現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母親が亡くなって・・ 先が見えません

りんご
2010年2月16日 14:10

母親が闘病の末亡くなりました
もうすぐ四十九日です

最近になり落ち込みが深くなってきました
現実感がましてきたのか・・・

お母さんがこの世にいない
この世界をどうやって生きていけばいいのか・・・
どうして35年しか一緒にいられなかったのか??

80歳、90歳と長く生きている人がいるのに
どうしてお母さんは生きられなかったのか。
どうして、ばかりです。

まだ独身で結婚したくて必死に婚活してましたが
それもどうでもよくなりました
見せる人がいなくなってしまった。。孫の顔も。。


最近は父親にもすぐイライラしたりで情緒不安定です
不眠気味で
うつになりそうで不安です(もうなっているのかも)

今までは何も考えないようにしていたのかもしれません。
これからどんどんと思い出が私を苦しめてくる気がして怖いです
胸が痛くて苦しいです

母親をなくした方
のりこえることはできるでしょうか

ユーザーID:3767446304  


お気に入り登録数:84
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:36本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
頑張らなくていいから
ピンキー
2010年2月16日 15:17

お母様を亡くされてさぞ喪失感で一杯なことでしょう。
大変でしたね。ご愁傷様です。

親を亡くすとどうしてこうなってしまうのだろうかと思うくらい
考えもつかないような思いに駆られます。
私も何のために貯金をしてきたのだろうかと思い始め、お金なんていらないから戻ってきてと何度も思いました。

もうすぐ一周忌ですが、思いは変わりません。

でもね、生きていくことがお母様の望んでらっしゃることなのです。
お母様の分までしっかりと。
今は未だ未だ考えることさえできないのでしょうが、ほら、今日もまた元気で生きているでしょ?

こうやって発言小町に投稿してるでしょ?それでいいのです。
お父様の悲しみははかり知れませんよ。助けて差し上げてくださいね。
それがりんごさんの励みになるはずですから。どうかどうか、自分を追い詰めないで。
今は悲しみでいっぱいでしょう。

でも、悔んでみても現実は変えられないから。
少しずつでも前を見てくださいね。お母様に笑われないように。
傍でちゃんとりんごさんを見守ってくださってますから。
大丈夫です。。頑張りましょう。お互い。ね。

ユーザーID:5986175873
まだ日が浅いから辛いですね携帯からの書き込み
氷華
2010年2月16日 15:27


お母様を亡くされて悲しみにくれる、お気持ちはわかります。日が経つにつれ、もう此処には居ないという想いが強くなり寂しさも増すものです。

今の貴女を亡くなられたお母様はどんな気持ちで見ているでしょう。悲しみに囚われ過ぎている貴女を心配されていると思いますよ。あまり、亡くなった方を悲しみ想い過ぎると成仏させてあげられませんよ。

少し考え方を変えてみませんか?
35年しか、ではなく35年も一緒に居てくれたと。

世の中には貴女よりもっと早く親を亡くした方はいます。私も20歳で母を亡くしました。私の知人は40歳で亡くなり子供は11歳でした。亡くなった彼女のほうがまだこれから母親の手が必要な子を残して逝くことが辛かったと思います。幸い貴女は十分大人です。これからはお母様を安心させてあげられるような生き方をして下さい。

貴女が毎日笑って過ごすことが何よりの供養となりますよ。

ユーザーID:6836936690
一緒に…
ひとり
2010年2月16日 15:31

想像できない辛さを感じます。

私でよければ、一緒に過ごしてあげたいと思います。

お母さんの思い出を沢山話して、トピ主さんの心を癒してあげたいです。

一緒に泣いて、疲れて、眠ってしまいたいですね。

時間や友人や家族が
トピ主さんの心を優しく癒してくれますように祈っています。

ユーザーID:8966436679
偉そうにごめんなさい携帯からの書き込み
港町から匿名
2010年2月16日 15:47

私には娘がいますが、もし私が他界したあと娘がどん底に落ちてしまうと思うといたたまれない気持ちになります。

娘には、悲しみを乗り越えて幸せを掴み、いつか子供を持てるなら持って、母としての幸せも味わってほしいです。

娘が自分の死をきっかけに苦しむということはとても悲しいです。

天国のお母様のためにも、前に進んで下さい。

ユーザーID:6485262802
乗り越えなければダメだよ
さばいばー
2010年2月16日 15:53

私も20代で父を亡くし、一昨年母を亡くしました。

でも、私はまだ生きています。これはどうしようもないこと。
延々と、長い歴史、人類どころか、生物は皆こうしてきたので
どうしても、乗り越えて、りんごさんも生きていかなければなりません。

とは言っても今の貴方が辛くないはずがありません。
よく、日にち薬と言いますが、そんな事今は受け入れられないはず。
できることを上げます。

○お母様のように若くして亡くなった方の遺族の集まる掲示板を見つけて、仲間に入る。

○かかりつけの内科に辛い状況を話して、毎日を穏やかに過ごし、よく眠れるように相談に乗ってもらう。

○お住まいの役所の健康保険センターの相談室に出向くか、電話をかけて、近親者を亡くした方の会かセラピーがないか聞いて見る。

お母様に先立たれたお父様もお辛いはずです。二人が良い関係でいられない今の状況は改善すべきです。

これからの人生も短くありません。今しばらくは下を見ていて良いと思います。でも上手に前を向く手引きをしてくれる医師・機関もありますから、助けを求めてくださいね。

ユーザーID:6258391563
同じです
りんりん
2010年2月16日 16:01

私も母を病で亡くしました。
まだ66歳で私も当時結婚しておらず子供もおらず
何の親孝行も出来なかったと悔やみました。
毎日毎日お風呂場で泣きました。
そんな気持ちを抱えて、外に出れば母娘で買い物を
している人を羨んだり悲しくなったり。
子供はいつか親を見送らねばならないと思います。
それは出来るだけ先であるといいですけど。
トピ主さんは今はまだ悲しみの真ん中です。
どんどん泣いてお母さんのいろんなこと思い出してあげてください。
たくさん泣いて、でもちゃんとご飯は食べること。
そして必ず幸せになること。
お母様の望みだと思います。
私は母を亡くして一年後に結婚しました。幸せです。
私の母もトピ主さんのお母様もきっと見ていてくれると思います。

ゆっくり進みましょう。今は立ち止まってていいですから。

ユーザーID:8548261263
あなたは幼いです携帯からの書き込み
てけてけ
2010年2月16日 16:20

悲しむ人を前に失礼を承知で言いますが、年のわりに幼い人という印象を受けます。
お父さんとは不仲気味なんですか?
私だったら伴侶を亡くした上に、年を取った子供に毎日当たり散らされるなんて堪ったもんじゃありません。
お母さんに孫を見せたい理由だけなら婚活なんてやめなさい。結婚は自分の為にするものです。
悲しいのはアナタだけなんでしょうか、恥ずかしくないですか。
私はあなたよりずっと若い時に親を亡くしました。
このままじゃお母さんは成仏できませんよ。心配かけぬようにしっかりするべきです。

ユーザーID:2445663384
お悔やみ申し上げます。そしてお疲れさまでした。
ナオ
2010年2月16日 16:38

「母親をなくした方」ではありませんが、まもなくという状態です。
(先日の日曜に、主治医より説明を受けました)

私の母が最初に倒れてから18年。
多少の不自由はあるものの、長生きされる方はいると聞いていたの
ですが、昨年秋に入院してからはあっという間でした。
今は憔悴しきってしまった父を支えること、来るべき日に備えて
すべきことの整理や仕事の引継ぎで気持ちがいっぱいですが
そのうち私も現実に押し潰されるのかもしれません。

親を亡くした悲しみ、配偶者を亡くした悲しみ。
どちらも深く簡単に癒えるものではないのでしょうが
後者の悲しみの方が深いのではないかと私は感じています。

できればお父さまに悲しみをぶつけるのはやめて
二人でお母さまの思い出話をされてみてはいかがでしょうか?
18年前、今、父とたくさん母の話をしています。
悲しみや心のざわつきは消えませんが、少し落ち着く感じがします。

まだその立場ではないのに意見してしまい、すみません。
他人事とは思えずレスしてしまいました。

りんごさま、お父さまが悲しみから立ち直れるようお祈りいたします。

ユーザーID:2493660904
寂しいですよね。
bibi
2010年2月16日 16:41

トピ主さんに、お悔やみ申し上げます。
もうすぐ四十九日ですか。お寂しいですよね。
悲しくて当たり前。今は無理せず、泣きたいだけ泣いてください。

>80歳、90歳と長く生きている人がいるのに
>どうしてお母さんは生きられなかったのか。
>どうして、ばかりです。

お気持ちよく解ります。

私事ですが、私が22歳の頃に父が他界。29歳の頃に母が他界しました。
兄弟もいませんので、天涯孤独です。
健在中に花嫁姿を見せられませんでした。親孝行も出来ませんでした。
父が先立った後、残された母はトピ主さんのお父さんと同じように、鬱のような症状になりました。

トピ主さんより、もう少し孤独な人もいる。そう知るだけで、少しは慰めにならないでしょうか?

トピ主さんには、お父さんがいます。
文中に書かれていませんが、ご兄弟はいらっしゃるのでしょうか?
肉親がいるというのは、本当に心強いものですよ。

支えあってこれからの人生を生きていってください。

ユーザーID:8906019899
時間が薬かな
EMI
2010年2月16日 17:32

お母様残念でしたね。御愁傷様でした
とても仲の良い母娘だったんですね
私は16歳の時に39歳の母は癌で1年間の入院闘病の末亡くなりました。
病院が遠く(電車で2時間以上)当時は高校が早く終わる土曜日しか見舞いに行けませんでした。
家族は父と兄二人だったので,日曜日は1週間分の洗濯やアイロン掛け等の家事で大忙し。
亡くなったあともまだ入院している感じで、寂しさを感じたのはやっぱり四十九日後でした。
夜,布団に入ってから思い出しては泣き、恋しくては泣き幾度枕を濡らしたことか。母と同じ年に同じ病気になりましたが何とか生き延びて50代に入りました。
写真の母に話しかけ思い出しては未だに涙が出ちゃいますが、何事も前向きに考えてきたせいか今は幸せと思ってます
なぜ自分だけがと悲観的にならず、一歩一歩前に進むうちに何か見えてくるかも。時間が心を癒してくれます様に・・・・。

ユーザーID:3597983273
御愁傷様です携帯からの書き込み
振り返る
2010年2月16日 17:36

お気持ちお察しします。
少し落ち着いたら、奥様を亡くされたお父様のお気持ちも、思いやって差し上げてくださいね。

ユーザーID:5453847209
寂しいですね
ことこと
2010年2月16日 17:38

寂しいですね・・。

私はりんごさんと同じくらいの世代ですがきっとこの先いくつになっても母が他界するときは寂しい思いをし、もっとこうしてあげればよかったなどとと思うんだろうなと思いました。
ですので若くして亡くなられたお母様と35年しか一緒にいられなかったという気持ちになるのも「どうして?」と言う気持ちになるのもお察しいたします。

寂しくて悲しくて心が凍ってしまうほどの気持ちは本当に辛いですね。

婚活頑張っていらっしゃったとのことでしたが今どうでもよくなったのであれば頑張らなくてもいいと思います。
無理せず自分がやりたいことをやってください。お母様のために頑張ってきたこと他にも沢山あると思いますが心の氷がとけるまで少しお休みです。

乗り越える必要はないですよ、頑張りすぎず悲しいときは悲しんで、我慢できないときはカウンセリングに行って薬に助けてもらってもいいと思います。

つづきます・・・

ユーザーID:9386207351
つづきです
ことこと
2010年2月16日 17:41

つづきです・・・

少しずつ春も近づいてきています、季節はめぐります。いまりんごさんが抱えている気持ちは季節の移り変わりとともに必ずやわらぎます。

少し氷が溶けるまで時間はかかるかもしれませんがりんごさんがいらっしゃる暗闇に光が差し込む日が一日でも早く訪れるといいなと思っています。

ユーザーID:9386207351
つらいですね、
まりりん
2010年2月16日 19:14

でも、乗り越えられます。

私の母はガンで、43歳で亡くなりました。私は中学1年、弟は小学6年。
闘病8ヶ月、抗がん剤でみるみる弱り苦しんでいる母を見るのは辛かったです。

亡くなって、苦しみから母が逃れたのがホッとしたくらい、抗がん剤は大変そうでした。

いま、私は35歳。友人たちのご健在のご両親をみると羨ましかったですよ。
でも人は必ず亡くなります。

私は幸せに生きてます。
20年経っても夢に母が現れます。心の中に生き続けます。だから、精一杯、命ある限り人生を満喫して!お母さんに感謝しましょう。

ユーザーID:1300607610
いいなぁ。
ひまわり
2010年2月16日 19:19

りんごさんがうらやましいです。

35年も母親と一緒にいられたんですね。

私は20歳の時にはもういませんでした。

学生の時いつも「お父さんとお母さんは何歳?(なぜか父と母のセットで聞かれる)」とか「母の日何あげる?」と質問されて困りました。

いちいち説明するのも面倒だから、いつも適当に流してたかな。

亡くなられたのは悲しいですが、明るく元気に生きて下さい。その方がお母さんも喜ぶと思いますよ。

ユーザーID:6867888826
てけてけさんへ。キツいです。携帯からの書き込み
2010年2月16日 19:52

年の割に幼いなんておかしいと思います。決めつけはやめてもらいたいです。


何歳になっても母親を亡くす悲しみは大きいです。 中には強く乗り越えた人もいるでしょうが、感受性や精神の強さ、母親への想いの強さは人それぞれです。それを年齢でくくって、弱っている人に「幼すぎる、強くなれ」とは、言ってはいけない言葉です。
お父様に当たってしまうのも、心が弱っているからです。弱っているときに思いやりの心はもてないです。

もちろん常軌を逸した行動はいかなる場合もとってはいけませんが、自分の父親に当たるだけなら許容範囲だと私は思います。
それに、トピ主さんはそんな自分を責めているではないですか。自分でも悪いと分かっていてどうにもできない人に対して、追い打ちかけて責めないでください。

結婚も、トピ主さんはなにも親のためだけにしようと思っていたわけじゃないと思います。
ただ、孫を母親に見せられなくなった悲しみを感じていて、それと今は悲しくて婚活に興味がないだけのように思いますが違いますか?
なんか、揚げ足取りみたいな感じで感じ悪いですよね。

傷つけないでください。

ユーザーID:4015196904
時間薬しか・・・・
minmin
2010年2月16日 20:01

辛い日々ですね。大切な人との別れは、特に母親との別れは非常に悲しいです。何もする気が起きず涙に明け暮れる日々でしょう。
せめて、精一杯の看病はして差し上げたのですからお母様は幸せに逝かれたと思えば報われるのではないでしょうか。

私事ですが、1才で父親を病死、21才で2つ上の姉を交通事故死、35才で母をある日突然のくも膜下出血で亡くしています。最期の別れの言葉も聞いていません。
悲しく、辛い日が続き、気持ちの整理がつくまで何年かかったことでしょうか。
でも前向きに生きていかないといけないのです。
先に逝ってしまった家族の為に、その分まで生きなきゃいけないのです。
幸い、私は結婚していて、夫と二人の子がいましたから気が紛れたのかもしれません。

貴女はまだお父さんがいらっしゃるだけ幸せと思ってください。
まだまだ涙が枯れる日は無いと思いますが、時間が薬になります。
自分だけが不幸と思わないことです。
悲しみ、涙する日も必要なのです。
それを乗り越える日は必ず来ます。

しっかり食べる事だけはして下さいね。

ユーザーID:4956619776
私は26歳で…
バムセ
2010年2月16日 20:27

母を亡くしました。今はりんごさんの一つ上36歳です。10年経ちました。
風邪がなかなか良くならない母を近所の病院に連れて行ったら大きな病院を紹介され、そのままタクシーで大きな病院へ。その後検査で末期癌と宣告され、3ヶ月後に亡くなりました。
大好きな母だったので受け入れられず、気が狂いそうになりました。
亡くなったあとは仕事も復帰できず、泣いてばかり。泣きすぎて一時耳が聞こえなくなったこともありました。
不眠で睡眠薬も飲んでました。
そして、10年後の今…。母の知らない男性と結婚し、母の命日に生まれた女の子(1歳)がいます。
母が亡くなった直後は、結婚や出産なんて考えられませんでした。私も早く死にたいと思ったくらいです。
でも、時が過ぎると、思い出す頻度は減ってきます。もちろん出産の時や育児真っ最中の今は「母がいたら…」と思うことばかりですが。。
りんごさんも今は思いっきり泣いて悲しんでください。きっとトンネルから出れますよ。経験者の私が保証します!

ユーザーID:6698943369
乗り越えられます
もーん
2010年2月16日 20:34

現実はそういうものです。

私が25歳のときに母が亡くなりました。
花嫁姿も見せられず、弟の成人も見届けられずに逝ってしまいました。
亡くなった後しばらくは母の無念を嘆き、なぜ死ななければならなかったのかとずっと考えていました。
何をするのも虚しく自分がお腹が空くことにさえ腹立たしく思っていました。
母が死んでこんなに悲しいはずなのにどうして自分は呼吸をし、空腹なんか感じているのかと。

毎日が辛く、今ホームに入ってくる電車に飛び込めば楽になれる、と本気で思っていました。でも、そんな事を考えてる頭の隅っこのほうに「轢かれたらきっと痛いよ」と感じる自分もいたのです。

父は心労で激ヤセするし、弟は精神不安定でおかしくなるしで私がまいる暇がなかったというのも救いだったかもしれません。

お母様をなくされて間もないので、非常にお辛いのはよくわかります。
今は辛いですが、乗り越えられてしまいます。

残された家族にとって大切なのは、お母様の死を悲しみ続けることではなくお母様のことをずっと忘れずにいてあげることだと思います。

時間が昇華してくれます。

ユーザーID:3382492288
必ず見守っていてくれるよ
ころ
2010年2月16日 21:26

私も、りんごさんと同じ歳に大好きだった父を亡くし
昨年の秋には、独り暮らしをしていた母も同じ病に倒れ
2年8ヶ月 11回の施設と病院の入退院を繰り返し、私と二人きり
になった時に最期を迎え「お疲れ様、頑張ったね有り難う。」と
言うのが精一杯でした。

やはり、自分を産んでくれた親が亡くなるのは辛く悲しいものです。
でも、ここの小町の方々の様に幼い頃に両親を亡くされたり親戚にも
頼れず自分で乗り越えた方々もいる事を読んで、逆に私が元気を
貰いました。少し時間は掛かるかも知れませんが、お母さんは
りんごさんに「お父さんを宜しくね。」と願っていますよ。

ユーザーID:7974653742
 
現在位置は
です