ドイツから日本に子供連れて帰る方法

レス53
(トピ主1
お気に入り121

恋愛・結婚・離婚

調停中

はじめまして、ドイツ在住17年目になります。

ドイツ人の夫との間に娘が1人居り、夫と親権争いをしています。
書類関係の方は既に裁判所の方に提出し、1月19日に第1回目の裁判で双方の弁護士、娘の弁護士、家庭相談所員、我が夫婦が参加し行われました。
夫が娘の世話をきちんと出来ないので、その事を証明し過程相談所員も母親側の私が親権を得るの方が正しいと主張してくれましたが、女裁判官が、バイエルン大好き、ドイツ大好き人間であり、私が日本に帰りたいとこの2年間思っている事に関し「こんなにバイエルンが綺麗でドイツも素晴らしいのに何が問題あるの?何が気に入らないのか全く理解出来ない。あなた(私の事)が日本に帰りたいと言うホームシックだけの理由は受け入れられないから、先ずはテラピーを受けて来なさい。そしたら又、ドイツの事が好きになるかも知れない」と反対に意見をされました。

裁判官は、頭から私が病気の様に判断し子供の幸せは全く考えず自分の考えを押し通しているのです。「あなたがテラピーに行かないならば、親権は夫側に渡す」と言い渡されたので取り合えずテラピーに行く事を承諾しました。
「4ヶ月夫と別居をして1週間交代で娘は母側、父側と行き来する」と言う裁判官の意見で4ヶ月別居予定で現在精神的にもボロボロで親兄弟に話た所で解決しないし心配も掛けたくないのです。
このままドイツに住んで最終裁判をしても、この裁判官なら先ず100%負けると思うので強行突破を行い日本に帰国する事も考えてます。
勿論、ドイツでは違法に当たる事は理解してますが、裁判官が公平に判断していないので止む終えない、、、と考えています。
現在、日本でのハーグ条約関係が現在どんな風に進んでいるのかも、判りません。
もし、これを読んで既に強制帰国をした経験者、若しくは知ってると言う方はご意見ください。

ユーザーID:8083212002

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数53

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お気持ちは分かりますが…

    「既に強制帰国をした経験者、若しくは知ってる」者ではないのですが、現在同じような境遇にある者です(居住国は違いますがハーグ条約加盟国)。

    結論から申し上げますと、トピ本文中にお書きになっておられる、「強行突破を行い日本に帰国」は、絶対になさるべきではありません。
    これをしてしまうと、将来法律を味方につけることができなくなります。
    それは大変怖ろしいことです。

    私の夫の国でもそうですが、裁判所が親権や養育権の裁定を下すとき第一に守られているのは、子供の父親と母親が得る権利が完全に公平であることで、子供にとって真にベストな選択肢が何であるかは二の次三の次という気がします。
    そして、これは私の穿った見方かも知れませんが、裁判所の所在国の国籍を有する側の味方(=トピ主様の場合はご主人側)をしがちのような…。

    しかし、繰り返しますが、強行突破はいけません。
    もし今回の裁定がトピ主さまの期待に背くものであった場合には、不服の申し立てもできるはずです。
    どうか落ち着いて、しっかり情報を集め信頼できる弁護士を使って、正攻法で闘って下さい。(自戒をこめて…)

    ユーザーID:4840672289

  • 裁判官忌避の申し立てはできませんか?

    強硬突破だけは辞めましょう。テラピーにも「社会科見学だ」と思って行っときましょう。
    いつかその経験は誰かの為になります。
    さて、裁判官のことです。問題点はとりあえず「そこ」ですね。日本の民事裁判には「裁判官忌避の制度」というのがあります。「民事訴訟法第24条←裁判官について裁判の公正を妨げるべき事情があるとき、当事者が、その裁判官を忌避することができる」という内容です。トピ主さん曰く「裁判の公正を妨げる」と思っていらっしゃるのなら、担当の弁護士さんに相談なさったらいかがでしょう。裁判官忌避の件については、恐らく、お子さんの親権とは別件の裁判になるので判断をする裁判官は別の人になります(親権裁判の担当裁判官は忌避の事件では当事者で相手方になる)。
    忌避の裁判をやっている間は親権の訴訟/調停の進行中止の申し出をすればいいのではないでしょうか?Wikipediaを言語間検索したところ、「裁判官の忌避」にあたるものはどうやらドイツにもあるようです。「Voir dire」という項目がでてきました。急いで担当の弁護士さんに相談してみては?裁判官にとっては内容によっては屈辱大恥の裁判です。

    ユーザーID:4518694181

  • 裁判官忌避の申し立てはできませんか?2

    裁判官忌避の申立書に陳述書をつけてもらい、トピ主さんがトピに書いているような内容を書いて
    「1)裁判官が自己の感情を押しつける。

    2)母国を愛する心情の自由を侵害されたので不愉快。母国を愛する心は誰しもが持つ。母国が素晴らしいのは誰にとっても当然だ。裁判官がドイツを愛するように、私も日本が好きだ。

    3)娘は2つの国籍があり、将来国籍を選ぶための準備を成長過程で経験させるため日本での生活も必要だ。ドイツ人でもあり日本人でもある娘にはどちらの国も愛する人間になってほしい。これはドイツ国内であっても父方・母方の出身地が離れている場合には同じような心情があるはずだが、同じ言語・同じ文化を持つ国であるだけに気づきにくいだけであり、そのことに洞察が及ばない裁判官は残念だ。

    4)押しつけがましい裁判官のせいでこれでは本来好きであったはずのドイツも余計に嫌いになって、ドイツと日本という2つの母国を持つ娘を育てるに当たっても、母親である私に精神的影響が大きい。子供の将来と今後2ヶ国を背負って生活する娘に迷惑をかける可能性がある。

    とかなんとか書いてみたらいかがでしょうかー。

    ユーザーID:4518694181

  • まず親権を取ることに集中しましょう

    強行突破はしてはいけません。

    落ち着きましょう。調停中さんに親権を取る資格なしと思われると、もしくは日本へ勝手にお嬢さんを連れて帰りそうだと思われると、親権をとる事さえ難しくなります。(父親にも資格がない場合、お嬢さんは里親の下で育てられる可能性もあります。)

    ただ親権が取れても、お嬢さんが18歳になるまでは日本への(永住)帰国は認められない可能性があります。ドイツ法の下で結婚された以上、ドイツ法に従う義務があります。

    17年間ドイツで生活してこられたのです。ドイツでお嬢さんが成人なさるまで生活する事ができる方だと思います。お嬢さんも今までドイツで生まれ育ったのです。お嬢さんにとって一番大切なことは日本で生活する事ではなく、お母さんと一緒の生活なのです。

    今が精神的にも肉体的にも一番苦しいときだと思いますが、お嬢さんのためにも冷静になって下さい。お嬢さんのために強くて優しいお母さんでいてください。

    ユーザーID:9188518113

  • 普通に考えて

    子供にとっては生まれ育った国に残るのが一番幸せなのでは。親の離婚で突然文化も言葉も違う国に連れて行かれることなど、子供にしてみれば冗談じゃない。

    確かに外国人に対する差別がなくはないのかもしれません。が、裁判官が公平に判断していないのは日本の方です。公平に判断するからこそ、一方的に母親有利にならないのです。「自分の思い通りになることだけが正しく、子供の幸せである」と勘違いしているからこそ、親権を取れないこと、出国させられないことを「公平ではない」と思い込むのでしょう。

    いずれにしても、ドイツ人と結婚して子供を産み、ドイツに住んでいるのは自分の選択です。その国の法律に則り、恥ずかしくない行動を取ってください。裁判次第では、子供と離れたくないのならドイツに留まるしかないのかもしれません。それも自業自得です。

    そしてこれ以上、世界で日本人女性の恥を晒すのはやめて頂きたい。言い訳をして実子の誘拐を「止む終えない」とは、モラルが低いにも程があります。

    ユーザーID:8387906412

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • よく考えてください。

    お嬢様はおいくつでしょうか?
    そして彼女の日本語のレベルは?
    トピ様が日本できちんとしたお仕事を見つけられますか?
    お嬢様が日本でハーフであるからと差別されない地域に住めますか?

    私はその裁判官の「ドイツ至上主義」にも問題はあると思います。そしてドイツ人は幼い頃から理屈で押す(ごり押しも含む)ことを学んでいますので感情に訴えがちな日本人は裁判などでは不利なのは事実です。
    トピ様が普通女が親権を持つという日本風の考えを言えば言うほど相手はムキになるので理屈で日本に住むべきもしくは娘が望んでいるというのを押し出すことが大切です。
    ただ私ははたしてお嬢様が日本に住むのとドイツに住むのどちらが幸せかを親だったら第一に考えて結論を出していただきたいのです。
    ドイツなら親にお金が無くても大学へ行けます。滞在許可など無くヨーロッパ中のほとんどどこの国でも住めて仕事も見つけられます。
    ギムナで勉強すればそこそこ英語そのほかの言語も話せるようになります。

    お嬢様にとっての幸せは長い目で見たときどちらにあるかを考えて行動してくださいね。

    ユーザーID:2045744397

  • 上告

    ドイツ20数年在住のものです。

    >バイエルン大好き、ドイツ大好き人間であり、私が日本に帰りたいとこの2年間思っている事に関し「こんなにバイエルンが綺麗でドイツも素晴らしいのに何が問題あるの?

    ドイツの基本法11条と、

    >何が気に入らないのか全く理解出来ない。あなた(私の事)が日本に帰りたいと言うホームシックだけの理由は受け入れられない

    外国人への無理解と、

    >先ずはテラピーを受けて来なさい。

    ホームシックを心療内科(ですよね?)の問題に結びつける偏見を理由に、上告を念頭に別の弁護士を探してまずはアドバイスを受けましょう。
    裁判官も絶対正しいわけではありませんので。

    私はこういうことが嫌なので、保守的で外国人に理解のすくないバイエルン州には住んでいません(バイエルンで幸せな方ごめんなさい)


    それとは話は別に、子供の幸せを考え冷静に判断行動しましょう。ドイツやドイツ人伴侶への不満の反動が教育に歪んだ形で出ている日本人女性を複数見てきました。日本に戻っても子供が幸せになるとは限りませんのでね。最善の方向にいくといいですね。

    ユーザーID:9026238811

  • お嬢さんの年齢は?

    お嬢さんに弁護士がいるのは、事件の内容から親権者である父母の双方の利害が対立するため、未成年の子供の利害を守るための特別代理人という立場の人なのでしょうか?だとすればお嬢さんはまだ18歳以下…ひょっとしたら10歳〜15歳ぐらいですか?だとしたら日本に行くのも悩みますね。友達と別れるのも辛いことですし。でも日本国籍もお持ちでしょうし、悩みますよね。お子さんが育った環境が優先されるのが普通ですから、日本に連れ帰ることは難しいかもしれませんが、上の人がいうように裁判官を変えて話し合ってみるのはどうですか?それならしこりも残らないでしょう。

    ハチノスさん、裁判所を使うのは住人である以上当然の権利です。裁判官は自分の良心に忠実であるべきですが、それは職務上の良心に忠実であるべきで、トピ主さんの書かれているような態度が本当であるならば、それは裁判官としてあってはならないこと。国を跨ぐ裁判は、職権で裁判官が相手の国の法律や文化を調査することだってできます。それもせず自国の良さばかり主張するならただの怠慢。職業倫理上恥ずかしい行為。ドイツ司法制度の恥といってもいいでしょう。

    ユーザーID:1099158009

  • 普通に考えて

    ハチノスさんへ

    先ず最初にあなたは海外で数年住まれた事が無いと思います。さらに子供が居られない方かと想定します。 
    私はあなたの回答を読んで大変腹が立ちました。
    当事者ではないから、そんな悠長な事を言ってられるのです。

    ドイツと言う国がどう国なのか全く理解されて無いですし、今現在も強制帰国を行う日本人女性が居るのは考えに考えて行った行動で、こうゆう行動を取った裏には精神的にもボロボロに状態なのです。自分の血を分けた子で子供の幸せを一番に願うのは当然です。

    自分の思い通りにならないから、不公平だと言っているのではなく、裁判所から来ている娘に付いている弁護士、家庭相談所員及び上司の意見等も全て提出しているのに、裁判官が公平に判断していないと言う事に怒りを感じているのですから、意味を履き違えるのは止めて下さい。
    娘の日本語レベル、本人の性格もそうですが、日本人幼稚園の先生が判断しても全く問題は無いと思うと言われ裁判所にも書面で提出しています。

    ドイツで生活し結婚、出産を終えているからこそ、この国の事を十分理解した上で子供の性格育成に良くないと考えるからです。

    ユーザーID:8083212002

  • ドイツ法では

    調停中さんがどうしても日本へ帰りたければ帰ってもいいが、お子さんを連れて帰国はできません。その場合親権はもちろん、ドイツでの長期滞在の権利も、ドイツで受けられるはずであった保護もすべて失います。

    裁判官は、現在ドイツ嫌いになられた調停中さんに同情されているのでしょう。今ここで、自分の希望を押し通そうとするとすべてを失いかねません。裁判官の心象を悪くすれようなことをしないように。裁判官は自分の考えを押し付けていません。法律に基づいた決定事項ですのでお間違えになりませんように。

    ドイツでは母親側に親権が行く事が多いのですが、それでも母親がドイツ語を満足に話せない、また経済的に自立していないと、父親が親権を持つ事もあります。母親の精神状態がお子さんを育てるのに適していないという場合も含まれると思います。

    そして、外国人の父親と離婚した一人親家庭の外国人とのあいだに生まれた子供が日本で本当に幸せになれるのか考えて見ましょう。その決定は、お子さんが成人して決めた方がよくありませんか?

    ドイツ法の下で結婚されたのです。離婚もドイツ法に従いましょう。お子さんのために、ドイツにとどまる覚悟を決めてください。

    ユーザーID:9188518113

  • 今のうち

    強行突破あるのみです。
    日本に帰ってくれば、すべてがトピ主さんの味方です。
    ハーグ条約なんて、ふつうの日本人は知りません。
    既成事実ですべてOKです。

    という状況は私は大嫌いです。
    政権交代もあり、ハーグ条約批准の方向で動いています。
    でも、いつになるか不明です。
    ”外国人参政権”と一緒くたにされて、消える可能性もあります。

    在独のみなさん、日本は(悪い意味で)特別な国です。
    いっしょにしないで。

    トピ主さん、一刻も早く、お子さんと、日本へいらっしゃい。
    日本にくれば、ドイツ人の夫の言い分なぞ、
    警察もどこも無視してくれますから。

    ユーザーID:3677275680

  • 当事者でないと分からないとおっしゃるなら

    >当事者ではないから、そんな悠長な事を言ってられるのです。

    じゃあ、こんなとろろでクダ巻いていないで、「当事者」だけで解決なさったらいかがですか?

    投稿を読んだ最初の印象は、「万引きやって見つからずに済む方法をご指南ください」と言ってるんだな、と思いました。強行突破でも何でもなさったらよろしいのではないですか?ただし、万引きと違って誰が何をしたかはすぐに発覚しますし、子供の身分という重要事項が絡んでいますから、ルール破りに対する制裁は相当なものを覚悟なさったほうがよいと思います。

    投稿の調子を拝見すると、私もセラピを受けよと言う裁判官の意見に同意っぽいですね。

    ユーザーID:4661086916

  • 腹立てるのは勝手だけど

    ハチノスさんの言っていることは正論です。

    >今現在も強制帰国を行う日本人女性が居るのは考えに考えて行った行動で、こうゆう行動を取った裏には精神的にもボロボロに状態なのです

    だから法を犯すのが「止む終えない」とでも言ってほしいんですか?個人の自己申告による自己正当化をその国の裁判所の判断より優先させろと?

    日本では、無職の妻が浮気して離婚しても親権の9割は母親側。いくら夫が望んでもほぼ通りません。でも夫に「子供を勝手に連れて来い」とは言いません。誘拐だからです。ましてやこんなところで犯罪の助長なんてするわけがない。

    弁護士、家庭相談所員、上司の意見。何を提出しようと日本の幼稚園の先生が何と言おうと、裁判所の決定が全てです。日本の「母親至上主義」同様、ドイツの「ドイツ至上主義」にも問題はあるのかもしれませんが、それでも裁判所の判決を個人で覆すことが認められるはずがありません。それが法治国家です。

    おかしいと思うなら、こんなところで相談していないで忌避申し立てでも上告でもすればいいじゃないですか。ドイツで生活、結婚、出産した選択は自己責任です。

    ユーザーID:8333648537

  • 落ち着いて。

    ハチノスさんのレスに過剰に反応しているようですが、落ち着いてください。
    意味を履き違えるも何も、一方の言うことだけ聞いて公平なのかどうなのか
    判断できませんよ。ハチノスさんのような意見も出て当然です。

    >この国の事を十分理解した上で子供の性格育成に良くないと考えるからです。

    こんな事言って大丈夫ですか?ドイツ国民をかなり刺激すると思いますが・・・
    とりあえず、私も裁判官の心療内科を受診するというのは賛成します。
    今の精神状態では、まともな判断が出来ていないようです。
    どうか落ち着いて、精神的にボロボロな状態から抜け出した後に判断されてください。

    ユーザーID:4729187405

  • あの…

    トピ主さんはドイツ法でも結婚していると思いますが、
    日本法でも結婚しているはずです。

    ユーザーID:1099158009

  • 何言ってるの?

    だったら当事者だけで解決すればいいじゃないですか。裁判官が公平に判断していないと言うなら、小町じゃなくて弁護士にでも言うのが筋じゃないの?こんなとこで感情論の正当化して何になるんですか?

    そもそも、あなたの言う「公平」って何ですか?あなたに親権を与えて日本への出国を許可することですか?あなたの提出した意見を読めば裁判はあなたが勝つのが当然なんですか?公平に判断した上で、親権があなたに渡らない可能性、子供を連れての出国が認められない可能性は考えてないんですか?強行突破して夫から子供を奪うのが公平なんですか?

    私は全面的にハチノスさんに同意です。同時に、テラピーを薦める裁判官が正しいようにも思えます。
    それでもまだ自分が正しいと思うなら、どうぞご自由に。ドイツ国内で指名手配でも何でもしてください。

    ユーザーID:3346079781

  • 大変ですね

    どうか落ち着いて、冷静に皆さんのレスを読み返してみたらいかがでしょうか。私もハチノスさんの仰ることは正論だと思います。

    ドイツで結婚、出産したのはご自分の決断によるもの。今現在もドイツで生活されてるんでしょう。なんだかんだ言ってこの国の恩恵を受けているんですもの(気に障ったらごめんなさい)。だったらドイツの法に従わなくてはなりません。

    裁判官の心証を悪くしても得になることはないし、まずは皆さんも仰るようにテラピーを受けてみましょうよ。

    ドイツ大好き、バイエルン大好きの裁判官とのこと、私バイエルンに住んでますが、こういう方周りに沢山います。確かに頑固なところあるけれど、正直だし根は明るくて陽気な人達です。私の経験なんですが、彼らには正攻法で正直にぶつかってみることです。苦手と思ってた相手が実は違ってたなんてことがあるので。
    それでもダメなら皆さんの仰るように忌避申し立てですね。

    それと、お子さんは本当に日本で暮らすことを望んでいるんですか?
    私にも娘がいますが、ドイツ生まれのドイツ育ち、もしこれから日本で暮らすとなったら大変だろうなって思うので。

    ユーザーID:8908565754

  • 冷静になってください

    既に他の方も書かれていらっしゃいますが、「強行突破を行い帰国」はなさるべきではないと思います。
    私自身ドイツ人の国民性や、ドイツの社会制度が受け入れられない為、トピ主さんの不の感情は理解できるように思います。
    でもね、未開の地に住んでるんじゃないんですから、法律には従うべきだと思いますよ。
    トピ主さんが担当の裁判官を信用できないとなれば、他の方がアドバイス下さっているように、裁判官忌避の申し立てをする事だって可能ではないでしょうか。

    今は裁判官への不信感やドイツへの不満で一杯一杯になっていらっしゃるのでしょうが、どうか落ち着いて。
    ご自身とお嬢さんにとって最上の方法を見つけてくださいね。

    ユーザーID:7960546288

  • 普通に考えて

    レスに過剰反応を起こしてヒステリックに難詰する人間に、まともな子育てができるはずがないから、子供は置いて帰りなさい。

    ユーザーID:2181589973

  • まあ、他人事ですけれどね

    >この国の事を十分理解した上で子供の性格育成に良くないと考えるからです。

    日本に戻ってきたら、子供の教育環境がすごくよくなるとも思わないですけれどね。
    私なら、子供の将来を考えるとドイツで教育を受けさせます。離婚はしたとしても。

    ユーザーID:5999030808

  • 血迷うことなかれ

    文面から心身ともに切羽詰っていて、とにかく日本へ戻り傷んだ羽を癒したいのではないかとお察し致します。
    しかしですね、強行突破して一時的に貴女の想いが遂げられても、ハーグ条約違法行為となれば父親側は貴女へ半径Xm以内娘さんに接近する事を禁じさせることさえ可能になり、結果的には貴女にとって逆効果になると思います。

    主張・攻略としては、離婚による心身消耗の為ドイツを離れ母国日本で再就職し自立した生活を心機一転スタートさせたいと考える。ついては娘も日本国籍保有しており、日本人としてのアイデンティティーや家族を知ることは成長過程において重要である。従って、娘は母側に同行すべきである。
    【その際、夫側で娘の世話をきちんと出来ない証明をバッチリ突き付けて!】

    北国さんのレスが具体的で参考になると、個人的に感じました。が、いずれにしても解決までに時間は掛るかも知れませんので心しておかれます様に。

    ご健闘お祈り致します☆

    ユーザーID:2259758911

  • お気持ちお察しいたします。

    同じEU圏に住んでいた友達が、同じような状況にあり最終的には子供を連れて日本に帰ってしまいました。

    彼女の場合、旦那さんが浮気相手に熱をあげ、専業主婦だった彼女との家庭にまったく生活費を入れることがなくなったのが原因です。異国の地で、十分にこの国の言葉も話せず、家族の援助もなく、子供を一人で育てながら仕事を探すこともできなかった彼女の状況を考えると、致し方なかったと同情します。政府からの援助といえども、裁判を起して数ヶ月待たなければならない状態で、切羽詰まっての行動で、決して誤った行動だったとは思えません。置き去りにすることなく、子供を連れて帰っているのですし。そんな状況下にありながら、彼女にハーグ条約の話なんてできませんでした。

    日本は幸か不幸かハーグ条約に批准していないため、彼女の旦那さんは現在泣き寝入り状態です。

    子供のことを考えて、できれば穏便に進めることができればいいのでしょうが、状況によっては致し方ないこともあるでしょう。

    頑張ってください。

    ユーザーID:5698123832

  • かもさん

    ドイツ法の下で結婚しているのです。日本法の下ではありません。戸籍に記載されています。

    ユーザーID:9188518113

  • 落ち着いて

    トピ主さんがドイツを嫌いなのはよくわかりました。
    でも、お子さんはそのドイツ人なのは間違いありませんね。

    母親が父の国をそんなに嫌悪して、お子さんにいい影響を与えるのでしょうか。

    お子さんのアイデンティティに影響を与えかねない事だと思います。

    どうぞテラピーに真剣にとりくんでください。
    今はそれが一番いい事だと思います。

    ユーザーID:9863626997

  • お子さんのパスポート

    日本国の赤いやつとれますか?
    ドイツにいったことがないので、うかがいます。

    もしとれるなら、強行突破が最善策の可能性大です。
    もちろんドイツではお尋ね者、二度と入国できないでしょう。

    でも、日本ではハーグ条約は無視されていて、
    お子さんをドイツに引き渡すはめになる可能性はまずありません。
    夫が日本に来て実力行使をしようとも、
    出国前なら、夫が誘拐で逮捕されるでしょう。
    (似たような事件が昨年ありました)

    そのことが、条約締結国から批判されていて、
    政府も重い腰をあげようとしていますが、
    殺人の時効撤廃とかが優先されて、批准が遅れそうな感じです。

    在独の方の書くことは無視されたほうがいいと思います。
    日本はちがうのです!
    (それがいいこととも思っていませんが)

    ユーザーID:3677275680

  • 公平とは?

    >裁判所から来ている娘に付いている弁護士、家庭相談所員及び上司の意見等も全て提出しているのに、裁判官が公平に判断していないと言う事に怒りを感じている

    結果ありきで不公平だと言ってるだけじゃないですか。
    提出した意見を考慮した上でトピ主に親権が認められなくても、恐らくあなたは「不公平だ」と騒ぎます。あなたが公平だと納得するのは、親権を手に入れて日本へ帰国する許可が出たときだけでしょう。私にも「自分の思い通りになることだけが正しく、子供の幸せである」と思い込んでいるとしか感じられません。厳密に言えば、周りの「自分に都合のいい意見」は正論で、「都合の悪い意見」は間違っている、不公平ということにして、自己正当化している、です。

    当事者云々言うなら、こんなとこで相談しないで下さい。
    あなたが犯罪者になろうと、ドイツ国内で指名手配されようと、知ったこっちゃありません。が、同じ一人の日本人として言います。これ以上海外で日本人女性のモラルの低さを晒さないで下さい。自分に都合の良い権利意識の高さは一人前、相手にも同等の権利があることの認識は半人前以下。情けないです。

    ユーザーID:5102424228

  • 頑張ってください

    在独19年です(夫はドイツ人ではありません)。

    辛いお気持ち、痛いほどよく分かります。
    私もバイエルンでハラスメントとも受け取れる嫌がらせを役所関係で受けたことがありますし、(あまりに理不尽だったので夫が関係を通して抗議しました)ドイツといってもバイエルンはまた独特の所がありますよね。基本的に、個人的に知り合った人はいい人が多いのですが、彼らVS外国人となると私はやりあう自信がありません。

    ドイツ他地方で結婚し、お子さん連れで帰った方を何人か知っています。
    皆さん着の身着のままで帰り(実家が援助し買った家もご主人に取られた人も)、日本で頑張って暮らしています。
    外国人としてシングル母で暮らすより日本での方が周りの助け、仕事などの面で有利なのであればそれもありかと思います。

    裁判で負けてからではお嬢さんと暮らすのは無理かもしれませんよね。

    トピ主さんを責める方、確かに彼女の書き方は悪いかもしれませんが一方的にお前は病気だと一蹴され、取り付く島もない彼女の精神状態はかなり追いやられてるんだと思います。

    親御さんはなんと言ってますか?助けになりたいです。

    ユーザーID:0013471647

  • やはりご親戚に相談(たとえ愚痴のはけ口でも)

    なさった方が良いと思います。相当思いつめられているように見受けられます。日本に強制帰国したら結果的に親兄弟に心配を掛けるわけですし、いきなり帰国して住むところを探す間だってお世話になるのですから今からいったんの引き受け側にも情報を与える意味でもお話なさることをおすすめします。
    お子さんがまだ幼稚園ということですね。それで在独17年となりますとかなりドイツ事情に精通していらっしゃる方なのはわかりました。
    それでしたらまずは親権を取りドイツで暮らすことを考えたらいかがでしょうか?ミュンヘンでしたら日本人関連で仕事もあるのではないですか?
    在独の長さを考えるとひょっとして音楽関係者かしらと推察させていただいたのですが、違っていたらすみません。
    そしてその上で帰国の道を探るのも良いかと思うのですが、だめでしょうか?私はどうしてもお子さんがドイツ人として生きる道を断ってしまうのはもったいないと思います。私は日本人の夫とともにヨーロッパで働いていますが滞在許可でいつも頭を悩ませています。バイエルン、ヘッセンなどはきちんとした職があっても永久滞在許可をだしたがらないので、更新が面倒です。

    ユーザーID:6665220979

  • 警告

    強行突破で子連れ帰国すると、ICPOを通じて国際指名手配される可能性もあります。

    間違っても強行突破だけはしないで下さい。

    ユーザーID:5750797125

  • 日本の母親至上主義だって公平じゃないと思いますよ

    公平というのなら、父親が子供を虐待していない限りは親権半々で養育権はどちらか一方(このケースではトピ主)、もう一方の親は面会権を確保できるというセンが妥当では?
    子供だっていつまでも身の回りの世話が必要な歳でいる訳ではないのだし、自分の親に面会できる権利はあるかと。親の方も子に面会できる権利は保障されてしかるべきだと思いますし。

    日本に帰国を促す人は、日本の母親至上主義が正しい、子供は母親に従属するもの、そうならないのは間違いという意識がある人で、そもそも自分の育った国の法や価値観が絶対だと信じて疑わない人はもともと国際結婚に向いてないと思います。

    そういう意味ではドイツ至上主義の人と似通っている部分があるのではないかと。

    子供の為にこの国ではダメだとおしゃっていますが、その発想が日本の「子供は母親に従属するもの」とい考えの元にあるものでは?
    お子さんは日本人でもあると思いますけど、ドイツに住んでいればむしろドイツ人の資質の方が大きいと思うのですけど、その発言はまずくないですか?

    ユーザーID:2067249881

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧