• ホーム
  • 話題
  • 在米、グリーンカード保持者。アメリカ市民権申請を考慮中、、、

在米、グリーンカード保持者。アメリカ市民権申請を考慮中、、、

レス46
(トピ主5
お気に入り101

生活・身近な話題

ミヨ

小町の皆さん、このトピを開いて頂き、有難う御座います。私の質問は、アメリカの移民法についてですが、「小町で聞かないで、INSに直接確かな情報を聞くべきだ」と言う意見をお持ちの方は、済みませんがスルーして下さい。

私は女性40代半、アメリカで仕事があり、その関係でグリーンカードを取得しました。グリーンカードを取ってから、そろそろ8年です。以前は学生ビザで大学に行き、その後労働ビザで仕事を始めました。私の家族は、両親も妹弟も日本に健在で、在米は私のみです。

現在、3年半越しの彼氏が居て、私達は結婚を考えています。この彼氏も外国人で(日本人では無い)、彼は労働許可を持っていません。そこで、自分がアメリカ市民権を取って、結婚後に彼のスポンサーとして、彼のグリーンカードの手続きをしようと考慮しているのですが、以下が質問です。

* 自分がアメリカ国籍を取らないで、グリーンカード保持者の立場で、配偶者の彼用にグリーンカードを申請できないか?何か別の簡単な方法は無いであろうか?(汗)

* グリーンカードからアメリカ国籍になった方、手続きに弁護士は雇いましたか?私はグリーンカード申請の時は、弁護士に手続きを依頼しました。

* グリーンカードからアメリカ国籍になった方、アメリカ人になった理由は何ですか?何の利益が有りますか?例えば、年金が将来貰い易くなるとか?選挙の投票権が貰えるとか?

* グリーンカードは持っていても、アメリカ国籍を取る予定は無い方、何故ですか?グリーンカードで居た方が、便利な事は何でしょうか?例えば、日本の両親の遺産相続をアメリカ人になったら放棄する事になるとか?(注:私の家は遺産はあまり無いのと、当てにはしていませんが、、、)あと、老後に日本に戻りたい場合、日本国籍を保持した方が良いとか?

(続きます。)

ユーザーID:1396726563

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数46

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 市民権取得の手続きについてのみお答えします

    グリーンカード取得後10年ほど経ってから取得しました。グリーンカードのときも市民権のときも、弁護士など雇いませんでした。自分でさっさとできます。

    ただし市民権申請後1年経っても面接の通知がなかったので、勤務先のHRの勧めで地元の民主党下院議員の事務所に事情を説明して働きかけてもらったところ、とんとん拍子で手続きが進み、2ヶ月ほどで宣誓式になりました。日本出身の同僚は、何もしないで半年で取得できたそうです。

    あと、何か誤解がありそうですが、遺産相続と国籍とは一切関係ありません。相続人がどこの国籍であっても相続人は相続人です。ただし、相続時の相続関係調査(戸籍のトレース)の面倒さを軽減するために、日本国籍の放棄はしないほうがよいでしょう。日本は重国籍を禁止していますが、米国市民権取得を日本国が「自動的に」関知することはありませんし、本人が申請しない限り日本国籍を喪失することはありません。違法であっても、罰則も強硬規定もありませんから、日本国籍を保持していればよいでしょう。もし放棄しても、以前日本人であった人はかなり簡単に日本国籍を再取得できるようです。

    幸運を祈ります。

    ユーザーID:2660443669

  • 在米です

    私の周りの人のことでいいですか?

    1、友達の息子さん(日本人)がグリーンカードでした、日本人留学生だった子と結婚したいとなったときグリーンカードでは彼女のグリーンカードは申請×。そうなった場合結婚するのにも時間がかかるとのことで、彼は市民権を取り結婚。すぐにグリーンカードも申請できました。

    2、知ってる人のほとんどは旦那さんが助けたりして弁護士を雇ってる人は少なかったです。

    3、市民権を取った知り合いは「離婚してもしお金がなくなっても国から補助がすぐに受けられるから。」という人、家族を呼び寄せる為、という人も居ました。
    あと伴侶がなくなったときの遺産相続の%がグリーンカードより良いからという人も。

    4、私は取るつもりないです。夫が先に死んだ時、アメリカに住み続けるか分からないから。医療費、その他を考えても子供に迷惑かけたくないし、日本の方が住みやすいと思うし。帰れる場所確保の為。
    年取って病気になった時日本語で見てもらえるし、医療費が何よりもアメリカより安いのは強みですし。

    日本の遺産は市民権を取ってももらえますよ、手続きが面倒ですけど。

    ユーザーID:0363945929

  • グリーンカードをもらった時に言われたこと

    これで家族のためのスポンサーになれますと言われました。配偶者のスポンサーにもなれるみたいでしたが、興味がなかったので聞きませんでした。

    ユーザーID:3874725375

  • グリーンカード保持者です

    INSのサイトを見たらトピ主さんの質問第一の答えが10秒で見つかりました。確かな情報を聞くべきだとは言いませんが、掲示板で聞く前に、自分でまず下調べしたらどうでしょうか。

    >If Your Family Member is a Permanent Resident - You may be able to get a green card as a family member in a preference category.

    グリーンカード保持者の立場で配偶者にグリーンカードの申請はできます。


    アメリカ国籍は取ろうと思いません。利益は選挙権がもらえる、軍隊に入れる、アメリカ政府で働ける、くらいですから。

    ユーザーID:7635254554

  • 私の場合

    グリンカードを取ったときも、市民権の時も弁護士を雇わず、自分で取りました。 そんなに難しくありませんでした。お金も節約出来るし。

    市民権を取ったのは、何十年も住んでいて、配偶者もいるし、こちらで永住しようと決めたからです。グリンカードは不安定だし、精神的にも落ち着きませんし。 年金はグリンカードの人ももらえると思いますよ。 たかが、選挙権が目的で、市民権をとる人はいないんじゃない? 私はいつもちゃんと投票していますが。市民権を取るかどうかは自分自身との慎重な対話が必要でしょう。 お幸せに。

    ユーザーID:9179597826

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 一部についてお答えします。

    私はグリーンカード保持者です。

    >グリーンカード保持者の立場で、配偶者の彼用にグリーンカードを申請・・
    私の記憶では無理だと思うのですが、確証はありません。

    >アメリカ国籍をとる利益・・ 
    選挙権の有無だけです。グリーンカード保持者は選挙権が無いだけです。年金も、ちゃんと自分で働いて積み上げたらもらえます。

    >将来、アメリカ国籍をとる予定・・
    ありません。
    日本は二重国籍を認めていませんので、アメリカ国籍を取る、ということは日本の国籍をなくすことになります。将来は日本に帰ろうと思っているので今は選挙権が無いことを残念に思いながら、でもそれ以外は平等に扱ってくれるアメリカという国のふところの深さに感謝しながら暮らしています。

    ユーザーID:3519811064

  • 米国市民となったものです

    北米在住で、25年ほど前に永住権を取得、14年前に市民権を取りました。

    永住権所持のままでは配偶者の永住権取得に何もできません。永住権であろうと、所詮外国人。外国人の配偶者がどのようなステータスであろうと合衆国政府には関係ありませんから。

    永住権の取得の方が市民権をとるよりはるかに難しいし、面倒です。永住権から市民権への変更は、私の時は簡単な手続きとテストに合格することだけでした。ただ911以降、法律も変わったし、政府の体系も変わりましたので(当時は司法省の管轄でしたが、今はホームランドセキュリティ省の管轄)、弁護士、あるいは、法律相談所などに確認した方がいいでしょう。合衆国政府としても、外国人のまま居座るよりは自国民になって欲しい、という基本的なスタンスがありますので、犯罪歴他規定に引っかからなければ市民権の取得は容易です。

    私が市民権を取った理由は、アメリカで生活していて、この先もまだ暫くはこの状況が続くことがはっきりしているので、外国人のままでいるよりも一市民となった方が、自分にとっても、アメリカにとってもいいと思ったからです。

    ユーザーID:7501250472

  • まずいんじゃないでしょうか

    労働許可はもってなくても彼はなんらかのビザをもってるんでしょうか?
    でも、結婚を考えてるということは仕事してるんですよね?彼。
    不法移民の彼にグリーンカードをとらせるためにアメリカ人になるんですか?
    純粋なアメリカ市民として不法な移民にグリンカードをとらせることは危険なことなのでやめてほしいです。

    ユーザーID:2050918970

  • 国民保険

    最期の件だけ応えます。シチズンにはなるつもりはないです。理由は、グリーンカードでも生活には問題ないからです。そして、年金です。日本の年金は払っています。いまは国民保険。SSNも2025年に破綻するとはいわれていますし、アメリカ在の場合、年金の支給金額が減らされるとも聞いていますが、もらえないよりもらえるほうがいいだろうということで、市民権をとるつもりはないです。私はこちらで一人暮らしです。

    ユーザーID:1341967850

  • でたらめ書かないように

    >日本は重国籍を禁止しています

    >本人が申請しない限り日本国籍を喪失することはありません。

    この2つは、明確に事実に反してます。
    日本は重国籍を禁止してませんが、米国市民権取得の瞬間に
    日本国籍はなくなります。

    >>アメリカ国籍をとる利益・・ 
    >選挙権の有無だけです。

    グリーンカードは市民権と比べてかなり弱い権利です。
    総合的に見れば投資ビザのほうが強いぐらいです。
    全てを書くと長くなりすぎますが、現実的に一番制約となるのは
    米国を離れる期間の制限です。
    永住する意思がないと判定されたら簡単に剥奪されます。

    ユーザーID:9611669072

  • 案の定

    ビザの取得資格に関して間違った情報が交錯していますね。

    ご自身のために正確な情報を得ることをお勧めします。「アメリカ ビザ」でぐぐると最初にヒットするのが東京の米国大使館のサイトですが、「移民ビザ」のページで呼び寄せ移民ビザの嘆願書を出せるケースとして

    ・米国永住者の配偶者

    がリストされています。

    >Qさん
    合衆国軍隊には市民でなくても入隊できますよ。むしろ兵役に就くことで優先的に市民権が取得できるので、それを目的にした入隊も多いようです。

    永住権は「権」とは言っても権利ではなく特典ですから、理論的には不安定です。政府だけでなく、防衛や一部の情報産業での就職にも制限があります。まぁ、一生住むと決めた国の国籍を取得するのがスジかと…。

    前回も書きましたが、市民権をとっても日本国政府に何も言わなければそのまま日本国籍との重国籍の保持は可能です。国籍喪失届出で得るものは何もありませんが、失うものはたくさんあります。日本国籍を保持していれば

    ・将来出生する子供の日本国籍留保が可能
    ・日本国旅券を日本のプリペイド携帯電話の申し込みの身分証明に使える

    など便利なことが多いです。

    ユーザーID:2660443669

  • 分かる事だけ

    在米20年ちょっと、永住権保持歴9年弱の私が分かる事を書きますね。

    永住権のままでも配偶者の永住権の申請は出来ます。しかし、申請者が米国籍である場合と比べると、取得までかなりの時間がかかります。(恐らく最低でも5-6年)その上、その間、永住権者の配偶者は、自身で米国に滞在するビザを保持しないといけませんので、ビザが無い場合は国外待機です。(米国籍の配偶者は、そうではないです)

    また、「彼は労働許可を持っていない」とおっしゃいましたが、違法に米国に滞在されている訳ではないのですよね?違法の場合は、トピ主さんが米国籍を持っていた方が、ずっと申請が楽だと思います。

    結婚による永住権も市民権も弁護士を使う必要はありませんが、ただし、これは過去に違法な事をした事が無い場合で、違法な事をした事がある人は弁護士を雇った方がいいでしょう。

    私は、日本国籍者が他国の国籍を取得した場合の重国籍を、いつの日か日本政府が認めてくれるを待っていますが、長期の日本滞在が必要になりそうになったら、市民権をとろうと考えています。これは、私はアメリカに永住すると決めたので、アメリカに問題なく帰って来るためです。

    ユーザーID:3592925377

  • 選挙権以外ベネフィットがない

    市民権を取らない理由は、選挙権以外なにもメリットがないからです。

    昔は生活に困ったら生活保護を受ける為にアメリカ人になっていたほうがいいかも?と考えましたが、どうにか老後の貯金もできたし、アメリカ人になったら税金が低くなるとか、何かベネフィットがあれば考えますが、何もないのでそのままです。

    老後に日本に帰るかどうかも、まだ決めていませんが、食べ物と医療費の事を考えると、老後は日本かなとも思います〜子無しの日本人夫婦、30年在です。

    私の周りではアメリカ人と結婚なさった方や、御子さんがアメリカに住んでいる方はアメリカ国籍をとってます。

    ユーザーID:4103996382

  • 市民権取得手続き

    市民権取得手続きについてですが、他の方も仰るように一般の方にも十分出来ます。USCIS(INSから名前が変わりました)のサイトに行くと、フォームをダウンロードできますが、その中のN-400というものを使って下さい。ただ今の申請料は675ドルです。多分、フォームを記入する際に面倒くさいと思われのは、過去5年間に何回国外に出たかという所と思いますが、パスポートを見れば大丈夫かと思います。

    市民権の場合は、永住権申請と違って一緒に送る書類も少ないですし、私の経験から言うと(NY州の弁護士ライセンスを持ってます)申請してから半年位で宣誓式まで行くようです。その間に指紋の採取と面接と簡単なテストがあります。テストは最近様式が変わりましたが、それ程難しくないと思います。面接の際には、用紙には書かれておりませんが、過去3年間のタックスリターンのコピーを持って行かれるといいと思います。面接とテストが終われば1週間くらいで宣誓式があります。

    配偶者のグリーンカードのサポートをするのであれば、トピ主様が市民になった方が早く出来ます。グリーンカードでは配偶者が取得できるまでに数年掛かる事が普通です。

    ユーザーID:0478054257

  • 私は数年後に市民権を取ると思います

    1.自分がGC保持者でも配偶者のGCは申請できますが、やはり時間と手間がかかり、かなり難しいと聞きます。 米市民との婚姻でのGCの取得には約半年ですが、GC保持者との婚姻だと年単位でかかるという話です。

    2.私はGC取得の際も自分ですべてやりましたので(婚姻による取得)、市民権の時も自分でやると思います。 市民権取得はGC取得よりも大分簡単なはずです。

    3.私が市民になりたい理由は、このままこの国で骨を埋める事になるだろう、と思っているからです。 例え夫に先立たれても、私はこの国に残ると思います。 現在のところGC保持者と市民の違いは、選挙権があるかないかと、米人配偶者が死んだ時に、生命保険などの保険と401Kに税金がかかり満額貰えない、という事です。 その税金もかなりの額だったと記憶しています(うろ覚えですみません)。

    私は去年GCを更新したばかりなのですが、その手続きに400ドル近くも払ったので、この手数料を無駄にしたくない、という理由だけで市民権取得を先延ばしにしています。 市民権取得には700ドル程かかります。 でもこれ以上待つと、また値上がりするのかなぁ。

    ユーザーID:6963576544

  • GC保持者も配偶者のGC申請できます

    GC保持者が、自分の配偶者のためにGCを申請することは可能です。
    可能なんですけど、長い年数がかかるので、手っ取り早く市民権を取って、配偶者にGC申請する人が多いのが実情だと思います。

    日本人ではありませんが、周囲に↑の方法を取った人がいますけど、その人の場合は奥さんがFビザでアメリカに来て、GC保持者配偶者の資格でGC申請。大学院卒業後はF→H1bと資格を変えて、現在もGC待ちです。

    雇用GCから市民権申請は5年(結婚の場合は3年)の期間を待てばできるので、8年のトピ主さんは今日にでも申請を開始する資格があります。弁護士は不要ですが、テストがあるので、お住いの地域のコミカレなどで市民権テストのためのクラスがあるか調べてみてはいかがでしょうか?大抵無料です。

    雇用GC取得には欠かせない存在の弁護士ですが、婚姻ベースの場合は必須ではありませんので、もしトピ主さんが市民権を取ってからご主人のGCを申請する場合、弁護士は必要ないでしょう。ただしGC保持者の身分で申請する場合は、弁護士に依頼したほうが安全かもしれませんね。

    ユーザーID:6289357383

  • 市民権有無は関係ないんじゃないの

    USAFのActive dutyだったアメリカ人の夫についてイギリス滞在中にexpedicious naturalizationを利用してグリーンカード取得6ヶ月後に市民権をとりました。1997年のことです。海外勤務の軍人や国家公務員の外国籍配偶者対象の制度で、アメリカ本土に一日も住むことなく市民権を取れとても呆気ないものでした。

    私も日本国籍は放棄していません。もっとも日本のパスポートもとっくに失効してしまったので帰国する際はアメリカのパスポートで入国です。

    日本の住民票は両親の住む市役所で、海外出国扱いになっていますし、私自身の戸籍にニューヨーク州での夫との結婚の事実が掲載されています。

    私の場合市民権取得は全く悩むことなく決心しました。なぜか、と言われてもそれは個人の事情や将来(老後の)の予定で決まることでしょう。私もアメリカに永住するつもりですし、グリーンカードってCISにいつも首輪をつながれているようで嫌でした。軍を退役した夫とバトンタッチするかのように、RNになるとともにUSPHS(USHHS)のactive dutyの看護師になりました。かれこれ8年前のことです。

    ユーザーID:7725078492

  • どうも適当なこと言う人がいますね

    私も法律家ではありませんが、

    http://www.uscis.gov/portal/site/uscis

    に行き、
    緑の大きなFamilyというセクションの
    Family of Green Card Holders (Permanent Residents)
    をクリックすれば、

    As a green card holder (permanent resident), you may petition for certain family members to immigrate to the United States as permanent residents.

    You May Petition For The Following Family Members:

    Spouse (husband or wife)
    Unmarried children under 21
    ...

    明らかに永住権者でも配偶者のスポンサーになれます。
    フィアンセだと市民権を持ってないと駄目みたいですね。

    ユーザーID:0715931455

  • 結構、皆さんご存じないの??

    GC保持者がスポンサーとなって、配偶者のGC申請はできますよ。
    ただ、取得まで5〜7年くらいは待たなければなりません。その間、申請中の配偶者が米国滞在できるステイタスはありません。もし米国に滞在したいなら、就労ビザや学生ビザを取って滞在することになります。
    結婚していて、7年も別々に暮らすなんて現実的ではないですよね。だから、市民権を取得されるんですよ。

    うちは夫が米国育ちの日本人ですが、市民権取得については考えていないようです。ただ、この先市民権を持っていないと生活上困難になるような状況が起これば、自分が取ると言っています。そして私は日本人のままでいて、日本に住むことになったら日本人の配偶者ということで自分(夫)の永住権も取りやすいだろうから、という考えです。
    私自身、英語も不自由していますし、もし夫が亡くなるような事があればさっさと日本に帰るつもりです。なので市民権を取るという選択肢はありません。

    ユーザーID:8197742223

  • あまり役に立たないかもしれませんが

    夫がグリーンカード保持者ですが、私も子供(未成年)も申請できます。
    ただし夫がGCを取ったのはすでに結婚していて子供もいました。
    主さんの場合は今、独身なのでどうでしょう?

    ユーザーID:7863461064

  • GCは思っているよりも不安定です

    2回目ですが、日系一世さんのレスに同意です。

    前職でイミグレーションオフィサーだった人に聞いた話ですが、やはり「アメリカに住んでいる限りアメリカ人でいた方が良い」というような事を、詳しくは言えない事もある、という含みも持たせながら、教えてくれました。 だから君も出来れば市民になった方が良いよ、と。

    GCは永住権とは言えども非常に不安定な権利です。 ただ単に選挙権がないだけ、ではないのでしょう。 市民権なら剥奪される事はありませんが永住権なら剥奪される事もあります。 アメリカを長期間離れる事も出来ません。 このご時世、今後どのように法律が変わり、現在当たり前のように永住者が持っている権利も、いつなくなってしまうかもしれません。 最近の例では、空港の入国管理で、以前はGC保持者も市民と同様の扱いだったのが、現在は指紋も写真も取られるようになりましたね。 また有事の場合はアメリカが真っ先に助けるのは市民です。 GC保持者を最後まで助けてくれるという保障はありません。

    今は確かに生活に問題はないけれど、いつ、突然それが問題になるかわからないのが怖いです。

    ユーザーID:6963576544

  • 重国籍について

    舌足らずのため、突っ込まれましたが…。

    国籍法の条文は

    ・日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う。

    ですが、実効上は日本の行政府が外国籍を取得を認知して国籍喪失手続きを完了するまでは日本国籍は有効で、重国籍になります。

    合衆国から日本国へ個人の市民権取得を通知する仕組みはないし、日本国が合衆国の内政である個人の市民権取得を調査する権限はないので、本人が国籍喪失届を合衆国旅券などの外国籍取得の証拠と一緒に提出しなければ国籍喪失の手続きは始まらず、重国籍のままです。これは国籍法の趣旨と矛盾しますが、現実です。

    国籍法では外国籍取得の時点で当然に日本国籍を喪失することになっていますが、仮に外国籍取得後に日本国籍喪失手続きをしたとしても、重国籍であった期間に日本国籍を保持していたことの効果(身分証明など)を朔及的に取り消すのは、ほとんどの場合不可能でしょう。

    興味深いのは、重国籍の親から生まれた子の日本国籍留保が親の日本国籍喪失により取り消されるかですが、法令に明確な朔及的喪失の条文がなければ、子の人権保護の点から取り消しはないのでは?

    ユーザーID:2660443669

  • 永住権か市民権か

    まぁ、最終的な選択はご本人の好き好きですが、市民権は

    ・配偶者の永住権取得がやりやすい

    以外にも

    ・合衆国外での居住に制限がない

    というメリットがありますね。

    私も永住権時代は、米国国外から帰国するたびに移民審査官から「国外に何日にいた?」と訊かれました。

    ユーザーID:2660443669

  • トピ主です。続きとお礼です。

    既に沢山のコメントを頂いて、とても感謝しています。先ずは既に準備していた続きを、遅れながら載せます。

    現在の状況を考慮すると、私達2人で日本に帰国するか、彼の国に住む、と言う選択も心の中には有るのですが、彼は日本語は全く喋れ無くて、私は彼の母国語は苦手なので(基本の意思表示程度のレベル)、アメリカ外に移動した場合生計が立たない可能性がとても高いです。特に現在アメリカも日本も大不況の様子なので、私がアメリカに仕事があるのと、とても苦労してグリーンカードを手に入れたのを考慮すると、できればアメリカに残りたいと希望しています。

    さて、まとめてのお礼で申し訳無いのですが、皆さんの経験談や知識を書き込んで頂いて、とても助けになっています。勿論、実際に自分達で行動に移す時点で、INSや大使館等のサイトで確かな状況を確認する予定でが、経験談をお聞きする事で自分達の将来の予想が雰囲気だけでも把握できた気がします。どうも有難う御座いました!

    ユーザーID:1396726563

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • unlimited marital deduction

    GC保持者です。アメリカ人と結婚し、在米16年ほどになります。

    GC保持者のままでいるのは、
    子供がいないので万が一主人に何かあった場合は日本へ帰りたい。
    もし将来日本で主人とともリタイヤするとき、私が日本国籍を保持していれば、主人は日本に配偶者として永住出来る。日本の親が病気になり、数年日本に帰るようなことになれば、日本人であればビザなしで良い。もし親が亡くなった時の遺産相続がラク。

    などのことを考慮してです。

    アメリカの国籍を取った場合、日本に国籍喪失届けを出さなければ、確かに二重国籍のままということになります。

    これは日本の国籍法に違反しているばかりではありません。アメリカの国籍を取った時点でgreen cardはなくなりますので、アメリカの日本大使館、領事館では日本のパスポートを更新出来なくなります。

    逆にGC保持者でいることのデメリットで一番私にとって大きいのは主人が亡くなった場合、遺産相続にunlimited marital deductionが使えないということです。

    ユーザーID:0742572812

  • 市民権も剥奪されます

    合衆国に敵対する外国の軍隊に加担するなどの行為が認められ反逆罪が確定すると、市民権と言えども剥奪され国外追放などになります。北朝鮮に行ったジェンキンスさんは反逆罪を免れましたが、太平洋戦争勃発時に日本を一時訪問中だった日系人で市民権を剥奪された人が何人かいます(東京ローズ、川北事件など)。

    とは言え、合衆国に忠誠を誓う限り、やはり市民権と永住権の理論上の安定さには雲泥の違いがありますね。

    日本と合衆国が戦争を始めたらどうなるか?太平洋戦争中の日系人強制収用の反省から、市民権保持者には差別的な扱いはないことが期待されますが、永住権では?まぁそうは言っても、近年イラク人やアフガニスタン人の永住者が国外追放されたとは聞いていないし、それ以前に、少なくとも日本から合衆国に戦争を仕掛ける可能性は、少なくとも我々が生きている間はゼロとみなせるでしょうけど。

    あと(しつこいですが)重国籍になったときに合衆国に滞在したままでは日本の旅券の更新ができない問題ですが、私の場合、ちょっとここでは公表できない事情により、少なくとも2回の更新が可能です。

    ユーザーID:2660443669

  • もう一つあります

    どなたかもおっしゃっておいでですが、グリーン・カードですと何回も日本・アメリカを往復すると問題になり、取り上げられてしまいます。 

    選挙もできないので、よそ者の悲哀を感じる。。。
    移民法はどんどん変わっていますからGCへの対応も変る可能性が強い。。。

    それから配偶者が亡くなった場合の遺産処理に大きな違いがあります。 

    ユーザーID:1305885769

  • 確信犯はどうかと

    国籍法の規定通りに運用されていないのはその通りだと思います。
    しかし、

    >日本の行政府が外国籍を取得を認知して国籍喪失手続きを完了するまでは
    >日本国籍は有効で、重国籍になります。

    なりません。
    日本で外国人が日本国籍を持っているかのように偽ることが現実的に可能と
    いうだけです。
    つまり、それをやれば日本における外国人犯罪者です。

    現実的に立件例を聞いたことがないというのには同意しますが、米国市民権
    取得後に日本パスポートを行使した場合、法的には外国人による日本パスポート
    不正使用犯罪として処断されることになります。

    ユーザーID:9611669072

  • 重国籍の一例

    北米に一家で十数年住んでいます。

    私・妻・娘の永住権を六年半ほど前雇用主のサポートで、私一人だけ市民権を一年半程前に自分で取りました。日本領事館からは国籍喪失届けを出すよう一応勧められましたが、、。現在は米国民として日本へ入出国しています。

    市民権は一にも二にも仕事のためです。航空機器メーカーのエンジニアですが、政府・軍関連の仕事のほとんどが市民権を要します。取得後すぐに DoD Security Clearance も取りました。面白い仕事(advanced)をやるためには、学位、経験、市民権、クリアランスが必要ですね。

    ちなみに日本での前職は国語課教師ですが、大きなキャリアチェンジをへて、かつやりたい仕事のために結局こういう格好になってます。アメリカに来たのもそのためです。

    そのいみでも市民権ならば、米国外に転職・転居しても失わないので、今後の自由度が永住権より高いです。アメリカの経済・労働市場も安泰ではないので、これは重要です。

    何れにせよ市民権取得は複数のシナリオを考え慎重に決めることをお勧めします。あとは「人間到る処青山あり 」でしょうか。

    ユーザーID:7837813061

  • なってないような

    >重国籍の一例

    書かれていないほかの事情がないのであれば、全く疑いなく
    米国単一国籍ではないでしょうか。
    なにをもって重国籍なのでしょうか。

    ユーザーID:9611669072

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧