ご主人様の小遣い制廃止!!

レス295
(トピ主0
お気に入り243

恋愛・結婚・離婚

masu

レス

レス数295

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
211240 / 295
次へ 最後尾へ
  • 女性もご主人様になって良い

    少々トピずれですが

    専業主夫を養ってご主人様とよばれてもよいのでは?
    もちろん小遣い制で稼ぎは全て主夫に渡しましょう。

    ユーザーID:5812610199

  • junk_boyさんへ

    >収入がかわらないのに、妻を養って貯蓄が増えるという発想が謎です。
    >妻を養うとどこかから金が沸いてでるとでも思ってるの?

    「浪費家の夫だったら、しっかり者の妻のお陰で貯金額は増えて」と書き込んでいますけど?
    貯金がない、出来ないというトピを何度も見ていますからね。
    まぁ、あればあるだけ使うのは男性に限らず女性もいますけど……。

    ユーザーID:6032594906

  • まとめて回答

    >神戸屋さん

    借金も当然に共有財産ですので、夫の所得のうちの妻の持分も差し押さえから逃れることはできません。考えが整理できていないようですので、もう少し落ち着いて考えてみてください。


    >どんぐりさん

    まずは民法に目を通してみてください。「特有財産」と「共有財産」が規定されているのは民法762条の夫婦別産制についての節です。ここで規定されている概念を離婚時の財産分与の運用上で流用している形です。
    すなわち、婚姻関係にあるときに共有財産であったからこそ離婚時に財産分与の対象になっているという事です。どんぐりさんの解釈は法文上無理があります。
    ちなみに、税法は単なる課税のルールにすぎないので必ずしも民法と整合的ではありません。私人間の関係性について民法と税法が整合的でないときは民法の規定を優先すべきです。

    そもそも、民法762条により専業主婦が夫の所得に対して一切の持分がなく、生活費以外については受け取る権利がないなどという事になれば、おそらく憲法24条に違反すると思われます。


    私は男ですが、小町ですら女性の権利はまだまだ理解されてないんですね…

    ユーザーID:7509216061

  • 昼からランチ

     >旦那の昼飯は300円くらいの牛丼と水で妻は昼からランチ。
    こんなおかしな日本社会を私たちから変えましょう!

     うちの夫の場合、職場の食堂が充実していて、昼から栄養計算されたおいしいものを食べているようです。
     私はお腹すいたさんと同じく、昼は食パンです。

     先日外食しようと食堂街を歩きながら、「珍しいから水餃子でも食べる?」と聞いたら、「いや別に珍しくない」ではイタリアン?フレンチ? あるいは牛タン?鯛の炊き込みご飯?チヂミ?回らないお鮨?

     ぜーんぶここ一年以内に食べたそうです(他は聞いていないから不明)
     結局蕎麦が食べたいと言いました。

     「たまには友達とランチに行っておいで」と、言う理由がわかりました。

    ユーザーID:7015182119

  • 奥さん次第でしょうねぇ・・・

    もうすぐ結婚予定で、現在マリッジブルー(?)の30歳代男子です。

    気持ち分かります。
    でも、奥さん次第かなぁ。
    ロクに家事もしないで、豪華なランチやスイーツを食べ漁っているなら、旦那さんがそういう発言をされるのも理解出来ます。

    でも、奥さんがちゃんと家事をこなしていて、家計で節約して、その余りで時々ランチをするくらいなら許してあげても良いと思います。

    まあ、「小遣い」と言うのは見下されている感じで不愉快だと言うのは理解出来ます。

    ちなみにウチは
    僕が節約家(就職6年で貯金2000万)
    彼女が浪費家(そこまででは無いかもしれないけど、働いて4年で貯金ほぼゼロ、なぜか株は持っている)
    なので、結婚後は僕がお金の管理をする事にしました。

    とは言っても、そんなにお金に困っている訳ではないので、
    生活費に月30万家計に入れて、彼女が上手く節約したら残金は妻の小遣い
    と言う大雑把なもんですが。
    残りは僕の管理で貯金と、月数万円を僕の自由に使う予定です。


    ここは完全に「女性優位」の世界なんで、とぴ主さんには相当の非難が襲ってきそうですけど、頑張ってください。
    陰ながら応援しています。

    ユーザーID:2571814968

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 養ってもらってるんだからさ。

    専業主婦なんてのは養ってもらってるんだから、
    常に旦那さんには感謝の気持ちを持たないとダメなんじゃないかな。
    こういう事を書くと「器が小さい」「私の夫はそんな人間じゃなくて良かった!」
    「感謝の気持ちが無いのか?」「私は働いてます!!」「夫の要望で専業主婦やってるんですよ!」
    なんてレスがつくんでしょうね。


    偉そうなことを言う女性が多いですけど、文句があるなら自分で稼いでくればいいんですよ。
    少し想像してみてください。
    自分が朝から晩まで働いて稼いだお金を一日中家にいる夫に管理され、
    月に数万円を「お小遣いをあげる」という言葉で渡される場面を。

    小さい子供が3人以上いたり、親の介護をしているのでもなければ専業主婦ほど楽な仕事はないですよ。
    まさか主婦業が会社員と同じくらい大変だなんて本気で考えてるわけじゃないですよね?
    ま、世の中の女性全員がそういう人ばかりではないでしょうけど。

    もちろん女性が大黒柱の場合は専業主夫が妻に感謝しないといけないですよ。

    最近、こういうちっちゃい女性が増えたなぁという印象を受けます。
    なんだかなー。はぁ…。

    ユーザーID:4305681212

  • やれやれ

    >>貯金がない、出来ないというトピを何度も見ていますからね。
    トピとは関係なく、小町が世界の全てと考えてしまう人って実在するんですね。

    ユーザーID:7434754363

  • 柚子さん

    「浪費家の夫だったら、しっかり者の妻のお陰で貯金額は増えて」ということでも、妻が増えることによって増える生活費より浪費が多いことなんてよっぽどのギャンブル中毒か風俗中毒以外ありえないでしょ?

    1人暮らしから、専業主婦1人増えると住居にかかる金だけで5万以上、食費その他もろもろで最低で月10万は出費が増えますから。

    ユーザーID:5695762127

  • ん?

    例えですが、夫が自己破産をした場合、妻や子供名義の預金や財産は差し押さえにはなりませんよね(意図的に預金を隠すべく妻名義にしたとかは別とみなされますが)。そういう話では?kenさん混乱してません?

    本題ですが。
    生活費全部を夫が使用用途を決める権利があるとも思いませんが、DVだー!と訴えたところで、夫婦内の関係、家計度の寄与度に左右されすぎますから、一概に半分とは言えないでしょう。
    女性から見ても、専業主婦だったら全部夫の稼ぎは半分ね!て、男はそれでいいのか?とも思いますよ。収入が少ない男性ならともかく、多い方にはそりゃ納得いかないでしょう。

    ユーザーID:3239358308

  • 女性も大黒柱になって良いのですよ?

    何度か出てくる
    「大黒柱の妻が同じことを主張したらどう回答するのか?」
    という質問には誰も答えることができないようですね。

    私は、稼ぎ手が男性でも女性でも稼ぎ手の意志が優先される、と回答します。

    ユーザーID:5273257027

  • ほほほ!面白い!

    よその家のことには口出さない方がいいですね。
    代わりに「俺様が家計管理してるとこんなにいいことがたくさん!」を羅列してみてはいかがでしょう。
    私も「夫に家計管理させてるとこんなに楽しいことがたくさん」あります。
    その1
    給料日に生活費渡されなくても黙ってる。数日後に「忘れてた」と渡された時に言う「やっと思い出した〜?」の一言。
    その2
    公共料金の振込み用紙を渡す。たいがい忘れてるようだが黙っておく。督促が来た時(その頃には振込用紙がどこかに紛れ紛失)に言う「また督促きて恥かいちゃったじゃない〜!」の一言。
    その3
    昇給しないとか会社の業績が悪いとか言われても聞こえない振りしてにこにこ。その時に言う「だってあたし年収知らないし〜」の一言
    その4
    こどもがやりたいこと(でもたぶん予算オーバー)を「パパに聞いてみようね」と言い、案の定無理と言われたら言う「だめだって〜、残念だったね」の一言。
    その5
    夫に育児の愚痴をきかせた後にしみじみ言う「お金を稼ぐという大義名分で外に出てって好きな時間に帰ってこられるあなたが羨ましい・・私はただ働きだからね」の一言。

    ユーザーID:9189717434

  • ちがいますって

    http://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95%E7%AC%AC762%E6%9D%A1

    例えばこちらで、婚姻後も「自己の名で得た財産」は特有財産であると書かれています。民法の家族法をずっと読むとわかるのは、一貫して「日常の家事」に関して夫婦の共同責任を定めており、逆に日常生活を超える分については書かれていません。また民法768条には、「離婚時」に「財産」について分与が「請求できる」旨が定められているだけで、それが「婚姻中に請求できる」とも書いていないし、「所得について権利がある」とも書いていません。

    また、民法755条には「わざわざ」夫婦財産契約について定められており、夫婦財産契約を締結し、登記することで、夫婦財産になるとされています。法定の民法が別財産だからこそ存在する条文ではないんでしょうか。

    「現在権利がある」のと「離婚時に権利を主張できる」のとは全く違う話で、「離婚時に権利を主張できるのだから、現在もあるはずだ」というのは飛躍ではないんでしょうか。

    ユーザーID:9333731685

  • 得意な人がやればいい

    予想通り「トピ主みたいな男が旦那じゃなくてよかった」みたいなコメントがつきましたねぇ……。

    しかしね、世の中にはいろんな旦那さんがいて、いろんな奥さんもいる。
    トピ主さんみたいにしっかりした旦那さんじゃないとうまくいかない、って奥さんだっているんですよ。

    そういう意味では、トピ主さんの主張もアリだと思いますし、
    なにしろ文章が痛快で面白い。

    それと確かに「小遣い」という言葉はおかしいと思いますね。
    子供の頃、奥さんが旦那さんに小遣いをあげる、っていうフレーズを耳にして、
    おおいなる違和感を覚えた記憶があります。
    「金を稼いでいるのに、なんで『小遣い』?」と。

    とはいえ、ウチは家計は妻にまかせていますけれど。
    妻も働いていますが、一本化したほうがラクですから。

    ユーザーID:1911718878

  • 主さんガンバレ!!

    当方も自分が家計管理をすることを条件に結婚しました。
    約束どおり嫁の稼ぎを全額渡してもらいその中から小遣いを渡すと提案したところ完全拒否。
    嫁が亭主を小遣い制にするのは当たり前で自分が小遣い制にされるのを嫌がる始末。
    こんな女尊男卑の国ですから以前ここのトピで小遣い制旦那を金銭的DV被害者という発言を見たことがありますが、同感です。

    ご近所さんに夫婦喧嘩すると勝手に貯金から好きな物買ったり、飲み食いする、また、勝手にマンションの名義を変えていたり、生命保険をかけて早死にを心待ちにする奥さんがいます。そこの子供はかなりグレてどうしようもない状況です。必死で稼いでいるにも拘わらず少ない小遣いに虐げられている父親を見ていればグレたり、強い母親を見て、いかにもおとなしい草を食む草食系男子が多いのも頷けます。 

    一生懸命働いても嫁に稼ぎを搾取され、父親の悪口を子供に刷り込み、リストラされでもしたら即刻、金の切れ目は縁の切れ目とばかりに離婚届けを突き付ける。これでは、もっと大げさに言えば衰退する国力、夢のない将来、自殺の増加、などなど、小遣い制は諸悪の根源だと思います。

    ユーザーID:9075496900

  • お小遣いっていう言い方はどうかなと・・私も思います

    私は1ヶ月月収10万円程度のパート主婦です
    主人の場合、残業時間数で収入に変動があり(残業時間の増減が月によってかなり違う)
    月末に「来月は○○時間分の残業代がつくよ」と教えてくれます
    そこで、翌月の給料がわかるので「じゃあ、来月は○○円貰ってもいい?」と聞きます(ダメだと言われた事はない)
    給料日には主人が自分でお金を下ろしてくるので、「はい、今月分」と言って渡してくれます
    なので、私から主人に小遣いとしてお金を渡す行為はありません

    トピ主様は、お昼も「小遣い」から出されているんですね
    我が家では、昼ごはんは生活費の一部と認識してますから、仮に私の都合でお弁当を作らなかったらお金を都度渡してます
    主人が「小遣い」で出すお金は、友達と飲みに行くお金と、趣味でたま〜にやるパチコン代ぐらいですよ
    ちなみに、煙草も吸いますがそれも生活費の中から出しています

    トピ主様の生活では、不満が出るのも仕方ないというか・・気の毒だなと思ってしまいました

    ユーザーID:6703317494

  • 浪費

    主婦は夫の浪費を抑止できるという妄想があるようですが、提供される労働に対するコストという面だけで考えると、専業主婦を養う事こそ男性にとってすごい浪費だと思いますけどね。

    妻の場合愛情があるから養うわけで、業者を使うとしたら、専業主婦並みの労働に対して月いくらなら払うでしょう?

    ほとんどの人は5万でも依頼しないでしょう。

    子供がいない場合、専業主婦の労働に対する報酬の妥当な額(需要と供給のバランスが取れている金額)というのはせいぜい月3万てとこじゃないでしょうか?

    それに対してかかるコストは10万以上です。

    これは浪費以外の何者でもないでしょう。

    育児以外の家事労働なんて威張るほどの金額にはなりません。

    ユーザーID:5695762127

  • 人間が小さい妻は必要ない

    家計は妻に任せていますが、私の稼いだお金を「小遣い」とは絶対に言わないし、何か大きいものを買おうとしても頭ごなしに反対したりはしません。

    「小遣い」とか言ってしまう女は、管理を任されているだけで所有権は自分にないということを理解できない人種なのでは?奢りトピなんかにいる「奢らないなんてケチ」とか言う人も、自分のお金と彼のお金の所有権を理解できない、可哀相な人たちだと思います。
    恐らく、奢りトピにいる「タカリ女」が結婚するとこうなるのでしょう。

    もし「小遣い」とか言うような妻なら、家計は一切任せませんね。それ以前に結婚もしないでしょうけど。そんな妻、存在価値があるとは思えません。
    管理を任されるのと所有権の違いも理解できないような、人間のみみっちい妻は必要ありません。

    ユーザーID:9864333338

  • ひぃさん

    トピの本文に「私の家庭では私が家計を握っています。」と書いているではないですか?
    ちゃんと読んでから登校してくださいね。・

    ユーザーID:5695762127

  • お小遣い制度が羨ましい夫です

    こんなトピがあったとは(笑

    うちは共働きですが私が自由業なので、収入が不安定なため、家計の管理は一切私がやっています。
    小遣いは設定してません。

    欲しい物も買えますが、先々の収入や貯蓄を考えると我慢してしまうこともしばしば。
    たぶん、世の家計管理をしている専業主婦の皆さんと同じような感覚なのかと。

    確かにあまりに小額だと悲しいし、高価な買い物がしにくい等の不満もわかりますが、家計を顧みることなくお金を使えるお小遣い制度がちょっと羨ましいです。
    他の事考えなくていいということですからね。

    時間の自由がきくため、家事育児も積極的にやっていますが、正直、仕事だけに専念したい気持ちはあります。

    あと横ですが、神戸屋さん。

    「自己の名で得た財産」は、あくまで対外的な第3者との間の効果です。
    夫婦間ではお互いの給料や報酬、財産は、夫の単独名義になっていても基本的に夫婦の共有財産となり、割合はありますが、財産分与でなくとも「権利がある」のですよ。
    小遣いの範囲内でのギャンブルで得た金銭や仕事以外での株取引による報酬などは、基本的に特有財産と認められます。

    ユーザーID:1914128776

  • 回答しましたが・・・

    ジークさん他の皆さま。

    >「大黒柱の妻が同じことを主張したらどう回答するのか?」
    >という質問には誰も答えることができないようですね。

    誰もって・・・私のレスは読んで貰えましたでしょうか?

    きとんと質問されたから回答したのに、無反応なのでしょうか?

    ユーザーID:1243421835

  • 既婚男性の大半がうすうす感じている疑問

    生活費は生活上の必要経費ですから、専業妻にも一定額の小遣いを渡せば経済DVじゃないですよね?その場合に妻の小遣いは手取りの何%が妥当ですか?また比率だけでなく具体的な金額、及び、含まれるものも示して下さい。

    私は手取り約40万で小遣い4万、小遣いには昼食・嗜好品(酒・タバコ)・飲み代・床屋・洋服・趣味・プレゼント代・個人的な交際費を含みます。
    昼食と嗜好品で2万ほどですから実質2万円が自由にできる金額です。
    では、平等に妻小遣い2万円として、美容院・化粧品・洋服・趣味・ランチ等の交際費・プレゼント代まで賄えるのでしょうか?
    夫には妻へのプレゼントを小遣いから捻出することを要求しつつ、妻からのプレゼントは家計費から出すなんてザラでは?
    ランチや友人との交際費だって家計費から出していませんか?

    キッチリ会計したら私の予想では夫の小遣いより多くなると見ています。
    ですから夫に管理されると夫より小遣い部分が多いことがバレてしまい都合が悪い。
    特に収入の無い専業主婦は非常に困るので頑強に抵抗するのではないでしょうか?

    (続きます)

    ユーザーID:6449470779

  • へそくりの謎

    妻が家計管理しているなら「へそくり」はありえないですよね?
    やりくりした結果、剰余金があってもそれは妻の小遣いではありません。
    会計を任されている妻としては「今月は○円余った」と報告したうえで、折半で小遣いにするなり
    家族でレジャーや食事に行くなり、貯金するなり、いずれにしても夫と相談して剰余金の使途を決めるべきですよね?

    百歩譲って「へそくり」として貯金するまでは良いとして、夫がへそくりを使い込んだ時に『私』のへそくりを勝手に使ったなど
    という発言は搾取・横領以外の何物でもありません。

    夫は趣味などにお金を使いたいが家計を鑑み(不満を持ちつつ)小遣い額で我慢している。
    一方、妻は剰余金を隠匿しへそくりとして私的に貯金する。これって妻から夫への経済DVですよね?
    仮に夫が希望する剰余金の使途は妻から見て無駄遣いであったとしても、夫には剰余金を「浪費する権利」があるはずです。
    (剰余金は折半するのが落としどころでは?との主張です)

    ユーザーID:6449470779

  • 取り分けた額の名前に過ぎないですよ

    私の夫は 働き始めた頃から給料から自分で決めた額を自分のために使うという「小遣い」を使ってます。
    それは結婚してからも変わらなくて、別に私から「小遣い」を上げている訳ではなく
    取り分けた額の名前として「小遣い」と言ってるだけだそうです。

    夫が汗水流して働いてきたお金を私が「あげる」なんて、とんでもないことです。

    結婚してからも額が同じなのは正直きついのですが
    その中から貯金もしてるし、自分の趣味に使って活き活きとしてくれているのは家族にとってもうれしいことです。
    時々家族におごってくれますしね!

    でもね〜…

    子供と出かけて子供に買ってあげたお菓子代とかおもちゃ代を
    家計費に請求するのはやめてほしい…
    毎月予算だててるんだから。
    余計な突然の気まぐれな出費はポケットマネーから出してほしいですね。

    (家計費をやりくりする苦労もなしに
    いいとこどりで子供の機嫌取りにお金使って、
    さらに請求ってなに〜!!??)

    ユーザーID:6450515799

  • 世の旦那さま、お疲れ様です

    私は子供が小さいため専業主婦ですが、夫から毎月決まった額を渡され生活しています。
    結婚時に、私からそうしてほしいと申し出ました。

    私は高校を中退して若くからずっと働いて自分で稼いできましたので
    今更「人様が稼いできたお金」で暮らすというのに戸惑ってしまい
    夫に任せました。

    それに、私よりも大学院まできちんと出ている夫の方がキッチリと
    家計を管理してくれますし、正直に言うと私は家計管理が面倒だったので
    お金の管理までしてくれて本当に助かっています。
    家計状況も、預金状況もオープンにしてくれますし、何の不満もありません。
    そのおかげで貯金もものすごく貯まりました。

    逆に、「今度から家計は任せる」と言われてしまったら
    面倒くさくてかなわないです。

    夫にはとっても感謝しています。


    私自身、あまり物欲もないので何も困っていません。
    稼ぎ頭の小遣い制廃止、いいと思います。

    ただし、お金にだらしない夫だった場合は大変なことになるので
    夫が、妻が、ということではなくて
    「管理をキッチリ出来る方」が家計の管理をした方がいいと思います。

    ユーザーID:6963125762

  • エスカー様、私は十分足りてますけど?

    夫は手取り30万弱の月収で2万5千円の小遣い。ただし昼食(弁当持参)・衣服・散髪・冠婚葬祭・携帯全て別ですからほぼ純粋に自分の趣味と私的交際、嗜好品に使えるお金です(家で飲むお酒は家計から)。ボーナス分は年2回4万ずつ。

    私は同基準で夫の半額。へそくりは共働き時代の自分の小遣い(同収入だった為夫と同額)を貯めた物。「夫に内緒の貯蓄」という意味ならもっとありますが、これは夫があてにすると困るから言わないだけで家計から貯めた分は家族の為の貯蓄です。家電や車の修理買替、家の維持費、家族の病気や夫の収入減に備える為の費用ですから私の個人的な趣味や買物に使う事はありません。

    化粧は殆どしないし美容院もカットの安い店に年2回行くだけ。服はある物で足りるし買うのもユニクロ。我が家はここまでは家計から(夫もそうなので)ですが、足してもしれてます。ランチも月に1〜2回だから2千円あれば足りるし雑誌やCDレンタル、年に数回の映画や飲み会、たまのお取り寄せを含めても小遣いを夫より使ってるなどありえません。それと我が家は夫婦間でプレゼント交換はしません。小遣いは全額好きに使う物だと思ってますから。

    ユーザーID:6490291402

  • ショウタロウさん、クイズみたいで申し訳ないのですが

    生活に使うお金に関して、「共同の生活を維持する目的」で「共同生活者としての権利」を行使する、というのは理解の範囲です。ちょっと極端な例で考えてみたいのですが。

    年収1億円の夫(妻は専業主婦)が、年収1000万円の人程度の暮らしをしていたとします。1000万円は夫婦の生活経費として消えたと仮定して、残り9000万円の資産ができます。離婚する場合、この9000万円(の預貯金や株?)が婚姻中に形成されたものなら、財産形成に寄与したとして財産分与の対象になる、というのはわかります。しかし、婚姻継続中に「この9000万円の半分は私のものなんだから、売却して現金にして私の名義に書き換えてください」という事が、或いは、「共有なんだから私の名義で運用しなさい」と主張できる(権利がある)かどうか、という事なんです。
    もちろん夫が「許可」すればできますが、「贈与」に該当し、贈与税が課税されませんか?。

    夫婦なので某かの発言権はあってもいいと思いますが、法律上の権利、というのがあるのか、という事に疑問を持つ次第なのです。

    ユーザーID:9333731685

  • 続:ショウタロウさん、クイズみたいで申し訳ないのですが

    ショウタロウさんやkenさんの主張を考えると、「権利が全くない」とまでは言えなような気もしますが、だからといって確定した権利があるわけではない。どうもその「持ち分」というのは金融商品のオプションみたいなもの?という感覚を持ちます。
    オプションは一定の条件の下に売り買いを行う権利ですが、行使する、しないは任意です。そして行使しなければ権利は失効します。

    例えば、先の例で9000万円が商品先物で運用されて、信用取引が成されていたと仮定します。利益が出ている時点で「持ち分」を確定すると、後で損が出たときにも同率で「持ち分」の損を埋める義務が生じます。「損益の50%が持ち分ね」と定めると、後日値下がりしてそれが債務に化けた際には、共同して債務を返済する義務を負わなければなりません。ところが実際には負いませんが、それは「確定した持ち分などない」からです。

    妻は「利益が出たときだけ権利を主張できるオプション」を持っていますが、婚姻中は権利が確定せず「行使する権利がない」状態に思われます。kenさんの「持ち分」というのはそういうイメージでしょうか。

    ユーザーID:9333731685

  • 要はバランスなのかな・・・

    エスカー様

    >平等に妻小遣い2万円として、美容院・化粧品・洋服・趣味・ランチ等の交際費・プレゼント代まで賄えるのでしょうか?

    賄えます。私に限って言えば美容院は年に一回2000円以内、
    化粧品は3ヶ月で2000円以内、
    洋服はほとんど買わない(独身のときの服を着てる)、ランチ?交際は滅多にない(年に3回くらい?)、
    趣味の読書は図書館から借りているので無料、オンラインゲームも小町も無料、プレゼント代特にナシ。

    贅沢している奥様って、そんなにいらっしゃいますかね。
    2万円あれば、8ヶ月分は賄えます。

    >キッチリ会計したら私の予想では夫の小遣いより多くなると見ています。

    その予想は、大外れでございますね。
    この時代、何がどうなるのか分からないからお金は使いません。不景気に拍車をかけているかもしれませんが、この不安には勝てません。
    余った分は、貯めておきます。自分が使う為ではありません。

    将来の不安が全くないご家庭では、じゃんじゃんお金を使えばいいと思います。小遣い制度廃止もいいんじゃないですか?
    旦那様も奥様もどんどん使って下さい。
    よく分かりませんが、浪費って楽しいんですか?

    ユーザーID:2280089852

  • 他人の家庭なんて

    どうでもよくない??
    以前、トピ主さんと全く逆の考えの男性のトピがありました。
    結局、人それぞれなんですよ。

    私の父なんて、給料、退職金、年金、全て母に握られて、現在は年金の中からお小遣いをもらうという形ですが、幸せそうですから。

    夫は牛丼で妻は高級ランチ・・マスコミで面白おかしく語られますからね。そういうイメージがあるのでしょうが、実際は、そういう夫婦あまりいないと思いますよ。いや、そんな生活なのにうまくいってる夫婦は、ですね。

    ユーザーID:2642222870

  • ちょっと横さん、申し訳ありません。

    見落としておりました。

    >ですので、専業側でなく、稼ぎ手側が財産管理をするというのは当然有です。

    私も同意見です。
    細かく言えば、「当然あり」ではなく、「当然」です。
    稼ぎ手側が財産管理をするというのが通常で、
    稼ぎ手が苦手な場合に、稼ぎ手側の依頼があって稼ぎ手ではない方が管理すればよいのです。

    ユーザーID:5150468201

先頭へ 前へ
211240 / 295
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧