異父兄、姉を母の一周忌に呼ぶべきか。

レス12
(トピ主4
お気に入り6

男性から発信するトピ

オタロ

母は昨年3月に亡くなり、間もなく一周忌を迎えます。
タイトルのように、私には異父の兄、姉がおります。
母は兄が小2、姉が幼稚園児の時に離婚し、離婚した男性は再婚し、
兄、姉にとっては母親は育ての母だと思います。
またあちらの家にも新たに子が産まれ、それこそ兄弟仲良く育ったようです。

母も私の父と再婚し、私が産まれたわけですが、
兄も姉も母には年賀状をくれましたが、私の父と私には無関心のようでした。
事実、母が亡くなって兄とは45歳になって初対面、姉とは35年ぶりの再会でした。
私は、確かにいまさら「兄弟」という感覚はありませんが、
母の死によって「兄弟」が揃ったので、その関係は大切にしたいと思っていました。

ですが、お中元、お歳暮も贈りましたが、お礼は手紙、電話含めて一切ありません。
届いているのは配送会社で確認しています。
なにもお返しの品物が欲しいわけではないんです。

葬儀終了後、四十九日法要も声をかけたにも係わらず参列せず、
その後は一切の交流がなく、もう「兄弟」という感覚は持たないようにと思いました。
ですが、「産みの母」の一周忌ですから、声をかけるのが筋だと分かっていますが、
理屈は分かっても感情が許せないのです。
どうせ声をかけても来ないだろうと思う私がいます。

やはり、連絡した方がいいでしょうか、
それともこのまま縁を切ったほうがいいのでしょうか。

ご意見お聞かせ下さい。

ユーザーID:0636030178

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 連絡する必要ありません。

    異父兄、異父姉、共に交流を求めていませんね。

    四十九法要にも参列せず、お中元お歳暮の返事もない。
    これ以上、何もする必要はありません。

    ユーザーID:5534089583

  • しなくていい。

    今回は連絡をしなくて、異父兄、姉が何か言ってきたら、
    それから考えたらいいと思います。

    礼を尽くさない人は、御付き合いが難しいでしょう。

    まずは様子を見て、後のことは『出たとこ勝負!』。

    ユーザーID:1143029689

  • 私にも異父妹がいますが、

    私が12歳のときに両親が離婚し、私は母に引き取られました。その後、父は再婚し、その再婚相手との間にできた異父妹がいます。

    私が28のときに父が亡くなリましたが、お葬式には出席しませんでした。弔電だけ送りました。両親の離婚後父に会ったのは2,3回です。父が再婚する前でした。近々再婚することになるので、もう会いにくるなというようなことを父から言われたので、もうそれっきりです。そのときに私には父はいないのだと思うことにしました。

    5歳違いの実の弟がいました。父にひきとられていました。でも、離婚後会ったのは一回だけです。その弟が一昨年なくなりましたが、あいにく私はアメリカ在住なのでお葬式にはいけませんでした。というか行くことを拒んだのです。あちらの家庭とは関係ないものと思って生きてきましたから。

    トピ主様の立場とは少し違いますが、向こうから何の連絡もないと言うことが彼らの気持ちだと思います。実の母親なのに、と言うトピ主さまの気もちも分かりますが、実母との縁を断ち切ることで、その後の幸せを保っている彼らの心情も理解してあげてください。もう、連絡も取らないほうがいいかと思いますが。

    ユーザーID:1333404490

  • したらと思う

    連絡して「来ない」
    連絡しないも「来ない」

    同じ「来ない」なら、来ることを期待せず連絡だけして、多分ないとは思いますが「連絡が来なかった」という責任回避をされてはいかがでしょう。

    案内葉書一本で済むことです。

    迷われているからトピを立てられたのでは?投函して後はすっきりしませんか。来ないにしてもすっきり。

    思うにお中元お歳暮は余分だったのでは?

    ユーザーID:6213828267

  • ハガキだけ送ってみれば

    トピさんの仲良くしたいという気持ちは分かりますが、
    相手は実の母親に「捨てられた」側です。

    子供時代、いろんな思いをもって育ったと思います。
    子供にとって母親は一番ですからね・・

    トピさんは幸せに育ったのでしょう、
    いろいろ恵まれていても
    親の愛情に欠け「恵まれていなかった」と
    振り返る人もいます。

    音信不通にして礼に欠けているのは
    これ以上かかわりたくないとの信号です。
    トピさんは複雑だと思いますが、
    もう割り切りましょう、仲良くしたくないのです、相手は。

    ある意味、かわいそうだったんだと思ってはどうでしょう。
    実の母親に育ててもらえなかったんです。

    ユーザーID:5603738526

  • 男性から発信するトピランキング

    一覧
  • 葉書で一周忌の案内状を出す

     兄・姉にとっては、実母なんですよね?
     
     一周忌の案内状は出してください。
     出席するか否かは相手の勝手です。
     三回忌・七回忌までは出席の可否にかかわらず、案内状は出すべきです。
     

    ユーザーID:6687346355

  • 葉書で案内

    他の皆さんがおっしゃっているように、葉書で案内を送ってみてはいかがですか

    私は、1周忌は、「行います」で通知し、以後は、「行いました」という
    通知で、7回忌まで知らせればいいと思います

    異父兄、姉のお二方は、お母様のお墓所はご存じでしょうか
    ご存じなかったら、連絡の葉書にお墓の場所を記載しておくというのは
    いかがでしょうか

    法事には、参加しなくても、ふとお墓参りに来たくなるかもしれません
    供養は、亡くなった人の為でもあり、遺された人の為のものでもあります

    いつでもお参りにこれるという状態を作ることで、トピ主さんの
    「連絡した方がいいでしょうか」という迷いはなくなると思います

    ユーザーID:8076709454

  • 私は逆の立場です

    私は逆の立場です。父母が離婚後に、父は再婚し、その子供である異母弟がおります。
    父が亡くなったことは数ヶ月後に相続の関係で連絡があり初めて知りました。疎遠になっていましたので、仕方がありません。
    後日、お会いした異母弟は警戒心ありありでした。私は、相続放棄しお墓の事もお任せをいたしますといって幾ばくかのお金をお渡しいたしました。
    その後、お墓がどうなったか知らせはなく、命日にお線香代・お花代ということで少々のお金を送ってもお返事はありません(現金書留ですから受け取りされたことはわかります)

    自分の苦難のときに父はいなかったことや、相手の家にもプレッシャーになってしまうかも、という複雑な思いもありながら、父の子として生まれたからには筋目として毎年の命日のお線香代・お花代は欠かしておりません。

    トピ主さんも「もう連絡してこないで」と断られたのならばともかく、今のお気持ちは一時の感情と整理をつけ、生みの親に対する自分のつとめについて筋を通す、世間に対してもこれで良しと胸をはれるように義理でも連絡しておくべきかと思います。後日、必ず自分の内心に誇れることになりますよ。

    ユーザーID:0940283966

  • お返事、遅くなりましてすいません。1

    皆様、ご意見ありがとうございました。

    たまこ様、確かに私は避けられてますね。私はもう縁を切ってもいいと思っています。

    こま緒様、「礼を尽くさない人は、御付き合いが難しいでしょう。」
    このお言葉は、私にはとても有り難いお言葉でした。目には目を、無礼には無礼をというところですね。

    兼業主婦様、ご自身のお辛い過去の経験をお聞かせいただき、有難うございました。
    冷静に考えれば、私もいままで交流がなかったのですから、今から兄弟仲良くもないなと思いました。
    葬儀に来てくれただけでも、よかったと思うべきなのでしょうね。

    しるく様、確かに案内状一枚で気が済むならそうしたほうがいいですよね、このアドバイスで、
    ものすごく気が楽になりました。有難うございます。
    確かにお中元、お歳暮は結果的には余計でしたね。自分は良かれと思ったのですが、向こうにしてみれば迷惑だったようです。

    文字数の関係で別レスを立てさせていただきます。

    ユーザーID:0636030178

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • お返事、遅れましてすいません。2

    続きです。

    aa様、ご指摘のように葬儀で兄は「捨てられたと思った」とハッキリと言ってました。
    姉はちょっと事情が違うのです。トピで「姉とは35年ぶりの再会」とあるのは、
    姉とは実は1か月ほど一緒に暮らしたことがあるのです。
    姉が夫婦喧嘩で家を飛び出し、「里帰り」したのは実家ではなく、我が家なのです。
    小3くらいだった私は、姉だと知りませんでした。我が家に来たのが「里帰り」だったというのは、
    葬儀の時に教えてもらいました。

    子供ながらに母を「お母さん」と呼び、私の父を「おじさん」と呼ぶのが不思議でしたが、
    なぜか、聞くのをためらったような気がします。それにずいぶん可愛がってもらいました。
    結局、義兄が何度か迎えに来て、帰ってしまいました。
    そんなことがるものですから、兄より姉に憤慨しています。


    紫陽花様、ご意見は至極もっともなもので、やはりそれが筋なんだ、声をかけるのが筋なんだと、
    あらためて思った次第です。

    すいません、また文字数が足りなくなってしまったので、
    続けさせていただきます。

    ユーザーID:0636030178

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • お返事、遅れましてすいません。3

    再度続きです。

    宇治川霧様、やはり七回忌までは必要なのですね。未熟なもので、三回忌まででいいと思ってました。
    とても参考になりました、有難うございます。
    実は一周忌とお墓の開眼供養、納骨を同時の行う予定です。間もなくお墓が出来上がります。
    兄、姉とも墓の所在は知りません、案内を出すときに知らせることにします。

    45歳になりました様、恐らく私も同様の対応を取るタイプの人間です。ですから、世間に恥じないようにすることにします。
    ご意見有難うございました。

    一周忌も近づき、時間がありませんので皆様の意見を参考にし、結論を出しました。
    案内状は出します。ただし父の名で。父が健在なのですから、父の名が当然ですし、
    出さなかったとすれば、その反発は父に来るでしょう。それは父の尊厳のために避けなければなりません。
    私の感情は心にしまいます。やはり、世間に胸が堂々とはれるような対応をしたいと思います。
    来る、来ないは相手に任せます。何か言ってくれば、父に代わって私が矢面に立ちます。
    もちろん、お墓の所在利地も知らせます。

    皆様、有難うございました。

    ユーザーID:0636030178

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 案内状をだしました。

    その結果、異父姉宛は戻ってきてしまい、
    仕方なく異父兄宅へ電話することになりました。

    (私)「もしもし、オタロと申しますが、ご無沙汰しております。」
    (兄嫁)「オタロさん(しばらく無言)、どちらのオタロさんですか?」
    (私)「母の一周忌の案内は届いておりませんか?」
    (兄嫁)「あぁ〜、失礼しました、届いております。」
    (私)「実は姉にも案内を出したのですが、戻ってきましたので、
        申し訳ないのですが、お伝えいただけないかと」
    (兄嫁)「分かりました、伝えておきます。他にご用件はありますか?」
    (私)「いえ、それだけです。」

    数日後、姉から現金書留が送られてきました、そこには兄の分も入ってました。
    そして、姉からの手紙も。
    兄、姉の現況(兄の家の近くにこの1月に引っ越したこと)、
    どうしても都合がつかないので、お金だけで申し訳ない」とありました。

    予想通りの結果でした。
    でも、皆様のアドバイスのおかげで、気持ちの整理はついておりましたので、
    妙にすっきりしております。

    アドバイスいただいた方々、あらためてお礼申し上げます。

    ユーザーID:0636030178

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧