしても海辺を走っても、ほんっとーに誰も追いかけてきやしないってーの。
    少女マンガとか読んで乙女だったんです、私。

    yokoさん、アメリカからスヌーピーって!
    もうっサイッコーにかわいいです。

    ゆで卵さん、オス犬+メス猫=タヌキ、オス猫+メス犬=キツネって!
    もうっなんてかわいいお子様だったんでしょうか?

    そういう私は、
    ・恋人に「馬鹿だなぁ」と言われながら人差し指でおでこをチョンとされる。
    →現実はバシッと思いっきりデコピン!

    ・空を飛ぶ自衛隊のヘリはこどもをさらって行く。
    →日本と国民を守ってくれる人たちがそんな事をするわけがぁない!

    ・アニメ『花の子ルンルン』の七色の花は実在する花で、家の庭にも咲いている。
    →実際に咲いていたら不気味。

    ・大人になって東京へ行ったらウィッキーさんに話しかけられる。
    →英語が苦手な私が丸の内へお勤めに行けるわきゃない!

    このトピ、最高!

    ユーザーID:0569297992

  • 大都会というくらいだから。

    大都会という位だから、東京はとてつもなく広い平野にビルが乱立しているものかと思っていましたが、結構狭い地域に固まっていたんですね。

    ユーザーID:1359943356

  • 若干名

    面白いですね、このトピ!
    笑わせてもらっています。

    恥ずかしながら私の思い込みも披露させてください。

    子供の頃、アルバイト募集などの広告で「若干名」と
    書いてあるのを見て、「わかせんめい」(=若い人を千人くらい)だと
    思い込んでいました・・・。随分たくさんの人を雇うんだなと
    不思議に思っていました。

    ユーザーID:2060559872

  • 下積み生活を送れば出世する。

    高校卒業して、俳優目指して上京しました。どんなに長くても30歳くらいまで下積みすれば(大抵、大物になった役者さんて、海外でもそうですが、30歳位で花が開いていますよね)、なんとかなるものだとお気楽にやっていました。

    しかし、20歳が過ぎ、何の手ごたえもなし。23歳で自分より若い人間が有名になり始める。俺ってもう若くないんだと、あせり出す。しかし、感覚的に、こりゃいつまで頑張っても駄目だと悟りました。で、24歳でスパッと諦めました(その時は人生で最初の挫折だったから人目を憚らず泣いたな〜)。

    今思えば、諦めてよかったなと思います。もしあのまま続けていたら、40過ぎた今でも、4畳半一間、いつも汚い服装で、何処かでアルバイトしながら、話す内容はと言えば、大人の会話(経済・金融とか政治とか)なんかができず演劇論だけ。女なんかだれも相手してくれない。なんて生活だったかもしれないと思うとゾッとします。

    ユーザーID:1359943356

  • 北島三郎は・・・

    北島三郎は、本業は木こりさんで、出稼ぎに来て『与作』を歌っている、と思っていました。
    山小屋の様なボロ家に住み、奥さんは藁を打って、超ボンビーな生活をしていて、木こりの仕事だけでは生きていけないからお涙頂戴的な歌を歌って小銭をもらっている(街角の大道芸人みたいな感じ)と思っていました。

    芸能人のお宅拝見!番組で、普段は豪邸に住み、着物ではなく洋服を着て高級車にも乗っている事を知り、衝撃を受けました。「なんで??!!何故木こりさんなのに山の中ではなく都会に住んでるの?それも豪邸?!」


    相撲取りは、外国で言えばサーカスのように、貧しい家庭の子供が売られていって(私が悪いことをすると「サーカスに売るよ」と脅かされていたので・・・)無理矢理残飯などを食べさせられて太らされ、したくもない戦いをさせられ、見せ物にされている、と思っていました。貧乏で洋服を買ってもらえないから、いつも浴衣とふんどしなんだと思っていました。真冬でも。

    中学生の頃、有名ステーキハウスに初めて連れて行ってもらったら、別のテーブルにお相撲さんが何人もいて、たらふく飲み食いしているのにびっくりしました。でも浴衣でした。

    ユーザーID:4007467033

  • 演歌歌手について

    ご当地ソングを歌う演歌歌手は、その土地の出身者だと思っていました。

    なので、石川さゆりさんが「津軽海峡冬景色」を歌っていたので「青森」出身だと思っていたのに、「能登半島」や「火の国へ」を歌っているのを見て、「え、青森出身なのに何故他の土地の歌を歌うの?」と混乱した時期がありました。

    ユーザーID:8783132530

  • 意地悪な女の人は結婚できない

    20代だった頃、会社の先輩女子社員を見て、
    「こんなに(若い子に対して)意地悪だから、
    この人たちは結婚できないんだ!」と
    思っていました。

    あれから数十年・・・別に若い女の子に
    意地悪する気もないし、実際にしていませんが、
    いまだに独身です。

    そして結婚している女の人にも、
    意地悪な人はい〜っぱいいます。

    はあ〜 どこで食い違ったのかなあ。

    ユーザーID:4010761350

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    窓を開けて眠ってもエドガーさんは来ない(心は乙女様)
    海辺は走るだけ無駄、恋人からのデコピンの愛情、恐怖の人さらいヘリコプター
    研究者も驚く七色の花、毎日行っております「ウィッキーのインタビュー」(るるるんるんるん様)
    決して大きくない都会「東京」(大門様)
    若い人千人くらい来て:若干名(チゲ様)
    下積み生活しても出世するとは限らない(アングラ様)
    不屈の木こり:北島三郎さん、ジャパンサーカス団:相撲(無知だったわ様)
    地元出身者しか歌えない演歌(演歌様)
    意地悪な人でも結婚できることもある(家猫様)

    私自身もまだまだ勘違いしていることが沢山あるのに思い出せません。
    また思い出し次第書き込みさせて頂きます。
    いつも皆様のお話ばかりお聞かせ頂いて申し訳ありません。

    引き続き募集させて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します♪

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 日本一忙しい先生

    まだありました。

    子供の頃、よく届いていた進研ゼミのDM。

    そこにはメガネをかけて赤ペンを持った男の人が描かれており、
    私は「申し込んだらこの先生が添削してくれるんだ!」と思い込んでいました。

    大学のアルバイト掲示板で、赤ペン添削の募集広告を見かけたときは
    軽いショックを覚えたものです・・・。

    ちょっと考えてみたらすぐわかることなんですけどね。

    ユーザーID:8492685148

  • おへそ

    私は幼い頃、赤ちゃんはおへそからぽこんと生まれると、信じてました。

    私の思い込みを訂正するのに、母は苦労してました。
    正しい説明は、しにくいですよね〜。

    かつて臍の緒で母と繋がっていたなんて、自分が子供を二人生んでいるのに、今でも不思議です。

    ユーザーID:1569863708

  • 皆様、コメントありがとうございます♪

    忙しすぎる眼鏡の男「赤ペン先生」(PINE様)
    おへそからぽこん:赤ちゃん(障子にメアリー様)

    色々と忙しく、大好きな小町を開くことさえ出来ぬ日々‥。
    コメントお返しするのが遅くなりまして、大変申し訳ありませんでした。
    ようやく落ち着きましたので改めて。

    引き続き募集させて頂きます♪♪
    どうぞよろしくお願い致します。

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 昔の色

    両親が小さい頃はもちろん、両親が結婚した当時は
    世の中が白黒の世界だと思ってました。

    カメラは見える通りに写すと信じていたので
    世の中が白黒じゃなくてきちんと色が合ったんだと知った時は
    衝撃でした。

    ユーザーID:8593743148

  • 本当に楽しいトピで楽しくてついつい私も

    私も子供のころ ずいぶん前になりますが、今は亡き父が キリンは(動物の) ビール ビール と 鳴くんだよ。 と 言うのを ずーっと 信じていました。楽しい思い出のある 父ですが、 孫には そんなこと いえません。 でも キリンて なんて鳴くんでしょうね。

    ユーザーID:7204000319

  • ちくわさん、紫敷布さん

    丸ビル!
    私は関東在住ですが、西日本の友人に
    「東京の丸ビルって、なんで丸くないのに丸ビルっていうの?」
    と、真顔で聞かれました。
    丸の内(地名)にあるから丸ビルなんですけどね。(笑)

    そういう私もずっと大阪にも「丸の内」という地名があってそこにあるから丸ビルっていうんだと思ってました。
    円形のビルということは知っていたので、
    「丸の内にあるからって丸いビルを建てるなんてさすが大阪人だなあ〜」と勝手に感心してました。

    ユーザーID:0367649892

  • 堕落のイメージ

    とてもおもしろくて一気に読んでしまいました。

    さて自分の思い込みですが・・・
    勉強をサボったり恋やオシャレにうつつを抜かしたりすると堕落すると思っていました。
    しかも自分の堕落のイメージ↓

    散らかったボロアパートの一室でアルコール依存症の男に「酒買ってこい!」と怒鳴られて
    スリップにカーディガン羽織って泣いている赤毛のパーマ頭の女。
    真夜中で外は雨。

    こんな人子供のころも今も身近にいなかったし見たこともないのに
    一体何の刷り込みなのか・・・

    ユーザーID:2755789126

  • 婆ちゃんの教え

     子供の頃、実家の物置に、味噌や漬物が入った木の樽が並んでいました。
    そのうちの一つには、分厚い一枚板の蓋がしてあり、さらに巨大な石がのせられていました。

     その中には生きたヘビ(毒はない)が百匹くらい入っていて、
    「言うこと聞かないと、あの中に閉じ込めるからなっ!」
    と脅されていました。

     ある日の事。風邪をひいて寝込んでいた私を、婆ちゃんが懸命に看病してくれていたのですが、
    婆ちゃんが違う部屋に行っていなくなったとき、ふと気付くと部屋の中に『うちゅう』が入ってきて、
    部屋中に散らばってしまいました。

     部屋を散らかしておくと、あの樽に閉じ込められる…そう考えた私は、手近にあったぞうり袋に
    『うちゅう』をかき集めて入れようとしたのですが、なにせ『うちゅう』ですから、どうやっても
    ぞうり袋には入らない。部屋の中に無数の巨大な『うちゅう』がどわんぐわんすわん…と漂っています。

     「婆ちゃんごめんね…婆ちゃんごめんね…」

     あの時の切羽詰った私のうわ言が、今でも耳に響いています。

     これをトピ主さんがどう略してくれるのか、すっごく楽しみ…。

    ユーザーID:7351866925

  • 空間認知力は今でも弱い

    また来ました。

    子供のころ、金太郎飴は横に切ったら横顔が出てくると思っていました。

    また来ます。

    ユーザーID:8492685148

  • 右、左??

    小学1年の教室の黒板の向かって右側に「みぎ」、向かって左側に「ひだり」と大きく書いてありました。
    発表などで黒板の前に立つと、私の左手側に「みぎ」、私の右手側に「ひだり」と書いてあるのが不思議でした。

    先生が「右手を挙げて」と言って手を挙げる先生の手は「左手」なのが不思議でした。

    かなり混乱した覚えがあります。

    右利きの私は、「右はお箸の手」「左はお茶碗の手」と自分で言い換えて、先生の右手、左手に惑わされないようにしました。

    今でも、右と左の認識がワンテンポ遅いのは、無意識のうちに言い換えてから認識するからだと思います。

    ユーザーID:4082253835

  • もっと早く真剣になっていれば

    こんにちは。
    皆さん、本当に面白いです!
    会社でコッソリ見ていて必死で笑いをこらえています。

    私も「おへそのゴマ」は言われて育ちました。
    あれ、何なのでしょうね?

    これは10代後半から20代半ばまでのことですが・・・

    「今は若いから言っても分からないだろうけど、シミ・シワ・タルミを
    起こさないように、日焼けなんてしない方がいいのよ」

    「その内、胸もウエストのくびれもどっかに行っちゃって、下腹が
    出てくるのよ」

    んなアホな!誰の話だよ!って思ってました。
    あー、もっと早くから真剣に対処すればよかった〜

    ユーザーID:6862291276

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    昔は色なし白黒世界(B&W様)
    幻の珍獣「ビール」と鳴くキリン(オハイオのおばさん様)
    丸いから丸ビル(ふうこ様)
    恐怖の堕落の象徴:アルコール依存症の男と住むスリップにカーディガンの泣く赤毛パーマの女(とてもよいこ様)
    「うちゅう」はぞうり袋には入らない(飛行船様)
    意外とハイテクな「金太郎飴」(PINE様)
    謎の「みぎ」「ひだり」(まげまん様)
    歳を重ねると色々出てくる(シドニー様)

    皆様の勘違い話をお聞かせ頂くことによって「なるほど」「勉強になった」
    と沢山たくさん学ばせていただき、嬉しい気持ちでいっぱいです♪

    私は歳を取ると必ず誰もが入れ歯になると思っていました。
    ご自身の歯で元気良く生活されている方もいると知って驚きました。
    完全に負のイメージの勘違いですね(笑)

    まだまだ募集させて頂きますのでよろしくお願い致します♪

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • ここオモシロい!

    ありきたりですが、

    小さい時、「コーラを飲むと歯が解ける」と言われ怖くなり、
    しばらくの間 スプライトに変更したりしていた。。。

    活躍している力士や野球等、tvで見る選手はいつまでも年上のような気がしていたけど、
    話題にあがる選手の年齢が自分より歳下になってゆくので
    不思議な気持ちだったなー。今はさすがに慣れましたが。。。

    ユーザーID:0445840703

  • 公民館とアラレちゃん

    私が産まれたばかりの頃、両親は公民館の管理人として住み込みをしており、
    後々も「公民館に住んでた頃は・・・」とよく会話をしていたので、
    公民館とはアパートの種類だと思ってました。

    小学校の授業で先生が「公民館に行ったことがある人?」と言い
    「はい!住んでました!」と自信満々に手を挙げたところ
    先生はびっくりして、クラス中は「なんかよくわからんけど、すげえ〜」みたいな反応で、なんかよくわからんけど恥ずかしかったです。


    ちっちゃいころ毎週アラレちゃんのアニメのエンディングに合わせて
    右向いて、左向いて、ばいちゃばいちゃをしていました。
    そうすればいつかペンギン村に行けると思ってました。

    ユーザーID:0251558476

  • 後楽園のゴレンジャーショーに行きました

    昭和46年生まれです。
    4〜5歳のころ後楽園のゴレンジャーショーに行きました。
    父と兄と私の3人でした。

    ショーではいつもテレビでみるゴレンジャーや
    掛け声が「ホイホイー」の敵もそのまんまでした。
    そうか、いつもこの人たちは後楽園に住んでいるのか・・・。
    と思ってました。

    ショーの後、トイレに行くことになり焦りました。
    モジモジしていると父から「どうした、いつもトイレ一人で入れるだろう?」
    と言われたので
    「モモレンジャーがいたら何て言えばいいの〜?」
    と答えたら父は「お疲れ様ですでいいんだよ」と笑って言いました。
    モモレンジャーは当然女子なので、女子トイレにいると思ってたし
    手を洗ってハンカチで拭き拭きしてるんだと思ってました。

    すかさず意地悪な兄が「馬鹿でー、モモレンジャーの中は男だぞー」
    と騒ぎ始めて父からげんこつをくらってましたが。

    ユーザーID:4443768287

  • 牛丼、妊娠、埼玉

    皆さん、おもしろすぎ〜!

    さて、私の場合…

    その1:小学生のとき
    牛肉=高い→牛丼は高級料理
    と思っていました。

    その2:小学生のとき
    ありがちで、同様のレスもいくつかありますが、
    結婚しないと妊娠しないものと思っていました。
    だから一条ゆかりの「砂の城」で、
    ナタリーの妊娠が「どうして?」と不思議でしかたありませんでした。
    (「砂の城」未読のかたにはわからなくてすいません。)

    西日本在住の私の妹:つい数年前まで
    埼玉県全域が、大宮や浦和のような街だと思っていたそうです。

    ユーザーID:2266763795

  • 薬の・・・

    薬を飲むとき書いてある「食間」

    最近まで、ご飯を食べている途中に飲むことだと思ってモグモグしながら薬を飲んでました。
    まさか食後2,3時間後のことだったなんて。

    ユーザーID:5205065691

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    体調を崩し小町からしばらく遠ざかっておりましたが
    回復しましたので大変遅くなりましたがコメント返させて頂きます。

    恐怖の歯溶けドリンク「コーラ」、ずっと年上の大人(もか様)
    公民館アパート、ペンギン村へのパスポート「ばいちゃ」(てんどんちゃん様)
    後楽園在住のゴレンジャー(トマジュー様)
    高級料理「牛丼」、妊娠の条件:結婚、県全体が都会な埼玉(もうすぐ40女様)
    ご飯を食べながらお飲みください「食間」(まりぼさ様)

    このように皆様と「勘違いしていた事」を共有することによって学べる素晴らしさ。
    きっと長い人生の中で、ずっと勘違いしたまま終わってしまうことの方が多いのでしょうね(笑)

    引き続き募集させて頂きますのでよろしくお願い致します。

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 8月は、大人も「夏休み」だと思っていた。

     ・父が大学教員です。私が小学生の頃は、8月は家にいることが多かったので、
    8月は、日本国中の大人も子供も夏休みだ信じていました。
    中学に入って、それが間違いだと初めてわかりました。
    世の中のほとんどの大人は、盆と正月にせいぜい1週間の休みしかない・・
    と知った衝撃は大きかったです(笑)

     ・プロポーズの言葉を忘れるなんて、絶対ありえないと思っていました。
      「忘れてしまった」というのは、照れ隠しだと思っていました。
      が、結婚12年。夫がプロポーズしてくれたときの言葉、「うろ覚え」になっている私です・・・・・

    ユーザーID:6527920770

  • 討ち入り

    我が家では、両親&祖母ともに忠臣蔵が大好きで
    12/14(討ち入りの日)はクリスマスより特別な日でした。
    もちろん、色々とそれなりの行事があります。
    中1の時、12月13日の終わりの会で先生が「明日は何の日でしょう?」
    との問いかけに、すっくと手を挙げ「討ち入りの日です」と答えました。
    先生の変な表情とクラスの???な反応に戸惑いながらも
    このことがあるまで「忠臣蔵の討ち入り」は国民の祝日のようなものだと思ってました。
    先生の正解は「生徒会立候補の締切日」でした。

    ユーザーID:8945169318

  • 遠い横浜はほんの目と鼻の先?

    三重在住ですが、幼い頃、祖母の実家のある横浜に行き、しばらく滞在しました。
    三重に帰ってきてから、川向こうに見える家並みが楽しかった思い出の横浜だと信じていました。
    何年かして、そうではないと気付いた時、わたしの中の何かが終わったようでした‥

    ユーザーID:4072424076

  • 子供の頃に...

    小学生の頃だったと思います。
    女の人は結婚して40歳を過ぎると髪の毛をクルクルパーマにしなければならない。
    (ちびまる子ちゃんのお母さんふうに)と思い込んでました。
    本気で歳をとりたくないと思ってました。

    ユーザーID:6415808134

  • 四国とポスト。

    ・四国は外国だと思っていた。
    「四国ってどこの国?」と聞いた時の
    父のびっくりした顔…

    ・ポストと各家が繋がってると思っていた。
    地面の下はトンネルだらけで大変だなと思ってました。
    引越ししたらまた工事するのかななんて。

    小さい頃の話ですよー

    トピ主さま、私も降水確率100%は
    どしゃぶりだと思ってましたよ(笑)

    ユーザーID:2651857039

  • 生放送&ごせんえん

    ■テレビは全て生放送でやっているとおもっていました。
    ・・・たまたまCMが2回連続同じものが流れたとき「大変だなぁ、まったく同じことが出来るのがすごい!」と思いました。
    トイレとか食事とかどうするんだろう?と真剣に悩んでいました。

    小さいときなのでテレビは1時間とかしか観てなかったので、もし深夜たまたま同じCMを観ていたら、その時のCMの出演者に対しもっと心配していたかも?

    ■5000円!
    ・・・選挙がはじまると、車の中から手を振ってくれることがすごくうれしくて「○△□です〜」と声が聞こえると、外に飛び出し一生懸命手を振っていました。車の中からは「ごせんえんありがとうございました〜」と子供に対しても暖かい言葉が・・・

    部屋に戻り母に「5000円あげてないのに、ありがとうと言われたよ」と・・・

    選挙違反で捕まりますよね〜

    ユーザーID:9539376561

  • 確か小3の頃

    学校の意図が分からないんですが、
    性知識をどのくらい持っているか、というようなアンケートが配られました。

    どうしたら赤ちゃんができるか、というのは、
    なんとな〜く知っていた私。
    「赤ちゃんはどこから生まれますか」という問いに、
    「おへそのところから生まれる」と、堂々と書いて提出しました。
    以前のレスにあった「おへそからぽこん」イメージです。

    考えたら、おへそのゴマとは比べ物にならないような巨大なものが
    おへそぽこんで出てくる方が怖いんですが・・・

    そしてしばらくして、「赤ちゃんは股の間から出てくる」ことを知ったとき、
    へその緒はせいぜい20センチだと思っていたが、
    ビヨ〜ンと伸びて出てきたものを切って、それをまた体内に戻すのか?!怖い〜!
    ・・・と慄きました。

    胎盤というものの存在を知らなかった頃の話です。

    ユーザーID:7204219987

  • 結婚について

    高校生になったら自動的に彼氏ができて、キスとかしちゃうんだと思ってました。
    運動部のマネージャーをしたり、下駄箱にラブレターを入れたり入れられたりするんだと思ってました。
    バレンタインデーにチョコが山積みになるような先輩がいるんだと思ってました。
    そして、20歳くらいになったら自然と結婚して子供を産むんだと思ってました。

    なんか、そういうものじゃなかったみたいです(笑)

    ユーザーID:7204219987

  • 皆様、沢山のコメントありがとうございます♪

    大人もみーんな夏休み、人生における大事な言葉も忘れる事がある(さくら40代様)
    12月14日は「討ち入りの日」(ぴょん様)
    川を挟んで三重・横浜(にゃ様)
    40過ぎたらクルクルパーマ強制(しぇび様)
    新しい国「四国」、トンネル直結ポスト(ジャン=ケン様)
    生放送のみのテレビ、「5千円ありがとうございます」(はちえもん様)
    へそから生まれる赤ちゃん&体内に戻すへその緒、恋してキスして結婚して出産(くるるん様)

    私と同じように、降水確率100%が土砂降りだと思っている方がいて安心致しました(笑)
    恥かしくなるぐらいに主人に笑われましたから‥。

    引き続き募集させて頂きますので、皆様コメントよろしくお願い致します♪

    ユーザーID:5397629353

  • トピ主のコメント(20件)全て見る
  • 全国の良識ある男性の方がた、すみません

    中学生の頃の私は「男はオオカミ」というのを、真剣に信じていました。

    「たいして好きでもない女でも、ちょっとスキを見せたらそのままキスされて押し倒されて、ヤられてしまう、特に若い男は。」と。

    そんな人間ばかりじゃないということが、大人になってからわかりました。

    本当に申し訳ありません。

    ちなみに私は女子校育ちです。

    ユーザーID:6010074193

  • いろいろ

    スキー場の「ロッジ」や「ホテル」は、山の頂上にあるのだと信じていました。
    真実を知ったのは、夫と初めてスキーに行った28のとき。
    そうだよね、吹雪いたらたどり着けないホテルじゃ困るよね……。

    実家でもしていたはずなのに、なぜか貝の砂抜きは一晩かけてするものと思っていました。
    新婚時、買ってきたアサリが全滅しました。

    ユーザーID:3587664801

  • 子供の頃

    近所の山の後ろ側には、ウルトラマンが寝そべっていると固く信じていました。

    そろばんの先生は和服を着るものだと思っていました。洋服姿の先生をスーパーで見たときはショックでした。教室では着物を着るようにしてらっしゃったんですね。

    『いぼる』『ほがす』(ともに博多弁)は方言ながら、全国に認知されている言葉だと思っていました。30歳にして初めて通じないことを知りました。

    ユーザーID:6049243969

  • お尻の中に・・・

    お尻の中にウ○コが詰まっていると
    思っていました。

    家族中で馬鹿にされましたが
    ある日テレビでタモリさんも
    同じ思いであったことが判明し
    なんだか嬉しかったです。

    ユーザーID:1363186414

  • 男性が興奮すると・・・

    大学に入るまで信じていたことです(私は女子校)。

    男性の性的興奮と普通のスポーツなどでエキサイトする興奮の区別がついていませんでした。
    なので、
    スポーツ選手は、試合中ずっと大興奮で、下半身が大変なことになり続けていると信じていました。
    長丁場のサッカーなどは本当に大変なんだろうなぁ、、、と。

    大学に入学して、初めて男性とおつきあいして、
    「性的」興奮は別物、と教わり、へぇーーと思いました。
    が、
    これは誰に言っても、「そんなこと本気で信じてたの?」とあきれられます。

    ユーザーID:5288702003

  • ブラックカンチガイ

    幼少の頃。

    激しい夫婦ゲンカのことを「リコン」と思っていました。

    蛾の粉に触れると人は溶けると思っていました。

    広告飛行船は宇宙人の侵略船だと思っていたので
    決して見ないようにして、頭上を行き過ぎるまで物陰に隠れていました。

    ユーザーID:2138857202

  • あの時は幼かった…

    中学生の頃にイメージしていた自分の未来です。

    1、都会の大学で一人暮らし
    2、バイトにサークルに合コンに遊びまくる
    3、都会のそれなりの規模の会社に就職
    4、年上の先輩男性と社内恋愛
    5、結婚し寿退社。盛大な結婚式を挙げる
    6、専業主婦になり、クレヨンしんちゃんの家のようなマイホームに住む
    7、出産後、パートをしながら子育てに励む。毎年夏休みは家族旅行へ


    将来こんな人生歩むと信じて疑いませんでした。

    時が過ぎ、あれから20年…

    あーもう書いてて笑えます☆

    ユーザーID:3093634109

  • バスの放送案内を

    路線バスの放送の声(テープ録音)を、お姉さんがバスの天井で言ってるのだと思っていました。もちろん寝っ転がって(笑)。

    私鉄ではバスのような停車ベルが無いので、非常に緊張していました(母と一緒なのに…)。何故押さなくても止まるのか理解出来なかった幼稚園児でした。

    ユーザーID:5155800105

  • 昔は色が無かった。

    結構大きくなるまで
    昔は白、黒、グレーで色が無かったと思っていました。

    映画 ローマの休日が大好きな子供でした。

    ユーザーID:8482763764

  • コーヒーは大人の飲み物

    母に言われて信じてました

    小さな頃からコーヒーを飲むと肌の色が黒くなる

    考えてみたらコーヒーで黒くなるなら、麦茶も紅茶も飲んだら茶色くなりそうですよね

    大学生になるまで、なんとなくコーヒーを飲むのためらってました
    「そ、そんなわけないもんっ!」ドキドキ…笑

    今じゃ、ブラックコーヒーがぶ飲みです

    ユーザーID:8510527748

  • 恐怖のひび割れ

    乾燥した日が続くと、土の庭やグラウンドの表面に現れるひび割れや、古いアスファルトに走るひび割れ。

    私はそれを、深ーい深い地割れだと思い込んでいて、大きな地震が起こるとそこからパカッと地面が割れて、人や車や家が落ちていくのだと信じていました。

    怖かったですよ〜。
    体育の時間などは、ひび割れを踏んでしまわないように足元に注意を払っていました。
    夢中になるとすっかり忘れていましたけどね。

    子どもの頃、家にあった図鑑に載っていた「1960年十勝沖地震」の写真(道路が大きくひび割れて崩落している)と、「断層」の説明がごちゃごちゃになった結果のようです。

    真実を悟ったのは、1978年の宮城沖地震。
    当時住んでいた所は震度5でかなり揺れましたが、揺れがおさまった後、国道のひび割れには何の変化もありませんでした。

    ユーザーID:4563741698

  • 貴重だったもの二つ

    昭和30年代生まれです。

    我が家に初めて、で〜ん!とテレビが置かれた時はめちゃくちゃ嬉しかったものです。
    で、早速、テレビの側面に立ち、隙間を見つけてテレビの中をのぞき込みました。すると祖母が、
    「アンタ、何してんの?」と聞いたので、
    「中に居る小さい人探してんねん!」と答えたところ、家族全員に大爆笑されました。
    母が分かりやすいように説明してくれたけど、理解するのに時間がかかりました。

    パイナップルといえば、缶詰でしか食べられなかったあの頃。写真や何かで、スライスされる前の本来の姿は知っていました。我が家の近所には、椰子の木が街路樹として並んでいるのですが、パイナップルが大きくなったら椰子の木になるのだと信じていました。パイナップルの実の部分がぐーんと伸びれば、あの姿に…。
    真実を知ったのは、成人してからハワイでパイナップル畑を見た時でした。
    これも友人に爆笑されました。

    ユーザーID:6557666948

  • 紫の鏡

    wikiにもあるほど有名な都市伝説です。
    私が知っているのは「『紫の鏡』という言葉を20歳まで覚えていると死ぬ」でした。

    叔母の家に「紫縁の鏡」があったため、小学生の私は、叔母の家の玄関で大泣き。
    私のあまりのビビりっぷりに、叔母は鏡を外してくれました。
    「ボンちゃんが死なないように、おばちゃんが鏡を叩き割ったよ」と。
    (今思えば、かなり高級な鏡…叔母さん、ごめん)


    そんな私はアラサー。
    γ-GTPは高いですが、ピンピンしています。

    実は、15.6まで真面目に信じていました。
    自分、本当にアホですね。

    ユーザーID:0142899730

  • 山口百恵さんが歌っていた曲で・・・

    私は幼い頃、ずっと

    「はっきり いかだを つけてよ」

    だと思っていました。

    ちゃんと岸につけないと、いかだに乗れないでしょ! って意味かと。


    それから、小学生のとき、
    「高校生になれば、みんな彼氏ができて、彼がこぐ自転車の後ろに乗って帰るもの」
    と、思い込んでいました。

    ちなみに、そんな甘酸っぱい経験は一度もありませんでした。

    ユーザーID:8987025703

  • 長身のイケメンに

    大人になったら長身のイケメンが私のアゴをすっと持ち上げてキスを...

    って夢見ていたんですけど,実際やられるとムカつくもんですね。
    相手が少尉じゃないからか....?

    それからキスする時は単に美しく唇を重ねるものかと妄想してました。

    実際やってみると最初の頃は感触や口臭が...みなまで言うまい...

    マンガは私に夢を与えてくれましたね...夢醒めちゃったけど。

    ユーザーID:6344108936

  • 今でも信じてる

    地面を掘れば水が出て人のためになると思い、公園の砂場を何度も堀り進みました。
    土台板の出現や、帰宅時間に阻まれて一度も井戸は完成せず、世の中に貢献できませんでした。

    映画はドキュメンタリーだと思っていました。恋していたハンソロ船長をインディジョーンズで見かけて、
    なんかイメージ変わったなと思っていました。

    小学生作文コンクールで入賞して、将来小説家でも目指したら、と言われた時、
    若いうちに川で自殺を図らねばならない運命だと覚悟していました。

    図書館にはこの世のすべての本が蔵書されているものだと思っていました。
    世界の本を読破するつもりでした。

    募金をすればアフリカの子供達は飢えや病気に苦しむことがなくなると思っていました。

    次に何をしでかすか分からない女性が魅力的な女性と勘違いして、
    初めて彼氏が出来たとき平凡な頭をひねって奇抜な言動をしました。

    一人暮らしのとき公共料金の支払いが遅れ、ブラックリストに載ったと思っていました。

    いつか絶対私には宝くじがあたると思っています。

    ユーザーID:1393841606

  • せきゅう

    楽しいトピに参加したくなる出来事がありました。

    自分じゃないけど本人の許可取りました。

    2ヶ月前、途中入社した後輩は28才。
    とても良い性格の彼ですが、ある日パソコンの前で
    『コリスさーん、このパソコン変ですよ!!』
    と少々いらついておりました。
    『どしたの』と聞くと
    『石油って変換しないんですよ、石油って。ひらがなのままで候補もでないんっす!!』
    『そぉんなワケないでしょ』って彼の席まで行きました。
    すると彼、『ほらっほらっ』
    とリズミカルに入力し変換キーを。

    画面には 

    せきゅう せきゅう せきゅう…


    28まで石油は せきゅう だと思っていたそうです。

    ちなみに彼の母校は結構有名な大学で、国語は小学校から
    いちばん得意だったそうです。



     

    ユーザーID:4310635748

  • 1970年代後半

    に小学生だった私は両親に

    「将来、人類が滅亡しないために不老不死の(永遠に生きられる)飲み薬が販売されるよ」

    「みんなが欲しがるから売り切れちゃうと困るから絶対に誰にも言っちゃダメよ」

    と言われ信じてました。

    約束を守って今まで誰にも言いませんでした。
    ってか、このトピを見るまで思い出しませんでした。

    お母さん、ごめん、30年後の今ネットでばらしちゃった〜(笑

    ユーザーID:7378446493

  • Vincent さん。。。

    私もあなたが宝くじを当てると強く信じています!

    そしてその懸賞金で井戸を掘り続けて欲しい。

    密かに応援しております。

    ユーザーID:2129309207

  • 東京って・・・

    1、ウルトラマンを見て、東京っていっつも怪獣に攻撃されてコワいところ、って思ってました。新聞やニュースで報道しないのは、あまりにも日常化してしまっているからニュースとして成り立たないんだ、なんて妙な理屈をつけてました。それにしても東京タワーって(壊されても壊されても)すぐに新しいのができるんだというのは不思議でしたけれど。

    2、お母さんって、毎日自分の食べたいものを作れて、食べることができていいなぁ、って羨ましかったです…今考えると朝からあんなに力のこもった食事を作っていた母に脱帽です。

    3、天皇陛下の名字は「今上」だって思ってました。

    ユーザーID:6280290043

  • えだまめ

    小6までえだまめの白い部分(芽)をチーズだと思ってました。

    ユーザーID:4278240239

  • 本格コーヒー

    家から車で10分ぐらいの所に父方の親戚が住んでいて、家に遊びに行くととても歓迎して、必ずホットコーヒーを出してもらえるのですが。。。。
    ものすごっっっく苦く、ものすごーーーーくマズイ。。。。絶対飲めない。
    家でもコーヒーは飲んだ事あるのに、こんな味では決してない。

    「笑顔だけど来た事をおこってるのかも?」「いやがらせされてる?」と
    小学生の私は不安だったのですが、、、、、、、

    大人になってから、あれは単に「高級で、本格的な豆の濃い味のコーヒー」
    である事がわかりました。
    家ではインスタントに牛乳や砂糖をいっぱいいれたコーヒーしかしりませんでした。

    ユーザーID:7380397168

  • 時代劇で

    若かりし頃というよりは幼稚園児の頃ですが。時代劇で、正義の味方の主人公と戦って、切られて倒れる役の人は、本当に切られて死んでいると思っていました…

    ユーザーID:6421237776

  • 初めて言います。

    あこがれだった人…
    彼が夢に出てくるのは『私に会いに来てるから』と勝手に思っていました。
    そんな朝は、とても幸せな気分で目覚めました。

    しかーし、ある日突然に、それは絶対、非現実的な事であり得ない事、私がいくら夢で逢っていても彼には何も関係ないのだ!と気付いてからは、出て来なくなりました。

    でも、あの幸せの目覚めをもう一度体感したいなと思っています。
    主人に何でも話すおしゃべりな私でも、これは言った事がありません。

    ユーザーID:6565999499

  • 今でも信じたい。

    若い頃は食べても食べてもホントに食べても
    「太らなかった」私。
    ゴボウだとか痩せの大食いだとか言われて有頂天になってた。
    そして、私は絶対に太らないと信じてた。

    が、
    社会人になって、上司と飲み歩いたら
    10kgも増えた。

    もとに戻ると思ったら大間違いだった。


    必死にダイエット中だよ!

    ユーザーID:6159084881

  • なんですな

    人生半世紀生きちゃった。

    若かりし頃。

    病弱だったので30歳までが寿命と思っていた。(老後が心配です)

    喘息だったので煙草は吸わないと思っていた。(そうとう吸ってます)

    30代で家を建てると思っていた。(いまだに借家です)

    理科なんて適当にしていればいいと思っていた。
    元素記号、電気の事、化学反応等。
    (会社入ったらその関係の事してます)

    初デートではしっかりエスコートするようにいろいろと準備してました。
    (当日、車にキーを閉じ込めて散々でした。)

    ノストラダムスの予言が当たると思っていた。
    (明日から会社休みだと仲間と祝杯を挙げた翌日から
     また会社行ってます。残念会しました。)

    ネットの掲示板なんてくっだらない。
    一生しないつもりでいました。
    (今、小町してます)

    人生はライフプラン通りしっかりせねばと思っていた。
    (今、コンビニでちゃらんぽらんで買い物しています)

    もっとあるけど、書きたくなくなってきましたのでこのへんで。

    ユーザーID:1920993955

  • あります。

    厚揚げ(絹揚げ?)は、油揚げの皮?にお豆腐を注入していると
    信じて疑いませんでした。
    きっちり角がある厚揚げ、かなりの技術がいるんだろうなぁと
    思っていました。中身のお豆腐も普通のお豆腐と食感が違う、
    これは特別な豆腐を油揚げの皮に入れているんだと。

    中学に入り、同級生にお豆腐屋さんの子がいました。
    なので「厚揚げって、作るの大変なの?」と聞くと「簡単だよ」の返答。
    「え〜、あんなにきっちり油揚げの中にお豆腐入れるのに??」
    ・・・・爆笑されました。
    お豆腐を油で揚げると「厚揚げ」になるって知らなかったんだもん。
    ちなみに油揚げもお豆腐とは知りませんでした。

    ユーザーID:1638863035

  • あるよ、あるよ!

    小学校に上がる前・・・

    寝ている時は息をしてないと思ってました。布団に入って息を止め、1、2、3……10まで数えた覚えがありません。寝付きが良かったんだなあ。

    大きくなったら男になると誰かに吹きこまれて信じてました。

    テレビに出てくる人は皆CG(なんて言葉は知らなかったけど)だ、とも・・・

    十代になってからは、自分は結婚も子作りも一生興味無いと思ってました。新米ママです。

    大学では皆、恋愛はお遊びだと思ってると思い、ゴタゴタは付きもの、失恋では泣くもの、etc... それらしく振舞ってはいたけど、恋人としても友人としても実の無い人間でした。あのころ私に関わってくださった皆様、すみませんでした。

    ユーザーID:9903322701

  • 私も!

    小学生の頃の話。

    家に車がなかったので、車の仕組みを知りませんでした。

    「頭の中で行きたい方向を考えると、ウインカーが勝手につく!」
    と思っていました。

    それが間違いだと気がついたのは、高校生の時に彼氏に
    「ウインカーってすごいよね〜。」と言った次の瞬間でした(笑)

    ユーザーID:4041007748

  • おとなの仲間入り


    ブラは寝るときもつけているものだと思っていた。

    初めてブラをつけたその晩、ウキウキしながらお風呂上りにつけていたら
    母が「寝るときは着けないのよ〜」と。
    大人気分で寝れると思ったのにー

    ユーザーID:9997847766

  • 2つほど

    父と母が美男美女だったので、小学生だった普通の顔の私は
    「今は普通だけど、大人になったら美人になる」
    と、信じて疑いませんでした。
    すでに50近いですが、未だに美人にはなっていません・・・泣

    大人って何でも知っていて、なんでも我慢できて、とてつもなく力持ちだと思ってました。

    大人になりましたが、何も知りませんし我慢するのが嫌いだし、非力です。

    ユーザーID:5965530235

  • ありました

    小学校に入る前に友達から、哺乳瓶の形をしたキーホルダーみたいなものを見せられ、これ、お母さんがふぅーって吹いたら階段上がって行くねんって言われて、ふーんって信じていました。別の友達は、うちのお父さんは手のひらから四つ葉のクローバー出すねんと言っていました。当時はみんなですごいなぁ、と思うことがたくさんありました。もう早、25年以上がたってますがね〜〜〜

    ユーザーID:0940187588

  • 宇宙な世界

    小学1年生まで、

    地球が日本、
    土星がアメリカ、
    火星がイギリス、
    木星がフランス

    だと思っていました。

    もちろん飛行機で宇宙を通って旅行していると…

    ユーザーID:9967376720

  • 太陽が黄色くみえる

     ものすごく疲れたらこう言うって信じてました。アラフォーのとき、パート先でものすごくくたびれたのでオッサン相手に言ったら....なにをいってるんだと言われて、他の方からホントの意味を聞いて...エッチしすぎてヘロヘロのときに言うらしい。ガックリです。

    ユーザーID:9058140959

  • あるある〜!

    20代後半ですが・・・

    結構、最近まで、お相撲さんは公務員だと思っていました。
    会社で恥をかいてしまいました・・・

    あと、ノドチンコは男にしかないものだと思っていて、
    女なのにノドチンコがあることに密かに悩んでいました。

    ジェイソンは13日の金曜の夜に夜更かししている子を殺しに来る
    と思っていて、13日の金曜の夜はとにかく早く寝るようにしていました。

    なんでこんな思い込みしていたのか、謎だけど、本気で信じていました。
    今でも、普通に信じていることが実は間違っていそうで怖いです・・・

    ユーザーID:3754286634

  • 何でだろう。。。?

    普段はほとんどレスしないのですが、これはあまりにも面白いのでつい出てきてしまいました。

    こどもの頃から勘違いが多く(しかも自分の勘違いを真実と信じきっていて途方もなく仕方がない)いろいろと家族や親戚を楽しませてきました。

    それでも、この二つだけは間違っていたと判明したときの衝撃がすごすぎ(恥ずかしすぎ)て誰にも言ったことがありません。

    1.アゲハチョウは「揚げハチョウ」だと思っていた。イメージ的にはかき揚げを想像。
    2.後楽園は「後宮楽園」を省略したものと思っていた。したがって女子供の行く場所ではないと思っていた。

    今考えると全然意味不明です。

    ユーザーID:3874155285

  • 東名高速

    小学校のころ、マジで
    「東名高速」のことを
    「透明高速」だと思い込みました。
    上からでも透けて渋滞状況がわかるなんて
    さすが東京だなぁと感心したものです。

    ユーザーID:5377624608

  • 芸能界は素晴らしい世界

    きれいな衣装を着て。テレビで華やかな姿を見せて。。。

    芸能界は魔法の世界みたい、みたいな。
    芸能人のファンクラブにも入っていました。

    でも、実際は
    いろいろなつながりがあって。純粋や普通だと生きていけない世界なんだと成人してからわかりました。

    ユーザーID:3414542113

  • 高校野球

    わ〜このトピまだ続いていたのですね!

    この夏思い出したネタをば。

    高校野球で、勝った学校が校歌を歌うのをみて
    「このお兄さん達は、歌もうまいんだな〜」と思っていました。
    勝ち進むほどに何度も校歌を歌うので、うまくなるのかと。

    野球選手が昔レコードをだしたりしてましたよね?
    「やっぱり」と一人納得していました。

    ユーザーID:7268166991

  • 宇宙な世界、私も!

    夜、空で光っている星を見ては、外国も夜なのね〜と思っていました!
    外国に行くには飛行機乗らなきゃいけないし、結構大きくなるまでそれで納得してました。
    時差とかあるって理解してたにもかかわらず、なんとなく自分の中で筋が通ってました(笑)

    ユーザーID:8964733233

  • 掘りました

    土をずっと掘り続ければ、簡単に底まで辿り着いて、
    地球の裏側へひょっこり顔を出せると思っていました。

    幼少期、がんばって掘ったけど、ぜんぜん辿り着けず、
    30cmくらいで断念。
    地球がそんなに大きいものだと知りませんでした。

    ユーザーID:9987377776

  • 恐竜絶滅の真相

    40過ぎていますが、つい最近まで何となく、
    恐竜は隕石が「当たって」絶滅した
    と思っていました。

    冷静に考えたらそんなワケなく(笑)
    隕石が直接頭とかに当たったからではなく、地球の環境が激変したからなのに。
    NHKスペシャルとかで散々そういうのを見ていたのに、なんでかそう思い込んでいました。

    子どもの頃に読んだ本の挿絵が元凶のような気がしますが・・・
    発覚したとき、夫には爆笑されました。

    ユーザーID:7418853572

  • 私も掘りました

    そして色が違う地層が出てきたのを見て、
    「これがマントルだ」と大満足しました。

    ユーザーID:7118068918

  • 地割れと赤道

    地割れの話が何件かありましたが、私も地震で地割れが起こると、そこにはまった人は地球の中心まで落ちてドロドロに溶けてしまうのだと思っていました。実際に、地震の死亡原因としてはそんなものはないのですが、そういう人たちは「行方不明」にカウントされているのだと。(実は今でもちょっとそう思っています)
    さらには、地球の中心を通り抜けるのは一瞬なので、何らかの方法(耐熱スーツとか)で身を守っていれば、うまくいけば地球の反対側に無事に出られると思っていました。なので、防災グッズとしてそういったものを用意していないのは大人の怠慢だと・・・(苦笑)
    あと、これは自宅にあった地球儀の影響なのですが、赤道というのは経度ゼロの地点に赤い線(地面が割れてマグマが剥き出しになっているイメージ)が走っていて、近づくと輻射熱で熱い(赤道直下は暑い、というじゃないですか)のだと信じていました。

    ユーザーID:1437538807

  • 赤道訂正

    赤道は経度ゼロではなく緯度ゼロでした。失礼しました。
    ま、どっちにしろそのような線?、溝?があるとおもってた自分に苦笑いです。

    ユーザーID:5125092277

  • 小さい頃

    ニュースでよく聞いた「子供が誤って池に落ちて死亡しました」

    などのニュースを聞き、子供が謝って(おわびするためおじぎをして)池に落ちたと思ってました。

    死んじゃうくらい謝らなくてもいいのに と思っていた私でした。

    ユーザーID:7043905769

  • 信じていた、というか勘違い?

    今朝のスッキリ!をみて思い出しました。

    ある日ラジオから流れてきた爽やかな歌声。
    「いや〜稲川淳二って意外と才能がある人なんだなぁ。
     テレビじゃあんな騒がしい感じの変なオジサンなのに」



    …そうです、その歌は稲垣淳一の歌だったのでした。

    ユーザーID:7268166991

  • やだ〜ありました〜

    あ〜うわぁ〜思い出した〜夢子ちゃんしたわ〜。
    そうそう20代…失恋ならまだしも…別の悩み…、
    誰もいない公園、思わずブランコを漕いでました。
    だぁぁれもきませんでした。
    ドラマなら「〇〇ちゃんどうしたの?こんなとこで」って誰かしらが来て始まるのに…
    帰った帰った。

    ユーザーID:2773631446

  • 今はむかし


    小学校低学年の頃、ある日頭がピキーンとさえて、
    超能力が開花し、地球を守るために戦うのだと思っていました。
    実際は高学年になって、天パで頭がもじゃもじゃになっただけでした。

    小学校高学年の頃、中学に行ったら
    下駄箱にラブレターをいれるものだと思っていました。
    実際はフタなしのオープンな下駄箱で、入れる機会もありませんでした。

    中学生の頃、男の人がつけるキスマークは、
    男の人も口紅塗っているからつくものだと思っていました。
    内出血と知ってから、どうやったらマンガのようなキスマークになるのか
    自分の腕吸って練習してました。

    高校生の頃、キスは唇を合わせるもの以外はないと思っていました。
    舌入れられたとき、びっくりして相手を突き飛ばしました。

    ユーザーID:1478569894

  • おもしろいトピですね

    一人でげらげら笑ってました。
    同じ勘違いなさってる方って結構多いんですね。

    私は、小学生のとき、“脱サラ”のことを“サラリーマン金融へ借金の返済をし終わる”と思っており、
    TVで「オーナーの○○さんは脱サラしてこのラーメン屋を開きました」とか聞くたびに
    「この人はよく借金全部返してラーメン屋開いて、しかも繁盛しててえらいなぁ」と少し尊敬してました。

    最近“脱サラ”ってあんまり聞かないですねー

    ユーザーID:8160617125

  • アメリカ

    魔法少女物アニメを見て、自分も当然変身できると思って、親にねだって買ってもらったおもちゃの魔法ステッキを振って変身できず現実を知った、というのはもはや常識でしょうから脇に置いといて。

    私の勘違いは、旧ソ連の位置が、アメリカだと思っていた。
    じゃあアメリカの場所は何の国だと思ってたかというと・・・
    何も考えていなかった。

    ちなみに大学まで信じてた。

    本当に馬鹿。

    ユーザーID:3962828962

  • 飴ちゃん・・・

    大阪出身の私。
    鹿児島の大学に行くまで「飴ちゃん」って全国の人が言うと思ってた。
    飴に「ちゃん」づけするのって関西(大阪のみ?)の人だけだったのね・・・

    友達の妹の話。
    生理が来たらナプキンのCMみたいな薄い青やら緑のものが出ると思ってたらしい。
    確かにCMってそうだもんね。
    で、最初に生理が来た時「色が違う!!!」と焦ってお母さんの所に駆け込んだとか。

    ユーザーID:7364442571

  • ニュースを見ていて

    「汚職事件」は「お食事券」だと思っていました。

    「収賄」の意味は母に教わったのですが、
    賄賂として金券=お食事券をやりとりすると思い込んだようです。

    ユーザーID:8436467805

  • つい最近知りました(恥)

    数ヶ月前まで

    アフリカ大陸は全部「アフリカ」という国だと信じていました。

    30代です・・・。

    ユーザーID:9982806076

  • 赤ちゃんは

    結婚式をあげたら、何らかの合図によって母親の体にスイッチが入り、赤ちゃんができるものと思ってました。勝手に思い込み、どんな合図か知りたくて、親にしつこく聞いてました。どんな合図だった?と。答えに困ったでしょうね…。
    メンマは、割り箸を煮たものだと思ってました。ラーメンを食べる時、割り箸で割り箸食べてる…と考えてました。
    カラスより大きい鳥は、子どもをくわえて飛んでいくと思ってました。幼稚園の頃です。大きな鳥が飛んでると、さらわれないように、友達としっかり手をつないで隠れながら歩いてました。
    こどもの想像力ってすごいですね。

    ユーザーID:9743600020

  • カップめん出始めのころ

    70年半ば 近所の食品店の店先に 
    ふしぎな容器に入ってる ?な品物が華々しく積んであった。 

    『カッ○ヌードル』

    当時 小学校低学年だった自分は 
    これは 「コドモがが見てはイケナイもの」が、
    入っているに違いないと 勝手に思い込み

    中学生の兄の勉強部屋にあったことを
    母親に言いつけようか真剣に悩んでいた。

    ユーザーID:9263578301

  • ごく最近の勘違いですが

    ユースケ・サンタマリアって、日系ブラジル人ですよね・・・だってほら、ラテンっぽい名前じゃないですか。マルシアみたいな感じで。えっ、違うんですか?

    ユーザーID:3461416826

  • 子供の頃は

    最後には正義は必ず勝つと信じていた。

    ・・・・・いつから信じられなくなったんだろう?



    我が親と髪の毛は永遠だと信じていた。

    ・・・・・もっと大事にするべきだった。



    人生五十年も有れば世界征服できると信じていた。

    ・・・・・6畳は征服できたが猫と共同統治だ。

    ユーザーID:8605452197

  • 親を信じたのは4歳まで

    「緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ〜」

    皆さんご存知のかなり有名な曲です。

    この歌がはやった頃はまだかなり幼かった私ですが、父が「ポルシェ」を「三輪車」に替えて歌っており、その後本物を聞いても「これなんかおかしくないか?」とてっきり「三輪車」が正しいと思い込んでいた私は父を盲目的に信じていました。

    ユーザーID:0301610125

  • あなたの知らない世界

    私が小学生の頃、夏になるとお昼に「あなたの知らない世界」という心霊モノの番組をやっていました。

    ある日新聞のテレビ欄を見ていたところ、「あなたの知らない世界」の後に「墓らし」と書いてあるではないですか!

    きっと、更に怖い番組が続くんだ…「墓」が付くくらいだからゾンビ系かも…。


    ええ。
    正解は「暮らし」。
    生活のアイディアを教えてくれる短い番組でした。

    ユーザーID:7923718616

  • 恥ずかしい

    小学生の頃、世界には3つの国しかないと思っていました。

    「日本」と「中国」と「外国」・・・

    ユーザーID:9556707010

  • 思ひ出

    近所の池の看板にカバの絵が「空き缶捨てたらアカン」らしきことが書いてあり
    その池には、カバが住んでいると思っていた。池の水を抜いていたのをみた時、周辺を探した…

    サンタ説に疑問を持った頃のクリスマス前に、母のプレゼントの隠している楽しみの熱が強くなりすぎたのか
    宝探し〜!とふざけたことを始め、見つけてしまった。
    「お父さんには内緒やで」って…できれば子供には夢を!

    そんな母は、タコウインナーに油性マジックで目を描いていた。
    当時は正しいツッコミもわからず、そういうものかと信じていた。

    ユーザーID:7158148340

  • 怖い天気

     ちょうど、8月の初めのころで、戦争や原爆に関するドラマなどが多く流されていました。ふとつけたテレビの中で、女の子が破壊されつくした町の中で泣きながら、突然空がぴかっと光ってその後はもうめちゃくちゃで何もわからなくなった。と言っていて。(原爆のドラマだったのでしょうね)子供だった私はそういう自然現象(ぴかっと光ってその後全てを破壊する)が世の中にあるのだと思い。外にでるのがとても怖かったです。そのドラマはとても怖かったので、その後すぐにチャンネルを変えたので、その後のこともよくわからず、それが原爆と結びつくまでには長い時がかかりました・・。 
     どんなに晴天でも突然それは起こるのだ・・・・・。気をつけなくちゃ。と。

     そんな天気がなくて本当に良かった。

     

    ユーザーID:5073959046

  • 大学生の時…

    大学生の時、下宿裏の日本平と富士山がつながっていると思い込んでいました。
    19歳だったのに・・。まだまだ子どもだったんですかね。

    ユーザーID:5509165977

  • まだあった

    ・うちの母はカレーに豚肉・じゃがいも・にんじん・たまねぎ以外の具を入れるのが嫌いで、いつも同じ具のカレーだったので「家でカレーを作るときは決まった具を入れないといけない」と思い込んでました。
     小学校高学年の時、お隣さんに遊びに行って夕食のカレー(トマトやナスがたっぷり入ってた)の味見をさせてもらった時の衝撃といったら・・・(笑)

    ・カレーネタ続きますが、母はカロリーオフ&手伝う私の安全を考えて具を炒めずいきなり煮ていました。しかし当然それが当たり前と思ってた私は学校でカレーを作ることになった時、具を炒め始めたので「なにやってるの?カレーでしょ?」と聞いて逆に驚かれました。

    ・子どもの頃家にパソコンはなかったですが、父が家に仕事を持ち帰るのでワープロはありました。で、「ワープロ=ゲームできない」「パソコン=ゲームできる」と思ってたのですが、ある時父がワープロ用のゲーム(テトリスとか上海とか)を持ってきたので「じゃあパソコンってなんのためにあるの?」と真剣に思いました。

    今思うと恥ずかしいことばかりです・・・

    ユーザーID:6640750655

  • 愕然!我が一族は何と無意味な事をしてきたのか…

    初めて彼の家にお泊りしちゃいました。
    ルンルンで朝歯を磨いていると彼が不思議そうな顔して
    「どうして食事前に歯磨いてるの?」

    私、答えられませんでした。考えた事もありませんでした。
    昔から父ちゃんも母ちゃんも起きたらすぐに磨いてます。姉も弟も然りです。
    爺ちゃんも婆ちゃんも朝食前に外した入歯を磨いてます。

    「過ちて改むるに憚る事無かれ」
    辛いけど私には真実を愛する家族に伝える義務があります。
    でも困りました。それを言えばお泊りの事も言わねばなりません。
    爺ちゃんは山家流の陣太鼓叩き乍ら彼の家に討ち入りをかけるに決まってます。
    それはちょっと困ります。彼の首が無くなったらキスできなくなります。
    婆ちゃんは、ご先祖様に申し訳が立たないって私と刺し違えて死のうとするだろうし…
    父ちゃんには彼の資産状況を聞かれるだろうし、私そんな事知らないから答えられないし、そしたら無計画だって怒られるだろうし…
    母ちゃんは面食いだから彼の事ボロクソに言うの解りきってるし…
    姉ちゃんには「彼、どうだった?」って聞かれるだろうし…
    弟には・・・・・・・あいつにはまだ早い!


    皆さんならこんな時どうします?

    ユーザーID:6144911315

  • ランバダ

    ランバダを踊ると妊娠すると思っていました。
    当時、中学生だった私。
    ランバダの歌を唄う石井明美さんの周りでダンサー達が激しく腰をフリフリする姿を見て
    「妊娠しちゃったらどうするのかしら」とヒヤヒヤして見ていました。
    二十歳を超えた頃、友だちの話からなんとなく妊娠のメカニズムを知りランバダ踊っても妊娠はしないとわかったけど
    三十路半ばの今でも当時の映像をTVで見るたびにヒヤヒヤします。
    ランバダを踊る機会もないのに、パートナー以外とは絶対踊らないわ!等と思っています。

    ユーザーID:0569297992

  • 読み方を間違ってました

    概念を「きねん」と読んでいました。
    20才過ぎぐらいの時、「入力」を「にゅうりき」と読んでいました。
    で、誰かに笑われました。
    最初はにゅうりょくと読んでいたけど、どこかで「にゅうりき」と聞いて修正したような気がします。この場合修正したことが間違っていたわけです。

    ユーザーID:9860922176

  • 海を

    深〜く潜って行くと
    地球の裏側の海に出ると思ってました。底があるなんて!(笑)

    あと…FAXって紙ごと転送されるもんだと思ってました…。テレポート?!(爆笑)

    ユーザーID:5576255358

  • うみねこ

    漁港のある町に行くと野良ネコを良く見かけますよね?あれが うみねこ だと子供の頃に思ってました。

    ユーザーID:8826520191

  • ケガをしたことがなかったので…

    小学校で指に押しピンがささった時
    「これがこの世で一番痛い痛みだわ」
    と思いました
    痛みに強いので誰に言うこともなく…
    当分思っていました…

    ユーザーID:3433780300

  • 私も赤ちゃんネタで

    「東名高速=透明高速」は私も思ってました…
    「食間」は今の今まで食事している間に飲むんだと思ってました〜!よかったこのトピ読んで…

    私も赤ちゃんネタで…
    私の場合は女性はある程度の年齢を超えると勝手にお腹の中に赤ちゃんができ、しかもそれは自分ではいつとは選べない…のだと思っていました。
    小学校低学年の頃、家に帰ると母がテレビのワイドショーを見ていました。ワイドショーでは中学生がモザイクかけられて出演して、15歳だけど子供産みましたという告白をするというようなものがやってました。それを見て母が「自立してから産まないとダメだよー」とかなんとか言ってるのを聞いて、この女の子は悪くないじゃん?!勝手に赤ちゃんができちゃうんだから…って不思議に思って聞いていました。今思うと…まあ、ね…と思いますが、そんなワイドショーやってたテレビって…とも思います…(苦笑)

    それからニュースの○○容疑者は〜という「容疑者」というのはそういう職業があるんだと思い込んでました。○○弁護士とか、そういう風に呼ばれる職業なのかと…悪い事する人は容疑者っていう職業の人が多いな〜って思ってました。

    ユーザーID:0634707840

  • なぜそう思ってたのかわかりません。

    楽しく読ませてもらってます。

    小さいときに、母の名前は、「お母さん」だと思ってました。
    だって、おかあさんって呼ぶし、他に名前があると知って、動揺しました。

    同じ頃、人は不幸なままで死ぬ人がいると知って、激しくショックでした。
    世界中のみんなが、幸せになって最後は死ぬと思っていました。

    最後に、人間の歴史の中で、一度は、世界中のすべての人が寝ている瞬間があると信じていました。ものすごい確率ですが、必ずあると。いや、いつかはあるかも。

    ユーザーID:7462637809

  • たくさんあります(笑)

    既出かもしれませんが。

    1 TVのCMは毎回、生放送(?)だと思っていた。番組内に出てる人がCMにも出てたりすると、忙しい人だなぁ、と子供ながらに心配してました(笑)

    2 またまたTVで。洋画などの吹き替えの仕組みが理解できておらず、この俳優さん口の動きが違うのに日本語上手だな〜と感心してました。

    3 一時期なぜか「北」の方角が怖くて、失礼があってはならない、と思い込み、北を向いてくしゃみできませんでした…何があったんだろう…?

    思い出すとまだまだありそうです(笑)

    ユーザーID:1930802949

  • 賄賂

    ドラえもんの道具で「Yロウ」(ワイロウ)というのがあります。
    Yの形をしていて相手に渡すと「賄賂」の役目をしてくれて、相手は何でも要求に応じてくれるというものです。
    私の中では賄賂=Yロウとなっていました。

    小学生の時にそのマンガを読んだ私は
    賄賂のニュースを見るたびにYの形をした道具のやり取りをしているシーンを思い浮かべ、
    「Yロウってどこで売ってるんだろう」と思ったものです。

    ユーザーID:0692990888

  • コンビニバイト時代

    あんパンと牛乳を買って行く中年男性は、
    これから長丁場で、
    『張り込みする刑事さん』
    だと思いこんでました。
    年に何回か、あんパン&牛乳だけを買って行く中年の男性居たんですよ。
    近所に犯人が住んでいるんだ…
    刑事さん、頑張って!!
    お疲れ様です!
    って、
    頭の中でつぶやいてました。

    ユーザーID:2100711708

  • キッスすれば赤ちゃんが出来る(中学時代)

    親からは「(精神的に)すごく愛し合っていれば神様が子どもを授けてくださる」と聞いていたのだが未婚の母が不道徳だと言われるのにはきっと何か別のこともあるに違いないとうすうす感じていた。

    中学になって保健の授業で(病気の)「経口感染」を習い、「これだ!キスすれば経口で何かが起こって子どもが出来るんだ。未婚で子どもが出たということは結婚してないのにキスしたということだから非難されるんだ!」と1人で納得。

    周りが皆そんな風だったわけでなく私が特に天然記念物級だったようです。

    ユーザーID:0608423909

  • 参加させて〜

    みなさんいろいろありますね〜

    私は

    ・「笑っていいとも」のテレフォンショッキングと、テレフォンショッピングの違いにずっと気づきませんでした。

    ・ニコール・キッドマンは、男だと思っていました。スパイダーマンとかウルトラマンとかみんな男でしょ??

    あ〜、あと、タイトルわからないけど昔話で、願えばなんでも出てくる壺の話、ありましたよね?それが塩をだしながら海に沈んだから海はしょっぱいんだという結論のお話で、ずっと信じてましたよ〜。海にいくと密かに壺を探してました。


    それにしてもこのトピ、すごい長寿命!!

    ユーザーID:2788339167

  • 今北

    まだ募集してますか?

    ・小学生のころ。父親の車に乗ると、道を右に曲がる前に必ず右向きのライトが点滅し、左に曲がるときは左のライトが点滅するのを見て、この車は行き先を知っていて自動で教えてくれる!と思っていた。(カーナビのさきがけですかね)

    ・そして車から夜空を眺めていると、3つ並んだ星がいつも私たちを追いかけてくるのは、私だけの秘密だった。

    ・へそのごま。幼稚園のころ、おへそを必死にほじって、黒いゴマを出したことを、小学生のころに思い出し、「あれは赤ちゃんの種だったんだ!私はもう赤ちゃんができない…」と、取り返しがつかないことをしてしまったことがショックすぎて母親にも打ち明けられず悩んでいた。

    ・中学生のころ。どうしても男(それも長髪の絶世の美少年)になりたくて、毎日神様に手紙を書いて、古い革鞄に入れ続けていた。具体的に絵も描いて、こんな美少年になりたいのでお願いしますと。そうすればきっと神様は願いを聞き入れて私を男にしてくれる…と信じていた。

    ・大学生のころ。神戸に行き、山に登れば、日本海がかすかに見えるのではと思っていた。実際はたんに山々が広がっているだけだった。

    ユーザーID:9150742955

  • 世界一危険な山

    世界で一番登山者が遭難死している山は当然エベレストだと
    思ってました。
    調べて正解を知ったときの衝撃!
    あそこロープウェーあって東京から子供連れでも日帰りで山頂まで
    行ってこれる山でしょ!
    知らなかったほうが良かったかも…

    ユーザーID:4921804961

  • 尿素配合

    最近まで、動物系の尿から配合されていると思っていた。

    ユーザーID:4093664980

  • 幼稚園の頃

    英語とは… 
    日本語を逆に喋れば通じる♪   そう信じてました。 

    だから聞いてもチンプンカンプンなのだと。

    ユーザーID:1751314972

  • ひじき

    畑で取れると思ってた。

    ユーザーID:5658994823

  • テレフォンショッキング

    小学生の頃、いつか笑っていいとものテレフォンショッキングに自分が紹介されると思っていました〜


    どんな事をしゃべって、誰を紹介しようか真剣に考えてた子です(笑)


    芸能人しか出れない、しかも紹介される人は決まってるとそののちに知ることとなります。

    ユーザーID:3390352809

  • ステレオの中

    遥か昔のこと。確か私が幼稚園に入る前だったと思います。

    我が家には立派なステレオがありました。当時のステレオと言うと、今のサイドボードくらいの大きさはありました。
    そのステレオの前面真ん中の下の方にスイッチオン・オフを示す小さな赤いランプがついていました。

    音楽が好きだった私は、そのステレオが大好きでした。
    ステレオから音楽が流れ始めると、私は、いつもその赤いランプの中を覗いていました。
    小さいランプなので、片目をぴったりとそのランプに寄せて覗き込むと、ランプの中には赤く輝く奥に続くトンネルが見えたのです!

    「きっとこのトンネルの奥、ステレオの中に小人のオーケストラがいるんだ。」

    両親にこの大発見を言っても、ただ微笑むばかり。

    私は素敵な音楽が聞こえてくるステレオの秘密を、そのステレオが捨てられるまで、ひとり、密かに信じていました(笑)。

    あの赤いトンネルの奥に行ってみたかったな・・・。

    ユーザーID:2029487664

  • 働き出すまで勘違いしてた


    お寿司のえびは、開いてますが、開いたえびも海にいて、開いた状態で泳いでいると思っていました。
    また、明太子とたらこは、別々の魚のタマゴだと、魚のタマゴで辛いのがいるんだと思っていました。
    23ぐらいのとき、料理番組で真実を知り、ビックリ仰天しました。
    また、私の保育所では、みかんの渋皮を残すと、ひどく叱られ、全部飲み込むまで昼寝出来なかったので、渋皮は何がなんでも絶対食べなきゃならないのだと思っていました。
    テレビドラマで、渋皮を食べないシーンがたまにあり、大人が間違ったことをしているといつも思っていました。
    が、渋皮は別に食べなくてもいいみたいで。
    なら、なんで先生はあんなに真剣に強要したんでしょうか。

    ユーザーID:6754400154

  • 昨日気付いた

    子供と「むすんでひらいて」を歌っていて
    「マータ開いて」のときに股を開くのだとずっと思っていました。

    また=もう一度って意味だったのですね!
    恥ずかしかったです。

    ユーザーID:1093592539

  • 甲子園って

    よく、ニュースとかで「甲子園をめざす」と言っていたので
    「甲子園」とは、全国大会で優勝した高校がご褒美に連れて行ってもらえるところなのだと思っていました。
    幼い私には、「目指す」というのは全国優勝のみだと思っていたようです。

    あと、金沢のお土産品で「おすまし最中」と言うのがあるのですが
    ずっと「最中」を「もなか」なのに「さいちゅう」と言っていました
    お椀に入れた最中(もなか)の皮を少し割って、お湯を注ぐときれいな具が出てきておすましになる…というものです。
    お湯を注いでいる最中(さいちゅう)に色々出てくるからこのネーミングなのだと自分の中で納得していました。
    ある日名前を言ったところ、両親から大爆笑されました…

    ユーザーID:0056448698

  • もろびとこぞりて

    わ〜まだ続いていたんですね!
    トピ主さんの名前(かさ肌さん)もじわじわ笑いのツボにはいってくる今日この頃。

    もろびとこぞりての歌詞で
    主はきませりって所を「しゅわき ませり」と思っていて
    ものすごい難しいことを言っているのだと勘違いしてました。
    しゅわ〜しゅわ〜ああき ませ〜りって一体何の事かと。

    聞き違いはまだありましていまだにわからないのですが、
    西武ライオンズが毎年優勝していたころの事。

    PARCOに行くとライオンズの応援歌がガンガン流れているのですか
    ウォウウォウウォウラーイオーン、ラーイオーン、ラーイオーン♪
    「ミラクルタン麺(顔面?)奇跡を呼んで〜」
    このカギカッコの部分がこのようにしか聞こえません。

    あまり野球に興味もなく、誰にも言えないままに今日まできてしまいました・・・
    ファンの方ごめんなさい。

    ユーザーID:7268166991

  • 退職届け

    社会人になって働くまで、バイト経験がなかったせいか、退職届けは筆で書いて上司にバンっと突きつけるものだと思ってました。マンガで読んだ退職申請の様子を、実際もそうだと信じておりました。

    ユーザーID:7900153826

  • 蛙じゃなかった!

    先日のFNS歌謡祭で郷ひろみさんが「花とみつばち」を歌っていました。
    出だしの歌詞が「どうでもいいけど 帰るのいるの 夜明けだよ」とテロップで出て、
    「えっ!?蛙じゃなかったのか!」とその時初めて知りました。
    だってこの歌がヒットした頃小学生だったから、
    蛙が出てくるのって夜明け頃なんだなと思ってたんだモン(笑)

    ユーザーID:4174657071

  • ルパン三世と銭型警部

    ルパンが、警部のことを
    「とっつぁーん」
    と呼んでいるじゃないですか。

    だから二人は本当の親子で、
    父親が息子を逮捕しなければいけないという悲しい複雑な親子関係を描いたお話だと思っていました。

    大学生になるまで本気で思ってた。

    ユーザーID:9782607444

  • 歯磨き

    悩める超可憐な美少女さん

    あなたのご家庭の、朝起きてからの歯磨きは正しいです!

    うちは、朝ご飯を食べてから磨いていたんだけど、
    それでは夜寝ている間に口の中に繁殖したバクテリアを
    そのまま体内に取り込む(!)ことになるので、
    よくないんですって。

    それを知ってから、私は朝起きてすぐ歯磨きし、
    ご飯を食べてまた歯磨きして出掛けてますよ。
    良い習慣なので、止めないでくださいね!

    あとは、子供の頃は、
    大人になると「自然と」頭が良くなると思ってました(恥)
    自分から学ばないと駄目ですよね・・・

    ユーザーID:9991467317

  • せき髄について

    背骨の真ん中に穴が通ってて、中にせき髄が通っていると思い込んでいましたが、それだと軟骨が間に挟まってるし、動くたびに危険で、ありえないですよね…。
    軟骨にも穴が開いていることになってしまうし。
    背骨の後ろがわに、1こずつ神経を通す部分があるなんて、知りませんでした。
    それから、脂肪からブドウ糖がつくれると思い込んでいて、追試になりました。

    ユーザーID:5509165977

  • 結婚はみんなできると思っていた

    27才ぐらいには、素敵な人が自分にプロポーズしてくれて愛されて結婚すると思っていた。

    ところが、現在もうすぐ40歳、独身・・・ 厳しい。

    ユーザーID:8263964380

  • 大人になると、心も大人になるんだと思ってました。

    子供の頃、つまらないことでケンカしたり自分ながら幼いなぁって感じていました。
    大人になると、身体と共に心も成長して、人格的にも立派になるんだと思っていましたが・・・・。

    大人になっても、子供のような人は沢山いることに気づきました。
    イカンイカン。。

    ユーザーID:9860216952

  • 本当に小さい頃ですが

    サンリオ等のキティちゃんやマイメロは、一緒に書かれている文字が
    英語だったり(本当はローマ字つづりもあったのですが)したので、
    絶対描いているのは外国の人だと思っていました。
    スヌーピーの作者が外国人と知っていたからかな。。

    小6の頃にサンリオの会社の特集番組をみて、愕然としました。
    夢も壊れた感じです。(笑)

    ユーザーID:3659728671

  • 天は二物を与えない

    「天は二物を与えない」
     いやいや、例外はいっぱいいました。
     芸大の音楽科に行こうか絵画科に行こうか、どっちも合格圏内の才覚を持ち合わせている人がいました。他にも、色々才能豊かな人も。二個も三個も持っています。


    「美人は性格が良くない人が多い」
     とんでもない。美人なのに、性格も良くて頭も良い人はいっぱい。自分が美人の自覚もなく、鼻にかけるまでもなく、思いやりあって可愛い人が多いこと。逆に美人で性格が悪い方はあまりあったことがありません。
     そして、容姿に自信がない人の方がひねていたり、素直じゃなかったり。女同士の友達でも、誰も何にも言っていないのに、卑屈になっていたり人の言葉を曲がって捉えたり、扱いに困る人がいました。

     ちなみに私は美人ではなかったおかげで、変な虫が付かずにすむという恩恵は受けましが、できれば美人で性格よく生まれつきたかったなあ。。

    ユーザーID:3659728671

  • まだまだあった

    たたけばどんどん出てきますね。

     結婚する前、花嫁はすべて花嫁学校に通うのかと思っていました。

    自分の母に、「料理は花嫁学校で習ったの?」と聞いたら、「花嫁学校にはいっていない、自分で覚えた」と母が答え、「お母さんってすごいね!」と真剣に驚き、感心してしまったこと。
     

    ユーザーID:3659728671

  • 性欲は

    中学生の頃「性欲というのは社会的に作られるものである、
    エッチな本を見たりして男と女はそういうものだと刷り込まれることで、
    知らないうちに感化されて異性の裸を見る=興奮する、という風に
    思いこまされるのである。要はそう思い込んでいるだけなのだ。
    つまり全くそういう事柄に触れたことがなければ、
    そういう気持ちは起こらないのである。性欲は幻想である」
    という考えに至り、親や保健の先生に得意げに披露してしまいました…
    自分では、斬新な着眼点からすごい発見をしたつもりだったんです。
    痛い過去です…
    性に興味が湧いてくるも、妙に潔癖で頭でっかちな頃の痛い勘違いです。
    この発想自体よりも、「こんな発想をしちゃう自分」に酔って
    得意になっていたことが一番恥ずかしい…
    俗に言う中二病真っ最中だったのでしょう。

    ユーザーID:6951794511

  • >namaさん

    そう考えている人は居るみたいです。
    近い考えの人はたくさん居ると思いますよ。
    中学生ってやっぱり鋭いんだなと思いましたが、気づくnamaさんがやっぱりすごいですね。
    脱帽しました。

    ユーザーID:5509165977

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧