「自宅は負債」に同意する人いますか?

レス157
(トピ主5
お気に入り231

趣味・教育・教養

あんころもち

レス

レス数157

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 157
次へ 最後尾へ
  • しばらくトピをみませんでしたが、また上がっていたのですね。

    賃貸経営悩み中さま以降にレスをくれた方、ありがとうございました。
    ぼた餅さま、だからぁさま、トピの主旨についてフォローしてくださって
    ありがとうございます。

    アメリカでも、日本同様に持ち家神話があって、チョコさまの例のように、身の丈に合ってないローンに振り回されている人は多いようです。そういう人たちを啓蒙したくて、ロバートキヨサキは、本を書いたという面もあるのではないかと思っています。

    ただ自分の本をきっかけに、賃貸経営に乗り出す人が日本で増えた、というのはきっと彼も予想していなかったでしょうね(笑)

    まるえつさま、自営業ならば自宅をオフィス兼用にするか社宅扱いにできるのですね。私は会社員ですが、今後の参考になりました。

    miさま、投資歴20年ですか、ベテランなんですね。不動産価格の下がっている日本では、もちろんなのですが、価格が上がっている最中の米国で「自宅は負債」といいきったところに、この本のおもしろさがあったのではないかと思います。ちなみにアジアの新興国がこれからどれだけ豊かになろうと、移住したいとは思えないんですよね。個人的な趣味の問題です。

    ユーザーID:9031424292

  • 賃貸経営悩み中さまへ

    書くの忘れてましたが、一言だけ。不動産経営をはじめるためには膨大な勉強時間が必要です。海外でやりたいと思うなら、さらなる勉強が必要です。

    日本でも米国でも、自分で勉強しないで始めたいと思ってる人をカモにしようとする人たちはたくさんいるので、気をつけてくださいね。

    ユーザーID:8485857028

  • 最高税率20%、キャピタルゲイン課税ゼロ

    シンガポール在住です。投資で生活しています。トピ主さんは個人的な趣味で新興国には住みたくないのですね。それはそれで結構だと思いますが、このスレは投資に興味がある方が多いようなので、ご参考までに情報を。シンガポールはすでに一人あたりGDPが日本を抜いており、その他の「新興国」と同じカテゴリーでは、語れません。また、タイトルの通り所得税の最高税率が50%の日本に比べ、20%だけなので、日本で最高税率を払っている人にとって節税効果が大きいです。キャピタル・ゲイン、国外所得に関する課税はゼロです。村上さんをはじめ、日本の富裕層でこちらに引っ越してきている人が増加しています。ジム・ロジャースも2007年から住んでおります。高収入ほど恩恵があるのがこちらの税制です。医療、インターナショナルスクールなども日本に比べ、シンガポールが進んでいると思います。私自身はこちらで永住権を取り、日本には一カ月に一度程度の頻度で行き来しています。ハワイ大好きさんに対するコメントもそうでしたが、個人的な趣味の問題で、情報を下さった方に否定的なコメントをするのは、感じが良くないと感じました。余計なひと言では?

    ユーザーID:9532928912

  • 分岐点

    買ったすぐは負債
    たとえば買ってすぐに売った場合必ず買った金額で
    売れるとは限りません。評価が低くなるでしょうから
    支払っていくうちに負債が減り今の支払額より売ったほうが
    お金が残るとなった時点で資産だと思っています。
    会計的に言うと損益分岐点を越えて収益が上がるようになったら
    資産だと思います。
    この考え方はマンションだと何時までたっても追いつかず負債のままで
    終わる可能性があります。戸建てだと建物自体は減価償却で価値がつきませんが
    土地は減価償却がありませんので値がつくはずです。だから私は半々

    ユーザーID:1693667689

  • 家賃も自宅購入も負債

    自宅も負債ですが、家賃も負債だと考えます。
    賃貸の場合は、「家賃」=「オーナーが毎月返済する負債」+「オーナーが支払う税金や経費」+「オーナーの利益」 です。
    普通はオーナーの利益が必ず0円以上になるような家賃設定をします。

    同じ物件に長く住み続けたからと言って、家賃が下がるわけではないですし、
    古くなったからって値下げしてくれるとは限らない。
    住んでいる間に摩耗した箇所の修繕費用は賃借人負担。(まれに負担してくれるオーナーもいますが、本当にまれ。)
    他人の持ち物ですから退去時には賃借人の責任で元通りにしなくてはなりません。
    オーナーの都合で突然住めなくなることもあります(そりゃ多少猶予期間はありますが)。
    そして何十年住んでも家賃は発生し続けます。

    その点自宅購入なら一定額を払い終えればその後は支払不要。
    メンテは自己責任ですが、自分が経済的に苦しければある程度の摩耗は我慢すればいいだけ。
    もちろん税金はかかりますが、直接納税するか家賃として間接的に払うかの違いでしかありません。
    なので、自宅は有限の負債、家賃は無制限の負債です。

    ユーザーID:2327533074

  • 負債だと思います

    ただ、東京の一等地の高級中古物件って値段が下がらないんですよね。
    もちろんバブル崩壊の時は大幅に下がったでしょうが。

    高級物件は本当に良くできていて管理も良い、内装も
    住人が惜しみなく改装するので、本当の一等地の高級中古物件
    をキャッシュで買えるなら、家賃払うよりいいかもと思います。

    ユーザーID:6115561100

  • レスします。

    私が知り合いの華僑投資家に不動産投資で考慮すべき優先順位を聞いたときの答えです。1にも2にも3にも立地重視とのことでした。新築でも中古になるし、ファシリティもすぐに陳腐化しますが、立地が良い限りニーズは減少しないからという理由です。
    PIYOさんこむらさんのおっしゃる通り、一等地の優良マンションって値下がりしないんですよね。(バブル期ピークを除く)日本だけでなく、ロンドンやニューヨークでも一緒です。日本人は新築信仰が強いですけど、新築といういうプレミアムは高すぎると思います。一等地の高級中古物件をキャッシュで買い、新築に払うプレミアム分で、内装をデコレーターにお願いして住むのが一番お得だと思います。売る時にも、富裕層ほど高級感のある内装の物件を好みますので、売りやすいです。私もそうしてます。

    ユーザーID:9532928912

  • 不動産は難しいですね

    一等地は価格が下がりにくい、という意見が多いですが、ということは中古でも結構なお値段になるということですよね。安い中古を買ってリフォームして転売、しかし考えることは皆同じですから安い中古を探すのも大変です。
    投資用ではなくて自分で一生住む覚悟なら一等地で高い中古を買う必要はないと思います。他人が住んだ家は嫌だという人もいますから。

    それと、一等地っていうのは具体的にどこでしょう?私のイメージは広尾や松涛や青山ですが、2009年の地価下落率は都内は港区が一位ではなかったかしら。上位はどこも地価の高いところだったと思います。景気の影響を受けやすいということですよね。景気を読める人ならいいですが、そうでないなら落ち着いた住宅地のほうが価格が安定しているような気もします。
    一等地の超高級マンションも売れなくて値段を下げているのが実情です。
    なかには広い部屋をふたつに分けて売っているところもありますから、何億もする物件を買ってもうまく転売できるかは怪しいものです。本当に良いところは投資用ではなく自分で住んでいる人も多いため中古マンションはどこか難アリだったりするんですよね。

    ユーザーID:2264949996

  • なぜ本当のお金持ちは同意しないのか?

    「自宅は負債」とキャッチフレーズは、
    土地神話を妄信する人へのショック療法としてなら理解できるけど、
    それを真に受けて投資のプロを気取るのはオメデタすぎる。

    どんな仕事もそうですが、
    1)全てを把握した気になる
    2)誰もが知っている事を自分だけが知っていると勘違いする
    3)他の意見を受け付けない
    人は投資で成功する事はないでしょう。

    「自宅は負債」と同様に、「車も負債」ですから、
    自宅負債神話の信者は、毎日通勤に車を使う人にレンタカーを押し付ける。

    「自宅は負債」と同様に、「スーツも負債」ですから、
    自宅負債神話の信者は、毎地通勤にスーツを着る人に貸衣装を押し付ける。

    どちらにお金が溜まるかは明らか。
    土地神話の信者に限らず、思考停止状態の信者が投資で成功する事はないでしょう。

    ユーザーID:1144870606

  • 有閑おばさんへ(横ですが)

    >安い中古を探すのも大変です。

    いい物件に安いものはないです。

    >投資用ではなくて自分で一生住む覚悟なら一等地で高い中古を買う必要はないと思います。他人が住んだ家は嫌だという人もいますから。

    個人の価値観ですが、特に外国人は気にしないです。

    >私のイメージは広尾や松涛や青山ですが、2009年の地価下落率は都内は港区が一位ではなかったかしら。

    おっしゃるエリアです。地価と物件価格は完璧に連動するものではありません。物件の値段は個別の価値です。

    >景気を読める人ならいいですが

    景気が読めないと思う人は投資はしないでしょう。

    >本当に良いところは投資用ではなく自分で住んでいる人も多いため

    だから希少価値で売りに出した時に、すぐ売れるのですよ。特に、今
    新興国の富裕層が日本の物件に食指を伸ばしています。購買力が低下している日本人を想定せず、海外富裕層を狙えば、高価格で売れますよ。彼らの好むヨーロッパテイストにリフォームするのがコツです。PB通しでコネクションは探せますよ。

    中古物件の是非を問うトピではないので、この辺で失礼します。

    ユーザーID:4603262261

  • 何の目的で、本を買ったか

    <<もちろん彼のたかだか2千円前後の著書を読んだだけで、金持ちになれるとは思っていませんよ。彼が本当に売りたいものは、もっともっと高額なんですよ。

    でも彼等夫婦は、目論見通り、売れた本の印税とセミナーで金持ちになりましたよね。 本を買ってくれた人たちのおかげです。 これの方が、本業の不動産ビジネスよりも良かったようですね。

    <<私が知り合いの華僑投資家に不動産投資で考慮すべき優先順位を聞いたときの答えです

    投資家でなくとも、不動産屋でなくとも、(投資)物件の優先順位は、 1 Location, 2 Location, and 3 Location というのは、誰でも知っている当たり前のことと思うのですが。

    ユーザーID:2575752614

  • そうかなあ

    >投資家でなくとも、不動産屋でなくとも、(投資)物件の優先順位は、 1 Location, 2 Location, and 3 Location というのは、誰でも知っている当たり前のことと思うのですが。

    このトピのレスを見ると、書き込んでいる人のレベルはかなり幅があるように思えます。本当にわかっている人もいるし、「投資家気どり」の人もいるし、全くの素人さんもいるようです。ロバート・キヨサキを知らない方も書き込んでいらっしゃいましたし。プロ用の掲示板ではないので、いろいろなレベルの方がいると想定してレスしてあげたほうが親切ではと思います。

    私自身は、外資系のヘッジファンド、プライベートバンクで勤務後、今は個人投資家ですので、それなりのプロとしての知識、経験はありますが、相手の知識のレベルがわからない時は、できるだけ噛み砕いて、丁寧な情報提供をするように心がけています。投資に絶対のルールは基本的哲学以外に存在しませんが、日本人が新築神話、土地神話に拘泥したままだと、世界から取り残されてしまうという危機感から、こういう考え方もあるということで、書き込ませていただきました。

    ユーザーID:3402090107

  • 負債だと思います

    住宅を購入した場合、たとえローンがなくとも、維持費や固定資産はずっとかかり、資産であるキャッシュを持って行ってしまうので、やはり負債だと思います。

    私はカリフォルニア在住なのですが、固定資産税が購入価格の1%です。
    8000万円で購入した家に対して毎年固定資産税を80万円払わないといけません。その上、水道光熱費、修理費などの維持費。タウンハウスはコンドなら共益費も。これらのことからどう考えても持ち家は負債です。

    このところ、不況で住宅ローンが払えず、せっかく購入した自宅を手放す人が増え、我が家の周囲も売りに出ている家がけっこうあります。
    それで良く耳にするのが、”プールは負債”という言葉です。
    プールはそれこそ維持費がすごいです。なので最近は普通の家で(大邸宅では無いという意味です)プールがある場合はなかなか売れないそうです。

    ロバートキヨサキさんの本は読んだ事がありますが、これらの事からも、維持費や固定資産のように持続的にお金がかかるものはやはり負債という考え方は納得できます。

    ユーザーID:1606769091

  • 負債だと思います

    住宅を購入した場合、たとえローンがなくとも、維持費や固定資産はずっとかかり、資産であるキャッシュを持って行ってしまうので、やはり負債だと思います。

    私はカリフォルニア在住なのですが、固定資産税が購入価格の1%です。
    8000万円で購入した家に対して毎年固定資産税を80万円払わないといけません。その上、水道光熱費、修理費などの維持費。タウンハウスやコンドなら共益費も。これらのことからどう考えても持ち家は負債です。

    このところ、不況で住宅ローンが払えず、せっかく購入した自宅を手放す人が増え、我が家の周囲も売りに出ている家がけっこうあります。
    それで良く耳にするのが、”プールは負債”という言葉です。
    プールはそれこそ維持費がすごいです。なので最近は普通の家で(大邸宅では無いという意味です)プールがある場合はなかなか売れないそうです。

    ロバートキヨサキさんの本は読んだ事がありますが、これらの事からも、維持費や固定資産のように持続的にお金がかかるものはやはり負債という考え方は納得できます。

    ユーザーID:1606769091

  • 負債ではないと思いますが・・・

    自宅は負債だという意見が多くて驚きです。
    ローンで買ったとしても私は自宅を負債だと思いません。
    たとえば私の場合自宅を4300万円(もろもろ4500万円)頭金500万 35年月々10万円のローンで購入しました。
    マンションですが管理費、修繕積み立て金、駐車場月で33000円です。
    これに固定資産税が年間18万円。なので月の支払いは148000円です。
    これを賃貸で借りた場合賃料月19万円、更新料2年に一度19万円で
    月平均198000円になります。
    なので月50000円の差額ができます。
    現在購入から8年経っていますので頭金はこの差額で消化されています。
    今同じタイプの部屋が4100万円で売りに出ています。
    実際の売却価格の査定は3800万円でした。

    現在のローン残高は3100万円なので今売却すれば700万円手に出来ます。
    なので8年前より資産が700万円増えたことになります。
    ちなみに我が家は都内ではありますが交通の便はとても悪いです。
    家賃は30年払ってもなにも残りませんが自宅は30年経っても1000万以下にはまずならないので負債だとは全く思いません。

    ユーザーID:6231094947

  • ローンで買ったら負債ですよ

    お金持ちの話ではなく、個人が賃貸か迷うレベルの話に関して言えば、ローンがあるなら負債です。だって地震で倒壊した家屋のローンと新しい家のローンを払っている人がいるんですから、負債に決まってます。
    家を買ったら、土地はともかく建物は負債です。

    ユーザーID:4546239735

  • もしも・・・

    我が家は、今現在ローン無しなのですが、もしもハイパーインフレになった時は、家賃も跳ね上がるのでしょうか?そうだとしたら、我が家は確実に住居費だけは楽です。自宅は負債だと言い切る人は、親が残してくれた住宅なども負債だと思うのでしょうか?もし、そう思うなら売却もしないで、どなたか欲しい人に無料で差し上げたらと思います。

    ユーザーID:7770359992

  • sanpapaさんに完全同意

    数字が計算できない人が本質的な意味も理解せずに、
    「全てを判った様な気になって、上級投資家を気取っている」
    だけです。

    住宅ローン金利:1〜3%
    賃貸利回り :8〜10%

    今の日本では、借りるより買った方が断然お得です。
    欧米では、この数字が逆、つまり借りた方が得です。
    日本でも20年前は将に逆、ローンが8%で家賃が3%でした。

    実際に計算してみれば、簡単にわかる事です。
    専門家を気取った上から目線のアドバイスも
    数字を出した瞬間にウソがばれます。

    例えば金融のプロなら、
    「ヘッジファンドで運用に携わった人がプライベートバンカーになる事はありえない」
    という事を知っています。
    「あぁ、アシスタントとか総務の人なんだろうな」、
    「一般の人に対しては金融のプロを気取りたいんだろうな」、
    と直ぐにわかる訳ですが、一般の人にはわかりません。
    ところが、
    「数字で説明してみろ!」
    と言えば、矛盾は隠しようがないし、誰の目にも明らかです。

    ユーザーID:4588980583

  • Equityがあるなら資産、でもデフレの時は目減りするかも…

    アメリカでは、家をATM代わりに使っているのは周知の事実。銀行も家を資産と見て、しかも、その家にEquityがないと、お金を貸してくれませんよ。金融危機前は、Equityの90%も貸してくれたみたいですけど、今はそんなに貸してくれないみたいですが…。

    著者が言うのには、家の一部を貸してレンタル料が入ったり、ビジネスとして利用してないのなら、Cash-flowは生まず、維持費等のお金が出て行くだけなので、負債だという主張で、それは彼独自の考えで、金融機関からみたら、Equityがある限り資産です。

    家のEquityを使って、株式市場に投資して、配当金をもらい、借りた分は税金控除するという方法で投資をする方もいますし…

    自身の考えは、不動産はインフレヘッジになり、何があっても住む所があるという事で、ローンなし持ち家は精神安定剤です。ローン終了後、ミリオンダラーの家に目が行きますが、ミリオンダラーの金融資産を作るほうを優先してます。自身の経験は自宅は購買価格の2.5倍になり、いい投資でもありました。

    デフレの時はその資産が目減りするかもしれませんが、資産は資産です。

    ユーザーID:2904975647

  • 眉唾・・・

    自宅は負債だとしても、賃貸は消費ですよ。
    日本の場合、金利が安いのでローンも悪く無いと思います。

    消費は何も残らないですよ。

    大体、賃貸の家賃払いながら投資のできる人たちは、持ち家でも投資していると思うんだけど・・・

    家賃って投資家を潤わせていることになるんだけど、それはありなの?
    ロバート・キヨサキの本ってどうも、みんなに大家になるよう勧めて、アメリカの土地バブルを持ち上げたような気がするんですけど・・・
    確か将来の子供の学費のために、今から投資物件を買っておけ!って感じでしたでしょ?しかもその大家が自宅は賃貸で、他の大家に家賃払ってるって・・なんだかヘンです。

    ユーザーID:8231353820

  • investorさんへ

    >ヘッジファンドで運用に携わった人がプライベートバンカーになる事はありえない

    これは違います。周囲にも何人かそのような経歴の人がいます。実際の運用の感覚を本当の意味で理解していない営業出身のプライベートバンカーが多いので、運用出身者は好まれましたよ。香港のプライベートバンクにもそのようなバックグラウンドの方がたくさんいます。トレーダーの弱みとして、実業を知らない、富裕層とのコネクションがない、という点を認識している人も多いので、金融業界を引退後、実家のビジネスを継承したり、起業を希望する人は、その前にプライベートバンカーを経験したいという人は多いんですよ。税法なども勉強する羽目になりますし、何よりもプライベートバンクで培った人脈、立ち居振る舞いが一番の財産になっておりまます。

    investorさんはお若いのでしょうか。
    ご自分の知識の範囲内で物事を断定しないほうがよいのではないかと思います。内外の富裕層とお付き合いして勉強になったことは、富裕層ほどあたりが柔らかく、他人を頭から否定せず、謙虚な姿勢をお持ちということです。汚い言葉も使いません。私は見習おうと思っています。

    ユーザーID:3748904957

  • すごいのはわかったから・・・

    こういう話題だと、とにかく自分が一番知ってるんだ!みたいな人が必ず出てきますね。

    ヘッジファンドだかプライベートバンクだか知りませんが、すごいのは十分わかりましたから、具体的にそのすごさを見せて頂けないでしょうか?

    「オレはそこらの奴とは違うんだぞ。オレが正しいんだよ。」的な話は何とかちゃんねるでお願いします。

    ユーザーID:8491824048

  • トピ主さんに質問です。

    同じ収入、同じ家で、同じ暮らしと仮定して、

    1)経済的自由を得るまでは買わない人(賃貸)
    2)まずは自宅を購入する人(持家)

    1と2、10年後の資産が大きいのはどちらの人でしょうか?

    「金利2%、家賃利回り8%、投資利回り1.5%、消費者物価1%」
    としてお答え下さい。

    「自宅は負債」信仰者が持ち家派に勝つためには、
    とんでない非現実的な仮定が必要になる事がわかると思います。
    でも、アメリカはそうなんですよ。
    そのまま日本に持ってくるから間違えるんです。

    ユーザーID:5757225738

  • >investorさん(&これで分かるかなさん)

    表面利回りとローン金利を比べて、前者の方が大きいから不動産購入が合理的、
    と言うのは不動産投資における初歩的な間違いだと思いますよ。
    それに、挙げている数字も、現実から乖離していますし…

    ある不動産の購入が投資として合理的と言うためには、表面利回りからローン金利や諸々のコストを引き(つまり実質利回り)、そこから更に無リスク金利を引いた数字が、ボラディリティや流動性などから相当とされるリスクプレミアムのレベルより、十分に大きい必要があるのでは?

    それから、具体的な数字ですが、例えば、新築マンションの表面利回りは、不動産経済研究所の『2009年版 東京・新築マンション利回りインデックス』によると、4.0%です(なお、99年以降の最大値でも約5.5%)。
    現在のローン金利は2.475%(変動10年超)、無リスク金利(10年債利回り)1.32%です。

    これらの数字から明らかなように、ローンを組んで新築マンションを買う行為は、投資として見た場合、割が良いとは到底言えません(リスクテイクに見合うリスクプレミアムを手に出来ない)。
    しかも、実際は、これ以外にも諸々のコストがかかるわけで…

    ユーザーID:4692384614

  • 感情と勘定は別

    ご自分が住まわれる場合に多く見受けられますが、
    勘定と感情を一緒にしてしまっています。
    住宅ローンがなくても必要経費が発生すれば、
    それは債務です。
    つまり債務のない固定資産などはあり得ないと考えられます。
    売ることも出来ないのに、今売ればとかは意味のない空論です。

    しかし、負債を背負っても生きたいように生きる事ができれば
    それでいいのではないでしょうか?
    人にとやかく言われようとご自分で築いた幸せの形です。
    人は損得や利害だけでは生きられません。

    ユーザーID:2682365272

  • 理論と実際は別

    自称個人投資家の方に多く見受けられますが、
    ハウツー本と現実を一緒にしてしまっています。
    自宅を持っていなくても家賃を払っていれば、それは債務です。
    つまり債務のない住まいなどはあり得ないと考えられます。
    専門家でもないのに、投資にお金を回せばとかは意味のない空論です。

    しかし、運を信じても生きたいように生きる事ができれば
    それでいいのではないでしょうか?
    人にとやかく言われようとご自分で取ったリスクです。
    人は理性や客観性だけでは決断できません。

    ユーザーID:0245875991

  • >コペンさん

    最後まで計算せずに分かった気になってしまう、
    というのはアマチュア投資家の初歩的な間違いだと思いますよ。
    それに、書いている内容が矛盾していますし…

    自宅を買わない代わりに借家住まいにし、その分投資に回した方が合理的と言うためには、投資から得られるリターンが、家賃からローン金利(+保有コスト)を引いた数字よりも十分に大きい必要があるのでは?

    それから具体的な数字ですが、プロの投資家が良く使う(財)日本不動産研究所の数字では都内新築マンションの利回りは大型物件で6.7%です。コペンの数字には大きなバイアスが働いています。

    >これらの数字から明らかなように

    何も明らかではないですよね?
    自宅は中古でも良いわけですから、実際の家賃利回りはもっと高いはず。それには構造的な理由があります。ちゃんと最後まで計算してみる事、「諸々の」と言わずに、数字を出すこと。不動産保有に関わる様々な税金上のメリットも考慮すること。最後まで計算してみて下さい。

    最後に、「リスクプレミアム」という言葉を持ち出すなら確率論の測度変換をきちんと理解してから使いましょう。

    ユーザーID:1144870606

  • コペンさんに同意です

    >そこから更に無リスク金利を引いた数字が、ボラディリティや流動性などから相当とされるリスクプレミアムのレベルより、十分に大きい必要があるのでは?

    ここがポイントだと思います。投資家なら利回りの計算はできて当たり前です。「数字でせつめいしてみろ!」と言うほどのことではない。利回り計算だけなら会計士(じゃなくても)、PCでもできます。投資家は、利回計算をするのが目的ではなく「相場」つまり、トレンドを読む、流動性のリスクを読むのが本質的な仕事です。理論値のアービトラージをするなら、もっと大きく流動性のある金融市場でするべきです。

    理論値は理論値です。経験を積んだ投資家は、流動性、ボラティリティを考えながら、リスクテイクします。これらを考慮すると、今の日本では、ローンを組んで家を買うのは合理的と言えないと思います。しかし、とらさんみたいに、優良な見込みの買い手のネットワークがある人が、一等地に中古で買って、付加価値をつけて売りやすくしておくというのは、やられの可能性が比較的少ないやり方ではないかと思います。

    「上級投資家を気取っている」のは誰でしょうか?

    ユーザーID:7171498645

  • 同意します

    少なくともローンで購入した自宅は明らかに負債です。
    利息だけで当初の値段よりはるかに多くの出費が生じますし、所有することで固定資産税等がかかってきます。

    残念ながら一度手に入れたら死ぬまで住めるという丈夫な家は日本には稀で、早くに自宅を購入しても結局老後を迎える前にリフォームする必要があり、そこでまた多額の出費が必要です。
    「いざとなれば売れる」と言いますが、取得直後から価値はガタンと落ち、減価償却が進めば実質土地代くらいの価値しかなくなります。
    しかも不動産売却時の手間は半端ない! とても大変で、労力に見合いません。

    一度買ってしまうと、日々の生活や家族の事情、仕事や災害等で突発的な事象が生じた時、なかなか対応できないのもデメリットです。
    一番リッチな暮らし方は、その時のライフスタイルに応じて住み替えられる事だと思っています。
    今は賃貸物件でも庭付き、ペットや楽器可など、充実していますし。

    現金の方が流動性が高く、投資して増やすこともできます。
    もう大きな変化はないだろうという年になってから現金一括払いで自宅購入するのは選択肢としては有です。

    ユーザーID:1602251204

  • ローカルの投資家かグローバルの投資家か(1)

    私は国内に限らず、国際的に投資をしています。

    日本国内の投資と違って不確定要因だらけです。だから、investorさんのおっしゃられるような細かい数字はどうでもいいのですよ。中国やシンガポール、ベトナムなどのダイナミックな市場では、どの金利を使うとか、あまり意味がないです。トレンドを読んで、トレンドに乗るだけです。マーケットが上昇し始める流通している株でも、不動産でも買うだけです。一番良いのは、事業に出資させてもらうことです。経済のスピードが日本とは比べものにならないのです。大化けします。そのために、現地の富裕層にネットワークを広げておくのです。

    数式の研究より、語学力、人間力を磨いて生の情報収集が大切です。日本市場は成長率が低すぎます。

    私は日本でも仕事があるので、日本の自宅は中古を買って持ち家にしてます。でも、資産(会計的には資産ですが)だとは全く思えません。とにかく、日本でお金を置かずに、海外成長市場にお金を入れたほうが、儲かると思っています。

    ユーザーID:9532928912

先頭へ 前へ
91120 / 157
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧