現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

昔の人だけ?会社への忠誠心

平社員
2010年2月16日 14:45

私の両親は、某都市銀行の行員でした。
昔から、実家ではライバル社系列のビールはご法度でした。
家電も、自社系列のものしか買いませんでした。

リタイアしたいまでは、家電は特にこだわらなくなったようですが、
某社のビールだけは、意地でも飲みません。

今でも結婚披露宴などでは、新郎新婦の勤め先に配慮し、
ビールその他の銘柄を決めるなんて聞きますが、
私生活でもこのような方って、いらっしゃるのでしょうか?

私が子供の頃、滅多にない外食で、父は飲食店でビールの銘柄を聞き、
ライバル社のものしかないと分かると、店を変えるほどでした。

父と同じ銀行(ま、いまでは合併合併ですけど)に勤める兄は、
自宅ではライバル社のビールを飲んでいます。
父が勤めた銀行とライバルだった系列の商社に勤めている友人は、
互いに関係ないメーカーのビールを飲んでいます。

ユーザーID:8783661157  


お気に入り登録数:25
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:29本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
今は少ないんじゃないかと思う
pina
2010年2月16日 15:15

だって、そこまで忠誠を誓っても会社側が社員を使い捨てにする世の中ですから。こういう時代は愛社精神は育ちにくいでしょうね。
よほどそこの製品が好きで会社に入って頑張っているという人以外はそんなことまでしないと思います。
あなたのご両親が働き盛りの時は、ある意味いい時代だったんだと思います。会社に尽くし甲斐がある時代ですね。
私の友人がある食品会社に入社しましたが、今は人員削減で全く別の会社に出向しています。そこの製品が大好きで入った会社だったのにね。

ユーザーID:6929540961
昔、今、でなく会社の待遇、勤め人の心情
義理義理
2010年2月16日 15:34

私は父が勤めていた損保会社を選び保険を掛けています。(待遇がよかった)
義兄が勤めていた食品会社の製品のライバル品は買いません。(待遇が悪くなかった)
義兄と私的に交流ある会社の製品を優先して買います。
兄が中途で辞めた会社の商品は買っても買わなくてもいいです。

ユーザーID:1107283761
時代というより
ビールは苦いのが好き
2010年2月16日 15:35

今でもビール会社は徹底していますよね。
友人女性もビール会社に勤務していますが、自分の所の物が置いていないと(ビール好きなのに)サワーなどを頼みます。
最も彼等も見えないところ(自宅等)ではどうしているかは分かりませんが・・・。
K社とA社のビール出荷量一位争いが僅差だったことからも、せめて自分が飲むビールはそれに貢献したいというのもあるのでしょう。最も、それもこれもやがては収入に直結していくモノだからということもあると思いますが。
銀行や商社系になると、メーカーではないので会社として関わりがあっても其処まで拘らないのではないでしょうか。

ビール会社というのは特殊な例なので、愛社精神とは若干異なると私は思いますが・・・。

ユーザーID:0946676167
思い上がり
むー太郎
2010年2月16日 15:41

都市銀行勤めで「ライバル社のビール」って何?

ビールや家電メーカーをグループに持っているところってどっかありましたっけ??

ユーザーID:8782060456
古き良き(?)時代
日本人
2010年2月16日 15:59

懐かしいエピソードありがとうございます。

私が入社した頃(約25年前)も、そういった風習は少しありました。

今となっては教科書に載るような昔話です。

お父上は「貴重な昭和の文化遺産」ですね。

エールを送ります。「いつまでも頑張って下さい、お父さん」

ユーザーID:3328628156
都銀の再編が進んでしまったから
家具屋
2010年2月16日 16:19

昔のメインバンクを中心とした、
企業連合みたいな意識は薄れたんじゃないでしょうか。
旧財閥系を中心に、
企業連合が張り合っていた時代はついこの間までありました。
ライバルグループの製品は買ってはいけないみたいな、
暗黙の了解みたいなものもたしかにありました。

しかし今はSMBC系、三菱東京UFJ系、みずほ系の
3大メガバンクに収斂されちゃいましたから、
あまりこの企業連合が意味をなさなくなってしまいましたね。

忠誠心というよりは、企業連合に関わるしがらみがなくなった、
ということで歓迎すべき状況ではないでしょうか。

ユーザーID:4453570254
忠誠心からではなく
メーカー社員です
2010年2月16日 17:59

他社品まずくて飲めません。一応それぞれ好みがあるものなので、他人には、年柄年中自社製品飲んでるから、味に慣れちゃってね、と言いますが。でも忠誠心からではありません。私は製造側の人間なので、製品を見れば普通の人は分からない製造工場や生産ラインも分かりますし、当然造っている人間の顔も浮かびます。使っている原料もその安全性も、どうやってそれを担保しているかも全部知っています。だから、どこの馬の骨がどう作っているかわからない他社品とは安心感や信頼感がまったく違うのです。

当然飲食店で他社品を扱っているお店には行きません。今は情報網が充実しているので、あらかじめ調べて出かけますから、さすがにお店に入ってから回れ右ということはありません。

好みがあるので人に押し付けることはしませんが、聞かれれば当然自社製品お奨めします。

ユーザーID:3860073077
本当は正しいのかも携帯からの書き込み
きわ
2010年2月16日 18:32

私も安いスーパーで買い物したり、隣街で食事をしたりします。
でも、40才過ぎて仕事で色々な勉強をして思うのです。
私のお客様の一部の方は、私からたげから買ってくたさります。
私もその方が電気屋さんでしたら、家電品はその方だけから買います。
食品も近くの馴染みの店から買う。
上手に伝えられずにご免なさい。お互いに支え合う事の大切さを大人になり解って来ました。
ですから、お父様の生き方素敵です。
お給料を下さる会社。私も他社のビールは飲まないような気持ちの社員でありたいです。

ユーザーID:5830288668
むー太郎さん
普通
2010年2月16日 19:42

>ビールや家電メーカーをグループに持っているところってどっかありましたっけ??

あら。ありますよ。ご存じない?

ユーザーID:7406560994
別にどこのビールを飲んでも良いでしょ
美沙紀
2010年2月16日 22:59

その会社の会議とか、大事な場所で
紹介したりするときとか、
そういった会社の業務関連のときは自社製品、というのが良いと思いますが

プライベートはどうでも良いのでは?
誰も見ていないわけだし。

ユーザーID:0516797068
骨の髄まで雇われ人か…
もも
2010年2月17日 0:02

私の父は大学教授で、私は自営業なもので
会社への忠誠心抱く方を見かけた時は
珍妙な気持ちになります。

合理的な理由があるならともかく
そうでない場合も義理立てているのは
不思議に見えます。

私も一度、会社勤めをしたことがありますが
代々会社員家庭に育った同僚が、生活全てを会社中心に考えてるのを見て
それっぽっちの給料で、魂まで雇われているのか、骨の髄まで雇われ人なのか、とショックを受けました。

それも美徳っちゃあ、美徳なのかもしれません。
そういう人たちが、日本経済を支えてきたのですから。

ユーザーID:0988271415
そんなことも
maverick
2010年2月17日 0:24

バブル崩壊で、銀行を中心とした旧財閥連合は、ほぼ崩壊しましたなぁ〜。
少なくとも今から15年ほど前までは、「飲食店で先にビールの銘柄を聞いて、ライバルの場合、飲まない」という風習を、旧財閥系勤務の人間から聞きました。

昭和の世界を崩壊したバブル崩壊とは、日本の歴史に残る出来事だと思います。

まぁ、会社に忠誠を誓えば死ぬまで(貢献度に応じて)面倒を見てもらえた懐かしい時代ゆえの風習ですね。

ユーザーID:3057562591
忠誠のあり方が変わったのかもしれませんね
見えざる魔神
2010年2月17日 0:42

ただやみくもに自社製を使うというのではなく、自身の好みで他社製も使う。
そこから他社製の良い点、悪い点を見出し、仕事に生かして会社に貢献することこそ、真の忠誠・愛社なのかもしれません。

また、自社の社員であった人間が今では他社製を好んでいるという事実があれば、それは会社の人間にとっても考えるべき材料が一つ増えるわけですから、そういう捉え方もありうるのでしょうね。
そのきっかけを与えるという意味では、やみくもにかつて勤めた会社の製品だけを使うのではなく、好みに応じて他社製を使い、「少なくとも私にとって需要はなかったようだ」という現実を突きつけるというのは、また別の形の愛社につながるのかもしれません。

ユーザーID:2997664497
むー太郎ちゃんは「ゆとり」なのかな?
アスクロン
2010年2月17日 5:05

藤原氏、近江商人を起源とする三井財閥。
大河ドラマの準主役の岩崎弥太郎による三菱財閥。
関西の住友財閥、安田財閥・・・
日本の歴史における旧財閥、そして戦後のGHQによる財閥解体とその後の再編、日本の大人として知っておく基本知識ですぜ。

学校で旧財閥や財閥解体は教えますから、誰もが知っている常識です。
それに加えて、旧財閥が今の日本でどの様な形(企業・会社)で残っているかを知って置く事が教養なんですよ。

三井銀行−三井物産−東芝−石川島播磨重工−トヨタ−サントリー
三菱銀行−三菱商事−三菱電機−三菱重工−三菱自動車−キリン
住友銀行−住友商事−日本電気−住友金属−いすゞ−アサヒ

地方にも多くの財閥がありますよ。地域の産業として足場を固め、一族を政界に送込む例も多いですね。津島クンや麻生クンのお家がそうじゃない。

ちなみに、国際経済においても各国の財閥系企業は常識として知っておく必要があります。

むー太郎ちゃん、キミは歴史も、政治も、日本経済も、国際社会も知らないのでは無いかい?

ユーザーID:9508264914
わかります携帯からの書き込み
まるた
2010年2月17日 12:08

といっても自分の会社と提携社の製品になりますが、やっぱり対抗・競合他社の製品は買う気になりません。

ユーザーID:4091608915
うーん
見えざる魔神
2010年2月17日 23:31

アスクロンさん。
むー太郎さんが言いたいのはそういうことではないのでは?
よく読んでみましょう。

>ビールや家電メーカーをグループに持っているところってどっかありましたっけ??

グループを企業経営面から定義した場合、連結決算の対象となる程度に株式を保有していると定義するのが自然でしょうから、そういう意味合いにおいてのグループ上のライバルと解するべきでしょうね。

単に株式を少々持つということは取引相手や金融関係の会社にはありますが、それではグループは果てしなく広がってしまいますからね。

旧財閥の存在を踏まえた上で、「で、ライバルって何よ?」というのがごくごく普通にある感覚ではないでしょうか?

「今の日本でどの様な形(企業・会社)で残っているかを知って置く事が教養」であればこそ、現在、「グループではない」という資本関係上の定義に触れねばならないでしょうからね。

これでは何をもって「ゆとり」というのか分かりませんね。

ユーザーID:2997664497
終身雇用神話の崩壊携帯からの書き込み
アラサー女
2010年2月18日 13:36

相次ぐ企業の経営悪化に伴う終身雇用神話の崩壊や、
派遣社員や転職など雇用の多様化も相まって、
若い人を中心に帰属意識の低下を招いているように思います。

私の父親も旧財閥系に勤めており、昔は1円でも売上に貢献するため自社製品にこだわり家族にも強要したものですが、
定年を控え第一線を退いた今はそんなこともなくなりました(苦笑)

退職後も愛社精神を持ち続けられるのは素敵なことですね。

ユーザーID:9302913754
会社を守る、会社に守ってもらう。
ともちゃん
2010年2月18日 17:03

昨今の不況で、某家電メーカー社長様が、ご家族にご親戚にわが社の製品をお買い上頂くよう、ご紹介してください。とお話をされたのは、去年のことでした。

今でも、多くの会社では、自分が会社を守り、会社が自分を守るという姿勢はありますよ。特に、人材を育てているところ、新旧ともにあります。
ベンチャーでもそういうところはありますよ。

会社には行ってます、それ相応のお仕事をして、お給料をもらっています。でも一歩会社を出たら、会社に義理はありません。というのとは根本的に違います。
   
むしろ、このような考え方が、復活してきていますよ。


 

ユーザーID:7872485833
贔屓
ojix
2010年2月18日 19:48

系列や取引先の製品を優先していましたが、他社製品のほうが
良い場合は品質と価格差次第でした。
主君の仇討ちまでしようとは思いませんので忠誠と言うより
義理人情の世界での一宿一飯の恩義ですね。

影響するのは勤務先に恩義を感じているかどうかでしょう。
実力どおりの評価(昇格・昇進など)を受けていると本人が
感じているか否かで違ってきます。
冷遇されたと思う人は、定年後は他行へ預金をする人もいます。
銀行も昨今の合併続きで恩義も薄れがちです。

メーカーの社員は他社の車やカメラなどを買えないのかと
同情したりします。どうなんだろう。

ユーザーID:8162114591
いやいやいやいや
普通
2010年2月18日 20:56

見えざる魔神様

>グループを企業経営面から定義した場合、連結決算の対象となる程度に株式を保有していると定義するのが自然でしょうから、
>そういう意味合いにおいてのグループ上のライバルと解するべきでしょうね。

いやいやいやいや・・。
むー太郎さんはただ単に「普通に知らなかった」だけだと思います。
「流れ」を知っていればもうちょっと違ったレスの仕方をしていたと思います。

>ただやみくもに自社製を使うというのではなく、自身の好みで他社製も使う。
>そこから他社製の良い点、悪い点を見出し、仕事に生かして会社に貢献することこそ、真の忠誠・愛社なのかもしれません。

いえいえいえいえ。
忠誠心とは「ただやみくも」に近いと思います。
理屈で話してわかっていただける話ではありません。

私は違うグループですがその「理屈ではない 思う 気持ち」はよくわかります。
「属する人間」にしかこの感覚はわからないと思います。

ユーザーID:7406560994
 
現在位置は
です