現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

男性は育てられるものですか?

ちよ
2010年2月16日 21:51

こんにちは、チヨと申します。
私はちょうど30歳で、
つい最近婚活を経て見つけた彼氏も30歳です。
とても真面目で、頑張り屋さんなところを尊敬していますが
同時に直して欲しいな〜と思うところもたくさんあります。
出来れば改善していって欲しいのですが、今までの彼氏は
私が追っかけるほうで、彼氏を「育てる」視点で見たことがありません。

そこでお尋ねしたいのが、実際に彼氏を「育てた」経験のある方。
ぜひ成功談と秘訣を教えてください!

他人は変えられない、彼を受け入れられない自分の
心が狭いのかもしれない、こういったことを考えると
中々口出しが出来ず、悶々としています…

ちなみに彼は慎重派で、失敗を恐れて中々新しいことに
挑戦しません。もう少し自信を持って、色々と挑戦して
頼れる男に成長して欲しいのですが…

ユーザーID:4097215671  


お気に入り登録数:9
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:9本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
まず
兼業主夫2
2010年2月17日 12:26

その上から目線の考え方をやめたほうがいいですね。

ユーザーID:1529064303
結婚してから妻が夫を育てると言いますね
計理士
2010年2月17日 18:18

西洋の男性に比べ、日本男児は母親が甘やかし駄目男が多いようです。
よく還暦を過ぎたカップルを観察すると、やはりいい男には良い女が寄り添ってます。
つまり、女性が男をどう育てるか、が鍵なのでしょう。

還暦過ぎた年齢で、人間性も低レベルの男は、妻が夫を育てず、放置していたからですよ。

ユーザーID:4203942783
横ですが。携帯からの書き込み
実は…
2010年2月17日 23:40

私は、結婚して9年間、夫をプロデュースして参りました。
本当は、実験ですが…。
そんな私も、心理学博士でもないので、答えなど知りません。
ただ私が育てられた記憶しか参考書がない為、日々科学反応の繰り返しです。
そうして今までやってきました。
勿論、これからも手探りで実験を続けます。
そこに愛がある限り…

ユーザーID:4820846568
どうでしょう…?
飼育係
2010年2月18日 0:12

まずは、その恋人をどれだけ愛しているかなんだと思います。最初から「育てよう、変えて上げよう」などと思うのはおこがましいと思います。婚活ということは最初から結婚を想定されているのだと思うので「将来の夫を何とかしなきゃ」という意識が強いのかもしれません。でも現実、大切な人との関わりは簡単ではないです。大体、一人の異性と本気で向き合った場合どちらかが一方的に育てるというよりは、お互いがいつの間にか思慮深い大人になっていた、という結果がついてくるというものではないでしょうか? 気に喰わないことがあるならケンカをすればいいんですよ。「口出し」は貴女の価値観からする正しい事を押し付ける行為。彼の価値観とは違うだけの話しかもしれない。愛しているのならあくまで自分が嫌な想いをしてるという事を伝えケンカするべき。挑戦したり頼りがいのある人が好みならそういう人と付き合えばいいだけの話しです。結婚前に十分立派な男に仕上げようなどとは思わないことだと思いますよ。

当方も30歳で知り合い紆余曲折あり40歳で結婚しました。婚活の意識ではなく一個人を愛してたので色々乗り越えました。そういうものではないですか?

ユーザーID:0538520551
思い上がり携帯からの書き込み
Nut
2010年2月18日 9:29

人を育てるなんて思い上がり以外の何物でもないと思います。
結婚して旦那様をいい方向に導ける人もいるかもしれません。でも私が育てたなんて言う人は違うのでは?
旦那様が仕事をしやすいようにしたり、家庭を大事にしてくれるようにするのは、相手を直接動かすのではなく、相手にそう思ってもらえるよう自分が動く事だと思います。
あえて育つという言葉を使うなら、自分が育って相手に認めてもらうというのが普通じゃないでしょうか。
そんな女性になりたいですよね〜。

ユーザーID:9580949036
人として
2010年2月18日 13:20

人として見識、行動が高い位置にある方なら
薫陶され、ご主人も高い位置に登ることができるでしょう。

指導する方の見識が低い位置なら、堕落します。

また、頼りがいのある男=立派な男ではありません
人としての成長は、長所を伸ばした結果です。

ユーザーID:3340769770
感謝と褒めとおだて!
孫悟空
2010年2月18日 14:00

ちよ様世代の父親です。
男は、なんだかんだいっても自負心とか自尊心が高く(これが無いと生きていけませんが!)、彼女や連れ合いに文句やケチをつけられるのはイヤなものです。
男を育てる究極のテクニックは、「感謝と褒めとおだて」。子育てと同じです。
真面目で、頑張り屋の長所は大いに評価して褒めて感謝してあげましょう。

改善していって欲しいことは、さりげなく(ここが大事!)ドラマや映画や書籍の登場人物の「あの所作が格好よかった」とか「あの考え方にはついていけない」とか伝えたらいいかと思います。
何十回も何百回も言い続ければトピ様の求める価値観が彼氏に伝わります。
それに気づいて反応する彼氏だといいですね。

所で、「慎重」の反意語は「軽率」。
なんにでも次々と挑戦して失敗するのは、見ていてこれはこれで結構ツライですよ。
慎重居士も立派な生き方だと私は思います。

ユーザーID:9790313520
さて。
いくつき
2010年2月18日 15:23

それは「育てる」って言うのかが。
それ以前に、我慢してるのはトピ主さんだけではないかもしれません。
一方的に自分が嫌なところの改善を相手に強いらず、不満なところは時間を掛けて話し合って互いに嫌な所は改善した方が良いのでは。

…もっとも変えたい点がそんなにたくさんあるのなら慎重派ではない頼れる別な人を選んだ方がよくないかと思うのですが。

ユーザーID:4136152590
レスありがとうございました
ちよ(トピ主)
2010年2月19日 22:47

レスをいただいた皆様、ありがとうございました!
「育てる」という言葉、確かに上から目線と
感じられても仕方ないかと思います。
その点は不快な思いさせ、申し訳ありませんでした。

彼に対する不満は、正直、
私が嫌な思いをするようなものはほとんどありません。
というか、私が嫌だ、といったら彼はしないように
気をつけてくれるやさしい人です。

ただ言葉で彼の行動を否定しまうと落ち込んでしまいそうな人なので、
出来れば傷つけず、こちらが「こうなって欲しいな」と思う
理想図に持っていきたいと考えていました。
(その過程で、自信を持って、私に何か言われても動じないくらい
 強くなってもらえれば…と思っています)

それを「育てる」と表現したのですが、それではなく
「彼を傷つけずに提案する方法はないですか?」とした方が
よかったかもしれませんね。

>孫悟空さん
 
 何回も理想像をさりげなく言う、
 これ、とてもいいアイデアですね!
 カッコイイな、と思っても「彼が傷つくかも」と思って
 「でも〜な面もあるけどね」と勝手にフォローしていたのですが
 それを少し減らしてみることにします

ユーザーID:4097215671
 
現在位置は
です