「自宅は負債」に同意する人いますか?

レス157
お気に入り231
トピ主のみ5

あんころもち

学ぶ

小町でも時々、家賃は捨て金か、という議論がなされてますが、
有名なロバートキヨサキの著作に「自宅は負債」という考え方がでてきますが、これに同意する人はいますでしょうか?

収入も貯蓄もあって、自宅を購入しようと思えばできるけど、「負債」なのであえて買いません(経済的自由を得るまでは)、という人はいますか?
私自身がそうなのですが、同じ考えを持つひとに、投資セミナー以外では会ったこと、話しをしたことがないので、ここで聞いてみたいです。

ユーザーID:2466740497

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数157

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 米国と日本では不動産市場が違いすぎる

    トピ主さんのあげている著者は米国人で、米国の不動産市場について分析していますね。米国では家の価値は日本と比べるとそれほど下がりませんし、場合によってはあがります。日本のように、築年=価格の下落ではありません。

    実際、私が購入した米国内の築100年以上のコンドは9年所有して倍の値段で売れました。この場合は自宅=資産です。ローンを組む場合でも、自宅=負債となるようなローンは組む人はあまりいないと思います。30年固定4.5%で借りた場合、それで浮いたお金が年10%稼いだらペイしますね。

    これを日本にそのまま適用できるんでしょうか?それとも、トピ主さんは米国内に自宅を購入することをお考えですか?

    ユーザーID:0606506289

  • なるほど〜

    本は読んだことありませんが、「自宅は負債」に納得! ポンっ

    もし私がお金持ちなら、数年毎に新築賃貸に引っ越します。
    先日引っ越してみて判りましたが、家の設備ってどんどん新しくなって、便利に住みやすくなるんですよね。
    持ち家って、どれだけお金を掛けてもその時の最高設備しかいれられません。

    そうやって考えると、持ち家って不便。
    だったら、常に引っ越していつも最新設備の住宅に住む方がいいなぁ と思いました。

    高齢になって賃貸契約が難しくなったら・・・「家賃1年分前払いしましょうか? それとも4年分?」くらい言えるお金持ちになりたいです(笑)

    ユーザーID:6271104469

  • 皆様ありがとうございます!

    済みません、私が冒頭に余計なことを書いたので、主旨を判り難くしてしまいました。最初の1行はなかったことにしてください。

    ロバートキヨサキの著書を読まれてない人もちらほら見受けられましたが、彼の言う資産と負債とは、すなふきんさんが説明して下さった通りです。
    自宅をたとえキャッシュで買ったとしても、維持費、保険、税金等がかかる=「あなたからお金を奪うもの」なので負債だと、キヨサキは書いています。

    ユーザーID:2466740497

  • トピ主です。

    冒頭で紛らわしいことを書いてしまったのでが、賃貸対持ち家、の話のつもりではありませんでした。
    ロバート・キヨサキは自宅にお金を突っ込んでも、お金を生み出さない。だから賃貸収入を生み出す投資物件をさきに買うべきだ、といっているのです。

    何人かの人にはお返事を書きましたが、その他のひともどうもありがとうございました。
    まだご意見お待ちしています。

    すなふきん様
    資産と負債の説明ありがとうございました。
    日本は築20年で家屋の価値がなくなってしまうのですね。
    中古戸建てを少しだけリフォームして住むというのは、
    いい考えですね。私も数年後を目安に「同意な上で自宅保有派」
    になるかどうか考えております。

    LiveWithMe様
    もちろん彼のたかだか2千円前後の著書を読んだだけで、金持ちになれるとは思っていませんよ。
    彼が本当に売りたいものは、もっともっと高額なんですよ。

    家具屋様
    ロバート・キヨサキのいう、資産と負債の定義はすなふきんさんが書いてくださったとおりです。

    ユーザーID:2466740497

  • トピ主です、続き

    家具屋様
    ロバート・キヨサキのいう、資産と負債の定義はすなふきんさんが書いてくださったとおりです。

    通りすがり様
    金融業界の人でしょうか。
    一般の人で、自宅を購入してもローンを払い終えるまでは、自分のものではないと考えてる人は少ないと思います。もっとも、ロバート・キヨサキは
    完済していても、税金を滞納すれば国にとりあげられるわけだから、永遠に自分のものにはならないと書いていますが。
    厳し〜。

    ワンダー様、真っ赤なアーニャ様
    マンションを現金で購入しても、古くなれば修繕費がかかってきますよね?年数が経つほど自室のみならず建物全体に大規模な修繕が必要になります。それがいやで売却しようと思っても、当然そのころには買った値段よりもずっと安い値段でしか売却できません。マンションを購入する際にはその計算をきちんとして、将来の生活設計を考えておいたほうがよいと思います。

    kiri様
    自分の身内にも二束三文で売った人間がいます。。

    ユーザーID:8485857028

  • トピ主です。 続き2

    なん様
    内緒にしておいたほうがよかったですかね。笑。
    通販の、というはゲームのことでしょうか。私はその先のも買いそうになりましたが
    さすがにやめておきました。

    トータルネック様、銭様
    そうなんです、自宅が欲しくないわけではないのですが、自宅を買う費用の機会コストを考えると、ついつい投資物件を買ってしまうのですよね。

    ユーザーID:8485857028

  • 負債かも、でも

    個人的にはロバートキヨサキ氏の金儲けが一番的な考え方は好きではありませんが、
    確かに負債かな…と思います。
    資産を増やすことを考えればローンを組むことは効率が悪くなりますし。
    購入するなら現金で。

    デフレの今、中古住宅の価格はどんどん下がっていますよね。
    これからも当分の間、そうだと思いますし。
    でも、もし将来インフレになった時、所有している資産が現金だけでは厳しいですよね…
    ロバートキヨサキ氏の著書を読まれているくらいなのでそんなことはないと思いますが。

    ユーザーID:0990131344

  • 物件によると思います。

    私の知人は、バブル時代にローンで購入したマンションを売ったら2500万の利益が出ましたが、その後に購入した戸建は、ローンを払い終わる頃には1億近く払った計算になってしまうと嘆いていました。今、売ったとしても1700万程にしかならないそうです。なので負債だと思います。
    我が家は、3000万円で戸建(注文建築)を購入しましたが、20年以上も住んでいますが、土地が広いので、今売却しても4000万だそうです。(家は価値無し)そうすると、1000万の利益が出るので、資産だと思えます。

    ユーザーID:7770359992

  • ローンが残ってたら負債でしかない

    ロバートキヨサキさんは知りませんが、
    うちの場合はローンがあるので、「負債」と考えてます。

    なので、「マイホームいいなあ」と言われても、
    「まだ、銀行のものだけどね〜」と答えています。

    ユーザーID:8771129566

  • 住宅のローン買いは負債同然

    ロバート・キヨサキ氏の著書にも図入りで解説されていますが、金そのものが働かなければ支出が嵩むだけですので、負債同然と捉えても良いのではないでしょうか。

    日本の場合、建物の資産価値は30年そこそこで無に等しくなるという現状です。立地条件が抜群でなければ購入する価値もないと思います。
    30年ローン土地付き一戸建ては避けるべき物件と言いたいです。

    固定資産は所有した瞬間から税金食いになります。
    不動産を取得する際には不動産取得税がかかります。
    不動産取得後は、土地および建物の資産価値に応じて固定資産税と都市計画税が毎年かかります。
    当然建物の資産価値が高ければ高いほど税額は高くなりますので、マイホーム実現という自己満足達成以外には易々と手を出す物件ではないですから、ローン組んでまでそういう物件に手を出すのは危険と言えます。

    固定資産に働いてもらうには、立地条件を見込んだ土地購入という目的で駐車場用敷地を手に入れ、有料駐車場で得た利益から固定資産税を支払い、土地の査定額が上がってきた頃に購入希望者にその土地を販売するのがメンテナンスの上ではまだ得策かもしれません。

    ユーザーID:3981247390

  • 人による

    学生の頃は"ローンを払わない持家が得"と思っていましたが、
    社会人になり、転勤や災害等のリスクを考えると賃貸の方が得と思っています。

    しかし転勤の無い職業もありますし、先祖代々土地持ちのご家庭もあるでしょう。
    そういう方は賃貸より持家の方が得では無いでしょうか?
    転売が可能な物件であれば、それは資産になると思います。

    所でトピ主さんはロバートキヨサキの書籍に感銘を受けておられる様ですが、
    ジョン・スチュワートがジム・クレイマーやロバートキヨサキの"金持ち父さん"の話が捏造だと論破しています。

    資産運用、投資やビジネス経営にしても、最後は情報収集力と分析力が重要になる様に思いますが…。

    ユーザーID:7598641938

  • 壱円でもローンがあれば「負債」

    以前、不動産売買の仕事をしていましたが

    その上で発言します

    ・ローンを組んだ段階で完済するまで銀行のもの(その為の抵当権)
    ・不動産は売買契約後の銀行決裁が終わるまで(つまり入金確認)現金化できない
    ・不動産の非流動性(つまり売りたいと思っても売れないのが不動産)

    上記のことを踏まえた場合、不動産をローンで購入した段階で「負債」確定です

    ただし例外があって、ローン以上の現金預金を持っている方が
    あえてローンで購入された場合は、資産と考えても問題はありません

    売れる「可能性」(売却予想価格)は、あくまで個人の都合良い予想
    ローン残債>売却価格
    こうなる可能性がある間は、その家計では常に負債

    抵当権のない登記になって資産と言えるのが不動産だから
    ローンがある間は、資産だなんて思っちゃダメです
    これ不動産購入の基本中の基本知識です

    ユーザーID:6649921816

  • 資産になる物件を、目利き出来ない、ってこと?

    自分の不動産選択眼に自信がある人は、買うでしょう。

    私は、親がバブルの頃、退職金でマンション買って、アパート経営して、バブル崩壊や震災などを経て、結局失敗、現金化する作業を手伝い、苦労しました。

    おかげで、住宅には詳しくなり、自分でマンションを買うときには、2年かけて、築浅物件を探しました。
    少子高齢化が進む中でも、将来性のある立地や管理しやすい条件など、うまく選んで運があれば、値下がりしにくい物件はあります。

    住宅は、どのみち、税金やメンテナンスの経費がかかります。
    収益物件は、それに加えて、減価償却や入居率を考えて、家賃が高めに設定されるわりに、内装は、限界まで削ります。
    賃貸は、社宅や官舎で、格安で住むのでなければ、割に合わないですよ。

    アメリカでは、2002年までに住宅を購入、2007年中に売却していれば、確実に儲かりました。
    人気エリアは、その5年間に、倍ほどの価格になりましたから。
    キヨサキが、その間、不動産投資をしてなかったとは、考えられません。
    ただ、サブプライム層に、自宅の購入を思いとどまるよう、言っていたのなら、慧眼です。

    ユーザーID:2705832333

  • 同意しまーす!

    キヨサキさんの著書は読んでいませんが、

    自宅って金食い虫だと思っています。

    地方都市出身なので、社会人になるまで持ち家住まいが
    当たり前だと思ってましたが…基本相続で家が貰えるんですよね。
    でも、ローンが無くても本当に家ってお金が掛かりますよね。

    今住んでるUR団地は見た目、古くさいですが
    フルリフォーム設備もピカピカ状態で入居し家賃も66,000円と超格安。
    設備が壊れたら電話一本で飛んできて無料で修理してくれます。
    敷金礼金の類や更新料も無いので純粋に月々の家賃のみが必要な経費です。

    イナカ者の私は学生時代不動産屋に適当な物件押し付けられ
    住まいにはかなり苦労しましたが、こんないいシステムがあったのか!!!
    と、目からウロコです(笑)

    家賃も人生で一番安いです!

    すぐ傍にできたテトリスみたいに数件の家が器用に建っている一角がありますが

    そこの狭小住宅は一軒約6,000万円だそうで…

    販売価格だけで我が家の家賃75年分です(!)

    そんな家買う勇気、私にはありません…

    ユーザーID:0390630363

  • 負債だと思いながら購入

    ロバートキヨサキ氏の金持ち父さん貧乏父さんを読んだにも係わらず
    自宅を購入してしまいました。

    現金で購入したとしても自宅は負債だと思います。
    でも、自宅の価値は、お金だけでは計れないと思います。

    地方だと、持ち家の一戸建てに住んでいないと対等な関係になれないのです。
    元々地元の人間じゃないので、余計感じるのだと思いますが。
    きっと、転勤で長く居ないと思われるからでしょうね。

    でも、自宅に対する思いいれがないので、物件選びにも気合が入らず、
    比較的土地の値段が高い地域に中古を買って、リフォームして住んでいます。
    ローンはありません。

    購入すると、地元の人間になる覚悟を決めたと見られるので、地域に
    解けこむ手助けになります。

    これが正解かどうかはわかりません。

    ユーザーID:8060362726

  • 老後の住まいとして

    ローンを組み、定年前までに完済することで
    老後の家賃をなくしたい。

    そのためマイホーム購入を夢見ています。

    家賃を払いながら、老後の生活費を出していくというのが
    厳しいと予想されますので。

    修繕費や維持費はかかりますでしょうが、
    多少ぼろくなっていても
    家賃がないというのはありがたいのです。

    できれば40−50代に完済というのが理想です。

    こういう考え方もあるということで。

    ただし、お金に余裕がある場合(老後の生活費も十二分に取れる)
    はローンは負債だと感じます。

    ユーザーID:6467837613

  • はい

    同じです。
    その方の著作読んでませんし、セミナーもいったこと無いですが、
    同じ理由で家は買っていません。

    もし、家を何件か現金で買ってもまだまだ資産があり、税金も払えて、何かあったら即
    売りに出して海外に生活拠点を移せるのなら買うかもしれませんね〜。
    あと、友人のほとんどは家を建ててローンを払っています(友人談)が、
    そのことを自分の考えに照らしてどうのとか思ったこともありません。家を買うとか
    どこでくらすとかって、生き方で全然違いますよね。友人たちの生き方のほうが圧倒的に多いですし。
    あまり、口に出さないに越したこと無いなあって感じています。批判と取られるのも辛いですから。

    ユーザーID:5611221026

  • 教科書的ですが・・・

    どこかの会社の貸借対照表(B/S)って、見た事ありませんか?
    左側に資産、右側に負債と資本が載っています。
    左側の数字と、右側の数字は、同じです。

    不動産そのものは資産。
    それをローンで買えば、負債も増える。
    貯金を使って買えば、資本が減る。
    ただ、それだけのことです。

    ユーザーID:1527729883

  • 持ち家なんかいらない

    なんて言ったら、建築業者や不動産屋さんに怒られそうですが、実際のところそうじゃありません?

    お金がたんまりある方なら豪邸なり、別荘なりお持ちになってても維持費もなんてことないでしょうが、生活に追われる一般庶民が、ローンを払いながら苦しい生活にあえて飛び込んでいくことは理解できません。

    ローンが終わった頃には、メンテナンスやリフォームが待っています。

    時代は常に移り変わっています。いまどき、自宅を手放して楽になりたいと思っても、そう簡単に右から左へ売れるものではありませんしね。

    かくいう私も一度はマンションを買いましたが、二年くらいでばかばかしさに気がつき売ってしまい、今は気楽な賃貸生活です。

    賃貸で、好きな場所に、好みのインテリアで生活するほうがどれだけ楽しいかと思います。

    ちょっと前ですが「金持ち父さん、貧乏父さん」とかいう本が売れましたよね。あの本からも学びました。
    「結局、賃貸のほうが得」なのだと。

    ユーザーID:7160500458

  • 同意です!

    ロバートキヨサキ氏を知らない人がこんなにいるとは思いませんでした。

    私たちは現在住んでいる都市に永住しようと思っていないので、賃貸住まいを続けています。

    すると必ず「どうして家を買わないの?」と言ってくる人がいるんですよね。
    その度に私たちは「自宅は負債である」という考えを主張していたのですが、なかなか理解してもらえません。
    理解できなくなると彼らは「一軒家を買えない貧乏人の僻み」と捉えてしまうので話は平行線です。

    実は我が家には一戸建てくらいすぐに現金で買えるくらいの貯金があります。
    そのお金は投資に回してさらに増やしているところです。
    今後の日本が衰退していくのは確実なので、将来は暮らしやすい海外で暮らすつもりです。

    私たちは日本のマイホーム信仰者とは絶対に解り合えない立場と分かりましたので最近は「家買え、家買え」という言葉も聞き流せるようになりました。

    ロバート氏の著書に出合えなかったら周囲の常識に流され日本で狭小住宅を買って、つまらない一生を終えなくてはならないところでした。

    既に家を買ってしまった人は読まない方が良さそうですね。

    ユーザーID:4683678682

  • 投資として考えていなければあまり関係ないかな

    最初から自分達の住みかを確保するためだけに買った人にとっては、確かに負債は負債だけどローンは覚悟の上だし、負債でも別にいい、ってとこかも。

    ユーザーID:4562115558

  • 自宅は負債です

    自宅用不動産は基本負債にしかならないですよね(特にこれからの日本では)
    個人の思い入れや夢を熱く語ったところで、それはこの議論には全く関係ないこと
    (思い入れが悪いって事じゃないですよ)

    ただ、個人の快適な人生の為に、その負債を背負う覚悟と支払いが許容範囲なのか
    それを天秤にかけるときに、個人の思い入れや夢の話をすれば良いだけのこと

    ユーザーID:7000883624

  • トピ主です。

    今日はmaria様からロバ子様まで読みました。皆様どうもありがとうございました!

    maria様
    ロバート・キヨサキがたとえローンを払い終えても「自宅は負債」だといって
    言っている理由は先に述べた通りです。

    バニラ様
    家賃補助が半分以上でるなんて、いいですね。それだったら最新設備のある賃貸を移り住むのが
    いいですよね。

    田舎者
    自宅=戸建てではありませんのであしからず。それにアパートでもマンションでも社宅でも”プライスレス”な時間を過ごすことはできると思うのですが、、、、

    筆柿様
    店舗兼住宅で、店舗がお金を生み出してくれるのだったら、それはまさしく資産ですね。

    上からの目線様
    そうです、ロバートキヨサキは自宅はお金を生み出さないので、先にお金を生み出す「資産」を買おうといっているのです。

    賃貸は嫌様
    私が最初に紛らわしいことを書いてしまったのですが、住む場所として賃貸が得か、持ち家が得かが主旨ではありませんでした。

    ユーザーID:2466740497

  • トピ主です。

    ふ〜ん様

    米国では今のような不況でなければ、不動産は値上がりするもの、という考えが定説ですね。もっとも、ロバートキヨサキは自分がコントロールできないものに期待するな、といっていますが。
    私は日米両方で不動産を所有していますが、どちらも値上がりは期待していません。これが売れたらいくらになるかな〜といくらそろばんはじいても、お金は入ってきませんから。

    おらがやま様

    あの本を読んだことがないのに、「自宅は負債」をポンっと納得できる人がいるなんて、ちょっと新鮮で嬉しいです。そうなんです、日本はどんどん最新の設備を住宅に取り入れるので、新築賃貸を転々とするのが一番快適、と私も思います。しかし私は荷物が多すぎて引越し大変そうです。物が捨てられないタイプです。

    <高齢になって賃貸契約が難しくなったら・・・「家賃1年分前払いしましょ<うか? それとも4年分?」くらい言<えるお金持ちになりたいです(笑)

    いいですね〜、こういう考え方する人、私大好きです。(笑)

    ユーザーID:2466740497

  • トピ主です。

    yodaka様

    まさか、ロバートキヨサキは現金を所有しろ、とは言ってませんよ。あなたからお金を奪っていく「負債」ではなく、お金を生む「資産」を所有しろ、言っているのです。
    私が彼の考え方に同意しかねる点があるとすれば、それは税金に関してですかね。私は自分が生まれ育った国に対して、税金を払うのはまったく構わないと思っています。

    まりん様

    「まだ銀行のものだけどね〜」というのは賢い切り返し方だと思いました。

    びっくり虹様

    なるほど日本では駐車場経営という手もありますね。

    ロングスリーパー様

    金持ち父さんの話が”捏造”だ、というのは、金持ち父さんが実在しないことをおっしゃっているのでしょうか?私は一度も金持ち父さんが実在している、と考えたことはありません。むしろ、実在の人物であると考えていた人がいるとしたら、そのことに驚愕します。

    ロバ子様

    そんなにお安い家賃でピカピカのお部屋にお住いだとは、羨ましいです。もっとも、URは大家の敵なんですけどね(苦笑)

    ユーザーID:6710338672

  • 自宅の「資産価値」を盲信するのは危険と思っています

    自宅、買ってしまったんですけどね。市場価値の下がった中古住宅をリフォームして住んでいます。
    世間の多くの人が「資産価値」を連呼するのは嘘くさいなぁ、と思っていました。不動産所有は出ていくお金も多いですから、「資産」を真剣に考えるなら「自宅」ではない形で考えるべきだと思っています。

    ただ、どなたかが書いていらっしゃったように「自宅=プライスレス」なんですよね。少なくとも私たち夫婦にとっては情緒的安定に大きく繋がりました。地域を愛する・「家屋」を愛するということは賃貸のときには考えられませんでしたが。欧州某国在住時に、田舎の美しい町々村々をめぐって、地域に住む人々の愛情の行き届いた町並みや風景に接して、あんな風に自分も生活したい、と思いました。今住んでいるところで、目指してみようと思っています。

    横気味ですみません。
    私は、経済的観念から言うなら「自宅を資産と妄信する」のは危険、ただし所有不動産はプライスレスなものを自分にもたらしてくれるもの、と考えています。後者に価値を見出すなら買うのも有り、そうでないなら自宅所有以外の資産運用をすべき、というところでしょうか。

    ユーザーID:9760770447

  • トピ主です。ハワイ大好き様へ。

    トピの本旨とはずれますが...
    せっかくレスをいただいたのですが、

    <今後の日本が衰退していくのは確実なので、将来は暮らしやすい海外で暮ら<すつもりです。

    こういう考え方は好きではありません。
    今後日本が衰退するとおっしゃいますが、ではどの国の将来が明るいですかね。米国は日本以上に貧困層を抱えていて大変そうですし、ドルも機軸通貨ではなくなります。やっぱ中国ですか?それともロシアですか?政府が信用できない国の将来が明るいとは、私には思えませんが。

    本で豊かな生活を享受しておいて、これから大変そうだから自分はとっとと逃げ出すわ〜。
    というのは嫌いです。国際競争がこれから益々激しくなるのは、事実ですが、日本人の勤勉さ以上に信用できるもの、を私はまだ世界で見つけられていません。

    「老後の海外生活」も実は、いざとなったら帰る場所があるからこそ、できることなんですよね。二度と日本に帰らない決意で、移住できますか?

    あ、もし、本当に老後海外移住されても、大病した時だけ帰国して、保険を利用して病院にいくことだけは止めてくださいね。

    ユーザーID:2466740497

  • 基本、不動産は負債です

    トピ主さんの「家は負債」は実のところ、同感です。
    私も老後を考え、地盤沈下していく日本(特に地方は)にしがみつくのもどうかな、と思っておりました。
    今でも、老後は海外に住む選択肢を残したいと思っていますが...。

    といいつつ、実は1年半前に家を新築しました。
    息子二人が地元を離れているため、彼らにいつでも帰れる故郷(ホーム)を残すことも必要かなと思ったからです。(親の勝手な思い込みですが)

    私自身は元々、街中のマンション住まいが好きで、一戸建てなんかに全く興味は無かったのですが、自分が育った旧実家が空き家になっており、このまま家が無くなるのもと思い、思い切って建ててしまいました。
    息子たちが今後帰ってくるかはさておき、「いつでも帰れるホームがある」というのは、何らかの拠り所になるかもしれない、と思っています。

    家に散財しなければ、老後はタイかオーストラリアでゴルフ三昧、だったはずなんですが...(笑)。
    またもやせっせと、老後資金つくりに励む毎日であります。

    ユーザーID:0352873349

  • トピ主さん賃貸経営されてるんですか?

    持ってる不動産がお金を生み出してくれるなら
    ロバート氏の考え方から外れていないのでしょうね。

    ついでに、
    賃貸住宅派の人が一人でも多いほうが商売柄、助かりますもんね。
    皮肉とかじゃないです、どちらかというと共感みたいなもんかな?

    なので
    「自宅は負債」に同意します。

    ロバートキヨサキ氏の著書の存在は知っていましたが、
    このトピで俄然興味がわいたので読んでみようと思います。

    ユーザーID:7367395479

  • 同意します。

    不動産競売をやっています。

    主に300〜500万の物件を購入して5万から8万位で貸すのを目標にしています。

    よく思うのはマンション。
    3500万のマンションを買って、管理費、積立金、駐車場、固定資産、計画税を払い35年でローンを組む。払い終わってからも維持費はかかる。
    一生の住居費を試算してみたら愕然とする数字だと思います。
    (都内などは一戸建てに手がでないし仕方の無い選択とも思いますが)

    不動産は資産との考え方が通用するのは一部の都市部や人気のある地域だけだと思います。

    一戸建て建物は木造で25から35年で償却、解体費を地価から差し引く事体といずれなります(一部の無垢の家やRCを除くし、都市部も除く)

    今後の日本の情勢を考えると(少子化や住宅過剰、国際競争力)今後の地価がどうなるかなんて誰にも予測はつきません。

    マンションなどは10年少々経過すると半額で買える物もでています。

    よく考えて人生の不良債権にならないように勉強するべきだと私は思います。

    ※私の経験に基づく意見ですから専門家の方、かみつかないでくださいね。

    ユーザーID:3892634963

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧