女を磨くとは

レス9
(トピ主0
お気に入り30

恋愛・結婚・離婚

おなじ迷路

つまらない質問ですが…、

「女を磨く」とは、どういう感じなんでしょうか。
最近、ある占い師に言われました。(いい年で、占いとは恥ずかしいですが)

外見的な事は勿論、内面的にも。

人によって違うと思いませんか?

下らない話ですが、私の20代の経験で、「その人は、自分よりもダサかったのでは…」という人に男性を持ってかれたことがあります。
その女性に比べて、自分は、隙がない感じだったのかなあと。

今は、彼氏もできたのと、体育会系の職場で働いていることもあり、それほど格好つけなくなりましたが、「このままダサくなったら、まずいのかも」と考えたりします。(どうでもいいやと思い続けないこの感覚は、割とまともみたいです。)

例えば、爪。セツ・モード・セミナーの長沢セツさんは、爪が赤く染まっているのが大嫌い。今の世の中、ペディキュアとか当たり前だけど、「それがいや」だと思うとか様々な感覚もありますよね。「派手好き/地味好き」なんか色々あるんだなあと思いました。

女性と男性の意見を聞きたいです。

ユーザーID:2542695560

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 現在は・・・・

    ほぼ【商業用語】だと思います。

    【癒し】なんて言葉も似たような用いられ方かな。

    ユーザーID:0184199505

  • 素敵な笑顔の女性になる。

    おなじ迷路様。

    決して「海外旅行に行く」「豪華なレストランで食事をする」「ダサくない格好をする」ことではないのでは?

    ここにトピを立てられたのもそのひとつだと思いますが、周りにいるいろいろな人の立場やその気持ちを考え、それに対して「自分が何をしてあげられるのか。どうすることがみんなにとってもハッピーなのか」を考えて、行動することかなあ。

    実際にその立場を担うことは無理ですが、よく見て、よく聞いて、自分だったらどうする・どう思う、を考える。そして、想像力をもってその結果を検証することで疑似体験でき、深みが徐徐に加わってくるのでは?


    本を読んだり、規則正しい生活リズムをキープしたり、掃除・整理整頓だって十分な女磨きのエクササイズでしょうし、仕事でもスポーツやゲームでも「自分の限界を乗り越える経験」は、それだと思ってます。

    その結果として、「素敵な」「余裕のある」「知的な」笑顔を手にいれられた時こそ「女が磨かれた」と言うのではないかと。


    おなじ迷路様が、なお一層素敵な「磨かれた女」になられますように。

    ユーザーID:7910843376

  • 男女差

    男性が思うかわいい女性と女性が思うかわいい女性って結構差がありますよね。
    そのルックスから、女性から人気のあった男性が選んだ彼女は
    私から見るとおしゃれを楽しんでいるというよりは素朴な方で
    かわいいに対する男女差を痛感しました。

    私の考える「女磨き」は目標をもって、その目標達成に相当する行動をとっていることですかね。

    ユーザーID:7744941999

  • 見た目も内面も大切、でも・・・

    見た目も内面も大切だけど、トピ主さんは、なんとなく、見た目のみを、それも、ファッション面のみを重視してるような気がします。

    20代のころ、「自分よりダサい女に男を持って行かれた」そうなのですが、「自分よりダサい」のに男を「持って行かれた」という表現が、なんともいえません。

    男は持っていくものではないです。
    その男性が、選んだのです。

    その女性はあなたよりはァッションセンスがなかった、でも、それ以外に何があったでしょうか。

    素肌や髪が美しかったかもしれません。
    質素で節約上手なことが、彼の心を射止めたのかもしれません。
    彼と趣味が一緒で一緒に楽しんでいたかもしれない。
    彼の事業に理解があり手助けをしていた唯一無二の存在だったのかもしれない。

    なにかはわからないけど、どこかの輝きが彼を射止めたのです。

    その輝きがあなたに真似できるかどうかは分からないし、真似しなくてもいい。でもファッション以外に「こういう輝きがあるのだ」ということは観察して理解するといいと思います。

    そして、もし足りないなとおもうことがあればそこを磨けばいいと思いますよ。

    ユーザーID:6019650749

  • 自分で磨けるのは爪ぐらい

    女を磨く=人間を磨く

    でも、自分で磨けるのはせいぜい、<長沢セツ>恩師(!)がいう爪ぐらいです。

    他人を磨いてこそ自分が磨けるのだと思ってます。

    ユーザーID:1541469348

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 男性は「女磨き」している女性、好き?

     小町を見ていると、「女を磨いている」という女性には、男性の本音は厳しい気がします。

     「女磨き」の直接の行動は、資格や教養のために教室に通う。美容のためにセンスを磨く・服飾費・エステにお金を掛ける…という感じ?(トピ主様の考える「女を磨く」が違っていたらごめんなさい。)

     その結果として美しい、教養ある女性には点を高く付けるけど、しばしば「結婚後も同じ調子で散財をするのでは?」…という厳しいご意見が見受けられます。
     また、確かに見た目に関しても男女差による価値観の差、ってありますね(トピ主様の一例をお借りすると、結婚前の主人には、ペディキュア・マニキュアはかなりの不人気でした。流行の服も変!と言われました。)。

    …となると、婚活の方法では、「女を磨く」より、「人間性を磨く」(基本的な身だしなみや美容をクリアした上で)の方が、効果的な気がします。

     では、「人間性を磨く」とは?となりますが…先に上げられているレスのご意見に加えて、読書や様々な人との人間関係の中で自分を切磋琢磨することが人間性を磨くような気がしますが…正解は分かりません。

    ユーザーID:2188649558

  • 内面からにじみ出る美しさを

    男性から見てこの人でなければと思わせる女性に成る事です、男性が今どんな会話を欲しているか、それを察知して素早く対話ができる会話術を磨く事です、立ち居振る舞いも優雅に決めなければなりません、髪の毛の先から小指に至るまでこぎれいにする事です、(決してマニキアをする事ではありません)耳の裏とか襟足とかも奇麗にすべきです、ただそのような女性に成るには大変な努力が必要です、会話に必要な膨大な知識、相手との心地よい間合い、タイミングなどまた優雅な身のこなしのため、着物の着付けとかあるいは小笠原流礼法など納める必要があるでしょう茶道もいいかもしれません、短歌など教養もプラスに成るかとおもいます、少しずつでも努力してみてください。、

    ユーザーID:0788811865

  • 胡散臭く感じます

    女性同士でのおしゃべりならOKなのかもしれません。
    が,男性相手に「私,自分磨きしているの」とは言わないほうが懸命だと思います。

    ユーザーID:7561469929

  • 誰から見た魅力なのか

    女性同士で女磨きについて語り合ったって男性からは支持されませんよそりゃ。例えば男性から見れば「食事代を奢る男→女にこびてるだけ」「男らしさを強調する男→ただのナルシスト」「(女性の言う)器の大きい男→ただのバカ」って感じなんですけど、女性から見ればそうじゃないですよね?
    じゃあ男性からどんな女性が支持されるのかというと、知性でしょう。見た目が派手でもすぐに飽きられます。ユーモアを解し、感情をコントロールし、余裕を持ってコミュニケーションが取れる女性がモテます。資格や教養のために学校に通うとか言ってる方がいますけど、そんなもの知性でもなんでもないです。資格なんてよほど難しいものじゃない限り学校に通わなくても取れるし、世の中には一生かけても読み切れないくらいの書物があります。それが理解できるのが知性です。ペディキュアがどうだとか正直まったく意味ないです。

    ユーザーID:0458306146

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧