• ホーム
  • 健康
  • 仰向けになって話をすると涙があふれる理由

仰向けになって話をすると涙があふれる理由

レス2
(トピ主0
お気に入り3

心や体の悩み

涙のじいさん

私は、まもなく(笑)50代なかばの男性です。

おそらく、トシなのだと思いますが、次のようなことに気づきました。病的ではないとは思いますが、それも含めて症状のメカニズムを知りたく思います。

昨秋、肩を痛めて、整形外科医を受診しました。
その治療の一環で、運動療法士(PT)が、ベッドに私を仰向けに寝かせて、肩の周囲の筋肉をほぐす為に横から腕を上げたり筋肉の先端部をマッサージしたりする治療があります。

それは、徐々に効果が出てきていますが、その治療中に、運動療法士さんが、ごく自然に世間話をしてきます。私はある程度、リラックスできますが、治療ということで硬くなってしまう方には、とてもいいことだと思っています(話が本題から外れていますが..)

それで、その世間話をしている途中、その話が悲しい話や感動的な話でもなく、本当の世間話なのに..
忘年会や、近くに住んでいる父のことや、庭の手入れのことや...
こんなことを話していると、両目の目尻から涙が耳のほうにこぼれ落ちることがしばしばで、運動療法士さんに恥ずかしい思いをしています。

もちろん同じ話の内容を、いすに座ってとか、立位で行うときは、なんともありません。

また仰向けでも、しゃべらないでいるときは大丈夫なのです。

涙腺の還流と重力のメカニズムなのでしょうか?
何か、眼科的な問題があるのでしょうか。

ユーザーID:3981116598

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数2

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 素人です

    あなたより10才くらい年食った男です。 素人の感想程度のレスです。

    誤解を招きそうな内容で書きづらいのですが、「涙」の原因は、重力や眼科的理由ではないと思います。
    運動療法士(Pt)の治療の際、自分の筋肉と共に、心が凄くリラックスし、連れて脳の一部分もリラックスしている状態だと思います。
    この先が、誤解を招きそうですが、、、脳の一部、前頭葉のなんらかの刺激によって、脳出血患者(私自身です)の持つ後遺症で「感情失禁」があります。 つまり、喜怒哀楽を自分の脳内(理性)でコントロールできない後遺症です。
    で、私個人の想像の範疇ですが、あなたの場合の筋肉のリラックス⇒脳内のリラックス⇒前頭葉への刺激⇒すごく軽い感情失禁の現象⇒「哀」の表れ⇒自分で止められない程の「涙」。 この図式が起こっているのでは?との想像です。
    あなたの「脳みそ」に異常はありませんので、誤解なきよう。

    レスがついていないので、敢えて書きました。 不愉快でしたら、ごめんなさい。

    ユーザーID:0774709081

  • レス救して頂いてありがとうございます

    もう、投稿から40日あまりたってすっかり諦めていたところにレスがついて感激しています。

    私は、トピ主ですが、投稿当時のパスワードを失念したため、マークがついていないと思います。ご容赦くださいませ。

    感情失禁の図式のごく軽い反応...
    確かに涙が流れているとき、懐かしい話などをしていることが多いですね。

    「哀」の感情で多くなった涙が、あのポーズで余計涙排出管に収まらなくなりやすいのかもしれませんね。

    私は脳血管は、CTやMRIでの異常所見はありませんが、やや不良な糖尿病とメタボ体形のため小さな狭窄があり、仰るような「極軽い感情失禁」の傾向も出る可能性はゼロではないかもしれません。

    大兄のご快癒を心よりお願い申し上げます。

    ユーザーID:4890395723

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧