• ホーム
  • 話題
  • 老後の貯金どれくらいありますか?贅沢したくないですか?

老後の貯金どれくらいありますか?贅沢したくないですか?

レス9
(トピ主0
お気に入り44

生活・身近な話題

くらら

子供なしのアラフォー専業主婦です。
専業主婦なのは、家事優先と体力不足が理由で、決して裕福な家庭ではありません。

みなさん貯金ってしていますか?少し余裕があれば、新しい服を買ったり、旅行したりしたいですよね。
ただ、家のローンを抱えているのですが、少しでも余裕があればローンを繰上返済したほうがいいとよく聞きます。
お金の使い方、貯金も人それぞれですが、自分が贅沢している、お金を無駄に使っていのでは・・・と、思ってきました。

500万円の株を持っていますが、今の状況では半値ぐらいの評価でしょうか。将来(老後)的には、500万円前後になっていればと思います。

老後は、その株と年金と退職金ぐらいでしょうか。

現金は100万円弱持っているぐらいです。

やっぱり少ないですか?もっと節約して、現金貯金持つべきでしょうか。ご意見お願いします。

ユーザーID:2568030513

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 3000万円

    一般的な会社員が60歳で定年退職したとして、その時点で夫婦二人で
    3000万円あればまあそこそこの老後が送れると、前に経済評論家が言っていた
    のを聞いた記憶があります。もちろん、持ち家の有無にもよると思いますが。

    私は賃貸暮らしなので、リタイア後に夫婦二人で住む中古マンションを買う
    つもりです(建て替えが必要ないくらいの築浅物件)。そのための資金も含め、
    8000万ぐらい用意しておきたいなと思ってます。夫の会社は定年が65歳なので、
    年金支給年齢ぎりぎりまで働くことができ、その点ではだいぶ助かりますが、
    このご時世、退職金も含めていつなにがおきるかわかりませんものね。
    一応60歳でリタイアすると考えて、準備をしておくつもりです。

    ユーザーID:9508147863

  • 少ない

    退職後60〜85歳まで月々20万で生活したとしても6千万はかかります。

    物価も今と同じとは限りません。食費や光熱費が今の倍になったら?

    貯金したいなら完全小遣い制にして旅行代も洋服も動物園の入場料、外食も自分に掛かる費用はすべて「自分の小遣い」から使う。少ないなら何年でもかけて貯める。そうすれば簡単に洋服なんか買えないし、「旅行いこっかあ?」なんて言えなくなります。

    お互いがんばりましょう。

    ユーザーID:2187479447

  • 持ち家があって夫婦で5000万円

    サラリーマンの夫が60歳で退職してから
    65歳の受給開始までの生活費が
    一ヶ月30万円×12ヶ月×5年で1800万円。
    65歳から80歳までの生活費が
    1ヶ月30万円×12ヶ月×15年で5400万円。
    年金収入が夫婦で20万円×12ヶ月×15年で3600万円。
    自宅修繕費や葬儀費用を含めると合計5000万円と言う所です。

    でも、65歳まで一ヶ月20万円の収入があり、
    退職金が2000万円あるのなら貯蓄は2000万円でOK。
    しかしながら、保険のきかない高度医療などは
    受けることはできません。ご参考までに。

    ユーザーID:5158687017

  • 1億あっても??

    500万や600万なんて、葬儀代2人分で消えますね。
    持ち家なら、修繕費用も考慮しないといけません。
    葬儀代以前に、修繕費で飛んで行きそうですね。
    退職金は、いくらあるかわかりませんが、
    今、あっても、10年、20年後のことはわからないと思う。
    リストラもある、定年までいれるかもわからない。
    老後前に預貯金を生活費に当てないといけないかも知れない。
    保険でどこまでカバーしてるかにもよるけど、
    癌など病気の治療費などで、万札飛んで行くことがあります。
    年金が出ると前提でも、老後資金は数千万とか言われますね。

    ずっと元気で働ける保障はありません。
    それどころか、今、自分で家事できるけど、自分で家事できなければ、
    誰がやるのでしょうか?相方が健在でやれればいいですが、
    どちらかが先に亡くなり、後に残った方は、あるいは2人して、
    要介護になることもあるかもしれず、
    そうなれば、今、自分で出来ることも、家族に頼れなければ、
    お金出して、解決するしかありません。
    インフレもあるかもだし、施設とか考えれば、
    1億あっても、不安なくらいです。

    ユーザーID:0253224488

  • 老後以前に

    老後の資金は、1人5000万で、夫婦で1億とも言われていますね。
    どのような生活をおくるかで金額は変わってきますけど……。
    今の生活費に、必要になってくるだろう修繕費や
    病気になったときのことを考えての医療費
    生活を楽しむためのゆとり部分などいろいろ足して
    老後に必要な資金を計算してみてください。
    そこから年金や退職金などを引いた金額を用意する。

    今のままで用意できる見込みありますか?

    株は当てにしない方がいいです。
    最悪、ゼロになる可能性のある代物ですから。

    それから、私の感覚では……
    貯蓄が100万弱しかないのは怖いです。
    余力として、最低、半年分の給料は確保したいですね。

    ユーザーID:4034368957

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 不安が募るばかりですよね

    この手のトピが立つ度に感じるのですが、皆さんとても熱心に老後の為の貯蓄をなさっていますよね。数千万どころか億でも安心出来ないとおっしゃる方も少なからずいらっしゃいます。
    そしていつも「アリとキリギリス」のお話を思い出してしまいます。

    キリギリス的思考の我が家の貯蓄額では「これではどうなることやら…」と不安になりますが、今更どう頑張ってみたところで貯蓄額が倍に増える訳もなく老後は他所様と比べることなく自分達の身の丈に合った暮らしをしていくしかないと思っています。

    でも貯められるのなら贅沢は少し我慢して貯めておくに越したことはないですよね。くららさんもちょっと心配になった今から頑張って現金を増やしておきましょう。株は当てになりませんものね。

    ユーザーID:3340503958

  • 60歳時点で9000万円目標です。

    同じくアラフォー夫婦で子供無し共働きです。
    60歳からの平均余命で夫婦とも85歳までの25年間=300ヶ月×生活費月額30万円として9千万円(インフレは貯蓄の利息と相殺と考えて、いったん無視)

    私たち夫婦は現在は賃貸で、リタイア直前に小さな家を建てようと考えています。土地は実家のものを期待。
    その費用がメンテナンス費や維持費も含め3千万円と考えます。合計1億2千万円が必要です。

    一方、共働きで厚生年金が支給されますが、今の65歳支給開始は67歳ぐらいにまで引き上げられるでしょう。現に米国やドイツは67歳からです。
    また支給水準も下がります。そこで共働き夫婦でも年間2百万円、総額3千万円支給なら御の字でしょう。

    すると差額9千万円を貯蓄するということになります。私たちは目標の半分ぐらいまできました。リタイアまであと20年でなんとかしたい。
    子供がいない分、経済的なバックボーンを強くしておくしか対策がありません。あとは健康かな。年500万貯蓄しても教育費がかかりませんので、今のペースでもそこそこ余暇を楽しんで暮らせます。

    ユーザーID:7886248840

  • 退職後の生活費を先に計算されたら

    定年退職されたあとそれまで給料引きだった住民税が一気に来ます、健康保険はいきなり国保だと前年度の収入に応じてだから高くなるので任意継続社会保険を2年使う。
    持ち家の場合固定資産税がきます。
    後は生活費とご主人のお小遣い。
    それに比べて収入は年金のみとなれば退職金+貯蓄の切り崩し。
    60歳から25年として貯蓄が2500万だったら年間100万しか取り崩し出来ませんね。
    年間年金+100万で生活できるかどうかでしょう。さらに貯蓄は取り崩すためにドンドン減っていきますし計算上では85歳で年金のみとなります。ご主人が亡くなられた場合年金は約75%と思っておいた方が良いでしょう。

    生活費は住んでいる地域格差はありますが楽に余生を送るかギリギリで送るかはご夫婦の判断でしょうね。

    ユーザーID:1162562397

  • 老後ばかり考えてもどうしようもない

    よく老後の話は出てるけれども、一般的にいえば、5000万円あればよいとか、1億とか言うけれども、普通の、サラリーマンで、税金をがっぽり引かれ、生活費を引けば、どれほどのお金が残るのだろうか。

    その少ない金を、こつこつ貯めたら、5000万円とか、1億円になるのだろうか。なったとしても、物価はどうだろうか?

    高度成長期の終身雇用制が機能していた時代には、定年退職、退職金、年金で安定、かもしれないが、今の時代、これからの時代は、このようにいくわけがない。

    リスクを取らない限り、絶対無理。あり得ない。

    リスクをどのように取るのか、そして、リスクとどのように付き合うのか、その心構えのほうが大切である。

    中には、20代のころから、老後を考えて、計画的に節約して貯金をすることが、賢いような風潮を感じるが、人生自体もともとどのようになるのか分からないのだから、全くナンセンスだと思う。

    老後どうしようとか、考えられる余裕のある状況になれるのは、少なくとも、1億円か2億円程度、持っていないと、自分としてはとてもなれない。

    今を楽しんで生きるだけで精いっぱいだ。

    ユーザーID:7288911134

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧