• ホーム
  • 話題
  • TVの感動ストーリーを観るとむず痒くなる・・・

TVの感動ストーリーを観るとむず痒くなる・・・

レス21
(トピ主0
お気に入り27

生活・身近な話題

ひろこ

「病気に負けずにマラソンを完走した障害者の軌跡」
や「後ろ脚を失った犬が、バラバラだった家族を一つにした」
などの感動話を見るたびに何ともむず痒くなってしまいます。
これって何故なのでしょう?

昔っからそうなのですが、未だに理由が分かりません。

ユーザーID:2446412236

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わたしは

    恋愛ものがそれですね。あと、夫婦でお互いを労るようなセリフにも痒くなります。親子のもだめかな。結婚式とか。胸とかお腹が無性に痒くなるので見ないようにしてます。

    ユーザーID:3108286200

  • 違和感

    私はそういう番組を見てると
    違和感が出てきます。

    それと同じような感じ?

    ユーザーID:5538479610

  • そこに意図があるから....

    感動させようとする意図がみえみえだと白けてしまうものです。
    テレビ(特に民放)の場合、視聴率の問題もあるわけで....どうしたって、ショーアップ化してしまい演出が過剰になるんでしょうね。

    視聴者も合意の上で感動したり....ある種の共犯関係だと思いますよ。
    一種のカタルシス効果が生まれるんじゃないでしょうか。
    涙を流すとスッキリするらしいですし.....。

    個人的には、そういうった番組に素直に感動できなくなりました.....苦笑。

    他に優れたドキュメンタリーは存在しますからね。

    ユーザーID:0463934229

  • テレビで編集されて

    実話でも編集されてしまうと「作り話」になってしまうから。
    感動の押しつけ
    になるんですよね。

    ユーザーID:0966996063

  • 感動を呼ぼうとする「いかにも」な作り方だと、、。

    内容ではなく、
    作り方だと思います。

    「見て見て、ここがいいところ」
    と作り手の意図が視えてしまうと、
    ちょっとがっかりしますね。

    感動のツボは全員一致ではないはず。

    私も、
    「泣かせよう」とするつくりは、
    粋じゃないと思うタイプなので、
    仰ること解ります。

    夕刻の大相撲中継をぼんやり見るときの、
    ゆったりまったりとした贅沢な時間の退屈、
    またはつなぎ番組のような、
    自然の移り変わりをただ映すミニ番組の、
    動物の生態に、
    ジ〜ンとすることがあることのほうが間々あります。

    ユーザーID:2108569951

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 私は感動する方です♪

    面と向かって(正々堂々と:笑)感動をアピールされるのが
    気恥ずかしいとか、むずむずするって言う人は

    もしかして、「照れ屋さん」とか「恥ずかしがり屋さん」では
    ないでしょうか?

    ユーザーID:0931712077

  • そうなのよ〜

    私も同じです。
    特に「家族だんらん」とか、「母の愛」とか、やめてくれって思います。
    ぞわぞわ鳥肌たちます。

    感動の押し売り的な臭いがプンプンするせいもあるけど、
    子供時代にそらぞらしい家族だんらんを強要されて育ったせいもあるかな。
    そんなきれいな話か?ってひねくれ者の私は思ってしまう。

    ああいうものに素直に感動できたら生きてて楽しいのかもしれんけど、
    そういう人間に育たなかったってだけ。

    ユーザーID:9687525551

  • わかる わかる

    私も感動モノは駄目です。「苦難を乗り越えて…」
    とか、「家族の絆…」とか「天国からの…」とか。

    頭から胸のあたりが痒くなり、テレビの画面から目をそらしてしまいます。

    夫や子供は感動して涙を流してたりするのですが、私はムズムズしています。
    良い話だとは思うのですが気恥ずかしいと言うか、何と言うか…。
    心が冷たいんでしょうかね?

    ユーザーID:6019936355

  • マインドコントロール!

    わたしも、実生活では口に出さない様にしていますが同じ様に感じます。


    おそらく、何かそこに不自然さを感じる為の違和感ではないでしょうか。

    自分の世界観(価値観)からずれている、もしくは第三者に感情や考えを押し付けられているという風に一種のマインドコントロールに対する拒否反応では?

    歳を重ねたせいか、以前ほどではありませんが、
    2☆時間テレビは未だ免疫が全くないです。

    「泣ける映画」がうたい文句の作品も同じです。
    恋愛マンガ、映画、結婚式(披露宴)も同様に。

    製作者の意図を素直に受け取る事ができません。



    以上、かなりひねくれた事を書いていますが、ちゃんと社会に適応していますよ。結婚も出来たし友人もたくさんいます(笑)

    ユーザーID:0051574238

  • コンセプトありきだから

    私は歳を重ねて心の襞が増えたのでしょう。
    自分を重ねたり、その人たちの心が理解できるようになったのか涙がすぐ出ます。

    夕べの「浅田真央のバンクーバーへの軌跡」という内容のドキュメントで遠いロシアでタラソワコーチが真央ちゃんのビデオを観て涙を流すシーンでは泣けてきました。

    真央ちゃんは日本で一人もくもくと練習。
    それをわざと重ねているのはいい編集ですけどね。

    これは泣かせるコンセプトかどうかは知りません。

    こんな私でも家族ものや夫婦ものはだめです。
    観ません。
    そんなものはどこの家庭もあって特別ではないんですもの。
    「ばらばらになった家庭」っていってもみんなばらばらになる前に努力して少しずつ修正しながら生活してますものね。

    とにかく起承転結がいるんですよ。
    「ところがっ」とか。
    「長男一人が参加しなかった」とか。
    「そこでお母さんの誕生日に子どもたちで」とか。

    夫婦ものなど最悪です。
    そこまで踏み込まれて平気な人って?と。

    でも、そこから何かを感じ取る、ということも大事かも知れませんね。

    ユーザーID:8704856083

  • 病気のお母さん

    私は、母親と早くに死別しました。とても辛い出来事で30年近く経つ今でも、苦しいことがあります。
    そのせいか、余命数ヶ月の母親が子供を産むドキュメンタリーが嫌で嫌でたまりません。
    貴女の死後、その赤ちゃんは誰が育てるの?
    死ぬなら、テレビに出ないで、本を出さないで、ひっそり死んであげなよ。
    有名なお母さんの継母に、誰がなってくれるの!
    って、心の中で思っています。
    世の中のお母さんは、子供を産むなら、長生きしてほしい。

    ユーザーID:9376297439

  • 良いトピですね

    おお〜ひねくれモンチッチ(懐かしい)の私もそう思います。

    なんちゅうか何気ない話や飾りのない話の方が感動したり泣いたりします。
    テレビとは少し違いますが…ある雑誌に載っていた一文で、対談相手の彼女が鬱を患い、仕事で目を離した隙に自殺を計り、…お通夜に伺った際、彼が自分を責めて狂った様に泣いていた…というのを目にして涙してしまいました。本当にちょっとだけ小さな字で載っていた話ですが、その後に続いた、今でもあの人(彼女)の事を考えている、というのにも苦しくなりました。
    本の帯や沢山のポップに『泣ける』とか有ると返って涙引っ込みますわ。
    それと同じで過剰な演出は鼻につくので気恥ずかしいし、嫌なんです。わあ何様だっつ−話ですが。

    そういえば思い出したのですが、特に過剰に演出された訳でもなく流れたニュースに、生活苦から認知症の母親を手にかけて、自分も命を断とうとした男性の話や、彼に対する大岡裁きともいえる裁判長の判決の下りの方が、他の番組に有った感動モノの何とかよりも、声を上げて泣きましたよ。

    ユーザーID:8205392738

  • そういうので感動できる人がうらやましい

    わかります〜。とっても。
    押しつけがましいのは嫌。
    (その番組に○ッキーが出てたりしたらさらに嫌)

    ちょっと涙を流しただけなのに「号泣」とかってテロップが出るのもうっとうしい。
    最近「号泣」、多すぎ。

    でも、そういうので感動できちゃう人は、それはそれでうらやましくもあるかも。
    テレビで手軽に見られる「感動モノ」を見て、泣ければそれで「ああ、感動しちゃった〜」って満足できるから。

    ユーザーID:7910257625

  • 強制がいや

    子供の頃から、お涙頂戴映画や熱血、感動物語が嫌いでした。型を組んで応援歌を歌ったり、感極まって泣くなんてのは大の苦手で冷めた目で見ている子供らしくない男の子でした。
    たぶん個人の感情を強制されると感じていたからでしょう。
    今でもTVなどで感動しろ、皆で泣きましょう、同情しましょう、が押し付けがましく、嫌いです。

    ユーザーID:2760594560

  • ああいうのは作り物だ。

    一回「観られる側=撮られる側」に回ったことがありますが
    あれって結局「企画を立てた人の脳内の感動ストーリーに
    沿って動かされる者」でしかなかったです。

    聞き取りがありましたが、いじめられた事にしても全て
    彼らの思惑通りにされ(本当は家庭の事情です)、
    何度「違います」と言っても、脳内で脚本が出来上がった
    彼らにそれが通じるわけもなく疲れました。

    実際あった出来事を100倍味付けを濃くされて
    ヤラセギリギリの演出に加担させられる。
    勝手に感動ストーリーにさせられてしまい
    撮った筈のカットも切り刻んで元がわかりゃしない状態。

    お願いしますと言われて「頑張る姿」は「感動するもの」にされ
    なんかテレビの中の生活の様子がすごくファンタジーだった。

    あれからそういう番組は見ていない。

    ユーザーID:5538479610

  • 勝手に代弁

    良く大家族番組で子供の行動にナレーションがかぶさって
    子供の心を動きを代弁してますけど。
    あれって本人に確認とってないですよね?
    「あの時どう思ったの?」って。

    「こう思ったんでしょ」って勝手に想像したことを
    ナレーションしてると思うと本当に子供がかわいそうになります。
    ましてやそれがTV放送されるなんて…

    それから、障害者もの。
    事実だけを淡々と伝える分にはいいですが
    感動させようと意図された部分が入ると
    「障害者の人生を勝手に娯楽にするな!」って思います。
    障害者が身内にいるだけに。

    障害を克服してって言い方もねぇ…
    障害を負って普通の生活をしているだけでも十分克服していると言えるのに、
    健常者を驚かすほどのことをしないと克服と認められないようで。

    TVの感動物語って泣かそう、感動させようとして作られたもの。
    むず痒くなるのは本能的にそれがわかってるからでは?

    ユーザーID:0850652045

  • とぴ主です。

    皆様レスありがとうございます。

    同意して下さる方が多くと驚きと同時に嬉しくもあります。
    ドラマにしろドキュメンタリーにしろ、
    無理やり感動を押し付る様が不愉快なんですよね・・・

    特に、ドキュメンタリーのナレーションはいらないなぁと思います。
    事実を事実として映像のみで伝えればいいものを、
    無理やりこじつけて視聴者を感動させようとするから、
    白々しく見えてしまうんだよ。

    ナレーションで感動補正なんか入れないで欲しいものです。

    ユーザーID:1599705335

  • 経験値が乏しいから?

    そういう知り合いがいるので、よくそういう話をします。彼曰く、映画やドラマ、ドキュメント番組などで感動のシーンを見ても別に何にも感じないし、ましてや感動したり涙が出るなどしたことがないそうです。

    私がそんな彼を見て思うのは…経験値が乏しいために人の苦労や辛さの果てにある悲哀や喜び、感動などを感知する感覚が未発達であるということです。

    要はコドモなんです。まだ未熟な。

    トピ主さんやココで賛同してる人達にそれが当てはまるかはわかりませんが、そういう場合もあるのかもってことで。

    ユーザーID:7114583601

  • 私は介護もの

    有名芸能人がテレビで実親や義親の介護苦労話をするのが嫌いです。
    それで本を出版したりテレビに出たりして、印税もらったりギャラもらえるんだもんねー、と思ってしまいます。
    世の中介護で大変な思いしているのはたくさんいるのに・・・。
    私もすっかり心がねじくれ曲がってしまいましたよ。

    ユーザーID:0984980432

  • ん?

    色々人生経験してると、色んな出来事を淡々と感じる人もいますよ。
    介護なんかそれじゃないかな。
    感動ストーリーとして扱われてる物が日常だったらどう?
    自分が生きてる日常をこれでもか!のデコレーションされても
    日常の現状を知ってるから違和感があったりする。
    もしくは泣け泣けと言われても泣けないんですよ。
    それがあまりにもありふれていて、あまりにもわざとらしくて。

    私や皆さんが普通に生きてるだけで「感動もの」のされたら
    違和感がでますよね?そうでなくても大げさに言われたら警戒するかも。

    例えば、私が普通に町を歩いてたら「顔がブスなのに頑張って生きている」
    っていうドキュメンタリーにされてわざわざ「感動するため」のナレーションが
    ついたら鳥肌ものです。「ブスを乗り越えて彼女は…生きる…」きゃーーーーー!
    (乗り越える物がないのでブスを例えにしてみました。ごめんなさい)

    ここに書いてる人は決しているいるさんの経験値欠乏ではないと思いますよ。

    いるいるさんの言う人は単に感情の波のない人か
    他人に興味のない人では?
    と思いました。

    ユーザーID:5538479610

  • 納得〜

    とぴ主です。
    パトリシア1972さんのレスに納得です。
    それほど珍しいことでもないのに、さも珍しく見せる様に違和感を感じていたのだと思います。

    あ〜すっきり!

    ユーザーID:1599705335

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧